« ☆あなたは誰と自分を比べていますか?☆ | トップページ | ☆心の中に「ありがとう」はあるか?☆ »

☆真の労働の対価とは?☆

まずはポチッと運気上昇!←ツキたい人はまず押しちゃう!☆

◆義務教育や高校までは、50分が1つの授業の時間でした。

 大学に入ると、90分が1つの授業になりました。

 どっちがどっちとは言いませんが、

 やはり人間の集中力は、そんなに長時間はもたないようです。

 今、勉強していてそう思います(笑)。

◆『マンション管理士』と『管理業務主任者』の資格試験勉強を

 している毎日ですが、私は1時間もしくは2時間を一区切りと考えています☆

 平日はまとまった時間が取れないので、

 1時間を一区切りとし、多い時で2時間まで。

 休日は2時間を一区切りとして、4時間までというのが私のスタイルです。

 集中する時間を終えた後は、

 全く別のことをします。

 本を読んだり、テレビを見たり、インターネットをしたり。

 だいたい30分くらいすると、スッキリするので、

 また集中して勉強することができます。

 学生時代のあのカリキュラムもなかなか考込まれたものかもしれません。

 今は、「マンション管理適正化法」の範囲を勉強しています♪

◆さて、昨日は「自分が比較すべき対象」というテーマで、

 比較すべきは「昨日の自分」であることをお伝えしました。

 今日もテーマを変えて、お伝えしていきます♪

◆ここ数日、題材にしている本はコレです↓

【今日の一冊:きみはなぜ働くか(渡邉美樹)】

きみはなぜ働くか。―渡邉美樹が贈る88の言葉 きみはなぜ働くか。―渡邉美樹が贈る88の言葉

著者:渡邉 美樹
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この本の印税は全てカンボジア・ネパールの

 子どもたちに届けられるそうです☆

 有言実行の一冊ですね。

◆渡邉氏の仕事に対する考え方が垣間見れる

 項目があったのでピックアップしてみます。

 ・

 私はアルバイトたちが一時間働いてくれるなかで、時給だけでなく、

 時給以外のプラスアルファとなる大切なことを教えていきたいと思っている。

◆では、そのプラスアルファとは一体なんなのか。

 ・

 たとえば、人を思いやる心、

 時間を守ることや仲間を持つことの大切さ、元気に挨拶すること。

 さらに、農業や環境の知識も教えていくことで、

 働いている人たちの視野を広げていく手伝いができると感じている。

 ワタミは外食産業以外にも介護や農業にも事業を拡大している。

 折にふれて、そういう方面の現況も伝えることができる。

 多角的な学びは、確実にきみたちの将来への

 一つのステップになると信じている。

◆お金だけではけっして得ることのできない体験をとおして、

 時給以上の大切なものを、時間をかけた分だけしっかりと吸収してもらいたい。

 これから先、長い人生を歩んでいく彼らが、

 一生抱えていける財産を渡したい。

◆労働の対価とは何でしょうか?

 まず、真っ先に浮かぶのは「お金」でしょう。

 「完全なボランティアで、今から1年間働いてください。」

 と言われたら、

 ‘それは無理だなぁ。’

 と思ってしまうのが、正直なところです☆

 私たちが生きていくうえで、

 経済的利益を得るというのは非常に大切な要素です。

◆しかしその一方で、

 「じゃぁ、高いお金をもらえたら何でもやるか?」

 と言われても、それも‘NO’なのかもしれません。

 「これが自分の仕事です!」

 ってプライドを持って言えない仕事や

 お金ばかりで、自分の成長につながらない仕事も

 あえて選択しようとは思いません。

 となると、お金はもちろん大切ですが、

 それだけが労働の対価ではないと考えられます。

◆私もかつて、某大手コンビニエンスストアーで、

 7年間アルバイトをした経験があります。

 高校1年生の時から働きだしたので、

 初めて労働を経験したのがコンビニの店員だったと言っても、

 過言ではありません。

 ・

 当然、学生時代ですから、目的は「お金」でした。

 とにかく自分の小遣いになるお金が欲しいという

 まったくもって単純な理由から始めたアルバイトでした☆

◆しかし、今振り返ってみると、あのアルバイトの経験は、

 自分にとって非常に貴重なものだったことがよくわかります。

 まず、「人間関係」。

 学校では気心のしれた友達とだけ過ごしていても、

 何の問題もありませんでしたが、

 バイト先ではそんなことは言ってられません。

 当然、自分の親と同世代の方や先輩、同僚、後輩など、

 シフトに一緒に入った方と何とかうまく仕事をこなさないといけません。

 正直、なかなか会話が噛みあわない時もありましたし、

 お互いに主張しあってしまうこともありました(苦笑)。

 でも、そんな大変だったことも含めて、

 自ずと人間関係について学べた事実には間違いありません。

◆そして、「コミュニケーション力」もそうです。

 当然接客業でしたから、不特定多数のお客様と接することになります。

 接客のイロハも学びましたし、

 そんなに使い慣れていなかった敬語も使いました。

 そして、クレーム処理などもとても勉強になりました。

 アルバイト先は、私にとって小さな社会の縮図でした☆

 コミュニケーションに教科書はありません。

 人ととのつながりの中で学ぶことが、

 何よりのトレーニングになると考えています。

◆他にも、販売の仕組やトレンドの考え方、

 時間の使い方や交渉術、掃除の仕方まで学ぶことができました。

 つまり、

 【労働の対価は表面的に見えるものだけではなく、

              自分自身の成長につながるもの全て】

 だと私は考えています。

 そして、社会人として働いている今、

 アルバイトの経験以上に多くのものを身につけられるように、

 日々を過ごすようにしています。

 お金もバイト時代よりはもらえます(笑)。

 ・

 同じ労働をしていても、得られる対価は人それぞれです。

 クレーム処理にしても、

 処理が終わって

 ‘なんで自分がこんなことをしなければいけないんだ。’

 と、不満を言う人もいれば、

 ‘こういうことは二度と起こらないように、こう工夫しよう!’

 と改善点を考える人もいます。

 当然、学ぶものは異なります☆

 そういう意味では、

 【仕事での対価を決めるのは、自分自身】

 なのではないでしょうか。

 あなたは労働から、どれほどの対価を得られていますか??

◆今日は「労働の対価」というテーマで、

 労働の対価は「自分の成長につながるもの全て」であり、

 「自分で決めるものだ」ということをお伝えしました。

 明日は、この題材の最後にいたします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

 私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味を伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆

|

« ☆あなたは誰と自分を比べていますか?☆ | トップページ | ☆心の中に「ありがとう」はあるか?☆ »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆真の労働の対価とは?☆:

« ☆あなたは誰と自分を比べていますか?☆ | トップページ | ☆心の中に「ありがとう」はあるか?☆ »