« ☆見方1つで人は変わる☆ | トップページ | ☆周囲の1票を得ること☆ »

☆イタリア人になろう☆

◆昨日は職場の方々が野球のマジ試合ということだったので、

 その応援がてら見に行ってきました。

 場所は私の家の近くの球場だったので、

 朝9時からの観戦にも間に合いました☆

 野球の生観戦って、大学生の時以来かな・・・

 東京ドームに日米対抗戦を見に行ったのが

 最後だったと記憶しています。

◆結果から言うと、見に行った最初の試合で

 うちのチームは負けてしまったのですが、

 あの一体感ってすごいよなって思っちゃいました。

 野球と同様に仕事もチームワークが重要です。

 この野球班にはそういう意味も含まれているのかなと

 思いつつ、球場を後にしました。

 選手の皆様、お疲れ様でした♪

◆さて、昨日はコミュニケーション力を向上させる実践事項として、

 『褒めること』をお伝えしました。

 そうは言ってもなかなかきっかけがつかめないもの。

 ということで、今日は褒め方実践例をお伝えします。

◆この本をご存知ですか?

 【今日の1冊】

 ⇒ほめ言葉ハンドブック

 書店でもすごく話題になっていて、

 ご存知の方も多いかと思います。

 手元に置いておきたい、貴重な1冊ですね。

 褒め言葉をいくつも持っておくと、より広い視野で

 人を見ることができるのでしょうね。

 興味のある方はご一読ください。

◆ではまず、男性が女性を褒める場合から。

 日本人男性ってシャイですよね(笑)。

 イタリア人やフランス人など、女性に対し、

 歯の浮くような甘いセリフを平気で言える方々もいますが、

 日本には残念ながらそんな風土が育っていません。

 いきなりそんなセリフを言おうものなら、

 ちょっと変な人呼ばわりされかねません。

◆しかし、本来女性はたとえ歯の浮くようなセリフであったとしても、

 褒められて悪い気がする女性はいません。

 言葉にしないとどんなに思っていても伝わりませんので、

 言葉にすることが重要なのです。

 そこでまずは

 「女性の変化に敏感になる」

 ことが大切です。

◆対象の女性に変化があった場合、チャンス到来です!

  ●髪型が変わった

  ●お化粧が変わった

  ●服装が変わった

  ●メガネやコンタクト等の変化があった

 等々、このような場合にはそんなに違和感なく

 褒め言葉を言いやすくなります。

◆例えば、

 「○○変えました?いいですね、それ。」

 「全然印象変わるね。俺的には好きだな。」

 「何か○○みたいじゃない?言われない?」

 こんな感じです。

 これくらいなら言えそうじゃないですか?

◆注意すべき点は、2つ。

 ①嘘はつかない。見破られます(笑)。

  あくまでも正直に思ったことからイメージを膨らませてください。

 ②物自体を褒めない。

  そんなつもりはなくても「バッグはよい」みたいに聞こえてしまう。

  物が変わった場合でも、そのセンスを褒めるようにしましょう。

 ちょっとした変化から一言、一言褒めていくことにより、

 言う方も言われる方も習慣となっていきます☆

 褒めやすい環境を作るのも大切です。

◆次に女性から男性を褒める場合です。

 男性は比較的単純なので、言葉の裏をあまり読まずに、

 素直に喜ぶ可能性が非常に高いです。

 と言うよりも、言われ慣れていないと言った方が、

 適切かもしれません(笑)。

 女性から男性を褒めることは、比較的自然ですね。

◆男性を何気なく褒める場合には、

 外見よりも内面を褒めた方が効果が高いです。

 「いつもすごい集中力ですよね。」

 「あのアイディアってどうやったら思いつくの?」

 「○○さんの話はいつも面白いわぁ。」

 というように、性格的な面を褒めることで、

 “注目してくれている”感が高まることは間違いないです。

◆あと、女性はもちろんそうだと思いますが、男性であっても、

 「若いですね!」

 と言われると、高確率で嬉しいものです。

 ただし、男性は外見のイメージでだいぶ変わるので、

 年齢を聞いた後のリアクションとして言えるとよいですね。

◆男性はすぐに盛り上がってしまうことが多いので、

 反応を見ながら適度に褒めるのがコツです☆

 天狗にさせてしまわないように、注意してくださいね。

◆まずは実際に褒めてみることです。

 最初は違和感があるかもしれませんが、

 相手が喜んでくれたり、素直にありがとうと言われたりすると、

 褒めた側も気持ちよくなります。

 WIN-WINですよね☆

 自分にもプラス、周りにもプラスの言葉を発するようにしましょう!

◆今日は褒め方実践例をお伝えしました。

 これを実践していくことで、

 コミュニケーション力が向上するのは、間違いないと言えます。

 笑顔で人を褒める人のことを嫌える人は、そうはいませんから。

 明日はコミュニケーション力のまとめをお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

|

« ☆見方1つで人は変わる☆ | トップページ | ☆周囲の1票を得ること☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/8878872

この記事へのトラックバック一覧です: ☆イタリア人になろう☆:

» ああなってしまうのか [ああなってしまうのか]
ああなってしまうのか [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 12時42分

» 【 東京ドーム 】について最新のブログの口コミをまとめると [プレサーチ]
東京ドームに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 12時55分

« ☆見方1つで人は変わる☆ | トップページ | ☆周囲の1票を得ること☆ »