« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

☆“自分がすべきことの基準”をどこに設定するか?☆

◆昨日は、月1の講座に参加してきました。

091129_16050001

 『コピーライティング大学月例セミナー』です☆

 いよいよ昨日が最終回でした。

 半年間、あっという間でしたね。

 実に学びの多い講座でした。

 インターネットのコンテンツビジネスの基礎が、

 ド素人の私ですが一から学ぶことができました。

◆また、最終回ということで、打ちあげもありました。

091129_184900010001

 【今日のお店:すし屋 銀蔵 秋葉原別館】

 ⇒ http://r.gnavi.co.jp/g135765/

 20人くらいでしょうか。

 みんなそれぞれ何かしら目標を持っており、

 意識の高い集団でした。

 聞くところ進藤慈久さんはものすごく激務なようでしたが、

 堀江さんとの飲みの話や、今後のアジア進出など、

 実に話題が豊富でした。

 この半年間一緒に学んだ仲間とは、

 すごく良い縁に恵まれたと思っています。

 みなさん、今後ともよろしくお願いします♪

◆さて、昨日は私の「就職活動応援プロジェクト」についてお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えします♪

◆今日のテーマは、「自分がすべきことの基準」です。

 分野や内容についてのすべき基準というのは人それぞれなので、

 もっと大きな枠組みでの話です。

 どういうことかと言えば、自分ができることとの関連です☆

◆私はこのように考えています。

 ・

 【「できること」をやるのは当たり前。

  「できそうなこと」を必死でやる。

  「できないこと」はやらない。】

 ・

 私達がすべきことの基準は、

 この「できそうなこと」にあるのではないかと考えています。

 どういうことでしょうか?

◆既に「できること」については、

 今までの成長過程の中でできるようになったことですので、

 今以上の成長につながる起爆剤にはなりえません。

 例えば、

 早起きができる人にとっては、

 早起きをすることが直接の成長にはなりません。

 なぜなら、既に実践できているからです。

◆しかし、「できそうなこと」についてはどうでしょうか?

 当たり前の話ですが、

 今はできていないから「できそうなこと」になっているのです☆

 実はここに成長の伸びしろが隠されています!

 ・

 100メートルを10秒1で走れる選手は、

 努力をすれば10秒を切ることができるかもしれませんよね。

 どうすればあと0秒1縮めることができるのか、

 そこにフォーカスして必死で努力をするので、

 できるようになるのです。

 成長していますよね。

 これが「できそうなこと」を必死でやることであり、

 その選手が今すべきことなのです☆

◆ところが、

 10秒を切るというハードルを無視して、

 “世界新記録を出そう!”

 ということを目指したらどうなるでしょうか?

 まぁ、一般の選手であれば、まず不可能ですよね。

 これは現時点では「できないこと」です。

 このできないことにいくら力を注いでも、

 思った以上に成果は出ないのではないでしょうか。

 なぜなら、

 目標が達成できないので、

 モチベーションが上がらないからです。

◆目標達成のコツは、

 小さなステップをいくつもクリアーしていくことだと言われています。

 そのためには、

 【「できそうなこと」を必死でやる。

  「できないこと」はやらない。】

 という基準を設定することが必要なのではないでしょうか?

◆あなたが「できそうなこと」は何ですか?

 いつまでにやりますか?

 また、「できないこと」を無理してやろうとしていませんか?

 そんなことをふと考えました☆

◆今日は、「自分がすべきことの基準」というテーマで、

 「できそうなこと」を必死でやることをお伝えしました。

 明日はまた新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 ⇒ http://mensetsu.main.jp/

 まで。

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第2位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「就職活動応援プロジェクト」の概要をついに公開!☆

◆昨日は、久しぶりに遊園地と言われる場所に行ってきました。

 (あれ………遊園地なんですよね(苦笑))

 その名も

 “あらかわ遊園”。

091128_12510001

 遊園地というよりは、やや大きめの公園という印象。

 一応乗り物はあるものの、なんかレトロな感じ。

 自分が幼かった頃に行った

 ちょっとさびれた遊園地の雰囲気でしたね。

 動物広場のヤギやヒツジには癒されましたけど。

◆一応、観覧車には乗ってみました☆

 ギィギィ音が聞こえ、別の意味で怖いです。

 かなりの年代物であることは間違いありません。

091128_14350001

 荒川区や墨田区の町並みが広がってます。

 遠くには建設中の“東京スカイツリー”も見えます。

 (左上のではないです。)

 真ん中上部付近なのですが、写真で見つけるのは、

 ウォーリーよりも見つけづらいですね(苦笑)。

 肉眼だと割とわかるのですが。

 ・

 あらかわ遊園は、小学校低学年までの子どもには、

 ちょうどいい施設かもしれないですね。

 ただ、あのノスタルジーは大人にもイイです。

 2時間で十分な遊園地っていうのも珍しいですよね♪

◆昨日は、「教えることのススメ」というテーマで、

 自分の知識や経験を出し惜しみせずに

 教えることについてお伝えしました。

 今日は単発で、私が今取り組んでいる

 「就職活動応援プロジェクト」

 の全容についてお伝えしようと思っています☆

◆一から自分で創りあげたプロジェクトが、

 やっと動き出せそうな状態にたどり着きました。

 名づけて、

 「就職活動応援プロジェクト」

 です☆

 これ、最初に始めたきっかけは

 サラリーマン副業化のためのインターネットビジネスだったのですが、

 結果として、ほとんど慈善事業みたいになっちゃいました(笑)。

 というよりも、

 本気で就活に励む学生を応援したくなっちゃったんです。

◆ですから、

 「これ本当にやってたら、

 時間ばっかりかかって、全然儲けが出ないよね。」

 って言われた特典をそのまま付けちゃいましたし、

 価格も本当に活動費だけもらう感じです。

 でも、

 最初はこれでいいのかなって思っちゃいました(笑)。

 昨日までのテーマでも書きましたが、

 教えることによって自分が一番学べると感じていますし、

 共育しあえる仲間が増えるのは楽しいですし!

◆ただ、形としては遊びではないので、

 きちんとお金をいただきます。

 それだけの価値は提供する自信がありますから。

 このしくみを創りあげていく過程で、

 ネットビジネスの基礎的な事項は学べた気がします☆

 それだけでも、かなりの価値があったと自負しています。

 次は、

 自分が価値を提供する番です。

 色々試行錯誤を繰り返しながら作ったものなので、

 まだまだ不十分な箇所がたくさんあります。

 そこは、これからマイナーチェンジしつつ、

 より質を高めていければと考えています☆

◆前段が長くなりましたが、

 今回私がこのプロジェクトのために作った

 販売ページがコレです↓

 ⇒ http://mensetsu.main.jp/

 どんなイメージを受けますか?

 ・

 このページを作るだけでも、けっこう苦労しました………。

 何をどうすればインターネット上にページができるのかすら

 わからない状態から作りましたから(苦笑)。

 無料のテンプレート(ページのレイアウトみたいなもの)を色々探して、

 何となく完成形がイメージしやすいものを選びました。

◆そして、そのテンプレートを加工するのにも、

 「HTML」というわけのわからないものをイジらなければならず、

 ワードみたいに編集できるフリーソフトを

 探さなければならなかったですからね。

 ・

 もちろん、中身(セールスレターというらしい)も完全オリジナルですから、

 一から文章構成しなくてはいけません。

 書きたい内容はあるのに、文章構成ができないんですよね。

 普通のブログの更新とは、全く要領が違いました(汗)。

 読んでくださる方のホットボタン(いわゆる感情のスイッチ)を、

 押せるように少しは工夫をしたつもりです。

◆私が世の中にどんな価値を提供できるかと考えた際に、

 浮かんだのがこの「面接マニュアル」です。

 言葉だけでは伝えづらい部分があるのも事実なので、

 実際に会うことでさらに付加価値をつけました。

 マニュアルだけでも、かなり自信があります!

 たぶん、『模擬面接』までしなくてもよいのかもしれませんし、

 内定者懇親会も自分がお金出してやらなくてもよいのかもしれません。

 ただ、

 自分が学生の立場だったら、

 ‘こんな特典があったらマジで嬉しいだろうなぁ’

 と思って、考え出したものです☆

 だから、今回は儲けは二の次なのです(本当はダメなのかな)。

◆そして、このページに来ていただくためのメルマガも作りました。

 ◎メルマガ

 『面接官の本音 ~こんな人材を採用したい~』

 ⇒ http://srv3.gekimail.com/f.php?form_id=33288

 このメルマガを配信することにより、

 より多くの就職活動に励む学生に、

 私のプロジェクトを知ってもらおうと考えています。

◆このメルマガにもステップメールと言われる

 自動配信メールを設定していますが、

 その構成もなかなか苦労しました☆

 現在、星の数ほどメルマガが配信されている中で、

 どうすれば興味を持って読んでもらえるか。

 それを考えて、設計しました。

 どれくらい効果があるものかは、今後テストしながら、

 改良していきます♪

◆そして、さらにそのメルマガを多く知ってもらうために、

 無料レポートを作成しました↓

 ⇒ http://www.gekizou.biz/report.php?aid=1002822&cid=1010579

 このレポートだけでも、知らない学生よりも

 頭一つ抜けることができる内容です。

 ただ、この無料レポート配信については、

 他のメルマガの購読も必須となっているので、

 自分としてはちょっと微妙に感じています。

 ですから、今後もう少し他の方法で、

 メルマガを知ってもらえるように工夫していきます!

◆今回私が用意しているプロジェクトのしくみは、

 これが全てです☆

 全部公開してしまいました(苦笑)。

 おそらくこの流れがネットビジネスの王道なのだと思います。

 ・

 ただ、今回のプロジェクトに関して言えば、

 ネットビジネスというよりは、自己成長を含めての

 共育のためという意識が強いです。

 もし

 ‘へ~、面白うそうなことやってるじゃん!’

 と思っていただける方がいらっしゃれば、

 ブログやメルマガでご紹介いただければ大変嬉しいです☆

 紹介URL ⇒ http://mensetsu.main.jp/

 また、周りで就職活動をがんばっている学生がいましたら、

 ぜひ教えてあげてください♪

◆現在、モニターで数名の学生にアドバイスをしつつ、

 マニュアルの感想等ももらっています。

 もう1人の感想が届き次第、

 販売ページにアップする予定です☆

 今後の展開をご期待ください。

◆今日は、「就職活動応援プロジェクト」についてお伝えしました。

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思って、がんばっている学生を面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 ⇒ http://mensetsu.main.jp/

 まで。

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第2位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“共育”のススメ☆

◆昨日は、メンタルヘルスセミナーに参加してきました。

 会場はラフォーレ東京でした。

091127_16000001

 基礎的な内容が中心でしたが、

 事例検証等もあったので、参考になりました☆

 参考になった言葉としては、

 「食事と睡眠が規則正しくとれていれば、うつにはならない」

 という言葉でした。

 生活リズムの乱れがうつ病の兆候なんですね。

 懇親会もあったのですが、次の予定があったので、

 サクッと引きあげました。

◆夜は、不動産部門のメンターであるHさんにお会いしました。

 Hさんと情報交換していると、

 後から元警察官のOBの方も来られて色々な話が聞けました。

 警察官も何かと大変です(苦笑)。

 ‘捕まっちゃうのは運の問題なんですか!?’

 って、ツッコみたくなる衝動を抑えたりもしてました。

 異業種の方の話は非常に興味深いですね。

 自分が垣間見れない環境の話は面白いです♪

 Hさん、いつもながらご馳走様でした。

 Oさん、楽しいお話をありがとうございました。

◆さて、昨日は「教えることのススメ」というテーマで、

 他人に教えるためには、

 自分が論理的に理解する必要があることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日まで、

 他人に教えることが自分の学びにつながることとともに、

 学びとなる3つの理由についてお伝えしました。

 今日はこのテーマのまとめとして、

 具体的な行動指針をお伝えしていきます♪

◆昨日までは、

 レベルアップやフィードバックや論理的理解などと

 多少小難しいことを並べましたが、

 結局何が言いたかったのかってことですよね☆

 今回私がお伝えしたかったことは、

 ・

 【自分の知っていることは出し惜しみせずに教えよう!】

 ・

 ということです。

◆どうしても、自分が苦労して得た知識や経験は、

 自分だけのものにしておきたいと思いがちです。

 ですが、自分だけのものにしてしまうと、

 結果的に損してしまうのは自分自身なのです。

 昨日までにお伝えした3つの理由によるメリットが

 受けられないというのも大きいのですが、

 もっと大きな理由があります。

 ・

 なぜだと思いますか?

 ・

 それは、

 「与えなければ、与えられない」

 からです。

 「与えられると、与えられる」

 という世界の中心となる原理・原則の裏を返せば、

 「与えなければ、与えられない」

 というのはしごく当然と言えます☆

◆一般的にはこれを『返報性』と言われています。

 相手が自分にしてくれたことに対しては、

 自分も相手にしてあげたいというのが返報性です。

 相手が何か教えてくれたのであれば、

 自分もそれに見合う対価を渡したいと思うのが人間の本質なのです!

 対価は、

 金銭的価値があるのもかもしれないですし、

 逆に自分の未知の分野を教えてくれることかもしれないですし、

 緊急時の援助かもしれないですし、

 人脈の紹介かもしれないですし、

 ビジネスチャンスかもしれません。

 そのようにお互いに与えあって、足りないものを補いあって、

 人はどんどん成長していけるのではないでしょうか。

◆「教育」という字は、

 本来は“共育”という字が当てはまるのではないかと思います。

 なぜかと言えば、

 教えている側が実は学んでいるからです☆

 「教え育てる」というよりは、

 「共に育つ」という感覚ですね。

 そのためには、出し惜しみせずに与えまくることです。

 それが何より自分の成長につながります♪

 『共育のススメ』です(笑)。

◆最初は、

 ‘教えるなんて自分には………’

 と思うかもしれませんが、それは杞憂です。

 なぜなら、あなたの方が知識や経験を持っている分野が

 絶対にあるはずだからです!

◆教えるのは対面に限りません。

 ブログでもメルマガでも、

 今はアウトプットの手段がいくらでもあります。

 このブログも教えるなんて表現はおこがましいですが、

 “恥はかき捨て”前提で自分の学びのためにも継続しています。

 (私の恥でも少しは参考になっていればよいのですが……)

 ですので、

 もったいぶらずにどんどん教えちゃいましょうね☆

 『共育のススメ』……この言葉を胸に刻んで、

 今回のテーマを一区切りにさせていただきます。

◆今日は、「教えることのススメ」というテーマで、

 自分の知識や経験を出し惜しみせずに

 教えることについてお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとし、

 明日からはまた新しいテーマでお伝えします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第3位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆あなたの教えは時間の浪費になっていないか?☆

◆昨日は母校の大学3年生に会って、

 就活応援プロジェクトのモニターになっていただきました。

 軽く面接をしたのですが、

 うちの大学らしからぬ(笑)きちんとした受け答え。

 やりたいことや志望動機もほぼ明確で、

 荒削りながら基礎はできている感じ☆

 これはかなり期待が持てます。

◆彼は、議員インターンシップに取り組んでおり、

 彼がついた議員さんは現在の市長になっているとか!?

 かなり特異な体験をしているので、

 面接官へのインパクトもあるのではと感じました。

 ・

 ただ、まだまだ荒削りであるため、

 改善すべき点はいくつもあるので、

 もう少し選考が進んでから、再度面接しようかと考えています。

 このモニターがどのように私のプロジェクトに活かされてくるかは、

 乞うご期待です♪

◆さて、昨日は「教えることのススメ」というテーマで、

 教えることによって得られるフィードバックで、

 自分が学びを得るきっかけが生まれることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日まで、人が一番学びを得る瞬間は教える時であり、

 1つ目の理由として、

 「教える意識があれば、

  常に自分をレベルアップさせなければいけないから」

 2つ目の理由として、

 「フィードバックがあるから」

 という理由をお伝えしました。

 今日は3つ目の理由です☆

 あなたにも思い当たる節はあるでしょうか?

◆まず、結論からお伝えしますね。

 教えると学びになる3つ目の理由は、

 ・

 【論理的に理解できるようになるから】

 ・

 です。

 ………言葉にすると、ちょっとわかりづらいですね(苦笑)。

 では、具体例でお伝えしていきますね。

◆例えば、

 野球のコーチが選手にバッティングを教えているとしましょう。

 一人のコーチの教え方はこのようなものです。

 ・

 「ボールが来るでしょ。

  で、近くまで来たら、バットでバーンと打つのよ!

  インパクトね、インパクト。」

 ・

 わかりますか(笑)?

