« ☆エゴ+欲張り+エッチ+崇高さ=いい人☆ | トップページ | ☆地球から見れば、人生は線香花火☆ »

☆器の大きい人間になるには?☆

◆昨日は15人くらいが集まった情報交換会に参加してきました。

 参加者の顔ぶれも、経営者、医療事業者、公務員、証券会社員等さまざま。

 情報交換会に自ら積極的に参加している方というのは、

 総じてバイタリティがありますね。

 私なんかよりもすごく勤勉家な方がたくさんいらっしゃり、

 とても良い刺激になります☆

 また、自分ができない経験をされている方もいらっしゃるので、

 そのような話をうかがって疑似体験ができるというのも、

 このような会に参加する大きなメリットです。

◆その中で医療関係を個人で行っている方からは、

 これからの社会は日々刻一刻と変化しているという話をうかがいます。

 確かにそのとおりで、社会の変化をきっちりととらえ、

 ついていくのか・いかないのか、ハッキリと意識を持つことが大切なようです。

 ついているのであれば、柔軟な対応が求められますし、

 ついていかないのであれば、これからの変化に動揺せず

 ドッシリと構えることが必要になります。

 私は、自分の知らないことを学ぶことは好きなので、

 できる限り変化についていきたいと考えています。

 このブログでも、その過程を皆様に報告できるようにしていきます♪

◆さて、昨日は「いい人間の基準」をお伝えしました。

 本質的に持っているものを、どれだけ自分が肯定できるかがポイントです。

 そうすると周りから見れば普通じゃなくなりますけど、

 普通なんて幻想なので問題ありません。

 それでは今日は、「考え方のスケール」についてお伝えします♪

◆私はサラリーマンをしていますが、

 経営者や起業家の方とお話をさせていただく度に感じることの1つに、

 「考え方のスケールの大きさ」

 の違いがあります。

 継続的な成功をされている方は、考え方のスケールが大きいのです。

 1つ1つの小さな出来事に一喜一憂するのではなく、

 もっと大きな流れを意識しているのだと思います。

 私ももっと意識していきたいという意味も込めて、

 これをテーマにしていきます。

◆「考え方のスケール」を計るうえで、私がキーワードとして思うことに

  ●大きさ

  ●時間

  ●視点

 の3つがあります。

 「スケールを計るのに大きさってのはないでしょ!」

 と思われる方もいらっしゃると思いますが、気にしないでください(笑)。

 読んでいただければ、何となくニュアンスは伝わるはずです。

 1つずつ見ていきますね☆

◆まず最初に 「大きさ」 です。

 ・

 たとえば、海の水を他の場所へ汲みだす作業をするとします。

 どのようなやり方をとってもよいのですが、

 人によってはスプーンで汲みだす人がいます。

 海の水をスプーンでですよ!

 たとえ話であるため、「そんなバカな」と思われがちですが、

 実際の自分の目の前の出来事に置き換えてみると、

 意外と自分の手の中にあるのは“スプーン”だったりするものです。

 ・

 他にはバケツを使って汲みだしている方もいます。

 スプーンに比べたら、バケツで汲む方がどれだけ作業量が

 大きくなるか容易に想像ができるはずです。

 スプーンがよいですか?

 バケツがよいですか?

 ・

 ただ・・・・

 ほんのごく一部の方は、ショベルカーを使って、

 海から汲みだす先までの水路を作っている方がいます。

 作業当初は自分の目的地までに汲みだせる水はありません。

 しかし、一度水路が開通してしまった後は、

 目的地を深く・広く掘れば掘るほど、汲みだせる水は多くなります。

 自分が汲みださなくても、水が流れてきますので。

 ・

 さぁ、スプーンを使いますか?

 バケツを使いますか?

 それともショベルカーを使いますか?

◆これはたとえ話ですが、

 実生活でもこれとよく似たことを私達は経験しています。

 どんなことがあるか、ぜひ想像してみてください。

 では、この差はどこから生まれてくるのでしょうか?

 ・

 今回のたとえ話であれば、それは汲みだした後の水の量に対する

 イメージが全く異なっていたということになります。

 つまり、コップ1杯汲みだそうと考えた人は、スプーンで十文でしょう。

 お風呂をいっぱいにするくらい汲みだそうと考えた人は、

 バケツでいっぱいにすることはできるはずです。

 ただ、50メートルプールをいっっぱいにしようと思ったらどうでしょうか?

 スプーンやバケツという手段は実行するでしょうか?

 これが最大の違いです☆

◆考え方のスケールの1つ目のポイントは、

 「大きさ」、つまり目的の大きさです。

 どのような目的があるかは個人によって変わりますが、

 できれば大きな目的を達成したいと思うのが人間です。

 あなたの目的の大きさはどれくらいですか??

◆今日は『考え方のスケール』のポイントの1つ目、

 「大きさ」についてお伝えしました。

 明日は2つ目のポイント「時間」についてお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

|

« ☆エゴ+欲張り+エッチ+崇高さ=いい人☆ | トップページ | ☆地球から見れば、人生は線香花火☆ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/10697645

この記事へのトラックバック一覧です: ☆器の大きい人間になるには?☆:

« ☆エゴ+欲張り+エッチ+崇高さ=いい人☆ | トップページ | ☆地球から見れば、人生は線香花火☆ »