« ☆真の労働の対価とは?☆ | トップページ | ☆人生が1回という醍醐味☆ »

☆心の中に「ありがとう」はあるか?☆

まずはポチッと運気上昇!←ツキたい人はまず押しちゃう!☆

◆私が日々のペースメーカーとして、

 そして目指すべきビジネススタイルのひな形として、

 毎日職場で読んでいる必読メルマガに、

 『平成・進化論』

 というメルマガがあります♪

 【お薦めメルマガ:平成・進化論】

 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000114948.html

 既に40万人近い方が読まれているので、

 ご存知の方も多いかと思います。

 1800日以上、1日たりとも休まずに配信しているところが素晴らしい!!

 このメルマガには毎日ワクワクしていますし、

 私がブログを書くきっかけになったと言っても過言ではありません。

◆そんな平成・進化論のメルマガで、私の感想が紹介されました!

 ⇒ http://archive.mag2.com/0000114948/20080906214357000.html

 ‘どこかで読んだことある文章だなぁ・・・。’

 と思っていたら、自分が出した感想でビックリです(感激)。

 ちょっと鳥肌が立ちました(笑)。

 でも、本当におこがましい表現だとは思いますが、

 未来の自分自身を投影して読んでいくと、

 モチベーションが非常に高まります。

 だいたい、朝一で読むことにしているので、

 その効果も認識できます。

 まだ読まれていない方は、登録することをお薦めします!

 登録して損はありませんから(必要ない部分は読まなくてよいですし)。

 鮒谷さん、これからも応援しておりますので、

 こちらこそよろしくお願いいたします♪

◆さて、昨日は「労働の対価」というテーマで、

 労働の対価は「自分の成長につながるもの全て」であり、

 「自分で決めるものである」ことをお伝えしました。

 今日はいよいよこの題材の最後となりました。

 最後にふさわしい項目をピックアップするつもりです♪

◆ここ数日、題材にしている本はコレです↓

【今日の一冊:きみはなぜ働くか(渡邉美樹)】

きみはなぜ働くか。―渡邉美樹が贈る88の言葉 きみはなぜ働くか。―渡邉美樹が贈る88の言葉

著者:渡邉 美樹
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 もし人に

 「何か面白い本ある??」

 と聞かれたら、私が真っ先に進める本の1つになりました☆

 出会えて良かった1冊だと確実に言えます。

◆最後に選んだ項目は、私ももっとも好きな言葉の1つである

 「ありがとう」という言葉・想いに対しての渡邉氏の提言です。

 ・

 「幸せ」はどこにあるのかというと、遠くにあるわけではない。

 今、この自分が置かれている状況を

 ‘ありがたい’

 と思う気持ちが、人の幸せをよぶのである。

 現状に満足できず、「もっともっと」と自分勝手な不満が

 生じるところからは、幸せは存在しないと思う。

◆自分の生き方として考えてみてほしい。

 ・

 今、きみの心の中に「ありがとう」はあるだろうか?

◆自分の中に「ありがとう」が集まることで、

 まわりにも「ありがとう」が集まってくる。

 たくさんの「ありがとう」が集まってこそ、

 幸せな生き方と呼べるのではないだろうか。

 「ありがとう」をたくさん知っている、「ありがとう」が胸いっぱいにつまっている、

 そんな人たちで地球が構成されたら、世界は平和になるとつくづく思う。

 ・

 きみたち一人ひとりが、毎日たくさんの

 「ありがとう」を集めていってほしいと心から願う。

◆『親しき中にも礼儀あり』

 たとえ親しい間柄であっても、感謝の心を忘れてはいけません。

 お互いにサポートしあえる職場の同僚、

 心を鬼にして叱ってくれる上司、

 切磋琢磨しながら成長しあえる友達、

 いつも温かく見守ってくれる親、

 家族のために働いてくれる旦那さん、

 身の回りのことをしてくれる奥さん、

 全力で愛情を表現してくれる子どもたち、

 そのような方々に対して感謝の気持ちを感じていますか?

 ‘自分もやってあげてるんだから、当たり前。’

 のように思ってはいませんか?

◆「自分が何をしてあげた」とか、

 「対価を支払っているんだから」とかに関係なく、

 【自分に対して、好意的な行いをしてもらった人には、

     常に「ありがとう」の心を持って接することが大切】

 です☆

 時には好意的でない行いに対してすらも、

 感謝の心を持つ必要があるかもしれませんね。

 だって、あなたに関心を持ってくれているのですから。

 【感謝する心に‘慣れ’は不必要】

 です。

 毎回、毎回同じように感謝しなければなりません。

◆親しい間柄でさえそうなのですから、

 初対面や一時的な接点の場ではなおさらです!

  ●コンビニのレジで接客を受けた

  ●言葉づかいを注意してもらった

  ●挨拶をしてもらった

  ●エレベーターのドアを開けておいてもらった

  ●美味しい食事ができた

 など、どれもこれも本来は感謝すべきところです。

◆たとえば、お店に入って美味しい食事ができた時も、

 ‘お金を払ってるんだから、当然。’

 などと思うのではなく、

 ‘すごく良い食事ができて幸せだな、ありがたい。’

 と思うべきです。

 なぜなら、あなたがいくらお金を払うと言っても、

 材料を作る方々が精魂込めて作って出荷する必要がありますし、

 それを安全にお店に届ける人の勤勉さも必要ですし、

 お店で料理をする人の努力も必要です。

 また、お店で接客をして、場所やサービスを受ける必要もあります。

 これらが1つでも欠けてしまったら、

 あなたがいくらお金を支払うつもりがあろうが、

 良い食事をすることができません。

 当然ながら、お店側としては、

 お客様に対してその逆を思うべきなのです☆

◆相手に感謝を感じることができる人は、

 相手からも感謝してもらうことができます。

 つまり、たくさんの「ありがとう」を集めることができるのです♪

 まずは自分の中に!

 素直に「ありがとう」と言える感謝の心を育てていきたいものです。

 子供の頃を思い出してください。

 「ありがとう」と素直に言えてませんでしたか?

 そうです、

 【地球上の全員の心に感謝の芽は埋まっている】

 はずです。

 あとは、大人になった今でも

 それを健やかに育んでいるかどうかではないでしょうか。

◆今日は「感謝の心を持つ」というテーマで、

 今ある当たり前のことに感謝し、

 その感謝の心を素直に表現できるようになることをお伝えしました。

 まずは、身近な人に「ありがとう」と言ってみてはどうでしょうか。

 くれぐれも笑顔を忘れずに(笑)!

 今日でこの題材は一区切りとします。

 明日からは、またテーマを変えてお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

 私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味を伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆

|

« ☆真の労働の対価とは?☆ | トップページ | ☆人生が1回という醍醐味☆ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/23612621

この記事へのトラックバック一覧です: ☆心の中に「ありがとう」はあるか?☆:

« ☆真の労働の対価とは?☆ | トップページ | ☆人生が1回という醍醐味☆ »