 野球を感覚でとらえている選手であれば、

 この教え方でもよいのかもしれませんが、

 一般的には意味がわかりませんよね。

 これでは教えられた方が混乱してしまいます。

◆それに対し、もう一人のコーチは、

 ・

 「まずは、来たボールをよく見る。

  あなたは腰が上下にブレてしまうので、

  ブレないように体の軸をしっかり固定して打つこと。

  バットの中心でボールをとらえるために、最後まで目を離してはダメ。

  腕で打つより、腰の回転で打つことを意識してみてね。」

 ・

 という教え方です。

 はたして、どちらのコーチが教え方がうまいのでしょうか?

◆おそらく後者ですよね☆

 なぜかと言えば、教えられる側に対して、

 具体的にわかりやすく教えているからです。

 このように教えるためには、

 ・

 【教える側が、論理的に理解している必要がある】

 ・

 と言えます。

 つまり、

 教えられる側に理解してもらえるような教え方ができるように、

 教える側も論理的に理解をしなければ、教えられないということです。

◆教える側が感覚でわかっていたとしても、

 それを相手に伝えることができなければ、

 教えていないのと同じです。

 時間の無駄とまでは言いませんが、

 時間を浪費しているのに近いかもしれません。

 非常にもったいないですね★

◆以前からの繰り返しになりますが、

 教えることは相手あってのものです。

 相手が理解できなければ、何の意味もありません。

 自分がいくらうまく教えていると思っていても、

 相手のフィードバックが

 「ちょっとよくわからないんで、もっとわかりやすく説明してもらえます?」

 やポカーンとした表情であれば、

 その教え方は相手にとってはうまくないのです。

 主はあくまでも相手にあります☆

 ・

 ということは、相手が理解できるように、

 教える側は様々な言葉や表現を使い、

 比喩や経験を交えつつ、工夫して教える必要があるわけです。

 これが結果として、

 教える側の学びを深める結果につながるのです!

◆ちなみに、今日の喩えの前者のコーチは、

 長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督をイメージしました。

 実際にこんな感じで教えられていたようです(汗)。

 長嶋監督のレベルまでいくと、

 論理云々ではない気がしますね(別格です)。

 ただ、スポーツの世界では、

 優秀な選手が優秀なコーチになるとわけではないと

 一般には言われています。

 それは、スポーツは個人の感覚によるものが

 大きいからではないかと感じます。

 感覚は言葉にして論理的に伝えづらいですからね……。

◆今日で教えることで学びを得られる

 3つの理由についてお伝えしました。

 明日は、

 ‘じゃぁ、結局どうすればいいの?’

 という部分をお伝えして、

 このテーマを一区切りにしようと思っています。

 明日に続けます♪

◆今日は、「教えることのススメ」というテーマで、

 他人に教えるためには、

 自分が論理的に理解する必要があることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第1位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆未知の人に教えることで得られるモノ☆

◆なんか今朝ブログを見たら、記事の表示方法が急に

 「>>続きを読む……」

 みたいな表示になっていてビックリしました☆

 私は何にも変更を加えていないのですが、

 ココログさんが標準仕様をこのように変化させたのでしょうか?

 謎です(苦笑)。

 評判が悪いようであれば、何とか元に戻そうかとも思いますが、

 何もなければこのまま流れに身を任せることにします。

◆昨日は、私が取り組んでいる

 「就職活動応援プロジェクト」

 のモニターになってくれるということで、

 一橋大学の3年生の方と会って、軽く面接をしました。

 もちろんフィードバック付で。

 ・

 まだ、面接段階に進んでいないので当たり前ですが、

 今回の面接ではどこも採らないだろうなぁというイメージでした。

 最初の面接ということを差し引いても及第点には及ばず。

 けっこうしっかりアドバイスをしました。

 せっかく勇気を出してモニターになってくれた彼なので、

 絶対に志望企業に合格させてあげようと決めています。

◆今日はモニター第2号ということで、

 母校の学生に会う予定です。

 かなりアクティブな学生さんのようなので、

 こちらとしても楽しみです。

 一歩一歩進んでいく感覚が新鮮です。

 全て自分に返ってくる行動だからかもしれませんね。

 今日も充実した一日になりそうな予感♪

◆さて、昨日は「教えることのススメ」というテーマで、

 人が最も学びを得る瞬間は、

 他人に何かを教えている時であることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日から、人に教えることにより、

 教えている自分が一番学びを得られることをお伝えしています。

 その理由の1つ目としては、

 ・

 【教える意識があれば、

  常に自分をレベルアップさせなければいけないから】

 ・

 であることをお伝えしました。

 今日は2つ目の理由からですね。

◆2つ目の理由は、

 ・

 【フィードバックがあるから】

 ・

 です☆

 これを私は2つ目の理由として挙げます。

 補足していきますね。

◆教える行為というのは、当然ながら相手あってのものです。

 相手に教えていると、相手も生身の人間ですから、

 当然何かしらの反応があります。

  ▼うなづく

  ▼首をかしげる

  ▼メモをとる

  ▼試してみる

  ▼質問する

  ▼復唱を頼む

 これに限らず、何か反応してきますよね。

 この反応が自分へのフィードバックになるのです♪

◆特に、「質問」については大きなフィードバックとなることがあります。

 なぜか?

 ・

 答えは、

 自分にとって全く“新しい視点”となることがあるからです☆

 つまり、未知の人に教えているからこそ得られる

 新しい発想や考え方のようなものです。

◆例えば、

 接客業で商品の販売方法について教えていたとしましょう。

 従来のマニュアルに沿って、あなたが経験したことを踏まえて、

 熱心に教えていたとしましょう。

 その際に、もし教える相手が営業の経験があったとしたら、

 「これは、どのようにお客様のリピートを作っていくのですか?」

 という質問を受けるかもしれません。

 ‘う~ん、リピートかぁ……あんまり考えたことなかったなぁ。’

 と表面上は困ってしまうかもしれませんが、

 それが逆にしめたものなのです。

 なぜなら、それはあなたにとって新しい視点だからです☆

◆その質問を受けたあなたは考えます。

 ‘どうしたらリピートするしくみを作れるんだろう?’

 と。

 考えた結果、

  ・質問をしてくれた相手に意見をもらう

  ・先輩にアドバイスを請う

  ・他業種にヒントを求める

 など、次のステップに進むことができます☆

 つまり、

 新しい視点を得ることにより、自分の学びが深まるのです。

◆先ほどの例で言えば、

 「お客様紹介制度」や「ポイント制度」を作ったり、

 「メルマガ発行」や「会員イベント」をするという

 アイディアが浮かぶかもしれません。

 ・

 この例に限らず、

 自分が考えてもみなかったフィードバックを得た経験はありませんか?

 ‘いやぁ、それは気付かなかったわ。’

 と思ったことが、きっと今までの経験であるはずです。

 それは先入観のない未知の人に教えているからこそですし、

 教える対象によって可能性は無限に広がります。

 かの経営の神様松下幸之助さんも、臨終の間際まで

 「人に会いたい」

 と言われていたという意味がよくわかりますよね☆

 未知の相手からのフィードバックは、

 自分が学びを得られる貴重なきっかけとなります。

 また、明日に続けます♪

◆今日は、「教えることのススメ」というテーマで、

 教えることによって得られるフィードバックで、

 自分が学びを得るきっかけが生まれることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第2位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆人が最も“学びを得る瞬間”とは?☆

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:三丁目の夕日】

三丁目の夕日 (小学館文庫) 三丁目の夕日 (小学館文庫)

著者:山本 甲士
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この作品は既に映像化もされていますし、

 続編も出ていたので、興味本位で借りてみました。

 ………思っていた以上に面白かったです!

◆私は1970年代の生まれですが、

 この作品で描かれている風景が、ほんのギリギリイメージできる世代です☆

 さすがに白黒テレビの思い出はありませんが、

 ちょうど私が生まれた頃は白黒からカラーへの過渡期だったようです。

 (今でいうアナログからデジタルへ切り替わるようなものでしょうか)

 幼い頃は銭湯に通った記憶もありますし、

 メンコやコマで遊んでいた世代です。

 体験した記憶は全くないのですが、

 どこか読んでいて懐かしくなる作品です。

 古き良きニッポンがここには描かれています。

◆ストーリー自体も様々な伏線が交錯して、

 フィナーレに向かって動いているという印象を受けました。

 映像を観ていないので断言はできませんが、

 おそらく映像に負けてない読みものだと思います。

 続編があるようなので、機を見て読んでみたいですね♪

◆さて、昨日は「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 聴き上手になることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えします♪

◆突然ですが、

 ・

 「人が最も“学びを得る瞬間”というのはいつでしょうか?」

 ・

 あなたはいつだと思われますか?

◆読んだことのない本を読んでいる時でしょうか?

 有名な方の講演を聴いている時でしょうか?

 打ち合わせ(ブレインストーミング)をしている時でしょうか?

 夢中で仕事に取り組んでいる時でしょうか?

◆私の考えは、これらとはちょっと違います☆

 私が考える人が最も“学びを得る瞬間”とは、

 ・

 【教えている時】

 ・

 です。

 自分以外の誰かに何かを教えている時が、

 最も学びを得る瞬間だと私は考えています。

 ただ、これは私の経験則でもありますし、

 多くの著名人が同じように言われています。

 では、なぜ教えている時が学びの瞬間になるのでしょうか?

◆今回はこの理由を3つ挙げてみることにします。

 もちろん、私が挙げる理由以外にも、

 多くの学びによるメリットがあることは言うまでもありません。

◆まず、1つ目の理由です。

 それは、

 【自分のレベルアップが必須である】

 というものです。

 ・

 例えば、

 あなたはだれかに数学を教えるとしましょう。

 対象が幼稚園生であればどうでしょうか?

 まず、数字の概念や1から10までの数え方を教えることでしょう。

 対象が小学生であればどうでしょうか?

 足し算、引き算から始まり、

 掛け算、割り算、分数などと教えていきますよね。

 対象が中学生であればどうでしょうか?

 二次方程式や面積・体積について教える必要があるでしょう。

 対象が高校生であればどうでしょうか?

 関数や微分・積分などの高等な知識を教えなければいけません。

 対象が大学生であればどうでしょうか?

 難しい公式や○○○の定理などを

 教えられるように努力しないといけません。

 対象が学者や教授であればどうでしょうか?

 何を教えてよいかを研究しなければいけないでしょうね(苦笑)。

◆ドラゴンボールでいえば、

 ピッコロ大魔王を倒した後にはマジュニアが現れ、

 マジュニアの後にはラディッツ、

 ラディッツの後にはベジータ、

 ベジータの後にはフリーザ、

 フリーザの後には人造人間、

 人造人間の後にはセル、

 セルの後には魔人ブウ………

 と敵がパワーアップしていくようなものです。

 そりゃぁ、悟空も強くならないといけませんよね(笑)。

◆このように、他人に何かを教えるためには、

 自分が教える対象「以上」に、

 その分野の知識や経験を習得している必要があります☆

 いつ、どんな対象に教えるかわからないわけですから、

 「教える」意識を持っていると常に自分をレベルアップさせようとします。

 この意識が学びを得るのにものすごくエネルギーとなるのです!

◆つまり、

 「他人に何かを教えることは、

  自分がレベルアップするモチベーションになる」

 ということです。

 これが1つ目の理由です☆

 明日に続けます♪

◆今日は、「教えることのススメ」というテーマで、

 人が最も学びを得る瞬間は、

 他人に何かを教えている時であることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第1位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆会話の魅せどころ☆

◆昨日は、天気が良かったので、

 思い切って“お墓参り”に行ってきました!

 毎年の恒例行事になっていて、

 墓参りせずして新年は迎えられません。

091123_13040001

 ちょうど紅葉も綺麗に色づいており、

 さしあたり“紅葉狩り”も楽しめたというイメージでしょうか。

◆スピリチュアルというわけではないのですが、

 “お墓参り”は非常に重要なイベントのようです☆

 自分の家系図において、1人でも欠けることがあれば、

 自分はこの世に生まれてこれなかったわけですからね。

 感謝しないといけません。

 ビジネスやプライベートにも影響してくるようですよ!

 ・

 また、私の場合、

 幼い頃に母親が亡くなっていますし、

 育ての親である祖母も同じお墓に入っていますので、

 この墓参りが帰省の役割も担っているような感覚ですね。

 墓前への報告なんて、言葉だけだとしおらしい感じですが、

 自分にとっては1年の総決算のようなイメージです。

 色々なことを契機に心機一転はしていますが、

 墓参りもその1つです。

 また、来年も良い報告ができるように、

 充実した1年にしていくと墓前に誓いました♪

◆さて、昨日は「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 会話のタブー3“ない”シリーズをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、会話のタブー3“ない”をお伝えしました。

 覚えていますか?

  ●話の腰を折らない

  ●話を先取りしない

  ●話を否定しない

 の3つでした。

 あなたが普段やってしまいがちなタブーはどれでしょうか?

 ちなみに私は、

 「話を先取りしない」

 です(汗)。

 つい………で、先取ってしまうんですよね。

 気をつけないとです。

 それでは、まず1つ1つの解決策についてお伝えします☆

◆「話の腰を折らない」については、

 ・

 【話を最後まで聞く】

 ・

 この対応につきます。

 具体的には、

 次の展開へ進むべき沈黙が生まれたり、

 相手から反応を求められるまでは、

 相手に話させてあげることです。

◆内容云々ではなく、

 自分の話を聞いてくれるだけで満足というパターンもありますから。

 まずは、最後まで話を聞くことが大切です。

 言いたいことがあっても最後まで聞いて、

 その後に自分の話したいことを話すようにしましょう。

◆「話を先取りしない」については、

 ・

 【適切なあいづちをうつ】

 ・

 ことで防ぐことが可能です。

 「はい」「えぇ」「なるほど」「本当ですか?」「そうですね」

 などのあいづちを適切に返すことで、

 話の先取りを防ぎます。

 もちつきでは、杵で打つ役割と手で餅をこねる役割がありますが、

 まずはこねる役割に徹するべきです。

 こねる行為があいづちだと考えるとわかりやすいでしょうか。

 杵を奪い取って打ちだしてはまずいわけです(苦笑)。

◆また、場合によっては、

 相手の話を要約することがあいづちとなる場合もあります。

 これは、ただあいづちしているよりもはレベルが高いです。

 時折、相手の話を要約してあげると、

  ◎話を聞いていることが相手に伝わる

  ◎話の要約でお互いに話の内容を整理できる

 というメリットがあり、最高のあいづちとなります。

 『習うより慣れろ』という類のあいづちです☆

◆「話を否定しない」については、

 ・

 【一旦話を受け止めてあげる】

 ・

 ことで対応可能です。

 これは、自分と相手の意見が異なる時に、

 「相手の意見に同意する」

 こととは全く違います!

 「相手の話している内容が理解できました」

 という受け止めです。

◆例えば、

 「人生は短い」という考え方の人と話していて、

 「人生は長い」と考えている自分では、意見が異なります。

 ただ、

 「いや、人生は長いです!」

 と主張しても会話は平行線ですから、

 「そうですね、わかります。」

 と相手の意見を受け止めます。

 この受け止めるワンクッションを置くことで、

 その後の話の展開が180度変わる時もあります。

 否定せずに受け止める……ちょっと大人のテクでしょうか(笑)。

◆会話で齟齬を生じさせないために、このシリーズの登場です!

 会話のタブー3“ない”を解決するために、

 ・

 【相手の話をしっかり“聴く”こと】

 ・

 を心がけてみてはいかがでしょうか☆

 人間が口が1つで耳が2つなのは、

 話す量の2倍を聴くためだと言われています。

◆話をしっかり聴くことを意識するだけでも、

 会話の齟齬は生まれませんし、あなたの評価は上がります!

 会話の魅せどころは、実は聴いている姿にあるのです♪

 思っている以上に

 「話をしっかり聴ける人(=聴き上手)」

 に世の中の需要はたくさんあります。

 話を聴くのに、スキルもお金も時間も不要です。

 必要なのは、相手の話に耳を傾ける姿勢だけです。

 今日からあなたも聴き上手になってみませんか?

