« ☆セルフイメージを下げる“3つのD”を使ってませんか?☆ | トップページ | ☆“過小評価”の女王ワードは……☆ »

☆“正当化”の王様ワードは……☆

◆本格的に過去問にとりかかりました。

 今回、私が選んだ過去問集はコレです。

 【今日の1冊:詳解 宅建過去7年問題集】

詳解 宅建過去7年問題集〈’09年版〉 詳解 宅建過去7年問題集〈’09年版〉

著者:コンデックス情報研究所
販売元:成美堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 なぜ、この問題集を選んだかというのはいくつか理由があります。

  1.10年分の問題だと、古くなりすぎて、あまり意味がない

  2.繰り返し何度も解くため

  3.回答用のマークシート用紙が付いているため、本番と同じ態勢で解ける

  4.問題と回答が離れている(次頁に回答があると、ついつい見ちゃう)

  5.シンプルでムダなことが書かれていない

 過去問はあくまでも質より量を解いて、出題の論点をつかむのが目的なので、

 これくらいの問題集がちょうどよいと判断しました。

◆現在、20年、19年と解きましたが、思った以上に難解です(泣)。

 テキストで内容を理解するのと、それがいざ問題に落とし込まれて、

 出題された時のギャップがものすごく大きいです。

 今はそれを埋める作業ですね。

 自分の今の弱点は明確になったので、

 まずはそこを補いつつ、問題を解くことに慣れていきます。

 絶対受かるぞ!!

◆朝一が楽しくなっちゃうメルマガを配信しています【日刊】♪♪♪

 朝一の同僚との話題作りに、ニュースを見る代わりに、

 よろしければメルマガにもご登録ください(いつでも解除可能ですので)。

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 今日のタイトルは「重要文化財を破壊してしまった時の空気」です。

◆さて、昨日は「セルフイメージを下げる言葉との決別」というテーマで、

 セルフイメージを下げる“3つのD”についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆ダメダメワードとして挙げさせていただいた“3つのD”のうち、

 今日は「だって(Datte)」に迫ってみたいと思います。

 「だって……」

 親しみを覚えるくらい(笑)、ついつい使っちゃってますよね。

 実は私も昨日、会話で2回、メールで1回使っちゃいました。

 「だってさぁ」

 と、勝手に活用形にして使ってますね(汗)。

 手強い言葉っす。

◆この「だって……」という場合、

 95%くらいの確率で、次にくる言葉の類が決まっています。

 それがズバリ

 “言い訳”

 です!

 言い訳に分類される言葉がほとんどの確率で後に続きます。

 ・

 「だって、○○さんがやっといてって言ったから。」

 「だってさぁ、このシステムだとこれが限界でしょ。」

 「だって、暑すぎだよ、絶対。」

 ・

 いくらでもありますねぇ。

 もちろん、中には言い訳と言っても、

 ポジティブだったり客観的な理由を述べるパターンもあります。

 ただ、圧倒的に多いのはネガティブな使い方のようです。

◆このネガティブな言い訳を使うことによって、

 どんな効果が得られるかと言えば、それはたった1つです。

 ・

 【自分を正当化できる】

 ・

 これに尽きますね。

 あなたが

 「だって……」

 を使う場面を具体的に思い出してみてください。

 思い出せる範囲で1つ2つ思い浮かべてください。

 どんな場面で使ってますか?

 どんな事を考えて使っていますか?

 思い浮かべることができたら、先へ読み進めてください♪

◆あなたが「だって……」を使う時、

 何かを他人のせいにしてしまっていませんでしたか?

 環境のせいにしてしまっていませんでしたか?

 自分(だけ)は正しいと思っていませんでしたか?

◆もちろん、本当に原因が別なこともあるでしょう。

 ただ、ここで目を背けてはいけないことは、

 ・ 

 【自分を正当化しても問題は解決しない】

 ・

 ということです。

 つまり、

 「だって……」

 を使用して自分を正当化すると、

 他人事になってしまうという盲点があるのです。

 常に一歩引いた自分となってしまい、

 いつも逃げるセルフイメージができてしまったりします。

 困難に真正面からぶつかれない自分を作り上げてしまったりします。

◆もちろん、あなたと同じように周りの人も

 「あなたは常に言い訳する人」

 というレッテルをあなたに貼ってしまうことがあるのは、

 しごく当然のことですよね。

 う~ん、書いてて怖くなってきました(苦笑)。

 「だって……」

 とバイバイしませんか?

 私はしたいです!

 明日に続けますね。

◆今日は、「セルフイメージを下げる言葉との決別」というテーマで、

 「だって」のもたらすデメリットをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境を作ること』

 です。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。 

|

« ☆セルフイメージを下げる“3つのD”を使ってませんか?☆ | トップページ | ☆“過小評価”の女王ワードは……☆ »

不動産関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/30454958

この記事へのトラックバック一覧です: ☆“正当化”の王様ワードは……☆:

« ☆セルフイメージを下げる“3つのD”を使ってませんか?☆ | トップページ | ☆“過小評価”の女王ワードは……☆ »