« ☆悩みが悩みでなくなる日☆ | トップページ | ☆離婚、リストラでもへっちゃら言葉☆ »

☆あなたは誰を信じてますか?☆

◆昨日は不覚にも会社を早退してしまいました。

 なぜかというと・・・・・・・体調不良です。

 はぁ、完全に風邪にやられました。

 自己管理がなってませんね。

 確かにそのとおりです☆

◆ただ、これは自分にとって必要な休息だったのだととらえ、

 普段はできないことをしてました。

 字幕をつけずに英語のドラマDVDを見たり、

 好きな本をもう一度読み返してみたり。

 おかげでさらにパワーアップした気がします。

◆ちなみに、今朝起きて外を見ると、いつのまにか降った雪で、

 岡山では見慣れぬ景色が広がっています♪

◆さて、昨日は魔法のフレーズ第2弾として、

 『悩む必要はないよ。』

 をお伝えしました。

 人生困ったことは起こらないですからね。

 人生ではただ出来事が起こるだけなのに、

 困ったことにしているのは誰でしょうか?

 ・

 それでは今日は、魔法のフレーズ第3弾をお伝えします。

◆入社6年目も終わりにして、いまだに幸か不幸か、

 直属の部下というものができたためしがありません。

 部下という言い方は好きではないので、後輩ですかね。

 とにかくできていないのです☆

◆東京で働いていた2年間は、もちろんペーペーでしたし、

 岡山に来てからの4年間は、会社に新人がほとんど入って来ず・・・。

 現在に至る。

 まだ、神様は私に後輩を与えるのは早いと判断しているのかも(笑)。

◆今回の魔法のフレーズは、本当はいわゆる部下や

 管理下におく仲間がたくさんいる方に使っていただきたいフレーズです。

 私でいえば、サラリーマン以外での仕事を通じての

 仲間に向けて使うフレーズです。

 カッコいいんですよ☆

◆部下や後輩やともに仕事をする仲間ができた場合、

 仕事の一部を任せたり、仕事の依頼をすることがあるはずです。

 私もサラリーマンなので、自主的にできる仕事は限られていて、

 どうしても上司から言われた仕事をこなす時間が多くなります。

 そんな時の上司の対応として、大きく分けて3タイプあります。

  ●何から何まで口をはさんできて、細かい部分まで支持するタイプ

  ●大まかな指示をした後は、放り投げ状態で責任もとらないタイプ

  ●的確な指示の後は、任せた人間の判断を尊重し、

   何かあった際の責任は自分がとるタイプ

◆私はこの6年間にこの3つのタイプ全てを経験しました。

 この3タイプの中で、どのタイプが最も上司の役割として

 適しているかは、明らかですよね。

 もちろん一番後者のタイプのはずです☆

 上の2つのタイプの時よりも、3番目のタイプの上司の下での仕事は、

 自分にとってもすごく成長できたと感じています。

 とある著書には、

 「上司の役割は、ただ責任をとること」

 なんて、極端に書かれていたこともあるくらいです。

◆ただ、頭では理解していても、これが現実の世界になると、

 任せたつもりが、あれこれ口を挟みたくなってしまうものです。

 口を挟まれた方としては、

 「任せるって言ったくせに、全然任せてくれてないじゃないか。」

 と感じずにはいられません。

 これでは、強固な信頼関係を築くのは難しいですよね。

◆そんな時に、この魔法のフレーズを使ってみてください。

 ・

 『信じてるよ。』

 ・

 この一言です。

 シンプル過ぎますか?

 でも、この一言が部下には何より心強くなります。

◆私が様々な本を読んで感じた上司のあり方は、

 『決して期待はせずに、信じて待つ』

 ことを徹底することです。

 ・

 「期待はせずに」 という部分に「んっ!?}と思われる方も

 いらっしゃるかと思いますが、部下を過小評価したり

 あてにしないという意味では全くありません。

 部下はここまでしてくれるだろうという期待値を、

 勝手に設定しないという意味です☆

 期待値を設定せずに、部下の実力を信じて結果を待ちます。

◆その代わり、仕事ですから誰にどの部分を任せるのかは、

 きっちり見極める必要があります。

 その判断と責任をとることが、上司に求められている点だと私は思います。

 そのことを伝えられる一言が、

 『信じてるよ。』

 なのです。

◆現在、あのメジャーリーグで活躍されているイチロー選手のお父さんは、

 信じることの達人だったようですね。

 イチロー選手が小学生の頃、体の線も細く野球向きの体型ではないのに、

 「僕は将来プロ野球選手になるんだ!」

 という息子の言葉をとことん信じ、道具は小学生時代から、

 一流品のプロ仕様のものを使わせたようです。

 そして

 「お前ならなれるよ!」

 とずっと信じて応援し続けたそうです。

 その結果が、今のイチロー選手を作り上げているのだと思います。

 上司-部下だけでなく、本当は親子関係にも

 この言葉は非常に強い力を持っているんですよ!

 信じる力は本当にすごいです♪

◆星の数ほどいる人の中で、何らかの必然的縁でつながった

 人間関係なのですから、せめて自分だけは相手を信じてみませんか??

◆今日は魔法のフレーズ第3弾をとして、

 『信じてるよ。』 をお伝えしました。

 明日で魔法のフレーズはいったん終わりにしようと思います。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

|

« ☆悩みが悩みでなくなる日☆ | トップページ | ☆離婚、リストラでもへっちゃら言葉☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/10128618

この記事へのトラックバック一覧です: ☆あなたは誰を信じてますか?☆:

« ☆悩みが悩みでなくなる日☆ | トップページ | ☆離婚、リストラでもへっちゃら言葉☆ »