◆今日は、「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 聴き上手になることをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第1位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆会話のタブー、3“ない”シリーズ☆

◆昨日は、芝居を観に行きました。

 大学時代の友人が出るということで、お誘いがあったので☆

 場所は、南北線「王子神谷」駅から徒歩12分くらいの小劇場。

 こんな感じです↓

091122_18410001

 小劇場って私もあまり観るのもやるのも体験したことがないのですが、

 本当に狭いですね(汗)。

 あの限られたスペースの中で、

 よくあれだけやったなというのが正直なところ。

◆元々、この芝居は有志が集まって企画したもので、

 実はその第1回公演には、ちゃっかり私もキャストとして出演しました。

 ものすごく良い思い出&経験です。

 (芝居やってる人ややってた方との共通項になりますし)

 今回の芝居も、素人で1時間半の脚本を作り上げるのもすごいし、

 映像や見せ方はパワーアップしてましたね。

 ただ、題材が環境破壊をテーマにしていたので、

 やや面白みに欠ける部分はありました。

 ですが、社会人をやりながらあれだけのクオリティを出すのは感服します。

◆また、子役が2人出ていたのですが、

 ‘男の子うまいなぁ……’

 と思っていたら、プロダクションに入っていました。

 やっぱり、違うもんですね。

 昨日の芝居を観てたら、自分が芝居に打ちこんで、

 芝居・バイト・大学で多忙を極めていた時代がフラッシュバックしました☆

 なんか………私ももっと何かできそうな気がします。

 気合入れなおそうっと!!

◆昨日は、「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 噂話をせずに一人称での話を意識することをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日に引き続き、会話編をお伝えします。

 今日は名付けて、

 「3“ない”シリーズ」

 です☆

 会話をする際には、この3“ない”をやってしまわないように

 気をつけた方がよいですね。

 特に初対面時は、後々まで印象が残っちゃいますから大切です!

◆まず1つ目の“ない”は、

 「話の腰を折らない」

 です。

 これ……男性が特にやってしまいがちなタブーです。

 イメージするとわかりやすいですが、

 男女が会話をしていて、女性が一生懸命に話しているのに、

 ・

 「で、結論は?」

 「それで?」

 「簡潔に言って。」

 「要は何?」

 ・

 と、男性が話の腰を折っちゃいます。

 こうなると女性は話す気を失ってしまいます。

 「じゃぁ、いいわ。」

 と切り上げたくなる気持ちもわからなくはないですよね。

◆この場合、話の内容云々よりも、

 話を聞いてほしいという欲求の方が強いことがあります。

 にもかかわらず、話の腰を折られると、

 欲求が満たされないフラストレーションは溜まる一方です★

 男性も悪気があるわけではないのですが、

 意外とこれが原因で女性を怒らせてしまうこともあるようです(ドキッ)。

◆2つ目の“ない”は、

 「話を先取りしない」

 です。

 話の先取りってイメージわきますでしょうか?

 ・

 例えば、

 A:「この前、テレビで○○についてやってたんだけど…」

 B:「あぁ、あれ見た見た!○○って~で、~で、~なんだよね。」

 A:「………うん、そうなんだけどさ……。」

 B:「いやぁ、あれは私だったら~だな。だって、~じゃない?」

 A:「……。」

 B:「あれ?何の話だっけ!?」

◆こんなやりとり経験はないですか?

 ここまで極端ではないにせよ、

 相手が話したい話題なのに、自分がなまじ知ってるばっかりに、

 ついつい先取りしちゃうんですよね。

 この先取りは、やった方は全く悪意がないのですが、

 やられた方は思っている以上に不快に感じます(汗)。

 ‘この人は、自分のことしか考えてないなぁ。’

 と印象付くのは、この話の先取りが多いです。

 知ってる話題でも、相手が話し終えたり、

 話題を振ってくるまでは、あえて我慢をするのが吉なのです☆

◆最後に3つ目の“ない”は、

 「話を否定しない」

 です。

 「でも、」や「だけど、」

 で始まる返し方は、この否定に分類されますね。

◆自分の意見や考えを口にした時に、

 否定されるとどのように感じるでしょうか?

 たとえ相手の意見に一理あったとしても、

 否定されて気持ちがよいことはありません。

 この3“ない”シリーズの中で一番悪印象が残るのは、

 実はこの否定なのかもしれませんね。

 自分としては、相手の意見を正しい方向に導こうと

 よかれと思って言ったことでも、

 相手は自己否定として受け取る場合があります。

◆「あの人とは話が合わないな……。」

 という感想が出るのはたいていこのパターンです★

 ただ、ごくまれにトラップのように否定から始まる議論を、

 会話で求めている人もいる場合もあります。

 まぁ、でも初対面ではないので、今回は例外としておきます。

◆これが会話編のタブー、3“ない”シリーズです。

 長くなりそうなので解決は明日に続けます♪

◆今日は、「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 会話のタブー3“ない”シリーズをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第2位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆○○話を好む人は信頼されない☆

◆昨日はブログ更新ができませんでした(泣)。

 というのも、早朝から出かけなければならなかったからです。

 何のためかと言えば………「卓球大会」に参加するため。

 実は私、職場では卓球班に所属しています。

 素人に毛の生えたか生えない程度の腕前ですが、

 下手の横好きで参加しています☆

 ただ、応援団長としては、相手にかなりプレッシャーを与えています。

◆個人戦では、予選でベスト4常連の方と当たってしまい、

 手のひらで転がされて終わりました……。

 でも、もう1人には勝ったので、1勝1敗ですね。

 自分の個人戦が終わった後は、ひたすら応援です。

 団体戦や個人戦で、自分の職場関連の人を応援してました。

 その結果………

091121_154000020001

 見事、団体戦で優勝をすることができました。

 3年ぶりに優勝旗を手にしたようです☆

 (3年前は、転勤していたので自分にとっては初めての優勝でした。)

◆夜は、打ち上げで見事なまでの終始卓球トーク(笑)。

 私程度のレベルでは、話の内容や人物に全くついていけませんでしたが、

 大会に関する話題ではかなり盛り上がりました。

 場には、関連団体の役員や外科医の先生もいたりしますが、

 卓球という共通項があるので、全く気を遣いません。

 実は、このつながりで仕事上もやりやすくなっていたりするので、

 職場の課外活動も捨てたもんじゃないんですよね。

 来年こそベスト8を目指そう♪

◆さて、一昨日は「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 意見がぶつかりそうになった時には、『負けるが勝ち』をお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆これまで、“しない”を“する”に変化させるシリーズとして、

 「外見編」と「行動編」をお伝えしました。

 今回のテーマの最後として、

 今日と明日に渡って「会話編」をお伝えしようと考えています☆

 日常的に繰り広げられる会話の中でも、

 できれば避けた方が妥当な内容がありますので、

 私の所感も含めお伝えしていけたらと思います♪

◆「あの2人別れたらしいよ。」

 「今年のボーナス、また下がるらしいよ。」

 「AさんってBさんのこと好きじゃないらしいよ。」

 「Cさん、また仕事でミスしたらしいよ。」

 ・

 こんな話を好んでする方っていないでしょうか?

 もしいる場合、あなたはその人にどんなイメージを持っているでしょうか?

◆今日のサブテーマは、

 「噂話」

 です☆

 噂話が好きな人ってけっこういますよね。

 男女限らず、情報源みたいな人が1人はいるものです。

 ・

 しかし、ポジティブな内容の噂話よりも

 ネガティブな内容の噂話の方が圧倒的に多いです(苦笑)。

 なぜか?

 『人の不幸は蜜の味』

 ってことではないでしょうか。

 口コミでもそうですが、ネガティブな内容はポジティブな内容に比べて

 100万倍速いスピードで伝わります(笑)。

 とにかくネガは速いんです。

 人間は油断していると、

 人と自分を比べて優越感に浸ってしまうことがあります。

 ‘あの人より私の方がこうだからよかった。’

 ‘あの人ってあんなことになっちゃって大変。’

 などと、心の中で思ってしまうことも否定はできません。

 だから、噂話は盛り上がるんですよね☆

◆ただ、そうは言っても噂話の中心となる情報源の人を、

 あなたは信頼することができるでしょうか?

 自分の本音を伝えることができるでしょうか?

 こうなると、答えは「NO!」ですよね。

 なぜか?

 ・

 自分の情報についても噂話をされる可能性を否定できないからです。

 聞くだけならまだ耐えられるけど、自分のことが噂されるのは

 気持ちいいものではないというのが本音です。

 結局、「噂話好き = 信頼されない」という結果を招きます。

 よかれと思って話していても、

 結果として「口が軽い」というレッテルを貼られることもしばしばです(汗)。

◆そこで、このシリーズの登場です!

 噂話をしないために、

 【話は一人称で話す】

 ことを意識してみてはいかがでしょうか。

 特に、自分が直接見て、聞いて、体験したことを

 話の中心に置いた方がよいですね。

 一人称を意識すると、

 「この前○○さんが言ってたけど……」

 という表現はなくなります。

◆ただそれでも、どうしても噂話に近い表現になってしまう場合は、

 【情報源をハッキリさせておく】

 ことができれば、クッションになります。

 例えば、

 「この前“▲▲▲”って番組で○○さんが言ってたけど、」

 「一昨日、直接本人から聞いたんだけど、」

 などのように情報源がハッキリしていれば、

 噂の要素が薄れますし、事実確認も容易です☆

 この要素が裏打ちとなって、

 信頼を損ねる可能性が低くなります♪

◆必要以上に寡黙である必要は全くないですが、

 あまりペラペラ他人のことを話すのは避けた方が無難です。

 話すのであれば、自分ごとを話すようにしましょう!

 楽しいからこそ、過度の噂話には気をつけたいものですね。

◆今日は、「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 噂話をせずに一人称での話を意識することをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第1位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆人間関係を円滑化する大人のテク☆

◆もうすっかり季節は冬ですね。

 昨日ものすごく寒かったですしね。

 ということで、ふと気づいたら近場でツリーが飾られていました☆

 もうそんな時期なんですよね。

091119_17140001

 けっこう本格的なツリーだったので、

 とりあえず携帯で撮ってみました。

 今から約1ヶ月目の保養として活躍してくれそうです。

◆それと、昨日販売の決済ページとして

 利用させていただこうと考えているインフォトップさんから、

 覚書が送付されてきました。

 私が思っていたよりも、ネットビジネス業界でも、

 安全性を強化されているようですね。

 しっかり、約定に悪質な商材や誇大広告を行わない旨が謳ってありました。

◆もちろん私はいたって健全にビジネスをしていくつもりですので、

 署名・押印して、昨日のうちに返信しました☆

 これでやっと販売ページも何とかなりそうです。

 販売ページができたら、あとはこの流れを

 どんな風に活性化させていくかですね。

 試行錯誤していきます♪

◆さて、昨日は「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 行動への着手は3分以内を心がけることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日の行動編は、

 「意地を張らない」

 です。

 仕事の進め方をめぐって、よく上司や同僚とぶつかることがある。

 些細なことで家族や恋人と喧嘩することが多い。 

 一度腹が立ってしまうと、なかなかおさまらない。

 このようなことが思い当たることはありますか?

 これは、

 「意地を張ってしまう」

 ことが原因で起きていることが実に多いです。

 今日はこれをサブテーマとして、お伝えします☆

◆人間誰しも自分の価値観や経験がありますから、

 ついつい自分の意見が常に正しいと思いがちです。

 自分は今まで何十年自分の価値観にしたがって、

 生きてきたのですから、自分を正しいと信じたくなる気持ちはよくわかります。

 しかしながら、いくら正しいと信じる自分の価値観であっても、

 世の中に正解は1つではないことは無数にあります。

◆例えば、これは本当にくだらない話なのですが、

 以前私とその親友との間で、

 ・

 「目玉焼きに何をかけるのが一番美味しいか!?」

 ・

 という話題でもめにもめました(笑)。

 ふざけてるのではなく、真剣にもめたので厄介です。

 ある者は「ソースが絶対うまい!」と言い張り、

 ある者は「塩コショウ以外はありえない」と主張し、

 私は「醤油をかけるのがベスト」と意見し、

 誰も意見を曲げませんでした。

 そのため、最初は軽い口論から始まったものの、

 最後は非常に険悪なムードとなり、一触即発の雰囲気すら漂いました★

◆こだわっていない人から見れば、

 ‘どれでもいいじゃん、別に。’

 と思われる内容です(苦笑)。

 でも、お互いが意地を張ってしまうことで、

 些細なことでも険悪になってしまう要素があるのです。

 真剣な内容であればなおさらですよね。

◆そこで、このシリーズの登場です!

 意地を張り過ぎないために、

 【『負けるが勝ち』で一歩引く】

 ことを実践してみてはいかがでしょうか。

◆全ての物事に正解があるわけではないので、

 相手には相手の価値観が、

 自分には自分の価値観があって、それでいい。

 ここでぶつかるよりも、

 「表面上は折れて一歩引く方が大人だな♪」

 というイメージをもてると、意地を張らないですむのではないでしょうか。

 もし、あなたが一歩引く姿勢を見せると、

 ‘あっ、この人は大人だな。’と、

 逆に相手はあなたに対する評価を上げることもあるかもしれません。

 もし、‘やった、論破したぜ!’と、

 勘違いするような相手に時間をかけるのはそれこそ無駄ですからね。

 無用な意見の衝突を避けるために、

 あえて負けて見せるのもよいでしょう☆

◆勘違いしていただきたくないのは、

 自分の主張を曲げるわけではありません。

 そうではなく、相手の言い分もわかると

 聞き入れる姿勢を見せることが「負けて見せること」です。

 自己主張のない弱い人間になることではないので、

 誤解しないでくださいね!

◆ちなみに私は、

 「う」を濁らせると(「ヴ」)どういう発音になるのかでももめたことがあります。

 その時は私が折れなかったために、苦い経験をしました。

 自分が熱くなってしまいそうになった時こそ、

 『負けるが勝ち』……いい言葉ですね。

◆今日は、「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 意見がぶつかりそうになった時には、『負けるが勝ち』をお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第2位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆牛丼とリアクションは○○が命!☆

◆昨日は、お昼休みの時間を使って、

 某大手都市銀行に口座を開設してきました。

 今って………ものすごい時間かかるんですね(汗)。

 ただ、その分説明がすごく丁寧なんですけど、

 時間が限られていたので

 “早くしてほしいオーラ”

 を前面に出してました。

◆手続きを進めていると、

 実は昔にこの銀行さんの口座を持っていることが判明。

 とは言っても、記憶にないくらい昔だったので、

 無事新しい口座を開設することができました。

 今って普通預金でも色々プランを選べて、

 利用内容によっては、手数料無料のサービスとかも受けられるんですね。

 初めて知りました☆

 銀行業界もサービスによる差別化が始まってるってことですね!

◆さて、昨日は「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 階段を無料のスポーツジムにすることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日の行動編は、

 「先延ばしにしない」

 をサブテーマとします。

 ・

 『ある者は明日に、

 他の者は来月に、

 さらに他の者は十年先に希望をかけている。

 誰一人として、今日に生きようとする者がいない。』

 これは哲学者ルソーが残した言葉です。

 希望というかなり大きな題材ですが、

 要は今日この瞬間を大切にできていないことを

 戒めている言葉だと私は考えています☆

◆例えば、

 友人からメールをもらった際に、

 例えば、

 同僚から仕事を頼まれた際に、

 例えば、

 イベントへの参加を聞かれた際に、

 どれくらいの早さでレスポンスを心がけていますか?

 つい、ダラダラ先延ばしにしていることはありませんか?

◆絶対にいつかはリアクションしなければならないことに対し、

 人は思った以上に先延ばしにしてしまいます。

 もちろん、私もついつい先延ばしにして、

 後から

 ‘なんであの時すぐに返信しとかなかったんだろう?’

 と、不思議に思うことがあります。

 必要なのは、少しの時間と微々たる労力だけなんですけどね。

◆そこで、このシリーズの登場です!

 リアクションを先延ばしにしないために、

 【行動への着手は3分以内を心がける】

 ようにしてみましょう。

 場合によって絶対ではありませんが、

 心がけることはできるはずです。

 ・

 その時に注意していただきたいのは、

 自分がリアクションしている姿をイメージするのではなく、

 【自分が素早く行動することにより

 相手が驚いたり、喜んだりする姿をイメージする】

 ことです☆

 良い意味で相手の期待を裏切ることをイメージすることで、

 自分の行動へのフォーカスをズラすことができます。

 自分の行動の結果にフォーカスすることで、

 行動することが苦じゃなくなります。

◆牛丼とリアクションは、「早さ」が命です!

 大事なことであればあるほど、

 迅速な対応を心がけると感動されます。

 この行動への早さというのも、

 相手に与える価値として評価してよいのではないでしょうか?

 行動への着手は3分以内。

 失敗してもかまいません。

 基準を下げればいいだけですから。

 習慣化できるかで、繰り返し意識していきたいものですね♪

◆今日は、「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 行動への着手は3分以内を心がけることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「無料のスポーツジム」を活用する(笑)☆

◆昨日は、不動産のメンターであるHさんとお会いし、

 情報交換をさせていただきました。

 扱うものが不動産ともなると、

 話の中に大手企業や学校・病院等がバンバン登場します。

 スケールが大きくて、聞いている分には勉強になりますが、

 もし自分が手がけるとなれば、緊張するだろうなぁと感じます☆

◆途中からは、元訪問販売で顕著な実績をあげられていた

 現在は不動産の営業をされている方と、

 私と同い年くらいで大手プロバイダーの

 システム管理をしている方が合流し、4人で情報交換となりました。

 来年の頭くらいからものすごいことが起こりそうな予感がします!

