« ☆研修報告☆ | トップページ | ☆潜在意識の性格は?☆ »

☆潜在意識はスピリチュアルか、否か?☆

まずはポチッと運気上昇!←ツキたい人はまず押しちゃう!☆

◆研修期間中にも、間近に迫ってきた

 「マンション管理士」と「管理業務主任者」の試験勉強をしていましたが、

 なかなか範囲が広く苦戦しています。

 現在は、一度通してやった過去問で、間違った箇所を中心に復習しています☆

 最初の試験は11月30日。

 残り時間と駆け引きしながら、勉強していきます☆

◆そんな、1時間でも30分でも貴重な時間なのに、

 東野圭吾作品の魅力には勝てず、

 図書館で予約していた作品が確保できたということで、

 喜び勇んで借りに行きました。

 作品名は、

 『流星の絆』。

 【今日の一冊:流星の絆(東野圭吾)】

流星の絆 流星の絆

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・・・・・1日で読破してしまいました。

 もっと楽しみたかったのに。

 感想としては、正直東野圭吾さんの作品としては、

 やや物足りなかったかなと。

 もちろん期待値が高すぎるというのもあるのですが、

 結末部分にグッとくるものがなかったですね。

 むしろ、中盤の展開の方が惹きこまれるかも☆

 私の東野圭吾作品ランキングに、変動はありませんでした。

 ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_244a.html

◆しかも、この作品は今タイムリーに映像化されているんですよね。

 【今日のドラマ:流星の絆(TBS)】

 ⇒ http://www.tbs.co.jp/ryuseinokizuna/

 第1話も録画してあったので、読破した後に観ました。

 宮藤官九郎さんが演出を手掛けており、楽しみにしてました。

 確かに第1話から原作とは、異なる箇所が何ヶ所もあります。

 ‘これはこれでアリかな。’

 とも思いましたが、今後どうなっていくのでしょう。

 ちょっとコミカルに描かれすぎているきらいもありますが、

 時間の合間をぬって、観ることにします。

 配役は二宮君の身長が高くないことを除いては、

 原作のイメージにかなり近いものがあるかもしれません♪

◆さて、前回は「魅力ある自分になる」というテーマで、

 魅力は掛け算となることをお伝えしました。

 今日からまた新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆「潜在意識」という言葉を聞いて、どんなイメージを持たれますか?

 ‘スピリチュアル系の雰囲気を感じる単語よねぇ。’とか、

 ‘いまいち胡散臭くて信じられないものだわ。’とか、

 人それぞれ持っているイメージは違います。

 ちなみに、私が持っていたイメージは、

 ‘スポーツ選手がイメージの世界で、

 自らの限界を超えるために作り出した幻の能力’

 というものでした。

 要は、存在自体をあまり信用していませんでした。

◆元々、私はスピリチュアルやオカルト系の話は信じられず、

 非科学的な現象に心惹かれるタイプではありません。

 しかしながら、様々な書籍や自らの体験を通じて、

 今はこの「潜在意識」の存在を肯定し、かつ、

 うまく活用できたらすごいだろうなぁ、という段階まで来ています☆

 ということで、今回はこの

 「潜在意識」

 というものにスポットを当てて、お伝えしていこうと思います♪

◆まず、潜在意識とはどのようなものを指すのでしょうか?

 潜在意識という言葉を辞書で調べてみると、

 「自覚されることなく、行動や考え方に影響を与える意識。

 心の奥深い層にひそんだ意識。」

 という風に説明されています。

 何だか、認められているんだか、認められていないんだか、

 よくわからない表現ですよね(笑)。

 ただ、その反対語である「顕在意識」と比較してみると、

 もう少しわかりやすいかもしれません。

◆かの有名な心理学者であるユング氏は、

 人間の意識を氷山にたとえて説明しました。

 海に浮かぶ氷山を思い浮かべてみてください。

 水面から見える氷山というのは、先の尖った部分とごく一部ですよね。

 あれが「顕在意識」です。

 しかし、氷山は先だけが浮いているのではなく、

 その下にはとても大きな氷の塊が存在します。

 それが「潜在意識」なのです☆

 比率で言えば圧倒的に大きいのが、

 潜在意識であることを伝えたかった例えなのでしょう。

 ちょっとはイメージがつかめますでしょうか?

◆身近なところで考えれば、

 ‘全然タイプではないんだけど、この人といると落ち着くなぁ。’

 ‘わかってるんだけど、いつも同じ場所でミスをしてしまうのは何でだろ?’

 ‘なんだかんだ言いながら、いつもこのタイプを選んじゃうんだよね。’

 ‘1対1だと話せるんだけど、人前は苦手だな。’

 ‘言葉ではうまく表現できないけど、こっちの方がいい気がする。’

 こんなことを思っている時は、

 実は「潜在意識」がバリバリに働いてたりします☆

 思い当たることはありませんか??

◆自分が意識的に操れる顕在意識は10%、

 無意識的に働いてしまう潜在意識は90%なんて言われたりもします。

 まぁ、それは大げさな表現かもしれませんが、

 確かに身の周りに起こるすべての出来事に対し、

 顕在意識で全て対応しているとは言いきれないようです。

 したがって、

 【自分では通常コントロールできない潜在意識を活用することにより、

 今までの自分の選択に変化が起きる】

 ということは、あながち間違っていないのかなと思うわけです。

 どうですか、自分がコントロールできる以外の意識を活用できるとしたら?

 ちょっと興味深くありませんか??

 ということで、明日からもうちょっと踏み込んで、

 潜在意識についてお伝えしていきますね♪

◆今日は、「潜在意識を味方にする」というテーマで、

 潜在意識とは何かについてお伝えしました。

 明日も引き続きお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

 私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味を伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆

|

« ☆研修報告☆ | トップページ | ☆潜在意識の性格は?☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/24620135

この記事へのトラックバック一覧です: ☆潜在意識はスピリチュアルか、否か?☆:

« ☆研修報告☆ | トップページ | ☆潜在意識の性格は?☆ »