« ☆努力すること・・・・なぜ努力が必要か?☆ | トップページ | ☆教科書は5教科だけじゃないことに気づく!☆ »

☆努力の質☆

まずはポチッと運気上昇!←ツキたい人はまず押しちゃう!☆

◆昨日は、中学校からの友人と職場の近くで飲みました。

 私個人としては、こういうリーズナブルなお店で

 気兼ねなく飲めるのは好きです☆

 (というか、私が場所を指定しましたし・・・)

 【今日のお店:さくら水産 溜池山王店】

 ⇒ http://gourmet.yahoo.co.jp/0000640767/0002534921/

 おつまみで50円とか80円とかあるのにはビックリします(笑)。

◆中学時代からの友人のため、

 何でも好き放題に言いまくり。

 近況報告から悩みから発展的な話まで・・・

 気がついたら5時間以上飲んでました(苦笑)。

 そのため、いつもながらちょっと眠いです。

 でも、すごく貴重な時間だと思うし、色々教えてもらえることも多いので、

 「飲もう!」

 と言って、すぐ飲める環境にいることに感謝しています☆

 次は例の祭りかな?

◆さて、昨日は『紳竜の研究』を題材に、

 「芸能界で売れるステップから学ぶ成功哲学」

 についてお伝えしました。

 今日も引き続き、お伝えしていきます♪

◆昨日から『紳竜の研究』という島田紳助さんの伝説的授業が

 収録されたDVDを題材にお伝えしています。

紳竜の研究 紳竜の研究

販売元:アール・アンド・シー
発売日:2007/05/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この中で、人間の実力は

 【才能 × 努力】

 という公式で導き出されるということが言われています。

 そして、飛び抜けた「才能」というのは、ごく一握りの人間が持っているが、

 努力によりいくらでもその差は縮められるというという点まで、

 お伝えしたのではないかと思います。

◆では、今日は「努力」という部分について少し触れてみます。

 何でもかんでも一生懸命にやれば努力になるのかと言えば、

 そんなことはなさそうなんですよ。

◆「努力」という要素も0~5の6段階あるとのこと。

 才能は同じ‘2’しかなかったとしても、

 努力した人間は、[ 2×5=10 ]という実力が出ますが、

 努力がない場合は、[ 2×1=2 もしくは 2×0=0 ] となってしまいます。

 その努力の6段階は、どこで区分されていくのでしょうか?

◆紳助さんは、このようなことを言われていました。

 「ミスタータイガースと言われた掛布さんと話をしたことがあるんです。

 掛布さんは、毎日500回の素振りをされていて‘努力の人’みたいに

 言われていますが、本人は「努力なんてしてない。」と言っています。

 僕もそう思います。

 なぜなら、プロの世界で食べていこうと思う連中は、

 毎日500回の素振りくらいして当たり前でしょう!

 当たり前のことをして、それ努力とは呼べませんって言っておられました。」

 上手くニュアンスが伝わっているか不安ですが、

 これを聞いてどう思います?

◆500回の素振りって、私達からすればすごく見えることですが、

 その業界で本気で食べていこうと思えば、ごく当たり前とのこと。

 素振りを500回すること自体が、

 努力なのではないということです。

 まず、この感覚が重要なのではないかと私は思います。

 つまり、

 【評価は一般論ではなく、そのフィールド内での評価でなければ意味がない】

 ということ。

◆例えば、毎日30キロ走ってる人がいても、

 一般論から見たらすごいことですが、

 陸上界では当たり前なのかもしれないですよね☆

 自分のやっていることが、勝負すべきフィールドにおいて、

 どれくらいの「努力」であるのかを考えなければいけないわけです。

◆そして、仮に500回の素振りをしたとしても、

 プロになれるわけではありません。

 それは、ただ素振りしてるだけであれば、

 筋トレと変わらないから。

 自己満足にしか過ぎないということです☆

 ・

 ‘どれくらいスイングスピードを上げられるか’

 ‘どれくらい早く500回素振りできるか’

 というのは、プロになるための要素ではないのです。

 ただ、素振りをするための筋肉がつくに過ぎません。

 どんなにスピードを速めたとしても、

 ヒットやホームランを量産できるわけではないのです!

◆では、プロはどうしているのか?

 ・

 その500回の1回1回に、相手チームの投手をイメージし、

 実際に打つ感覚で真剣に素振りをしているのです。

 そうでなければ、何の意味もないと言います。

 つまり、

 【実際に成果に結びつく努力をしていなければ意味がない】

 ということですね。

◆そのような意味を踏まえて、

 「努力」というものは区分されていきます。

 当たり前のことをしていて、自分で‘5’の評価をしてしまい、

 ‘何で成果が出ないんだろう。’

 と悩んでいる方が多いようです。

 (私もそのような評価をしていたように思います。)

 「自分自身の努力が、質としてどうなのか?」

 もう一度自分自身に問いかけてみる必要があるかもしれませんね☆

◆今日は、「芸能界で売れるステップから学ぶ成功哲学」というテーマで、

 努力の質についてお伝えしました。

 明日も引き続きお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆

|

« ☆努力すること・・・・なぜ努力が必要か?☆ | トップページ | ☆教科書は5教科だけじゃないことに気づく!☆ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/22351351

この記事へのトラックバック一覧です: ☆努力の質☆:

« ☆努力すること・・・・なぜ努力が必要か?☆ | トップページ | ☆教科書は5教科だけじゃないことに気づく!☆ »