 非常に楽しみです。

◆ちなみに、私のネットビジネス(商材がアナログですが……)については、

 現在インフォトップさんで再審査を受けています(汗)。

 リンク先に誤りがあったようで………。

 でも、誠心誠意対応いただけて、非常に好感が持てます。

 就職活動系の商材なので、

 時期的にも早くリリースできればよいなぁと思っています♪

◆さて、昨日は、「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 “笑顔”と“握手”についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日の行動編は、

 サラッと読み流していただいてもよいかもしれません。

 実践できるかできないかと言われれば、

 できない可能性もありますので。

 私も徹底できる自信はありません(苦笑)。

 ただ、日頃より運動不足を感じていらっしゃる方は、

 これをきっかけにしていただければという想いもあります♪

◆大人になるにつれて、

 便利なものに寄りかかろうとする習性が出るようです。

 例えば、ビルの10階まで上がるとしましょう。

 エレベーターとエスカレーターと階段があったとします。

 あなたはどれで上がりますか?

 ・

 即答で

 「エレベーター」

 と答える方がほとんどではないでしょうか。

 まぁ………10階ともなれば、そうですよね。

◆では、5階であればどうでしょうか?

 5階であればエスカレーターという選択肢も出てきますよね。

 3階であればなおさらでしょう。

 では、何階から「階段」という選択肢は登場しますか?

 3階で登場しますか?

 2階で登場しますか?

 もしくは……登場しませんか(笑)?

◆そうですよね。

 社会人になると、行く先々にエレベーターが付いていますので、

 わざわざ階段を使わないのです。

 なぜでしょうか?

 純粋に「疲れる(しんどい)から」という理由が大きいとは思いますが、

 「上がる行為が面倒くさい」という理由もあると思います☆

◆そこで、このシリーズの登場です!

 面倒くさい行為を避けないようにするために、

 【無料のスポーツジム感覚で楽しむ】

 ようにしてみましょう。

 ・

 スポーツジムに通うのって、普通はお金がかかりますよね。

 走ったり、泳いだり、鍛えたりして心地よい疲労を感じるために、

 お金を払っているのと同じですよね。

 そうであれば、目の前の階段を

 “無料のスポーツジム”

 と考えることはできないでしょうか?

◆ジムで運動しても、階段を上っても、

 疲れるのには変わりがありません。

 そうであれば、階段をジムの一部と想定すれば、

 その行為が面倒にはならないのではないでしょうか。

 他にも、ダラダラ歩くのを早足にしたり、

 職場での移動を意識的に小走りにしたり、

 全てジムの一環と考えれば、

 日常的なちょっとした運動の時間に変えられますよね。

 他にもあなたの身の周りに、

 面倒くさいと感じて避けている行動はありますか?

 考え方によっては細切れの運動にできるかもしれませんよね。

◆そうは言ってもなかなか難しいと感じる方は、

 “1階から3階までは階段を使う”

 などとルール化して、簡単なところから始めてみてはいかがでしょうか。

 (1階から10階までは……さすがに厳しいですね(苦笑))

◆ちなみに、この

 「階段を無料のスポーツジムに見立てる」

 というのは、私のオリジナルではありません。

 犬飼ターボさんの成功法則の本に記載されていたのを、

 多少自分なりにアレンジしてみました☆

 興味のある方は、一度手に取ってみてください。

 物語仕立てで、読みやすいですよ!

 ‘成功系の本はどうも……’

 というあなたにこそ読んでほしい軽いタッチの作品ですね。

 【今日の1冊:天使は歩いてやってくる(犬飼ターボ)】

天使は歩いてやってくる 天使は歩いてやってくる

著者:犬飼 ターボ
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

◆今日は、、「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 階段を無料のスポーツジムにすることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆相手の警戒心を解く“ひとときのやりとり”☆

◆気付けば、11月も半ば。

 来月に入ると忘年会(←私は「望年会」と書きますが)シーズンに、

 一気に突入しますね☆

 昨日も、中学校時代からの同級生でつるむいつもの4人の1人から、

 「そろそろ、企画しないかい?」

 という電話が来ました。

 数ある望年会ですが、全てに参加していると、

 時間もお金も無駄に消費してしまうことになります。

 したがって、極力ふるいにかけて参加するようにしています。

 が、この4人での望年会はそういうわけにもいきません。

 まず、押さえます(笑)。

◆ところで、望年会をはじめとする飲み会について、

 幹事になるのは好きですか?嫌いですか??

 私は、どちらかと言えば好んで幹事をしています☆

 なぜか?

 理由はシンプルです。

 「自分の思い通りに日程調整が可能だから」

 です。

 ‘でも、他の参加者の都合もあるから、思い通りにはできないでしょ?’

 と思われるかもしれません。

 ・

 ですが、心配ありません。

 参加予定者に日程の打診をする際に、

 あらかじめ自分の都合のよい日程を候補日にしてしまえばよいからです。

 その中で他の参加者の調整をすれば、

 いずれにしても自分の希望は通りますよね!

 例えば、自分が火曜日と木曜日が都合が悪ければ、

 「月水金だったら、どの日がいい?」

 って聞けばよいだけです。

 大人数になっても、コアなメンバーでこのコンセンサスが取れていれば、

 自分の希望する日程とかけ離れることはありません。

 何より、最終的に日程を確定する権利があるのは幹事ですから。

◆また、お店選びにしても、時間がない中で選ぶから

 候補がなくなってしまうわけで、早い段階である程度の人数で押さえれば、

 何の問題もありません。

 人数変更は、3日前くらいまでならどこでも大丈夫です☆

 そして、お店も自分の懐具合と相談しながら選べるので、

 やはり幹事は有利です!

 今回も12月11日の望年会は約1ヶ月前から押さえましたからね。

 10人以上でも「飲み放題時間無制限」のお店を無事押さえられました。

 ・

 ということで、もしどうしても外せない望年会であれば、

 幹事になることを私はお薦めします♪

 (もともと調整役は嫌いじゃないのもありますけどね(笑))

◆さて、昨日は、「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 外見面の足組みと猫背を解消する方法をお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日から始まりましたこのシリーズ。

 特に反応はありませんでしたが(苦笑)、

 電車の中でチョロっとアイディア出ししていると、

 思った以上に出たので、そこそこ書けそうです。

 電車の中とか歩いている時とか読書の合間とか、

 ふと浮かんだことを携帯のメモ機能に落とすのが、

 私のアイディア出しのやり方です☆

◆ということで、昨日の続きです。

 あなたの日常的な表情は、

 どのような表情をされているでしょうか?

 鏡を何度も見るわけではないので、

 どんな表情と言われても困るかもしれませんが、

 表情はあなたの印象を決める最も重要な外見です!

 「表情を硬くしない」

 というのが外見編の最後です。

◆仏頂面や強面の表情だけを硬いというのではありません。

 例えば、

 仕事中に集中し過ぎて外界を遮断してしまうくらいの真剣な表情や

 相手に感情を読み取られまいとするポーカーフェイスなんかも、

 表情が硬いと私は感じます☆

 よほど感情を表に出してはいけない仕事やライフスタイルであれば別ですが、

 このような硬い表情をするメリットよりもデメリットの方が多いです。

 ‘冷たい印象を与える’

 ‘近寄りがたい’

 ‘個人プレーに走る’

 など、自分でも思ってもみないような印象を

 与えてしまっていることが少なくありません。

◆そこでこのシリーズの登場です!

 表情が硬くなってしまわないように、

 【笑顔】

 を意識的に作ってみましょう。

 笑顔に勝る好印象はありません。

 見た目がいかつそうでも、

 顔がクシャってなる笑顔をされたら、

 ‘こう見えてきっとこの人はいい人に違いない’

 と思ってしまうものです。

◆また、笑顔は体内のNK細胞を活発化させ、

 健康な人でも日々6000~8000個は生まれるがん細胞を、

 死滅させることができます。

 笑顔で健康も手に入れらるのです。

◆いつも笑顔を大切にしている人を見ると、

 私も心が安らぐのを感じます。

 外見で自慢できるところなんて、何もなくてもいいんです!

 「笑顔」さえあれば十分です。

 笑顔はあなたの最大の武器になります☆

 笑うから笑顔になるのではないんですよ。

 笑顔だから笑える出来事が起こるのです。

 ・

 今日この瞬間から、意識的に笑顔を作っていきませんか?

◆外見編では、

 【背筋を鍛える】、【肩甲骨を寄せて、胸を開く】、【笑顔】

 という3つのポイントで、心と体の健康を手に入れました。

 次は、行動編ですね♪

◆行動編の1つ目は、

 「ビジネスライクになり過ぎない」

 ことです。

 私も仕事やプライベートで、

 実に色々な業種の方とお会いさせていただきます。

 その中で、

 ‘めちゃめちゃビジネスライクな始まりだな。’

 と感じることが非常に多いのです☆

◆これはあくまでも個人的な見解ですが、

 すごく深く付き合える方というのは

 初対面でも何となく感じるものがあります。

 逆に‘ちょっと違う’と感じた方は、

 それなりの付き合いになったとしても、

 どこか薄い壁1枚隔てられています。

 ですから、同じように長い時間をかけても、

 付き合いの深まる人と深まらない人が自分の直感で判断できるのであれば、

 付き合いの深まる人に対しては、

 初対面からある程度壁を取り払っていけばよいのではないでしょうか。

◆そこでこのシリーズの登場です!

 ビジネスライクになり過ぎないために、

 【率先して握手を求めてみる】

 ことです。

 外国では握手は日常茶飯事に行われていますが、

 日本ではまだまだ親しい間柄でしか行われていません。

 ただ、例えばアメリカの大統領と日本の総理大臣があった時などは、

 初対面であっても必ず握手をしていますよね。

 あれは、初対面であっても、これから深い付き合いを

 していかなければならないことの意思表明です☆

 多くの場合、アメリカ大統領から求められていますけどね(苦笑)。

◆したがって、初対面であっても、

 ‘私には感じるものがありましたので、深く付き合っていきましょう!’

 という思いがあれば、握手を求めるのは非常に効果的であると感じます。

 相手も握手は親しい間柄というイメージがあるでしょうから。

 私は、この握手を積極的に求めるようになって、

 時間をかけずに付き合いを深められるようになりました。

 ちょっとしたアクセントに、握手を求めてみてはいかがでしょうか。

◆今日は、「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 笑顔と握手についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“外見をの変化”で健康になるテクニックとは?☆

◆昨日は、不動産部門のメンターであるHさんとお会いして、

 Hさんから頼まれた書面作成等を行っていました。

 まぁ、簡単なお手伝いですね☆

 いつもご馳走になってばかりなので、

 これくらいはお茶の子さいさいですと思ってお手伝いしていたのですが、

 最終的にアルバイト代までいただいちゃいました。

 私の勉強にもなったのに………お金をいただくなんて。

 でも、素直にありがたく受け取らせていただきました!

 夜ごはんもご馳走になり、感謝、感謝です。

 Hさん、ありがとうございました♪

◆1冊本も読み終えました。

 【今日の1冊:捜査線上のアリア(森村誠一)】

 この森村誠一さんっていう作家さんは、

 よく名前は聞いていたのですが、作品を読んだことがありませんでした。

 今回満を持して読んでみたのですが………

 正直、全然面白みを感じませんでした。

 ミステリーなのですが、

 トリックがわかりづらく複雑。

 犯人が急に登場する。

 人間関係が偶然の産物過ぎる。

 追っていく側のキャラが立っていない。

 等々、ちょっと期待外れでした。

◆めちゃくちゃ有名な作家さんですし、

 もっと面白い代表作があるのでしょうね。

 古典的な作品に位置されるジャンルなのでしょうか。

 やはり、読む作品とタイミングによって合う合わないがありますね。

 今回は、全くハマりませんでした(苦笑)。

◆さて、昨日は「お金よりも知恵を優先する」というテーマで、

 お金ではなく知恵の源泉を掘り当てることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆なんだか最近、精神的な話が多かったので、

 今回は気分を変えて身近な変化をテーマにします。

 もし該当する項目があれば、

 少しでも参考になれば幸いです☆

 名付けて、

 「“~~しない”ように“~~しよう!”」

 シリーズです。

 ちなみに、私もやってしまいがちなので、

 日頃から心がけていることばかりです!

◆1発目の今日は、外見編です。

 3項目の外見を意識することで、健康にもなれますし、

 イメージも変わります。

 本当にちょっとしたことなんですけどね。

 ‘3項目とも大丈夫!’

 という方は、よりいっそう磨きをかけられると良いと思います☆

◆まず、1つ目は

 「足を組まない」

 です。

 ついつい椅子やソファーに座った際に、

 足を組むのが癖になっていることはありませんか?

 特に女性の方が多いのではないでしょうか。

◆足を組むデメリットは、足を組んだ時に骨盤が少し傾くため、

 その上に乗っている背骨が影響を受けてしまうことです。

 その結果、慢性的な肩こり・腰痛が発生することが知られています。

 場合によっては、頭痛にもつながるようですね(汗)。

◆そこで、このシリーズの登場です!

 足を組まないようにするために、

 【背筋を鍛える】

 ようにしてみましょう。

 寝る前にでも背筋(腹筋の逆バージョン)を5~10回行い、

 足を組んでいることに気づいたら下ろすことを繰り返します。

 人によって異なりますが、2~3ヶ月で足を組む癖がなくなるようですよ。

 ・

 足を組まなくなると、肩こり・腰痛・頭痛の解消をはじめ、

 背筋が鍛えられることにより、ウェストも引き締まるようです。

 いいことづくめですね♪

◆次は、

 「猫背」

 です。

 これも自分ではあまり気付きませんが、

 人から見るとすぐにわかりますよね。

 猫背のデメリットは、

 陰気に見られたり、やる気がなさそうに見られたりする外見面と、

 筋力の衰えや内臓の働きが悪くなったりという健康面もあります。

 さぁ、思い当たる方は早速解消してみませんか?

◆そこで、このシリーズの登場です!

 猫背にならないようにするために

 【肩甲骨を寄せて、胸を開く】

 ように意識してみましょう。

 “肩甲骨”は、背中側の肩の下にあるあのでっぱり的な骨です。

 あの骨を寄せて、胸を開くのです。

 そうすると自然に胸が前に出て、

 猫背にはなりにくくなります。

◆そして、イメージとしては、

 耳と肩が一直線になるようにして過ごします☆

 この胸を開く意識だけでも、かなり姿勢は変わりますよ!

 私も歩いている時に、意識して開く時があります。

 だって、背筋がピンと張っている方が、

 単純に見た目もカッコイイですからね。

 ちょっとした変化ですが、気分にも自信があらわれますし、

 ものすごくお薦めです。

◆という感じでサラッと2項目お伝えしましたが、

 長くなりそうなのでもう1つの項目は明日に続けます。

 明日はさらに行動編につないでいければと考えています。

 このシリーズ………どうですかね(笑)?

◆今日は、「“しない”を“する”に変化させる」というテーマで、

 外見面の足組みと猫背を解消する方法をお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆お金よりも○○の源泉を掘り当てる!☆

◆昨日は、一日の大半をネットビジネスの構築に費やしていました。

 おかげさまで思ったよりも進みました☆

 『虎穴に入らずんば虎児を得ず』

 思い悩んでいるよりやってみた方が早かったです。

 私が今回契約したレンタルサーバは、

 「ロリポップ」です。

 ⇒ http://lolipop.jp/

 初心者に優しいという評価が決め手でした。

 ・

 そして、メール配信として契約したのが、

 「激メール」です。

 ⇒ http://www.gekimail.com/

 ステップメールの使いやすさと初期費用がないというところが決め手でした。

◆HPをレンタルサーバにアップして、

 インフォトップに販売ページの審査を申請しました。

 だいたい、3~4日程度かかるようです。

 通るかな?

 あと、ステップメールをセットしました☆

 販売ページの審査が通ったら、

 無料レポートのダウンロードからメルマガにセットする流れを作ります。

 引き続き作業を進めてみます!

◆その後、今日の仕事モードは終了ということで、

 キャラメルボックスの芝居のDVDを観ました!

