« ☆ユニークポイントで面接官の興味を惹く!☆ | トップページ | ☆日々アウトプットしてますか?☆ »

☆面接上達の道はコミュニケーションに通ずる☆

◆昨日は、キンスマという番組で、元ボクシング世界チャンピオンの

 “辰吉丈一郎”

 選手の特集がやっていました。

 何ともなしに眺めていたのですが、

 だんだんと見入ってしまいました☆

 というのも、辰吉選手の考え方がハンパないんですよね。

◆どこら辺がすごいかと言えば、

 まず、0歳の時に母親が家を飛び出し、それ以来1回も会っていないのですが、

 そのお母さんにめちゃくちゃ“感謝”していること。

 普通は、自分を置いて出ていってしまった母親には、

 恨みつらみの一言を言ってみたくもなるものですが、

 辰吉選手は

 「理由はどうあれ、自分を10ヶ月も身ごもって生んでくれたことに感謝している」

 とハッキリおっしゃってました。

 思ってないと、言えないフレーズだと思いましたね。

 もちろん、育ててくれた父親は“神様”と表現していましたし。

 ・

 また、チャンピオンになった直後に網膜剥離と診断され、

 日本で試合ができなくなりました。

 その際にも自分の考えを貫き、海外で再起を図り、

 最終的にはその時の世界チャンピオンである薬師寺選手との

 日本での対戦を実現させました。

 つまり、既成概念をとっぱらって、不可能を可能にしたんですよね!

 まさに、“思考は現実化する”ってやつですわ。

◆来週も特集の後半があるようなので、

 見ますね、確実に☆

 ⇒ http://www.tbs.co.jp/kinsma/

 ただ、なんだろな。

 1つ違和感があるとすれば、辰吉選手に対する

 あの仰々しさが気になります。

 辰吉選手が照れ屋であることを差し引いても、

 あそこまでみんなで「スゴイ、スゴイ」って祀らないでもいいのになって。

 内藤選手くらいの親しみやすい絡みでいけないもんでしょうか(笑)。

◆さて、昨日は「面接官から見た面接心得」というテーマで、

 ユニーク性を出すことで面接官の印象に残ることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今回のテーマは、

 「面接官から見た面接心得」

 ということで更新してきました。

 “それやっちゃいますか”

 という面接でのタブーから、

 “そんな学生は落とせない”

 という思わず面接官が魅かれてしまうプラスアルファまで。

◆一通り私が面接について思うところをお伝えしてきましたが、

 これって面接に限った話ではないんです☆

 広い意味でとらえると、

 【コミュニケーション全般について通じる】

 ととらえていただいても問題ないと思われます。

 ですので、これまでのタブーとプラスアルファを、

 対人コミュニケーションで置き換えて振り返ってみましょう!

◆まず、1つ目は「元気」。

 元気がある人とない人とでは、どちらと話したいですか?

 元気があると、コミュニケーションは活発化します。

 ・

 2つ目は、「容姿」。

 第一印象はコミュニケーションにおいても後々まで影響します。

 決して、カッコイイとか綺麗という問題ではなく、清潔感の問題です。

 ・

 3つ目は、「自然体」。

 自分がガチガチだと相手も緊張します。

 また、あまりにラフ過ぎてもあまり印象はよくないようですね。

 ・

 4つ目は、「興味」。

 相手に興味を持っていないことが伝わると、盛り上がりません。

 聴くことは興味から始まります。

 ・

 5つ目は、「やりとり」。

 コミュニケーションでは、一方的に話しても、一方的に聴いてもダメです。

 相手とのキャッチボールが大切です。

 ・

 6つ目は、「バリエーション」。

 話題は豊富な方がコミュニケーションは活発になります。

 相手のフィールドに合わせたコミュニケーションができると最高ですね!

 ・

 7つ目は、「有言実行」。

 口だけは達者な人と、積極的にコミュニケーションを図りたいでしょうか?

 言葉と行動が伴っている人は魅力的に感じますよね。

 ・

 8つ目は、「人間味」。

 ロボットや演技のようなリアクションでは、相手の興味も失せちゃいます。

 感情を込めて接することが大切ですね。

 ・

 9つ目は、「間」。

 間が空き過ぎても微妙ですし、間を詰め過ぎても微妙です。

 絶妙な間が保てるとテンポがよくなります。

 ・

 10個目は、「均質な対応」。

 相手によって対応を変えるのはよくないですね。

 どんな相手であっても同じ対応を心がけたいものです。

 ・

 11個目は、「ユニーク性」。

 相手に覚えてもらうことは、コミュニケーションにおいて重要です。

 自分を印象付けるためのユニーク性を持っておきましょう。

◆どうでしょうか、どれも面接でも必要な要素ですし、

 コミュニケーションにおいても大切な要素です。

 つまり、

 【面接がうまくなれば、コミュニケーションも上達している】

 ってことです☆

 この点を意識して、日々コミュニケーションをとっていくのはいかがでしょうか。

◆今日は、「面接官から見た面接心得」というテーマで、

 面接はコミュニケーションに通ずることをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からは、また新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第3位奮闘中!≫

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

|

« ☆ユニークポイントで面接官の興味を惹く!☆ | トップページ | ☆日々アウトプットしてますか?☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/29860727

この記事へのトラックバック一覧です: ☆面接上達の道はコミュニケーションに通ずる☆:

« ☆ユニークポイントで面接官の興味を惹く!☆ | トップページ | ☆日々アウトプットしてますか?☆ »