« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

☆直球を変化球に変えるには?☆

◆昨日は、職場の同期会がありました。

 このタイミングでの開催は、寿退職をして、

 現在はブラジルに住んでいる同期が一時帰国しているとのことで、

 その子を中心に集まりました。

 【今日のお店:千年の宴 新橋レンガ通り店】

 ⇒ http://www.monteroza.co.jp/monte/gyotai/832/index.html

◆「もう7年目なのに、よくやってるね。」

 という声も聞こえてきそうですが、

 そうなんです!よくやってるんです。

 基本的に熱い同期が比較的多く、

 白熱のトークバトルが繰り広げられます。

 昨日は最後、「労働組合」をテーマに燃えあがり、

 魚民の閉店となる朝5時で、うちらの討論も終了しました。

 全く眠くならず、ホントに語りきりました。

◆ブラジルの同期からの嘘みたいなホントの話情報を1つ。

 ブラジルと言えば、

 『リオのサンバカーニバル』

 が世界的に有名ですが、このカーニバルが実はすごいらしい。

 何がすごいかと言えば、やる場所が東京ドームみたいな場所なこと。

 さらに言うと、見るのにも入場料がかかるらしい。

 しかもしかも、テレビで見るようなきわどい水着を着ている人は、

 100人に1人くらいのものらしい・・・・・。

 なんかイメージ違くないですか??

 百聞は一見にしかずとはよく言ったものです。

 それだったら浅草のカーニバルの方が、

 よっぽど盛り上がりそうだなと思ったりして☆

 でも、アマゾン川にいるピンクイルカは見てみたいと思ったな!

 きっとこんな感じ ⇒ http://www.monteroza.co.jp/monte/gyotai/832/index.html

◆さて、昨日は「(笑)の考察」をテーマに、

 (笑)の意味と、マジックワードたる所以をお伝えしました。

 それでは今日は、そこからどんな実践的学びが

 得られるかお伝えしていきます♪

◆昨日の「(笑)」に関する記事について、

 「面白かったよ~ぉ♪」と言っていただける方もいました。

 たまにはくだけた内容の記事を書いてみても

 変化があっても面白いかもと思いました。

 少しづつ冒険もしていきます☆

◆昨日からのテーマに戻ると、

 このマジックワード「(笑)」なのですが、

 日常生活でも応用することが可能です。

 どのようなシチュエーションに応用するのかと言えば、

 【言いにくいことを言わなければいけない時】

 です。

 本当は言いたいんだけど、それを言ってしまうと、

 相手を傷つけたり、怒らせたりしてしまうかもしれないことを言う時です。

 相手に気を遣うばかりに、陥りがちなシチュエーションです☆

◆例えば、職場の先輩の仕事が遅くて、

 自分の仕事にも影響してしまっているとしましょう。

 我慢できる範囲であれば、できるだけ相手のペースで

 やらせてあげる方がよいのかもしれませんが、

 自分の仕事にまで影響が出ている状況では、

 そんなに悠長なことは言っていられません。

 そんな場合に、

 「先輩、仕事遅いっすね。」

 と直球で言ってしまっては、

 「お前に言われたくないよ!」

 みたいな展開になり、より深刻な事態を招きかねません。

◆しかしながら、

 「先輩、仕事遅いっすね(笑)。

 (電池が切れてるのかと思いましたよ。)」

 と言ってみた場合はどうでしょうか?

 「(笑)」により、悪意は消えますよね。

 直球が変化球に変わっているのです。

 この言葉に、先輩も

 ‘あっ、仕事のペース上げないとなぁ。’

 と気づいてくれるかもしれません。

◆ただ、ここまで普通に読み進めていただいた方なら、

 当然お気づきのはずです。

 「普通の会話で「(笑)」は、どうやって伝えるんだよ!!」

 ってなもんです。

 確かに、言葉に出して「かっこわらい」とは言えないですよね。

 (私の場合、言ってしまうこともありますが(笑)。)

◆では、どうするのか?

 そこを手助けしてくれるのが

 『笑顔と声の抑揚』

 なのです。

 言いづらいきつい一言を言う時ほど、

 気持ちよいくらいの笑顔と

 少し大きめの声で言ってみましょう!

 要は、「自分に悪意がない」ことを伝えられればオッケー。

 きっと声にならない声として、相手に「(笑)」が届くはずです。

 慣れてくれば、言葉以外で感情を伝えることは、

 そんなに難しいことではありません。

 自然に身についている方も多いですよね♪

 さぁ、言えなかったあの一言を、

 思いきって伝えてみませんか??

◆今日は「(笑)の考察」というテーマで、

 ストレートな表現から悪意を消す方法をお伝えしました。

 明日はまた違ったテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆(笑)という奇跡☆

◆今日は、職場で健康診断があります。

 昨日の9時から、水しか飲めません(泣)。

 ただ、やはり「体が資本」というのは、

 先頃の原因不明の下痢・嘔吐で十分体験しているので、

 健康診断の優先順位は比較的高いです☆

◆例の体調不良により、体重が3キロ落ちました。

 なので、今はベスト体重に近い感じです。

 荒治療とはこのことでしょうか?

 そして、体重と言えば、毎日体重計に乗るようにしています。

 意外とこれが自分の体調管理の意識付けに、一役買ってそうです。

 今の体重計は、個人データを入れておけば、

 体脂肪率をはじめとする様々な計測をしてくれるので、

 モチベーションが上がります!

 ちなみに、今の体年齢は

 「26歳」

 と、体重計が気をつかってか、2歳も若く表示してくれるので(笑)、

 乗るたびに気分もよいです。

 後は尿酸値だけが心配です(苦笑)。

◆さて、昨日は「初対面で圧倒的に好印象を与える」というテーマで、

 初対面の方と会う前に、最愛の人を1分思い浮かべてみることをお伝えしました。

 みなさんが思い浮かべると、心がほんわかして、

 思わず優しい笑顔になってしまうような人は誰ですか?

 実際に鏡の前で試してみるとよいかもしれないですね。

 それでは今日は、ちょっとテーマを崩してお伝えしちゃいます♪

 (全く参考にはならないかもしれないですが、たまにはよいかと。)

◆昨日は笑顔について書いてみましたので、

 その延長として、ふとこんなことも書いてみてもよいかなとの

 思いつきで今日は更新していきます。

 ‘くだらないなぁ。’

 と思われるかもしれないですが、本人はいたって真面目ですので、

 あしからず・・・。

◆私は文章を書いている時に、

 『(笑)』

 を、比較的よく使います☆

 実は、使う度に思っているのですが、

 この「(笑)」を発明した方は天才なのではないかと。

 みなさんも思いませんか?

 その文章の持つ含みを最大限に伝えてくれるマジックワードが、

 『(笑)』

 です。

 そのことは伝えずにはいられなくなりました。

 私にノーベル文学賞を与えられる権限があれば、

 間違いなく「(笑)」を初めて使った人に贈りますね♪

◆そもそもこの「(笑)」とは、

 「主に文章上で笑っていることを示す記号」

 という風に解釈されています(Wikipediaより)。

 その歴史は古く、第二次世界大戦前から文芸誌の座談会などで、

 編集者に重宝されていたらしいのです。

 また、戯曲や放送台本でも「ここで笑い声を」といった

 ト書きとしても使われていたらしいのです。

 ふむふむ、残念ながら初めて使った人の名は、

 世には出てないことがわかりました☆

◆現代における「(笑)」の表記は様々で、

 「w」、「(ワラ」、「笑い。」、「lol」などが、同様の意味であるようです。

 また、派生語として「(苦笑)」、「(爆笑)」などもあります。

 ちなみに、「orz」は全く使ったことがありません。

 理由は特にないのですが・・・。

◆例えば、

 「Aさんに殴られました。」

 と書いてしまえば、Aさんとの間に何事が

 あったのかはわかりませんが、

 殴られたことに対して、自分が好感を持っていないのが伝わります。

 もっと言うと、この文章を書くことによって、

 Aさんに抗議しているようにもとられかねません。

 ・

 一方、

 「Aさんに殴られました(笑)。」

 と書くと、Aさんとの間に何事があったのかはわかりませんが、

 おそらくは‘ツッコミ’であろうことが想像できます。

 Aさんと私はおそらく仲がよいのです。

 完全な妄想の世界に入りますが、

 AさんとBさんカップルのことをみんなで冷やかしていると、

 普段前面に出るタイプではないAさんにつっこまれた。

 そんなシチュエーションもあるかもしれません。

 「Aさんに」にかかっているのか、

 「殴られました」にかかっているのかは、

 この1文だけではわかりませんが、

 とにかく悪意が消えていることは確かです♪

◆このように「(笑)」の一言を付け加えるだけで、

 こんなにも意味が深まったり、場面の想像力を掻きたてる効果があります。

 すごいマジックワードですよね☆

 やっぱり、ノーベル文学賞あげたくなりませんか(笑)?

 (↑これは真剣に考えていたらちょっと危ないので、(笑)を付けてます。

  って、自分で書いて解説するのって恥ずかしいので、もうやめます。)

◆では、この「(笑)」から私達が学ぶべきことは何か?

 実はこれがあるんです!

 ということで、これはまた明日お伝えします。

 ‘やっぱり、くだらないなぁ。’

 と思った方は、明日の更新は読まない方がよいかもです。

◆今日は、「(笑)の考察」をテーマに、

 「(笑)」の意味と、マジックワードたる所以をお伝えしました。

 明日はそこから何を学べるかをお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆初対面で圧倒的に好印象を与えるには?☆

◆以前にご紹介した『コールドリーディング』ですが、

 実際に色々な場面で試してみています。

 (「コールドリーディング」とは、初対面の人に対して、

  あなたのことを知っているかのように、様々な事実を言い当てる技術のこと。)

 初対面というわけではありませんが、ほとんど話したことのない人に、

 本で読んだ知識で実地テストをしている感じです。

 まぁ・・・・・そんなに簡単にうまくはいかないですね(苦笑)。

◆ただ、中には

 「えっ!?当たってる。

  何でわかるんですかぁ!?」

 と、思いっきり期待通りのリアクションをとっていただける方もいて、

 <ニセ>占い師や<エセ>霊能力者が用いてる技術が、

 実際に体験することができました☆

 ‘これ、実践を積めば、色々なことに応用できるかもなぁ。’

 と、思ってもみたり。

 【今日のお薦めの一冊:

  相手の潜在意識から説き伏せる!ビジネス・コールドリーディング(石井裕之)】

 

相手の潜在意識から説き伏せる! ビジネス・コールドリーディング 相手の潜在意識から説き伏せる! ビジネス・コールドリーディング

著者:石井 裕之
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 以前にご紹介した本の方が実践的でしたが、今回のもなかなかです。

 試してみる価値のあるものがたくさんあります。

 まだまだ奥が深いですねぇ、コールドリーディング♪

◆さて、昨日は「疑似体験から学ぶ」というテーマの最後として、

 行動して初めて成果が生まれるということをお伝えしました。

 本で読んだ知識は、すぐに実践に移さないと

 忘れてしまうので、注意が必要です!

 それでは今日は、またテーマを変えてお伝えしていきます♪

◆前段でコールドリーディングに触れましたので、

 その流れというわけではないですが、

 初めて会った相手、つまり初対面の方に、

 圧倒的に良いイメージを与える方法をお伝えしていきます。

 この内容は、今日ご紹介した書籍の中にも含まれています。

◆初対面の相手に与えるイメージをよくするということは、

 いわゆる「第一印象」を最大限に高めるということです。

 「第一印象」については、折を見てこのブログでも熱く語っているのですが、

 今振り返って読んでみると、残念ながら文章力には

 特段の成長が見られないという悲しい事実を発見してしまいました(泣)。

 (⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/index.html

                        12月28日~30日で、語ってますね。)

 ですが、自分の過去の軌跡として、

 その情報発信が貴重なものであることも再確認いたしました☆

◆そこでも書いているのですが、第一印象を良くするためには、

 「笑顔」が非常に重要なポイントになります。

 ただ、その内容について、さらに5割増しでプラスアルファになる

 知識を得たので、今回補足しておこうと思ったのです♪

◆確かに、意識して表情を変えて、

 笑顔を作りだすことも非常に重要です。

 第一印象ですから、目に見えるものが

 一番わかりやすいはずですからね。

 笑顔になることにより、気持ちまで明るくなります。

◆しかしながら、気持ちがついてこない場合には、

 どうしても形だけの笑顔になってしまうのです。

 「顔は笑ってるんだけど、目が笑ってない」

 みたいな状態になってしまいがちです。

 この場合、相手に与える印象はそんなに良いものにはなりません。

 なぜなら、目が笑っていないというような事実は、

 不思議と人は敏感に感じとれるようにできているからです。

◆人間の筋肉には、随意筋と不随意筋と言われるものがあり、

 前者は自分の意思で動かすことができますが、

 後者は自分の意思では操作不可能なのです。

 ところが、目が笑わない原因となっている部分は、

 自分が動かせる範囲ではない顔の不随意筋だと言われています。

 そのため、顔の随意筋のみを動かしても、

 心からの笑顔には見えないのです。

◆では、どうすればよいのでしょうか?

 答えはいたってシンプルでした。

 「気持ちと笑顔を連動」させればよいのです。

 つまり、表情だけでなく、本当に気持ちから笑顔になればよいのです。

◆‘いきなり「気持ちから笑顔になれ」と言われても、困る。’

 というのが正直な感想ではないでしょうか。

 確かにそうですよね。

 それだけ気持ちをコントロールできたら、苦労はないという話です。

 では、さらに一歩進めて、気持ちから笑顔になる方法があるのです。

 それは、

 『あなたの最愛の人を思い浮かべる』

 ことで解決します☆

 家族でも恋人でも友人でもペット(?)でもよいかもしれません。

◆あなたがその人のことを考えると、つい笑顔になってしまう人のことを、

 初対面の方と会う直前に1分思い浮かべて、

 気持ち・表情ともに「笑顔」の状態で、初対面の方とお会いするのです♪

 圧倒的に良いイメージを与えられないはずはありません。

 私もこれから実践していくつもりです!

