« ☆人は1年を過大評価して、10年を過小評価する☆ | トップページ | ☆自分の能力を「複利」化する☆ »

☆己の1日の限界を知る☆

◆素敵な本を読み終わりました。

 以前から

 ‘絶対読みたい!’

 と思っていた本だったのですが、

 先日ゲストハウスに遊びに行った時に友人が持ってました。

 めちゃめちゃシンクロです☆

 無理を言って借りてきちゃいました。

◆ホントにこんな学校があるんだなぁ。

 【今日の1冊:世界一素敵な学校(ダニエル・グリーンバーグ)】

世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語 世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語

著者:ダニエル グリーンバーグ
販売元:緑風出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 本の表現を借りれば

 「民主的な学校」

 であり、全ては一人一票を持った子どもたちの投票で決まる学校です。

 朝からずっと釣りをしている子もいれば、

 写真を取り続ける子もいれば、

 料理に没頭する子もいる。

 全ては子供たちが自ら興味があることのみをやってよい学校。

 時間割や教室なんてありません。

 それでも、この学校の卒業者の多くはハーバード大学をはじめ、

 難関有名大学に合格していたり、その道のプロと言われるようになっているのです。

◆本来目指すべき教育の形というのは、

 子供の自主性を“最大限”尊重し、一緒になって成長することなんだと思います。

 まぁ、残念ながら日本ではまだ認知されにくいとは思いますが。

 でも、この学校と似たような学校が茅ヶ崎や沖縄に

 存在しているというのは期待できます!

 こんな学校で育ったら、今の大人は進路は全く変わっていたかもしれませんよ♪

◆さて、昨日は「時間イメージ」というテーマで、

 “時間イメージ”とは何かということをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆うまく自分の行動をコントロールできない原因として、

 昨日から“時間イメージ”という概念でお伝えしています。

 要は、

 ‘1年間っていう時間があれば、これくらいのことはできるだろう!’

 と考えていたのに、実際はあっという間に時間が流れて、

 結局は何もできていなかったっていうパターンの原因です。

 このパターンが過大評価ってことになります☆

 逆に、

 ‘10年間で自分ができることなんて、想像つかないやぁ。’

 って思ってしまうと、ホントに何もできずに終わってしまうパターン。

 10年間あれば、たいていのことはできます!

 そのイメージがないのが原因ですね。

 このパターンが過小評価ってことになります☆

◆何も“時間イメージ”をしっかり持つこと目的ではありません。

 【何か目標を設定した時に、行動できるようになること】

 が目的です。

 例えば、

 “5キロ痩せる!”

 という目標があったとします。

 これに対し、残された時間が3日しかなかったらどうでしょうか?

 1日でどれくらい体重を落とせるかイメージして、

 ‘あっ、無理だわ。’

 って思ったら、そもそも行動しないですよね(笑)。

 でも、時間が1週間あったらどうでしょう?

 10日間あったらどうでしょう?

 1ヶ月あったらどうでしょう?

 おそらく、自分で

 ‘これくらいの期間であれば5キロ痩せられる。’

 と感じるのではないでしょうか。

 そんな風に感じられるから、スッと行動に移せるのです♪

 ・

 「人はリアルに想像できた瞬間に、そのものを手に入れる」

 私はそう考えています。

◆では、“時間イメージ”を身につけるためのワークで、

 このようなことをやってみたらどうでしょうか?

 本当は1時間でこれくらいっていうのを知るのもよいのかもしれませんが、

 長い期間になると計算できないし、めんどくさいです(苦笑)。

 ですので、“1日”をワークの単位とします。

◆ご自身の目標に必要な要素の限界を、

 この1日という単位で試してみるのです。

 ・

 例えば、

 営業の仕事であれば、「1日で最高何人に会えるか」。

 ものを書く仕事であれば、「1日で最高どれくらいの量をかけるか」。

 企画の仕事であれば、「1日で最高どれくらいのアイディアを出せるか」。

 資格を取るのが目標であれば、「1日で最高どれくらいの勉強ができるか」。

 ダイエットであれば、「1日で最高どれくらい痩せられるか」。

 お金儲けであれば、「1日で最高どれくらい稼げるか」。

 など、ご自身の目標にそった1日単位の限界を知るのです。

◆もしこれが、自分のイメージを超えたものであれば、

 あなたのセルフイメージは間違いなく向上するでしょう。

 ‘なんだ自分、やればできるじゃん!’

 みたいにね。

 (調子に乗ってはいけませんが(笑))

 もし、自分のイメージよりも低いものであれば、

 目標までの期間を修正する必要があるでしょう。

 潜在意識ではできないことには足が止まってしまいますから。

 自分のペースで進んでよいことを認めてあげるとよいですよね♪

 時に話のネタにもなりますし(笑)、よいワークだと思いますよ。

◆限界のペースをかけ算して必要期間を求めるのには無理がありますから、

 だいたいその1/5から1/6くらいのペースで、

 期間を求めていったらよいのではないでしょうか☆

 自分の持っている1日の“時間イメージ”を、

 正確にするほど動きだしは早くなるはずですからね。

 ・

 明日に続けます♪

◆今日は、「時間イメージ」というテーマで、

 自分の1日の限界を知ることについてお伝えしました。

 明日も引き続きお伝えします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

|

« ☆人は1年を過大評価して、10年を過小評価する☆ | トップページ | ☆自分の能力を「複利」化する☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ブログ、拝見しました。
応援します。
また、寄らせていただきます。

投稿: ひろ | 2009年4月 3日 (金) 22時50分

>ひろさん
 コメントありがとうございます。
 では、早速私も応援しに行きますね!
 また、いつでも遊びに来てくださいな☆

投稿: いさお | 2009年4月 4日 (土) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/28939473

この記事へのトラックバック一覧です: ☆己の1日の限界を知る☆:

« ☆人は1年を過大評価して、10年を過小評価する☆ | トップページ | ☆自分の能力を「複利」化する☆ »