« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

☆オーナーとの出会い☆

◆今日は広島に行ってきました。

 後輩のT君と一緒に行ってきたのですが、

 友達の看護師さんやWebプログラマーの方などを

 紹介していただき、すごく有意義な時間を過ごしました。

◆初めてお会いできる方との機会をいただいた場合は、

 できるだけ調整してお会いするようにしています。

 『一期一会』とはよく言ったもので、

 一度お会いできた機会に、もしかしたらそれが最後となる

 かもしれないとの想いを頭に置きながら、

 コミュニケーションをとらせていただいております。

 おかげさまで、初対面であっても

 楽しく和気あいあいと会食ができております。

 (私がそう感じているだけかもしれませんが・・・)

◆さて、昨日は何かやらなければと思った私が、

 人と出会うことを意識して行動するようになったっと

 いうことをお伝えしました。

 そこへ知人からあるメールがありました。

 今日はその後の展開を書かせていただきます。

◆知人からメールを受け取った私は、

 即決で「ぜひお願いします!!」と返信しました。

 オーナーと会えるのだ思うと、私の心臓の鼓動が

 途端に早くなるのがわかりました。

 求めていた出会いなので、ワクワクです♪

 ただその反面で、不思議とオーナーと会うのを

 怖がっている自分がいるのもわかりました。

 「今の自分がオーナーと会ってもいいのだろうか?」

 漠然とそんな不安があったのかもしれません。

◆ある秋の晴れた日でした。

 知人のIさんに導かれたとあるカフェで、

 私はオーナーKさんと初めて出会いました。

 Kさんは年は40歳前くらい。

 身長は180以上あり、スーツをビシッと着込んだ姿が、

 とても印象的だったのを覚えています。

 導かれるまま対面した私に対し、

 Kさんは「はじめまして。」の一言と、握手を求めました。

 がっしりとした温かな手に包まれ、

 しっかりと握手をさせていただきました。

◆Kさんは、若い頃は中古車業や飲食業を立ち上げられ、

 立ち上げられた後はその事業を他の方に譲り、

 自分は他の仕事を立ち上げられていました。

 私がお会いした時は、広告事業の立ち上げに

 関わられているということでした。

 その実経験は、私にとっては未知のものばかりであり、

 全てが興味深いものでした☆

 特に、「次々に入ってくる情報に対し、能動的な取捨選択を

 繰り返していくことが大切だ。」という切り口は新鮮でした。

◆Kさんの話を聞けば聞くほど、オーナーという形態は、

 「自由人」なのだということに気付かされました。

 仕事に縛られるのではなく、自分で時間を管理していく。

 そして時流を見定め、自分が興味を持ったものだけに

 時間を投下していくという生き方がうらやましく思えました。

 時間にすればそんなに長くはなかったと思いますが、

 目線を合わせてお話をしていただけるKさんの真摯な姿勢に、

 私はすっかり酔いしれていました。

◆「こんな風になりたいなぁ・・・。」

 確かにそんな風に思ったのです。

◆ふと、Kさんは

 「君は何がしたいの?」

 と私に言いました。

 一瞬虚をつかれた私ですが、おぼろげながら

 考えていたことをKさんに話しました。

 Kさんは、きちんと私の話を聞いた後で、

 「では、そのために何かしていることはあるの?」

 と続けました。

 ・・・・・・私は言葉につまってしまいました。

 やりたいことはあっても、何もしていなかったからです。

◆Kさんはそんな私に、優しくこう言いました。

 「みんな、最初はそうなんだ。

 でもね、頭で考えるだけで終わってしまう人が実に多い。

 まずは、行動することなんだよ!」と。

 そして、ただ頷くばかりの私に、

 「私の経験から教えてあげられることであれば、

 いつでも教えてあげるよ。

 自分で考えて、行動してみなさい。」

 と言ってくださいました。

◆本田健さんは著書の中で、メンターを持つことが

 大切だと書かれています。

 私も求めることにより、メンターと会うことができました☆

 メンターは決して1人ではありませんが、

 Kさんにはそのとき以来、本当に遠慮なく

 色々なことを教わっています!

 本物のオーナーKさんとの出会いが、

 私がオーナーを目指す大きなきっかけと

 なったことは間違いありません。

◆私がオーナーを目指す理由はこのようなものです。

 本当はもっと色々なエピソードがあるのですが、

 それはまた機会があれば、お伝えします。

 明日はこのテーマの最後として、

 私の目指すオーナー像をお伝えいたします。

 今日も読んでいただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

☆出会いまでの道のり☆

◆昨日は、職場関連のTさんと食事を兼ねつつ、

 情報交換をさせていただきました。

 お互いに知らない部分を熱く語ることができ、

 有意義な時間を過ごすことができました。

 Tさんありがとうございました。

 Tさんとは今後何か作っていけそうな気がします。

◆そして今日は職場の同僚の結婚式があります。

 2次会からの参加となるわけですが、

 彼が奥さんと出会った元々のきっかけは私が作ったので、

 すごく感慨深いものがあります。

 幸せな家庭を築いていくはずです。

 幸せオーラを浴びてきます♪

◆さて前回は、今までの自分の人生を振り返ってみて、

 自分が望む方向へ進んでいないことに気付いた私は、

 何かプラスになることをやってみようと決断いたしました。

 そして、そこから大きく人生が転換していくというところまで、

 お伝えさせていただきました。

 今日はその後私がとった行動をお伝えしていきます。

◆何か始めようと思っても、あやふや病のため、

 行動に移すことができない自分でしたが、

 本当に危機感が芽生えていたので、ある行動をしました。

 それがどんなことかと言うと、

 「積極的に人と会うこと」

 でした。

 書いてしまえば単純ですが、

 今の生活を変化させるような出会いはないだろうかと、

 縁もゆかりもない土地で私は試行錯誤しました。

◆真っ先に浮かんだのが、異動先の職場からのつながりで、

 色々な人とお会いするということでしたが、

 年齢層も高く、アフター5を共にすることも久しくないような

 職場からつながりを求めていくのは、

 難しいだろうということであきらめました。

 余談ですが、この

 『あきらめる』

 という言葉は、すごくネガティブに使われがちな言葉ですが、

 言葉の語源を考えると、そんなことはないことに気付きます。

 「あきらかに認める」→「あきらめる」となったそうです。

 素直だからこそ、あきらめることができる。

 自分に無理をさせてしまうようなものは、

 あきらめるのが得策と思います。

◆次に私がとった行動は、アフター5に町をゆっくり探索し、

 色々な人が集う場所に顔を出してみるということでした☆

 それまでは、家と職場を往復するだけの生活で、

 よく考えると、自分が住んでいる町に何があるのかすら、

 興味を持つことを忘れていました。

 日本三大庭園の1つが徒歩5分圏内にあることも、

 その時になって気付いたくらいで……。

◆探索でしたことはこんな感じでした。

 ●入ったことのないお店で夜ご飯を食べてみる

 ●サッカー観戦のできるスポーツバーで1杯

 ●図書館や映画館で時間を過ごしてみる

 ●自転車で職場とは真逆方向へ向かって走る

 ●商店街をぶらつき、眺めてみる

 時間の流れも普段よりもゆっくり感じましたし、

 人との出会い以外にも、様々な刺激を受けました。

 いつもとは少し違った行動をすることの大切さを、

 知らず知らずのうちに学んでいたような気がします。

◆そのような場所で席が隣になったり、

 何回か会ったことのあるような方と話すことは、

 事務職の私にとっては非常に冒険でした。

 ですが、おかげさまでそのような場所で

 奇跡的に出会った何人かの方々とは、

 今でも深いお付き合いをさせていただいております。

 ちょっとした勇気が一生ものの出会いにつながりました。

◆町の探索に加えて、様々なツールを使って、

 色々な方々と出会いました。

 そのツールの1つがインターネットです☆

 当時の私は(今も近いものがありますが)、

 インターネットについての知識が全くなく、

 むしろ怖いものだと思い込んでいました。

 ですが、効率的に人と知り合いになれるということを

 どこかで小耳にはさんでいた私は、

 「やらないよりましかな。失敗しても笑い話になるわ。」

 くらいの軽い気持ちで、インターネットの掲示板に

 書き込んでいました。

◆まだ家にパソコンすらなかった時代ですから、

 近くの図書館に行って、1日2時間だけ借りられる

 パソコンを使っていました。

 無料だったのが嬉しかったですし、パソコンを使える

 環境がないか探していた時にできた図書館だったので、

 まさに渡りに船でした☆

 やはり、シンクロニシティでしょうね♪

 (わからない方は前の日記をご参照ください)

 図書館職員の方から見れば、

 「あの人は毎日スーツで5時にやってきて、

 何をしてるんだろうか?」

 と訝しがられていたんだろうなぁと思います。

 それでも、当時の私にはそんな方々の目などを

 気にする余裕はありませんでした。

◆私が求めていたのは、私と同じ生活圏内に住んでいて、

 自分とは違った環境にいる方でした。

 なぜなら、会ってお話ができるから。

 ただ、それだけです。

 漠然とした変化を求めていた私だったので、

 それくらいの考えが関の山です。

◆そんな日々が続いていたある日、

 出会いは突然にやってきました。

 インターネットを通じて関東出身ということで出会い、

 仲良くしていたアパレル関係のIさんから、

 『俺がお世話になっているオーナーさんがいるけど、

 もしよかったら会ってみる??』

 というメールが携帯に届きました。

 何気ないこのメールが、大きな意味をもつことになるとは

 その時の私は想像もしていませんでした。

◆このたった1つの出会いから、私の考え方は

 劇的に変化していきます。

 もう少しだけ、自分史は続きます。

 お付き合いください。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆素直に認めることの大切さ☆

◆昨日は更新できませんでした…。

 これもひとえに……パソコンの気分次第で☆

 全然作業できませんでした。

 原因はウィルス対策が無効になっていたみたいで、

 ちょっと悪いことをしたなと思っています。

 おそらくパソコンを買い換えたばかりで

 「こいつのことまだよくわからないなぁ。」

 という思いが伝わってしまったのだと分析しています。

◆昨日は仲良くしている職場外の後輩T君と食事をし、

 その後T君の紹介でMさんとお会いしました。

 よい縁はどんどん広がるものですね♪

 すごくよい方で、笑いの止まらないお茶会でした。

◆さて、前回は1冊の本との出会いが、私の人生を

 大きく転換していくことになるところまでお伝えしました。

 実際のところ、まだまだ転換中であり、

 その本の影響の大きさは計り知れないものがあります。

 心から本田健さんに感謝しています。

◆本田さんは著書の中で、

 「自由人」と「不自由人」のことについて書かれています。

 私の解釈では、

 「自由人とは、お金や仕組みを働かせることにより、

 自分自身はライフワークを楽しみながら、

 自由に生活している人々」

 であり、

 「不自由人とは、お金のために働いていることにより、

 ずっと時間や仕事に制限されて、自由を得ることが

 できない人々」

 であると思っています。

◆双方の決定的な違いは、

 自由人は「自由」を目指すのに対し、

 不自由人は「安定」を目指すということでした。

 ……めちゃめちゃショックでした!

