« ☆逆上がりから学ぶ☆ | トップページ | ☆何でも成功体験化☆ »

☆理想の自分を作り上げる☆

◆昨日は、いつもの若手有望株T君に、

 とあるケーキ屋のチーフパティシエのY君を紹介してもらいました☆

 初めて3人で集まって話したけど、すごく色々な

 話ができて、たくさん刺激を受けました。

 少ない従業員でお店を切り盛りをしているらしく、

 なかなか苦労はしている様子。

 だからこそ、伸びるんだけどね!

 まだまだかなりの伸びしろを感じるY君だったので、

 今後ともお互いに刺激を与え合えればよいなと思いました。

 今後ともよろしく。

◆3人で話している中で、自分で言った言葉なのに、

 自分が一番刺激を受けた言葉があります。

 不思議ですよね(笑)。

 それは

 「今この瞬間がY君のこれからの人生で一番若いんだよ!」

 って部分。

 もちろんこれは私をはじめとして、全員に共通する話。

 よほどタイムマシンでもできない限りは。

 人生で一番若いのが、今、この瞬間です。

 人生で遅すぎることなんてないんだなぁ♪

◆さて、昨日はセルフイメージを思い描く上で障害となる

 「思い込み」を取り除く方法をお伝えしました。

 「できない」ではなく「やったことがない」って言葉に

 置き換えるだけですけどね。

 考え方がガラッと変わりますよ☆

 今日はセルフイメージの向上についてお伝えします。

◆自分が

 「こんな風になりたいなぁ。」

 「あんな性格になりたいなぁ。」

 とセルフイメージを自由に思い描けるのであれば、

 きっとモデルとなる人物が浮かぶはずです。

 憧れている人や尊敬している人の外見や性格をイメージし、

 部分的かもしれないし、全体像かもしれないですが、

 自分のセルフイメージを思い描くプロセスになるはずです。

◆私であれば、

  ●器の大きさはKさん

  ●容姿・外見・立ち居振る舞いはKさん(最初とは別人)

  ●考え方は斎藤一人さん、小林正観さん

  ●行動力はJ・スキナー

  ●人間関係はAさん、Nさん

  ●素直さはNさん(前とは別人)

 のように分野ごとに分かれています。

 年上もいれば、年下もいますし、年齢や経験を問わず、

 「ここはすごいなっ!」

 と思った部分については、意識してセルフイメージに

 取り込もうと実践しています。

◆しかし、好きなようにセルフイメージを作り上げていくと、

 当然に壁が発生します。

 何の壁かというと、

 『現在の自分のセルフイメージとのギャップ』

 という壁です。

 セルフイメージには、

 「理想のセルフイメージ」と「現在のセルフイメージ」

 の2種類があります。

 この2種類のセルフイメージを1つにできるのがベストですが、

 最初から全て一致するわけではありません。

 そこで、多くの場合には必ずと言ってよいほど

 この壁が立ちはだかります☆

◆この壁を越えて、少しでも理想のセルフイメージに近づくために、

 今の自分のセルフイメージを向上させる必要があるわけです。

 言語化すると伝わりにくいんですけど、

 何となくニュアンスが伝わりますかねぇ?

◆前にも触れたとおり、理想のセルフイメージを思い描くだけで、

 脳はそれに近づいていこうと動き始めるのですが、

 それだけでは不十分です。

 やはり実際に自分の行動や考え方で、現在のセルフイメージを

 向上させていく必要があるのです。

 当然、私のブログですから、日々簡単に実践できる

 セルフイメージの向上方法があるのですが、

 それはまた明日お伝えします☆

◆今日はセルフイメージには2種類あること。

 そしてその間にはギャップという名の壁が発生すること。

 それを越えるためには、現在のセルフイメージを向上させる

 必要があることをお伝えしました。

 明日は実践的なセルフイメージの向上方法をお伝えします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

|

« ☆逆上がりから学ぶ☆ | トップページ | ☆何でも成功体験化☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/9021921

この記事へのトラックバック一覧です: ☆理想の自分を作り上げる☆:

« ☆逆上がりから学ぶ☆ | トップページ | ☆何でも成功体験化☆ »