« ☆自分の特徴的な長所を見つける方法 その2☆ | トップページ | ☆これが美しい日本語だ!☆ »

☆指を描くなら、指の周りを描くとは?☆

◆昨日は職場の同僚のMさんと、取引先のIさんと、

 3人でお茶をしながら、色々情報交換をしてきました。

 やはり今の時期の話題となると、人事の問題なのですが、

 今年はどこも比較的遅いみたいです。

 よほど大きな動きでもあるのでしょうか。

◆私は異動が決まってしまっているので、

 こんなにドキドキしない2月、3月も珍しいのですが、

 問題は配属先の部署ですね☆

 配属先の部署によっては、

 仕事の質、やりがい、忙しさ、雰囲気、充実感が全く異なってきます。

 私が今まで経験してきたことを活かす部署になるのか、

 それとも7年目ともなるとまた新しい仕事を

 心機一転して覚えるような部署になるのか、人事の考えが気になります。

 どちらにせよ自分にとってはベストな場所に行くはずなので、

 そこで全力を尽くすのみですけどね♪

◆さて、昨日は自分の特徴的な長所を見つける第2ステップとして、

 『エピソード付長所探し』をお伝えしました。

 このステップを踏むと、終わった時には実際に自己PRする際の

 個人的エピソードまでもれなく付いてくるのがポイントです。

 それでは今日は、今回のテーマのまとめをお伝えしていきます♪

◆ここ数回の更新内容として、

 『自分を知る』

 という壮大なテーマの中で、今回は自己PRをするための

 長所・短所を知ることに特化してお伝えしてきました。

 これを知っておくのとおかないのでは、

 私自身が大きな差があると感じています。

 ただ、長所・短所を知ることは、自己PRだけでなく、

 もう1つ大切な事柄を決定する要素を含んでいるのです☆

◆その大切な事柄が何かと言うと、

 ・

 『自分がやりたいこと、やりたくないこと』

 ・

 です。

 自己啓発系のセミナーや本では、

 「自分のやりたいことを明確にしなさい」

 と抽象的な内容を指示される場合が多々あります。

 言われている内容が重要であることはわかります。

 ただ、そうは言われても、自分のやりたいことが

 明確にできず、悩んでいる方が多いのも事実です。

 「それがわかれば苦労はしないんだけど。」

 と思わず突っ込まずにはいられません(笑)。

◆そのような所感をもっていた私なのですが、

 神田昌典さんの著書を読んで、なるほどと思わずうなってしまいました。

 神田昌典さんは、世界的なマーケッターであるとともに、

 会社設立4年間で3600社ものコンサルティング業務を請け負い、

 たくさんの成功した起業家を世に輩出しているすごい方です。

 【今日のお薦めの1冊】

 ⇒ 非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣

◆その名著の中で、神田昌典さんは、

 「まず、やりたくないことを探せ!」

 という風に書かれています。

 ベティ・エドワーズさんという美術教師の言葉を借りて、

 「親指を描きたいなら、親指を描こうとしてはいけません。

 親指を描くなら、親指の周りの空間を描きなさい。」

 というプロセスが大切になるとのことなのです。

◆確かにやりたくないことがわかれば、やりたいことも明確になってきます。

 例えば、

  ●嫌いな人に頭を下げたくない

  ●人に全て指示されて動きたくはない

  ●単純作業の繰り返しは嫌だ

  ●お客様に喜ばれないものは売りたくない

  ●残業はしたくない

 等々、自分がやりたくないことが明確化できれば、

 必然的にその逆となるやりたいことが明確になってくるわけです。

 もちろん「やりたくない」からと言って、

 全ての事柄を避けられるわけではありません。

 やりたくなくてもやらなければいけないこともありますので☆

◆やりたいこと・やりたくないことを決めるためのきっかけとして、

 自分の長所・短所は大きく影響を与えます。

 だって、自分が得意とすることはやっても苦にならないでしょうし、

 苦手なことはあまりやりたくないと思うものです。

 それは人間ですから、当たり前ですよね。

 それが長所・短所を知ることによって得られる、

 もう1つの大きな気付きなのです☆

 ・

 「自分のやりたいこと」

 「自分のやりたくないこと」

 に早い段階で気づけた人は、それだけで自分の時間の使い方に

 変化が起こってくることは間違いありません。

◆結局のところ、私の中では 『自分を知る』 ことの第一歩として、

  ●自分にはどんな長所・短所があるのか

  ●自分は何がやりたくて、何がやりたくないのか

 を知ることが大切だと考えています。

 いきなり自分の全部を知ろうというのは到底難しいですし、

 簡単に全部わかってしまっては面白みに欠けますよね。

 まずは、これからの日々の生活に

 直結している部分から知っていくというのはいかがでしょうか?

 少しでも皆様の参考になれば幸いです☆

◆今日は、自分の長所・短所を知ることで、

 自分のやりたいこと・やりたくないことも明確になることをお伝えしました。

 明日からはまた違ったテーマでお伝えします。

 ちなみに、今日が150回目の更新でした。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

|

« ☆自分の特徴的な長所を見つける方法 その2☆ | トップページ | ☆これが美しい日本語だ!☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/10563043

この記事へのトラックバック一覧です: ☆指を描くなら、指の周りを描くとは?☆:

« ☆自分の特徴的な長所を見つける方法 その2☆ | トップページ | ☆これが美しい日本語だ!☆ »