 自分では「安定」した生活を求めてから、

 「自由」なライフスタイルへ移行しようと考えていたので、

 この内容には目からうろこが落ちました。

 詳しくは著書をご一読ください。

 今は漫画もあるようです。

 ⇒コミック ユダヤ人大富豪の教え(1) アメリカ旅立ち篇

  コミック ユダヤ人大富豪の教え(2) 弟子入り修業篇

◆つまり、私がこの本から感じとったことは、

 このままの人生を歩んでいくと、残念ながら

 『不自由人一直線』

 ということでした☆

 人間とは不思議なもので、自分の行動を否定されると

 反発したくなるものなんですよね。

 私もそうでした。

 自分がこうと思ってしまうと、なかなかそれを変えられない。

◆しかし、たまたまタイミングがよかったのか、

 異動後の生活に疑問を感じていた私は、

 素直に自分自身の過ち(というか本来の希望)に気付き、

 ちょっと考え方を変えてみようと決心しました!

 今思えば、ここが本当の転機だったのかもしれません。

 『素直さと向上心』

 は、私の一生のテーマになると思いますし、

 成功者の口からよく聞かれる成功の秘訣です。

◆ただ、、、

 「考え方を変えよう!」と一念発起してみたものの、

 何をどうしてよいかわからない……。

 何かを決断しても、行動を変えるとっかかりがないため、

 ついついその決断をあやふやにしてしまったり、

 忘れたり、先延ばしにしてしまう。

 皆様にもそんなことはないでしょうか?

 これを“あやふや病”と呼びます。

 私もあやふや病患者でしたので、今回もそうなって

 しまうのかなぁとおぼろげながら思ってたのを、

 今でも鮮明に覚えています。

◆しかし、今回の私は違いました。

 だから、こうして現在ブログなどというものを、

 したためさせているところです♪

 では、その時私が次にとった行動は……。

◆今日はここまでにしておきます。

 実は昨日の11時くらいに書いていたのですが、

 更新しようとすると消えてしまったという悲劇が。

 ですので、こまめに更新していこうとしたら、

 ちょっと物語調になってしまうのはご容赦ください。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆運命を変えた本との出会い☆

◆すっかり朝晩は涼しくなってきましたね。

 秋分の日を過ぎ、季節は秋へと移っていきます。

 私が真っ先に浮かぶのは恥ずかしながら食欲の秋で、

 早速今日は「モーツァルト」という美味しいケーキ屋さんで

 “かぼちゃのプリン”を買ってきました。

 今年もどんな美味しいものに出会えるか楽しみです♪

◆さて、昨日は私の学生時代から、就職を迎え、

 転勤を経験するというところまでお伝えしました。

 今日はその続きをお伝えするわけですが、

 この自分の歴史(自分史)を振り返ってみるというのは、

 現在の自分自身を見直す1つのきっかけになります。

 「あの時の選択はよかった、悪かった」などという

 判断はひとまず置いておいて、とにかく振り返ってみます。

◆その時点では意味がないと思っていた出来事や、

 自分にとってマイナスだったと思うような出来事でも、

 実は今の自分を作り上げるのに重要な

 役割を担っていたなんてことに気付かされます。

 全ての出来事は必然的に起こります!

 皆様もぜひ一度ゆっくり時間をとって、ご自身の人生を

 振り返ってみる機会を作られてはいかがかと思います。

 意外な事実を発見できるかもしれませんよ♪

◆話は元へ戻り、転勤という大きな出来事が

 起こってしまった私が3年半前にいました。

 そう確かに3年半前の私はショックを受けていたのです。

 「大きな」出来事という表現をしましたが、

 その当時の私にとってはマイナス面が大きく、

 今の私にとってはプラス面が大きかったと言えます。

◆当時、私の会社も少なからず転換期を迎えており、

 全国的な人事異動が始まったばかりでした。

 入社2年目だった私は、会社にとってみれば、

 まさにうってつけの異動対象者だったわけです。

 かくして今から3年半前に24年間親しんだ

 関東と別れを告げることになりました。

◆私の異動先は、これまでの私の人生で

 全く縁もゆかりもなかった土地です。

 右も左もわからないとは、まさにあのことです。

 知り合いといえば、職場の人しかいないわけですが、

 職場自体の年齢層が高いうえに、

 後輩が1人もいないという環境であったため、

 普段気楽に遊べる友達という友達が

 1人もいない時期が続きました。

◆しかしながら、その時期の私が暗かったかと言えば、

 そんなことはなく、比較的明るく過ごしていました。

 なぜか??

 それは激務から解放されたからです!

 東京で働いていた当時の私は、

 10時、11時の残業が当たり前。

 寝袋を持っていって会議室で寝ることもしばしばありました。

 しかし、転勤先では、仕事がきっちり6時前後には

 終わるため、余暇時間が増えました。

 「なんて健康的なライフスタイルだぁ!」

 と、自画自賛していた私がいたくらいです。

 今考えると、何も考えていない能天気そのものでした。

◆ところが、そのような生活が2ヶ月くらい経過した時に

 ふと気付いてしまったことがありました。

 ………

 確かに休みは増えて自由な時間が増えたものの、

 “給料が圧倒的に少ない”ことに。

 それまでの私は夜遅くまで働いていたため、

 残業代で月に10万円くらいは稼いでいました。

 それが転勤先では全くなくなったのです。

 自由時間は増えても、給料が減って当たり前ですよね(笑)。

◆こんな話を聞いたことはありますか?

 給料が15万円の人は15万円の生活をする。

 その人が給料を30万円をもらいだすと、

 今度は30万円の生活をする。

 しかし、給料が20万円になった時には、

 20万円の生活をすることはできない……。

 まさにその時の私がそうでした。

 金銭感覚がズレてきていたんでしょうね。

 その時の教訓を活かして、絶対に金銭感覚は

 ズラすことのないように生活することを

 心がけるようになりました。

 それはまたの機会に。

◆それに加え、転勤先でできた数少ない友人の1人が

 私が読書好きだということを知り、

 こんな本を貸してくれたのです。

 ⇒ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

  (今は文庫本にもなっていますね。)

 この本を読んで、私はめちゃくちゃショックを受けました。

 何がって??

 まさに私の体験していることそのものが

 書いてあったからです。

 そしてこのままいくと私がどんな人生を歩むのかまでも。

◆今日はここまでにしておきます。

 私の人生を変えた本との出会いが、どんどん加速的に

 私の人生を変えていきます。

 なぜ、そこまでショックを受けたのか?

 なぜ、オーナーを目指すのか?

 今日も読んでいただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

☆自分史☆

◆先週末は3連休を利用して、東京に戻っていました。

 インターネットオンラインショップの立ち上げプロジェクトや、

 様々な情報交換を通じて、最新の情報を仕入れてきました。

 今回も身のある帰省でした☆

◆オンラインショップについては、全くの初心者であるため、

 まだまだ苦戦しているのが正直なところなのですが、

 (インターネットは、右も左もわからない状態です)

 私と一緒に事業を進めていただいているOさんという方は、

 今度9月25日発売の週間ダイヤモンドP.124に

 載ってしまうくらいのすごい方なので、

 しっかり腰を据えて勉強していこうと思っている次第です。

 ショップを立ち上げた際には、ここでもお知らせします♪

◆東京は人が多い分、各人の個性が強くなるとは

 聞いていたものの、ホントに色々な人がいるなぁと、

 つくづく思わされました。

 私が興味をひかれた気になる人々……

 ●電車の隣でジャャニーズアイドルをずっとランク付けしていた

  6歳くらいのレンズ厚メガネをかけていた男の子。

  なぜそこまでアイドルに興味?

  1位がNEWSの根拠も謎。

 ●定食屋さんで今日の競馬結果を復習し、めちゃ真剣に

  反省会を開いていたおじさん2人組み。

  その情熱を別にかけたらいいのになぁ。

 ●「手相を見せてください!」

  と、すごい勢いで詰め寄ってくる若人。

  何となく雰囲気的にダメでした。

  まずはそこを改善するべきでは?

  ちなみに別人から3人くらい同じ風に言われた。

  もしかして流行ってる?

◆手相に限らず、この旅ではやたら人に

 話しかけられたような気がします。

 外国人や明らかに地方から出てこられた方々。

 何か話かけやすいオーラでも出てるのでしょうか?