◆今日は「初対面で圧倒的に好印象を与える」というテーマで、

 初対面の前には最愛の人を1分思い浮かべることをお伝えしました。

 心から笑顔の方に、悪いイメージを持つ方が難しいのです。

 明日はまた違ったテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

☆行動は成果の母なり☆

◆昨日は、私の所属する部署の発足式がありました。

 「発足と言っても、もう5月も終わりですけど・・・」

 という声も聞こえてきそうですが、

 4月はかなり忙しかったため、今の時期での開催となりました☆

 飲み会 ⇒ カラオケ という王道コースでしたが、

 初めて一緒に飲んだ方など、

 普段の職場では見ることのできない一面が見れたのと同時に、

 私という人間についても、ある程度わかってもらえたようで、

 距離感がグッと近づいた気がします♪

 「銀河鉄道999」が、まだ頭をループしています(笑)。

◆「ツイてる」は、すっかり私の口癖として定着していますが、

 最近は通勤時の「ツイてる」×100回を復活させました。

 当初は、引っ越してきた町を見たり、

 新たな通勤ルートを開拓するのに必死で、

 ひたすら歩いている状況でしたが、

 今は最短ルートも発見し、通勤が落ち着きました。

 ってことで、歩きながら「ツイてる」を口に出して、

 パワーもらってます☆

 だまされたと思って言ってると、

 本当にツイてくるので不思議ですよ。

 自分が元気になれる口癖を持つというのもイイですね!

◆さて、昨日は「疑似体験から学ぶ」というテーマで、

 インプットしたものをアウトプットすることにより、

 さらに学びが効果的になることをお伝えしました。

 そのためにも、情報発信することはかなり有効なツールとなります。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日までお伝えした中で、

 本やセミナーや人との対談は、その人の体験を

 「疑似体験」

 することができるところに、長所の1つがあること。

 そして「疑似体験」によりインプットしたものを、

 自分の中で咀嚼してアウトプットすることにより、

 さらに学びが深まることをお伝えしました。

 それはあたかも、パソコンに自分にって必要なソフトを

 どんどんインストールしているようなものだということもお伝えしました☆

◆ところが、優れた最新鋭のパソコンに、

 使い勝手の良い機能性のあるソフトをインストールしたとしても、

 それを起動させなければ、何の意味もありません。

 ・

 例えば、‘Word’というプログラムがあったとしても、

 文章を書く時は常に手書きということであれば、

 温かみは伝わりますが、機能は全く活かされていません。

 ‘Exel’というプログラムがあったとしても、

 計算は全て電卓でやるということであれば、

 頭の回転は速くなるかもしれませんが、間違いがあるかもしれません。

 ・

 つまり、ソフトをインストールして、きちんとセットアップして

 起動できる状況にしたとしても、実際に起動して使わないことには、

 何の効果もないということです☆

◆私達で言えば、プログラムを起動して使うということは、

 『行動』

 しかありません。

 自分がよいと思ってインプットしたものについては、

 それを知識として終わらせるのではなく、

 行動にまで結びつける必要があります。

◆「(私の経験上、)タイムマネジメントが大切ですよ!」

 という内容をインプットした場合に、

 自分がそれまでに知っていた情報と比較し、

 ‘そうか、人生は1日86400秒の決して戻ることのない時間の

  積み重ねなんだから、1日1日を後悔なく過ごしていくために、

  タイムマネジメントをしていくことが大切なんです。’

 と、ブログに更新したとします。

 そして、実際に自分がやらなくてはいけないことに優先順位をつけ、

 仕事や遊びを区分して過ごすようになって初めて、

 「タイムマネジメントが大切」

 という学びが活かされたことになります。

◆そして実際にタイムマネジメントした結果、

  ●空いた時間を有効活用できるようになった

  ●仕事を効率化し、まとめてできることはまとめてやったら、

   今までよりも時間に余裕ができた

 というような成果を得ます。

 ‘やっぱり、タイムマネジメントは大切だなぁ。’

 と自分の中でさらに学びを深め、それをアウトプットしていく。

 このようなサイクルを繰り返すことにより、

 自分の潜在意識にまで落とし込んでいくことができるのです♪

◆‘Word’で文書を作ったことがない方が、突然‘Word’は使いませんし、

 ‘Exel’で表計算をしたことがない方が、急に‘Exel’は使えません。

 自分で体験してみて、実際に得た成果により初めて、

 その効果を認識できるのです。

 『行動は成果の母』

 です!

 しっかり、インプットしたことを行動に結びつけていけるとよいですよね♪

◆今日は、「疑似体験から学ぶ」というテーマで、

 行動して初めて成果が得られることをお伝えしました。

 今日でこのテーマは一区切りといたします。

 また、明日は別のテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆情報を発信するメリット☆

◆昨日は、午後から週1の「労働基準法集中講座」に参加し、

 夜は私が会社に入った時の、職場同僚と懇親会をしてきました。

 懇親会については、6年前と変わらぬ面子がいて、

 とりとめのない内容と近況報告を行い、

 とても充実した時間を過ごせました☆

 おかげで、今朝の更新はちょっと熱っぽいです(笑)。

◆集中講座では、先週同様に面白い内容を話されていたので、

 少しだけ触れておきますね。

 話題の日本マクドナルド訴訟です。

 小難しい法律用語を使っても微妙なので、

 できるだけ簡単な言葉に置き換えて説明してみますね。

◆要旨としては、マクドナルドの店長だったAさんが、

 「自分はマクドナルドの経営方針に口を出せない雇われ店長なのに、

 管理・監督者という理由で、めちゃくちゃ長時間働いているのに、

 残業代が支払われないのはおかしい!」

 と主張して、裁判を起こしました。

 これに対し、地方裁判所の裁判長は、

 「うん、確かに。経営方針に口出しできないんだから、

 管理・監督者とは言えないよね。」

 と認めてしまった判決を出しました。

◆でも、ちょっと待って!

 ・・・・・

 「その基準だと、どの会社でも経営方針決定に影響を及ぼせるのって、

 ほんのごく一部で、それ以外の支店長や部長や課長などは、

 管理・監督者ではないという結論になりませんか?」

 というのが今回の講座でも言われていた点。

 労働法上では、事業全体ではなく、「事業所」単位での、

 管理・監督権限が認められているのは確実なんです。

 そこが地裁の判断には組み込まれていません。

 そうなると、今回のAさんについては、

 「お店の管理・監督者ではあるので、残業代は出せないけど、

 長時間労働に対しマクドナルドが十分な配慮ができていなかったのは、

 安全配慮義務に違反している。」

 という結論に至るのでは?と思っています。

 まぁ、そんなに簡単な問題ではないと思いますが(苦笑)。

 今後の高裁の判断に注目です♪

◆さて、昨日は「疑似体験から学びを得る」というテーマで、

 どのようなツールで疑似体験をしていくかをお伝えしました。

 それでは今日は、引き続きお伝えしていきます♪

◆本やセミナー・講演や人との対談は、

 すごく有効な疑似体験ツールと言えます。

 自分の中に今まで経験していないことを、

 他人の経験を通して疑似体験し、

 自分にインプットすることができるのです。

 これはパソコンが必要な新しいソフトを

 どんどんインストールしていく様子に近いですね☆

 ハードの許容量には注意しないといけないですが(汗)。

◆パソコンへのソフトのインストールであれば、

 インストールが完了さえすれば、すぐにでも実行することができますが、

 私達人間の場合は残念ながら、そうも簡単にはいきません。

 (私の場合、特にその傾向が強いです・・・。)

 インプットしただけでは、完全に理解できているとは言えないのです。

◆そこで、このインプットを活かすために何をするか?

 それは、

 『アウトプット』

 です☆

 インプットしたものを活かすためには、

 自分の中で咀嚼(そしゃく)し、

 インプットした内容を自分の言葉に置き換える必要があります。

 その一番の近道がアウトプットすることなのです。

◆学生時代に、授業を受けていて

 ‘なんか、わかったような、わからないような・・・。’

 と思っている箇所があったとします。

 同じように思っている隣の席の子と相談をしていると、

 「あれ、これはこうなるよね。ふむふむ。

 そうか、だからここはこれでいいんじゃない!?」

 みたいな感じに、自分の中で理解が進んでいった経験はないでしょうか?

 これは隣の子と相談するというアウトプットをしているのです。

 人に伝えたり、説明したりするためには、

 必ず自分で言葉を選んでいく必要があるので、

 自然とアウトプットしていることにつながります。

◆このように、インプットしたものをアウトプットすることにより、

 よりインプットした内容の理解を深めることができるのです♪

 補完作用とでもいうのでしょうか。

◆では、どのようにアウトプットしていけばよいのでしょうか?

 ・

 やり方は何でもかまわないと思います。

 今は、情報を発信しようと思えば、いくらでも手段があります。

  ●人に直接話す(会話の中に盛り込む)

  ●日記をつける(日記帳でもSNSでも何でも有り)

  ●講演する

  ●メルマガを配信する

  ●ブログを書く

 実は、私がブログを書いている意味の1つは、

 この「アウトプット」にあります☆

 自分で記事を更新しながら、自分に一番メリットがあるのです。

 インプットした情報を(少しでも)活かせるように、

 自分の頭の中を整理しているつもりです。

◆既に実践されている方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、

 手段は何でもかまいませんので、

 情報を発信してみてはいかがでしょうか?

 改めてそう思います♪

◆今日は、「疑似体験から学びを得る」というテーマで、

 インプットしたものをアウトプットすることをお伝えしました。

 このテーマは明日で一区切りになりそうです。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

☆より多くの経験を得るには?☆

◆今1つ自分の中で、常々考えていたことを実行に移そうと考えています。

 それは、自分にとっては理想的なビジネスモデルなのですが、

 今までは知識や経験にあまりにも乏しかったため、

 行動することができていませんでした。

◆もちろんビジネスとして考えると、そんなに甘いものではないのは

 十分にわかっているつもりです。

 数多くの些細な失敗を繰り返しながらでもよいので、

 方向性だけは見失わずに実行していくつもりです☆

 そのビジネスモデルや成果等については、また機を見て報告します。

 今は真剣に企画書を作っています!

 自分の夢リストも1つ実現できる・・・・・そんな予感がします。

 おかげで、昨夜はワクワクして寝つきが悪かったです(笑)。

◆今日のトレード報告。

 米国株式市場がダダ下がりをしているので、

 長期ストックしていくつもりではない銘柄(三菱UFJ、アサヒ、KIMOTO)は、

 寄成で手放します。

 合わせて多少の利益が出るかと思われます。

 そしてザラ場の様子を見ながら、2,3年後に楽しみな銘柄があるので、

 その銘柄を今日から3日間くらいで仕込んでいきます。

 仕込み終わったら銘柄は報告します!

◆さて、昨日は「スピーチが上手くなるコツ」として

 最後の3つ目のコツをお伝えしました。

 社会人であれば、普段はなかったとしても、

 人前で話す機会がごくたまに訪れるはずです。

 そんな時のために、ちょっとでも心にとめておいていただければ幸いです。

 それでは今日は、またテーマを変えてお伝えしていきます♪

◆私は現在、毎日何かしらの本を読むことを習慣にしています。

 それは通勤時間やちょっとの隙間時間を狙っているので、

 負担にはなっていません。

 読んでいる本の種類は、成功法則、ビジネス、経済、株式トレード、

 エッセイ、小説等々、ビジネスに限っているわけではありません。

◆なぜ、それほど本にこだわるのかと問われれば、

 「先人が発信してきた有形的、無形的な知識を吸収したいから」

 と答えます☆

 もちろん先人と言っても、亡くなっているわけではなく、

 『今の自分よりも、その分野で先を行く人』を指して、

 先人と呼ばせていただいております。

◆そのように先人が経験されてきたものを、

 自分が「疑似体験」できるのが、本の何よりの長所だと考えています。

◆そしてまた、多くのセミナーや講演会と呼ばれるものにも、

 できるだけ参加しようと決めています。

 時間的にも費用的にも、それなりのものが求められますが、

 本のような再現性がない分、価値は高まります☆

 参加するセミナーや講演会の種類は、主にビジネス系が中心ですが、

 直感に従って、興味のわいたものにも参加するようにしています。

◆なぜ、それほどセミナーにこだわるのかと問われれば、

 「本の数百倍の生きた知識を吸収できるから」

 と答えます☆

 先人の知識を吸収できるという点では変わらないのですが、

 視覚、聴覚等の五感を通して得られるものが違います。

 直接その人の言葉で聞いた場合、「疑似体験」のリアリティも増します。

 それは、サザンオールスターズのCDを聞くのと、

 コンサートの1番前で聞くのとの違いくらい大きいです。

 だから、セミナーにもこだわります。

◆本やセミナー、どちらにも共通して言えることは、

 「疑似体験ができること」

 です。

 当たり前ですが、自分の人生は1回です。

 いくつもの人生を同時に経験できるわけではありません。

 そうであるならば、より多くの経験をするためには、

 どうしても疑似体験が必要になってくるのです。

 それが本やセミナーの醍醐味です♪

◆さらに、本やセミナーよりも強力なのが、

 直接会ってお話をさせてもらうことです。

 私の中では、どんな人と話す場合であっても、

 「何も得られるものがないということはない」と信じています。

 相手が、小学生だとしても、社長だとしても、主婦だとしても、

 それは変わりません。

 だって、生で双方向のコミュニケーションができるのですから、

 本やセミナーよりも強力で当然ですよね!

 そこでもたくさんの疑似体験ができます。

◆そのようにして得られた疑似体験は、

 自分の中に学びとしてインプットされます☆

 しかし、ここがポイントなのですが、

 インプットだけでは効果を十分に発揮できているとは言えません。

 インプットだけで満足していてはもったいないのです。

 何がもったいないのか?

