« ☆目先の出来事に心奪われない強さを身につける!☆ | トップページ | ☆リアルサクセスストーリー【片岡和久さん】②☆ »

☆リアルサクセスストーリー【片岡和久さん】①☆

◆先日購入した犬飼ターボさんの著書の3冊目を読み終えました。

 【今日の1冊:ドリームー成功者が教える魂の富の作りかた(犬飼ターボ)】

ドリーム―成功者が教える魂の富の作りかた ドリーム―成功者が教える魂の富の作りかた

著者:犬飼 ターボ
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 これは著者の名作である『チャンス』の続編として描かれていますが、

 この本から読み始めても何の違和感もないはずです。

◆この本には、普通はあまり登場することがない

 “悪のメンター”が登場します。

 ただ、読んでみて、この“悪のメンター”の方が、

 私達の日常生活には登場しやすいのではないかと感じましたね。

 儲け話ってやつですか。

 それっぽい話はいくらでもありますからね(苦笑)。

 そう言った意味では、すごくリアルに感じられる1冊かもしれません。

 (話の内容には、一部極端な展開に流れる箇所もありますが・・・)

◆ビジネスのヒントとなる要素もふんだんに盛り込まれていて、

 私としては満足な1冊でした!

 どうやら著者は3部作を考えているようで、『ドリーム』はその3部にあたるようです。

 2部が『チャンス』でしたから、あと発刊されていないのは1部だけですね。

 なんだか“スターウォーズ”みたいな展開です(笑)。

 著者の次回作に早くも期待です!!

◆さて、昨日は「目線」というテーマで、

 将来手に入れたいものに目線を上げる必要性をお伝えしました。

 目標設定でも、日常生活でも、ほんの少し目線を上げることで

 見える景色が変わります。

 少し意識してみてくださいね☆

 それでは今日から、新しいチャレンジをしてみようと思います♪

◆今回は、このブログで初めてのチャレンジをしてみようかなと思います。

 というのも、先日お話をさせていただいた

 ㈱ルートの片岡和久さんのお話が面白く、

 ‘成功者の自伝ってみんな知りたいかも!’

 と思い立ち、書いてみたくなりました☆

◆片岡さんは、いわゆる営業のスペシャリストです。

 ただ、ご本人も

 「僕は“売る”スペシャリストではない。

  “買ってもらう”スペシャリストなんですよ。」

 と言われるとおり、普通の人がイメージするような営業手法ではないですね。

 また、法人への戦略アドバイスに携わることが多く、

 月の終わりには翌月のスケジュールが全て埋まるとのこと。

 それもそのはず、毎日午前中だけが仕事の時間。

 残りの時間はご本人が楽しんで、色々なことをやられています。

◆そんな片岡さんに、どのようにしてそんな風になれたのか聞いてみたところ、

 ご自身の今までの流れを教えてくださいましたので、

 片岡さん目線の自伝(っぽいもの?)を書いてみようかと思いました。

 話の都合上、一部フィクションになるかもしれませんが、

 ほとんどノンフィクションで書いていきます!

 成功者はいかにして成功者となるか・・・

 そんな部分に焦点を当てて、読んでいただければ幸いです♪

 成功者のリアルな物語です☆

◆‘109.5%!?’

 一瞬、何の率を確認したのか自分でもわからなくなってしまった。

 自分の想像を超えるとはこういった瞬間を指すのではないだろうか。

 ・

 あの時友人は言っていた。

 「大丈夫、片岡。保証人っていっても、形だけだからさ。」

 その言葉を信じてサインしてしまったのが事の発端だった。

 信頼していた友人の保証債務“780万円”を

 自分が返さなきゃいけなくなったのは、それからわずか数ヵ月後のことだった。

 自分はまだ成人になったばかりの20歳。

 780万円という数字が何だかゲームの世界のお金に感じているくらいだ。

◆しかし、現に自分は780万円の借金を背負っている。

 連帯保証債務とはそういうものなのだそうだ。

 自分がお金を借りていなくても、債務者(要は金貸し)からいつでも

 「金を返せ!」

 と迫られる可能性がある。

 それが連帯保証債務者だった。

 つまり俺は、780万円を借りていなくても、

 金貸しから「金返せ。」と言われたら、

 返さなくてはいけない状況に陥ってしまったわけだ。

 ‘最悪のスタートだ・・・’

 この言葉がずっと頭の中を駆け巡っている。

◆ずっと督促されっぱなしも精神的にきついので、

 とにかく一度金貸しと話さなくてはならない。

 そう思い立ち、督促に来るこわもての男と話をしてみた。

 その金融業者は地域で最も評判の悪い金融業者で、

 この業者のきつい追い込みのせいで、

 町を出なくてはいけなくなった人がいることも知っている。

 ・

 今日初めて、その理由がわかった。

 ・

 利率が法外なのだ。

 109.5%。

 9.5%なら話はわかる。

 当たり前のようにプラスされている100%という数字は何だ?

 おまけなら要らない。

 ざっと計算してみる。

 780万円の借金ということは、

 利息だけで1年間に854万円を返さなくてはならない。

 1日当たり約2万5千円。

 それだけ返しても、元金はほとんど減っていない計算になる。

 「絶望」という言葉は俺のためにあるのか!?

◆こわもての男に、そんな額は支払うことができないので、

 上の人に相談させてほしいと訴えた。

 こわもての男は一笑し、

 「お前なんかになんでうちの上が会う必要があるんじゃ、ボケ!!」

 と怒鳴られた。

 ・

 そうは言っても返せないものは返せない。

 来る日も来る日も、上への面談を懇願した。

 最初は一蹴していた担当者も俺のあまりのしつこさに、まいってきたようである。

 そして、1ヶ月半が経過した時、

 ついに俺の願いが聞き入れられた。

 金融業者の社長と会えることになったのだ。

 ‘とにかくしつこいくらいに行動してみることだな。’

 俺は何かが動き始めたことを感じた。

 ・

 明日に続く。

◆今日からリアルサクセスストーリーをしばらくお伝えしていきます。

 ほぼノンフィクションです。

 楽しんで読んでください。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

|

« ☆目先の出来事に心奪われない強さを身につける!☆ | トップページ | ☆リアルサクセスストーリー【片岡和久さん】②☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/28826212

この記事へのトラックバック一覧です: ☆リアルサクセスストーリー【片岡和久さん】①☆:

« ☆目先の出来事に心奪われない強さを身につける!☆ | トップページ | ☆リアルサクセスストーリー【片岡和久さん】②☆ »