« ☆相手に信頼してもらうには?(下手に身代金要求はしない)☆ | トップページ | ☆田原総一郎さんの武器とは?☆ »

☆表現はストレートに、行動は察して☆

まずはポチッと運気上昇!←応援してくれるあなたは今日もツイてる☆

◆東京に戻ってまいりました。

 3日ぶりの更新になります。

 3日も更新しないと、手が震える(笑)・・・・なんてことにはなりませんが、

 やはり‘あれも書こう’‘これも書こう’と思ってしまい、

 全てを思い出せるか、若干不安です☆

 でも、更新作業自体が新鮮に感じられますね♪

◆東京を離れた間に色々なかたにお会いしました。

 すごくお世話になったり、お互いに刺激を与えあえる方ばかりだったので、

 また心機一転、自分の状況を見つめることができる機会になりました。

 正直なところ、厳しい意見もいただきました。

 「もっと行動に!」

 そんな言葉が頭を巡りました☆

 2回目の雑誌取材を受けた、

 長年勤めていた会社の留意を振り切って辞めた、

 資格を取得するために虎視眈々と勉強、

 などなど、本当に良い刺激になります。

 自分も日々成長している姿を見せられるように、

 行動を形にしていきます!

◆【一昨日のEURO2008結果】

 ついにファイナルが行われました。

 ファイナルに進んだのは、ドイツとスペイン。

 ベスト4までとは異なり、優勝候補と言われた国同士の対決です☆

 ベスト4の顔ぶれをみた際に、やっぱりこの組み合わせを見たかった!

 序盤戦はお互いに様子を見ながらの展開。

 ドイツが積極的にプレッシャーをかけて、スペインに思うような

 パス回しをさせない展開が続きました。

 ただ、15分を過ぎたあたりから、徐々にスペインペースに。

 スペインの華麗なパスワークが機能し始めます。

 そして先制点は、やはりスペインに生まれました。

 F・トーレスがスピードを活かして、キーパーよりも一瞬早くボールに追いつく。

 ボールは無人のゴールへ。

 スペインはさらに勢いに乗り、ドイツゴールを攻め続ける。

 ドイツとしては堅守速攻をイメージしていたのでしょうが、

 ボールがなかなかつながらず、単調なロングボール仕掛けに。

 結果、ドイツ0-1スペインとなり、スペインが44年ぶりにEUROを制しました。

 いやぁ、今大会のスペインはオランダ同様に魅せるサッカー、

 かつ、勝てるサッカーを展開してました。

 豪華中盤と献身的なディフェンス、そしてここぞという時に仕事をするフォワード。

 すごく良いチームになってましたね。

 この大会はPK戦も少なく、非常に見ごたえのある試合ばかりでした。

 また、サッカーが好きになりました。

 4年後を楽しみにしています♪

◆さて、前回は「良質な関係を作る」というテーマで、

 自分が信頼されたければ、まずは相手を信頼することをお伝えしました。

 信頼関係の構築するのに、相手に求めるばかりでは得策とは言えません。

 「まずは自分から」、それが大切ですね。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆人間関係においてもビジネスにおいても、

 相手方と良質な関係を構築するためには、

 「信頼」を架け橋にすることが大切です。

 お互いに信頼するためには、まずは相手の話を聴いて、

 相手が何を考えているのか、何を求めているのかを知ります。

 そして、相手のことが信頼に足る状況であれば、

 まずは自分が相手を信頼してあげるようにする必要があります。

 ここまでが前回の流れでした。

◆では、この信頼は自分が想っているだけで十分なのでしょうか?

 いえ、確かに想うことは大切ですが、

 それだけでは相手に届かないことが多々あります☆

 ですので、相手に自分の信頼を届けるための手段が必要になります。

 その手段について、私が思うところをお伝えしていきます。

◆毎度のことながら、私の考えている方法は、

 ミラクル要素を全く含んでおりません。

 ごく当たり前と言えば、当り前の方法です。

 ただ、実際にできているか、できていないかと言えば、

 できている方の方が少ないのではないかと思います。

 なぜなら、気恥ずかしさとエゴがあるからです☆

 でも、それは誰しもが持っているものなので、

 意識さえすればなんとでもなります。

 参考にしていただければ幸いです♪

◆まず、行動の中でも【言葉にする】という部分の行動なのですが、

 「あなたを信頼しています(しようと思っています)。

 だから、私のことも信頼していください。」

 と伝えることです。

 ストレート過ぎますか??

 でも、これが伝えられれば、自分が相手のことを信頼していることも

 伝わりますし、自分も信頼してほしいことも伝わります。

 「YES」の答えがもらえれば、出方を窺う等の無駄な時間も省けますよね。

◆実際の場面では、

 「~ができる人って、私は信頼してるんですよ。だって私と同じですから。

 だから、そんな方とは仲良くなりたいと、いつも思ってるんですよね!」

 とか、

 「~と言われていたのは、まさしくその通りで、

 そのように言っていただける方と取引をしたいと考えています。

 私どもの理念も~ですから、お互いにとってプラスにしていきましょう!」

 などど、シチュエーションや自分のキャラクターに合った

 表現を使えば問題ないはずです。

 できるだけオブラートに包むのではなく、

 ストレートな表現の方が相手に伝わりやすいですけどね☆

◆次に、実際に【行動する】という部分の行動なのですが、

 「相手のしてほしい(望む)ことをして見せる。」

 ということになるのではないでしょうか?

 自分が

 ‘これをやったら相手は喜ぶに違いない’

 と確信していることであっても、相手がどう思うかはわかりません。

 もちろん喜んでもらえる場合もあるでしょうが、

 そうでない場合もあるはずなのです。

 相手の望むことは相手しかわかりません。

◆そうであるならば、最初の「聴く」というステップを繰り返し行い、

 相手がしてほしいことをしてあげるべきです。

 決して、大がかりなことでなくてもかまわないと思います。

 相手が自分の行動を見て、

 ‘うちのことをよく見て、こうしてくれているんだな。’

 ということが伝わればオッケーです!

 ストレートに表現した言葉の裏付けとなります。

 言葉だけでも弱いですし、行動だけでも弱いのです。

 両者がきちんと相手に届くことによって、

 相手もこちらの期待に応えたいという意識が働き、

 結果として、お互いに「信頼」をぶつけ合うことができるようになります♪

 ・

 【行動は「自分が」、対象は「相手が」】

 という目線を持つことが、良質な関係を作るのに大切だと考えています。

◆今日は「良質な関係を作る」というテーマで、

 言葉と行動で信頼をぶつけることをお伝えしました。

 より多くの方と良質な関係を築いていきましょう☆

 今日でこのテーマは一区切りとさせていただきます。

 明日からは、また別のテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆

|

« ☆相手に信頼してもらうには?(下手に身代金要求はしない)☆ | トップページ | ☆田原総一郎さんの武器とは?☆ »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/22000360

この記事へのトラックバック一覧です: ☆表現はストレートに、行動は察して☆:

« ☆相手に信頼してもらうには?(下手に身代金要求はしない)☆ | トップページ | ☆田原総一郎さんの武器とは?☆ »