 『TRUTH』という作品の再々演で、かなり豪華なキャストです。

 あの上川隆也さんも出演しているんですよ。

 そして、夜中はサッカーの「日本 対 南アフリカ」を観戦。

 スコアレスドローに終わりましたが、

 サッカー観戦は面白いですね☆

 かなりのストレス発散になりました♪

◆さて、昨日は「お金よりも知恵を優先する」というテーマで、

 目先の利益に惑わされないことについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今回は、これからの時代を生き残るためには、

 法人も個人も“固形資産”よりも“無固形資産”を

 重視すべきことをお伝えしています。

 とりわけ、私達個人については、

 目先の(わずかな)利益に惑わされてしまう傾向が強いので、

 意識して選択していく必要があります☆

◆今日はこのテーマとしても出している、

 「お金」と「知恵」を例に出してまとめていこうと考えています。

 「お金」と「知恵」、

 どちらも重要であることは言うまでもありません。

 ビジネスを志す方の中でも、

 「お金持ちになる」

 ことを目的とされている方もいらっしゃいます。

 間違いとは言いませんが、お金を目的とすると、

 いくつかのデメリットが生じます。

 そのデメリットとは、

 ・

 【終始「お金」の不安がつきまとうこと】

 ・

 です☆

◆「お金」は有限ですが、無限です。

 現時点でのお金は限りがありますが、

 毎年、増刷されていることを考えれば無限と言うこともできます。

 いずれにせよ、お金だけを追ったお金持ちは、

 ・

 ‘いつ、自分のお金を失うか’

 ‘どうやったら、自分のお金を守れるか’

 ・

 という心理が働くと言われています。

 この心理状態が続くとすれば、

 お金があったとしても幸せな状態とは言い難いですよね。

 私達は、意識をしていないと、大小はあるにせよ、

 この「お金」を目的としてしまいがちなのです。

 宝くじやギャンブルが廃れないのはそのためでしょう。

◆そこで、追いかけるものの視点を

 変えてみてはいかがでしょうか?

 「お金」よりも「知恵」に視点を変えてみるのです。

 ・

 なぜか?

 ・

 【「お金」は「知恵」を生み出しませんが、

  「知恵」は「お金」を生み出すから】

 です!

◆『億万長者専門学校』

 の著者であるクリス・岡崎さんもこのように言われています。

 【今日の1冊:億万長者 専門学校(クリス岡崎)】

億万長者 専門学校 億万長者 専門学校

著者:クリス 岡崎
販売元:中経出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 「真の億万長者とは・・

  何度でも1億円を作り出せる能力を持っている人」

 であると言われています。

 この「作り出せる能力」が私は「知恵」だと考えています。

◆お金の源泉ではなく知恵の源泉を掘り当てることを

 目指してみてはいかがでしょうか?

 ・

 読書しかり、

 人との会話しかり、

 セミナーや講演会しかり、

 自己投資しかり、

 知恵の源泉を掘り当てる作業は幾通りも用意されています☆

 自分なりの掘り方で掘っていけばよいのです。

 「知識」を「知恵」に昇華していく方法は………

 また、別の機会にでもお伝えしますね。

 消化不良ですか(笑)?

 要望があれば、この昇華方法については次のテーマにします♪

◆今日は、「お金よりも知恵を優先する」というテーマで、

 お金ではなく知恵の源泉を掘り当てることをお伝えしました。

 今日でこのテーマは一区切りとし、

 明日からはまた新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆●●に心を奪われない☆

◆いよいよ今回のネットビジネスも大詰めです。

 やっと、HPの材料を全てそろえて、

 あるべき個所に当てはめました☆

 HPで使う画像収集(有料はたくさんあるんですけどね)と、

 その画像をHPに取り込むHTMLに苦戦しました。

 良い経験をしています。

◆現在、そろっているものは以下の通りです。

  ◎無料レポート(A4で18ページ)

  ◎ステップメール 5日分

  ◎ホームページ用のHTML(テンプレートをかなりアレンジしました)

  ◎販売用レポート(A4で63ページ)

 これをこれから、サーバーをレンタルしてアップします。

 そのURLをステップメールに落とし込み、

 メール配信スタンドにセットします。

 そのメルマガを無料レポートをダウンロードした方に、

 配信していくというのが大まかな流れです☆

 インターネットの知識が少しでもないと、

 ‘何じゃそりゃ!?’

 って感じですよね。

 半年前の私がそうでしたから(笑)。

◆他にもPPCを試したり、ブログも活用したいと思っています。

 今日からそのつなぐ作業を始めますが、

 すんなり幕いくとは思ってません(苦笑)。

 試行錯誤しながら、あきらめずにやっていきますね!

 ただ、1つ補足しておくと、今回のネットビジネスで完成するものは、

 利益は二の次と考えています。

 かなり自分のスキルで社会的に貢献できる内容の

 プロジェクトになっているのではないかと自負しています。

 実現すれば、自分もワクワクしますしね☆

 ちょっと楽しみです♪

◆さて、昨日は「お金よりも知恵を優先する」というテーマで、

 “固形資産”よりも“無固形資産”が重要であることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、法人における“固形資産”と“無固形資産”についての

 重要性をお伝えしました。

 今日は、個人に当てはめて考えてみましょう!

 どちらが優先度合いが高いかは………わかっちゃいますよね☆

◆個人でいうところの

 “固形資産”・“無固形資産”とは何でしょうか?

 ・

  ◎固形資産  ・・・不動産(土地、家、マンション)、預貯金、

             株、債権、投資信託、車、高級嗜好品  等

  ◎無固形資産・・・知識・知恵、資格・スキル、各種媒体(ブログ、メルマガ)

             人脈・仲間、アイディア・発想、向上心、経験  等

 ・

 のようなものが一般的にはイメージできますでしょうか。

 ロバート・キヨサキさんの著書では、

 ローンがある居住用住居や車は負債という考え方ですけどね(汗)。

 イメージしやすいように資産として列挙してみました。

◆さて、ここで質問です☆

 「あなたは、日々の生活において

 “固形資産”と“無固形資産”の どちらの優先順位を高めていますか?」

 また、質問の内容をこのように変えてみたらどうでしょうか?

 「お金と知恵、どちらのために働きますか?」 

◆後者の質問になると、

 「知恵」と答えるのは難しいかもしれませんね。

 普段の生活だけを考えると、

 「お金(生活資金)」のために働いているのも事実ですからね。

 その答えになるのはしごく当然かと思います。

 では、少し掘り下げて考えてみましょう!

◆例えば、

 自由に過ごせる1日があったとしましょう。

 そこへこんな話が舞い込んできました。

 Aさんからはアルバイトの募集があり、

 そこで働けば“1万円”もらえます。

 Bさんからはスキルアップにつながる研修を紹介され、

 そこに行くと丸1日つぶれてしまいます。

 Cさんからは異業種交流会の誘いがあり、

 そこに行くと“1万円”支払わなければなりません。

 ・

 あなたはどの誘いを受けるでしょうか?

 また、どの誘いを断るでしょうか?

◆答えはありません。

 なぜなら、それは時と場合に分かれるからです☆

 もし、あなたが本当に生活に窮していたり、

 どうしても手に入れたいモノがある場合に、

 Aさんの誘いを受けるのも選択肢の1つです。

 ただ、

 Aさんの誘いを受ける(=1万円を得る)基準として、

 “目先の利益”だけに心を奪われるのはいただけません。

・ 

◆目先の利益よりも、

 「知識・知恵」が必要であれば、Bさんの誘いを検討すべきです。

 「人脈」を欲していれば、Cさんの話をよく聞いてみるべきです。

 「時間」や「休息」が必要であれば、全員断ることも考えるべきです。

 ・

 【“目先の利益(お金)”にとらわれず、

  自分にとって必要なものを見極める】

 ことが大切です。

 明日はこのテーマのまとめをお伝えしますね☆

◆今日は、「お金よりも知恵を優先する」というテーマで、

 目先の利益に惑わされないことについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“固形資産”と“無固形資産”、どちらを優先すべきか?☆

◆1冊本を読みました。

 【今日の1冊:副業生活のすすめ(川村亮)】

副業生活のすすめ 副業生活のすすめ

著者:川村 亮
販売元:かんき出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 サラリーマンをしながら副業を始め、

 両輪をうまく回していこうと提唱している本でした☆

◆著者は、最初は革ジャンの販売から始まり、

 別荘ネットとレンタルサーバ、

 ダンススクール経営と副業の幅を広げていったようです。

 著者は

 「副業を始めるのはよいが、会社は絶対に辞めてはいけない。」

 と強く主張されています。

 私も基本的にはこの考えに同調できます。

 というのも、副業では一時的に成果をあげられたとしても、

 その成果を継続できる保証はありません。

 そうであれば、サラリーマンとしてしっかり働き、

 知識と生活資金を得続けられている状態で、

 自分のやりたいこと(副業)を伸ばしていくのが得策ではないでしょうか。

◆独立すると、目に見えていないサラリーマンのメリットが見えてきます。

 健康保険、社会保険、年金、労災、交通費……

 これら全て自己負担となります☆

 独立を目指して成長していくのはものすごく良いことですが、

 早まる必要はどこにもありません。

 足元を盤石にしつつ、次のステップを見据えるべきかと感じました。

 6年前の著書なので、時代背景に少しギャップを感じますが、

 副業を始めるための参考程度に読むとよいかもしれませんね♪

◆さて、昨日は「習慣を変える」というテーマで、

 宣言・約束することで、自らの退路を断つことをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆釈迦に説法かもしれませんが、

 “固形資産”と“無固形資産”をご存知ですか?

 ・

 会社のバランスシート(貸借対照表)を見るような時に、

 しばしば見られる表現です☆

 あまり一般的ではないのかもしれませんが。

◆簡単に説明すると

 ・

  ◎固形資産………目に見える形で価値や量がはっきりとわかる資産

     例:土地、建物、商品、什器備品、預貯金、株式、債券

  ◎無固形資産……目には見えないが価値のある資産

     例:ソフトウェア、ノウハウ、取引先・顧客からの信頼、企業イメージ

 ・

 といったようなものでしょうか。

 固形資産はイメージしやすいですが、

 無固形資産は普段はあまり考えることがないかもしれませんよね。

 ただ、

 “固形資産”よりも“無固形資産”、どちらの方が価値があるでしょうか?

 1つ例を出して考えてみましょう☆

◆自動車メーカーのA社とB社があります。

 A社には、とても大きな土地や工場やハイテク機器があり、

 株式・債権等も大量に保有しているため、

 お金にモノをいわせる営業で成長を遂げています。

 一方のB社は、預貯金等には乏しく、

 資金では大手に対抗できませんが、

 顧客第一主義イメージが定着しており、

 お金をかけずに良い車を作り出すノウハウを常に研究しています。

 ・

 ある時、急激なインフレが起き、

 100万円は1万円程度の価値しかなくなってしまったとしましょう。

 もしくは、失業率が高まり、

 大規模なリストラが全国各地で始まったとしましょう。

 もしくは、自動車よりも安くて機能性の高い交通用具が開発されたとしましょう。

 いずれの場合も、自動車の売上は減少します。

 このような事態に遭遇した際に、

 生き残っていけるのはA社でしょうか、B社でしょうか?

◆ケースバイケースで、

 一概には言えないという意見もあるかもしれませんが、

 私はB社の方が生き残っていけるのではないかと感じます☆

 ・

 なぜか?

 【無から有を生み出せるのは、固形資産ではなく無固形資産だから】

 です。

 資金をいくら持っていても、

 ノウハウがなければ新しいものは生み出せません。

 お金で買えないノウハウは世の中にはいくらでもあります。

 また、現在のハイテク機器や設備も、

 時代が変われば時代遅れの産物となる可能性があります。

 船を運航している場合、

 タイタニックのような大型船の軌道修正には時間がかかりますが、

 小型船の軌道修正はあっという間に可能です♪

◆つまり、

 時代がこれだけ激動の波に飲まれつつあるわけですから、

 現時点で“固形資産”をどれほど持っていようが、

 未来に対しての何の保証にもならないということです。

 明日は、これを個人に当てはめて考えてみましょう!

◆今日は、「お金よりも知恵を優先する」というテーマで、

 “固形資産”よりも“無固形資産”が重要であることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆自ら“退路”を絶つことも必要!☆

◆昨日は、私の職場を管轄している麹町税務署が

 「年末調整研修会」を主催してくれたので、参加してきました。

091111_09490001

 映像での説明の後に、補足説明が入るという流れでしたが、

 今年度についてはそんなに影響のある変更はなかったですね。

 住宅ローン控除については、

 毎年少しずつ変更が入るので嫌ですが。

◆「年末調整」、「確定申告」………税金関係って、

 聞いたことはあるけど、いまいちピンと来なかったり、

 面倒くさいものに感じることが多いですよね。

 いわゆる、年末調整は勤務先が代わりにやってくれる

 年間の税金調整です。

 確定申告は、個人がやる年間の税金調整というイメージですね。

 私もよくわからない1人でしたが、

 去年、確定申告を初めてやってみて、

 やればできるものだなと実感しました☆

 医療費控除が受けられる場合(世帯で年間10万円以上医療費がかかった)や、

 不動産収入等がある場合は、確実に確定申告した方がよいですね。

 知識は色々仕入れているので、

 今年も確定申告にチャレンジしようと思ってます♪

◆さて、昨日は、「習慣を変える」というテーマで、

 3週間継続を目標に、

 3日坊主でもあきらめずに反復していくことをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日でこの「習慣を変える」というテーマも

 一区切りとさせていただきます。

 今までお伝えした12のステップ、いかがでしょうか?

 少しでも取り入れられる部分が見つかったでしょうか?

 今日はいよいよ最終ステップについてお伝えします。

◆最後のステップは、

 ・

 “13.自信が出てきたら、

    「親しい人に行動を変化させることを宣言・約束」する”

 ・

 ことです。

 最後にして、最大の難関ですね(苦笑)。

 このステップはかなり勇気が要ります。

◆今までやってきた12のステップを踏まえ、

 親しい人に習慣の変化を宣言・約束する。

 これ、けっこう厳しいですよね。

 なぜか?

 宣言・約束してしまった手前、

 簡単に後には引けなくなるからです。

 だって、

 ‘嘘つき’

 って思われるのは、誰にとっても気持ちのイイものではないですからね。

 やっぱり、一度宣言・約束したからには、

 安易に「やっぱりやめた」とは言い出しづらくなるものです☆

 まさしく、そこが狙いなのだと思いますが。

◆このステップは、例えるならば

 【自らの退路を断つ】

 ということではないかと感じています。

 つまり、

 「(習慣の変化を)やめる」という選択肢を除外するステップですね。

 ここまで来たのであれば、

 前に進むしかないという状況を作り出すのが目的でしょう。

 約束したことを守れなくて、

 悔しい思い、恥ずかしい思いをしたことが誰しもあるはずです。

 その悔しさ・恥ずかしさを避けるためのパワーが生まれます♪

◆また、このステップにはもう1つの意味が隠れています。

 それは、親しい人であればあるほど、

 ポジティブな変化については応援してくれるはずです!

 客観的に成果が出てくれば賞賛してくれるでしょうし、

 なかなか成果が出なくても励ましてくれることでしょう☆

◆あなたが宣言・約束することにより、

 その習慣の変化に対する「応援団」を作っているようなものなのです。

 宣言・約束が本気であればあるほど、

 応援団も本気になって応援してくれます。

 ただ、黙々と自分と戦っているよりも、

 多くの人に応援してもらった方が決意も確固たるものになっていきます♪

 ・

 このような2つの意味から、

 親しき人への宣言・約束は非常に強力なステップと言えます。

◆これで、『習慣を変える13のステップ』はすべて終了です。

 復習の意味で、読んでみてください。

 ・

 ~~~~~~~~以下、メルマガからの引用~~~~~~~~

 ★どんなことも習慣にできる13の方法

  習慣を変えるには、コツがあります。

  1 「簡単なところ」から始める

  2 できなかったら、できるところまで「基準を下げて再開する」

  3 毎日・毎週・毎月の行動量を「少しづつ増やしていく」

  4 志は高くてもよいが、

    毎日・毎週・毎月の行動の「高望みは厳禁」

  5 毎日の行動を「数値化」して、記録する

  6 達成率を考えるとメゲやすい。

    「積み上げ数」を考えると励みになる

  7 どんなに素晴らしい展開になるだろう? 

    と「最高のケースを想像」する

  8 行動しなかったらどうなるだろう? 

    と「最悪のケースも少し想像」する

  9 ちょっとでも進歩したり、

    成果が出たら自分自身で「認める・褒める・喜ぶ」

  10 最初は3日、次は7日、次は21日間を目指す。

    「21日間続けると習慣となる」

  11 予定通りできなくても落ち込まない。

    3日坊主でも10回繰り返せば習慣になる

  12 完全に諦めない限り、いつでも「人生には復活戦がある」

  13 自信が出てきたら、

    「親しい人に行動を変化させることを宣言・約束」する

 ~~~~~~~~~~~~引用終了~~~~~~~~~~~

 ・

 何か自分の習慣を変えたいと思った時には、

 どうぞこのステップを思い出してみてください☆

 きっとあなたの力になってくれると、私は信じています。

 「習慣が変われば、人生が変わります!」

 あなたの望む変化を心から応援しています♪

◆今日は、「習慣を変える」というテーマで、

 宣言・約束することで、自らの退路を断つことをお伝えしました。

 今日でこのテーマは一区切りとなります。

 明日からは、また新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆700回更新&“継続”に勝る特効薬はない!☆

◆ふと気づいてみると、

 今日で更新 700回 を迎えていました☆

 キリのいい更新って、けっこう気持ちいいものですね。

 700回かぁ。

 それなりに時間はかかっていますが、

 備忘録としても成長記録としても、

 自分の財産になっていますね。

 少しずつでも積み重ねていくと、

 それなりの量になるものです。

 これからも少しずつではありますが、

 着実に日々更新していこうと思いますので、

 今後ともよろしくお願いいたします♪

◆昨日は、職場の先輩・後輩と軽く飲むつもりが、

 思わぬ深酒になってしまいました(反省)。

 1軒目。

 【今日のお店:魚ます】

 ⇒ http://r.gnavi.co.jp/a045216/?ak=gogq4kT6Ye6u79cyN3V%2BKu4KzPRn7zPzBEd3ttkc6yk%3D

 2軒目。

 【今日のお店:ムーンシャイナー】

 ⇒ http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0335055730

 ・

 1軒目のお店は特筆すべきことはないですね。

 可もなく、不可もなくといったところ。

 ・

 2軒目が、実は6年ぶりくらいに行くバーでした。

 ここ………けっこうすごいんです。

 お酒も値段も(まぁ、値段はバーはこれくらいがふつうなのでしょうが)。

 モスコミュールをその起源にちなんで、

 銅製のマグカップで飲ませてくれます☆

 これが非常に美味しい!

