« ☆不思議と仕事が片付く方法☆ | トップページ | ☆知識を行動に結びつけるには?☆ »

☆「知ってる」という嘘☆

◆昨日は、研修会の講師として、再度午後は千葉に向かいました。

 途中であの「舞浜駅」(ディズニーリゾートがある駅)を通過するのですが、

 個人的にはそれだけでテンションが上がります(笑)。

 ディズニーリゾートについては、その徹底されたコンセプトが大好きで、

 私の中でテーマパークとしては別格になっています。

 だから、チラリと見えるだけでも心躍るものがあるのです。

◆夢リスト№38には

 「世界のディズニーリゾートを制覇する」

 がありますし、№83には

 「ディズニーリゾートの年間パスポートを買う、そして2か月に1回は行く」

 というものもあります☆

 (詳しくは「プロフィール」参照)

 20代後半になっても、あそこは夢の国です(笑)。

 ディズニーリゾートのコンセプトが垣間見える素敵な話は、

 たくさん聞いたことがあるのですが、またの機会にお伝えします。

 きっとあなたもディズニーリゾートが好きになるはずです♪

◆昨日のトレード報告。

 一昨日1008円(手数料等で自動で3円はプラスされることが判明)で

 買っていた[ベルク(9974)]が、1040円を超えたので売却を決定。

 1041円で売却。

 3300円の儲け。

 決算に株価が大きく変動される銘柄は避けようということで、

 既に決算が終わっている[ケーヨー(8168)]を585円で100株購入。

 現段階ではちょい下がってるかな。

 それとやや長期的なストックという形で、

 [アサヒ(2502)]を1880円で100株購入。

 1ヶ月~2ヶ月のストックを考えています。

 もちろんその間に100円値上がりしたら売却します♪

◆さて、昨日は「仕事の能率を上げる」というテーマで、

 優先順位をつけて仕事をすることをお伝えしました。

 これは仕事以外でも、日常生活においても、

 同じ考え方をすることができるので、非常に有効だと考えています☆

 それでは今日は、テーマを変えてお伝えしていきます♪

◆最初に1つ質問があります。

 「F1」というスポーツを知っていますか??

 ・

 「もちろん知っている。」

 や

 「そんなの当たり前でしょ。」

 と答える方が多いのではないでしょうか。

 では、そんな風にお答えになったあなたに再度質問です。

 それはどのレベルで知っているのですか?

 あなたはどのレベルで知っていれば、

 「知ってる」と答えてしまっているのでしょうか??

◆今からの質問に答えてみてください。

  ●「F1」の正式名称は何ですか?

  ●昨年度は誰がチャンピオンになりましたか?

  ●コースを何周回ればゴールでしょうか?

  ●最高速度はどれくらい出るのでしょうか?

  ●1チーム何人で戦っていますか?

 ・

 この質問に即答できた方は、

 本当に「F1」を知っている方に違いありません。

 しかし、ほとんどの方は、この質問には答えることができません。

 一番最初の質問では、「知ってる」と答えたはずなのに。

 これが私達の「知ってる」レベルなのかもしれません☆

 私もこの質問をされた時に、

 さも当然のように「F1」を「知ってる」と答えたにもかかわらず、

 続く質問には1つも答えられませんでした(苦笑)。

◆この中から何か感じるものはありませんか?

 私は自分の中にある「知ってる」レベルの低さに驚きました。

 私の「知ってる」は、「聞いたことがある」レベルだったのです。

 中身を全然知らないのにもかかわらず、

 聞いたことがあるから「知ってる」と答えているんですね。

◆これは仕事や日常生活にも同じことが言えると考えられます。

 仕事をしている中で

 「お前、この申込書って知ってる??」

 と聞かれた際に、

 「あぁ、知ってますよ。ただ、書き方とかはわかんないですけど・・・。」

 と答えている自分がいたりします。

 ・

 本を読んでいても、

 ‘あぁ、この内容は知ってるなぁ’

 と自分で勝手に判断し、流し読みをしている場合があります。

◆でも、このレベルの「知ってる」で本当によいのでしょうか?

 自分の中で「知ってる」という判断をしてしまったものに対しては、

 それ以上に学ぶことがなくなってしまいます。

 ・

 例えば、新入社員として入った職員に、

 「この商品知ってる?」

 と聞けば、まずほとんどの職員が

 「いえ、知りません。」

 と答えるでしょう。

 その「知らない」という判断から、

 その商品に関する知識を学んで、吸収していくわけです。

 ところが、少し仕事に慣れた頃になると、

 ちょっと名前を聞いたことがあると、

 「知ってる」と答えるようになる傾向があります。

 心当たりはありませんか??

◆では、どうすればよいのか?

 その部分については、明日お伝えしていきます。

◆今日は、「自分の壁を打ち破る」というテーマで、

 自分の「知ってる」レベルを知ることをお伝えしました。

 明日も引き続きお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

|

« ☆不思議と仕事が片付く方法☆ | トップページ | ☆知識を行動に結びつけるには?☆ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/20978114

この記事へのトラックバック一覧です: ☆「知ってる」という嘘☆:

« ☆不思議と仕事が片付く方法☆ | トップページ | ☆知識を行動に結びつけるには?☆ »