 ・・・・・それは、明日お伝えいたします。

◆今日は、「疑似体験から学びを得る」というテーマで、

 どのようなもので疑似体験をしていくのかをお伝えしました。

 明日は、その疑似体験を活かしていく方法をお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

☆あなたはアイドルではない(笑)☆

◆昨日は渋谷「フォーラム8」で開催された

 タイムマネジメントセミナーに参加してきました。

 参加理由は、このセミナーの講師である方が、

 私のインターネットビジネスのメンター 岡野弘文氏 だからです☆

 【今日のお薦めブログ:岡野弘文(エキセントリックデザイン社長)のブログ】

 ⇒ http://ameblo.jp/okanohirofumi

 いつもクールで、クレバーな感じですが、

 すごく仕事に真剣で、その頭の回転の速さにいつも脱帽しています。

◆岡野さんのセミナーでは、自分の知らない事柄がバンバン出てくるので、

 めちゃめちゃ刺激になっています。

 そういうセミナーに参加することは、

 「自己投資+自分への刺激」になっています。

 今回のタイムマネジメントセミナーでも、タイムマネジメントの本質から、

 具体的マネジメント方法まで、幅広く教えていただきました。

 「知っている」だけでは意味がないので、

 「できる」「やっている」レベルに引き上げていこうと思います。

 また、機を見てアウトプットもしていきます。

 岡野さん、ならびに主催者の岩谷さん、ありがとうございました♪

 (岩谷さんのHP ⇒ http://www.hs1.jp/index.html

◆さて、昨日は「スピーチが上手くなるコツ」をテーマに、

 2つ目のコツとして最初の1分で興味をひくことをお伝えいたしました。

 2パターンくらい最初の1分で話す内容が確立できれば、

 基本的にスピーチはへっちゃらになります。

 同じこと話せばよいのですから、緊張はしません。

 いつも緊張してしまった私にして思えば、

 まさにスピーチが上手くなるコツですね(笑)。

 それでは今日は、3つ目のコツをお伝えしていきます♪

◆前回、前々回と「スピーチが上手くなるコツ」をテーマに

 お伝えしてきたわけですが、これ以外にもコツはたくさん存在しています。

 今回私がお伝えしているコツは、たまたま自分にとって

 効果的だったものであり、これが全てではありません。

 要は、他ならぬ自分が緊張せずに、聴衆に内容が伝わる

 スピーチをすればよいだけのことなので、

 自分が一番しっくりくるやり方を見つけたらよいと思います。

 その一助になれば幸いです☆

◆と、前置きはここまでにして、いよいよ3つ目のコツです。

 このコツについては、本当に意識だけの問題です。

 ですが、この感覚を府に落としておくと、すごく気が楽になることは確実です。

 3つ目のコツは、

 「自意識過剰を捨てる」

 ことです。

 言葉を言いかえれば、照れをなくすこととも言えます。

◆どういうことかと言うと、人前で話す際に、

 一般的にはこのような意識が芽生えます。

 ‘みんなが注目して私に期待している。

  最高の私を演じなければ・・・。’ と。

 ですが、実のところこれは勘違いに過ぎないのです。

◆高いお金を支払って、入手しにくいチケットを取って、

 アイドルのコンサートに来ている方が相手であれば話はわかりますが、

 通常そこまで期待されるシチュエーションはありません。

 聞いている側からすれば、

 「スピーチの内容がきちんと伝わり、理解できれば満足」

 くらいのものでしょう。

 それを勝手に、話す側が

 ‘心に残るようなスピーチをする!’

 くらいの気合いを入れてしまい、

 固くなって失敗しているのがオチではないでしょうか。

◆「照れ = 勘違いからくる自意識過剰」 と言っても過言ではありません。

 誰もあなたにそこまでの期待はしていないのです。

 (あなたがオバマ候補やダウンタウンであれば、話は別ですが(笑))

 自意識過剰を捨てちゃいましょう!

◆「照れると、コンディションが悪くなる」

 「自分が照れると、それを見てる相手の方がつらい」

 「照れていることの方が、よっぽど恥ずかしい」

 ということさえわかれば、照れる必要がないことに気づくはずです。

 仮に失敗したとしても、その失敗を生涯にわたって覚えている人はいません。

 人間とは忘れる生き物ですから。

 試しに1週間前の晩御飯を思い出してみてください。

 ・・・・・ねっ、覚えてないでしょう☆

 そんなものなのです。

◆「失敗も経験だ。

 相手につらい思いをさせないためにも堂々と話そう。」

 と潔く決めてしまうと、どれほど楽なことでしょう。

 また、内容がどうであれ、堂々と話している人のスピーチは、

 真実味を帯びて聞こえます。

 それがスピーチを上手く聞かせるコツなのです。

 つまり、自分も上手くできたように感じ、相手にも上手く聞こえる。

 ほんのちょっとの意識の変化で、スピーチの印象は180度変わりますよ♪

◆これが私のスピーチが上手くなる3つのコツです。

  ●上手く話そうとしない

  ●最初の1分で興味をひく

  ●自意識過剰は捨てる

 この3点を意識するだけで、スピーチは上手くなります。

 いや、上手く聞こえてしまうのです☆

 ちなみに、結婚式のあいさつや懇親会の乾杯のあいさつなどは

 「3分で終わらせる」 みたいなコツもあります。

 また、機会があればお伝えしていきますね。

 今回のコツは、ぜひお試しください!

◆今日で「スピーチが上手くなるコツ」のテーマは終わります。

 明日からはまた違ったテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

☆お笑いとスピーチは最初が肝心☆

◆昨日は研修会最終日ということで、講師ではなく、

 受講生として一日過ごしてきました。

 他の方の講師っぷりも参考になりますし、

 純粋に知らないことがたくさんあるので、

 集中力を切らさず受講できたような気がします。

 内容を理解できたかどうかは別の話ですが・・・・・(泣)。

◆最近、自分の中で面白いなぁと思うのは、

 自分の利用するお店、サービス、商品などが、

 結局のところどこの会社のものなんだろうと思って、

 調べてみることです☆

 何のためかと言えば、株式トレードにつながるのですが、

 短いスパンではわかりませんが、自分が好んで多く利用するようなものは、

 長期的に見たら多くの人が同じように利用するんだろうなと。

 その結果、長期的に見れば株価も右肩上がりで、

 上昇していくのではないかと。

 まだ、自分の中で漠然と思っているだけなので、

 検証はできていませんが、やってること自体は面白いです!

 「てんや」を運営しているのは、「テンコーポレーション」という

 洒落た名前の会社であることも、つい最近発見しました(笑)。

◆さて、前回は「スピーチが上手くなるコツ」というテーマで、

 3つのコツをお伝えすることをお約束いたしました。

 1つ目は「上手く話そうとしない」ということでしたが、

 多少補足いたします。

 「自然体で話せばよい」という表現を使いましたが、

 ‘その自然体ってのが難しいんだよ!’という突っ込みをいただいても

 ごく当たり前だなぁと思いましたので。

 要するにコツとしては、前の方に座っている方で、

 直感的に話しやすそうだなぁと思った方に目星をつけ、

 その人に普通に話しかけるようにすればよいだけのことです。

 自然に日常的な会話のように話せばよいということをお伝えしたかったのです。

 何となく伝わりましたかねぇ??

 それでは今日は、残りのコツをお伝えいたします♪

◆1つ目のコツをお伝えしましたので、次は2つ目のコツですね。

 このコツも、1度自分の中で決め事さえ作ってしまえば、

 後は何も難しいことはありません。

 この決め事を作ってからは、反応を見るのが楽しくなりました☆

 性格でしょうか・・・?

 いえいえ、そんなことはありません。

 多くの成功されている講師やスピーカーは、

 ほぼ例外なくこのような決め事を、

 意識的か無意識的かはわかりませんが、実践されています。

 したがって、そういった意味で効果は実証済みと言えます。

◆では、2つ目のコツをお伝えします。

 2つ目のコツは、

 「最初の1分で興味をひく」

 ことです。

 これはどういうことかというと、

 まずは自分のスピーチに注目を集めることに集中するということです。

 なぜなら、よほど注目されている講演や、人気のセミナー等でなければ、

 スピーチの最初は注目されません。

 まして、仕事上での説明やプレゼンであればなおさらです。

 聴衆はあなたのスピーチを聞く体制ができていません。

◆そして、いくら素晴らしいスピーチをしても、

 注目して聞いてもらえなければ、聴衆の印象に残ることはありません。

 スピーチの内容よりも、まずはその大前提を崩すことが目的となります。

◆興味をひけるのであれば、何をしてもかまいません。

 私の場合であれば、真面目な内容に入る前ほど、

 少し聴衆を笑わせようと考えます。

 ギャップによって、注目を集められるからです。

 ・

 たとえば、こんな入り方をします☆

 「はじめまして、たかはしいさおと申します。

 まずは、簡単な自己紹介から入らせていただきます。

 19xx年12月10日生まれ、射手座のxx歳です。

 血液型はO型、動物占いはチーターです。

 あれっ・・・今のところ重要ですけど、メモとらなくて大丈夫ですか?

 もう1回言いましょうか??」

 なんてパターンを使います。

◆大体の場合は、

 ‘こいつ何言ってんだ’

 という目で見られることがありますが、それでいいんです。

 そういう風に注目されているわけですから。

 ほんのちょっとでもいいので、

 「この人は、この先どんなこと話すんだろう?」

 と思ってもらえたら、それで狙いどおりなのです☆

◆他に私がよく使うパターンとしては、簡単な頭の体操や、

 ざわついた雰囲気であれば、あえて1分黙っているなんて方法もあります。

 自分がやりやすいやり方で、定型パターンを作ってしまえばよいのです。

◆考え方としては、お笑いと似ているのかもしれません。

 お笑いの世界では、「ツカミ」 というものを重要視します。

 たとえば、

  ●「小木です、矢作です。おぎやはぎですけど何か?」

  ●「麒麟です。」(低音で)

  ●「キングコングで~す・・・・イエィ、イエィ!」

  ●「サンドウィッチマンです。名前だけでも覚えて帰ってください。」

  ●「ルネッサーンス!!」(←髭男爵です)

 漫才の最初にこんなフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか?

 これがツカミと呼ばれるものです。

 お笑いの世界では、ツカミ ⇒ 本題と流れるのが定石です☆

 これでお客さんの気持ちをグッと引き寄せているのです。

 お客さんがうまくお笑いモードに入るための配慮とも言えます。

◆こんな風にお笑いもスピーチも最初が肝心なのです。

 さすがにスピーチでツカミというのもおかしいので、

 最長でも1分くらいで場を作ることを意識してみるとよいですよ。

 最後に3つ目のコツですが・・・・これは明日にいたします。

◆今日は「スピーチがうまくなるコツ」の2つ目のコツとして、

 最初の1分で興味をひくことをお伝えしました。

 どんな興味のひき方があるか、考えてみるのも面白いですよ!

 明日はいよいよ3つ目のコツをお伝えいたします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

☆スピーチが上手くなる3つのコツ☆

◆昨日は懇親会があったので研修所に泊まったのですが、

 今日いったん戻ってきました。

 そして明日は朝が早いので、久々に夜の更新です。

 これも日常からの変化としてとらえたら、

 また新たな発見があるかも☆

◆最近読んだ本の中で、

 ‘全然知らなかったなぁ。’

 と思った分野に「コールドリーディング」というものがあります。

 簡単に言ってしまえば、占い師やカウンセラーの方が、

 初めて会った人の心が読めてしまっているように

 見せる技術のようなものです。

 この表現だと失礼かもしれませんね・・・。

 でも・・・・面白いですよ、コールドリーディング。

 【今日のお薦めの一冊:一瞬で信じ込ませる話術

               コールドリーディング(石井裕之)】

一瞬で信じこませる話術コールドリーディング 一瞬で信じこませる話術コールドリーディング

著者:石井 裕之
販売元:フォレスト出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 悪用しないように勉強していきたいと思います(笑)。

◆今日のトレード。

 昨日から株価が下がってますねぇ。

 目先の動きに惑わされるのはまずいですが、やっぱりドキドキします(苦笑)。

 今日は上がり目に転じたところで、

 KIMOTO(7908)を1248円で100株購入。

 これは1300円を超えたら、明日売ってしまってもよいかなと考えています。

◆さて、昨日は「生活にメリハリをつける」というテーマで、

 遊ぶなら全力で遊ぶことをお伝えしました。

 30秒で眠りに落ちれるくらいに遊ぶと、翌日気持ちいいですよね!

 それでは今日は、またテーマを変えてお伝えしていきます♪

◆今日は先週に引き続き約3時間弱研修会の講師をしてきました。

 30人程度の研修だったのですが、気持ちよかったです♪

 講師をして気持ちがよいというのも不思議な話ですが、

 私の場合人前で話すことは、満足感と充実感が得られます。

 きっとアドレナリンが出まくってるからでしょうか。

 理由はよくわかりません。

 ただ・・・・・嫌いじゃないですね、間違いなく。

◆今となっては、人前で話すことは苦ではなくなりましたが、

 以前の私は人前で話すことが好きではありませんでした。

 なぜなら、足が震える、唇が震える、

 ‘失敗したらどうしよう’と考えてしまっていたからです。

 なるべくそのような場面を避けてきたような気がします☆

◆ただ、社会人になり、講師をする機会やプレゼンテーションの機会も

 学生時代に比べて圧倒的に増えました。

 そこで考えました。

 調べました。

 何とか緊張せずに人前で話す方法はないものかと。

 スピーチに関する本を読んだり、

 うまい人の話し方に注目したりしていました。

◆結論として、私は3つのコツにたどり着きました。

 何も難しいことはありません。

 難しいことはできませんし(笑)。

 いつも私は人前で話す前はこの3つに気をつけて話すようにします。

 すると不思議と緊張は全くしなくなりました。

 社会人であっても、学生であっても、主婦であっても、

 人前で話す機会は必ずあるはずです。

 そんな時のために、私がお伝えする内容が何かの参考になれば幸いです♪

◆まず1つ目のコツです☆

 1つ目のコツは、

 「上手く話そうとしないこと」

 です。

 私達の多くは、スピーチのプロでもなければ、

 話すことを仕事にしているわけではありません。

 ですので、うまく話せなくて当たり前なのです。 

 それなのに‘うまく話そう、話そう’と固くなってしまい、

 緊張感しか伝わらないという結果になりがちです。

◆家族と話す時、友達と話す時、恋人と話す時。

 あなたは緊張しませんよね。

 それはあなたが自然体だからです。

 その自然体のまま、聞いている人に話しかけるように、

 スピーチをすればよいのです。

 ・

 声は通常よりはやや大き目を基準にした方がよいですね。

 どんなに面白いスピーチも聞こえなければ、元も子もないので。

 人前に行っても、あなたが普段友達と話している

 会話をイメージしてみてください。

 決してうまく話そうとしないでよいのです♪

◆次に2つ目のコツですが・・・・これは次回にいたします。

 明日は朝が早いので、更新はしないことにします。

 また明後日更新します。

◆ 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆100%全力で遊ぶ!☆

◆まずはじめに、今日から千葉で3日間の研修です。

 しかも、今日は懇親会があるので、研修会場に宿泊になってます。

 ということで、明日の更新は厳しいです↓

 あしからず、ご容赦ください。

 また、パワーアップして戻ってきますので☆

◆一昨日、アマゾンで注文していたものが届きました!