 今までのモスコミュールは何だったんだ?

 と疑いたくなるような本格的な味です。

 モスコ ⇒ モヒート ⇒ グラッパ ⇒ ⇒ ラム ⇒ テキーラ

 と流れて、酔いました。

 純粋にお酒を楽しむということであれば、お薦めのお店です♪

◆さて、昨日は、「習慣を変える」というテーマで、

 自分自身でしっかり褒めることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆習慣を変える13のステップですが、

 いよいよ終盤戦に差しかかってきました☆

 今日と明日で長編となりましたこのテーマも、

 一区切りとさせていただきます。

 今回のテーマを読んでいただき、

 小さなことでもかまいませんので、

 1つでも自分の気になる習慣を変えていただけたら嬉しいですね。

◆昨日は、自分なりに少しでも成果が出ていることが確認できたら、

 自分自身で褒めることでモチベーションを高めることをお伝えしました。

 ある意味、習慣を変える時に限らず、

 「自分を褒める」こと自体を習慣にできるといいですね♪

◆様々な工夫をしつつ、習慣を変えるべく行動を継続していくわけですが、

 そこはやはり一筋縄ではいかないことの方が多いです。

 なぜなら、

 できるだけ変わらないでいたいという“恒常性”があるからです。

 3日坊主になるのはごく自然なことです。

◆ただ、それであきらめてしまっては習慣を変えられませんから、

 ある程度踏ん張る必要があります。

 目安となる継続日数が次のステップです☆

 ・

 “10.最初は3日、次は7日、次は21日間を目指す。

    「21日間続けると習慣となる」”

 21日間……つまり、3週間継続することを目標とします。

 3週間程度続けることができれば、

 今度は逆にそちらに恒常性の力が働き、

 その行動をやめることの方が気持ち悪くなります。

 ですので、3日 ⇒ 7日 ⇒ 21日とだんだん目標を伸ばしていき、

 3週間の継続を1つの目安としてみましょう☆

◆ただ、そうは言っても………

 やっぱり3日坊主になっちゃうんですよね(苦笑)。

 私も何度も経験があります。

 そんな時は、その3日坊主もきちんと評価してあげて、

 次のステップを参考にしてください。

 ・

 “11.予定通りできなくても落ち込まない。

    3日坊主でも10回繰り返せば習慣になる”

 3日坊主でもいいじゃないですか。

 3日坊主だって10回繰り返せば習慣化できるのです。

 繰り返すことの効果は多くの方が言及されていますので、

 今さら論じることはありませんね。

 プロ野球選手は何十、何百万回と素振りをしていますし、

 歌手は発声練習を毎日繰り返していることでしょう。

 3日坊主でも、その3日に価値を見出し、反復することで、

 いずれ実力になるのは紛れもない事実です。

 3日坊主でテンションを落とさず、

 できるだけ早く次の3日坊主の機会を作りましょう。

◆このステップの根拠は、

 次のように言い換えることもできます。

 ・

 “12.完全に諦めない限り、いつでも「人生には復活戦がある」”

 習慣に限らず、

 まさにその通りだと私は感じます。

 自分があきらめてしまった時が、

 あなたの成長が止まる時であり、成果にサヨナラした時です。

 そうであれば、

 あなた自身があきらめなければ、いつでも復活できます☆

 【失敗 ⇒ 挑戦 ⇒ 失敗 ⇒ 挑戦 ……挑戦 ⇒ 成功】

 これが確実に成果を生み出せる流れです。

 ボクシング等とは異なり、

 あなたには無限の挑戦権がプレゼントされています。

 ぜひ、習慣を変える挑戦を継続してみてはいかがでしょうか?

◆今日は、「習慣を変える」というテーマで、

 3週間継続を目標に、

 3日坊主でもあきらめずに反復していくことをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「就活応援プロジェクト」&有森裕子さんを実践する☆

≪告知≫

 就職活動に真剣な学生を応援する“兄貴分”プロジェクト

 ・

 このブログを読んでいただければわかりますが、

 私は某大企業の人事部門で働いています。

 そこで、関東近県に住む学生の方で、

 現役の人事部門担当者から就職活動(特に面接)の

 サポートを受けたいという希望があれば、

 ちょっとした兄貴分気取りで無料サポートしたいと考えています☆

 優秀な人材が面接で落とされるのはもったいないですからね。

 希望される学生の方は、

 ⇒ tirare1979*yahoo.co.jp

   (*は@に変換してください)

 まで、「【サポート希望】」タイトルに書いてご連絡ください。

 追って、こちらから連絡いたします。

◆恥ずかしながら、PC関連の知識が皆無に等しい状態から、

 インターネットビジネスにも取り組んでみようと思い立ちましたので、

 現在悪戦苦闘しています(笑)。

 ‘画像ってどうやって作るの?’

 っていう疑問から始まり、どんなソフトではどんなことができて、

 どのソフトをダウンロードして、とりあえずいじってみる。

 で、実際に作ってみてセンスの無さに崩れ落ちる

 ………的な作業を繰り返しをしています☆

 画像はホームページをアレンジするために作りたいのですが、

 けっこう手強いです(汗)。

 (知識のある方なら小学生の算数レベルなのだと思います。)

 こういう時に、PCの知識に長けている人脈があればと

 本気で思いますね。

 ただ、新しいことを学んでいる感はものすごくあるので、

 もう少し自分で勤しんでみることにします。

◆さて、昨日は「習慣を変える」というテーマで、

 「最高未来」と「最悪未来」をイメージすることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日お伝えした

 「最高未来」と「最悪未来」

 あなたはイメージすることができましたか?

 ・

 ちなみに私が朝の“1分間体操”(笑)を習慣化した際には、

 「最高未来」・・・80歳までバリバリ動きまくれる健康体

 「最悪未来」・・・メタボまっしぐら

 だったように覚えています。

 「最高未来」とか「最悪未来」という言葉は知りませんでしたが、

 イメージはハッキリしていました。

 あぁいう風にはなりたくないという反面教師も、

 恐怖モチベーションを駆り立てるのには絶大的な効果があります☆

◆それでは今日も次のステップへ進みます。

 今日は本題に入る前に、

 1つの言葉をご紹介します。

 ものすごく有名な言葉ですね♪

 ・

 『自分で自分をほめたい』

 ・

 これは誰の言葉でしょうか?

 ご存知ですね。

 元女子マラソン選手の有森裕子さんが

 アトランタ五輪で銅メダルを獲得された時の言葉です。

 流行語大賞にも選ばれました。

◆なぜ、この言葉を最初にご紹介したかというと、

 私たち人間は

 【意識しないと自分を褒めない】

 という事実を認識する必要があるからです。

◆こと日本人は、素直に褒めることは得意ではなく、

 相手のモチベーションを上げるやりとりが活発ではありません。

 他人を褒めることですらままならないのですから、

 自分とのインナーカンバセーション(内的会話)においては、

 褒めることが皆無であるのは当たり前です☆

◆ですが、逆に考えると他人から褒められて、照れくさいのとは別に、

 心から悪い気がする人はいないはずです。

 いくつになっても、人から評価してもらえるのは嬉しいことです。

 モチベーションも上がります!

 ・

 ただ、

 習慣を変えるための行動については、

 他人の評価を当てにすることはできません。

 なぜなら、

 自分の行動は自分しか見ていないことが多いからです。

 誰かが24時間密着で行動を監視しているのであれば別ですが、

 そんな状態は滅多にないですよね。

◆したがって、

 自分が習慣を変えるためにものすごく努力していたとしても、

 その行動を正当に評価できるのは自分しかいないわけです。

 わかりますか?

 そうであれば、

 “意識して自分を褒める”

 ことが、唯一自分を高められる評価ということですよね☆

 このような流れで、このステップとなります。

 ・

 “9.ちょっとでも進歩したり、

    成果が出たら自分自身で「認める・褒める・喜ぶ」”

◆「認める ⇒ 褒める ⇒ 喜ぶ」

 この一連の流れで最もつまづくのが“褒める”という部分です。

 自分を評価できるのは自分しかいません!

 プラスの行動ができているのであれば、

 しっかり自分自身を褒めてあげてはいかがでしょうか?

 セルフイメージの向上にもつながります☆

 ………ちょっと照れくさいのはありますけどね(笑)。

◆今日は、「習慣を変える」というテーマで、

 自分自身でしっかり褒めることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“最善未来”と“最悪未来”のギャップがパワーになる!☆

◆昨日は、不動産関連の案件でHさんとお会いしました。

 【今日のお店:カツ吉】

 ⇒ http://www.ntv.co.jp/burari/060128/info01.html

091108_19410001

 外観はこんな感じです。

◆よくテレビの取材等も受けられているようで、

 店内には有名人が来店した写真が数多く飾られていました。

091108_19380001

 浜ちゃんの写真とサインは大きかったですね。

 ・

 このお店の特徴は、50種類以上の変わり種が選べること。

 私は今回チーズとんかつを頼んだのですが、

 餃子とんかつ、納豆とんかつ、チョコとんかつ(苦笑)など、

 オリジナルのとんかつが楽しめるお店です☆

 ちょっと衣が厚いかなぁという気もしましたが、

 ボリュームはありました。

 価格はとんかつが1400円~1700円程度なのですが、

 定食にするとご飯とお味噌汁が各250円するので、

 2000円くらいにはなりそうです。

◆ちなみに、私達が食べている時に、

 2階から降りてきたのは原田大二郎さんでした。

 時々テレビに出られてますね。

 浅草には芸能人がお忍びで来るお店が

 けっこうあるみたいですよ♪

◆さて、昨日は、「習慣を変える」というテーマで、

 習慣の変化のための行動は、数値化・記録し、

 積み上げで評価していくことをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、行動を目に見える形で評価することにより、

 モチベーションを維持していくことを目的としましたが、

 今日はモチベーションをさらに高めるステップです☆

 いよいよ13のステップも後半戦に差しかかってきましたね。

◆モチベーションを高めていくためには、

 まず

 “7.どんなに素晴らしい展開になるだろう? 

    と「最高のケースを想像」する”

 ことです。

 自分が今行動して、習慣を変化させていった先には、

 どんな未来が待っているのか、

 そんな「最高未来」をイメージしてみます。

◆例えば、

 ダイエットが成功して目標とする体型になれば、

 「あのドレスが着られる」

 とか、

 しっかりと勉強する習慣をつけ税理士に受かれば、

 「手に職がつく」

 など、習慣を変えることにより、

 自分にはどんな最高の未来が待っているのかを、

 具体的、かつ、カラーでイメージします☆

◆人間は、明確に欲しいものがイメージでき、

 そしてそれを得られるための具体的な手段がわかれば、

 ものすごいモチベーションになります。

 だって、

 やれば手に入るんですから。

 精一杯努力しますよね♪

 ニンジンぶらさげられた馬………っていうのは表現悪いですね(苦笑)。

◆ただ、人によっては「最高未来」が具体的ではなかったり、

 靄(もや)がかかったようにボヤけている場合もあるかと思います。

 そんな場合にもモチベーションを上げられるように、

 “8 行動しなかったらどうなるだろう? 

    と「最悪のケースも少し想像」する”

 というステップがあります。

 いわゆる恐怖モチベーションというやつですね。

 ただ、これはネガティブな感情から入りますので、

 個人的にはあまり深入りしないことをお勧めします。

 ただ………ものすごいパワー出ますけどね!

◆先ほどとは全く逆に、

 自分がもしこのまま習慣を変えられなければ、

 どんな未来が待っているのか、

 そんな「最悪未来」をイメージしてみます。

◆「最悪未来」の場合、

 あまり喩えも必要なさそうですね(笑)。

 ただし、これは自分が想像する中で

 最悪中の最悪を想像した方がモチベーションは上がります。

 なぜか?

 ・

 それは、「最高未来」とのギャップが大きくなるからです。

 例えば、

 英語を話せるようになるために習慣を変えようとした人でも、

   「最高未来」・・・周りに自慢できる

   「最悪未来」・・・海外旅行で困る

 というイメージであれば、あまりモチベーションは上がりませんよね。

 しかしこれが、

   「最高未来」・・・海外赴任で数千万円稼ぐビジネスマンになる

   「最悪未来」・・・英語が話せない自分は今の職を失う

 というイメージであれば、モチベーション上がりませんか?

 否応なしに上がりますよね。

◆つまり、

 【「最高未来」と「最悪未来」のギャップがあればあるほど、

  習慣を変えるためのモチベーションが向上する】

 ということです☆

 あなたの「最高未来」と「最悪未来」は何ですか?

◆今日は、「習慣を変える」というテーマで、

 「最高未来」と「最悪未来」をイメージすることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第3位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“コップ半分の水”理論☆

◆1冊本を読み終えました。

 「よくそんなに本を読む時間と、読む本があるね。」

 と言われることがありますが、

 タネ明かしはシンプルです☆

 時間は隙間時間の活用ですし、

 本は図書館に山のようにありますから(笑)。

◆隙間時間は、私の場合通勤電車内と昼休み、

 それと次の予定までのふとした時間です。

 朝や寝る前に時間をとって読んだりとかはありません。

 また、読む本も毎週土曜日に図書館に行って、

 興味のおもむくままに棚を眺め、魅かれる本を10冊くらい借ります。

 10冊全部読むわけではなく、ストックしておくのです。

 そして、2週間の借りてる期間の中で、

 読みたい本を数冊読めば効率的かなと思っています☆

◆ちなみに、一昨日読み終えた本は、

 【今日の1冊:「はぐらかし」の技術(梅森浩一)】

「はぐらかし」の技術 「はぐらかし」の技術

著者:梅森 浩一
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 でした。

 政治家やビジネスマンなどの「はぐらかし」技術をテーマとし、

 論理的にそのテクニックを解説されています。

 「はぐらかし」に長けている人を

 “ハグラー”と呼んでいるのが個人的にはツボでした(笑)。

 教えられてできるものでもないですが、

 時に必要な技術であることは間違いないですね♪

◆さて、昨日は「習慣を変える」というテーマで、

 細く長く継続できる基準を見つけ、

 徐々に基準を上げていくことをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆望月俊孝さんの提唱する、

 「習慣を変える13のステップ」を材料にして、

 お伝えしている今回のテーマですが、

 3つ目までのステップはお伝えしました。

 4つ目の

 “ 志は高くてもよいが、毎日・毎週・毎月の行動の「高望みは厳禁」”

 というステップは、2つ目、3つ目の言葉変換ですので、

 割愛させていただきますね☆

 今日は、5つ目、6つ目のステップを補足していきます!

◆習慣を変えるために、まず第一歩(行動)を踏み出し、

 継続できる基準まで下げた後で、

 徐々にハードルを上げていくという流れでしたね。

 このハードルを上げる指針にするためにも、

 自分のモチベーションを下げないためにも、

 自分の行動に対し、設定することが望ましいものがあります。

 それは、

 「数値」

 です。

 目に見える形で、自分の行動を測っていくのです☆

 これが、

 “5.毎日の行動を「数値化」して、記録する”

 という5つ目のステップです。

◆例えば、ダイエットを例にすると、

 ‘今日は、2000kcalに抑えられたな。’

 ‘明日は、1900kcalに抑えるぞ!’

