« ☆愛の反対は何か?☆ | トップページ | ☆真の労働の対価とは?☆ »

☆あなたは誰と自分を比べていますか?☆

まずはポチッと運気上昇!←ツキたい人はまず押しちゃう!☆

◆昨日から、2010年南アフリカW杯を目指した

 アジア最終予選が始まりました!!!

 初戦の相手は、あの因縁の相手バーレーンです。

 しかも、アウェー。

 これは自然とテンションも高まります。

 おかげで今朝は3時半起きです(笑)。

 リアルタイムで応援しようとするとこの時間になっちゃうんです。

◆アウェーの戦いながら、序盤から日本が攻勢に出ました。

 中村俊輔を中心に、田中達也、松井のドリブル、遠藤のキープ、

 長谷部の当たり、玉田のスピードを活かした積極的な展開。

 そして、前半のうちに俊輔のFKと遠藤のPKで2点のリードを奪います。

 後半に入るとバーレーンに攻め込まれる時間があったものの、

 途中出場の中村憲剛のミドルシュートが決まって3-0。

 残り時間は5分・・・・確かに、私にも気の緩みが出てしまいました。

 そこからわずか5分間の間に、まさかの2失点。

 結果何とか競り勝ちました。

 【昨日のアジア最終予選結果】

 日本3-2バーレーン

◆やはり、最終予選は最後の1秒まで気が抜けません。

 憲剛の3点目がなかったら、危なかった。

 でも、得失点差は開けなかったものの、

 アウェーで狙いどおりの勝ち点3獲得!

 次のウズベキスタン戦はホームなので、

 何としても勝ち点3を積み重ねてほしい☆

 行くぞ、南アフリカ!!!

◆さて、昨日は「周りに関心を持つこと」というテーマで、

 周りに関心を持つこと自体が周りに愛を与えることなんだとお伝えしました。

 今日もテーマを変えて、お伝えしていきます♪

◆ここ数日、題材にしている本はコレです↓

【今日の一冊:きみはなぜ働くか(渡邉美樹)】

きみはなぜ働くか。―渡邉美樹が贈る88の言葉 きみはなぜ働くか。―渡邉美樹が贈る88の言葉

著者:渡邉 美樹
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 まだまだ伝えきれない項目がたくさんあるのですが、

 いつまでも続けるわけにはいかないので、

 そろそろこの題材を一区切りしようかと思っています。

 あと3回で最後にしようかな☆

◆また、渡邉氏の言葉に、

 ‘まさにその通りだな!’

 と唸ってしまいました。

 ハッと気づかされることが多い著書です。

 ・

 人間はそれぞれ持って生まれたものが異なる。

 これを前提としなければ、本当の教育などできない。

 子どもたちがこの先の人生で、それぞれの資質を磨いていくために

 必要となることを学ばせてあげることだ。

 学び方だって、人数分あっていい。

 現在の教育では、まわりと自分を比較することが常となっている。

 そんな教育を受けて育つと、まわりと自分を比較することが習慣化され、

 社会で自分の本来の力を見失い、精神面のバランスを

 崩してしまうことになりかねない。

◆きみに言いたい。

 けっして、まわりと比較してはいけない。

 比較していいのは、きみの「昨日」と「今日」だけである。

 自分は自分以上でなく、以下でもない。

 自分自身が相対的にではなく、絶対的に成長することが大切なのである。

◆私達は、ありがたいことにとりたてて苦労をせずに、

 中学校までの義務教育をうけることができます。

 これは世界的に見れば、かなり恵まれている方でしょう。

 しかしながら、その弊害として、

 受動的に一律の教育を受けるがゆえに、

 周りと比較してしまう癖がついてしまっています。

 ・

 学校でも

 「90点以上の生徒は名前を読みあげる。」

 なんて言葉は、私も学生時代に聞き慣れた言葉です。

 親にしたって

 「○○さんとこの□□さんは、この前テストで満点取ったんですって。」

 とか

 「みんな英語を習っているみたいだから、うちの子も習わせようかしら。」

 なんて言葉が飛び交っていたりします。

 教師も親も同じような教育を受けているのですから、

 当たり前と言えば当たり前なのですが、残念ですよね。

◆周りと比較しても、何も意味がありません。

 だって、自分と同じ能力を持った人間はこの世に2人といないんですから。

 だから、比べても仕方がないんです☆

 ・

 「寿司と天ぷらと焼肉で、どれが一番美味しいか?」

 なんて聞かれても、個人の嗜好になっちゃいますよね。

 それと同じです。

 どれが好きでもいいんです、そこに比較はありません。

 みんなができるから、自分もできるなんていう理屈はナンセンスです。

◆仮に自分が周りより何かで秀でていたとしても、

 それで満足していては、それ以上伸びません。

 あのメジャーリーガーのイチローもこのように言っています。

 『「成績は出ているから今の自分でいいんだ」

 という評価を自分でしてしまっていたら、今の自分はない。』

 メジャーリーガーは、日本のプロ野球選手と比べて、

 実力も年棒も上と評価されるのが一般的です。

 しかし、イチローは他者との比較ではなく、

 自分との比較をしているので、今でも成長し続けているのです。

 さらに、

 『人の記録を塗り替えるのは7割、8割の力でも可能だが、

 自分の記録を塗り替えるには10以上の力が必要だ。』

 とも言っています。

 さすがです♪

◆自分は自分でいいんです。

 他人が持っているけど、自分が持っていない能力、

 自分が持っているけど、他人が持っていない能力、

 またはどちらも持っている能力。

 それらが星の数ほど組み合わさって、自分ができているんです。

 自分が持っている能力を伸ばせばいいじゃないのでしょうか。

◆私自身も、高校時代にあれだけ勉強した日本史は、

 最終的に大学入試でも使えないくらいのレベルで終わりました。

 残念ながら、日本史向けの能力がなかったのでしょう☆

 しかし、社会に出てから、

 「大化の改新」について意見を求められたこともありませんし、

 「朱印船貿易」のことを聞かれたこともありません。

 まして、「聖徳太子」すら、日常会話にあがりません。

 できないものは、できないなりにこなせばよいのです。

 社会には、必要な時にもっとできる人がいますから。

 【自分が伸ばすべきものは、自分が持っている能力】

 でいいんです!

◆結論を言えば、

 【自分が比較してよいのは、「昨日の自分」だけ】

 です☆

 「昨日の自分」より劣っていれば、それは怠慢です。

 すぐに修正すべきです。

 しかし、少しでも確実に成長していれば、

 その伸び幅云々ではなく、素晴らしいんです。

 だから、「昨日の自分」に負けないように過ごしましょうね!

◆今日は「自分が比較すべき対象」というテーマで、

 比較すべきは「昨日の自分」であることをお伝えしました。

 永遠のテーマですね(笑)。

 明日もテーマを変えてお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

 私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味を伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆

|

« ☆愛の反対は何か?☆ | トップページ | ☆真の労働の対価とは?☆ »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/23560701

この記事へのトラックバック一覧です: ☆あなたは誰と自分を比べていますか?☆:

« ☆愛の反対は何か?☆ | トップページ | ☆真の労働の対価とは?☆ »