« ☆超能力がない限り、見てるだけじゃダメ☆ | トップページ | ☆『ウサギとカメ』が本当に伝えたかった大切なコト☆ »

☆本番共有力で相手をエンロール!☆

◆伊坂幸太郎さんの本を、また1冊読み終えました。

 【今日の1冊:チルドレン(伊坂幸太郎)】

チルドレン (講談社文庫) チルドレン (講談社文庫)

著者:伊坂 幸太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この作品・・・・・期待していなかっただけに、面白かったです!

 初めて伊坂幸太郎さんの作品の中で、

 最初から最後(最後、ちょっと抜けましたが・・)まで面白いと感じた作品かも。

 伊坂さんの他の作品では、いそうでいない人物が多かったですが、

 この作品では、いなさそうでいそうなキャラがすごいっす☆

 ウケました、かなり笑った。

◆思うんですけど、

 伊坂さんの作品ってある種ファンタジーなんじゃないかって。

 いや、もちろん現実世界のお話が多いですし、

 設定は全然ファンタジーじゃないんです。

 ただ、

 ‘絶対いないよな。’

 って思わせつつ味のある人物や時間軸を巧妙に操る話の展開が

 どうもファンタジーを思い出させます。

 「確実に人の嘘が見抜ける人間」、「体内時計で1秒まで正確に計れる人間」、

 「自分の思ったことを人に言わせられる人間」、「国から狙われる人間」、

 「死神」、「言葉をしゃべるカカシ」など、

 やはり設定がすごいです(汗)。

◆その点、今回主人公、かつ、脇役(?)という微妙な位置の

 “陣内”っていうキャラがいるんですけど、相当面白いです!

 とにかくぶっ飛んだ言動なんですけど、

 ただ、「絶対いない」とは言い切れないリアルさを醸し出してます。

 “陣内”がまたどこかの作品で登場することを心待ちにしています♪

◆朝一のつまらない天気の会話とおさらばするメルマガです。

 「ねぇねぇ、知ってます?」

 をきっかけにして、会話の糸口にしてもらえればと思います。

 メンタル不調は会話がないことから始まります☆

 このメルマガで、朝一のコミュニケーションを活発化しちゃいましょう!

 解除はいつでもできますので、ぜひ今すぐ登録してみてくださいね♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  ↓

◆さて、昨日は「本番共有力を養おう」というテーマで、

 本番共有力を高める方法をお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆本番共有力は、相手のことを好きになり、

 相手とのキャッチボールを繰り返し行っていくことで

 高められていきます。

◆例えば、相手が車を見に来た際に、

 最初はどんな車を求めているかわからない相手であっても、

 ・

 自分:「どんな風に車を楽しむ予定ですか?」

   ⇒ 相手:「休日にドライブをね。」

 自分:「イイですね、どこに行きましょう?誰と行かれるんですか?」

   ⇒ 相手:「彼女と海とかに行ってみたいんだよね。」

 自分:「爽やかな風と共に海までのドライブ、BGMは何かけます?」

   ⇒ 相手:「そうだなぁ、やっぱりサザンかな。」

 自分:「サザンですか!まさに、夏っぽいですね。

     いつ頃から乗られるんですか?」

   ⇒ 相手:「この夏からは乗りたいと思ってるんだ。」

 自分:「通勤でも乗られるイメージですかねぇ?」

   ⇒ 相手:「いや、通勤は車で行くような距離じゃないから専ら休日だね。」

 自分:「なるほど、休日限定ですね。けっこうかっ飛ばす感じですか?」

   ⇒ 相手:「そうなんだ、やっぱり走る車がいいんだよね!」

 自分:「走る車となると・・・スポーツカータイプで

     オープンカーにもできる○○○とかって、かなり爽やかですよ。」

   ⇒ 相手:「それ、見たことあるよ。カッコイイよね。」

 自分:「デートなんかにはもってこいですね。夜景なんかもイイですよね。」

   ⇒ 相手:「あっ、イイねそれ。オープンカーから見る星空もよさそうだし。」

 ・

 ってな具合なやりとりができますよね。

 “休日”“彼女と”“海へ”“夏”“休日限定”“スピードが出る”

 などの情報や相手の表情から、本番をイメージしていきます☆

 1つ1つ情報を積み重ねていけば、

 相手のイメージに一番近いものを提案できるのではないでしょうか?

 「“売りたいもの”ではなく“売れるもの”」

 という言葉を聞いたことがあります。

 相手の本番をバッチリ共有できたら、自然と売れちゃうんでしょうね。

◆今までは、接客・販売をイメージしていましたが、

 本番共有力はそれだけにとどまりません。

 私達の仕事や日常生活においても非常に重要な力となります。

◆例えばあなたが、

 ‘よい家を建てたい’

 と思ったとしましょう!

 家を建てるために、設計士さんと建築家さんを呼びました。

 そこで、3者で

 「よい家を建てましょう!」

 と堅い約束を交わしたとします。

 しかしながら、もし本番が十分に共有できていなかったとしたら、

 あなたが満足する家は建たない可能性があります。

◆なぜなら、“よい家”という本番が抽象的過ぎるからです。

 人によっては、

 “とにかく丈夫な家”がよい家かもしれませんし、

 “機能性が高い家”がよい家かもしれません。

 また、場合によっては“コストを抑えられる家”がよい家だってこともありえます。

 その本番を具体的に相手にイメージしてもらわないと、

 本当にあなたが望む“よい家”を建築することはできないのです。

 あなたの本番を相手に共有してもらう必要があるのです☆

 ・

 つまり、

 相手の本番に共有できる力はもちろん、

 【相手に自分の本番を共有してもらう力】

 も本番共有力は含んでいると考えられます☆

 おそらくこれが実践できている鶴岡さんだからこそ、

 多くの人に共感してもらえるプロジェクトを立ち上げていけているのでしょう!

◆あなたが

 「相手に何かわかってほしい時」(例:プレゼン)、

 「チームで何かを作り上げていく・目指していく時」(例:プロジェクト)、

 「自分発信で何かを興していく時」(例:起業)・・・など、

 他にも家族旅行を決めたり、友達と合同で贈り物を買ったり、

 相手と何か決めていくプロセスに立ち会った時には、

 この“本番共有力”を意識してみてはいかがでしょうか?

 きっと、あなたのお役に立つことでしょう☆

◆今日は、「本番共有力を養おう」というテーマで、

 本番共有力は相手に共感・共有してもらう力でもあることをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとし、

 明日からはまた、違ったテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

|

« ☆超能力がない限り、見てるだけじゃダメ☆ | トップページ | ☆『ウサギとカメ』が本当に伝えたかった大切なコト☆ »

メルマガ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/30236462

この記事へのトラックバック一覧です: ☆本番共有力で相手をエンロール!☆:

« ☆超能力がない限り、見てるだけじゃダメ☆ | トップページ | ☆『ウサギとカメ』が本当に伝えたかった大切なコト☆ »