 というような形で数値を出し、

 自分の行動を記録していきます。

 数値として記録していくと、基準を達成できてもできなくても、

 自分の行動(がんばり)が目に見える形で残ります。

 それが自分のモチベーション維持につながります♪

 ・

 長距離走を走る時でも、

 1キロ通過、2キロ通過、あとゴールまで残り3キロ、

 のように今まで走ったキロ数がわかった方が走りやすいはずです。

 しかも、

 数値は絶対的なものですから、

 ‘今日はちょっとできたな。’

 のように相対的な評価とは、印象が全く異なります。

 ‘今日は5回中3回成功した。’

 ‘今日は30分しっかり勉強した。’

 ‘今日は2本に抑えられた’

 のように、しっかり記録していくと、行動が継続しやすいですね☆

◆そして、次のステップです。

 基準を下げてから上げているとはいえ、

 日によってどうしても達成できない日があるかもしれません。

 また、基準を下げている分、

 基準をクリアーしたとしても、

 目に見える成果があがらない時もあるかもしれません。

 そんな時こそ、数値化して記録した行動に対し、

 自分の評価方法を見直してみることが必要です!

◆例えば、

 物事には2つの見方があるという例として有名な喩えに、

 「コップ半分の水」

 の設定があります。

 ご存知でしょうか?

 ・

 今あなたの目の前に、

 半分の水が入ったコップがあります。

 あなたは、そのコップの水の量に対して、

 どのような印象を持つでしょうか?

 Aさんは、

 ‘半分しか水が入っていない。’

 と思います。

 しかし、Bさんは、

 ‘半分も水が入っている。’

 と思います。

 同じ量の水です。

 どちらが、その水に対して好評価を与えているでしょうか?

◆当然、Bさんですよね。

 この理論が習慣を変化させるための行動にも、

 そのまま当てはまります。

 目に見える成果から逆算していくと、

 あまり行動できてしないように感じるのは当然です。

 この考え方だと、モチベーションは下がります。

 ところが、何もしていないところから自分に負荷をかけて、

 これだけ行動してきたという見方をすると、

 必ずポジティブな評価ができるのです。

 この考え方だと、モチベーションは上がります。

 同じ行動量だとしても、

 自分の評価次第でプラスにもマイナスにも見えるのです。

◆つまり、

 “6.達成率を考えるとメゲやすい。

    「積み上げ数」を考えると励みになる”

 ということなんですよね☆

 まとめると、

 【習慣の変化のための行動は、

  数値化・記録し、積み上げで評価していく】

 ということになります。

 何もしていないところから始めるわけですから、

 行動を継続しているだけでも、ものすごい変化だと思いませんか?

◆今日は、「習慣を変える」というテーマで、

 習慣の変化のための行動は、数値化・記録し、

 積み上げで評価していくことをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第3位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“太く短く”と“細く長く”論争☆

◆昨日は、職場が契約している外部EAP機関の

 『メンタルヘルスセミナー』があったので、

 そちらへ参加してきました☆

 ちなみに、EAPとは“Employ Assistance Programs”の略で、

 要はメンタル系の従業員サポート窓口といったものです。

 ここ数年で急に認知度が高まっているようですね☆

◆今回のテーマとしては、

  ◎リハビリ勤務

  ◎復職をめぐる主治医vs産業医

  ◎新型うつ病

  ◎労災認定の傾向と対策

 といった感じ。

 弁護士、産業医、EAPの代表者。

 それぞれの見解が割れて、

 聞いている側としては面白かったですね。

◆セミナー後は、新宿へ移動し、

 9月に知りあった方が大阪から来られているということで、

 情報交換をしてきました。

 私の今後についても、客観的な指摘をもらって、

 すごく有意義な時間を過ごせました。

 また、自分が知らないスピリチュアルな話題もあり、

 面白かったですねぇ。

 「アガスティアの葉」ってご存知ですか?

 僕は初めて知りました。

 自分でも話題にできる程度に知っておきたいものです。

 Mさん、どうもありがとうございました♪

◆さて、昨日は「習慣を変える」というテーマで、

 第一歩は簡単なものを設定し、期限を設けて始めることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆習慣を変えるために、

 第一歩を踏み出すことに全力を注ぐことが必要であるとお伝えしました。

 今日はその“第一歩”について、まずはお伝えします。

 “2.できなかったら、できるところまで「基準を下げて再開する」”

 という部分ですね。

◆例えば、

 あなたは肉体改造のために

 習慣を変えようと決意したとしましょう。

 ‘毎日、腹筋100回する!’

 と決めて、第一歩を踏み出しました。

 初日、意気揚々と100回腹筋をやり終えました。

 2日目、モチベーションを維持したまま100回やりました。

 3日目、残業があり帰宅が遅くなりました。

 ‘今日はしんどいなぁ’と思いながらも、何とか100回こなしました。

 4日目、当初の目的意識も薄れ始め、

 100回の腹筋が今まで以上に辛く感じました。

 5日目、腹筋100回は何とかこなしましたが、

 目に見えた変化もないので、モチベーションが下がり始めます。

 6日目、‘100回を毎日続けるのは無理があるなぁ’と感じ、

 1日サボってしまいます。

 そして、7日目以降は自然消滅………。

 期間の長短はあれ、

 こういう経験は誰しもあるのではないでしょうか?

◆これは、第一歩を踏み出すことは良いのですが、

 第一歩が高過ぎることが原因です★

 習慣の変化にはエネルギーが必要ですが、

 フルパワーを継続することは至難の業です。

 習慣を変えることは短期では実現できないので、

 高いハードルを掲げてしまうと、

 長期で継続することは難しいのではないでしょうか。

 この例でいえば、

 100回を5日やる500回よりも、

 10回を50日やる500回の方がはるかに効果的です。

◆習慣を変えるには「継続」に重きを置く必要があります。

 ですから、自分が継続できるところまで基準を下げることは、

 全く恥ずかしいことではありません!

 むしろ、習慣を変化させるための賢明な選択と言えます。

 ・

 「習慣を変える」という目的を設定した場合、

 【“太く短く”よりも“細く細~く長く”】

 なのです☆

 あなたが無理なく継続できる基準まで、

 堂々と下げちゃいましょう!

◆基準を下げて継続できるようになれば、

 次のステップに進みます。

 今度は、今お伝えした内容とは真逆の内容です。

 徐々に基準を上げていくのです。

◆例えば、

 筋肉も同じ負荷ばかりをかけ続けていたのでは

 なかなか成長しません。

 30キロのダンベルが上げられるようになったのであれば、

 次は35キロのダンベルにチャレンジするべきです。

 人間の筋肉は限界まで酷使した後に、

 さらにそのちょっと上の負荷をかけると

 成長が早いと言われています。

 ・

 習慣の変化も同じです☆

 できるようになった基準で満足せずに、

 ちょっと上の基準、ちょっと上の基準にステップアップしていくことが、

 新しい習慣を定着させる近道となることでしょう。

 ということで、

 “3.毎日・毎週・毎月の行動量を「少しづつ増やしていく」”

 につながりました!

 明日に続けます。

◆今日は、「習慣を変える」というテーマで、

 細く長く継続できる基準を見つけ、

 徐々に基準を上げていくことをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

☆『始めさえすれば、もう8割は成功したのと同じだ』byウディ・アレン☆

◆1冊本を読みました。

 【今日の1冊:悪の交渉術(向谷匠史)】

悪(わる)の交渉術 悪(わる)の交渉術

著者:向谷 匡史
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 良く言えば、心理学の本ですね。

 悪く言えば、強引な「あぁ言えばこういう」返しのテク本です。

◆基本的に、人間の心理学を巧みに使って、

 円滑に日々を過ごしていくべきだという主張はもっともです☆

 ただ………この本は、自分中心過ぎます(苦笑)。

 著者もわかってあえて書いているのだと思いますが、

 ライバルを蹴落とすために実しやかな噂を吹聴するとか、

 主語を抜かして手柄を横取りするとか、

 実際にやったらめちゃくちゃです(笑)。

 どちらかと言えば、

 事前防衛のために読むべき本かもしれませんね。

 世の中にはこんなことを考えてる人もいるんだから、

 気をつけないといけないと気を引き締めるのが

 目的であればバッチリです。

 でもやっぱり、勉強になりました♪

◆さて、昨日は、「習慣を変える」というテーマで、

 習慣を変える13のステップについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆「習慣を変える」というテーマで、

 今回はお伝えしていますが、

 習慣を変えるために一番エネルギーを注ぐ必要がある部分があります。

 そして、それを今日の更新のタイトルにさせていただきました☆

 このウディ・アレンさん(映画監督)の言葉が、

 全てを物語っています。

 ・

 『始めさえすれば、もう8割は成功したのと同じだ』

 ・

 そういうことです。

 ってこれで終わったら怒られますね(笑)。

◆習慣を変えるのに最も重要なことは、

 【行動として第一歩を踏み出すこと】

 です。

 この第一歩が出るか、出ないかで、

 習慣を変えられるか否かが決まるといっても過言ではありません。

◆人間、思うだけなら簡単なんですね。

 ‘煙草をやめよう!’

 ‘挨拶をしっかりしよう!’

 ‘月に2万円は貯金しよう!’

 ‘ダイエットしよう!’

 等々、習慣を変えようと思うことはたくさんあるはずです。

 あなたにも心当たりはありませんか?

◆ただ、「思ったこと = 行動したこと」にはならないんですよね。

 思うだけで終わってしまうことの方が、

 実は圧倒的に多いのです☆

 なぜなら、

 一歩を踏み出せずに過ごしてしまうからです。

 ・

 ‘今までもそれで過ごしてきたんだから、今じゃなくてもいいか。’

 という気持ちに揺さぶられてしまうのです。

 そして、いつしかそれを正当化してしまうんですよね。

 私もそんな一人です(苦笑)。

◆ですから、

 冒頭の言葉でもありましたとおり、

 「始めることは、8割成功したと同じくらいの価値がある」

 ということなんですね☆

 ・

 ここでやっと昨日の望月さんのステップに立ち返りますが、

 “1.「簡単なところ」から始める”

 という理由がわかるでしょうか。

 いきなり行動目標を高く設定してしまうと、

 できなくて当たり前で終わってしまいます。

◆ダイエットで言えば、

 「今日からこんにゃくしか食べない!」

 と思ってみても、無理な話ということです。

 そうであれば、

 「夜9時以降は食べないようにする」 とか、

 「飲みに行くのを週に4回から3回に減らす」 など、

 具体的な行動に移せる【明確な第一歩】を設定します。

 また、あわせて決めたら●時間以内に必ず始めるというルールを

 あらかじめ設定しておいた方が、なおよいですね。

 期限がないと、ズルズル先延ばしにしてしまいますので。

 ・

 ということで、習慣を変えるために、

 とりあえずまずは簡単な第一歩を踏み出してみましょう!!

◆今日は、「習慣を変える」というテーマで、

 第一歩は簡単なものを設定し、期限を設けて始めることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「習慣」を変える13のステップ☆

◆昨日は、不動産のメンターであるHさんとお会いして、

 様々な情報交換をさせていただきました☆

 最近、Hさんとよく行くお店は、「寿し常」です。

 【今日のお店:寿し常】

 ⇒ http://www.sushitsune.co.jp/

 主にカウンターで美味しいお寿司が食べられます。

 “あら汁”がとても美味です。

 何でも好きなものを頼んでよいと言われるため、

 遠慮なくいただいてしまっています(汗)。

◆Hさんとは、いくつもの仕事を同時に進行しており、

 一蓮托生のような雰囲気さえあります。

 私が一人で動いていてもとうてい遭遇できないような案件ばかりで、

 非常に良い勉強と経験をさせていただいております。

 近いうちに、ここでも報告できる内容があればいいですね。

 Hさん、本当にいつもご馳走様です♪

◆さて、昨日は「暗黙の了解を破る」というテーマで、

 社交辞令を破るためには、

 「社交辞令ではない」と気付かせる必要があることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えいたします♪

◆「習慣」という概念を、

 私は非常に重要だと常日頃感じています。

 なぜなら、習慣化できたものについては、

 良くも悪くも、必ず自分の成果となって跳ね返ってくるからです。

◆ここで“良くも”だけではなく、

 “悪くも”という表現を加えたのには意味があります。

 それは、「○○をする習慣」が身についていなければ、

 「○○をしない習慣」が身についていることとイコールだからです。

 例えば、

 脱いだ靴をそろえる習慣のない人は、

 脱いだ靴をそろえない習慣を身につけてしまっていると言えるのです☆

 したがって、

 私達の全ての成果に「習慣」が深く関わっていると確信しています。

◆ですから、

 悪い習慣を良い習慣へシフトチェンジする方法を、

 普段からアンテナを張って探しています。

◆そこへ、つい先日『宝地図』で有名な望月俊孝さんのメルマガに、

 非常にシンプル、かつ、とても効果的な習慣化に関する

 具体的な方法が記載されていましたので、

 ここでシェアできればと考えました。

 ⇒ http://www.takaramap.com/

 ・

 ~~~~~~~~以下、メルマガからの引用~~~~~~~~

 ★どんなことも習慣にできる13の方法

  習慣を変えるには、コツがあります。

  1 「簡単なところ」から始める

  2 できなかったら、できるところまで「基準を下げて再開する」

  3 毎日・毎週・毎月の行動量を「少しづつ増やしていく」

  4 志は高くてもよいが、

    毎日・毎週・毎月の行動の「高望みは厳禁」

  5 毎日の行動を「数値化」して、記録する

  6 達成率を考えるとメゲやすい。

    「積み上げ数」を考えると励みになる

  7 どんなに素晴らしい展開になるだろう? 

    と「最高のケースを想像」する

  8 行動しなかったらどうなるだろう? 

    と「最悪のケースも少し想像」する

  9 ちょっとでも進歩したり、

    成果が出たら自分自身で「認める・褒める・喜ぶ」

  10 最初は3日、次は7日、次は21日間を目指す。

    「21日間続けると習慣となる」

  11 予定通りできなくても落ち込まない。

    3日坊主でも10回繰り返せば習慣になる

  12 完全に諦めない限り、いつでも「人生には復活戦がある」

  13 自信が出てきたら、

    「親しい人に行動を変化させることを宣言・約束」する

 ~~~~~~~~~~~~引用終了~~~~~~~~~~~

◆どうですか?

 非常にわかりやすく、かつ、メゲない工夫が随所に感じられませんか?

 実は、このメゲない工夫がものすごく重要なんですよね☆

◆ということで、今回は「習慣を変える」というテーマで、

 この望月さんの指南される13のステップに基づいて、

 お伝えしていくことにします♪

◆今日は、「習慣を変える」というテーマで、

 習慣を変える13のステップについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆縁をつなげていく「秘訣」公開☆

◆重松清さんという作家さんをご存知でしょうか?

 めちゃくちゃメジャーというわけではありませんが、

 映画化されている作品もありますし、

 個人的にけっこうお気に入りの作家さんです☆

 昨日読み終えたのは、

 【今日の1冊:小さき者へ(重松清)】

小さき者へ (新潮文庫) 小さき者へ (新潮文庫)

著者:重松 清
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 でした。

 父親と子どもの微妙な関係が描かれた、

 読後にちょっと温かいきもちになる短編集でした。

 重松さんらしい作品で、男性向きかなと思います。

 重松さんの作風の特徴は、何気ない日常の中の一コマと

 登場人物の揺れる心情を描ききることです。

 だから、感情移入してしまって最後にホロっときます。

 (年のせいとは言わせません(笑))

◆重松さんの作品と最初に出会ったのは、

 日曜日の夕刊という短編集でした。

 この1番最初に収録されている「チマ夫とガサ子」という作品が大好きです!

