« ☆会社の意思決定権はあなたにある☆ | トップページ | ☆家族という名の社員☆ »

☆年商を上げる☆

◆円高が急激に進行していますね。

 株式投資を全くやっていなかった以前は、

 円高であろうが、円安であろうが、その違いが全くわからなかったのですが、

 今は何となくその影響の一部がわかりかけてきました。

 今は純粋な円高なのではなく、ドルが弱くなってるんですね。

◆単純に、1$=100円だったものが、1$=90円になると、

 海外に輸出している企業は売り上げが落ちます↓

 なぜなら、同じ100$で物が売れても、1万円の売り上げだったものが、

 9000円の売り上げになってしまいますもんね☆

 単純に1割の売り上げ減少です。

 そりゃ~、痛いはずです。

 その減少を見越して、大手企業でも海外での売り上げが高い企業は、

 株価が下がっています(任天堂、ソニーなどなど)。

 まぁ、何が言いたかったかって言うと、とりあえず投資は負けてます(笑)。

 でも、ピンチはチャンスだったりするんですけどね。

 ただ、投資に全財産を賭けるのは危険なので、皆様も投資をする際には、

 リスクヘッジ(リスクを回避したり低減したりする)することをお薦めします♪

◆さて、昨日は社長と従業員の意識の違いから、

 『自分株式会社』 を活用した方がよいことをお伝えしました。

 それでは今日は、いよいよ 『自分株式会社』 の詳細をお伝えしていきます♪

◆皆様個人個人の会社である 『自分株式会社』 には、

 いくつかの部門があります。

 主なものは、

  ●業務部門

  ●家族部門

  ●交友部門

  ●情報・分析部門

 などがあります(これは個人で自由にイメージすればよいものですが)。

 当然ながら、どの部門においても責任者はあなたです☆

◆まずは、会社ですから、当然売り上げをあげていかなければなりません。

 これを担当するのは 「業務部門」 です。

 業務部門では、どのような方法で年商をあげるか考えています。

 この部門の中には、人によっては、さらに細かく

 いくつかグループ分けされており、年商を上げる工夫をしています。

 ちなみに私の中では、

  ●労働グループ

  ●株運用グループ

  ●不動産投資グループ

  ●ビジネス起業グループ

 があります。

 それぞれ、日夜 「たかはし株式会社」 の年商を高めようと、

 「情報・分析部門」と協力して、方法を検討・実行しています。

◆多くの方は、社会人になった時に、「労働グループ」は立ち上げたはずです。

 “どの分野に就職しようか”

 “どのような資格を取ろうか”

 “どの会社に就職しようか”

 と、様々な検討を重ね、会社の取引先(勤務先)を決めましたよね。

 この際に、起業して自営業の道を選択することもできたでしょうし、

 もしかしたら、働かずに勉強を続けるという選択もあったことでしょう☆

 しかしながら、最終的に社長であるあなたが下した決定にもとづき、

 「労働グループ」は、取引先を決めたわけです。

 そこには社長としての責任が発生しているのですから、

 たとえ取引先に多少問題があっても、誰のせいにもできないはずですよね。

◆一般的に、会社は年商を伸ばしていかなければなりません。

 ずっと同じ年商でよいというわけにはいかないですよね。

 『自分株式会社』 の年商のメインは、労働の年収によります。

 あなたの年収が、『自分株式会社』の年商なのです☆

 ・

 取引先との関係がすこぶる良好で、契約条件にも全く問題がなければ、

 一生同じ取引先で働き続けるという選択も、よいのではないでしょうか。

 あなたが決定したのであれば、それは会社の決定ですから。

 ・

 しかし、もし労働グループだけの年商では、今後の会社経営に

 支障をきたしそうであろうことが確実な場合は、

 労働グループ以外にもグループを立ち上げた方がよいかもしれません。

◆例えば、趣味を実益化し、何かものづくりをして

 それを販売して売り上げをあげるのもよし。

 資格や世の中のしくみを勉強して、

 新たな収入をあげる道を模索するもよし。

 それは社長のあなたの決定1つで動き出します♪

◆今のあなたの状況を会社としてみた時に、

 あなたはどのように感じるでしょうか?

 今後60年、バッチリ安泰だというのであれば、何の問題もないでしょう。

 しかし、そうではない時は、

 今後も安定した経営ができるのか、

 会社にかかわっている人を幸せにできるのか、

 など、自分自身の優先順位を見直し、

 自分のビジョンに合致したグループを並行して立ち上げることをお薦めします。

 会社ですから、いくつも部門があってかまわないですからね♪

◆今日は、『自分株式会社』の労働部門についてお伝えしました。

 会社の年商を決める部門ですから、

 非常に重要な部分であることはおわかりいただけたかと思います。

 明日は引き続き、他部門をお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

|

« ☆会社の意思決定権はあなたにある☆ | トップページ | ☆家族という名の社員☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/11475524

この記事へのトラックバック一覧です: ☆年商を上げる☆:

» ずばり◆NTTグループカードとは?・国際通貨・住信カードとは [ずばり◆NTTグループカードとは?・国際通貨・住信カードとは]
ずばり◆NTTグループカードとは?・国際通貨・住信カードとは [続きを読む]

受信: 2008年4月12日 (土) 11時03分

« ☆会社の意思決定権はあなたにある☆ | トップページ | ☆家族という名の社員☆ »