« ☆聞く、訊く、聴く・・・あなたの“きく”はどれ?☆ | トップページ | ☆日本人が照れるからできないこととは?☆ »

☆【再】聞く、訊く、聴く・・・あなたの“きく”はどれ?☆

女性のためにこんなショップがあったらいいな♪

↑と思ったので、実際に作っちゃいました!

責任者は・・・・・私です。

◆面白いと評判になった本というのは、やっぱり面白いものですね。

 読まず嫌いはダメですわ☆

 最近、石田衣良さんの名作を読みました。

 【今日の一冊:池袋ウェストゲートパーク(石田衣良)】

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫) 池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)

著者:石田 衣良
販売元:文芸春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 いやぁ、めちゃくちゃキレてますね、石田さん。

 最初は入り込めない文章かと思いつつ読み進めていたのですが、

 あっという間にドップリ浸かってしまい、最後の方は、

 ‘次にどんな表現を持ってくるんだろう’ とか、

 ‘ココをこの表現でいくかぁ’ みたいに、

 次を想像し、期待し、それに応えてくれる文章表現が素敵です☆

◆この作品は既に豪華ラインナップで映像化されているようなので、

 それも時間を見つけて見てみようと思いました。

 内容自体は、ちょっとだけミステリーの要素も入っていますが、

 私の中ではアンダーグラウンドな主人公が、コアな連中と巻き起こす、

 勧善懲悪ものかなと思っています。

 (にもかかわらず、ハッピーエンドで終わらないところがまたいいのですが)

 評価の高い作家さんの作品は、これからも読まず嫌いをせずに、

 チャレンジしていこうと改めて思いました♪

◆さて、昨日の衝撃の文章削除から立ち直り、今日は書けるでしょうか。

 まさかの昨日と同じテーマです(苦笑)。

 最後まで書いて、無事更新できることを祈りつつ読んでください♪

◆先日、メンタルヘルスセミナーに参加してきました。

 その講演の内容が非常に興味深いもので、久々にセミナーで楽しめました。

 主な想定は上司と部下の間柄で起こるメンタルヘルスに対する、

 様々な要因からの分析と取り組みだったのですが、

 ‘これって、上司と部下だけの間柄だけじゃないよなぁ。’

 と私は思いました☆

 家族間、同僚間、ビジネス間でも、同じようなことが当てはまります。

 ということで、今回のテーマを設定してみました。

◆今回のテーマは、

 「目指せ、コミュニケーション上手!」

 というものです☆

 ‘あっ、何か軽いな。内容知ってるかも。’

 と思われるかもしれません。

 ですが、“知っている”と“できている”は全く別物です。

 既に知っている内容であれば、できるレベルまで高めていただきたいですし、

 未知の内容であれば、知る→できるとスキルアップしていただければ幸いです。

 ちなみに、私もできていない部分が多々あり、

 セミナー後から常に意識して、生活しています♪

◆まず、最初に質問です。

 タイトルにもありますが、

 あなたの“きく”という動作は、「聞く」、「訊く」、「聴く」のどれですか?

 ・

 どれも“きく”という動作には変わりありませんが、

 その意味や姿勢に大きな違いが潜んでいます。

 その違いもわかりますか?

◆“きく”という動作を、漢字ごとに辞書で調べてみると、こんな感じになります。

  ●聞く・・・一般的な聞く動作

        「音・声を耳に受ける。耳に感じ取る。」など

  ●訊く・・・問いただす動作

        「たずねて、答えを求める。問う。」など

  ●聴く・・・注意深く耳を傾ける動作

        「心を落ち着け注意して耳に入れる。」など

 どうです、違いがわかりますか?

 おそらく、誰もがケースバイケースで使い分けている動作ですが、

 あなたが日常的に使っている“きく”は、どの漢字に当てはまるでしょうか?

◆普段あまり意識しませんが、

 【“きく”という動作は、コミュニケーションの最も基礎的な部分であり、

                    かつ、最も重要な部分を担っている動作】

 です☆

 “きく”動作ができないことは、めちゃくちゃ高い車を買っても、

 エンジンが壊れているのと同じようなものです。

 「人の話をきくことは大切です。」

 と、子供の頃から幾度となく聞いてきたはずですよね☆

 人間関係のトラブルの多くは、この“きく”ことができないために、

 発生するものがほとんどです。

 では、どの“きく”がコミュニケーションを円滑にするために、

 最も良いのでしょうか?

◆おそらく多くの方がご存知だと思います。

 答えは

 【聴く】

 です。

 この聴くことをマスターできれば、

 あなたのコミュニケーション力は飛躍的にアップすること間違いありません!

 さぁ、この「聴く」について見ていきましょう・・・と思いましたが、

 長くなりそうなので、明日に続けます♪

 この「聴く」動作のヒントは、その漢字のつくりにあります。

 明日までに想像してみてくださいね。

◆今日は「目指せ、コミュニケーション上手!」というテーマで、

 コミュニケーションの基礎は「聴く」ことであることをお伝えしました。

 明日も引き続きお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

人気ブログランキングへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味を伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

|

« ☆聞く、訊く、聴く・・・あなたの“きく”はどれ?☆ | トップページ | ☆日本人が照れるからできないこととは?☆ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/25744502

この記事へのトラックバック一覧です: ☆【再】聞く、訊く、聴く・・・あなたの“きく”はどれ?☆:

« ☆聞く、訊く、聴く・・・あなたの“きく”はどれ?☆ | トップページ | ☆日本人が照れるからできないこととは?☆ »