 今でも重松さんデビューの方には、これを貸しています。

 そして、ナイフビタミンFなどの社会風刺的作品も読み、

 流星ワゴンにたどり着きました。

 忘れもしません、一人旅の途中で買って、

 新潟の片田舎を走る列車の中で読んだのですが、

 周りに人がいるため、涙をこらえるのに必死でした。

 思いっきり入り込んでしまった作品でしたね。

 ・

 自分の心境との兼ね合いで、当たり外れがありますが、

 東野圭吾さんと並ぶお気に入りの作家さんです♪

◆作家さんと言えば、

 21年上半期に最も売れたとされる湊かなえさんの告白が、

 松たか子さん主演で映画化されますね☆

 あぁ……ナイスキャスティングって思いました。

 あの語り口調がどう描かれるのか、今から楽しみです♪

◆さて、昨日は「暗黙の了解を破る」というテーマで、

 社交辞令という慣習を破ってみることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日から社交辞令の対応についてお伝えしていますが、

 誤解のないように1点補足しておきます。

 当たり前の話ですが、

 自分がこれ以上好んで縁を維持していく必要はないと思う場合は、

 社交辞令で終わって何ら問題はありません。

 ・

 私が今日お伝えする内容は、

 ‘この人との縁はこれからも紡いでいきたい’

 と自分が思う方との関係においてです☆

 これを機に良いお付き合いをしたい思っているにもかかわらず、

 このままだと社交辞令で終わってしまう………

 そんな時に意識していただければと考えています。

 では、昨日の続きです。

◆「今後ともよろしくお願いします。」

 「また、飲みに行きましょう!」

 「また、お会いしましょう!」           等々、

 言葉を変えつつ、社交辞令を言い交わす場合はよくあります。

 この“社交辞令”という暗黙の了解を破って、

 一歩進んだ間柄になってみてはいかがでしょうか?

◆私の社交辞令の破り方はこうです。

 ・

 私 :「ぜひ、またお会いしましょう!」

 相手:「こちらこそ。また、お会いしましょう。」

 私 :「本当ですか!?私、社交辞令は嫌いなんです。

     本当にまた会っていただけますか?」

 相手:「・・・えぇ、もちろんいいですよ。」

 ・

 これが私の破り方です。

 ちょっと強引に感じられますか(笑)?

 それとも、妥当だと思われますか?

◆私の場合、「社交辞令は嫌いだ」と先手を打ってしまいます!

 このように先手を打っておくと、

 ‘あぁ、これは社交辞令のようだけど、本当に実行する気があるんだな。’

 と相手に姿勢を整えてもらうことができます☆

 この例で言えば、その前の言葉で、

 「また、お会いしましょう。」

 と応えてしまっている反面、「本当に会おう」と言われて、

 「いや、これは社交辞令だから、本当に会うのはちょっと……」

 と断ることは、なかなかできないはずです。

 その心理をうまく活用させていただきます♪

◆ここで自分のオファーに“Yes”をもらったからといって、

 調子に乗ってここで日程等を調整するのはいき過ぎかと思いますので、

 私の場合は、

 「では、後日連絡させていただきます。」

 と言ってその場は別れます。

 ・

 そして、遅くても翌日、昨日のお礼のメールを兼ねたメールを出し、

 実際にいつ会ってもらえそうか探りを入れます。

  ☆「社交辞令は嫌い」宣言

     ↓

  ☆再約束

     ↓

  ☆オファー提示

 という流れは、私の中の王道です!

 ただ、本当に社交辞令で終わらせたい人も中にはいらっしゃいますので、

 そこは空気を読んで柔軟に対応する必要があります。

 また、相手に提供できるメリットが自分に全くなければ、

 相手が自分のオファーを受けるモチベーションも上がりませんので、

 自分を成長させつつ、‘相手に何ができるか’を意識することが大切です。

◆いずれにせよ、“社交辞令”という暗黙の了解を破るためには、

 ・

 【「社交辞令ではない」と、相手に気付かせる先手を打つこと】

 ・

 が秘訣です。

 簡単ですから、興味のある方はぜひ試してみてくださいね!

◆今日は、「暗黙の了解を破る」というテーマで、

 社交辞令を破るためには、

 「社交辞令ではない」と気付かせる必要があることをお伝えしました。

 今日でこのテーマは一区切りとさせていただきます。

 また明日から、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆儀礼的慣習を破って、きっかけをつかむ!☆

◆『東京スカイツリー』

 をご存知でしょうか?

 ⇒ http://www.tokyo-skytree.jp/

 2011年12月完成を目途に、

 現在急ピッチで建設されている電波塔です☆

 東京タワーに代わり、

 日本一……いや、自立式鉄塔としては世界一になる予定です。

◆先日、近くを通りかかった時に撮った1枚です。

090927_10260002

 ‘えっ、ココ!?’

 という思ってしまう場所に突如として現れます。

 こんなありふれた場所に634メートルのタワーが建つんですね。

 今が191メートルくらいまで完成したようなので、

 今の約3倍です☆

 ものすごく高いです。

◆スカイツリーは私が住む台東区のお隣の区にあたる

 墨田区に建設されています。

 墨田区も古き良き町並みを残しており、

 完全に下町です。

 こち亀(両津さんが出てくる漫画)の世界ですからね(笑)。

 今は過去と未来が共存している

 不思議な空間になっている感じです。

 星が見えなくなったり、開発が進んでしまったり、

 色々な問題はあるのでしょうが、うまく共存できたらいいですね♪

◆さて、昨日は「暗黙の了解を破る」というテーマで、

 モノをあげるのにも受け取るのにも、理由は要らないことをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日の暗黙の了解は、

 いつからか私もよく破っています(笑)。

 よりアクティブに過ごすために、

 生きる知恵として身に着いたのかもしれません。

 個人的には、めちゃくちゃお薦めです!

◆学生でももちろんですが、

 社会人になると日常的に様々な出会いがあります。

 取引先の上役が挨拶に来て、

 全く縁にはつながらないであろう出会いもありますし、

 同じ会社の違う部署の職員との出会いもあるでしょう。

 また、セミナーや交流会を通して、

 普段はつながることでないであろう魅力的な方と出会うこともあります。

 全て出会いは出会いです☆

◆例えば、

 取引先が企画したセミナーに参加した際に、

 あなたの隣に座っていた方と話したところ、

 非常に魅力的な人物であったとしましょう。

 話の流れで、

 「では、今度情報交換でもしましょう!」

 と言って、名刺交換をして別れました。

 ・

 さぁ、あなたは今後この方と縁を持つことができるでしょうか?

◆普段の自分の行動から照らし合わせて、

 ‘そんなのもちろん良いつながりになるのは当然でしょう!’

 と自信を持って答えられる方は、

 今回の暗黙の了解は既に破っている方です。

 そのスタンスをキープすべきでしょう☆

 ・

 では逆に、

 ‘そんなのは相手次第だからわからない。’

 と思われた方は、暗黙の慮回に縛られている可能性があります。

◆今日の暗黙の了解は何だと思いますか?

◆今日の暗黙の了解は、

 「“社交辞令”とわかっている関係に無理は禁物」

 という内容です。

 思い当たる節はありますか?

 ・

 別れ際に、

 「今日は楽しかったです。また、ご一緒しましょう!」

 「非常に有意義でした。今後もよろしくお願いします。」

 「また、飲みに行きましょう!」

 など、その場の体裁を整えるために発せられる言葉が、

 いわゆる“社交辞令”です。

◆社交辞令は表面を取り繕えばよいだけなので、

 裏では何を考えているのかわかりません。

 本当に言葉どおりに思っているのかもしれませんし、

 全く逆のことを考えているのかもしれません。

 まぁ、その場の間に合わせの言葉ですね。

 社会人であれば、よくわかるのではないでしょうか(汗)。

 ・

 ポイントとしては、

 【いずれの場合も、そのままにしておいたら“社交辞令”で終わってしまう】

 ということなんです。

 これでは出会いというチャンスに巡りあっても、

 それ以上の広がりは期待できません。

◆ということで、

 今回は、この“社交辞令”に関する暗黙の了解を、

 勇気をもって破っていくことにします。

 一度破ってしまえば、これほど楽になることはないですよ!

 自分でその後の縁を決められますからね☆

 さて、あなたならどのように破っていくでしょうか?

 明日に続けます♪

◆今日は、「暗黙の了解を破る」というテーマで、

 社交辞令という慣習を破ってみることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

☆知らない人から100円もらえますか?☆

◆昨日は、知り合いの不動産屋さんのつてをたどり、

 不動産流通機構(いわゆるレインズ)のHPで

 検索をさせていただきました。

 レインズは、登録した不動産業者にしかパスワードが発行されず、

 一般には物件が公開されていません。

 何か特定の物件を探していたわけではないのですが、

 せっかくの機会だからということで、無理を言って見せていただきました☆

◆印象はと言えば、

 市価よりも気持ち安いかなぁと思えるくらいでしょうか。

 そこまで市場価格とかい離した物件はありませんでした。

 業者によっては、色々な見せ方があるようですが、

 パッと見た感じではわからなかったですね。

 宅建の勉強で習った知識が経験と合わさりました。

 不動産は価格があってないようなものなので、

 レインズのように“市場動向をはかるモノサシ”が必要なのでしょう。

 勉強になりました。

 やっぱり不動産は面白いですねぇ♪

◆さて、昨日は、「暗黙の了解を破る」というテーマで、

 場合によってはまだ親しくなれていない人への敬語を取り払い、

 相手との距離を一気に近づける裏技をお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日の暗黙の了解は、

 ・

 「理由もなく人からモノをあげたり、もらったりしない」

 ・

 というものです。

 小さい頃に大人から、

 「知らない人からモノをもらっちゃダメでしょ!」

 と怒られた経験もあるのではないでしょうか?

 確かに、小さい頃は誘拐の可能性もありますし、

 必要な教育だと思います☆

 しかしながら、大人になった今、

 この暗黙の了解も時と場合によると感じています。

◆どのように破るのかと言えば、

 【理由はなくとも、モノをあげてもよいし、

  理由はなくとも、素直に受け取ってかまわない】

 という姿勢になるだけです。

 感情を抑えつけないようにすることと、

 自分の周りに良好なサイクルを作り出すことが目的です♪

◆まず、あげる側ですが、

 人にモノをプレゼントしたくなることに、

 論理的な理由は必要あるでしょうか?

 ・

 例えば、

 女性に花を1輪プレゼントすること。

 男性にハンカチをプレゼントすること。

 人に食事をご馳走すること等々。

 論理的な理由は必要ないのではないかと、私は感じています。

◆「なぜ、くれるの?」

 と聞かれたら、

 「あげたかったから。」とか「喜んでもらえそうだったから。」

 としか答えられない状況もあるのではないでしょうか。

 理屈じゃないんですよね☆

◆あげて嫌な顔をされるものであれば避けた方が無難ですが、

 自分が相手にあげることによって、

 お互いにイイ気持ちになれるのであれば、

 理由なんて必要ないのではないでしょうか。

◆また、もらう側としても、

 ‘理由もなく、人からモノはもらえない’

 という思いが一瞬よぎるかもしれません。

 しかし、ちょっと発想の転換をしてみてください。

 相手にとっては、

 ・

 ‘このプレゼントを受け取った方が嬉しいのか、

 遠慮してもらった方が嬉しいのか、どっちを望んでいるのか?’

 ・

 という発想をしてみてはいかがでしょうか?

 この発想の転換をすると、

 相手の表情や言葉じりから、どちらがよいか自ずとわかります。

◆もし素直に受け取ってもらえた方が嬉しいんだろうと思えば、

 「ありがとう」

 という言葉とともに、笑顔で受け取ればよいだけです。

 相手も自分もハッピーになれます☆

◆アメリカでは、このような調査が行われたようです。

 街頭で1ドル札(円で100円程度)を不特定多数の人に配りました。

 思いのほか受け取らない人が多かったようですが、

 受け取った人の傾向を調べると、面白い事実がわかったようです。

 (普通は警戒してしまいますよね(苦笑))

 ・

 実は、1ドル札を理由もなく「ありがとう」と素直に受け取った人ほど、

 お金持ちであることがわかったようなのです。

 つまり、

 受け取り上手は、色々なモノを受け取り、

 豊かになっていくのです。

 受け取り下手はその逆です。

◆どうも日本人は、謙遜文化が浸透しているせいか、

 受け取り下手が多いように感じます。

 韓国では3回断ることが失礼にあたるように、

 受け取り下手は時に失礼にあたるのではないでしょうか。

 なぜなら、相手の気持ちを読めないから。

◆したがって、

 時と場合にもよりますが、

 【理由もなく、モノを授受することを恥じることはない】

 という結論に至ります。

 あなた自身は、どうでしょうか?

 プレゼント上手ですか、下手ですか?

 受け取り上手ですか、下手ですか??

◆今日は、「暗黙の了解を破る」というテーマで、

 モノをあげるのにも受け取るのにも、理由は要らないことをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆相手との距離を一気に近づける裏技☆

◆私が不動産(中古ワンルームマンション)を購入したのは、

 日本財託という会社の管理も同時に購入できると感じたからです。

 「マンションを買うなら、管理を買え!」

 ともよく言われますが、日本財託の場合は、

 マンション自体の管理会社の管理と日本財託の二重管理となります。

 空室時の家賃保証や素早いクリーニングと独自の賃貸募集など、

 積極的な管理が魅力的です☆

◆そして今回、日本財託のオーナーということで、

 日本財託の代表の最新著書をいただきました。

 【今日の1冊:東京の中古ワンルームを3戸持ちなさい(重吉勉)】

東京の中古ワンルームを3戸持ちなさい 東京の中古ワンルームを3戸持ちなさい

著者:重吉 勉
販売元:かんき出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 なぜ東京にワンルームを持つべきなのか、

 わかりやすく書いてあります。

 また、自分にとっても今後の投資指針となりました。

 重吉さんの著書は、毎回6割程度は同じことが書いてありますが、

 残り4割が新しい知識となります。

 (繰り返しの部分は、それだけ重要ってことです。)

 地方のアパート一棟買いなどの投資法もありますが、

 私は次も東京の中古ワンルームを買うと思います♪

◆さて、昨日は「暗黙の了解を破る」というテーマで、

 良い意味で相手の期待を裏切りまくることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆「暗黙の了解を破る」という今回のテーマ。

 色々な反響をいただき、嬉しい限りです☆

 このようなフィードバックを得られるのも、

 情報を発信しているからこそ。

 自分が情報を発信することにより、

 読んでいただいた方からのフィードバックをもらい、気付き、

 そしてまた自分も成長できる。

◆「発信 ⇒ 受信 ⇒ 気付き ⇒ 発信 ⇒ 受信 ⇒ 気付き……」

 このサイクルをうまく巡らせることで、

 読んでいただいている方も自分自身もより成長できると確信しています!

 これからもこのブログをお楽しみいただければ幸いです♪

◆今日の暗黙の了解は、

 「まだ親しくない相手には敬語を使って敬意を表す」

 というものです☆

 ・

 う~ん、当たり前のルールですよね。

 自分も周りも正しく敬語を使いたいですもんね。

 採用面接をしていても、敬語を適切に使えないのは、

 社会人としての資質を疑ってしまいます。

 ですので、この暗黙の了解が成立するのは、

 非常によくわかります。

◆それでも、この暗黙の了解をあえて破った方がよい場合もあります。

 (全部が全部ではありませんので、誤解なきように。)

 ・

 では、どのように破ればよいのでしょうか?

 表現として適切かどうかはわかりませんが、

 【あだ名もしくは下の名前で呼び、敬語を取り払う】

 という裏技です☆

 目的は、相手の懐に無防備に飛び込むこと。

 これが狙いです。

 ・

 例えば、

 それまでは年上でしたので「ミズノさん」と呼んでいたのを、

 ふとしたタイミングで「ミッちゃん」に切り替えました。

 もちろん、一回呼んだ後に

 「ミッちゃんって呼んでもいい?」という確認はしています。

 あの瞬間が一瞬緊張しますが、

 許可をもらえるとその後の進展がものすごく早いです。

 お互いに敬語を使わなくなるので、

 コミュニケーションがとりやすくなります。

◆ただ、これはもろ刃の剣です(苦笑)。

 明らかに懐に飛び込んではいけない方もいらっしゃいます。

 どんな人が大丈夫で、どんな人がやってないけないのか。

 その基準は言葉で表すのは非常に難しいです。

 相手からか出ている空気とタイミングでしょうか。

 私も成功と失敗を繰り返し続けています(汗)。

◆一つ言えることは、

 これが成功すると一気に相手との距離が縮まります!

 今まで相手と自分の間にあった微妙な薄いバリアーを、

 あっという間に取り払うことができるのです☆

 ・

 この裏技を使うと、

 交流会などの短い時間で急速に仲良くなれたり、

 腹を割った話ができる間柄になることができます。

 特に目上の人には、そのような間柄を作りづらいですが、

 自分からオープンな姿勢を作り出すことで、

 緊張関係を一気に打破できる可能性があるのです。

 (参考:それがものすごく上手い友達 ⇒ http://ameblo.jp/peraperaelly/ )

◆こればかりは、勇気を出してやってみて、

 自分自身で体験してみないとこの効果はわからないと思います。

 ですが、場合によっては非常に有効な

 コミュニケーションツールとなります。

 タイミングを見計らってぜひお試しください!

◆今日は、「暗黙の了解を破る」というテーマで、

 場合によってはまだ親しくなれていない人への敬語を取り払い、

 相手との距離を一気に近づける裏技をお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »