« ☆あなたを導く最高のメンターに出会う方法?☆ | トップページ | ☆未来に“魔法の質問”を投げかける☆ »

☆時をかける自分!?☆

◆正直に告白をしますが、

 私はホームページを作ったりするITの知識が非常に乏しいです(苦笑)。

 泣けるくらいにありません・・・。

 そのような知識をお持ちの向上心のある方が

 関東にいらっしゃいませんでしょうか?

 自薦・他薦は問いません。

 もし、いらっしゃればぜひご紹介くださいませ☆

 何かコラボしましょう!

◆昨日は、損保ジャパン様が主催してくださった

 メンタルヘルスセミナーに参加してきました。

 タイトルは、

 「時代を乗り切る『前向き』メンタルヘルス対策」

 というもの☆

090213_14080001

 何だか気合いが感じられますね(笑)。

◆五部構成で様々な角度から講演があったわけですが、

 とりわけ私が興味を持ったのは、

 「不機嫌な職場の再生方法」

 というタイトルで、㈱ジェイフィールの高橋克徳さんの行った講演でした。

 高橋さんには、『不機嫌な職場』という著書もあります。

 ・

 高橋さんは講演の中で、“組織感情”という言葉を使われていました。

 初めて聞く言葉ですね。

 その“組織感情”が不機嫌になっている職場として、

 このような例を挙げられていました。

  ●「おはよう」のあいさつなく、皆、淡々と仕事を始める

  ●机が近い人でもメールのやり取り、直接話をしない

  ●昼食は一緒に行かない、気づくと自分の机でひとりで食べている

  ●深夜残業が続く人がいても、気づかないのか、声をかけない

  ●困っている人がいても、「手伝おうか」の一言がない

  ●何度頼んでも、誰もきちんと対応してくれない

  ●熱意を込めて書いた提案メールに反応がない

  ●新しいことに参加してくれない

  ●派遣社員やパート社員を名前で呼ばない

  ●自分の役割や業務でないと、仕事を押し付け合っている

 どうでしょうか?

 1つ当てはまったら即不機嫌な職場ということはないはずですが、

 ちょっと思い当たる節がある方も多いのではないでしょうか。

 興味のある方は、高橋さんの著書を一読するのもいいかもしれませんね。

 【今日の一冊:不機嫌な職場(高橋克徳)】

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書) 不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書)

著者:河合 太介,高橋 克徳,永田 稔
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

◆さて、昨日は「究極の目標」というテーマで、

 最高のメンターに出会う方法についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日私は、“最高のメンターに出会う方法”という表現を用いました。

 正直に言うと、少し誤った表現を使っていました(あえてですが)。

 この表現を正しくすると、

 【最高のメンターに気付く方法】

 となります☆

 最初からこの表現を使ってしまうと、

 ‘先に読まれすぎちゃうかなぁ’と思っちゃいまして(苦笑)。

 どうですか、これなら最高のメンターが誰だかわかりますか?

◆“最高の”という表現も、常に助言を仰げて、

 常に進むべき道を指し示してくれるという意味で、

 “最高の”という表現を使いました。

 だって、1ヶ月に1回しか会えないメンターよりも、

 いつでも傍にいてくれるメンターの方がいいですもんね♪

◆ということで、もうおわかりですよね☆

 最高のメンターは、

 「自分自身」

 です!

 自分自身こそが最高のメンターだと私は考えています。

 なぜか?

 自分が求めている答えは、全て自分の潜在意識にあると思うからです。

 したがって、今そのままの自分自身では、

 メンターとしていささか不十分かもしれません。

 では、どうすればよいのか?

 その答えは理想の臨終イメージが鍵を握っています♪

◆このテーマの最初で、

 自分の理想的な人生の終わり方を想像していただいたはずです。

 あの時のイメージを再度呼び戻してきてください。

 そして、そのイメージから自分が最高に輝いていた年齢まで、

 少しだけ巻き戻しをしてください。

 人によって、30代、40代、50代、60代・・・

 イメージはバラバラだと思います。

 ご自身の想像でかまいません。

 理想の人生を歩んでいる中で、

 充実している、輝いている、まさにその瞬間の自分をイメージしてください。

 ハイ、それが最高のメンターです!

◆‘100%満足した人生を歩めたのは、

 そんな風に輝いていた自分がいたからなんだ’

 と、納得できる自分自身がイメージできていれば、

 メンターとの出逢い完了です。

 後は、そのメンターに疑問をぶつけましょう!

 というところで、明日に譲ります♪

◆今日は、「究極の目標」というテーマで、

 最高のメンターは理想の自分自身であることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

|

« ☆あなたを導く最高のメンターに出会う方法?☆ | トップページ | ☆未来に“魔法の質問”を投げかける☆ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/28066997

この記事へのトラックバック一覧です: ☆時をかける自分!?☆:

« ☆あなたを導く最高のメンターに出会う方法?☆ | トップページ | ☆未来に“魔法の質問”を投げかける☆ »