 これは、私が毎日購読しているメルマガ

 ‘平成・進化論’ ⇒ http://www.2nd-stage.jp/

 で、かなり熱く紹介されていたもので、

 「自分も手に取り見てみたい!」と強く思ったので、

 即注文していました。

◆届いたものはこのDVDです。

 【今日のお薦めDVD:「紳竜の研究」】

紳竜の研究 紳竜の研究

販売元:アール・アンド・シー
発売日:2007/05/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 昨日家に帰ると届いていたので、

 集中できる環境を整え、早速見ました。

 正直な感想は以下の通りです。

 ・

 第1章は伝説の漫才コンビ、島田紳助・松本竜介の軌跡をたどるというもので、

 リアルタイムで全然見ることができていない私は、

 ‘へ~ぇ’って思ったくらいのもの。

 ただ、第2章は・・・・・あれって公開してもいいものなんでしょうか?

 島田紳助氏が2007年3月にNSC(吉本総合芸能学院)で、

 たった一度だけ開催された非公開特別講義が収録されていました。

 時間にして約2時間。

 あっという間です。

 島田紳助氏がなぜあそこまで芸人としてトップクラスなのか、

 その秘密を確実に知ることができます。

 講演の内容は「お笑い」についてなのですが、

 「仕事」に置き換えると、生の成功法則がバンバン伝わってきます!

 最初の感想は、‘すごいっ’としか言いようがありません。

 何回も繰り返し見て、自分に落とし込んでいきたい内容ばかりでした。

 買ってよかった♪

◆さて、昨日は「成功の反対とは?」というテーマでお伝えしました。

 ことなかれ主義の人生を、わざわざ目指す必要はないのではないでしょうか。

 それでは今日は、またテーマを変えてお伝えしていきます♪

◆子供の教育の話の中で、

 「よく遊び、よく学ぶ」

 というような表現が出てきます。

 この言葉って大人にも当てはまると思いませんか?

 私は、この言葉を意識することがあります☆

◆社会人になった時に、

 ‘学生時代から比べると、変わってしまったなぁ。’

 と思ったことの1つに、遊びをセーブすることがありました。

 どういうことかと言うと、

  ●次の日が仕事だから、今日は早めに帰る

  ●土日のうち1日は体を休めたいから、寝て過ごす

  ●社会人なんだから、そんなアホなことはできない

 などなど、自分を正当化する理由をつけて、

 遊びをセーブするということが増えました。

◆確かに、学生と社会人では遊びの質が変わるのは

 仕方がないことかもしれませんが、

 その遊びに対する情熱や力の入れ具合は、

 変わらなくてもよいのではないでしょうか。

 つまり、100%全力で遊んでみてはいかがでしょうか?

◆せっかくの休日なのに、昼過ぎまで寝ていたり、

 テレビをだらだら見たり、ぼけ~っと過ごしてしまうと、

 逆に疲れがとれなかったり、ストレスがたまったという経験はないですか?

 私はあります!

 大のテレビっ子だった私は、意識しないといくらでもテレビを見続けられるので、

 1日何もせずテレビだけ見て過ごしてしまったと後悔する日がありました。

 そんな誰にでも経験ありますよね。

 だらだら1日を過ごすのも、意外と体力を消耗するものなのです☆

◆できる社会人は、こんな風に言われています。

 『遊び10割、仕事10割、学び10割』

 遊びも仕事も学びもどれも全力で取り組みます。

 (もちろん休みをとらないというわけではありませんので。)

 ・

 どうせ遊ぶのであれば、朝から1日中遊び倒す。

 仕事をする日は、仕事に全力を傾ける。

 学びの時間は集中して、何か行動に結びつけられるものを得る。

 というような形で、メリハリを持った生活をする方が、

 逆にストレスもたまらず、気力・体力ともに充実するはずです♪

◆たまの休日、ベッドから出るのが億劫な気持ちはよくわかりますが、

 一歩踏み出して、朝から全力で遊んでみてはいかがでしょうか?

 きっと思った以上に充実した1日が過ごせるはずです☆

 私がディズニーリゾートが好きな理由が、

 ここら辺にも起因しているのかもしれません(笑)。

 さぁ、次の休日はどこに遊びに行きますか??

◆今日は「遊びも全力で!」というテーマでお伝えしました。

 ディズニーランドは、大人になった今でも夢の国です。

 次回はまた違ったテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

☆成功の反対は何でしょう?☆

◆昨日は、みずほ総合研究所主催の

 「労働基準法集中講座」

 を午後から受講してきました。

 全4回のコースで、4週間に渡って開催されるセミナーです。

 費用は会員価格で7万弱くらい。

 決して安いセミナーではありません。

◆実際に労働関係の訴訟に、数十年携わっている弁護士の先生が

 講師として話されているので、内容が実務に沿っていて

 自分にとってはとても有意義なものでした。

 それに、大学の授業を受けているような感覚で、

 ‘あの頃もこれくらい真剣に授業を受けていたら、

 法律関係の仕事に携われたかもしれないなぁ。’

 と思う一方で、

 ‘毎日、答えのない難解な仕事をやるのは、自分には向いてないわ。’

 と変な再確認もできました(笑)。

◆労働関係法令は奥が深いです。

 自分も人事部門に携わる者として、

 基本的な考え方は知っていなければならない。

 そんな内容だったので、先が楽しみです。

 ちなみに、マクドナルドの偽装管理職訴訟は、

 今後上級審で覆る可能性が高そうだということがわかりました。

 注目していきます♪

◆さて、昨日は「右脳を活性化する」というテーマで、

 左手を積極的に使用することをお伝えしました。

 それでは今日は、テーマを変えてお伝えしていきます♪

◆私達は、誰しも成功をしたいと願っているはずです。

 それは仕事かもしれないですし、人間関係かもしれません。

 健康かもしれませんし、時間的ゆとりかもしれません。

 もしくは社会貢献かもしれませんし、恋愛かもしれません。

 中には自分ではなく、他人の成功を願っている方もいるかもしれませんね。

◆いずれにせよ、成功を願っている方は素晴らしいと思います。

 ソニーの創始者である盛田昭夫氏もこのように言っています。

 『欲がない人間、好奇心がない人間に用はない。』

 多少過激な表現ではありますが、

 氏がいかに自分が欲しいものを明確にすることを大切にしていたかがわかります。

 きっと成功の形は違えど、誰しもが心のどこかで成功を思っているはずなのです。

◆では、1つ質問をします。

 「成功の反対は何でしょうか??」

 ・

 対義語辞典なんかを見ると、

 「成功 ⇔ 失敗」

 と記載されています。

 しかし、本当は違うんです☆

 成功の反対は、決して失敗にはなりません。

◆世の中の成功法則にのっとった成功の反対をお伝えします。

 成功の反対は・・・

 「何もしないこと」

 なのです。

 言い換えると「平凡」という意味が近いでしょうか。

 平凡な人生を歩もうとすると、失敗することすらありません。

 失敗も成功もチャレンジするからこそ、得られる経験なのです。

◆確かに、何もチャレンジしなければ、平凡な人生が歩めるでしょう。

 平凡な人生を過ごすことこそが、

 自分の成功なんだと言われる方もいらっしゃるかもしれません。

 ですが、何もしないことが成功だと言うのであれば、

 世の中には成功者であふれかえっているはずです。

 でも、そうではないですよね。

 「平凡な人生を歩んではいるけれど、満足できない!」

 そんな人の方が圧倒的に多いはずです。

 なぜなら、それは成功も失敗もしていないからです☆

◆ユニクロの社長である柳井正氏もこのように言っています。

 「危機につながるような致命的な失敗は絶対にしてはならないが、

 実行して失敗するのは、実行もせず、分析ばかりしてグズグズしているより

 余程良い。失敗の経験は身につく学習効果として財産となる。」

 やはり、成功と失敗は経験なのです。

 チャレンジして失敗するより、何もしないことを恐れましょう!

 あなたの成功って何ですか??

◆今日は「成功の反対とは?」というテーマでお伝えしました。

 自分にもズキズキ突き刺さるテーマを、あえて選びました。

 人生はたった1回きり。

 「後悔のない航海」をしていきたいものです。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

☆右脳を活性化させるには?☆

◆いやぁ、「三社祭」終わりました。

 想像以上の、人、人、人。

 そして「何個あるんだ!?」って思ってしまうくらいの

 神輿の数でした☆

 どの道を通っても、神輿と遭遇してしまう不思議な感覚・・・

 老若男女問わず、地域でそろいのハッピを身にまとっている連帯感・・・

 それだけ地域密着、伝統的な行事なんだなと感じました。

◆私もわけがわからないまま、地域の神輿の流れに参加させてもらい、

 一通り楽しむことができました。

 (2日間で、延べ4回自分達の地域を回っているらしい)

 来年はハッピもそろえて、本格的に参戦してみようかな(笑)。

◆夜は「ひつまぶし」を食べに行きました。

 【今日のお店:浅草 うな鉄】

 ⇒ http://www.hitumabusi.com/

 けっこう有名なのか、5時という時間帯にもかかわらず、

 既に行列ができていました。

 初めて「ひつまぶし」と言われるものを食べましたが、

 めちゃくちゃ美味いですね。

 ちょっと感激してしまいました。

 次は「ひつまぶし(塩)」を食べてみようと思いました♪

◆さて、前回は「自分の壁を打ち破る」というテーマで、

 知識を行動に結びつけることをお伝えしました。

 「やっている」レベルまでできていることは、

 自分の実力に直結しますよね☆

 それでは今日は、違うテーマでお伝えしていきます♪

◆人間の脳はいくつかの部分に分かれますが、

 大きいもので右脳と左脳があります。

 右脳は創造やイメージ、インスピレーションなどに強みがあり、

 芸術性や想像性をつかさどる部分だと言われています。

 一方、左脳は言語や計算、思考などに強みがあり、

 論理性や展開性をつかさどる部分だと言われています。

◆私達の日常生活では、言語や計算に携わることが多いせいか、

 左脳が無意識的によく使われていることがわかっています。

 しかしながら、クリエイティブな発想や何か新しいものを生み出すために、

 右脳を活性化することも重要だと言われています。

 「右脳の活性化」という言葉は、

 どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

 七田眞氏の右脳教育等は、すごく有名ですよね☆

◆右脳を活性化するのに、想像法や記憶法や高速学習法など、

 色々なやり方が出回っています。

 どれも効果的な方法なのだと思いますが、

 いかんせん私にはとっつきにくい方法でした。

 ・

 そこで私が取り入れている方法は、すごくシンプルなものです。

 効果が出ているのかどうかは、

 自分の脳波を研究しているわけではないのでわかりませんが、

 楽しんでやれているので、‘よし’としています。

◆その方法とは何でしょうか?

 ・

 その方法とは

 『左手を使う』

 ことです☆

 左手を積極的に使う・・・・・これだけです。

 自分は右利きですが、状況によっては意識して左手を使うようにしています。

◆なぜなら、人間の脳と体の部分は神経によってつながっていますが、

 それは左右交差してつながっているからです。

 右手、右足を使う場合は、左脳が反応しています。

 左手、左足を使う場合は、右脳が反応しています。

 ですから、私は普段意識しないと使うことの少ない

 左手を積極的に使うようにしているのです。

 携帯電話の操作や、カバンを持つ腕、たまに食事も(笑)、

 左手は思うように使えない分、よい刺激になっている感じがします。

◆ちなみに、検証が100%できているわけではないですが、

 レオナルド・ダ・ヴィンチ、ナポレオン、モーツァルト、ダーウィン、

 ニュートン、アインシュタイン・・・などの歴史上の人物は、

 左利きだと言われています。

 恒常的に左手を使っていたことと関係があればすごいですよね☆

◆今日は「右脳を活性化させる」というテーマで、

 左手を積極的に使うことをお伝えしました。

 思うように動かないもどかしさが、なかなかいいんですよ!

 明日はまた違ったテーマでお伝えします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆知識を行動に結びつけるには?☆

◆昨日は仕事の後、新規ビジネスの立ち上げのお話をうかがいました。

 このようなお話を聞く時には、常に冷静であるように心がけています。

 基本的にはビジネスの立ち上げにかかわれるような場合は、

 魅力的に聞こえることが多いので☆

◆昨日の内容も可能性の大きな話ではあったのですが、

 その実現手段の現実性にやや欠ける部分があり、

 他の様々な環境が整う仮定でのお話だったので、

 今の私にそこに投下できる時間はないと判断し、

 丁重にお断りさせていただきました。

 ただ、話の内容自体は非常に勉強になったので、

 とても有意義な時間を過ごすことができたと確信しています!