◆さて、前置きが長くなってしまったのですが、

 今日から少し個人的な思いについてお伝えします。

 過去から現在にかけて、どこかで同じような考を持って

 いらっしゃる方もいるのではと思います。

 少しでもよい波動を出していけるよう書いていきます☆

◆このブログのタイトルにも含まれている

 『オーナー』

 という存在。

 私は22年間あまり意識したことがありませんでした。

 ですが、今は目指しています。

 その間の変化について、まとめてみたいと思います。

◆私は学生時代、決して裕福な方ではなく、

 アルバイトをして(7年間某コンビニで)、

 奨学金を利用しながら、なんとか学生時代を

 乗り切ったという感じでした。

 正直なところ、家庭環境もよい方ではなかったので、

 いち早く社会人になって、

 「自分の身は自分で守っていく!」

 と、心に固く誓っていました。

◆今考えれば、そんな家庭環境だったからこそ、

 今の自分自身ができており、家庭環境には

 むしろ感謝している状態です。

 ですが、その頃の私にはそんな余裕はなく、

 日々の生活をこなすのでいっぱいいっぱいでした。

◆そんな私は大学を卒業して、22歳で今の会社に

 第1希望で就職しました。

 今から遡ること6年。

 当時もけっこうな氷河期で、就職難と言われていました。

 私が優先したのは、何と言っても「安定」!

 とりあえず安定している企業に入ろうと考えていました。

◆早いうちから就職活動を始め、金融業会に絞って

 就職活動を進めていました。

 何とか希望するいくつかの会社から内定をいただき、

 後はそこから入社する会社を選ぶ状態でした。

 ありがたい話です。

 しかしながら、私の選んだ基準は、

 “自分がこの仕事がやりたいから”とか

 “この会社に入って試してみたい”とかではなく、

 「つぶれない会社」というものでした☆

 今考えると情けないです……。

◆ただ、選んだ基準はどうあれ、幸いなことに

 私の入った会社は素晴らしい企業でした。

 体質が古いのはこれからの改善課題だとは思いますが、

 社会人として働く環境としてよかったと思います。

 ですから、今でも働かせていただいています♪

◆そんなぬるま湯社会人にどっぷり浸かっていた私に、

 入社2年目のある日、転機が訪れました。

 それが何かと言うと……「転勤」です!!

 いやぁ、驚きました☆

 ずっと東京で働くものと思ってましたから。

 まさか自分が関東外に出るなんて思ってもみませんでした。

◆結論から言うと、その転勤によって、

 私の人生が大きく変化していくのですが、

 今日のところはここまでにしておきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

☆シンクロ活用法☆

◆今日は給料日でした♪

 やっぱりお給料をもらうのはテンション上がります!

 学生時代にアルバイトで働いていた時に、

 習慣が身についたのかもしれません。

 オーナーになったら、給料は当然自分に支払います。

 もらう側から、支払う側の感覚に

 なっていかないといけないですね☆

◆とは言え、現段階では給与明細を見るのは楽しい。

 自分への投資や、将来への投資への蓄えを

 見極めつつ、使うときには使います。

 今月は、今後への設備投資として

 パソコンを購入しました。

 それも今までの人脈を使って、最新モデルを

 メモリー増強、フルオプションにして10万円で。

 それまでのパソコンが98年モデルだったのも

 今となってはすごいなぁと感じています(笑)。

◆昨日はシンクロについて、より詳しい

 お話をさせていただきました。

 今日はシンクロニシティのまとめとして、

 身近なシンクロをお伝えします。

◆磁石のN極同士、S極同士を近づけると

 反発するのは、皆様よくご存知だと思います。

 しかしながら、シンクロニシティで活躍する

 ご自身の波動については、磁石の現象とは

 全く反対の現象が起こります。

 つまり、似た波動を持った者同士は

 近づきやすい傾向にあります。

 友達同士で、確認もしていないのに、

 同じような服装をしているのもその現象の1つです。

◆『類は友を呼ぶ』

 『似た者同士』

 昔からよく言われている言葉です。

 実に的を得ているなぁと思います。

 皆様の周りでも言われてみると

 このような状況になっていないでしょうか?

◆考えていることや行動によって、

 人はプラスの波動、マイナスの波動を出しています。

 ポジティブな考えであったり、徳のある行動を

 重ねている方はプラスの波動が出ます。

 その逆はマイナスの波動です。

◆これは本当に不思議なもので、

 今の私の状況を実によく表しています。

 学生時代から人脈に困ったことはありませんでしたが、

 それはやはり自分と似たような感覚の仲間が

 集まっていたように思います。

 もちろん今でも気のおけない仲間として

 時折集まって楽しい時間を過ごしていますが、

 それはあくまでもオフの時間です☆

◆色々な本を読み、考え方・行動を変えて以来、

 不思議なくらい良縁に恵まれています。

 もちろん自分が求めたのもありますが、

 それ以上に大きな力を感じずにはいられません。

 プラスのエネルギーを日々もらっています♪

◆現在、ご自身の周りにはどんな方がいらっしゃいますか?

 その方々と過ごしている皆様が今の皆様です。

 とても貴重なお仲間だとは思いますが、

 もしより多くの運命的なきっかけを得たいのであれば、

 考え方・行動を変えて、シンクロを利用するのも

 1つの方法かもしれませんね。

 プラスの波動を出している方には、

 私も引き寄せられるかもしれません(笑)。

◆シンクロは身近なところで既に利用されています。

 またの機会にお伝えしていこうと思います。

 明日から週末にかけて、東京に行ってきます♪

 戻ってきてから、またテーマを変えてお伝えします。

【このテーマのまとめの1冊】

やっぱりこれで運がよくなった!

シンクロニシティについては、これで全てわかります☆

興味のある方はぜひご一読ください。

・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆自分の波動を操ろう☆

◆家に観葉植物を置きました。

 イミテーションで臭いやホルムアルデヒドを

 吸収するようなものもあったのですが、

 やはり本物の植物を買いました。

◆社会人に限らずリラックスタイムって重要ですよね。

 オンとオフの区別がはっきりつきます。

 人間は心身ともにリラックスするのに、

 様々な五感を活用すると言われています。

 アロマにもこだわって、嗅覚を刺激したりしていたのですが、

 今回は視覚からの刺激を意識してみることにします☆

 ポトスよ、がんばってちょうだいな♪

◆さて、昨日はシンクロニシティには波長が

 すごく重要な役割をしているということをお伝えしました。

 今日はそのシンクロを活用するための

 ヒントをお伝えしていこうと思います。

◆突然ですが、皆様はラジオを聞く時に

 どのような操作をされるでしょうか?

 ラジオのスイッチをつけた後、自分の聞きたい

 放送局に周波数を合わせるのではないでしょうか?

 そうです、この周波数を合わせることこそが

 シンクロに欠かせない作業なのです。

◆昨日は波動という言葉を使いましたが、

 よりわかりやすく言えば、このラジオの波長の

 ようなものだと考えていただければ、

 イメージしやすいのではないかと思います。

 各人が出している波動を合わせるのです☆

◆私の経験を少しお伝えします。

 会社からの帰り道に、ふといつもとは違った道を

 通って帰りたくなったのです。

 なぜだかはわかりませんでした。

 ふとそう思ったのです。

 しかし、そこでたまたま寄って食事したお店で

 もう何年も会えていなかった中学校時代の

 同級生と再会したのです!

 彼とは中学時代にすごく親交が深かったのですが、

 中学を卒業してから全然連絡がとれていませんでした。

 もうむちゃくちゃ嬉しかったのですが、よくよく考えると

 数日前に違う友達とその彼が今何をしているのかなぁと

 話をしていたばかりなのです☆

 それ以来何となく彼のことを考えていました。

 おそらくそこから波動が出ていたのだと思われます。

 再会して彼と話すと、彼も

 「たまたまそのお店に来たんだ。」

 と言うのです。

 しかも私と同じく初めて。

 その時はシンクロという言葉も知らなかったのですが、

 今考えると明らかにシンクロとしか考えられません。

 私の「どうしてるのかなぁ?会いたいなぁ☆」と

 思う気持ちが、彼を呼んだのだと思います。

◆その一見すると偶然とも思えるこの出会いから、

 また様々な素晴らしい出会いが生まれました。

 現在は彼は地元で一流の料理人になり、

 学生の頃からの夢を叶えています。

◆ただ考えるだけでよいのです。

 考えたり、口にしたりすることで波動が出ます。

 その波動に共鳴した誰かが、シンクロにより

 自分と同じ行動をとることになるのです♪

 これがシンクロの1つです。

◆今日はシンクロの活用について軽くお伝えしました。

 明日はより詳しくお伝えしていこうと思います。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆人間は大きな携帯電話☆

◆今日は所用で有休をとっています。

 平日をお休みにできると、本を読んだり、

 メールを確認できたり、有意義に時間を使うことができます。

 よって、今の時間に更新しています♪

 今日は充実した一日が過ごせそうです。

◆昨日は『シンクロニシティ(共時性)』について、

 ごく簡単にお伝えいたしました。

 出来事を「偶然」ととらえず、「必然」ととらえるのが

 『シンクロニシティ』の考え方でしたよね。

 今日はより『シンクロニシティ』の起こる原因を

 私の見解でお伝えしていこうと思っています。

◆皆様、携帯電話は使われていますか?

 私が高校生くらいの頃から流行りだしてきた携帯ですが、

 現在7000~8000万台が稼動していると言われています。

 おそらく皆様もお使いなのではないかと思います。

◆携帯は、なぜ離れた場所にいるにもかかわらず、

 会話やメールができるのでしょうか?

