« ☆あなたの“シゴト”はどれ?☆ | トップページ | ☆ピンチの時に変えるもの☆ »

☆ピンチはチャンスとなるか?☆

◆昨日は、ちょっと遅めの新年会ということで、

 知っている人、知らなかった人含めて、

 14人での食事会に参加してきました。

 料理は美味しかったし、すごく個性の強い方ばかりで、

 とても楽しませていただきました☆

◆既知の方、未知の方が混合している場所では、

 思わず人間観察してしまいます。

 場の空気を読んで、積極的に対応している方には、

 やはり好感が持てるものです。

 私もどちらかと言えば、退屈しているような方を見ると、

 ついついそばに行って話したり、話題をふってみてしまうタイプです。

 自分ももちろんですが、その場自体の盛り上がりを優先してしまいます。

 ・・・おけげで昨日は肉を食べ損なう場面もありました(笑)。

◆コミュニケーションは、日常の生活よりも、

 食事会やお酒の席のような、社交性のある場所で力を発揮するのでしょうね。

 これからもより高めていきたい分野です♪

◆さて、昨日までで自分なりの言葉の変換についてお伝えしました。

 同じ言葉でも、人によって意味のとらえ方は様々なので、

 すごく面白いですよね☆

 あまりにも勝手な解釈を除いては、プラスにとらえていきたいものです。

 それでは今日は、「ピンチの受け入れ方」についてお伝えしていきます♪

◆ビジネスの世界では、どのような形で取り組んでいる仕事にせよ、

 うまくいったり・いかなかったり、成果が出たり・出なかったり、

 を繰り返しながら、試行錯誤していることになります。

 当然ながら、自分は何とかうまくいくように仕事を進めているはずですが、

 うまくいくことばかりではないのが現実です。

◆自分が関わっている仕事で思わぬトラブルが発生したり、

 全くよいアイディアが浮かんでこず、スランプに陥ってしまったり・・・。

 俗に言う 「ピンチ」 ってやつです。

 緊急性があるのかないのか、重要性はどの程度か等の差異はありますが、

 この 「ピンチ」 に直面した時の対応によって、

 その後の状況が大きく変わってくることがよくあります。

◆こんな話があります。

 あるメーカーの研究者が、「接着力の強い接着剤」の開発に取り組みました。

 この研究者が一生懸命に開発を進めた結果、

 ある新しい接着力の強い接着剤ができました。

 ところが、この接着剤はしっかりくっつくけど、

 簡単にはがれてしまうという特徴を持っていました。

 接着剤という分野においては、はがれる接着剤は失敗作です。

 研究者としてもピンチに陥ってしまったわけです。

 しかし、このメーカーと研究者は

 「失敗作からも、何か将来的に活かせる部分があるかもしれない。」

 と、地道に研究を続けていったようです。

◆ある時、研究メンバーの1人が聖歌隊に参加している時に、

 楽譜に挟んでいるしおりが、ページをめくると

 時折落ちてしまうことに気がつきました。

 「このしおりが落ちないように貼れて、しかも不要になれば

 剥がせるようなものであれば、便利なのでは?」

 という発想になりました。

 そこで開発したものが大ヒット!

 現在は、仕事上では必須アイテムにまでなっています。

◆これが何だかわかりますよね?

 ・

 そうです、「ポスト・イット」です。

 ポスト・イットは失敗作から生まれたものだったのです。

 今では私達の身近にごくありふれたものとなっていますよね♪

◆ポスト・イットの成功は、失敗作を失敗作のままで終わらすのではなく、

 何とかして成功させようという強い意思のもと、

 継続して研究していった成果だと言えます。

 つまり、ピンチを失敗に確定させてしまうのは、自分にしかできません。

 そこから活かせるものがあれば、決して失敗にはなりません。

 『ピンチはチャンス』 と言われる理由の1つとなりそうです☆

◆「ピンチ」になったからといって、その対応さえ誤らなければ、

 失敗につながることはありません。

 目の前の出来事にとらわれすぎないようにすることが

 大切なのかもしれませんね。

◆今日は 「ピンチ」 にまつわる話とその対応をお伝えしました。

 このテーマについては、もう1つ意外な誕生秘話があるので、

 それはまた明日お伝えします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら、

 1日1クリックの応援をいただければ嬉しいです↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

|

« ☆あなたの“シゴト”はどれ?☆ | トップページ | ☆ピンチの時に変えるもの☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いさお様
 返信ありがとうございます。今日も読ませていただきました。
 私もコミュニケーションをとるのによくお酒の席へ参加します。数年前に子育てに追われ参加できなかったストレスもあり、最近では週1回ぐらいのペースで楽しんでいます。
 色々な人の話聞くの結構勉強になるし、お店の人の接客も必ずチェックして参考にします。相手にいい印象与える事は大事ですからね。以前接客の仕事をしていたので、対応の仕方にはすごく興味があり、感じがいい人の接客は必ず取り入れ自分のものにしていきます。
 私はどんな経験もプラスに考えていくタイプですね~。だから、もちろんピンチもチャンスに考えていきます。しごとも私にとってはいつも『志事』ですよ。
 いさおくんの前向きな考え方、本当に素敵だと思います。私も勉強になります。これから新米パパで、いろいろな経験をされると思いますが、力を抜いて奥様と子供のため、もちろん自分のためにも目標に向かってがんばってくださいね。応援してますよ。

投稿: パーティ | 2008年1月12日 (土) 13時13分

>パーティ様
 コメント本当にありがとうございます!
 お酒の席は、コミュニケーションを鍛える場でもあり、色々な方や情報との出会いの場であったり、美味しい食事と飲み物を楽しむ場であったり、接客の勉強の場になったり、とらえ方によって様々な場になりますね☆確かに、私もこれが極端に制限されるとストレスがたまります(苦笑)。
 アドバイスありがとうございます。パパとしては学ぶべき部分が非常に多く、奥様と娘に日々鍛えられています。気にかけることの大切さを痛感することができます。パーティ様の言われるとおり力を抜いて、顔晴っていきます(#^.^#)

投稿: いさお | 2008年1月13日 (日) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/9839949

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ピンチはチャンスとなるか?☆:

« ☆あなたの“シゴト”はどれ?☆ | トップページ | ☆ピンチの時に変えるもの☆ »