◆ちなみに昨日から近所で『三社祭』が盛り上がっています。

 私の知る範囲でも、深夜2時くらいまで「わっしょい×2」やってました。

 おそるべきパワーです(笑)。

◆昨日のトレード報告。

 相場が揉みあっていて、方向感に乏しかったので、

 特に動くこともなく静観していました。

 来週の相場に期待します♪

◆さて、昨日は「自分の壁を打ち破る」というテーマに、

 自分の「知ってる」レベルを認識することをお伝えしました。

 もしその事柄の名前だけを聞いたことがある場合は、

 「知ってる」ではなく、「名前は聞いたことがある」

 すなわち‘名前しか知らないので、学ぶ対象になる’という

 見解を持ちたいものです。

 それでは今日も引き続きお伝えしていきます♪

◆私達はあまりよくわかっていない事柄についても、

 「名前だけ聞いたことがあるから」、

 「本で読んだことがあるから」、

 というような理由で「わかる」「知ってる」と判断し、

 自分で勝手に成長の壁を作ってしまっています。

 ですが、昨日お伝えしたとおり、

 本当は知ってる「つもり」、わかってる「つもり」の事柄が

 世の中には無数にあることに気づくはずです。

 もちろん、自分の仕事に関することであっても、

 「つもり」で止まっている事柄があるかもしれませんね。

◆では、そのような成長の壁を打ち破るには、

 どのようにしたらよいのでしょうか?

 ・

 私はその答えとして、

 『「わかる」「知ってる」から「できる」「やってる」に』

 が必要だと考えています。

◆自分の中で「知ってる」と判断して終わりではなく、

 その事柄を自分は「できる」のか、そして「やっている」のか、

 まで踏み込んで自分に落とし込んでいくことが

 必要になるのではないかと感じています。

 本を読んで頭の中に知識として入れても、

 それはただ単に「知ってる」に過ぎません。

 実際の生活においては、何も変化は起こりませんよね。

◆例えば、

 「早起きは体にも良いし、仕事の能率も向上する」

 という内容をセミナーで聞いたとします。

 Aさんは、‘へ~ぇ、早起きできたらそんなメリットがあるんだなぁ。’

 と思ったものの、何も行動は伴っていません。

 これが「知ってる」レベルです☆

 ・

 Bさんは、‘確かに、早起きすると気持ちよく仕事ができるなぁ。’

 と自分の体験等と結びつけて、理解はしました。

 ですが、何も行動は伴っていません。

 これが「わかる」レベルです☆

 ・

 Cさんは、‘よし、じゃぁ明日は早起きしてみよう!’

 と一念発起し、翌日は早起きしました。

 その日は体調もよく、仕事もはかどりました。

 これが「できる」レベルです☆

 ・

 Dさんは、Cさんよりも一歩進めて、

 ‘そんなに早起きが良いということであれば、生活リズムに組み込もう’

 と、その日から常に早起きを心がけるようにしました。

 起きるのが辛い時期もありましたが、早起きを繰り返すことで、

 Dさんは早起きを習慣化することができました。

 これが「やってる」レベルです☆

◆この違いがわかるでしょうか?

 同じセミナーで、同じ内容を聞いても、自分が満足するレベルによって、

 これだけの違いが生まれてきます。

 Aさん、Bさん、Cさん、Dさんの違いは、早起きに限らず、

 そのスタンスが大きく異なっているのです。

 違う事柄を聞いたとしても、また同じような結果になることでしょう。

 大切なのは、「知ってる」「わかる」で満足しないことです♪

◆人から聞いたり、本を読んだり、セミナーに参加したりして、

 自分の下に届いた事柄に対して、

 「知ってる」 ⇒ 「わかる」 ⇒ 「できる」 ⇒ 「やってる」

 レベルになるまで、満足せずに成長していきましょう。

 それには知識レベルから行動レベルに移し、

 その行動を継続していくことがポイントです☆

 「知ってる」「わかってる」レベルで終わってしまっている事柄は何ですか?

 いつ「できる」「やってる」レベルにする予定ですか??

◆今日は、「自分の壁を打ち破る」ために、

 知識を行動レベルまで落とし込むことが大切であることをお伝えしました。

 「知ってる」「わかる」「できる」「やっている」の4ステップは、

 本当に大切なステップだと思いますよ!

 明日はまたテーマを変えてお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「知ってる」という嘘☆

◆昨日は、研修会の講師として、再度午後は千葉に向かいました。

 途中であの「舞浜駅」(ディズニーリゾートがある駅)を通過するのですが、

 個人的にはそれだけでテンションが上がります(笑)。

 ディズニーリゾートについては、その徹底されたコンセプトが大好きで、

 私の中でテーマパークとしては別格になっています。

 だから、チラリと見えるだけでも心躍るものがあるのです。

◆夢リスト№38には

 「世界のディズニーリゾートを制覇する」

 がありますし、№83には

 「ディズニーリゾートの年間パスポートを買う、そして2か月に1回は行く」

 というものもあります☆

 (詳しくは「プロフィール」参照)

 20代後半になっても、あそこは夢の国です(笑)。

 ディズニーリゾートのコンセプトが垣間見える素敵な話は、

 たくさん聞いたことがあるのですが、またの機会にお伝えします。

 きっとあなたもディズニーリゾートが好きになるはずです♪

◆昨日のトレード報告。

 一昨日1008円(手数料等で自動で3円はプラスされることが判明)で

 買っていた[ベルク(9974)]が、1040円を超えたので売却を決定。

 1041円で売却。

 3300円の儲け。

 決算に株価が大きく変動される銘柄は避けようということで、

 既に決算が終わっている[ケーヨー(8168)]を585円で100株購入。

 現段階ではちょい下がってるかな。

 それとやや長期的なストックという形で、

 [アサヒ(2502)]を1880円で100株購入。

 1ヶ月~2ヶ月のストックを考えています。

 もちろんその間に100円値上がりしたら売却します♪

◆さて、昨日は「仕事の能率を上げる」というテーマで、

 優先順位をつけて仕事をすることをお伝えしました。

 これは仕事以外でも、日常生活においても、

 同じ考え方をすることができるので、非常に有効だと考えています☆

 それでは今日は、テーマを変えてお伝えしていきます♪

◆最初に1つ質問があります。

 「F1」というスポーツを知っていますか??

 ・

 「もちろん知っている。」

 や

 「そんなの当たり前でしょ。」

 と答える方が多いのではないでしょうか。

 では、そんな風にお答えになったあなたに再度質問です。

 それはどのレベルで知っているのですか?

 あなたはどのレベルで知っていれば、

 「知ってる」と答えてしまっているのでしょうか??

◆今からの質問に答えてみてください。

  ●「F1」の正式名称は何ですか?

  ●昨年度は誰がチャンピオンになりましたか?

  ●コースを何周回ればゴールでしょうか?

  ●最高速度はどれくらい出るのでしょうか?

  ●1チーム何人で戦っていますか?

 ・

 この質問に即答できた方は、

 本当に「F1」を知っている方に違いありません。

 しかし、ほとんどの方は、この質問には答えることができません。

 一番最初の質問では、「知ってる」と答えたはずなのに。

 これが私達の「知ってる」レベルなのかもしれません☆

 私もこの質問をされた時に、

 さも当然のように「F1」を「知ってる」と答えたにもかかわらず、

 続く質問には1つも答えられませんでした(苦笑)。

◆この中から何か感じるものはありませんか?

 私は自分の中にある「知ってる」レベルの低さに驚きました。

 私の「知ってる」は、「聞いたことがある」レベルだったのです。

 中身を全然知らないのにもかかわらず、

 聞いたことがあるから「知ってる」と答えているんですね。

◆これは仕事や日常生活にも同じことが言えると考えられます。

 仕事をしている中で

 「お前、この申込書って知ってる??」

 と聞かれた際に、

 「あぁ、知ってますよ。ただ、書き方とかはわかんないですけど・・・。」

 と答えている自分がいたりします。

 ・

 本を読んでいても、

 ‘あぁ、この内容は知ってるなぁ’

 と自分で勝手に判断し、流し読みをしている場合があります。

◆でも、このレベルの「知ってる」で本当によいのでしょうか?

 自分の中で「知ってる」という判断をしてしまったものに対しては、

 それ以上に学ぶことがなくなってしまいます。

 ・

 例えば、新入社員として入った職員に、

 「この商品知ってる?」

 と聞けば、まずほとんどの職員が

 「いえ、知りません。」

 と答えるでしょう。

 その「知らない」という判断から、

 その商品に関する知識を学んで、吸収していくわけです。

 ところが、少し仕事に慣れた頃になると、

 ちょっと名前を聞いたことがあると、

 「知ってる」と答えるようになる傾向があります。

 心当たりはありませんか??

◆では、どうすればよいのか?

 その部分については、明日お伝えしていきます。

◆今日は、「自分の壁を打ち破る」というテーマで、

 自分の「知ってる」レベルを知ることをお伝えしました。

 明日も引き続きお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆不思議と仕事が片付く方法☆

◆昨日はいかにもサラリーマン的対応がありました。

 実は今、私の所属している部署で研修会を開いているのですが、

 その夜の懇親会でキャンセルが発生したから、

 急遽夜はそっちに向かうことが決まったのが4時前。

 場所は千葉。

 懇親会に参加するためだけに千葉に向かう。

◆「来てくれて助かったよ!」

 とねぎらわれたものの、

 ‘これだけのために千葉に行くというのもどんなもんなのかなぁ。’

 と、つい思ってしまいました。

 いかにもサラリーマン的対応ですよね(笑)。

 まぁ、行き帰りの電車の中で集中して本が読めたから、

 結果オーライとします☆

 今読んでいる本は、自分の中で初めてのジャンルですが、

 なかなか興味深いものがあります♪

◆昨日のトレード報告。

 昨日は、[ベルク(9974)]を指値1005円で100株購入しようとしたところ、

 指値を誤り1008円で購入(がっくり↓)。

 でも、昨日の終わりで1015円に上昇。

 とりあえずそれではあまりにも利益が小さいので、

 もう1日保有してみます。

 今日も別の銘柄にチャレンジ!

◆さて、昨日は「仕事の能率を上げる」というテーマで、

 具体的な方法を2つお伝えしました。

 昼寝ができる環境はないと思われがちですが、

 意外とあります。

 健康管理室的な場所にはベッドまであるので、

 保健のお姉様方と仲良くなっておくと、便利な面もありますよ。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆「仕事の能率を上げる」というテーマにお伝えしていますが、

 日々の仕事をクリアーしていくうちに、

 ‘なんだか理屈はわからないけど、これをすると仕事が片付くなぁ。’

 とか、

 ‘人になんと言われようと、このやり方は仕事がやりやすい。’

 という感覚を持つことがあります。

 大切なのは、その時にやった方法を覚えておくことです☆

 理屈なんてわからなくてもかまいません。

 とにかく、自分がどうやったら仕事がやりやすいかは、

 自分の感覚が教えてくれるので、その時にやったやり方を

 記憶しておくことが重要なのです。

 でないと、人間はすぐに忘れちゃいますからね(笑)。

◆そんな感覚を持ちつつ、私は「休憩」と「昼寝」は、

 自分の「仕事の能率を上げる!」という結論に至りました。

 昼寝は本当にスッキリしますから(しつこいですね)。

◆それでは最後の3つ目をお伝えします。

 それは、

 「仕事の優先順位をつける」

 ことです☆

 日常的に、1つの仕事にずっと集中するというシチュエーションは珍しく、

 いくつかの仕事を同時進行しているというのが、

 多くのサラリーマンの働き方ではないでしょうか。

 ・

 例えば、経理事務をしている方であれば、

 会計(伝票)処理を専門にしていたとしても、

 交際費、雑費、未収金、仮払金、厚生費、出張旅費などなど、

 その内容は多岐にわたります。

 日常的な会計処理から、単発的なものまで、

 いくつもの処理を並行しているのが通常ではないでしょうか。

◆このようにいくつもの仕事を同時進行している場合には、

 その「優先順位」が仕事を片付けるカギとなります。

  ●今日中に絶対に片づけなければいけない仕事なのか

  ●スピードよりも確実性が求められる仕事なのか

  ●一人でできる仕事なのか、協力しなければできない仕事なのか

  ●単体の仕事なのか、付随した仕事なのか

 というような基準を自分の中でもうけ、

 優先順位の高いものから、完了させていきます。

 この「完了」というのがポイントです!

◆優先順位をつけたら、特段の事情がない限りは

 現段階でできるところまで完了させるところまでもっていきます。

 その間に入ってきた仕事は置いておきます。

 終わりのないままダラダラ継続してしまうと、

 能率は高まりません。

 「完了させる」ということを、常に頭の片隅に置いておいてください☆

◆私は、仕事が多くなってきたら、今自分の前にある仕事を

 何でもよいのでメモに書き出してみます。

 書き出し終えたら、自分の中で順位をつけていきます。

 そして、そのメモを横に置きつつ、1番の仕事からこなしていきます。

 完了した仕事は赤二重線で削除し、次の仕事にとりかかります。

 あらかじめ自分が

 ‘ここまでは終わらせたい’

 と、計画していた仕事まで完了したら、

 残業はなるべくせずにとっとと帰ります(笑)。

 このやり方にしてから、能率が上がったように感じます。

◆これはあくまでも私のやり方なので、仕事の能率を上げる方法は、

 一人一人無限にあると思います。

 早く自分のやり方を確立して、

 さらにバージョンアップさせていきたいものですね♪

◆今日は「仕事の能率を上げる」をテーマにして、

 優先順位を付けて仕事をしていくことをお伝えしました。

 明日はまた新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

☆仕事の能率を上げる意外なポイント☆

◆昨日、私の職場の近くに新しくコンビニが開店しました。

 そのオープニングセールに並んでいて、ふと思いました。

 ‘赤坂の一等地的場所にコンビニを出して、

 どれくらいの利益を見込んでいるのだろうか?’と。

 おそらくそのテナント料だけでも、目玉が飛び出るくらいの価格でしょうし、

 周りにコンビニがないわけではありません。

 しかも、フランチャイズの経営だし・・・。

 そう考えると、ちょっと不思議に思えました☆

◆というのも、私は学生時代に某大手コンビニで、

 高校~大学までの7年間アルバイトをしていました。

 そのオーナーや店長から色々裏事情も聞いていましたし、

 フランチャイズ経営も、年数を経過していかないと

 うまみがないことも知っています。

 なので、もし自分がここにコンビニを出すだけの資金があったら、

 果たして出していただろうかと思ってしまったわけです(勝手に)。

 そんな風に勝手に経営者側にたって、

 もの思いにふけってみるのも、色々考えられるきっかけになりますよ♪

◆ちなみに、昨日のトレード報告です☆

 [東京製鉄(5423)]を寄成で100株買ったら、

 1460円(高値)で買ってしまい、焦りました。

 案の定1445円くらいまで下がっていきました。

 しかし、後半上昇!