 固定電話については、「コードでつながっているし、

 理屈はわからないけど、そういうもんなんだ。」

 と、子供ながらに思っていました。

 コードレスの出現でそれもわからなくなりましたが(笑)。

◆ご存知だと思いますが、携帯は「電波」を利用して

 やりとりをしていますよね。

 この「電波」は、皆様見えていますか?

 ……何をふざけたことをと思うかもしれませんが、

 これが重要なことなのです。

 「電波」は肉眼では見えないです。

 しかし、皆様「電波」が存在しているのは、認めていますよね☆

 なぜなら、携帯で利用して使っているはずですから。

◆何が言いたいのかと言いますと、人間の体からも

 「電波」のように何か目に見えない電波のようなものが

 出ているとしたら信じられますか?

 シンクロについては、様々な見解があるのは確かですが、

 ここでは私が思うシンクロの原理には、この何かが

 とても重要な役割を果たしています♪

 この何かについては、ここでは「波動」と言っておきます。

◆目に見えない電波を認めるのであれば、

 波動を否定することはできないのでしょうか。

 なぜなら、目に見えないから。

 全面的に信じろなんて事は言いません。

 ただ、あるかもしれないな程度に思っていただければ、

 これからのお話が理解しやすいかと思います。

◆シンクロは、実はこの波動のやりとりから

 起こっている現象なのです☆

 ですから、決して偶然なんかではないのです。

◆成功者の多く(おそらくほとんどの方)は、

 「自分は運がよい!」

 と、感じていると聞きます。

 成功者は、意識的にせよ無意識的にせよ、

 シンクロを利用していると私は考えています。

 シンクロを効果的に使って、人から見ると運がよいなと

 思える出来事を次から次に連鎖させています。

◆この幸運の連鎖は、意識をすれば私達にも

 できるようになります。

 それにはこのシンクロを知ることが必須です。

◆今日はシンクロを作り出す要因について

 お伝えいたしました。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました。

◆このブログは、私が読んだ本やイベントでの経験を

 一サラリーマンの私なりの見解を踏まえて記すことによって、

 少しでも皆様の指針になればと思って書いています。

 そして私も日々成長するためのチャレンジとして、

 どんなに成功したとしても書き続けていくつもりです☆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

☆シンクロニシティ☆

◆今日は職場で課内会議がありました。

 う~ん、いかにもサラリーマンって感じでしょうか。

 名前だけでもミーティングであればいいのになぁと

 ふと考えたりもします。

 イメージも重要な要素だと思いますので。

◆テーマは「10月の人事異動後の仕事分担」。

 うちの会社は主に4月と10月に人事異動があり、

 今回も数は少ないながらも異動がありました。

 かく言う私も3年半前に辞令を受け、

 この土地にやってきました。

 俗に言う「転勤」ですね。

 当初は正直「なぜ自分が!?」という感想を

 持っていましたが、今となっては転勤万々歳☆

 とても素敵な時間と経験をさせてもらっています。

 やはり障害は必然ですね、楽しんでなんぼです♪

◆さて、昨日は縁を大切にしていくと、

 さらによい縁に恵まれるということ、

 さらに自分から求めることが必要だということも

 お伝えしたかと思います。

 今日は縁を持たれた方との不思議な現象を

 お伝えしていこうと思います。

◆『シンクロニシティ』という言葉をご存知でしょうか?

 日本語で言うと『共時性』と表せます。

 おそらく耳にしたことがある方も

 いらっしゃるのではないかと思います。

 私は1年半くらい前に初めて知りました。

 この現象が実はすごいんです。

◆簡単に言うと、同じ事が同時に起こる現象です。

 この「シンクロニシティ」を知ることによって、

 かなりの幸運を呼び寄せることが可能になります。

◆例えば、

 ●ふと立ち寄った店に会いたい人がいた

 ●ある人のことを考えていたら、その人から電話があった

 ●欲しいもののことを調べていたら、もらえた

 ●話をしていて、次に話そうとしていた内容を先に話された

 ●乗り遅れそうになった電車に乗れた

 こんなことは全てシンクロと言えます。

 なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

 もしこのようなことを意図的に起こせるとしたらどうでしょうか?

◆実は幸運な方はこのシンクロを利用して、

 自分の欲しいものを手に入れていることが多いのです。

 知っていましたか??

 私もこの少なからずこの幸運のおこぼれをいただいています。

◆今日は『シンクロニシティ』のさわりについて、

 簡単にお伝えさせていただきました。

 明日はもっと詳しくお伝えしようと思います。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆縁が縁を呼ぶ☆

◆昨日は、充実した1日でした。

 午前中はボランティア活動に参加し、

 その後は一緒にプロジェクトを立ち上げている方が

 全国誌の取材を受けるということだったので、

 そのお手伝いをしました☆

 雑誌名は『はつらつ元気』という雑誌です。

 10月2日号に掲載されるとのことなので、

 今から楽しみに待つことにしています♪

 記者の方がたまたま同い年だったこともあり、

 今度東京で飲みましょうということになりました。

 これもありがたい縁だと思っています。

◆その後、急遽仕事で神戸に行くことになり、

 ドライブも兼ねて知人のオープンカーで疾走しました。

 オープンカーって気持ちよいものですね!

 そして帰宅が1時・・・・・・。

 そして気がつくと泥のように寝ていました。

 3連休の中日、そんな1日を過ごしました

◆さて、前回は人との縁は本当に貴重であり、

 今ご自身の周りにいる方々との縁を意識してみることの

 大切さをお伝えさせていただきました。

 心のなかで「ありがとう」は言えましたか?

 今日は人との縁についてさらにお伝えしていこうと思います。

◆皆様が今親しくされている方というのは、

 どのようにして知り合った方でしょうか?

 学校が一緒、職場のつながり、ご近所、サークル等々、

 人とのご縁をいただける場所というのは

 たくさんあるのではないかと思います。

 とりわけ、私が意識しているのは

 『知人からの紹介』

 です。

◆なかなか社会人として、毎日同じ場所、同じ仲間で

 働いている環境にあっては、新しい方とご縁を持つ

 機会というのが限られてしまいます。

 もちろん職場内や取引先といった関係から

 すばらしい縁をいただくこともあります。

 ですが、出会っていく中で

 「この人とはずっと付き合っていきたいなぁ。」

 と思う方は、紹介していただくことが多いように思います☆

 紹介からつながる縁が深くなるのはなぜなのかと言うと、

 何を隠そう私自身が

 「会ってみたい!」

 と思える方に会っているからなのです。

◆私は、知人・友人と話をしている際に、

 「こんな人とお会いしたい」、「こんな人が身近にいないか」

 と折に触れて話題にしています。

 そうすることで実際に縁をいただける機会が

 飛躍的に高まっていくと感じています。

◆「1人の人間には、平均250人の知り合いがいる。」

 と言われているのを聞いたことがあります。

 とすれば、1人に自分の会いたい人物像を伝えておくと、

 もしその方の250人のお知り合いの中に、

 そのような方がいらっしゃれば、紹介してもらえる

 確率が高くなるのは当然だと言えます。

 ましてその方が、何かの拍子に他の方に同じような

 お話をした場合には、さらに確率が高まります。

◆ご自身の周りには、今は見えていない縁を持った方が、

 知人の数×250人はいるということになりますね!

 会いたい方がいらっしゃる場合は、ぜひ周りの方に

 それを実際に言ってみることをお薦めします。

 「いい人がいたら紹介して!」と恋人探しで言うのは、

 あながち間違ってないかもしれませんね(笑)。

◆縁を大切にすると、さらに次の良い縁をもたらします。

 『縁の相乗効果』

 です☆

 常に目の前にいる方の後ろにいらっしゃる250人を、

 意識してみるとよいかもしれません。

 ただ、誤解のなきようにしていただきたいのは、

 一番大切にすべきは目の前の方ですからね!!

◆今日は縁がもたらすものについてお伝えしました。

 明日は縁を持った方との不思議な感覚について

 お伝えしていきたいと思います。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました。

◆こんな言葉がありました。

 『よき友達は1億円でも買えない。』

 ・・・・・・この言葉、大好きです♪

 【お薦めの1冊】

 Happy名語録―一瞬で人生が変わる!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

☆出会えた奇跡☆

◆今日は図書館からブログを更新しています。

 おかげさまで現在住んでいるところから、図書館が近く、

 頻繁に利用させてもらっています。

 本(良書)は買って手元に置いておきたいのですが、

 なかなか全部が全部そうすることもできないので、

 まずは試し読み的な感覚で図書館を利用しています☆

 そして家よりも随分恵まれているネット環境を利用して、

 集中して更新してしまっているわけです。

 今日も早速試し読みしたい本が3冊見つかりました。

◆今日からテーマを変えてお話していきたいと思います。

 今日のテーマは人との縁です。

 普段意識していそうで、意識できていないことかなぁと思います。

◆今皆様の周りにはどんな方がいらっしゃるでしょうか?

 ご家族、恋人、ご友人、知人、上司、先輩、後輩、等々

 ふと思い出すだけでもたくさんの方がいらっしゃると思います。

 かく言う私も本当にたくさんの方からご縁をいただいております。

 そこで今一度、その方々との縁について考えてみました。

◆1日に10人、初対面の方と会って握手をしたとします。

 10人というと何かのパーティーやイベントに行かないと、

 なかなか知り合うことのできない数ですよね。

 それをもし10日連続で行うと100人の方と知り合えます。

 100日連続で行うと1000人。1年連続で3650人です。

 「そんなの当たり前じゃないか。」

 と思われるかもしれませんが、もし日本全国の人と

 知り合いになろうと思ったら、どれくらいかかると思いますか?

 人口をおおよそ1億2000万人と考えると、

 ざっと3万2876年くらいかかります。

 どう思いますか?

