« ☆類は友を呼ぶ原理☆ | トップページ | ☆人として不可欠なモノ☆ »

☆与えるから与えられる☆

◆昨日は、職場の研修会の講師をしました。

 毎年やっている税金の研修なのですが、

 今回もまとめの部分で私が登場しちゃいました☆

 税金も最初は何のことやらさっぱりわからなかったものですが、

 おかげさまで概要はつかめるようになりました。

 わかると非常に面白いです。

 それに実務面でも私のように将来独立を考えている者にとっては、

 自分自身のためにもかなり役立ちます。

 お金もらって勉強できて、なおかつアウトプットの機会まで

 もらえるなんて、仕事って素晴らしいなって思います。

◆そして何より講師をする際に私が一番重視しているのが、

 最初の「ツカミ」です(笑)。

 私も研修を受ける側になることも多いのですが、

 講師がきちんと「ツカミ」を意識していると、

 研修内容も聞き入りやすくなります。

 空気を暖めるというか、話に注目させるというか、

 それは講師だけに限らず、人前で話したことがある方なら、

 大よそつかんでもらえる感覚だと思います。

 そこに全精力の8割方をを費やすので・・・今回も好評でした(笑)。

 受講生の方を第一に考えた研修をすべきですよね、講師は。

◆さて、前置きが長くなってしまったのですが、

 昨日は同じ価値観を持つもの同士の波長が共鳴しあい、

 引き寄せ合ってコミュ二ティーが形成される

 『ルイトモ(類は友を呼ぶ)現象』

 についてお伝えしました。

 今日はその中でも自分が成長できるコミュニティーに

 属する方法をお伝えしていきます。

◆自分を成長させてくれる人とは・・・

  ●自分の足りない部分を厳しく指摘してくれる

  ●器の大きさを見せてくれる

  ●未知の道を先に行ってくれる

 人によって表現は異なりますが、

 概ねそのような人なのではないかと思います。

 私はこのような人を総称して

 『与える人』

 と呼ぶようにしています☆

◆では、『与える人』のコミュニティーに属するには

 どうしたらよいかと考えていくと、

 『ルイトモ現象』から答えは導き出されます。

 同じ波長や価値観の者同士は引き合うことになるので、

 「自分が『与える人』になればよい。」

 ということになります。

 シンプルですよね。

◆世の中には2通りの方がいらっしゃいます。

 1つはまずは自分から与えていって、

 与えて、与えて、与えていった先に、

 気がつけば多くの人から与えられている人。

 もう1つは人から与えられることしか考えず、

 自分からは与えようとしない人。

 時間が経過していくと、

 「あの人と一緒にいても、自分のことしか考えない。」

 と思われ、人が離れていってしまいます。

◆私は元々は後者だったのかもしれません。

 学生の頃は、とにかくハングリー精神の塊だったので、

 自分からは差し出さないにもかかわらず、

 周囲には「あれが欲しい。」「これが欲しい。」

 そんなことばかり漏らしていた気がします。

 ただ、私の友人は本当に心の広い奴ばかりなので、

 すごく助かりました。

 これからその恩を返していきたい奴らばかりです☆

◆しかし、色々な本を読んだり、お話を聞かせていただき、

 「与えると与えられる」 「奪うと奪われる」

 ことになることを実感しました。

 【今日の一冊】

 ⇒図解斎藤一人さんが教える驚くほど「ツキ」をよぶ魔法の言葉ノート―「日本一の大金持ち」が実践している、楽しみながらできる「非常識」な成功法則!

 (実はこの本は我が家のトイレに常備されています)

 世の中は本当にバランスがとれています。

◆自分の日常を振り返ってみて、

 「○○してほしい。」

 という表現をしているようであれば、要注意です!

 もしかしたら私のように、知らず知らずのうちに

 周囲の方から奪っているかもしれませんよ。

 その生活を続けていくと、いつか『奪う人』のコミュニティーに

 属すことになりかねません。

◆中には

 「私には与えるものなんて、何もありません。」

 とおっしゃる方がいらっしゃいます。

 そんなことは、絶対にありません。

 当然ながら与えるものは物でなくてもかまいません。

 優しさであったり、笑顔であったり、率先した行動であったり、

 人への配慮であったり、心を鬼にして叱ることであったり、

 見返りを求めずにする行動は全て与えていることになります。

◆「人に優しくしてほしければ、まずは自分が優しくする。」

 「人に導いてほしければ、まずは自分が導く。」

 「楽しく生活したければ、まずは自分が楽しくなる。」

 『与えてほしければ、まずは自分が与える』

 この感覚を強く認識し、過ごしていけば、

 同じ波長や価値観を持った者同士が共鳴し、

 きっと素晴らしいコミュニティーに属することができるでしょう♪

 『与えて与えられる』

 この原則はむちゃくちゃ効果があります。

 また実例を通じて、お伝えできる機会があればと思います。

◆今日は自分が成長できるコミュニティーに

 属する方法をお伝えしてきました。

 明日はまたテーマを変えてお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

|

« ☆類は友を呼ぶ原理☆ | トップページ | ☆人として不可欠なモノ☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/8793809

この記事へのトラックバック一覧です: ☆与えるから与えられる☆:

» 頑張るサラリーマンのブログ [頑張るサラリーマンのブログ]
頑張るサラリーマンのブログ [続きを読む]

受信: 2007年11月 7日 (水) 14時27分

» ブルーミングで綺麗になりましょう [千葉駅徒歩1分! ブルーミング]
千葉駅から徒歩1分のブルーミングで美しくなりましょう☆ゲルマでデトックス♪ブルブルマシンのラクサでフィットネス♪10分ラクサに乗るだけでウォーキング1時間〜2時間分の運動になります。ダイエットしましょう☆... [続きを読む]

受信: 2007年11月 8日 (木) 18時37分

« ☆類は友を呼ぶ原理☆ | トップページ | ☆人として不可欠なモノ☆ »