 1510円を超えたあたりで利益確定の売りを出すことに決める。

 結果、1512円で売り。

 税金とか考えないと、5200円の儲け。

 よしっ!

◆さて、昨日は「これからの時代を生き残るヒント」の

 まとめをお伝えいたしました。

 良い意味で賢くなっていかないといけないですよね。

 それでは今日は、テーマを変えてお伝えしていきます♪

◆今日のテーマは、「仕事の能率を上げる」 です。

 同じ時間仕事しているのであれば、効率的に仕事をこなし、

 時間に余裕をもって過ごせた方がよいですよね。

 また、任された仕事量が多く、時間内に仕事を終わらせることが難しい場合に、

 仕事の能率をあげないと、いたずらに残業時間が延びてしまいます。

 貴重なプライベートな時間を生産性のない無駄な残業時間と

 引き換えにするのは、あまりにももったいない話です☆

 そうであるならば、少しでも仕事の能率を上げようとすることは、

 とても大切なチャレンジだと考えています。

◆ここでは、私が実際にできる限り実践している

 能率アップの方法を3つご紹介していきます。

 とてもシンプルな方法ですが、実践すると絶対に効果はあがるはずです!

 参考にしていただければ幸いです。

◆まず1つ目は、『休憩をとること』 です。

 ・・・・・「そんなの、当たり前だろ!」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、

 意外と能率を上げるための休憩が取れている方は限られています。

 実際に私の周りを見渡しても、そんな傾向にあります。

◆人間の集中力は2時間が限界だと言われています。

 時間帯ややっている内容によっても差はあると思いますが、

 長距離運転が2時間に1回の休憩を勧められていることや、

 大学の1つの講義時間が90分ということからも、

 おおよそそれくらいの時間が目安であることがわかります☆

◆集中力が切れた後は、能率が格段に下がります。

 ですので、能率を上げるというよりは、落とさないための休憩を取るのです。

 私の場合は、90分に1回は休憩を取るようにしています。

 時間を忘れて取り組んでしまう仕事もありますが、

 90分一区切りでバッサリ区切って、休みを入れています。

◆その時間何をするのか?

 ひたすらにボーっとします(笑)。

 何も考えないのがポイントです!

 長時間運動をすれば体が疲れるのと同様に、

 長時間頭を働かせれば、頭も疲れるのです。

 よく休憩中に煙草をふかしながら、仕事の話をしているのを見ますが、

 あれでは体しか休憩していませんよね。

 肝心の頭が休憩できていないので、効果的な休憩とは言えません。

 休憩するからには、一生懸命に休憩しましょう(笑)。

 仕事にメリハリがつきますよ♪

◆2つ目は、「昼寝をすること」 です。

 「昼寝なんて・・・」と思われた方は何か先入観があるかもしれないですね。

 実はこの昼寝にはすごいパワーがあるのです☆

◆労働省産業医学総合研究所の発表では、

 男女30人を「仮眠なし」、「昼食後15分の仮眠」、「昼食後45分の仮眠」の

 3グループに分け、簡単なテストを行ったところ、

 最も反応が早く、ミスが少なかったのが、

 「昼食後15分の仮眠」のグループだったのです。

 ・

 また、久留米大学が高校生1000人を対象に行った実験でも、

 昼休みに昼寝をした方が、授業に集中できたり、

 成績がアップしたりという結果が得られたそうです。

◆社会人なので、昼寝ができないシチュエーションもありますが、

 私も昼休みにできるだけ昼寝をしているようにしています。

 目を閉じて、落ち着けることができれば、場所はどこでもかまいません。

 私の場合、空いている階のトイレなんかも絶好の昼寝ポイントです(笑)。

 とにかく目を閉じて、ジッとしているだけでもかまいません。

 全然眠ってないように思えるかもしれませんが、

 体と頭は十分に休まっていますので。

◆この昼寝は、やった人にしかわかりませんが、

 ものすごく効果があります!

 午後からの集中力が全然違います。

 ぜひお試しください☆

◆最後の3つ目ですが・・・・・これは明日に譲ります。

◆今日は「仕事の能率を上げる」をテーマにお伝えしてきました。

 明日も引き続きお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

☆これからの時代を生き残るヒント☆

◆起業という言葉に踊らされているわけではないですが、

 やはり起業されている方を見ると、一種憧れを感じます。

 自分と同じような年代、もしくはそれよりも若く起業している方も知っていますし、

 全然遠い世界の出来事というようには思っていません☆

 ただ、まだ大きく足りない部分がいくつもあるので、

 そのような日がいつ来てもよいように準備だけはしていこうと常々考えています。

◆そんな中で読んだこの本は面白かったです。

 2,3年前に起こっていた出来事の裏側も垣間見れますし、

 起業の基礎中の基礎も書かれています。

 【今日のお薦めの1冊:起業ってこうなんだ!(藤田晋×米倉誠一郎】

 ⇒ 起業ってこうなんだ!どっとこむ

 憧れで終わってしまわないように、

 アイディア1000本ノックを日頃からしていくことを決めました♪

◆さて、昨日はこれからの時代を生き残るヒントとして、

 支出をコントロールする具体的な方法をお伝えしました。

 もっとよい画期的な方法があれば、

 私にもぜひ教えてくださいね!

 それでは今日は、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日まで数回にわたりお伝えしてきたこのテーマですが、

 今日をまとめの回にしようと考えています。

 まとめと言っても、そんなに大した内容を加えるわけでもないので、

 今までのおさらいという意味で振り返ってみてください☆

◆私達が受けてきた勤勉労働者を産み出す教育は、

 どうやらこれからの時代にはそぐわない教育であることがわかってきました。

 なぜなら、「お金」について一切教えてくれなかったからです。

 どうやら急速に時代が変化していることに、

 変温動物のように対応していくことができないと、

 いずれは恐竜のように絶滅してしまう可能性が出てきたのです。

◆生き残るために大切なことは、

 「お金の成績」を高めることです。

 お金の成績は、キャッシュフローによって決まります!

 つまり、お金を使う(支出)よりも入ってくる(収入)量を

 多くできているかどうかです。

 お金の成績は、社会に出て初めて評価されるのです。

◆ということは、単純に考えて

 ‘収入を増やし、支出をおさえること’

 ができれば、お金の成績は高まります。

 収入を増やすには、『収入源を増やすこと』が大切ですし、

 支出をおさえるには、『実践し続けられる手段』が必要です。

 それは自分にしか見つけることができません。

 ですから、より高くアンテナをはり、

 自分が絶滅しないような方法を見つけようとする姿勢が何より大切です!

 これからの時代に、たくましく生き残っていきましょう♪

◆今日は、「これからの時代を生き残るヒント」のまとめをお伝えしました。

 明日からは、またテーマを変えてお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆自然とお金がたまる方法☆

◆最近、株式投資とトレードの話が多くなってしまっています。

 私自身がすごく興味をひかれていて、学んでいて楽しいんだと思います。

 (まだ、負けてばかりなんですけどね・・・・・(苦笑))

 このように、自分が学んでいて楽しい時は、私の経験上、

 成長するのも早ければ、アウトプットしやすくもなります☆

◆早速、台東区立中央図書館にて、昨日の学びを自分のものにすべく、

 トレードの本を借りてきました。

 中でもわかりやすかったのが、これです。

 【今日の一冊:「株」で3000万円儲けた私の方法(山本有花)】

 ⇒ 毎月10万円は夢じゃない!「株」で3000万円儲けた私の方法

 ただでさえとっつきにくい投資の世界なのに、

 小難しく書かれてはさっぱりわかりません。

 ですので、私はシンプルにわかりやすく書いてある本が好みです☆

◆この本を参考にしながら、まずは自分の「売買ルール」を決めました。

 これに基づき1ヶ月取引をしてみて、10%運用ができれば、

 このブログで報告させていただきますね!

 (うまくいかないルールを公開しても、混乱を招くだけですので)

 体調も全快したし(笑)、なんかさらに楽しくなってきました♪

◆さて、昨日はこれからの時代を生き残るヒントとして、

 「支出をコントロール」することをお伝えしました。

 うまく支出をコントロールされている方は、

 年収が200、300万円でありながら、

 何食わぬ顔して1000万円とか貯めますよね。

 見習わせてもらわないとなぁと思います。

 それでは今日は、具体的に支出をコントロールする方法をお伝えしていきます♪

◆支出をコントロールする方法は、世の中にたくさん出回っています。

 にもかかわらず、私も含め支出コントロールがなかなかできない方が多いのは、

 それが実現可能ではない、もしくはやるからには相当の

 覚悟がいる方法ばかりだからではないでしょうか。

 ・

 例えば、

 1つの封筒に設定の金額(例:2000円)だけ

 入れた封筒を1ヶ月の日数分だけ作ります。

 30日分なら、30個の封筒が出来上がります。

 あとは1日1つの封筒を開けて、生活していくという方法です。

 この方法であれば、1ヶ月6万円で生活することができます。

 しかし、いざやるとなると、心に余裕がなくなりますよね・・・・。

 もちろん、中には実践しても心の余裕はあるという方もいらっしゃるかとは

 思いますが、私のようなタイプには向いていません。

◆このように支出コントロールには、実践できれば有効な方法はあるものの、

 なかなか実践し続けることが難しいものが多いのが現状です。

 その中でも、私でもできる支出コントロール方法をお伝えします。

 簡単ですが、効果は抜群です!

◆まず、1つ目の方法が 「給与天引き」 です☆

 私はサラリーマンなので、会社から給料をもらっています。

 その中からは、税金や保険料などたくさんのものが天引きされ、

 手元に残るのが手取りの給料となります。

 どれだけ天引きで引かれたかに関係なく、

 手取りの給料で生活できているのです。

 そうであるならば、自分が貯めたい部分を天引きで引いてしまい、

 最初からなかったものと考えればよいというのがこの方法です♪

◆職場なんかで、「財産形成制度」のような天引き制度があれば、 

 それを積極的に活用してしまうのも1つの手ですし、

 そのような制度がないのであれば、貯蓄専用の口座を1つ開設し、

 給料日に自動送金をしてしまうこともできます。

 銀行の窓口に行けば、自分が決めた日に毎月自動送金する手続きが

 簡単にできますので、ぜひ確認してみてください!

◆もう1つの方法は、欲しいものがある時に使う方法です。

 日用生活品の買い物以外に、家電製品や衣料品など、

 ちょっと値が張るものをバンバン買ってしまったら、

 とてもじゃありませんが、お金は貯まりません。

 ですので、欲しいものを買う時にいかに工夫をするかがポイントなのです♪

◆私の場合、欲しいものを買うプロセスはこのようになります。

  ●欲しいものを発見する

          ↓

  ●一度、買わないで我慢する

          ↓

  ●数日後、それでもどうしても「欲しい」と強く思った時にだけ、購入を決意する

          ↓

  ●同じものが、楽天市場で出ていないか調べてみる

          ↓

  ●価格を比較し、同じ商品、同じようなサービスであれば、安い方で購入する

 このようなプロセスを経ています。

 私が知る限り、現在楽天市場は様々な商品の最安値を知ることが

 できるようになっていると感じています。

 ですので、私は楽天を市場調査の場にしています☆

◆この2つの方法だけでも、私はかなり支出をコントロールできるようになりました。

 もちろん、他にも良い方法があれば、随時取り入れていくつもりです。

 自分が実践し続けられる支出コントロール方法を見つけられるとよいですね♪

◆今日は、これからの時代を生き残るヒントとして、

 支出をコントロールする具体的な方法をいくつかお伝えしました。

 明日は「これからの時代を生き残るヒント」というテーマの

 まとめをお伝えしていこうと思っています。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

☆月収100万でも貧乏な理由☆

◆昨日は、茅場町で行われた株式投資セミナーに参加してきました☆

 もちろんお金もしっかり払って。

 だいたいセミナーの値段って、あってないようなものだと思うのですが、

 今回もほんのちょっと躊躇するかなぁくらいの値段でした。

 (諭吉さんが1人半くらい)

 でも、自分自身株式投資を学んでみたいと考えているのに、

 本格的な学びの場には出たことがないという矛盾があったので、

 それを解消するためにもよいきっかけだと思い、参加しました。

◆セミナー時間は約5時間。

 最後の2時間くらいは、主催会社の宣伝的要素が強くなってしまったので、

 思わず閉口しそうになりましたが、前半戦の『Mr.イグゼロ』さんという方の

 セミナーは非常に興味深いものがありました。

 ‘あっ、やっぱり自分は全然わかってなかったんだな。’

 とシンプルに感じさせてくれる内容のセミナーで、

 それだけでもこれからのトレードで十分価値はあるものでした。

◆せっかくなので、ちょっとだけ分かち合い。

 「トレードの世界で儲けるために絶対に必要な3要素」

  ●売買ルールの確立

  ●資金管理

  ●メンタルコントロール

 この3つが有機的に絡みあわないと、継続的に儲けることは難しいようです。

 ちなみに、私は「投資」と「トレード」の違いすらわかっていなかったため、

 そこから既に学びの場でした(笑)。

 いくつか有効なルールも教えてもらったので、

 月曜日からのトレードに活かしていきます♪

◆さて、昨日はこれからの時代を生き残るヒントとして、

 自分が持っておいた方がよい収入の考え方をお伝えしました。

 複数の収入源を持ったとしても、どれも片手間でやるということではないので、

 そこは勘違いしないでくださいね。

 それでは今日は、「支出」についてお伝えしていきます♪

◆はじめに、少し想像してみてください。

 AさんとBさんがいます。

 Aさんは、月収100万円を稼いでいます。

 Bさんは、月収20万円を稼いでいます。

 しかし、Aさんの方がいつも生活は苦しいです。

 なぜでしょうか?