◆私はこの単純計算ではありますが、この数字を聞いた時に、

 「今私の身近にいる人と縁を持てているのは奇跡だ!」

 と感じずにはいられませんでした。

 毎日10人と知り合い続けて、3万年。

 まさしく気の遠くなるような歳月です。

 皆様のすぐ横にいる方と出会う確率を考えてみてください。

 必然的に会ったとしか思えないですよね。

◆どんな人にせよ、その方と自分が知り合いになることが

 できたというのは、「必然という奇跡」の繰り返しなのです。

 今度会ったら、

 「出会えてありがとう!!」

 と声をかけてみてはいかがでしょうか?

 たぶん気持ち悪がられます(笑)。

 でも、心の中で思うくらいはできるかもしれませんよね♪

◆当然ながら、これが世界を基準に考えるともっと天文学的な

 数字になるのは言うまでもありません。

 興味のある方は、計算機を片手に計算してみてください。

 きっと外国人の知り合いの方に対して見る目が変わります。

◆自分の周りの方々に、感謝できる人って何だか素敵ですね。

 私と出会っていただいた全ての方へ向けて、

 「私と出会ってくれて、ありがとう!!」

◆今日は人との縁についてお伝えいたしました。

 明日は人との縁で得られる価値あるものについて

 お伝えさせていただきます。

 今日も読んでいただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆障害の先に見えるもの☆

◆今日は沖縄料理の店で夜ご飯を食べました。

 ゴーヤチャンプル、ラフティー、島らっきょ等、

 沖縄料理は癖があるけどおいしい!

 泡盛もおいしいかった♪

◆沖縄には人生で2回訪れたことがありますが、

 すごく楽しかったし、日本なのに異国を感じ取れる場所でした。

 ゆったりとした時間が流れていて、自然もたくさん。

 「1年くらいライフワークを楽しみながら住んでみたい!」

 という想いを今も抱いています☆

 泡盛をたしなみつつ、そんなことをふと考えていました。

◆昨日は、何かを決めることによって障害は発生しますが、

 前向きにとらえて、真正面から立ち向かって乗り越えて

 いくことにより成長できるということをお伝えしました。

 今日はそうやって障害を乗り越えた先に

 見えるものについてお伝えしていきます。

◆障害から逃げず、どんな形であれ向かっていくことにより

 人間は成長することができます。

 結果はもちろんですが、その過程において

 成長することの方が大きいのではないかと思います。

◆私はサラリーマンなので、自分の会社の携わっている

 仕事に関する知識はあります。

 それはその業界についての知識は、

 何も知らない方よりは知っているというレベルでのお話です。

 ただ、その知識が活かせるのは、今の会社にいるか、

 もしくは会社の属するカテゴリーの中にいる

 期間だけなのではないかと思っています。

 要は会社の肩書きがなくなった場合には、

 私の専門知識は今ほど役に立たないということです。

◆これは社会人として働いている方は、少なからず

 感じていることだと思います。

 いくら専門知識を自在に操れても、それはその分野の

 中でこそ活きる知識なのだということを、

 いくばくか感じずにはいられません。

 ただし、だからと言って今の仕事に対する知識を

 吸収する必要がないと言っているわけではないのです。

 今奇跡的に関わることのできている仕事には、

 どう思っていようが全力で取り組むべきです!

 それはまた別の機会にお伝えします。

◆では、日々の生活で何を身につけていけばよいのか?

 その答えは、

 『人間力を高めること』

 に尽きるのではないかと思います。

◆人間力というのは、EQ等色々な言われ方をしていますが、

 どれも間違いではないはずです☆

 つまり、言葉こそ違えど、

 「人間として生きる上で価値のある力」

 なのではないかと思います。

 コミュニケーションしかり、感情力しかり、精神力しかり、

 身につけられる能力の全体を総じているのかもしれません。

 よく器の大きさという表現もされますしね♪

◆この『人間力』は、残念ながら本を読んだり、

 話を聞いたりするだけで、高まるわけではありません。

 やはり「実践」の場においてこそ高めることができるのです。

 さながらドラゴンクエストでレベルが上がるようなものですかね。

 町を歩いているだけでは、レベルは上がりません(笑)。

 (ゲームを全くご存知ない方はすいません。)

◆では、人間力を向上させていった先に何が見えるのか?

 それは、各自が思い描く

 『人間力を高めることができた自分自身』

 が見えるのではないでしょうか!

 どこまでいこうが、まずは自分自身の成長なくして、

 充実した人生はありえません。

 だからこそ毎日の成長が楽しいですよね♪

 皆様はどんな自分になりたいですか??

◆明日は、また少し趣向を変えて、

 人との縁についてお伝えしていこうと考えています。

 今日も読んでいただきありがとうございました。

◆このブログは皆様の生活の指針になれば幸いです。

 それはもし人生にグラフがあるとするならば、

 ほんの1度でも上向きになれば感無量です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆障害があるからこそ燃える☆

◆火曜日の深夜……いや水曜日の早朝でしょうか、

 サッカー日本代表対スイス代表の試合がありました。

 公式戦だったので本気の真剣勝負です♪

 本当は生で観たかったのですが、やはり次の日の

 仕事を考えると録画しました。

◆朝いつもよりも1時間早く起きて、ビデオ再生。

 朝からむちゃくちゃ燃えました!

 スポーツの世界は何でもそうだと思うのですが、

 国の誇りをかけて戦う世界の迫力は、

 ただただ感心するばかりです。

 自分の仕事にも誇りを持って取り組むことにより、

 今以上に熱くなれると確信した代表戦でした☆

 結果は4対3で劇的な逆転勝利。

 それもまたよかった……。

◆さて、昨日は障害とはうまく付き合っていくことで

 自分自身を高める、ひいては自分の人生を

 豊かにしていくことができるということをお伝えしました。

 今日は障害が起こりやすい時についてお伝えします。

◆全部が全部ではないです。

 ですが、障害が起こりやすい時というものがあります。

 それはどんな時だと思いますか??

 ご自身に障害が起こった時のことを想像してみてください。

◆それは

 『何かを決めた時』

 だと考えています。

◆例えば、

 「大学に入ろう!」

 と決めたとします。

 もし今の学力で足りないとすれば、

 大学受験に受かるための勉強するはずです。

 中には勉強が大好きな方もいらっしゃると思いますが、

 学生時代の私にとっては勉強は苦痛以外の

 何物でもありませんでした。

 まさに受験は障害そのものでした。

◆ですが、大学に入るための勉強をすることで、

 単に知識だけではなく、自分では気付かないうちに

 色々なことを身につけることができています。

 受験に受かれば成功を体験するでしょうし、

 努力の価値というものも見出せるかもしれません。

 たとえ、うまくいかなかったとしても、

 支えてくれる人の温かさや自分を見直す

 よい機会になるかもしれません。

 長い目で見れば、その障害と向き合うことにより

 マイナスになることはないはずです!

◆「あの人とお付き合いしよう!」と決めても、

 「あの車を買おう!」と決めても、

 「あの本を読む!」と決めても、

 ご自身に何らかの障害は起こってくるはずです。

 ですが、障害はつきものと考えて、

 それに向かっていくことで、人は必ず成長します♪

◆飛行機だって

 「飛ぶ!!」

 と決めるから、逆風を利用して飛び立つことができるのです。

 逆風を作ることができなければ、

 決して飛行機が飛び立つことはありません。

 逆風という障害を利用しているのです。

 私も成長するために色々なことを決めて、

 次から次に迫りくる障害を乗り越えていきたいと思っています。

◆明日は成長の先に手に入れられるものについて

 お伝えしていきたいと思っております。

 今日も読んでいただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

☆障害は生涯ともにしたいもの☆

◆失敗しました…。

 今日は今自分の周りで意識の高い方々と

 情報交換をしながら、楽しく時間を過ごしていたのですが、

 すっかり時間の感覚を忘れ、日付をまたいでしまいました。

 でも、すごく有意義な時間を過ごせました。

 私が今立ち上げているボランティアプロジェクトが

 一気に加速しそうな展開になりました♪

 またご紹介できる機会があると思います。

◆さて、昨日は『困ったことは起こらない!』という

 ミラクルワードの持つ意味を、ほんの少し掘り下げて

 お伝えすることができました。

 今日は自分も含め、一般的に障害だと思っていることの

 核となる部分についてお伝えしていこうと思います。

◆『障害』とは何でしょうか?

 障害とは、

 「物事の成立や進行を阻害するものや行為をいう。」

 とあります。

 障害はお嫌いですか(笑)??

◆「障害はない方がよい。」

 と、答えられる方がほとんどですよね。

 ただ、好き嫌いにかかわらず起こるのが障害です。

 この障害といかに付き合っていくかで、

 人としての器、魂のレベルが変わっていくと思われます。

◆サッカーというスポーツはよく知られています。

 かく言う私も大のサッカー観戦好きで、

 日本代表の試合はよく国立競技場で生観戦しました☆

 ごく近い将来の夢として

 『2010年W杯生観戦』

 を挙げているくらいです♪

◆そんなサッカーですが、ルールを簡単に説明すると、

 1チーム11人で、手を使わずに相手ゴールにより多く

 ボールを入れたチームの勝ちというゲームです。

 やる方も観る方も実に面白いです。

 いかに相手に点を入れさせずに、こちらが点を取るか。

 相手チームはまさに障害と言えるでしょう。

◆しかし、もしこれが片方のチームはゴールキーパー1人しか

 いなかったらどうでしょうか?

 いくらでもゴールは入りますし、物事は進行します。

 しかしながら、そんなサッカーは

 果たして面白いと感じるのでしょうか?

◆これに私ははっきりと「NO!」と言えます。

 当然です。

 相手チームがいるからゲームとして成り立つし、

 やる方も観る方も面白いです。

 障害がなければ何の面白みもありません!

◆私はいつからか

 『障害は人生を面白くするスパイス』

 ととらえるようにしています☆

 私の人生をより豊かにする、

 それが障害の醍醐味なんだと。

◆そう思うと、障害が出てきた時に、

 「困った、どうしよう……。」

 ではなく、

 「さぁ、どのように解決していこう。」

 という考え方になります。

 脳をそのような方向に稼動させるわけです。

◆障害をいつもとは違った角度からとらえて、

 生涯うまく付き合っていきたいものですね♪

◆明日(というよりは今夜かな?)は、

 障害が出やすい時についてお伝えします。

 今日も読んでいただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆目線を変えると見えるものも変わる☆

◆今日は職場で監査がありました。

 いつも行っている在庫管理や職務遂行をチェックする

 役目であるはずの監査のはずなのに、

 今日になってとってつけたような対応をして、

 その場をしのいでいる様子がまかり通っている感じ。

 少し社会保険庁ともかぶる気がしました……。

 人のふり見て我がふり直せかな☆

◆さて、昨日は困った状況に直面した時こそ、

 『困ったことは起こらない!!』

 と口に出すことによって、前向きにとらえることができ、

 結果として事態が好転するということをお伝えしました。

 今日はもう1つの側面からこの言葉の

 持つパワーをお伝えしようかと思います。

◆皆様がそれぞれ困ったなぁというシチュエーションを

 頭の中に浮かべてみていただけますか?

 一体どんなシチュエーションが浮かぶでしょうか?

◆例えば、

 ●会議で使うための重要な書類にミスがあった。

 ●友人から借りた大切なものを壊してしまった。

 ●ご飯を食べたが財布を家に忘れていることに気付いた。

 等々、一見困ったように見えるシチュエーションは

 たくさんあると思います。

 というより、実際にはやっぱり困ってしまいますよね。

◆そんな時には、目線を変えてみることをお薦めします。

 具体的に言うと、

 「最悪のシチュエーションを想像してみる!」

 ことです。

◆仮にサラリーマンである私の場合、会社主体で考えれば、

 致命的なミスをして職場を首になってしまうことが

 最悪のシチュエーションと考えられます。

 そのような最悪のシチュエーションを想像してみるのです!

◆最悪のシチュエーションを想像した後には、

 実際に今自分が直面している事態がどれくらい

 困ったことであるかを客観的に見てみます。

 そうすると多くの場合は、最悪なシチュエーションに

 比べれば、そこまで困ったことではないことがわかります。

 だから、

 「困ったことは起こらない」

 のです♪

◆それでも困ったことが起きていると思われる方は、

 『世界がもし100人の村だったら

 を一読されることをお薦めします。

 どれほど私達が恵まれているか

 感じることができると思います。

◆もし生まれた国が内戦の真っ最中だったらどうですか?

 もし食べるものがなかったらどうですか?

 もし着るものや寝る家がなかったらどうですか?

 日本に生まれても、生まれた時代が

 戦国時代だったらどうですか?

◆「明日をどうやって生きようか?」

 そのことを真剣に考えて過ごしている人々が

 世界には本当にたくさんいらっしゃいます。

 間違いなく私達は豊かです☆

◆今こんな時代にこの国日本で生きている奇跡を

 考えたら、目の前から困ったことはなくなります。

 そのことを思い出すためにも、

 「困ったことは起こらない!!」

 を使っていただければよいかと思います。

◆今日は違う角度から「困ったことは起こらない!」と

 いう言葉の持つパワーをお伝えしました。

 明日は障害の持つ意味についてお伝えしたいと思います。

 今日も読んでいただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆絶対に不幸せになれない言葉☆

◆今日は職場の上司と関連団体にちょっとした用件で

 話を聞かせてもらいに行ったのですが、

 上司があまりにも回りくどい言い方をするので、

 すこし「イラッ」っときてしまいました……。

 後から、あの程度のことで腹がたつなんて、

 まだまだ成長が足りないなと痛感しました☆

 そんな発展途上のサラリーマンブログです♪

◆昨日はミラクルワードの1つ目、

 『ツイてる!!』の効力についてお伝えしました。

 いよいよ今日はミラクルワードを追加です。

◆人間誰しも、ず~っと平坦な道を歩むわけではありません。

 むしろ凸凹の激しい人生を歩む方の方が

 多いのではないかと思うくらいです。

 時として自分にとってマイナスと感じてしまうことや、

 悲しい出来事が起こることもあるでしょう。

 そんな時に皆様はどう思うでしょうか?

◆「あぁ、私はなんて不幸なんだろう。」

 「私にばかり困ったことが起きるんだ。」

 「一生懸命に生きてもバカをみるだけだ。」

 こんな風に悲観的になってしまってはいないでしょうか?

◆仮に今までそうであったとしたら、

 こんな考え方もあるのだということをお伝えします。

 何か自分にとってよくないことが起こった時こそ、

 ミラクルワードの2つ目の出番です☆

◆その言葉とは

 『困ったことは起こらない』

 という言葉です。

◆神様とまでは言わないまでも、この世界には人間には

 抗うことのできない大きな力があります。

 英語で言うところの

 「Something Great(サムシング・グレート)」

 と言われるようなものです。

 直訳すれば「何かすごいもの」となるのでしょうか。

◆ここでは表現が簡単なので、「神様」という

 言葉で置き換えて説明させていただきます。

 神様は、私達がその障害を乗り越えられる力が

 ついた時に障害を与えます。

 なぜか??

 それは私達の魂を向上させるため、

 もっと簡単に言うと成長させるためです♪

◆よく「もっと楽に生きたい」と言われる方がいます。

 私もその一人だったのかもしれませんが。

 でも、本当にそうでしょうか?

 何も困ったことのない人生がよいのでしょうか?

◆仮に何も障害のないゆるーい人生を歩んだ方と、

 様々な障害を乗り越えて人生を歩んできた方では、

 どちらの方がより成熟して、器の大きな

 魂の研ぎ澄まされた人物になっていると思いますか?

 ……もちろん後者ですよね。

◆ということは、もし人生に障害がなければ、

 人は成長することが難しいと言うことができます。

 つまり、一見自分を困らせるように見える

 避けたいことであっても、それは神様がレベルアップの

 ためにわざわざ作ってくれた障害ということですよね♪

 だから、

 『困ったことは起こらない。』

 のです。

◆もし何かこれからの人生で、マイナスかもしれないと

 思える出来事に直面した場合は、

 「困ったことは起こらない。」と言ってみてください。

 ものの見方が変わります。

◆明日は、もう1つ困ったことは起こらない考え方を

 補足させていただくことにします。

 今日も読んでいただきありがとうございました。

◆最後に、大掃除をした際に、大学時代のM先輩に

 教えてもらったよい言葉を見つけましたので、

 記録としてここに残しておきます。

 『権力より賢力

  保身より保進

  悪夢より握夢』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆『ツイてる!』と言うとツく不思議☆

◆日曜日のお昼を迎えました。

 明日からまた1週間が始まります。

 社会人になりたての頃は、月曜日が来るのが

 嫌で嫌でたまらなかったのを覚えています。

 「サザエさん」を見ると軽く気分が落ち込む

 「サザエさん症候群」なんて表現も、

 実に自分の心境を適切に表現してるなんて思ったものです。

◆今はどうか?

 今は月曜日を迎えた時に、

 「今週はどんなことをしよう?」や

 「どのようにしたら作業が効率よく進むだろうか?」とか

 「何か工夫の余地はないか?」

 などとイメージをしています☆

 どうせやらなくてはならない作業があるなら、

 効率よく工夫してやった方が自分のためにも

 周りのためにもなると気付いたからです。

 イメージトレーニングと言うほど大げさなものでもないですが、

 不思議とイメージしたものに近い仕事ができるものです。

 今週はエラー件数を集計し、対応すべき目安となる

 指示を早々にしようかと考えています。

◆さて、昨日は

 『ツイてる!!』

 という言葉を使うと、考え方が変わるというお話をしました。

 今日は次のミラクルワードをお伝えしようと

 思っていたのですが、もう少し補足をすることにします♪

 10回試しに言ってみましたか(笑)?

◆唐突ですが、

 運を手に入れるのは実力です。

 これはまぎれもない事実です。

 『運も実力のうち』

 まさにそのとおり、運こそ実力なのです。

◆『ツイてる』という言葉は、その運を得るために

 切っても切り離せない言葉なのです。

 この世界には絶えず運気が対流しています。

 そしてそれはあたかも電波のように運を引き寄せる

 人の方へ流れていくという性質を持ちます。

◆電話をかける時には電話番号を押しますよね?

 かけたい知人・友人の番号を押すはずです。

 携帯電話も電波を利用して話をする仕組みに

 なっていることは、今さら言及するまでもありません。

 実は運についても同様のことが言えるのです♪

◆「運がよくなりたい!!」

 だからこそ、運が流れてくるように

 『ツイてる』って言うんです。

 単純な原理ではないでしょうか?

 思っているだけでは、運は流れてきませんよ。

◆運がよくなれば、自分の周りにも変化が出てきます。

 それは、人間関係であったり、物質的なものであったり、

 仕事面であったり、環境面であるかもしれません。

 その変化によって根本的な考え方も

 自然と変わっていくのだと思います。

 (もちろん意図的に考え方を変えることが必要な

 場面もあるかとは思いますが)

◆ですから、『ツイてる』という魔法の言葉は、

 多くの方に重宝されています。

 私もその一人でかなりの幸運に恵まれてきつつあります。

◆それでは、明日こそ次なるミラクルワードを

 お伝えできると思います(笑)。

 (もったいぶるつもりは全くないのですが……)

 今日も読んでいただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

☆人生を好転させる言葉☆

◆今日は知り合いの岩盤浴とカフェベーカリーを

 経営されている方とお会いし、今後のことについて

 色々お話をさせていただきました☆

 いつも意識が高い方なので、会うとすごく

 パワーをもらえます♪

 身近な方で意識の高い方には、最初は居心地が

 悪くてもできるだけ一緒にいた方がよいです!

 その話もまたの機会に。

◆さて、昨日は人生を変えるには言葉を変えることが

 必要であるということをお伝えしました。

 言葉の潜在意識への働きかけは、

 思っている以上に協力ですからね。

 この力を借りない手はないです。

◆では、実際にはどのような言葉を話せばよいのか?

 今日はミラクルワードをお伝えします。

 めちゃめちゃ強力なので、心して読んでくださいね(笑)。

◆ミラクルワード……それはずばり

 『ツイてる!』です。

 過去形でも未来形でもなく、現在進行形、

 繰り返します、

 『ツイてる!!』です☆

 この言葉のパワーはすごいです。

◆あの長者番付に10年以上連続でトップ10にランクイン

 されている、かの有名な銀座まるかんの創設者

 「斎藤一人」さん

 が、この言葉を語るにはあまりにも有名です。

◆一人さんは言います。

 「難しいことは考えなくていんだよ。

 ただ『ツイてる』とさえ言えば、ツイてくるんだから。」と。

 言霊なんて言葉があるように、言葉には理屈では

 はかりしれないパワーを含んでいるのです。

 その中でも最強のパワーを持っている言葉が、この

 『ツイてる』という言葉なのです。

◆言い方は簡単です。

 一日千回『ツイてる』と言いましょう!

 千回!?……と驚かれる方もいるでしょうけど、

 この千回という回数もパワーを最大限に高める

 回数であると言われています。

◆でも、いきなり千回もいえるわけがない。

 と、尻ごみしてしまう気持ちもわからないでもありません。

 大体のところ私自体が面倒臭がりなので。

 (治せるにこしたことはないのですが……)

◆ですので、最初は一日100回、

 それが無理なら10回言うところから

 始めてみてはいかがでしょうか?

 10回であれば、30秒で終わります☆

 これ以上簡単にはできないですよね。

◆しかも、10回という回数を見てみましょう。

 「口」に「十」と書いて何と読みますか?

 ……

 そう、「叶える」なのです!

 10回という数字にもきちんと根拠があるのです。

◆言うタイミングはいつでもかまいません。

 朝起きた時でも、通勤・通学時でも、休憩中でも、

 お風呂に入っている時でも、寝る前でも。

 思い立った時に言ってしまうのがコツです。

 慣れてきたらその10回を100回になるまで

 回数を重ねていけばよいだけです♪

◆実践してみた方はわかります!

 私もこの言葉のおかげで本当に人生が好転しました。

 時間もかからない、お金もかからないので、

 やってみてマイナスはないと思います。

 後はみなさん次第です。

◆明日は、もう1つ別の場面でのミラクルワードを

 お伝えさえていただきます。

 今日も読んでいただきありがとうございました☆

【今日のお薦めの1冊】

ツイてる!

このブログの内容が少しでも皆様の参考になれば、

もしよろしければご友人にご紹介いただければ幸いです。

皆様のお力でこのブログが成長できますように♪

http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆考え方を変えられる魔法☆

◆今日は晩御飯に美味しい焼肉を食べて

 お腹いっぱいで幸せ感じてます☆

 焼肉とビールって何であんなに合うんだろう??

 でも、本当に基本は、普通に3食の食事に

 ありつけてることに幸せを感じずにはいられません。

◆さて、今日は考え方を変える方法です。

 なぜかいつもネガティブな考え方をしてしまう…。

 「どうも自分は運がないのではないか」と思っている…。

 「考え方は、変えたくてもそう簡単には変わらない」

 と信じている…。

 そんな方にはぜひとも読んでいただきたい内容です。

◆誤解を招くといけないので付け加えておくと、

 「考え方を変えなければならない!」

 と言っているわけではありませんし、

 無理に変える必要はありません☆

 ただ、もしご自身の考え方を変えたいのであれば、

 こんな方法もあるのかぁという程度に

 とらえていただければ幸いです。

 考え方が変わると人生が変わりますので♪

◆何もせず、昨日と同じような行動を積み重ねていたのでは、

 いつまで経っても考え方は変わりません。

 それはご自身の考え方が、ここ何日、何週間、何ヶ月、

 または何年と変わっていないことから証明できます。

 私も「今の考え方が正しいに違いない!」

 と信じてやまない若かりし頃がありました。

 でも、考え方は十人十色、千差万別、

 何が正しいとかではないんですよね。

 何が自分にとって意味をなすのかが重要なのです。

◆行動を変えなければ、考え方は変わりません。

 やる気を出すのにも、

 やる気が出たから行動するのではなく、

 行動していくうちにやる気が出てくると言われています。

 まさに考え方も同じだと思います。

 ただ、私のブログですから、そんなに行動を激変する

 なんてことは嘘でも書けません。

◆では、何なのかと言うと、

 私の提案する行動の変化は、

 『言葉を変えること』

 です☆

 ご自身が話す言葉を変えればよいだけです。

 簡単すぎますか??

◆シンプルですが、これは多くの成功者が

 真剣に語る内容そのものなのです。

 言葉の変化については、また明日お伝えします。

 今日も読んでいただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆ふ~っ☆

◆は~っ・・・・

 今日は今まで書いていたブログの内容が、

 ふとしたことで消えてしまいました。

 少し放心状態になりましたが、まとまりのない

 内容だったってことでしょう(笑)。

 また明日仕切りなおして書きます!

◆予告としては、こんな一サラリーマンの僕が

 どんな風に考え方を変えていったのか?

 オーナーを目指すとは何??

 ということでお伝えしていければと思います☆

◆今日も読んでいただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆充実した人生を歩むために☆

◆今日は会社でビジネスマナー研修があり、

 たくさんのことに気づかされました。

 セミナーに参加することは大好きで、

 毎回新鮮な刺激が得られます。

 会社の費用とはいえ、何か吸収できるものは

 あるはずと息巻いて参加しましたが、やはりよかった☆

◆今日学んだことはごくごく当たり前のことなんですけど、

 意識しないとついつい怠りがちなことばかり。

 学んだことはまた色々な事柄に関連してお伝えします。

 一応、参考程度に言葉だけ。

 ●「凡事徹底」(当たり前のことを、当たり前にやる)

 ●「成長なくして幸せなし」

 ●「築城十年、落城三日」

 ●「立つより返事」

 ●「成長とはチャレンジし続けることである」

◆ビジネスマナーとはいえ、あなどるなかれでした☆

◆さて、今日からまた少し違ったテーマで

 ブログを書き進めようと思います。

 それは、私たち誰しもが充実した人生を

 歩むためにどうしても必要なものです。

 それは何でしょうか??

◆お金?

 家族?

 仕事?

 愛情?

 世の中には本当にたくさんの大切なものがあります。

 本当にあげたらキリがないくらいです。

 では、その中で私が個人的に思う、一番大切なものとは。

◆それは

 『考え方

 なのではないかと思います。

◆物質的なものを手にしたいにせよ、

 精神的な欲求を満たしたいにせよ、

 自分自身の『考え方』が定まっていなければ、

 充実した人生は得られないのではないでしょうか?

◆仮にあなたが大金持ちになったとしましょう!

 すごいですね、使い切れないくらいのお金ですよ!

 ・・・ただ、少し条件があります。

 お金は腐るほどありますが、

 家族もいなく1人ぼっち、余命3ヶ月の状況で

 あったとしたらどうでしょうか?

 お金持ちになりたいという人は山ほどいますが、

 本当にこの状況で充実した人生を歩めたと

 心の底から思えるでしょうか?

 私はそうは思いません。

◆『吾唯足りるを知る

 という言葉があります。

 「現在自分が手にしているものや環境に、

 満足を見出す。」という言葉です。

 すごくよい言葉だと思います。

◆充実した人生を歩めるかどうかは、

 自分自身の核となる考え方、置き換えると

 価値観に近いものかもしれませんが、

 この1点にかかってくるのではないでしょうか?

◆考え方の重要性は、明日以降もお伝えしていきます♪

 今日も読んでいただきありがとうございました。

◆現在、私は「世の中にまだまだ知られていない、

 本当によいものを世の中に配信できるしくみ」を

 ある成功者のOさんと一緒に立ち上げています。

 私自身消費者ですから、自分自身が本当に

 よいと感じたものだけを扱うようにします。

◆世の中へ自分自身ができることで貢献していくことが

 一番の自分の成功への近道だとわかったからです。

 今後その内容について随時更新していきますので、

 こうご期待です♪

 早くサラリーマン時間をそっちに投下したいものです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆成功サイクル☆

◆最近、と言ってもここ1ヶ月くらいなのですが、

 運動不足の解消と健康維持のため、

 夜に家の周りをジョギングをしています。

 最初は全然運動していなかったせいか、

 少し走っただけでも息切れしていたものですが、

 最近は長く走っても息切れしません☆

 継続の効力と何事も習慣化が必要である

 ことを痛感する日々です。

 社会人になったからこそ、定期的に運動する時間を

 意図的に作っていきたいものですね。

◆昨日は、欲しいものや姿をイメージして、書いて、

 さらにそれを『読む』ことによって成功へのステップを

 一段飛ばしで上がれるということをお伝えしました。

 今日は、そのまとめになります♪

◆読むとなぜ近道となるのか?

