« ☆スピーチが上手くなる3つのコツ☆ | トップページ | ☆あなたはアイドルではない(笑)☆ »

☆お笑いとスピーチは最初が肝心☆

◆昨日は研修会最終日ということで、講師ではなく、

 受講生として一日過ごしてきました。

 他の方の講師っぷりも参考になりますし、

 純粋に知らないことがたくさんあるので、

 集中力を切らさず受講できたような気がします。

 内容を理解できたかどうかは別の話ですが・・・・・(泣)。

◆最近、自分の中で面白いなぁと思うのは、

 自分の利用するお店、サービス、商品などが、

 結局のところどこの会社のものなんだろうと思って、

 調べてみることです☆

 何のためかと言えば、株式トレードにつながるのですが、

 短いスパンではわかりませんが、自分が好んで多く利用するようなものは、

 長期的に見たら多くの人が同じように利用するんだろうなと。

 その結果、長期的に見れば株価も右肩上がりで、

 上昇していくのではないかと。

 まだ、自分の中で漠然と思っているだけなので、

 検証はできていませんが、やってること自体は面白いです!

 「てんや」を運営しているのは、「テンコーポレーション」という

 洒落た名前の会社であることも、つい最近発見しました(笑)。

◆さて、前回は「スピーチが上手くなるコツ」というテーマで、

 3つのコツをお伝えすることをお約束いたしました。

 1つ目は「上手く話そうとしない」ということでしたが、

 多少補足いたします。

 「自然体で話せばよい」という表現を使いましたが、

 ‘その自然体ってのが難しいんだよ!’という突っ込みをいただいても

 ごく当たり前だなぁと思いましたので。

 要するにコツとしては、前の方に座っている方で、

 直感的に話しやすそうだなぁと思った方に目星をつけ、

 その人に普通に話しかけるようにすればよいだけのことです。

 自然に日常的な会話のように話せばよいということをお伝えしたかったのです。

 何となく伝わりましたかねぇ??

 それでは今日は、残りのコツをお伝えいたします♪

◆1つ目のコツをお伝えしましたので、次は2つ目のコツですね。

 このコツも、1度自分の中で決め事さえ作ってしまえば、

 後は何も難しいことはありません。

 この決め事を作ってからは、反応を見るのが楽しくなりました☆

 性格でしょうか・・・?

 いえいえ、そんなことはありません。

 多くの成功されている講師やスピーカーは、

 ほぼ例外なくこのような決め事を、

 意識的か無意識的かはわかりませんが、実践されています。

 したがって、そういった意味で効果は実証済みと言えます。

◆では、2つ目のコツをお伝えします。

 2つ目のコツは、

 「最初の1分で興味をひく」

 ことです。

 これはどういうことかというと、

 まずは自分のスピーチに注目を集めることに集中するということです。

 なぜなら、よほど注目されている講演や、人気のセミナー等でなければ、

 スピーチの最初は注目されません。

 まして、仕事上での説明やプレゼンであればなおさらです。

 聴衆はあなたのスピーチを聞く体制ができていません。

◆そして、いくら素晴らしいスピーチをしても、

 注目して聞いてもらえなければ、聴衆の印象に残ることはありません。

 スピーチの内容よりも、まずはその大前提を崩すことが目的となります。

◆興味をひけるのであれば、何をしてもかまいません。

 私の場合であれば、真面目な内容に入る前ほど、

 少し聴衆を笑わせようと考えます。

 ギャップによって、注目を集められるからです。

 ・

 たとえば、こんな入り方をします☆

 「はじめまして、たかはしいさおと申します。

 まずは、簡単な自己紹介から入らせていただきます。

 19xx年12月10日生まれ、射手座のxx歳です。

 血液型はO型、動物占いはチーターです。

 あれっ・・・今のところ重要ですけど、メモとらなくて大丈夫ですか?

 もう1回言いましょうか??」

 なんてパターンを使います。

◆大体の場合は、

 ‘こいつ何言ってんだ’

 という目で見られることがありますが、それでいいんです。

 そういう風に注目されているわけですから。

 ほんのちょっとでもいいので、

 「この人は、この先どんなこと話すんだろう?」

 と思ってもらえたら、それで狙いどおりなのです☆

◆他に私がよく使うパターンとしては、簡単な頭の体操や、

 ざわついた雰囲気であれば、あえて1分黙っているなんて方法もあります。

 自分がやりやすいやり方で、定型パターンを作ってしまえばよいのです。

◆考え方としては、お笑いと似ているのかもしれません。

 お笑いの世界では、「ツカミ」 というものを重要視します。

 たとえば、

  ●「小木です、矢作です。おぎやはぎですけど何か?」

  ●「麒麟です。」(低音で)

  ●「キングコングで~す・・・・イエィ、イエィ!」

  ●「サンドウィッチマンです。名前だけでも覚えて帰ってください。」

  ●「ルネッサーンス!!」(←髭男爵です)

 漫才の最初にこんなフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか?

 これがツカミと呼ばれるものです。

 お笑いの世界では、ツカミ ⇒ 本題と流れるのが定石です☆

 これでお客さんの気持ちをグッと引き寄せているのです。

 お客さんがうまくお笑いモードに入るための配慮とも言えます。

◆こんな風にお笑いもスピーチも最初が肝心なのです。

 さすがにスピーチでツカミというのもおかしいので、

 最長でも1分くらいで場を作ることを意識してみるとよいですよ。

 最後に3つ目のコツですが・・・・これは明日にいたします。

◆今日は「スピーチがうまくなるコツ」の2つ目のコツとして、

 最初の1分で興味をひくことをお伝えしました。

 どんな興味のひき方があるか、考えてみるのも面白いですよ!

 明日はいよいよ3つ目のコツをお伝えいたします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆もしお時間があるようでしたら(10秒もかかりませんので)、

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、より多くの皆様に興味を持っていただけることに、

 心から感謝いたします。

|

« ☆スピーチが上手くなる3つのコツ☆ | トップページ | ☆あなたはアイドルではない(笑)☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/21129757

この記事へのトラックバック一覧です: ☆お笑いとスピーチは最初が肝心☆:

» おすすめのエステ痩身東京情報を案内/ビューティーきれいナビ [エステ痩身東京についてのオススメ情報です]
!!エステ痩身東京ならここにある☆ [続きを読む]

受信: 2008年5月24日 (土) 17時04分

« ☆スピーチが上手くなる3つのコツ☆ | トップページ | ☆あなたはアイドルではない(笑)☆ »