◆色々な答え方があると思いますが、

 単純な答えの1つとして、

 「Aさんは月に100万円以上使ってしまうから。」

 というものがあります。

 これはAさんの月収が、200万円になろうが、300万円になろうが、

 使う額がそれ以上に多ければ、Aさんの生活は安定しない単純な理由です。

◆月に100万円以上稼いでいる人に何人かお会いしたことがありますが、

 「収入が増えると、支出もそれなりに増えるので、

 月収100万円くらいじゃ全然足りない。」

 という風に、どなたも話していたように覚えています☆

◆私は、お金の成績を決めるにあたり、

 「収入」を増やすことももちろん大切ですが、

 それと同じくらい、いやそれ以上に大切なのが、

 「支出」を抑えることだと考えています。

◆収入が20万円だったら、20万円の支出、

 収入が50万円だったら、50万円の支出、

 収入が100万円だったら、100万円の支出、

 「収入」が増えても、「支出」が同じように増えてしまうのであれば、

 いたちごっこに過ぎません。

 全然意味がないですよね。

 ですから、ご自身の支出を振り返ってみるプロセスは、とても大切です!

◆『キャッシュフロー = 収入 - 支出』

 です。

 このキャッシュフローを、毎月プラスにキープしておくことが、

 お金の管理をしていくうえでは、何よりも大切なことなのです☆

 まずは、それをしっかり頭に叩き込んでください。

 これは私だけが言っていることではなく、

 たくさんの成功者の書かれた本に書いてあることです。

 ご自身のキャッシュフローは、プラスですか?

 それとも、マイナスですか?

◆現時点では残念ながら

 マイナスになってしまっている方でもご安心ください。

 ちょっとしたポイントを改善するだけでも、

 ずいぶんキャッシュフローは改善することができます。

 私も社会人になった当初は、

 マイナスとプラスを行ったり来たりしていたものです。

 今では、マイナスになることは滅多になくなりました☆

 その方法は・・・・・明日に譲ります。

◆今日は、これからの時代を生き残るヒントとして、

 「収入以上に支出のコントロールが大切」ということをお伝えしました。

 明日は具体的に支出をコントロールする方法をお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

☆あなたの一輪車は安定していますか!?☆

◆前回の更新で体調回復したような、のん気な書きぶりをしてしまいましたが、

 全然回復しきれてませんでした・・・・・。

 結局、会社に行ったものの、昼食後吐き気をもよおし帰宅。

 昨日も会社を休みました。

 「今年のGWはカレンダー通りだねぇ。」なんて言っていた私でしたが、

 私一人だけ9連休を取ってしまいました(うち半日だけ会社)☆

 油断は禁物ですね。

 ウィルスか細菌かの判断はつかないのですが、

 何かが胃腸に侵入したのは間違いないようです。

 2日で3.5キロ痩せちゃいました・・・。

◆ただ、昨日の夜は今日から香港に旅立つ

 大学時代の連れが東京に来ていたので、

 ちょっとだけ顔見せに行きました。

 香港で日本人向けの某予備校の講師をするとかで、

 最低でも2年間は香港勤務なようです。

 海外旅行に行くきっかけがなかなかないので、

 今度は香港かなと、秘かに決めてきました。

 あ~っ、海外旅行に行きたいなっ!!!

◆さて、前回はこれからの時代を生き残るヒントとして、

 「収入源を増やすこと」をお伝えしました。

 日本人の気質なのかもしれないですが、たくさんの仕事をかけ持つことを

 先入観からダメだと思われる方もいるようです。

 このブログは決して私の意見を押しつけたいわけではありませんので、

 参考までに読んでいただければ幸いです。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆「収入源を増やす」と聞いて、どんなことを思い浮かべるでしょうか?

 どうすればご自身の収入減が増えそうでしょうか?

 考えたことはありますか??

 ・

 私は常に考えています☆

 世の中には星の数ほど収入を得られる道があるはずですから、

 ‘じゃぁ、今の自分にも可能性が残されていて、かつ、

  自分の時間を使ってもいいと思える手段って何だろう?’

 そんな風にいつも自問自答しています。

◆例えば、イチロー選手や松井選手が何億という収入を1年間でもらっているから、

 「自分もプロ野球選手になって、大リーグで活躍しよう!」

 なんて収入源を想像してみたとしても、それには無理があります。

 プロ野球選手は、小さな頃から野球に全力を注ぎ、

 その潜在能力と努力の積み重ねにより、プロになることができているのです。

 その中でもごく一握りの優秀な選手が、大リーグで活躍しているのですから、

 普通のサラリーマンである私が、そのような収入を得ることを考えるのであれば、

 他の手段を探した方が、時間のロスを避けらるというものです☆

◆今の生活を考えると、サラリーマンをバッサリ辞めて何かをするということも、

 サラリーマン収入という1つの収入源を減らすことになりますので、

 「収入源を増やすこと」にはつながりません。

 したがって、サラリーマンとして働きながら、

 できる収入源を探していくことになります。

◆あんまり長々と書いていると、

 「前置きはいいから、あんたは具体的に何してるの?」

 と思われる方もいらっしゃるかと思いますので(私もそう思うタイプです(笑))、

 私が現在、安定した収入源にしようと取り組んでいるものを、

 参考にご紹介しておきます♪

 私の場合は、

  ●不動産投資

  ●株式投資

  ●ビジネスプログラムへの参加

  ●インターネットビジネスへの参加

 です。

 他にも、「特許の取得」や「ベンチャー起業」なども考えているのですが、

 動き出すには至っていません。

 自分の生活にプラスアルファとなる収入源はきっとあるはずです!

◆ハッキリ言って、まだどの収入源もこのようなブログで

 大見栄きって発表できるほど、成果が出ているものではありません。

 しかし、

 「まずは行動から。」

 というのが最近のポリシーなので、直感で動き始めています。

 (もちろんそれなりの情報を吸収していっていますが)

 今日も茅場町である株式投資セミナーに参加してきます!

 今までは本やサイトでしか学んでいなかったので、

 一度本格的に話を聞ける場に参加してみたかったのです♪

 もちろん万単位の参加料はかかりますが、対価の先払いですね。

 勉強してきます。

◆今後このような収入源で、拡大していきそうなものや

 成果が出そうなものがあれば、随時ご報告していきます。

 報告が多くできれば、私も物心ともに豊かになっているはずですから☆

◆少し想像してみてください。

 あなたは一輪車に乗っています。

 長い時間練習した結果、一輪車に乗れるようになっているのです。

 しかし、ある時強い横風が吹いてきました。

 あなたの体勢はとても不安定なものになっています。

 ・

 ふと横を見ると、あなたの横では友達が自転車に乗っています。

 一輪車よりはだいぶ安定しているように見えます。

 ・

 そのまた横を見ると、他の友達がサイドカー付きのバイクに乗っています。

 強い横風にもへっちゃらな感じに見えます。

 ・

 さらに横を見ると、別の友達が車に乗っています。

 強い横風が吹いていることにも気づいていないかもしれません。

 あなたの一輪車は、どれくらい安定していますか??

◆どんな収入源でもいいというわけではないはずです。

 ただ、自分の近くに自分の乗り物に付けられそうな車輪があるのであれば、

 無理に一輪車で走らなくてもよいのかもしれません。

 車輪が増えていくと、自分自身も安定しますし、

 自分以外の人も乗せることができますよね♪

 自分に合った車輪を見つけてみませんか??

◆今日はこれからの時代を生き残るヒントとして、

 増やすことのできる収入源の考え方をお伝えしました。

 明日は「支出」についてお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

☆戦後を生きますか、これからの時代を生きますか?☆

◆GW明け、一発目の更新となってしまいました。

 というのも・・・・・GW後半に、原因不明の嘔吐・下痢に見舞われ、

 会社を休む事態に陥りました。

 まぁ、固形物を全く受け付けない状況だったので、

 仕方ないと言えば仕方ない状況だったのですが・・・。

 ハッキリ言って、めちゃくちゃしんどかったです!

 病気をして、初めて健康のありがたみを知るんですよね。

 もっと自分の体をいたわろうと決めたGWでした。

◆そんな流れだからというわけではないのですが、

 最近衝撃的な本を読んでしまいました。

 ベストセラーにもなっている本なので、ご存知の方も多いと思います。

 【今日の一冊:『病気にならない生き方』(新谷弘実)】

 ⇒ 病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-

 私達が持っている常識を、かなり打ち砕いてくれる内容ばかりでした。

 しかも、ご自身が経験した30万例以上の症例を基にしているので、

 その信憑性はかなりのものとうかがえます。

 一部内容を紹介すると、

  ●胃薬を飲めば飲むほど胃が悪くなる

  ●ヨーグルト常食者の腸相は悪い

  ●マーガリンほど体に悪い油はない

  ●市販の牛乳は「錆びた油」とも言える

  ●人間より体温の高い動物の肉は血を汚す

  ●白米は死んだ食べ物である

  ●運動の「しすぎ」は百害あって一利なし

  ●便通が良くなる画期的な方法

 などなど、興味のある方は一読必須の本です♪

◆さて、前回はこれからの時代を生き残るヒントとして、

 「お金の成績」についてお伝えしました。

 一度じっくり、ご自身の現在の収支を眺めてみることは、

 とても価値のあることだと思いますよ。

 それでは今日は、その中の1つの要素である「収入」について

 お伝えしていきます♪

◆「収入」と聞くと、なんだかひどくシビアな話のように聞こえてしまうので、

 ごくシンプルにお伝えしていこうと考えています。

 ここでお伝えしたいのは、今までお伝えしてきたこと同様に、

 時代が変わっている中で、どんな風に収入自体も変化しているのかです☆

◆今までお伝えしてきたとおり、戦後の教育では勤勉な従業員を

 育成する教育が行われてきました。

 「お金の教育」が今も積極的に取り入れられていない日本では、

 それは今もなお傾向として残っているかもしれません。

 学校を卒業し、従業員として社会に出た場合、

 会社から「給与」という形でお金を手にします。

 従業員にとっては、それが唯一の収入というわけです。

◆「年功序列」、「終身雇用」が生きていた時代には、

 給与をもらうだけで収入は十分だったとも言えます。

 しかしながら、「能力給制度の導入」や「早期退職という名のリストラ」が

 はびこっている現在においてはどうでしょうか?

 戦後のような単純な右肩上がりの給与を期待できるでしょうか??

 私としては、はなはだ疑問を感じざるをえません。

 今もなおそれが期待できるのは、ほんのごく一部に限られている気がします。

◆ガソリンや食べ物の値段がそうであるように、今後インフレにより

 物価はどんどん上昇していくでしょう。

 高齢化社会が進むにつれ、年金の負担は増え、

 私達に返ってくる年金はかなり先の話でごく限られた額になるでしょう。

 医療費負担が増え、アメリカで保険制度が破綻したように、

 日本もいつ3割負担が4割・5割負担、はたまた破綻するかわかりません。

 では、このようなこれからの時代を見た上で、

 私達普通のサラリーマンはこれからどうしていけばよいのでしょうか?

◆その答えは、私はごくシンプルなものだと考えています。

 それは、

 『収入源を増やすこと』

 です。

 サラリーマン収入以外の収入を得ていくのです☆

◆「今より高い給与がもらえる会社に転職すればいいじゃないか?」

 という意見もあるかと思います。

 確かに、うまく転職等ができれば、今よりも高い収入が手に入る可能性も

 ありますが、それには高いリスクも伴います。

 転職先でうまくやっていけるかどうかは、転職した後でないとわかりません。

 うまくいかなければ、元に戻ることはできませんので、

 今確保している収入すら危うくなります。

◆「サラリーマンとして働きながら、副収入を得るのはまずいのでは?」

 という方もいらっしゃると思います。

 確かに、最もだとは思いますが、いくつも会社を立ち上げている方は、

 いくつもの会社から収入を得ていますよね?

 大手会社の役員などは、他の外部組織から収入をもらったりしていますよね?

 サラリーマンしながらでも、本や作品を作って、

 印税収入を得ている方はごまんといます。

 サラリーマンをしながら、親の不動産を賃貸して、

 不動産収入を得ている人を、私は何人も知っています。

 サラリーマンは遊びで、農業所得がメインな方もいるくらいです。

 その方たちと私達の違いは何でしょうか?

 私は自分の身は自分で守るべきだと考えています☆

◆今日はこれからの時代を生き残るヒントととして、

 『収入源を増やすこと』をお伝えしました。

 明日は収入源を増やすための、具体的な方法をお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆あなたの「お金」の成績は?☆

◆カレンダー通りに働いている私にとっては、昨日からGWです☆

 とは言っても、4連休なので、そんなに大型連休という気はしませんが。

 GWの予定は、これといった遠出というわけではなく、

 今日は地元に帰って、中学時代からの連れと飲んでこようと思っています。

 いつでもというわけではないですが、東京に戻って来て、

 そういう気のおけない連れ周りと頻繁に会える時間は非常に有意義なものです。

 なぜなら自分の今思っていることを素直に吐き出し、

 彼ら(同年代)の考えていることをありのまま受け止められるのは、

 自分にとって必要な時間だと思いますし、すごく貴重なものです。

 そこまで大それたことは思っていないかもしれませんが、

 とにかく楽しんできます♪

◆さて、昨日はこれからの時代を生き残っていくヒントとして、

 「なぜ私達はお金について知らないのか」ということをお伝えしました。

 それでは今日も引き続きお伝えしていきます。

 私が気づいた衝撃を、少しでもお伝えできたらなぁと考えています♪

◆私達は、「お金」について詳しくありません。

 その理由は簡単です。

 教えられていないから、知らないだけなのです。

 学校で学ぶ機会も少なければ、

 親も教えられていないので、教えてもらうこともできない。

 よって、お金について詳しいのは、大学で専門的な勉強をした方か、

 代々商売をされている家系の方に限られています。

 しかも、いまだにお金の勉強ということになれば、

 MBA等が代表格となり、日本では残念ながら、

 まだこれに値するものはないのではないでしょうか。

◆一般的な教育の中では、私達はこのように言われてきました。

 「よく勉強し、よい学校に行って、よい企業に就職して働くことが、

  一番正しい道なんだ。」と。

 学校からも、親からもそのように言われてきた私達は、

 当然のごとくそのような進路が一番正しいものと思い込みます。

 そしてその通りの道を目指すわけです。

 何か思い当たるふしはありませんか(笑)??

