« ☆本番共有力で相手をエンロール!☆ | トップページ | ☆目標と目的を混同してはダメ!☆ »

☆『ウサギとカメ』が本当に伝えたかった大切なコト☆

◆東野圭吾さんの未読作品を読みました。

 探偵ガリレオシリーズの続編です。

 【今日の1冊:ガリレオの苦悩(東野圭吾)】

ガリレオの苦悩 ガリレオの苦悩

著者:東野 圭吾
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 いつものガリレオシリーズと同じく(「容疑者Xの献身」は除きますが)、

 短編集形式でした。

 5つの話のうち、2つは既にトリックは知ってました。

 おそらくドラマで題材として使われていたんでしょうね☆

 それでも、ドラマとはまた違った読後感でした。

◆ハッキリ言ってしまうと、とりたてて目を引く作品ではなかったです。

 また、ガリレオっぽい凝ったトリックは、

 2話目の「操縦る(あやつる)」くらいなもので、

 どちらかと言えば登場人物の微妙な心理を描いた作品が多かったです。

 今作からドラマの影響があるのか、

 柴崎コウさんのような女性刑事が登場します。

 どうしても福山さんと柴崎さんのイメージが出てきてしまうのは困ったものです。

◆今までのガリレオシリーズはこんな感じですね。

 1位 【容疑者Xの献身】 ←ダントツです!

容疑者Xの献身 (文春文庫) 容疑者Xの献身 (文春文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 2位 【探偵ガリレオ】 ←物理とミステリーの組み合わせがインパクト大

探偵ガリレオ (文春文庫) 探偵ガリレオ (文春文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 3位 【予知夢】 ←話の題材が面白いかも

予知夢 (文春文庫) 予知夢 (文春文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 4位 【ガリレオの苦悩】 ←面白くないわけではないので、決して

ガリレオの苦悩 ガリレオの苦悩

著者:東野 圭吾
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 まだ『聖女の救済』を読んでいないので、どんな作品なのか楽しみです♪

◆さて、昨日は「本番共有力を養おう」というテーマで、

 本番共有力は相手に共有・共感してもらう力でもあることをお伝えしました。

 それでは今日から、また新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆元ネタをバラしてしまえば、

 引き続き鶴岡秀子さんの講演会で教えていただいたことです。

 でも、すごく目から鱗の内容であったため、

 ここで書かずにはいられませんでした☆

 ということで、前回のテーマに引き続き、

 鶴岡さんの講演会ネタで更新させていただきます。

◆唐突ですが、童話の『ウサギとカメ』をご存知でしょうか?

 おそらく大多数の方はご存知だと思うのですが、

 念のためあらすじだけ。

 ・

 「ある日、ウサギとカメが山の頂上を目指して競争することになりました。

 ウサギは、

 ‘あんな遅いカメなんかに競争で負けるわけがない。’

 と鼻で笑っていました。

 スタートと同時に飛び出したウサギは、カメをぐんぐん引き離し、

 頂上の手前で振り返ってみると、カメとの差はかなり広がっていました。

 そこでウサギは、

 ‘これだけの差があれば追いつかれることはないな。昼寝しちゃえ。’

 と思い、レース中でありながらも昼寝をしてしまいました。

 一方のカメは、終始一貫したペースで歩みを進めました。

 はじめはあれだけあったウサギとの差も、

 ウサギが昼寝をしている間にみるみるうちに縮まりました。

 そして、とうとうウサギが寝ている間に、

 ウサギを追い越しカメが先に頂上に到達しました。

 競争はカメの勝ちです。

 ウサギが気づいてとても悔しがりましたが、後の祭りでした。」

 と、こんなストーリーでしたよね♪

◆ところで、あなたはこの童話を通して学んだことは何でしょうか?

 ウサギとカメの態度からどのようなことを感じたのでしょうか?

 ちょっと思い出してみてください☆

◆おそらく多くの方は、

 ウサギが昼寝で負けたことから、

 “自信過剰”“油断大敵”“最後まで気を抜いてはいけない”

 というような心得を学び、

 カメが勝ったことから、

 “継続は力なり”“ちりも積もれば山となる”“努力は裏切らない”

 というような教訓を学んだのではないでしょうか。

 私もそうでした。

 ‘ウサギのようになってはダメだ。

 このカメのように歩んでいかないといけないな。’

 と子供ながらに思ったものです。

◆この解釈が間違っているというような話ではありません。

 このような学びを得ることはとても重要です☆

 じゃぁ、何が言いたいのかと言えば、

 この『ウサギとカメ』からは、もう1つ大きな学びが得られるということです。

 この話を聴いた時に、非常にわかりやすいと感じました。

 今日はそのもう1つの学びをお伝えしたかったのです。

◆では、早速お伝えしますね。

 ウサギが負けた原因ですが、

 表面上は昼寝をしてしまったことなのですが、

 実はその裏に本当の原因が隠れています。

 それが何かと言えば、

 【ウサギは“カメに勝つこと”にフォーカスしていた】

 から負けてしまったのです。

 一方のカメは、

 【ウサギに勝つことではなく、“頂上にたどり着くこと”にフォーカスしていた】

 から勝てたのです☆

◆そうなんです!

 実は、『ウサギとカメ』が伝えたかったコトは、

 【フォーカスが違うと、結果が変わってくる】

 ということを伝えたかったのです。

 この解釈、ちょっとドキッとしませんか!?

 解説は明日に続けますね♪

◆今日は、「フォーカスにより結果が変わる」というテーマで、

 『ウサギとカメ』の真実についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

 メルマガへの登録にもご協力ください(いつでも解除可能ですので)。

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

|

« ☆本番共有力で相手をエンロール!☆ | トップページ | ☆目標と目的を混同してはダメ!☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/30251478

この記事へのトラックバック一覧です: ☆『ウサギとカメ』が本当に伝えたかった大切なコト☆:

« ☆本番共有力で相手をエンロール!☆ | トップページ | ☆目標と目的を混同してはダメ!☆ »