 それは、

 読む、つまり自分の願望を声を出すことにより

 自分の潜在意識に働きかけることができるからです☆

◆『潜在意識』自体は、皆さん何度となく耳に

 されたことがある言葉だと思います。

 「潜在意識を活用することにより自分でも

 信じられないような力が・・・」

 のような形で見かけることもありますね。

◆ですが、実際にその潜在意識を活用されている方が

 どれくらいいらっしゃるのでしょうか?

 おそらく何らかの形で成功というものを体感している方は

 無意識のうちに潜在意識を活用していると考えられます。

◆顕在意識は5%、潜在意識が95%と言われています。

 顕在意識、つまり自分達が意識して使っている意識は

 まさに氷山の一角だと言えます☆

 もし潜在意識のいくばくかでも使うことができたら・・・

 今の力の数倍はパワフルになるかもしれませんよね。

◆声を出すということは、他の誰でもない

 自分自身の潜在意識に訴えかけているのと

 同じ効力があると考えられるのです。

 よって、潜在意識をより自分の求めるものへ

 向かわせることができる。

 それがこの『読む』というプロセスなのです。

◆今までのことをまとめますと、

 欲しいものやなりたい姿、得たい環境等がある場合には、

 ●具体的かつ肯定的にイメージする

 ●イメージを紙に書き出す

 ●書いたものを声に出して読む

 これを

 『成功サイクル』

 と私は呼んでいます☆

◆少しは皆さんの参考になったでしょうか?

 参考にしていただければ幸いです。

 私はこの成功サイクルを通じ、少しづつではありますが、

 確実になりたい姿に近づきつつあります。

◆この夢実現プロセスの最後に、

 基本となるイメージについて、松下幸之助さんが、

 このような逸話を残されています。

 私はすごく思うところがあったので、

 参考に書かせていただきます。

◆松下さんが既に経済人として大成功されていた時の

 とある会議で、このような主旨の質問があったそうです。

 「成功の秘訣は何ですか?」

◆この質問に対し松下さんは、

 「強く思い願うことです。」

 と答えられたそうです。

 周囲の人々は、はぐらかされたように思ったようですが、

 KDDIを設立された稲盛和夫さんは、

 「やはり、そうだったのか!」

 と体に電流が走ったような衝撃を受けたとのことでした。

◆単純なものほど時として難しいものです。

 お金も要らないので、試してみて、

 起こる変化をご自身で体験されてみてはいかがでしょうか?

◆明日からはまた違ったテーマで書いていきます。

 今日も読んでいただきありがとうございました。

 では、また明日☆

【今日のお薦めの一冊】

松下幸之助 夢を育てる―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆夢実現プロセス その2☆

◆先日、「古本市場」に行ってきました。

 文字どおり古本の売買をしているお店です。

 図書館にも頻繁に行くのですが、欲しい本がある場合は、

 無性にのぞいてみたくなります☆

 お目当ての品が見つからなかったので、

 思わず2軒はしごしてしまいました(笑)。

 おかげさまで見つかりました!

 本にはいつもワクワクさせてもらっています。

 私がささやかな幸せを感じる瞬間かもしれません。

◆さて、昨日は具体的な肯定的イメージができたら、

 次は書くことが重要だとお伝えしました。

 それは、インプットしたものをアウトプットできるからです。

 積極的にアウトプットすることにより、夢を叶える

 ステップを着実に上がっていけるわけです☆

 もちろん最初の具体的なイメージが

 最も大切であることは言うまでもありません。

 ぼやけたイメージからは、ぼやけた成果しか得られません。

 また欲しくないものが手に入っても嬉しくないですよね。

◆それでは、そのステップを一段飛ばしで

 上がることができる方法があればどうでしょうか?

 知りたいと思いますか??

◆もったいぶっても仕方ないですよね。

 今日は夢実現をより加速する方法をお伝えいたします。

◆とその前に、

 私は常々、私がお伝えすることが、誰しもが必ず

 実行できることでなければ意味がないと思っています。

 一部の方ができるだけでは仕方ないのだと。

 したがって、その方法もごくシンプルなものです☆

 シンプル過ぎて、あきれないでくださいね!

◆書くことができた次のプロセス。

 それはずばり

 『読む

 ことです!!

 ・・・シンプルすぎますか?

 でも、これが非常に重要なプロセスなのです☆

◆この『読む』こと、

 つまり、言葉に出すことが出す効果については、

 また明日お伝えさせていただきます♪

 今日も読んでいただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆夢実現プロセス☆

◆今日は過ぎ去っていく夏の最後の抵抗なのか、

 非常に暑いです。

 ついついアイスをほおばりながら書かせていただきます☆

◆昨日は、脳に欲しいものや姿をイメージする際に、

 ついつい持ってしまいがちな否定的な感情は

 出さないようにすることが大切とお伝えしました。

 ジニーちゃんは、素直にその否定的な感情が

 願いであると聞き入れてしまいますので。

◆今日はうまく自分の中で欲しいものや姿を

 イメージできた後に、その効果を倍増させる

 ことができる方法をお伝えしていきます。

◆例えば、

 「世界一周の旅行に行きたい!」

 というイメージを脳の中に描けたとします。

 「いつ?」 「誰と?」 「どんな風に」

 と具体的にイメージを膨らませていきます。

 そして最後に

 「世界一周旅行ができて嬉しい♪」

 と肯定的な感情で締めくくります。

◆まずは、そのイメージが実現できた際の

 自分自身を想像してニヤニヤしてください。

 その感情にどっぷり浸かってください☆

 すごく幸せな感情になるはずです。

 お金をかけることなく幸せな感情を味わうことができる

 一番簡単な方法だと思います。

 この幸せな感情については、また書きたいと思います。

◆十分に幸せな感情に満ちた後にやることがあります。

 それは今膨らませたイメージについて、

 『書く』

 ことです!!

 実はこの作業が非常に重要なのです。

◆イメージはあくまでも脳へのインプットにすぎません。

 このイメージをアウトプットしていくには『書く』ことが

 非常に有効であると言われています。

 現に、多くの社長さんが手帳を真っ黒にされているのを

 メディアでも何回も拝見しました。

 描いたイメージを書いて、そして実現していく。

 このプロセスが大事なのですね♪

◆私も多くのことを書いています。

 ●『気のおけない友人とのコンサルティング会社経営』

 ●『見栄えやイメージではなく、「本当によいもの」を

  社会に発信していくコンセプトの会社経営』

 ●『ボランティアとビジネスの融合』

 ●『書籍を出版』

 ●『劇団の設立』

 ●『世界一周旅行』

 ●『2010年W杯の現地観戦』

 ●『世界のディズニーリゾートの制覇』

 ●『リッツカールトンホテルの制覇』

 ●『緑と水に囲まれた住環境』

 ●『日本発の情報配信』

 ●『世界の貧困層への働きかけ(運動)』

 等々、大きなものから私的なものまで発想は自由です。

◆あくまでも否定的な感情は捨てましょうね。

 イメージにお金はかかりませんから。

◆明日はさらに一歩進んだイメージの現実化方法を

 お伝えしていきます。

 今日も読んでいただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

☆脳をうまくコントロール☆

◆昨日は、職場の飲みがあり、帰宅してからの記憶が

 おぼろげながらしかございません。

 エアコンかけっぱなし(普段はつけもしないのに・・)、

 スーツもぬぎっぱなしの状態で爆睡・・・。

 ブログも書けませんでした☆

 お酒もほどほどにですね。

◆さて、前回は脳はジニーちゃんのように、お願いを言えば

 無条件に叶えてくれる力があるということを書きました。

 これを活かさない手はないというものですよね♪

◆どうすればジニーちゃんにお願いできるのでしょうか?

 今までのブログに書いてきたことの復習にもなりますが、

 ジニーちゃんにお願いするということが、

 脳に具体的なイメージをするということなのです。

◆例えば、ジニーちゃんに

 「車が欲しい!」

 というお願いをしたとしましょう。

 ジニーちゃんは願いを叶えてくれます。

 ただ、叶えてくれた結果が、ミニカーかもしれないですし、

 リヤカーかもしれないですよね。

 車であることには違いないんですけどね。

◆だからこそ、お願いするときのポイントが

 『具体的に』 となっているのです。

 「青色のベンツSクラスが欲しい!」

 とお願いすれば、目的の車が手に入ることになるのです。

◆ここまで読まれた方の中には、

 「ジニーちゃんにお願いするだけでいいのなら、

 誰だってできるじゃないか。」

 と言われる方もいると思います。

 そのとおりです!

 どなたでもできます。

◆しかし、実際には願いを実現していく人というのは

 ほんの一握りしかいません。

 なぜなのでしょうか??

◆それもどうやらジニーちゃんへのお願いの方法に

 違いがあるようなのです。

◆「手に入ったらいいな・・・でも僕には無理かな。」

 「あんな風になれたらいいな・・・でも私にはできない。」

 脳にイメージをした時に、無意識的にこのように

 思ってしまう方は要注意です。

 ジニーちゃんは、最後の最後まで願いを聞いています。

 よって、最後の

 「無理かな。」 「できない。」

 という部分まで実現してくれてしまうのです。

◆人間誰しも全ての体験が成功しているわけではありません。

 むしろ失敗する経験の方が多いのではないでしょうか?

 その過去の失敗したことやうまくいかなかったことが

 物事の判断材料になってしまっているということは

 けっして少なくありません。

◆でも!!

 ジニーちゃんへのお願いする時には、

 ぜひそんな否定は打ち消してみてください!

 必ず肯定的なイメージで終わること、それがコツです。

 イメージの時に、あたかももう手に入ったかのように

 「ありがとうございます。」

 とお礼を言ってしまってもいいかもしれませんね♪

◆明日はよりイメージ実現を具体化していける方法に

 ついて書いていくことにします。

 今日も読んでいただいてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »