« ☆「ストリート」から「ネットビジネス」への応用 その2☆ | トップページ | ☆「道具的サポート」と「情緒的サポート」☆ »

☆観劇感想(『友情』・『三文オペラ』)&簡単コミュニケーション向上術☆

◆昨日は、新橋で芝居のはしごをしました(笑)。

 【1作目:『友情』@博品館劇場】

100220_1240_0001

 私が観た回は、赤井英和さんが座長的な役割でした。

100220_1240_0002

 かなり後ろの方から撮影したのでわかりづらいですが、

 今回の私の席はA列……つまり最前列。

 役者の息遣いまで聞こえてきそうな距離でした☆

100220_1253_0001

 内容はネタバレになってしまうのであまり書けませんが、

 一般的に言えば感動的な作品なのだと思います。

 途中まで感じていた違和感も、

 作品の演出上不可欠なものであることもわかり、

 キャストの役者魂を感じました。

 「生きる意味」について激しく問われる作品ですね。

 好きな人は、リピートして観る作品だと思います。

 (私の隣の席の方は、「どこで泣ける」という話をしていて、

  初めて観る私としては少し興ざめしてしまいました……。)

◆【2作目:『三文オペラinJapan』@内幸町ホール】

100220_1933_0001

 中学校時代の連れが客演として出演するため、

 他の同級生ともども観てきました。

 主催は「劇団Tomorow」さんでした。

 ⇒ http://www.tomorrow-stage.com/

 ・

 サイドではあったものの、前から2列目でこれまた近い!

 芝居の内容はいわゆるミュージカル♪

 私は今までミュージカルはあまり観たことがなく、

 比較対象がないというのが正直なところです。

 ただ、世界的な名作であろうことはよくわかりました。

 日本版へのアレンジは、苦労の跡が感じられました。

 主役を演じられていた方と劇団代表の方の演技は、

 役者が本業ではないと思えないほど完成されていました。

 社会人劇団でも、あれだけの大作ができるものなんだなと感心しました。

◆でもまぁ、何と言っても一番衝撃的だったのが……

100220_2100_00010001

 連れのテクノカット(笑)。

 本人いわく、中学以来のテクノカットらしいです。

 ある意味斬新。

 ペタリ具合が最高です!

 飲み会ではしばらくこれをつまみに盛り上がれそうです♪

◆生の観劇は私の趣味であり、

 やはりストレス発散になります。

 贅沢な1日を過ごしました(たまにはイイです←自分への許可)。

◆さて、昨日は「リアルサクセスストーリー~本田晃一さん編~」というテーマで、

 共感を得るためには「物語」と「夢」を語ることであるとお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆突然ですが、

 人間関係の基盤作りの上で、重要なものと言えば何でしょうか?

 私は人間関係の基盤作りで重要なものの1つに、

 “コミュニケーション”

 だと考えています。

 これは多くの方が重要だと考えているのではないでしょうか。

 今日は、このコミュニケーションを円滑にする

 簡単な「コミュニケーション向上術」をお伝えしいてきます☆

◆大きく分けて、3つの向上術をお伝えします。

 ただ、今まで書いてきたモノと全く同じでは面白くないので、

 少し変わった視点でお伝えできればと考えています。

 具体的には以下の3点です。

 ・

  1.“傾聴”で最も大切なモノを意識する

  2.アドバイスの必要性を判断する

  3.メッセージの主役を変える

 ・

 今日は、

 「“傾聴”で最も大切なモノを意識する」

 です。

◆“傾聴”という言葉をご存知でしょうか?

 コミュニケーションの向上を志す中では、

 必ずと言ってよいほど登場する言葉です。

 辞書で調べてみると、

 「耳を傾けて、熱心に聞くこと。」

 という意味が出てきます。

 この傾聴を実践するためには、

 ・

  ◎話の腰を折らず最後まで聞く

  ◎適切なあいづちをうつ

  ◎気持ちのこもったオウム返しをする

  ◎話を要約して、確認する

 ・

 というようなスキルが必要だと言われています。

 確かにこれらのスキルは非常に大切です!

 それは間違いありません。

 しかし、傾聴の実践にはスキルよりも、

 もっと意識すべき大切なモノがあります。

 何だと思いますか?

◆傾聴に絶対似的に必要なモノ。

 それは、

 ・

 【姿勢】

 ・

 です。

 ‘あなたの話をきちんと聴きますよ’

 という想いが伝わるような姿勢です。

 姿勢と言っても抽象的なものではなく、

 客観的な容姿のことです。

 つまり、

  ◇体が相手に向いているか

  ◇(多少)前傾姿勢になっているか

  ◇目線を合わせているか

  ◇腕を組んでいないか

  ◇足を組んでいないか

 というような姿勢が大切なのです。

 仮に、

 あなたが話をしている時に、

 相手が腕と足を組んで、ふんぞり返って、

 あなたを見ない姿勢で聞いていたら、

 あなたは話を聴いてもらえていると思えるでしょうか?

 おそらく、相手が実は真剣に話を聴いていたとしても、

 あなたはそうは思わないのではないでしょうか。

 これでは傾聴は成り立ちません。

◆傾聴を実践するためには、

 目先のスキルに走る前に、

 まずは姿勢を意識することが大切です!

 2番目の向上術については、明日に続けます。

◆今日は、「簡単にできるコミュニケーション向上術」というテーマで、

 傾聴の実践には「スキル」よりも「姿勢」が大切であることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 ⇒ http://mensetsu.main.jp/

 まで。

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆「ストリート」から「ネットビジネス」への応用 その2☆ | トップページ | ☆「道具的サポート」と「情緒的サポート」☆ »

イベント」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/33468936

この記事へのトラックバック一覧です: ☆観劇感想(『友情』・『三文オペラ』)&簡単コミュニケーション向上術☆:

« ☆「ストリート」から「ネットビジネス」への応用 その2☆ | トップページ | ☆「道具的サポート」と「情緒的サポート」☆ »