« ☆“本番共有力”という魔法☆ | トップページ | ☆本番共有力で相手をエンロール!☆ »

☆超能力がない限り、見てるだけじゃダメ☆

◆今日はとびきりの1冊をご紹介いたします。

 以前に、居酒屋「てっぺん」の創業者である大嶋啓介さんの

 お話を中心に、脳のワクワク状態についてお伝えしました。

 その大嶋さんが師と仰ぐ方が、西田文郎さんという方です☆

 西田さんは、野球の桑田選手、サッカーの斧選手をはじめとする

 プロアスリートのメンタルアドバイザーをされている方で、

 日本でのイメージトレーニング・指導のパイオニアと呼ばれている方です。

 西田さんの“スーパーブレイントレーニング”を、

 大嶋さんは朝礼に取り入れて、大成功をあげられているとお聞きし、

 ぜひ本を読んでみたいと思ったところ、すぐに入手することができました。

◆今まで聞いたことがなかった内容が、

 色とりどり数多く詰められていました。

 【今日の1冊:人生の目的が見つかる魔法の杖(西田文郎)】

人生の目的が見つかる魔法の杖 人生の目的が見つかる魔法の杖

著者:西田 文郎
販売元:現代書林
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 「人生の目的がみつかる」なんて、大げさなタイトルと思いましたが、

 脳のコントロールをすることで、今後の人生観を変えるという意味では、

 人生の目的が見つかると言ってよい本ですね。

◆章のタイトルを少しかいつまんでみると、

  ・○に惚れろ

  ・○を使うな

  ・○をイメージしろ

  ・○を見つけろ

  ・○○○まで落ちろ

  ・徹底して○○○○ろ

  ・○へ出よ

 う~ん、全くわからないですよね。

 いや、章のタイトルだけ見ちゃうと、

 勝手にイメージだけが先行してしまうかなぁと思ったのですが、

 気になると思うので、書いちゃいますね☆

 最初から「女」「頭」「死」「師」「どん底」「あきらめ」「外」が○に入ります。

 ただ・・・・・内容は表面的なものでは断じてないので、一読を薦めます!

 「振り子の法則」とか知らなかったですね。

 基本的に人間がマイナス思考な理由もわかります。

 詳細は読んでみないとわかりません。

 この本、ホントに読んだ方がいいですね♪

◆さて、昨日は「本番共有力を養おう」というテーマで、

 本番共有力とは何かについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆本番共有力とは、相手の本番がどのような場面・環境かを想像し、

 相手と同じ本番を共有できる力のことです。

 つまり、

 服であれば、実際に相手がその服を着る時ですし、

 家であれば、実際に相手がその家に住む時ですし、

 車であれば、実際に相手がその車に乗る時なのです。

 わかってるようで、相手のことを考えずに説明をしてしまったり、

 その場しのぎのトークをしてしまうこともあるのではないでしょうか。

 その違いが成果の違いとなって表れることでしょう。

◆では、“本番共有力”はどのようにして高めていくのでしょうか?

 どのように磨いていくものなのでしょうか?

 その部分についてお伝えしていきますね☆

◆仮にあなたが超能力を使えるのであれば、

 相手の考えている本番をテレパシーで理解し、

 その本番をしっかり思い描きながら対応することが可能でしょう。

 しかし、残念ながら超能力が使えないのであれば、

 ただ見ているだけでは相手の本番はわかりません!

 相手とのコミュニケーションが欠かせない要素となります。

 「言葉のキャッチボール」

 ってやつですね。

◆1つ注意していただきたいのが、

 ただしやみくもに話しかければいいというわけではないということです。

 しっかり相手を見極めて、話しかけるべき時に話しかけるというのも

 大切なポイントだと思います。

 しかしながら、

 ‘あっ、今がタイミングかな’

 と思っても、会話の糸口が見つからず、

 話しかけられないということもあるかもしれません。

 そんな状況に対し、鶴岡さんはこんな風におっしゃっていました。

 ・

 「相手を好きになっちゃえばいいんです!」

 ・

 相手を好きになってしまえば、

 ‘なんでこの商品を見てるんだろう?’

 ‘なんで今の時間に買い物してるんだろう?’

 ‘あのバッグお洒落だなぁ、高いのかな?’

 など、その人に対して興味がわいてくるとのこと。

 確かに興味がわけば、疑問や知りたいことが自然と出てきます。

 それ単純に相手に聴いてみればよいのです☆

 それが会話のきっかけとなります。

 なんだか簡単そうに聞こえますよね(笑)。

◆「言葉のキャッチボール」

 の基本は、相手の話を聴くことです。

 「きく」のは“聞く”ではなく、“聴く”ですからね。

 しっかり、耳に目と心をプラス(+)して聴かなければなりません。

 ただし、

 【聴く対象は「商品」ではなく「相手」】

 ですので、フォーカスの対象を間違えないようにしないとですね。

 ・

 そこで詳細に聴いた情報を、頭の中で明確にイメージしていけば、

 相手とかなり近いイメージの本番を共有できるのではないでしょうか?

◆この話を聴いて思ったのは、

 おそらく服屋の店員さんが売っている服を自分が着ているのは、

 相手に本番を勝手にイメージしてもらうためなんだなって思いました。

 ‘もし、自分があれを着たら・・・’

 って動いている店員さんを見てイメージを膨らませる。

 そんな効果があるのではないでしょうか。

◆ちょっと話はずれたので元に戻すと、

 会話のきっかけとはいえ、相手を好きになってしまうと、

 よほどのことがない限り、自分を嫌いになることはありません。

 何かのアンケート調査でも見ましたが、

 自分に好意があるとわかった場合に、相手のことをどう思うかで、

 ほとんどの人は

 「知る前よりも好きになる」

 というアンケート結果を見ました☆

 その意味でも相手を好きになるというのは大切なんですね。

◆本番共有力を高める方法として、

  1.相手のことを好きになる(興味を持つ)

  2.言葉のキャッチボールを意識する

 という方法をお伝えしました。

 明日は、他への応用についてお伝えしていきます。

◆今日は、「本番共有力を養おう」というテーマで、

 本番共有力を高める方法をお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつも皆様の応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの皆様に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

|

« ☆“本番共有力”という魔法☆ | トップページ | ☆本番共有力で相手をエンロール!☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/30221038

この記事へのトラックバック一覧です: ☆超能力がない限り、見てるだけじゃダメ☆:

« ☆“本番共有力”という魔法☆ | トップページ | ☆本番共有力で相手をエンロール!☆ »