« ☆“認め→讃え→報いる”循環を作り上げる!☆ | トップページ | ☆原点回帰〔~さよなら東中野小学校~〕☆ »

☆給料だけで仕事はできないっしょ!☆

◆今年の目標は、

 「21年6月30日までに500人、12月31日までに1,000人の方に読者になってもらう!」

 ことです☆

 もし、このブログを読んで少しでも参考になる部分がありましたら、

 友達、知人、同僚、上司、部下、家族、恋人・・・どなたでもかまいませんので、

 あなたが共有したいと感じる方にご紹介いただけないでしょうか?

 あなたの力をお貸しください!

 ご紹介に恥じないブログにしていきますので、よろしくお願いいたします。

◆先日購入した犬飼ターボさんの著書3冊のうち、

 2冊目を読了しました☆

 実は今回読んだ本は、3,4年前にも読んで、

 いたく衝撃を受けた本だったのです。

 ですが、それは借り物だったので、今回は自分で買ってみました。

 【今日の1冊:チャンス-成功者がくれた運命の鍵(犬飼ターボ)】

チャンス―成功者がくれた運命の鍵 チャンス―成功者がくれた運命の鍵

著者:犬飼 ターボ
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

◆ハッキリ言って、めちゃくちゃ面白いです!!!

 私は以前に読んでいたのにもかかわらず、

 今回読んでまた新たな学びが、たっくさんありました。

 単純な成功小説ではないです。

 本当に一般人が成功者を目指すための心構えの変化が描かれています。

 いやぁ、最高です!

 ‘ドラマ化すれば絶対ウケるのになぁ!!’とさえ思います(笑)。

 本の帯には、

 「女性が、生まれて初めて読むビジネス書(26歳女性・会社員)」

 と書いてありましたが、さもありなんという印象です。

◆1つだけ、この著書の肝となるようなフレーズをご紹介いたします。

 ・

 「あなたはビジネスで成功したいのですか?

  それとも人生で成功したいのですか?」

 ・

 う~ん、かなり核心をついたフレーズですねぇ。

 興味のある方は、ぜひぜひご一読ください!

 ちなみに、私はこの書籍の続編にあたる

 【今日の1冊:ドリーム-成功者が教える魂の富の作り方(犬飼ターボ)】

ドリーム―成功者が教える魂の富の作りかた ドリーム―成功者が教える魂の富の作りかた

著者:犬飼 ターボ
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 を読み始めました。

 続編の方もかなり衝撃的な展開が待っていそうです♪

◆さて、昨日は「チームコミュニケーション」というテーマで、

 チームコミュニケーションを円滑にする方法は、

 “認め→讃え→報いる”循環を作り上げることであるとお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りにしたいと考えています。

 それでは今日も、お伝えしていきます♪

◆昨日は、チームコミュニケーションを活発化させる方法として、

 ごく簡単にまとめてしまえば、

 “できた仕事は褒める”

 というサイクルを形成していくことをお伝えしました。

 この部分についてもう少しだけ補足しながら、

 このテーマについてのまとめをしていこうと思います☆

◆ディズニーの法則書かれた書籍では、

 こんな喩えが描かれていました。

 ある人がキャストに尋ねるのです。

 「あなたにとって、“お金”と“働きがい”とではどちらが大切ですか?」

 と。

 キャストはこんな風に答えます。

 「それは水と食べ物のどちらが大切かを聞かれているようなものですね。

  水がなければ生きていけませんし、

  食べ物がなくてもやはりそんなに長くは生きられないでしょう。」

 この答えってその通りだと思いませんか?

◆人間にとって、

 「お金」と「働きがい(生きがい)」は、

 どちらかのみ100%満たされていても十分ではありません。

 両者がバランスよく満たされることが大切なのです。

 ・

 例えば、

 お金は生活するのに十分もらえますが、誰にも評価されず、

 失敗すればこれでもかってくらい怒られる仕事だったらどうでしょうか。

 また、ただ延々と意味のない作業を続けるという仕事だったらどうでしょうか?

 ・・・・・精神的にまいっちゃいますよね(苦笑)。

 ・

 逆に、使命感を感じるほど働きがいはある仕事なのですが、

 時給120円だったらどうでしょうか?

 それくらいだったら完全ボランティアの方がよいかもしれませんね(笑)。

 自分の生活がままならないほどのお金しか手にすることができないのであれば、

 やはりそれをずっと仕事として続けていくことは難しいでしょう。

◆私達は、やもすれば「お金」のことばかり考えがちなのかもしれません。

 しかし、この喩えのように、「働きがい」も非常に重要な要素なのです☆

 この「働きがい」を最も簡単、かつ、効果的に与える手段が、

 周りからの適正な評価であり、フィードバックであり、

 自己重要感の充足ということになります♪

 チームのメンバーがそれぞれに関心を持ち、褒め合っているチームと、

 全く無関心で評価もしないチームであれば、どちらが働きがいがあるでしょうか?

◆自分で自分を褒めるのには限界があります。

 10回自分で自分を褒めるよりも、

 1回他人に褒めてもらった方が実感がわくというもの。

 そう感じるのは私だけ・・・ではないですよね(汗)。

◆私達は様々な組織に属し、

 チームとして仕事をしたり、勉強したり、生活しているわけですから、

 相手のことをきちんと見て、コミュニケーションをとっていくことが求められます。

 ‘相手が評価してくれないから、自分も評価しない’

 というような受動的なコミュニケーションではなく、

 ‘まずは自分からだ!’

 という能動的なコミュニケーションをしていってみてはどうでしょうか。

 きっとチーム全体の活性化につながるはずです!

◆私の好きな言葉に、山本五十六さんのこんな言葉があります。

 『言ってみて、やって聞かせてさせてみて、褒めてやらねば人は動かじ』

 今回のテーマは、この「褒めてやらねば」の部分に

 スポットを当ててお伝えしてきました。

 少しでも参考にしていただければ幸いです♪

◆今日は、「チームコミュニケーション」というテーマで、

 チームコミュニケーションの神髄は、自分から褒めることであるとお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からはまた違ったテーマでお伝えします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

|

« ☆“認め→讃え→報いる”循環を作り上げる!☆ | トップページ | ☆原点回帰〔~さよなら東中野小学校~〕☆ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/28723034

この記事へのトラックバック一覧です: ☆給料だけで仕事はできないっしょ!☆:

« ☆“認め→讃え→報いる”循環を作り上げる!☆ | トップページ | ☆原点回帰〔~さよなら東中野小学校~〕☆ »