« ☆時間は「今」と「未来」しかない・・・☆ | トップページ | ☆あなたにはこの問題が解けますか?☆ »

☆過去を後悔するより、未来を航海しよう!☆

まずはポチッと運気上昇!←ツキたい人はまず押しちゃう!☆

◆ボトルキャップを持っていきました。

 職場に家で貯めていたペットボトルのキャップを持っていきました。

 これは何の話かと言えば、私の職場でもやっとエコに携わろうという

 雰囲気が出始めていて、労組でボトルキャップを集めて、

 ワクチン助成をしようという運動が始まったからです。

 私は飲み物を持っていくタイプなので、

 職場の自動販売機で購入する機会はなかなかないのですが、

 家では貯めようとすれば、思いのほか貯まるものですね☆

 本当に微力だとは思いますが、どうせ捨てるもの。

 有効に活用できたらと思って持っていきました。

◆エコの高まりはボトルキャップにとどまらず、

 最近お昼休みは消灯するようになりました!

 これも私としては大歓迎です♪

 お昼休みは人も減りますし、基本的に仕事をする時間ではありません。

 そんな時間にまで照明をつけて、エネルギーを使う必要はないなと

 以前から思っていました。

 それが今回実現し、秘かに心の中で小さくガッツポーズです(笑)。

 外が明るければ、消灯しても意外と明るいものです。

 窓側に行けば、問題なく本も読めます☆

◆小さなことではありますが、一人一人がエコを意識し、

 少しでも無駄なエネルギーを使用しないように、

 生活していきたいものですね。

 キャップを専用ボックスに入れながら、そんなことを思っていました♪

◆さて、昨日は「限られた時間で最高の成果をあげる」というテーマで、

 時間は「今」と「未来」しかないことをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日から、こちらの書籍を参考にしています☆

 【今日の一冊:サンクコスト時間術(斎藤広達)】

サンクコスト時間術 (PHPビジネス新書 66) (PHPビジネス新書 66) サンクコスト時間術 (PHPビジネス新書 66) (PHPビジネス新書 66)

著者:斎藤 広達
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 こちらの書籍、非常に参考になる部分が多いです。

 「サンクコスト」という意味さえわからなかった私ですが、

 この本はわかりやすい言葉と例を使って書かれているので、

 スッと理解できるようなイメージすら覚えます。

◆本題に入りますが、

 サンクコスト・・・つまり、

 「もはやどうにもならないので、考えるうえで除外するもの」

 とは、どのようなことでしょうか??

 ・

 この書籍では、バスの待ち時間を使って説明されています☆

 表現を借りますと、

 「あなたは空港へ向かうバスを待っています。

 どうしてもあと30分後のフライトに間に合うように、

 空港に着かなければなりません。

 バスに乗れば、15分で空港には着きます。

 しかし、既にバスを待って20分経過しています。

 ‘20分待ったんだから、もう少し待たないと待った時間がもったいない。’

 と思いがちですが、はたして本当にもったいないのでしょうか?」

 という例です。

◆この場面で著者は、

 「待った時間を考えるよりも、どうすればあと30分で空港にたどり着けるかを、

 最優先にして思考をはたらかせるべき。」

 と唱えています。

 確かにその通りです!

 ‘20分待ったのだから、バスが来るまで待とう’

 というのは全くのナンセンスです。

 ここでは、

  ●過ぎ去った時間は除外して、もう少しだけバスを待つ

  ●タクシーを拾う

  ●すぐに空港まで歩きだす

 というような選択肢に思いを巡らせ、

 【残された30分の中で、どの選択肢が最も適切か】

 を選択しなければなりません。

 そこには、今までバスを待った時間などは全く考慮に入りません。

 これが基本的な「サンクコスト」による時間の考え方です♪

◆バスや電車をはじめとする交通機関を利用する時のサンクコストは、

 比較的イメージしやすいですよね。

 実際に、

 ‘これだったら、歩いて行った方が早かったんじゃないかな。’

 と思うことが多々ありますし・・・。

 エレベーター待ちの時ですら思うことがあります(笑)。

 ‘これだったら’

 と思ってしまっている時点で、サンクコストの考え方を

 全く活用できていないのですが(苦笑)。

◆待ち時間の他にも、仕事を遂行するうえでも

 この考え方は大いに活用すべきです☆

 たとえば、決算日に向かって資料を作成しているのですが、

 今のペースではどう考えても間に合わない。

 でも、

 ‘今まで自分が作業した分もあるし、

 ここまで来て方針を変えるのは微妙だなぁ・・・。’

 なんて考えることはありませんか?

 ・

 これも完全にサンクコストですね。

 全く考えるべき対象ではありません。

 結果として、完成できていないのですから、

 どのようにして決算日までに資料を完成させるかが最優先課題です。

 そのために、

  ●他の人に仕事を手伝ってもらうのか

  ●作業が早い人にノウハウを教えてもらうのか

  ●資料の内容を簡素化するのか

 ゴールに向けて、どの選択が最も適しているのかを考えなくてはいけません。

 ご自身の日頃の経験にもこんなことはよくありませんか?

◆つまり、どのような仕事や場面であっても、

 【失ってしまった時間の価値を後悔するよりも、

 未来というゴールに向かって、今どうすべきかを考えることがはるかに大切】

 なのです☆

 後悔よりも航海です!

 何となく、サンクコスト的考え方がイメージできますでしょうか?

 明日に続けます。

◆今日は「限られた時間で最高の成果をあげる」というテーマで、

 過去の後悔よりも、未来への航海を優先させる

 サンクコストの基本的な考え方をお伝えしました。

 明日も引き続きお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味を伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

|

« ☆時間は「今」と「未来」しかない・・・☆ | トップページ | ☆あなたにはこの問題が解けますか?☆ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/24858280

この記事へのトラックバック一覧です: ☆過去を後悔するより、未来を航海しよう!☆:

« ☆時間は「今」と「未来」しかない・・・☆ | トップページ | ☆あなたにはこの問題が解けますか?☆ »