« ☆富士山登頂も靴選びから☆ | トップページ | ☆アライアンスの核とは?☆ »

☆個人が組織を動かす方法とは?☆

まずはポチッと運気上昇!←ツキたい人はまず押しちゃう!☆

◆昨日は当初からの予定通り、

 丸の内オアゾにて講演会を聞いてきました。

 講演者の方は、平野敦士カールさんという方で、

 あの『おサイフケータイ』の発案者として世界からも注目されている方です。

 ⇒ http://japan.cnet.com/member/u504673/profile/

◆昨日は、平野さんの初めての著書である

 『1の力を10倍にするアライアンス仕事術』

 の出版記念講演会&サイン会でした。

 【今日の1冊:1の力を10倍にするアライアンス仕事術】

1の力を10倍にする アライアンス仕事術 1の力を10倍にする アライアンス仕事術

著者:平野敦士カール
販売元:ゴマブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 6月2日に発売になったにもかかわらず、

 既に3刷も決定し、アマゾンで堂々の1位も獲得されています。

 噂ばかり先行の書籍とは異なり、

 中身も非常に充実しています☆

◆講演会の中身は後で触れることとし、

 講演会後にサインとわがままながら一言をいただいたのですが、

 「勇気」の一言をいただきました。

 ‘確かに、最後は勇気を持って行動できるかどうかなんだな。’

 とその一言を見て、感じました。

 平野さん自体は、とても気さくで笑顔が素敵な方でした。

 100人限定で、満員御礼だったのですが、

 私は1番前の席(ゴールデンシートと呼んでいます)に座り、

 ガン見してしまいました。

 私にとってとても貴重な講演会でした♪

◆さて、昨日は「芸能界で売れるステップに学ぶ成功哲学」というテーマで、

 具体的な目的からの逆算アプローチをお伝えいたしました。

 今日から新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆講演会に行って、頭が回転している間に、

 今回のテーマはお伝えできればと思っています。

 せっかくなので、

 「個人にもアライアンスの力を」

 というテーマでお伝えしていきます☆

◆まず、

 「アライアンスって、そもそも何?」

 という部分からお伝えします。

 かく言う私も、ほんの1ヶ月前には「アライアンス」という言葉を、

 口にしたことも、考えたことも一切ありませんでした。

 意味がわからなかったですから(笑)。

 ただ、縁あって今回平野さんの著書を読ませていただくことによって、

 その一端を理解することができました☆

 ・

 「アライアンス」とは、一言で言えば、

 「同盟」とか「連合」、ビジネス上では「企業間の提携やM&A」の意味合いで

 使われている言葉です。

 ‘う~ん・・・やっぱり普通の社会人には関係ないのでは?’

 と思いますよね。

 M&Aなぞ、一サラリーマンでは遠い異国の出来事のように感じますし(笑)。

 ただ、結論から言えば、

 【「アライアンス」は個人が組織を動かすために、非常に効果的な方法である】

 ということです。

 それを今日からお伝えしたいと考えています。

◆従業員が10人未満というような比較的小さな組織でもない限り、

 自分1人の考え・アイディアで組織を動かすことはできません。

 現に私も人事部門において、

 ‘こうすれば無駄なコストを削って、有効に使えるのに。’

 ‘こんな企画が実現できれば、職員が働きやすくなる。’

 と考えてはいるものの、比較的大きな組織のために、

 上司の考え方や他部署との関係により、

 なかなか実現するには至りません。

 これは、組織が大きくなればなるほど、

 顕著に現れてきます。

◆平野さんも、NTTドコモに入社してから4年間ずっと、

 「おサイフケータイ」を考えていたようです。

 ですが、ご存知のように携帯業界第1位のドコモにあって、

 社内での平野さんの提案は、実現不可能なものと見られていました。

 今となっては、世の中にこれだけ普及し、

 世界からも注目を浴びる「おサイフケータイ」ですが、

 当時はそんな扱いを受けていたんですね。

◆そこで平野さんが駆使した方法が

 「アライアンス」

 だったのです☆

 皆様にもないでしょうか、

 組織内でつぶされたり、なかなか実現できないアイディアが。

 そのような状況を打破するためのヒントになればと思い、

 今回のテーマを選ばせていただきました!

 明日からより詳しくお伝えしていきます♪

◆今日は、「個人にもアライアンスの力を」というテーマに、

 アライアンスが活躍する場面をお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆

|

« ☆富士山登頂も靴選びから☆ | トップページ | ☆アライアンスの核とは?☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/22507926

この記事へのトラックバック一覧です: ☆個人が組織を動かす方法とは?☆:

« ☆富士山登頂も靴選びから☆ | トップページ | ☆アライアンスの核とは?☆ »