« ☆これであなたも輝ける☆ | トップページ | ☆リストラされても大丈夫☆ »

☆組織があなたを手放さない☆

◆昨日は仕事始めでした☆

 久々(と言っても6日ぶりですが・・)の会社は、何だかちょっと新鮮。

 年が変わっただけなのですが、心機一転という気持ちがよくわかります。

 仕切りなおしてのやる気が不思議とわきます。

◆ただ、職場一発目の話題が

 「課の新年会をいつにするか?」

 でした(笑)。

 思わず苦笑・・。

 まぁ、確かにチームワークを深める意味では大切なんですけどね。

 無事モツ鍋に決まりました(どうでもいいですね)。

◆仕事はと言えば、ほとんど電話も鳴ることなく、

 自分の仕事に集中することができました。

 これはホントによかった。

 ただ、先月から課のメンバーに譲った仕事があるのですが、

 その仕事がビックリするくらい思うように進んでいないみたいで、

 人に任せることの難しさとやりがいを新年早々学びました。

 いきなりはできないからこそ、褒めて伸ばすぞ♪

◆さて、昨日は自分を『人財』に変えていくには、

 他者の中にいても輝ける「違い」や「個性」を

 身につけていくことが大切であるとお伝えしました。

 それでは今日は、その「違い」や「個性」についてお伝えします♪

◆「違い」とか「個性」と言うと、何だか難しそうなイメージがありますが、

 そんなことは全くありません。

 いくら義務教育で十把一絡げの教育を受けてきたとはいえ、

 完全に同じ人間なんて絶対にいません!

 ことわざの『十人十色』が示すとおりです☆

 1人1人が異なる「個性」を持っています。

 ただ、受けてきた教育によって、

 似たような思考になってしまっているだけなのです。

◆まずこのことを理解してください。

 「自分は他人と違ってていいんだ。

 違ってて当たり前なんだ。」と。

 そうでなければ、せっかくの「個性」を自分でつぶしてしまいかねません。

◆そこで、社会でいう「違い」や「個性」とは何なのかということですが、

 ・

 『スペシャリストになること』

 ・

 だと私は考えています。

 平均的に卒なく仕事をこなすだけではなく、

 何か1つでもいい。

 「これだけはあいつに聞けば間違いない。

 あいつにやらせれば間違いない。」

 と、組織が評価するものを作るのです☆

 これは自分の仕事に関するものであれば、何でもかまいません。

◆基本的な仕事は全くできなくてよいと言っているわけではありません。

 でも、平均的な仕事は、特段意識しなくてもできますから大丈夫です。

 意識すべきは、その基本の上に、少しずつ専門性を上積みすることです。

 それにより誰しも「スペシャリスト」になることができます。

◆例えば、

  ●資料のコピーから、綴じるところまでを完璧にできる

  ●ワードやエクセルの操作が詳しい

  ●人の考えつかないアイディアを出せる

  ●プレゼンテーションでアピールできる

  ●クレーム処理でお客様を絶対に怒らせない

  ●取引先とのコミュニケーションに長けている

  ●特定の商品に関する質問であれば、即答できる

  ●料理を創作するのが得意

 等々、ご自身の仕事に関するものであれば何でもありです♪

 それが好きなものであれば、なおさらよいですね。

◆私自身も今の仕事では、1つだけ絶対に他の人よりも詳しい分野を持っています。

 ただ、それは最初から詳しかったわけではなく、

 岡山に来てから初めて学んだ分野でした。

 でも、これを身につけないと、岡山に異動で来た意味がないと思った私は、

 来た当初はこの分野に関することだけを集中して学びました。

 わからない部分が出たら、詳しい人に聞いて、

 実際の現場と照らし合わせて試行錯誤しているうちに、

 気がついたら一番詳しくなっていたという感じです。

 組織もその部分は高く評価してくれているはずです。

 その自信がある分、人よりも仕事はやりやすくなっています☆

◆つまり、平均的に身につけたらそれで終わりとするのではなく、

 どこかの部分を掘り下げて、強化していくことが大切なのです。

 強化していくうちに、いつしか自分では気づかないうちに

 スペシャリストになっているものです。

 全く難しいことは何1つありません。

 人より多く学べば、人より詳しくなるのは当たり前ですから(笑)。

◆1つの分野でスペシャリストになれれば、

 他の分野でも同じステップを踏んでいけば、

 専門性を持てる分野が自然と増えていきます。

 そのような専門性を持った“ジンザイ”を、

 組織は手放したいと思うでしょうか?

◆今日は『人財』となるためには、今の仕事の中で

 『スペシャリストになること』

 が必要であることをお伝えしました。

 明日はこのテーマのまとめとして、

 『人財』の目指すべき方向性についてお伝えします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら、

 1クリックの応援をいただければ嬉しいです↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

|

« ☆これであなたも輝ける☆ | トップページ | ☆リストラされても大丈夫☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
通りすがりに一言♪
私の職場では、半年に一度上司との面接があって、そこで一番最初に聞かれることが
「あなたは何のスペシャリストですか」なんですょ・・・

胸を張って「これだ」って言えるようになりたぃです~(^_^; 
ちょっとまだ遠ぃけど(苦笑

投稿: にぃ | 2008年1月 6日 (日) 22時57分

>にぃ殿
 コメントどうもありがとう☆
 ところで、そうやって何のきっかけでもかまわないので、「自分は何のスペシャリストなんだろう?」と自分に問いかけることが、すごく大切なプロセスなんだと私は思います。
 人生今が一番若いので、意思があれば、これからどんなスペシャリストにでもなれますよ!どうせだったら、自分がお金をもらわなくてもやりたいこと(=ライフワーク)のスペシャリストになりたいもんですね☆
 これからも遊びに来てくださいね!

投稿: いさお | 2008年1月 7日 (月) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/9726354

この記事へのトラックバック一覧です: ☆組織があなたを手放さない☆:

« ☆これであなたも輝ける☆ | トップページ | ☆リストラされても大丈夫☆ »