« ☆勉強の神髄は人間力!☆ | トップページ | ☆自ら勇気を持って発信する!☆ »

☆誰かのサイズに合わせて自分を変えることはない☆

まずはポチッと運気上昇!←ツキたい人はまず押しちゃう!☆

◆月曜日の8時から放送の『あんどーなつ』というドラマを

 録画しておいて、昨日見ました☆

 【今日の話題の番組:あんどーなつ(TBS)】

 ⇒ http://www.tbs.co.jp/ando-natsu/

 なぜ、このドラマを見たのかというと、

 本当に先週はこのドラマのロケ現場に遭遇しまくりだったからです(笑)。

 週4で貫地谷しほりさんを見ました。

 スタッフの方と和気あいあい、

 あまり芸能人、芸能人してない感じが好印象でした♪

 笑顔がイイ!

 ファンの方であればうらやましい限りなんでしょうね、きっと。

◆舞台が浅草ということもあり、

 浅草寺でのロケが多いみたいです。

 通勤時間にちょうどロケ時間がかぶります。

 國村準さんもいましたが、やはり迫力がありました・・・。

 知っている場所が多く映るドラマは、多少興味がでてしまうものですね。

 (私がミーハーなだけという噂もありますが(笑))

 これからもきっと何度か遭遇すると思いますので、

 ドラマ応援していきますわ。

◆サッカーU-23代表、オリンピック直前となった強化試合は、

 雷雨により83分で途中試合終了となりました。

 (初めて雨で終わる試合を見ました)

 日本0-1アルゼンチン。

 まぁ、決定的なシーンがないこともなかったのですが、

 やはり強豪相手だと押されますね・・・。

 ただ、結果的にOA(オーバーエイジ)も使わず、

 徐々に地力をつけていった世代なので、

 なんとか本番では前回大会以上の結果(ベスト8以上)を

 目指してほしいものです!

 本番は8月7日から。

 ただ試合開始が・・・・17時半からとかなので、

 絶対に生で最初から観るの不可能なんですけど(泣)。

◆さて、昨日は「個人にもアライアンスの力を」というテーマで、

 アライアンスを活かした勉強術についてお伝えしました。

 誰にも負けない得意分野を作りましょう!

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日の題材も引き続きこの書籍です☆

 【今日の一冊:1の力を10倍にするアライアンス仕事術】

1の力を10倍にする アライアンス仕事術 1の力を10倍にする アライアンス仕事術

著者:平野敦士カール
販売元:ゴマブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 今日は項目としては最後になる、

 キャリアアップ術についてお伝えしていきます。

◆アライアンスに限った話ではないと思いますが、

 私達はすぐに周りと比較してしまう傾向があります。

 例えば、

 「○○さんが家を買ったみたいだよ。」

 と聞くと

 ‘自分はまだ買ってない・・・まずいかなぁ。’

 と思ってしまったり、

 「△△さんは、もう課長に昇進したんだって。」

 と聞くと、

 ‘自分がまだ昇進できてないのは、能力が低いからだろうか。’

 と考え込んでしまったり。

 比較の差はどうであれ、

 このような比較をしてしまった経験は誰しもあるはずです☆

 いわゆる、

 『隣の芝生は青い』

 ってやつです。

◆私自身も比較してもどうしようもないことと頭ではわかっているのに、

 ‘転勤先でずっと同じ部署だったことは、

 他の同期と比べて遅れたことにならないのか?’

 とか、

 ‘あの上司に当たったから、

 きっとあの年は評価が低かったに違いない。’

 などと、ふと考えてしまうことがあります。

 まだまだ悲しいくらいスケールが小さいんですよね、ホント☆

◆アライアンスを活かしたキャリアアップ術では、

 このような比較は意味がないと改めて教えてくれました。

 そのような比較をしてしまうのは、自分一人だけのことを考えて、

 仕事に取り組んでいるから起こるのです。

 もし、実現したい大きな目標に向かって、

 組織一丸となって取り組んでいけば、

 自分の評価なんてそんなに気にならなくなるはずです。

 自分一人の手柄にしてしまおうという意識が、

 私達を他人との比較に駆り立てているのです。

◆今、「チーム-6%」という国民的プロジェクトが動いています。

 ⇒ http://www.team-6.jp/

 名前は聞いたことがあるという方がほとんどではないでしょうか。

 ・

 仮にあと5年後にこのプロジェクトの成果が出て、

 二酸化炭素が6%削減されたとしましょう。

 このプロジェクトの核となっている方々が、

 「俺のおかげで地球から6%二酸化炭素が減ったんだ!

 俺が温暖化をストップしたんだ。」

 と果たして主張するでしょうか?

 私はそうは思いません。

 きっと、

 「このプロジェクトに賛同・協力していただいた1人1人の力により、

 -6%を達成することができました。

 本当にありがとうございます!」

 というに違いありません。

 これは、自分の評価うんぬんよりも、

 目標を達成すること(6%削減)に照準を当てているからです☆

◆誰かの評価で右往左往する必要はありません。

 どんなに偉い役員であっても、

 会社という組織から一歩出てしまえばただの人です(笑)。

 組織という後ろ盾がなければ、

 評価されない人間を目指す必要はこれっぽっちもありません

 【誰かが決めた枠組みの中ではなく、

     自分のモノサシは自分で決める】

 ことが大切なのではないでしょうか。

◆‘こんなことを実現したい!

 だってこれが実現すれば、これだけ多くの人に喜んでもらえるから。’

 そんな風に考えた時に、誰かに

 「そんなの無理だよ、辞めときな。

 だって、誰もやったことがないんだからさ。」

 と言われて、止まってしまうようでは意味がありません。

 それで止まらなかった人がいたから、

 電話も飛行機もテレビもおサイフケータイも生まれたのではないでしょうか。

 多くの人を巻き込んで動いていけたのではないでしょうか。

◆平野さんは、このように書かれています。

 【大切なのは、いま自分の中で作られている価値観は、

 本当に自分が望んでいることなのか、自分が行きたい方向はどこなのか、

 ということをきちんと振り返ってみることです。】

 他人から借りたモノサシではなく、

 自分の価値観は自分のモノサシではかっていきましょう♪

◆今日は、「個人にもアライアンスの力を」というテーマで、

 アライアンスを活かしたキャリアアップについてお伝えしました。

 ちなみに今日のタイトルは、

 私の好きなザ・ブルーハーツの『ロクデナシ』という曲から、

 ワンフレーズいただきました。

 ⇒ http://listen.jp/store/artword_1000653_24378.htm

 明日はこのテーマのまとめをお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆

|

« ☆勉強の神髄は人間力!☆ | トップページ | ☆自ら勇気を持って発信する!☆ »

スポーツ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/22648145

この記事へのトラックバック一覧です: ☆誰かのサイズに合わせて自分を変えることはない☆:

« ☆勉強の神髄は人間力!☆ | トップページ | ☆自ら勇気を持って発信する!☆ »