« ☆3割バッターを目指す!☆ | トップページ | ☆「カイゼン」プロセスを意識する☆ »

☆トヨタが“世界のトヨタ”になった言葉☆

◆今日から週末にかけて、

 東京に新しい住居を探しに行ってまいります!

 今のところいくつかの物件には絞ってあるのですが、

 実際の間取りや周りの環境を見ないと判断がつかないので、

 こればっかりはネットで決断はできません。

 おそらく私の場合は、「直感」が最後には決め手になると思いますが(笑)。

◆そして、以前にも少しお伝えしていたように、

 不動産投資物件も見てこようかと計画しています。

 キャッシュフローを意識しながら、

 本当に自分が望ましいと思う物件に出会えたら、

 まずは不動産オーナーという形で、オーナーになることが実現するかも☆

◆いずれにせよ、2日間は更新をお休みすると思います。

 また、月曜日に色々報告させていただきます♪

◆さて、昨日はイチロー選手だっていつもヒットを打てるわけではないのだから、

 私達も毎回・毎回成功できるわけではないのです。

 だから、うまくいかない時があっても、

 落ち込む必要は一切ないことをお伝えしました。

 今日は新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆日本語の中には、和製英語となってしまうくらい

 海外での評価が高く、有名になっている言葉があります。

 その中の代表が

 『カイゼン』

 という言葉です。

 英語だと「KAIZEN」・・・・・そのままですよね。

 そうです、私達が普段使っている「改善」です。

◆似たような言葉はあるようなのですが、

 ニュアンスが「カイゼン」とバッチリ一致する英語がないようなのです。

 「Improvement」は、改良という意味ですが、

 知恵を出して、さらによいものにしていくという概念が欠如しているようです。

 海外では「カイゼン」に合致する言葉がないなんて、

 何だか少し不思議な感じがしますよね☆

◆「カイゼン」を世界にとどろかせた会社は、

 日本が誇る超一流企業である トヨタ自動車 です。

 日本のトヨタが“世界のトヨタ”となった理由は、

 この「カイゼン」にあるとも言われています。

◆このような素晴らしい「カイゼン」という言葉を持ちながら、

 私達はこの言葉を活かせているのでしょうか?

 ・

 トヨタの中では、

 『カイゼンは巧遅より拙速』

 という考え方が浸透しています。

 ちょっと難しい言葉なので補足すると、

 “先のことまで考えてうまく対応できるが行動が遅い”よりも、

 “まずは行動して、その後ダメな部分をカイゼンする”方が、

 圧倒的に評価が高いということです。

 最初は失敗してもかまわないから、

 あれこれ悩みすぎず、行動しろということなのです☆

 昨日の話とも若干かぶるかもしれないですね♪

◆また、最初からうまくいってしまった場合には、

 「カイゼン」のプロセスが抜け落ちるわけですから、

 自分自身の成長力も弱まります。

 うまくいかなかった部分に対して、

  ●どこがいけなかったのか

  ●どのような影響が出たのか

  ●次に活かすにはどうすればよいか

 等々、自ら知恵を出し、うまくいかなかった部分を「カイゼン」し、

 うまくいっている部分もさらに良くしていける可能性があります。

 このような「カイゼン」プロセスを経験することにより、

 仕事の質が高まるのはもちろんですし、スピードも上がります。

 さらに、自分自身の価値を高めることもできるのです。

◆「カイゼン」は終わりがありません。

 もし動く映像を見られるようになることだけが目的であれば、

 白黒テレビが発明された時点で目的は達成したことになります。

 しかし、

  ●映像をカラーにすることはできないか

  ●リモコンで操作することはできないか

  ●テレビ自体を薄くすることはできないか

 などのより良くしていこうとする意識があったからこそ、

 今の液晶テレビやプラズマテレビが世に誕生したはずなのです☆

 「カイゼン」って何気なく使っていますが、

 すごく重みのある言葉ですよね。

◆今日は 「カイゼン」 という言葉自体にスポットを当ててお伝えしました。

 次回の更新は、「カイゼン」を具体的な仕事のやり方まで

 落とし込んでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

|

« ☆3割バッターを目指す!☆ | トップページ | ☆「カイゼン」プロセスを意識する☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/10826289

この記事へのトラックバック一覧です: ☆トヨタが“世界のトヨタ”になった言葉☆:

« ☆3割バッターを目指す!☆ | トップページ | ☆「カイゼン」プロセスを意識する☆ »