◆今考えると、そのような道が一概に正しいとは限らないことは、

 比較的知られることとなっています。

 松下幸之助さんや、斎藤一人さんが、高校ましてや中学すらも

 卒業していないことを考えれば、社会での成功と、

 学校教育の目指すべきものにズレがあることがよくわかります☆

◆そこで、私達が学んでおくべきお金についての知識とは何でしょうか?

 その性格的なものは、以前に書いたことがありますので、

 参考にしていただければと思います。

 ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_8a0e.html

   http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_48e3.html

 ・

 では、今回私がお伝えしようとしていることは、

 「今のご自身のお金の成績で大丈夫ですか?」

 という確認の意味にもなるかと思います。

 お金の成績は学校のテストのように計ることはできないですし、

 ご自身の生活設計があるはずですので、

 いくらあったらよいということもありません。

 ただ、唯一の判断材料となるのは、

 「実際にいくらお金が入ってきて(収入)、いくら出ていっているのか(支出)」

 ということです☆

 一般的に、これを 『キャッシュフロー』 と呼んでいます。

 聞いたことがある方もたくさんいらっしゃいますよね。

 これが私達の「お金の成績」です。

◆ただ単に収入が多くても、それ以上に支出をしてしまっていれば、

 お金の成績はマイナスです。

 (そんな生活はそんなに続けられるものではないですが・・・)

 一方、収入がそんなに多くなくても、支出が少なければ、

 お金の成績はプラスです。

 ということで、お金の成績には、『収入』 と 『支出』 の

 2つのバランスが非常に重要になってくるというわけです。

 どうですか、ご自身のお金の成績は??

◆今日はこれからの時代を生き残るヒントのお金の部分について、

 『お金の成績』 についてお伝えしました。

 明日は「収入」の部分についてお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

☆これからの厳しい時代を経済的に生き残るヒント☆

◆毎日、通勤途中で小学校の近くを通ります。

 ちょうど通学時間と重なるのか、たくさんの小学生とすれ違います。

 昨日はすれ違った小学生の中に、

 「おはようございます!」

 と、全然顔見知りではない私に気持ちよい挨拶をしてくれた小学生がいました。

 すごく新鮮な体験で、思わずハッとさせられました。

 ‘挨拶くらい知らない人にもできて当然なのに、それすらできてないのかも’

 と思ったりしました。

 小さい頃は当たり前に近所の人には挨拶できていたはずなんですけどね・・。

 その小学生のおかげで気持ち良い一日のスタートがきれましたし、

 次は私も誰かに挨拶をリレーできたらよいなぁと考えています♪

◆最近、読んだ本の中で、私と同じような考え方をしている本に

 出会うことができました。

 その方は株式投資をメインにやられている方ですが、

 考え方が非常に近いものがあります。

 更新200回を超えたこともあり、その方の本の題名から

 サイト名にちょっぴり言葉を拝借しました☆

 【今日の一冊:副業はサラリーマン(石川臨太郎)】

 ⇒ 副業はサラリーマン-年収3000万円、資産1億円超を実現した私の投資法

 これからも引き続き色々な分野の学びを深め、成長していきつつ、

 サラリーマン収入を副業化していきます♪

◆さて、昨日は成長をさまたげる要素となる言い訳をしないようにするために、

 「全ては自分が源」であるという意識づけを行っていくことをお伝えしました。

 自分の潜在意識に落とし込むには、それなりの時間が必要ですけどね。

 それでは今日は、違ったテーマでお伝えしていきます♪

◆今日から少しだけビジネス的なお話をお伝えしていこうと思います。

 現代は、激しい変化が刻一刻と怒っている時代です。

 過去100年の変化が、この10年・・・

 いや、5年くらいで起こるとも言われています。

 そのような現代社会で、生き残っていくヒントをお伝えできればと思います。

◆1970年代は、高度経済成長期の真っただ中で、

 日本という国全体が2桁成長を遂げている時代でした。

 私達20代から見れば、ちょうど父親、母親が社会人の若手として

 働いていた時代でしょうか。

 国の成長とともに、企業も成長し、もちろん労働者の給料も

 右肩上がりに上昇していった時代です☆

 年功序列制度が当たり前のように成り立ち、

 現在のようなリストラもなかったため、

 1つの企業で勤めあげることがステータスとなっていました。

 良い・悪いではなく、時代がそうだったのです。

◆その当時は、国としては企業で労働者として勤勉に働く労働者を

 たくさん育成したかったため、そのような学校教育が行われました。

 落ちこぼれを作らない教育だったのかもしれません。

 それじゃダメだって気づいてきたのは、そんなに昔じゃないですよね。

 私達もその教育を受けてきました☆

◆そのような教育方針の基では、国語・算数・理科・社会・英語の

 勉強は盛んに教えられていますが、全く教えられないものがあります。

 おそらく家庭でも教えれていないのではないでしょうか。

 なぜなら、親自身が知らないから。

 それは・・・

 『お金』

 です☆

 お金に関しての勉強が極端に欠如しているのです。

◆なぜお金に関して教えられていないのか?

 それは国や企業が求める労働者に、お金についての知識を

 持たせる必要はないと考えたからではないでしょうか。

 逆に知識を持たせてしまったら、扱いにくくなると・・・。

 ・

 現に、私もお金の知識がなかったために、

 大学を卒業して社会人になってからも、

 お金は会社から給料をもらうものだとばかり考えていました☆

 ひょんなことからそれに気付かない限りは、

 何の疑いもなく今もそう思い続けていたかもしれません。

 怖いですね・・・そう考えると。

◆では、お金に関する知識とは何でしょうか?

 きっと私達が知っておくべくものだと思います。

 それについては・・・・・明日に譲ります☆

◆今日は、これからの時代を生き残るヒントとして、

 「なぜ私達がお金についての知識を知らないのか」

 についてお伝えしました。

 明日も引き続きお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆世界は自分を中心に回ってる!?☆

◆実は今日で、200回目の更新となります。

 ・・・だからと言って何かあるわけでもないのですが、

 一応一区切りという気持ちです。

 8月の終わりから始めたので、約8ヶ月で200回。

 途中、パソコンが壊れたり、引っ越しがあったりして、

 思うように更新できない時もありましたが、

 ここまで続けてこれたのは、読んでいただける皆様のおかげです☆

 少しでも皆様にお役にたてる内容(ほとんどないと言われそうですが・・)や

 私の日々の行動や考え方を更新していきたいと思っていますので、

 これからも気が向いた時にのぞいてください!

◆先日、私の所属するグループの一部の発足式がありました。

 【今日のお店:Aoyama 酒・菜 おかず 溜池山王店】

 ⇒ http://r.gnavi.co.jp/g311200/

 ここ・・・なぜか飲み放題が時間無制限です。

 料理もかなり美味しいし、めちゃくちゃ使えるお店です☆

 赤坂近辺で、早くこういうお店を開拓していきたいなと思ってます。

 お酒が入るとさらに気が強くなるので、

 今回も隣の席にいた部長に絡んでいたみたいです(苦笑)。

 「元気があってよろしい!」で処理されたので、結果オーライですが。

 今度はグループ全体の新発式が待ってます♪

◆さて、昨日は成長をさまたげる要素の1つとして、

 「言い訳」をすることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆私達は、日々止まることなく成長していますが、

 その成長をさまたげる(遅くする)要素の1つとして、

 「言い訳」をしてしまうことがあります。

 言い訳をすると、自分ごとではなく、

 他人ごととしてものごとをとらえてしまうため、

 成長が鈍化してしまうのです。

 しかも、通常の場合、言い訳をしても、

 最終的な対応は自分に回ってくることが多々あるので、

 言い訳をする意味があまりないんですよね(笑)。

◆では、どうすれば言い訳をしないようになるのでしょうか?

 ある日突然、九州男児のように全く言い訳をしないように

 なるということはありませんので、そこは考え方を変えるというのが、

 最も近道なのではないかと考えています。

◆考え方はこのように意識づけしていきます。

 「全ては自分が源である」 と。

 自分に起こっている出来事は、全て自分が源泉となり、

 発信されたものだと考えるようにします☆

 実はこの考え方は、多くの成功法則でも示されているものです。

 人によっては、「雨が降っても自分のせい」ってところまで

 言う方もいますが、私は自分自身に起こる出来事だけで

 十分だと思っています。

◆例えば、自分が頼んでおいた商品発注が、

 頼んだAさんの失念により発注ができていなかったとします。

 ここで、普通であれば

 「いやそれは、Aさんに頼んでましたから、できているものと思ってました。」

 と言い訳してしまうのが普通のリアクションだと思います。

 ・

 ですが、ここで一呼吸整えて、

 ‘そういえば、Aさんにメモを渡していなかったなぁ。

  それに実際に発注したかどうかの事後確認をしてなかったわ。’

 と、自分にも何かこの事態を引き起こした要素はなかったかと考え、

 「そうですか、申し訳ありません。至急対応いたします!」

 と返事をするのでは、大きな違いがあります。

◆前者の場合は、Aさんに責任転嫁することにより、

 Aさんの尻ぬぐいをしているという前提なので、

 自分の成長が滞ってしまいます。

 しかしながら後者の場合は、自分自身がもう少し配慮すれば、工夫すれば、

 防げたのではないかという前提なので、

 次への改善点が見つかり、結果として自分自身が成長できるのです。

 致命的なミスにならない限りは、失敗は自分の成長の糧となります。

 むしろラッキーくらいに思えるようになりたいものです♪

◆変な言い方になるかもしれないですが、

 『地球は自分を中心に回ってるんだ』

 くらいに大きく考え、

 「自分に起こる出来事は自分が源になっている」

 という意識が根付けば、きっとあなたの成長速度は

 加速度的に伸びていくことでしょう☆

◆今日は言い訳をしない考え方として、

 「全ては自分が源である」 という意識を持つことをお伝えしました。

 考え方しだいで同じ出来事でも、180度結果は変わってきます。

 明日は、また違ったテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆あなたの成長をさまたげるものとは?☆

◆本当によく止まります。

 インターネットエクスプローラーの調子を損ねるらしく、

 ブログの更新途中で何回も止まりました。

 その日、その日で調子が変わるパソコンっていうのも珍しい・・・。

 ドキドキしながら、今日も書いてます☆

◆【今日の一冊:東京タワー(リリー・フランキー)】

 ⇒ 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

 もうむちゃくちゃ泣けました。

 自分でもビックリするくらいの号泣してました。

 すごいっすね、リリー・フランキー。

 ただもんじゃないなと思っていたものの、文章力に脱帽です!

 ドラマ化されたりもしましたが、読んでない方は本当に一読すべき作品です。

 秘かにもう1回読もうかなぁと思っています。

 心の洗浄ができました♪

◆前回は、仕事のゲーム性を高めるために、

 自分なりの宝箱を用意することをお伝えしました。

 私の場合、一月単位のクリアー目標を決めて、

 ウィニングイレブン(本当にゲームです)の最新作を宝箱にセットすると、

 がぜんモチベーションが高まります☆

 それでは今日は、違ったテーマでお伝えしていきます♪

◆皆様誰もが、日々生きている限り成長を続けています。

 老若男女問わず、全く成長が止まってしまっている人は、

 世の中にはいないのではないかと考えています。

 そう、それは樹木が年輪を重ねるように、

 日々深く深く私達の成長の軌跡も刻まれていっているはずなのです。

◆ただ、その成長のスピードには個人差があります。

 同じ社会人であったっとしても、

 日々若葉のように成長する方もいれば、

 苔のようなスピードで成長している方もいらっしゃるのが現実です。

 それは決して環境や仕事の問題ではありません。

 問題となるのは何でしょうか?

 ・

 大きく括ってしまえば、それは自分自身ですよね。

 自分の心の持ちよう、考え方、日々の行動が、

 自分自身の成長スピードを決めているに違いありません。

 その中でも、成長が早い方と遅い方の決定的な違いを、

 今日は1つお伝えしていきたいと思っています。

◆色々な本を読んでみたり、周りを見渡してみたりした中で、

 私達の成長をさまたげる要素があることに気付きました。

 この要素が習慣的になってしまっている方ほど、

 残念ながら、ご自身の成長速度を自ら遅めていると言わざるをえません。

 実にもったいないですよね☆

 その成長をさまたげる要素とは何でしょうか?

 ・

 私はそれを 『言い訳』 だと考えています。

 何か自分に出来事が起こった時に、

 言い訳をする方としない方とでは、成長が全く異なってきます。

◆例えば、自分の関わっている仕事にミスが見つかったとします。

 この時に、

 「でも、~」、「いやそれは、~」、「だって、~」

 という言葉が出てきてしまうと、

 他人や環境に責任転嫁する形になってしまいます。

 自分ごととしてとらえきれていないのです。

 思い当たるふしはありませんか?

 残念ながら、私はあります(苦笑)。

 ついつい言い訳をしてしまうのが、習慣的になっていたのです☆

 そのように受け止めた時は、次にまた同じような出来事で

 困ってしまうことになりがちでした。

 自分があまり成長できていないからですよね。

◆では、言い訳をしないためには、どうすればよいのでしょうか?

 この部分については、また明日お伝えしていきます。

◆今日は成長をさまたげる要素の1つとして、

 「言い訳」をすることをお伝えしました。

 自分が言い訳をしていると気づかないところに、

 この要素の手ごわい部分があります。

 明日も引き続きお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »