« ☆あなたは正しい!☆ | トップページ | ☆自信は自分を信じること☆ »

☆過去は変えられる☆

◆昨日・・・というよりも今朝ですが、私の人生にとって

 初めての瞬間が訪れました。

 改めて生命の不思議に驚かされました。

 実は、私の家族が1人増えました☆

 娘が誕生しました♪

◆自分が父親になるということは、

 「いつかそうなるだろう。」

 程度にしか思っていませんでしたが、

 いざ我が娘を抱いてみると、何とも言えない気持ちになりました。

 「何だか不思議な感じだけど、はじめまして。末永くよろしくね♪」

 と挨拶しちゃいました。

 小さいながらも、懸命に生まれてきたこと自体に感謝・感動です。

 少しも痛みを共有できなかったですけど(苦笑)、

 奥様にもすごく感謝しています。お疲れ様でした。

◆子育てにも正面からぶつかっていきます!

 挨拶と「ありがとう」がしっかり言える娘に育てていきたいな☆

 ・・・そんなわけで、寝不足気味の更新になります。

◆さて、昨日はどんな選択を選んできたにせよ、

 その当時の自分にとっては全てベストな選択であり、

 正しかったんだということをお伝えしました。

 「~たら、」「~れば、」を考えるのは、時間の無駄です。

 今日は斎藤一人さんの話の中で、

 「過去は変えられる」

 というお話をお伝えします。

 このお話をまとめとして、このテーマを終えようと思います。

◆よく一般的にはこのような言葉を耳にします。

 『過去と他人は変えられない。変えられるのは未来と自分だけ。』

 幾度となく使われている言葉なので、皆様の中にも

 聞いたことがあるという方はいらっしゃるのではないでしょうか?

 この言葉ですが、一般的な考え方から考えると、

 ごく当然のことが言われています。もっともですよと。

◆しかし、斎藤一人さんの考え方からすると、

 この言葉は的確ではないことになります。

 私も斎藤一人さんの話を聞いて、

 「そっちの考え方の方が、自分の人生ではプラスだよなぁ。」

 と思ったので、考え方を変えました。

 「考え方」を変えるのは、すごく難しくて時間がかかると

 思われる方もいらっしゃいますが、実は簡単で時間もかかりません。

 心の持ちようだけです。

 自分:(心に向かって)「そっちの方がいいよね?」

 心:「そりゃ、そうだよね。」

 と、心に納得してもらえばよいだけです。

 納得できないものまで「考え方」を変える必要はないですしね☆

◆ということで、本題に入ります。

 斎藤一人さんの考え方の中では、

 『過去はいくらでも変えられる。未来は変えられない。』

 のだそうです。

 普通に言われているのと、真逆ですよね(笑)。

 なぜか?

◆まず、「過去は変えられる」という部分ですが、

 過去が嫌だと思わなければ、最初から過去を変えようと思わないですよね。

 つまり、過去を変えたい人は

 「過去をネガティブにとらえてる人」

 のはずです。

 なぜ過去をネガティブにとらえているかというと、

  ●勉強ができない

  ●病気がちだった

  ●いじめられた

  ●モテなかった

 等々、世間一般でネガティブにとらえられる事実があったからです。

 それは誰の価値基準ですか?

◆例えば、

 「家は父親が米相場にのめりこみ、破産。一家離散。

 小学校は4年生で中退。丁稚奉公(今で言う住み込み労働)に出される。

 そのうえ身体は弱く、8人兄弟は全て早死に。

 普通に働いたら長生きできないと言われる。」

 こんな過去を持っていたら、普通の価値基準から言えば、

 めちゃくちゃネガティブな条件がそろってますよね。

 でも、この方はこんな過去があったからこそ、自分は成功できたと言っています。

 何を隠そう、あの『松下幸之助』さんの生い立ちです☆

◆幸之助さんは、

 「病弱だったから自立しようと思った。

 勉強ができなかったから、勉強ができる人に協力してもらった。」

 と普通に成功要因を分析されています。

◆もし、何かネガティブな過去をお持ちであれば、それは幻想です。

 自分の考え方次第で、いくらでもポジティブな過去に変えられます!

 「あんな経験をしたから強くなれた。」

 「あの過去があるから、自分は成長できた。」

 障害は越えれば越えるほど、魂は向上します。

 ぜひ過去のとらえ方を変えてみてください。

◆「未来は変えられない。」

 という部分は実にシンプルです。

 人生は選択の連続ということを知った私達は、これから先は

 魂を向上させるベストな選択をし続けていくと決めれば、

 必ず「幸せな未来」が待っていますよね?

 そう決めてしまえば、不幸になることはできないから、

 未来は変えられないのです☆

◆すごく簡単ですよね?

 自分の未来が幸せになるとわかれば、全ての選択に自信が持てますし、

 その結果として、未来が幸せになるのです。 

 わざわざ不幸せな未来を望む人はいませんよね?

 ですから、「未来は変えられない。」のです。

◆私の経験からも、自分の生い立ちが複雑な家庭環境だったので、

 すごく幼少時代はネガティブにとらえていました。

 その結果、人から同情されて、さらに落ち込むということの繰り返しでした。

 ですが、大学時代に参加したイベントを通じて考え方を変えてからは、

 その部分が逆に自分の強みなのだととらえることができました☆

 「その環境で育ったからこそ、自分はここまで人ができない経験ができて、

 コミュニケーション力が上がったり、成長することができたんだ。」

 ととらえることで、就職の面接試験は本当に強かったですね。

 要は考え方です♪

◆今日は斎藤一人さんの話の中から、

 『過去はいくらでも変えられる。未来は変えられない。』

 という話を自分なりの解釈でお伝えさせていただきました。

 人生は

 「リアル人生ゲームの盤上を、日々無数の選択の連続で進んでいます。

 正しい選択をしているから今の自分がいることを確認し、

 日々魂を向上させていく。」

 ものです。

 楽しんで進んでいきましょう!

 明日からはまた違ったテーマでお伝えします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

|

« ☆あなたは正しい!☆ | トップページ | ☆自信は自分を信じること☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。「過去は変えられる」という内容にすごく勇気付けられました。私もちょうど、悪い過去のことにとらわれていて、変えたいと思っていたところでした。これから頑張れそうです。

投稿: puramaist | 2009年4月16日 (木) 23時00分

>puramaist様
 コメントありがとうございます。
 誰にでも、その時は
 ‘こんな最悪なことが何で私だけに起こるんだろ?’
 と思わされる出来事が幾度も起こります。
 実際にpuramaist様にも起こったのでしょうね。
 ですが、それはpuramaist様が乗り越え、
 自分を高めて成長していけるハードルだったからこそ、
 その障害が現れたのだと思います。
 考え方が切り替われば、驚くほど自分自身も変わりますよ!
 大丈夫です、puramaist様はきっと幸せになれます☆
 だって、このようなコメントで私のモチベーションを
 向上させてくれたんですから。
 苦労したことは、後からみ~んな笑い話になります。
 頑張らず、顔晴ってくださいね!
 私も陰ながら応援しています。
 また、いつでも遊びに来てくださいね。

投稿: いさお | 2009年4月17日 (金) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/9179605

この記事へのトラックバック一覧です: ☆過去は変えられる☆:

« ☆あなたは正しい!☆ | トップページ | ☆自信は自分を信じること☆ »