« ☆怒られたくないからやる?☆ | トップページ | ☆ここがわかると自分がわかる☆ »

☆リクルーター面接で必ず聞くこと☆

◆1年間(2009年度実績)で533名の就活中の学生が読んで、
 
 ・

 「これを知らずして、面接を受けようとしてたなんて危なかった……。

  面接を受けるための軸がやっと見つかりました!」

 ・

 など、多くの感謝の声が寄せられた大好評の

 現役面接官が手作りした【面接対応マニュアル】を、

 今なら「無料」で手に入れることが可能です!

 ⇒ http://mensetsu.main.jp/haifu

 手作業での送付なので、仕事が忙しくなったら送れなくなる可能性もあります。

 受付が終了する前に、ぜひ手に入れてくださいね☆

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

◆一昨日、昨日と大阪に行ってきました!

 目的は、岡山を離れてなかなか会う機会が少なくなるであろう

 関西の連れと会って、話をすることでした。

◆元職場の同期のY君。

 相変わらず投資の知識が豊富で、

 客観的に状況を判断できる目がすごい。

 投資の基礎のようなことを教えてもらい、助かりました。

 年に4回のタイミングが来た時には、ぜひ教えてくださいな☆

◆仕事仲間のF君。

 元気な姿を見れてよかった。

 翌日から高知出張というスケジュールの中で、

 時間を割いてくれてありがとう。

 今後も楽しくワクワクしていこうね。

◆職場の同期のS君。

 急なお誘いにもかかわらず、付き合ってくれてありがとう。

 投資の勉強をもっとして、次のチャンスに備えるわ。

 一緒に何か立ち上げられたらよいと本当に思っているので、

 1年後、関東に戻ってくるのを楽しみにしてるよ!

◆職場の先輩のSさん。

 体調のすぐれない中、お付き合いいただきありがとうございます。

 さすが大阪で仕事をされているだけあって、

 色々なことを経験されているようですね。

 次は飲める時に、また語り明かしましょう。

◆関西には話をしたい人がまだまだいるのですが、

 それはまたいずれということで☆

 にしても、やっぱりお好み焼きとたこ焼きはホントにうまいわ、大阪♪

◆さて、先日までは 『習慣』 をテーマにしてお伝えしてきました。

 皆様には、どんな習慣がありますか??

 それでは今日から、また新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆もう世間では就職活動真っ盛りのようですね。

 先日話した知人との会話でも、

 「関西はリクルーター活動が始まったみたいよ。」

 みたいなことが言われてました。

 「リクルーター」は私もやったことがあるのですが、

 就職活動で本当に第1次面接をする職員のことです。

 会社への採用申込みを基に、職員から連絡をして、

 学生と面接をします。

◆一応、面接形式をとっていますが、

 その段階で落とすということは稀です。

 ちなみに、私は落としたことはありません。

 ただ、「これはまずいんじゃないかなぁ。」と思った方については、

 その旨人事に報告することがあります。

◆私が就職する際の採用活動の時期も、

 確か今くらいの時期から活発化してきたように思います。

 就職氷河期と言われていた時代だけに、

 思い出すと何だかほろ苦い思いがあります。

 私の場合、イメージどおり第一志望の会社に就職することができました。

 やはり就職活動は大切です☆

◆そんな話を聞いていて思ったのですが、

 リクルーター面接や会社との面接で、必ず聞かれた質問があります。

 私がリクルーターの際にも、必ず聞いていました。

 その質問は何だと思います??

 名前や学部等のプロフィール関係は当たり前として、

 私はこんな質問をいつもしていました。

 ・

 「○○さんの長所と短所を3つずつ教えてください。」

 ・

 う~ん、面接の王道って感じですよね(笑)。

 でも、この質問によってかなりわかることがあるんです。

◆この質問をすることで私なりにわかることの中で

 一番大きなウェイトを占めていることは、

 『自分を知っているかどうか』

 です。

 自分を客観的に見れているかどうか、なのです。

 就職活動に限ったことではなく、自分自身のことを

 どれくらい知っているかはすごく大切なことだと確信しています。

 その判断基準となる質問が先ほどの質問なわけです☆

◆明日、この続きは書きますが、それまでの間に、

 ご自身の長所と短所を3つずつ、考えてみてください。

 それをイメージしながら、このテーマを読んでいただければ幸いです。

◆今日はリクルーター面接で私がしている質問により、

 自分自身を知っているかどうかの判断ができることをお伝えしました。

 明日は引き続き 『自分を知る』 をテーマにしてお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

◆1年間(2009年度実績)で533名の就活中の学生が読んで、
 
 ・

 「これを知らずして、面接を受けようとしてたなんて危なかった……。

  面接を受けるための軸がやっと見つかりました!」

 ・

 など、多くの感謝の声が寄せられた大好評の

 現役面接官が手作りした【面接対応マニュアル】を、

 今なら「無料」で手に入れることが可能です!

 ⇒ http://mensetsu.main.jp/haifu

 手作業での送付なので、仕事が忙しくなったら送れなくなる可能性もあります。

 受付が終了する前に、ぜひ手に入れてくださいね☆

|

« ☆怒られたくないからやる?☆ | トップページ | ☆ここがわかると自分がわかる☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ふらりと立ち寄ってみました。
この記事すごく参考になります。
自分を客観的に見るという視点は大事ですね
僕もこれを忘れず日々頑張ってます。

就職活動も今後の自分を占う登竜門的な感じのする儀式みたいなものですよね。懐かしいと思いながらも、あの頃の自分を見失わないように頑張らないといけないですね。

また遊びに来ますヽ(*⌒∇⌒*)ノ

投稿: takatakago | 2008年2月11日 (月) 00時03分

>takatakagoさん
 コメントありがとうございました☆
 そうですよね、日々の生活ではついつい主観的な視点が多くなり、見えなくなってしまうものもあります。そんな時に、客観的な視点を持つ意識が大切になってきますよね。
 「初心忘るべからず」とはよく言ったもので、社会人生活が長くなればなるほど、染み入ってくる言葉です。自分は本当が何をやりたかったのか・・・問いかけてみることも必要かもしれませんね。
 ぜひぜひ、また気楽に遊びに来てくださいな。

投稿: いさお | 2008年2月11日 (月) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/10382775

この記事へのトラックバック一覧です: ☆リクルーター面接で必ず聞くこと☆:

« ☆怒られたくないからやる?☆ | トップページ | ☆ここがわかると自分がわかる☆ »