« ☆あなたの印象を正にも負にも変えるものとは?☆ | トップページ | ☆“3ミリ”の差があなたのセルフイメージを変える☆ »

☆【指令】“ダイヤモンドスマイル”を手に入れろ!☆

◆昨日、何気なくテレビを見ていると、

 「変顔ヨガ」

 なる、顔面エクササイズが人気とのことでした☆

 知ってますか、変顔ヨガ(笑)?

 変顔が美容の一面に登場してくるってスゴイですよね。

 高津文美子さんという方が考案されたようですが、

 確かに高津さんの以前の写真と今を比べると、顔が違う。

 全体的にリフトアップしている感じです。

 う~ん、ちょっと気になるところ。

◆その中でも面白かった作業を1つご紹介します。

 まず、鏡を顔の前に平行に持ってきます。

 そのまま腰を折ってお礼するような動きをし、

 顔と鏡が真横に平行になるようにします。

 (顔と鏡がちょうど漢字の“二”になるくらい真横に)

 その時に、当然顔の肉は重力で引っ張られ垂れますよね。

 その顔が今から「10年後の自分の顔」らしいです(苦笑)。

 私は男なので、そこまで変化はなかったのですが、

 「10年後」っていう響きにはグッとくるものがあります。

 そんな風にならないようにフェイスヨガしましょうね!

 っていうメッセージらしいのですが、重いっす。

◆変顔ヨガの一部が紹介されていましたが、

 目を引っ張りながら舌を横に出したり、

 全力のチュー顔を作ったり、

 ムンクの鼻伸ばしなるものがあったり、

 なかなか面白そうでした!

高津文美子のリフティングフェイスヨガ (セレクトBOOKS) 高津文美子のリフティングフェイスヨガ (セレクトBOOKS)

著者:高津 文美子
販売元:主婦の友社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ちょっとした目の付けどころで、話題性は作れるものなんですね♪

◆さて、昨日は「見た目改善計画」というテーマで、

 相手に与える印象を正にも負にも変える要素は、

 “表情”であることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、とにかく見た目には

 「“表情”がものすごく重要な役割をするんだよ!」

 っていうことを伝えました☆

 よく意味はわからなくても、良い表情をしていれば

 人に良いイメージを与えられるってことがわかればOKです!

 ってことで、一番良いイメージを与えるための、

 笑顔について今日はお伝えしていきますね。

◆最高の笑顔をするためには、訓練が必要です。

 もうこれは

 「笑顔トレーニング」

 と言っても過言ではないですね。

 自然な笑顔では、それなりに限界があります。

 それまで笑顔を意識して生活してきた方なら別ですが、

 普通に過ごしてきた方は笑顔を作る顔の筋肉が衰えています。

 ひきつった笑顔になっちゃうのはやむなしです(苦笑)。

 したがって、トレーニングが必要になるのです。

 でも、裏を返せば、トレーニングさえすれば、

 誰でも最高の笑顔ができるってことですからね!

 やってみる価値はあります♪

◆第一ステップは、

 “プチスマイル”

 です。

 これは左右の口角を1度上げます。

 微笑のような表情でしょうか。

 ただ、全てのステップに共通することですが、

 口元は笑顔でも、目が笑っていないと怖いです(笑)。

 ですので、自分がめちゃくちゃ大好きなモノを見ている時の

 目を意識しながら、笑顔を作っていくといいですね!

◆第二ステップは、

 “ハーフスマイル”

 です。

 これは左右の口角を3度上げます。

 ハーフスマイルの時点で前歯は全て見えると思います。

 口角を上げるのは、口角に針を引っ掛けられて、

 無理やり上げられているようなイメージでよいです。

 ‘大げさかな?’

 くらいにやってちょうどいいはずです。

 自分がイメージするよりも顔の筋肉は動いていません。

 ですので、思いきってやってみてくださいね!

◆そして、最終の第三ステップは、

 “ダイヤモンドスマイル”

 です。

 いわゆる満面の笑みってやつですね。

 これは口角を自分の限界まで上げます。

 この時に上の歯が10本見えていないと、

 ダイヤモンドスマイルが成功したとは言えないようです。

 10本ってなかなか大変ですよ☆

 目じりも下がるようなイメージです。

 このダイヤモンドスマイルを思い出した時に、

 すぐにやってみます!!

 繰り返し、繰り返し訓練していきます。

 自分の最高の笑顔って自分で見たことありますか?

 気持ち悪いですよ(笑)。

 な~んて、冗談です。

 きっと最高の表情のはずですから、

 一度見てみることをお薦めします。

◆ダイヤモンドスマイルは、初対面の挨拶時などにできると最高ですね。

 ‘この人の表情いいなぁ♪’

 と思われること間違いなしです。

 表情はスキルです!

 咄嗟に笑顔を作り出すことも、日頃のトレーニングの賜物です。

 笑顔トレーニングを続けていると、自然な笑顔ができるようにもなります。

 冒頭で紹介したフェイスヨガではないですが、

 笑顔トレーニングでも顔の筋肉がほぐれるのがその理由です☆

 ヨガだと思って、鏡の前で最高の笑顔を作ってみてはいかがでしょうか?

 ダイヤモンドスマイルをあなたのスキルに!

◆今日は、「見た目改造計画」というテーマで、

 ダイヤモンドスマイルを作り出すトレーニングをお伝えしました。

 明日も引き続きお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

|

« ☆あなたの印象を正にも負にも変えるものとは?☆ | トップページ | ☆“3ミリ”の差があなたのセルフイメージを変える☆ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

いさお様
ご無沙汰しています。
ちょっと興味ある内容だったのでコメントさせてもらいますね。
私のモットーは「笑顔」です。これは誰にも負けないかも!っていうぐらい自身があります。というのも、私、笑い顔なんです。本当に印象では得をしてきた気がするし、きつい事言ってても顔は笑ってるんですよね・・・。
でもこれって生まれつきって思ってたんですけど、会社である研修を受けてて知ったのですが、いさお様が言うように訓練なんですね。だから、表情が暗いとか言われないように、その講師も骨格筋を和らげる練習をしなければダメって言ってました。私も幼いころから自然に訓練されていたのかな??
『笑顔』って大事ですよね!いさおくん。
私の正体わかったかな。いったい誰でしょう?うふっ☆

投稿: パーティー | 2009年4月14日 (火) 22時52分

>パーティー様
 コメントありがとうございます。
 本当に久しぶりですね☆
 “笑顔”に自信があるっていうのは、相当な強みですし、
 セルフイメージも素晴らしいと思います。
 正直、羨ましいです!
 そうなんです、表情も訓練なんです。
 日常生活(習慣)に勝る訓練はないと思いますが、
 意識することは大切です。
 親御さんに伸び伸びと育てられたのでしょうね。
 たくさん感謝してくださいな。
 にしても、僕の周りは笑顔が素敵な方が多いので、
 残念ながら笑顔だけでは特定ができません(泣)。
 ヒントがあれば、またコメントくださいな!

投稿: いさお | 2009年4月17日 (金) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/29096288

この記事へのトラックバック一覧です: ☆【指令】“ダイヤモンドスマイル”を手に入れろ!☆:

« ☆あなたの印象を正にも負にも変えるものとは?☆ | トップページ | ☆“3ミリ”の差があなたのセルフイメージを変える☆ »