« ☆バランス感覚の誤解がとければ、一段上のステージへ!☆ | トップページ | ☆経営者の頭の中☆ »

☆監督しますか?プレイヤーしますか?☆

まずはポチッと運気上昇!←ツキたい人はまず押しちゃう!☆

◆たまに

 ‘無性に美味しいものが食べたい!’

 と止まらなくなり、実現させてしまいます☆

 自分へのご褒美も兼ねてます!

 今回は、諸事情で補助がもらえるお店で、

 しかも普段はあまり行かないようなちょいリッチなお店に決めました。

 【今日のお店:中国料理 天壇】

 ⇒ http://r.gnavi.co.jp/a600400/

 ってことで、中華料理です。

◆実は、恥ずかしながら、

 「フカヒレ」や「北京ダック」ってまともに食べたことありません。

 う~ん、この28年の食生活が思いやられます(泣)。

 ってことで、何事も経験ということで、

 フカヒレ・北京ダックを食べるために食べ放題コースを選択。

 意気揚々とお店に入りました。

◆予約をしていたせいか、店内ではスムーズな接客をしていただき、

 ちょっとハイソな気分になりました。

 早速最初のオーダーからフカヒレと北京ダックをオーダー(笑)。

 ‘普段食べ慣れてないんだろうなぁ。’

 と店員さんに思われたかもしれませんが、おかまいなし。

 やってきました、フカヒレスープ。

 ‘んっ、どれがフカヒレ!?’

 って状態でした・・・。

 なんか色々な食材と渾然一体になってしまい、フカヒレがほぼ判別不可。

 料理自体は美味しいのですが、

 姿煮をイメージしていた私はちょっとガッカリ。

◆次に北京ダックも登場!

 これはなんだかそれっぽい。

 ただ、エビせんの上にのっかっていて、これも一緒に巻くのかどうかわからん。

 とりあえず最初はエビせんは巻かずに食す☆

 確かに美味しいけど、いわゆる鳥皮を厚くした感じ。

 タレは独特かなぁと思いましたが、そんなに感動もなく。

 一番おいしかったのは、「ショーロンポー」でした。

 貴重さと美味しさは、思ったよりも比例しないものですね♪

◆さて、昨日は「真のバランス感覚を持つ」というテーマで、

 一般的なバランス感覚と経営者のバランス感覚の違いをお伝えしました。

 今日も引き続きお伝えしていきます♪

◆引き続き「株式会社オネスティ」の望月代表からお聞きした、

 バランス感覚についてお伝えしていくことにいたします。

 私は決して経営者だけに必要なものではないと思いますので、

 何かしら皆様のヒントになるのではないかと考えています☆

◆一般的に「バランス感覚」は大切との認識はあるようです。

 例えば、

 「彼はバランス感覚に優れている。」

 という表現は、けっこう評価の高いほめ言葉だったりします。

 私もバランス感覚を養うことは、非常に大切だと思います。

 社会人に限らず、学生であっても、主婦であってもそれは変わりません。

◆一般的に言うバランス感覚は、幅広い視野で物事をとらえ、

 中間地点に立ったり、両者の融合をしたりするためのものです☆

 一般的なバランス感覚が不要というわけではなく、

 もちろんそれも必要です。

 ・

 例えば、サッカーでも、

 攻撃中心のFWと守備中心のDFと呼ばれるポジションがあります。

 チーム全員がFWでもDFでも、試合には勝てません。

 そのバランスを考えるのが、監督です。

 日本代表で言えば、岡ちゃんこと岡田武史監督です。

 FWとDFと、それぞれの役割やよさを踏まえたうえで、

 バランスよく配置していくのです。

 これが一般的に言うバランス感覚に近いものだと思います。

 サッカーでは試合を決めるとも考えられるとても重要な要素です!

◆一方で、サッカーにおいては、常にバランスを

 考えなければならない人がもう1人存在します。

 それは誰だと思いますか?

 ・

 それはMFと言われるポジションです。

 DFとFWの中間に入り、どちらの役割もこなしていく

 バランス感覚が必要とされるポジションです。

 特に「ボランチ」と呼ばれるポジションは、

 舵取り役とも言われていて、最も重要なポジションの1つと言われています。

 日本代表で言えば、遠藤選手や長谷部選手や鈴木選手や稲本選手が、

 その代表的な選手です♪

 ・

 MFの選手は、攻撃だけでも守備だけでも役割は務まりません。

 両方をバランスよくこなさなければならないわけです☆

 それを判断するのは誰か?

 それは他ならぬ自分自身です!

 自分で判断し、攻撃が必要であれば攻撃を、

 守備が必要であれば守備をします。

 これって経営者のバランス感覚に近くないですか?

 試合に勝つために、中間に立つのではなく、

 常にどちらかのポジションに立って行動していく。

 試合を動かすのは、監督ではなくプレイヤーなのです♪

◆私達は、生きている限りプレイヤーです!

 フィールドに立って、走り続けているのです。

 そうであるならば、

 【今何が必要なのかを考え、

 自分で判断し、自分の行動を決定していく。】

 そんなMF的感覚が大切なのではないでしょうか。

 これは経営者に限らず、必要なバランス感覚だと私は思いました☆

 ・

 時には、2列目から飛び出して、ゴールを決めちゃいましょう!

 (サッカーが全くわからなかった方は、すいません。)

◆今日は「真のバランス感覚を持つ」というテーマで、

 サッカーの監督とMFにたとえて、お伝えいたしました。

 バランス感覚とは異なりますが、明日は望月代表からお聞きした

 こぼれ話をお伝えしていこうと思います。

 経営者はこうも深く考えているのかと痛感させられます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆

|

« ☆バランス感覚の誤解がとければ、一段上のステージへ!☆ | トップページ | ☆経営者の頭の中☆ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/22260826

この記事へのトラックバック一覧です: ☆監督しますか?プレイヤーしますか?☆:

« ☆バランス感覚の誤解がとければ、一段上のステージへ!☆ | トップページ | ☆経営者の頭の中☆ »