« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

☆“Doing”“Having”“Being”・・・どれを見る!?☆

◆石原都知事からお便りが届きました!

 ………な~んて、

 3月1日に申請してた宅建(宅地建物取引主任者)の

 登録通知が届いただけなんですけどね(笑)。

100331_0451_000100010001

 窓口のお姉様からは、

 「だいたい1ヶ月くらいかかりますよ。」

 とは言われていたものの、本当に1ヶ月かかりました。

 お役所仕事って、ある意味キッチリしてます(苦笑)。

◆で、

 これで終わりかと言えば、そうではありません。

 実際に業務をするためには(業務をしないですが)、

 「取引主任者証」が必要になります。

 その主任者証の交付に、また

  ●手数料4,500円

  ●顔写真(スピード写真不可)

 が必要です。

 スピード写真ではいけない理由が全くわかりません。

 何かとお金がかかります。

◆ただ、変な話、

 この主任者証さえ持っておけば、

 まぁ極端に食いっぱぐれることはないかなっていう

 安心感も出てきます☆

 不動産業界では絶対的に必要な資格ですからね。

 (まぁ、私自身にとっては、あくまでも材料の1つです。)

 とりあえず、

 4月に入って落ち着いたら申請しに行ってきます。

 これで宅建関連は、ようやく一区切りです♪

◆さて、昨日は「人を見るポイント」というテーマで、

 私たちはどこを見て人を判断しているかについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日からどのような部分を見て、

 人を判断しているかについてお伝えしていますが、

 あなたは何で判断しているか気付かれましたか?

 おそらく、

 自分の中のコンプレックスや先入観に、

 強くリンクしているのではないかと思われます☆

 自分自身が何で人を判断しているのか、

 自分自身をより深く知る意味でも、

 今一度考えてみるのもよいかと思います。

◆では、

 一般的にどのような部分で判断しているのかについては、

 大きく2つのタイプに分かれます。

 1つは、「Doing」タイプ。

 もう1つは、「Having」タイプです。

 少し補足していきますね。

◆「Doing」タイプは、

 ・

 【その人がどのような行動をしているか】

 ・

 に焦点を当てています☆

 例えば、

  ◎ボランティアをしているからイイ人

  ◎お金儲けばかり考えているから悪い人

  ◎講演会で話しているから偉い人

  ◎本を書いているから賢い人

  ◎話が下手だからイケてない人

  ◎テレビに出ているからスゴイ人

  ◎約束を守らないからダメな人

 等々、自分の経験と価値観に照らし合わせて、

 行動にスポットを当ててその人を判断するタイプです。

◆確かに、行動はその人の性格や価値観をストレートに反映してますし、

 全くの見当違いであるとは思いません。

 しごく当然の場合も多いでしょう。

 ただ、

 ご存知の通り行動の種類なんて、数えきれるものではありません。

 その中では、

 1つの行動についてはネガティブ要素が強いのですが、

 それ以外の行動はポジティブ要素が強い方もいらっしゃるでしょう。

 その際に、1つの行動からのみで判断してしまったがために、

 失敗をしてしまうケースが起こりえます。

 できれば、

 そのような先入観はもちたくないものですよね☆

◆もう1つの「Having」タイプは、

 ・

 【その人がどんなモノを持っているか】

 ・

 に焦点を当てています☆

 例えば、

  ◎お金持ちだからスゴイ人

  ◎貧しいからダメな人

  ◎華やかな職業に就いているからイイ人

  ◎友達がたくさんいるから信頼できる人

  ◎社長だ(という肩書を持っている)から偉い人

  ◎外見が悪いからイケてない人

 等々がそれです。

 モノというと物理的な物を考えがちですが、

 地位や名誉や友人や容姿などもそれに該当します。

 何か心当たりはありませんか?

◆モノについても、そのモノを手に入れるために、

 相応の性格や価値観が反映しているという面もあります。

 ただ、

 モノを持っているからと言って、それで全てを判断できるかと言えば、

 それは難しいのではないかと思うのです。

◆なんだか最初はとっつきにくかったけど、

 よくよく知ってみるとものすごく仲良くなれたことは、

 誰もが一度は経験していますよね。

 あれは両タイプに共通しているのではないかと感じています☆

 つまり、

 最初の判断と、後から得た情報との間にギャップがあり、

 結果として最初の判断を修正したということですよね。

 ・

 ということは、

 「Doing」タイプにせよ、「Having」タイプにせよ、

 一側面だけにスポットを当てて人を判断してしまうのは、

 早計だということが言えます。

◆では、

 私たちは人のどこを見るべきなのでしょうか?

 そこで新たに登場してくるもう1つのタイプがあります。

 それが、

 「Being」タイプです。

 この「Being」タイプについて、明日お伝えしますね♪

◆今日は、「人を見るポイント」というテーマで、

 「Doing」タイプと「Having」タイプについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

☆就活内定獲得報告ラッシュ&他人のどこにスポットを当てるか!?☆

◆ここ数日、非常に嬉しい報告をいただいています。

 それは、この就活の

 【内々定獲得報告】

 です☆

 私が、マニュアルを作成したり、模擬面接をやったりして、

 得たかった成果がまさしくこの報告です!

 想定よりも時期が早いですが、

 この3日間で2人の方に連絡をいただきました。

◆ちょっとだけ抜粋しますね。

 ・

 「●●●●大学●学部3年のW.Hです。

 いつもお世話になっております。

 先日■■■■■■■様から電話でご連絡を頂き、

 本日本社の方へ面談に行って参りました。

 書類と共に、正式に内定をいただきました!!!!!

 高橋さんのおかげで面接のコツを掴むことができ、

 また、面面接当日に模擬面接をして下さったため、

 落ち着いて面接に臨むことができました。

 本当にありがとうございます。

 心から感謝しております!!!

 ・

 彼女は住宅メーカーを第一志望にしていて、

 まさしくその第一志望企業から内定を獲得しました。

 それまで、面接に落ちまくっていたようなので、

 私も本当に安心しました☆

◆もう1人。

 ・

 「突然のメールで失礼いたします。私、A.Aと申します。

 以前たかはしさんの面接マニュアルを購入させていただき、

 そちらを参考にさせていただきながら就職活動に励んで参りました。

 そして先日、第一志望の会社から内々定をいただきました!!

 これを以て就職活動を終了しようと思っております。

 また、こちらの会社ではないのですが、

 たかはしさんのGD突破マニュアルのおかげでGDも通過することが出来ました!!

 私の就職活動が成功出来たのは、全てたかはしさんのマニュアルのおかげです。

 本当にありがとうございました☆

 ・

 非常に嬉しい報告でしたね。

 彼女は模擬面接はしていないのですが、

 マニュアルの力のみで内々定を獲得しました。

 【↓↓おかげのマニュアルがコレ↓↓】

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 ・

 有望な学生が後悔のない就職活動ができるように、

 これからも応援していきたいと考えています!

 やりがいあります♪

◆さて、昨日は「目標設定の5つのポイント」というテーマで、

 目標には期限をつけることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆正直にお伝えしてしまうと、

 今回のテーマの結論は固まっているのですが、

 その結論に至るまでのプロセスが、

 私の中でもまとまりきっていない部分があります(汗)。

 紙にも書いてみたのですが、

 なかなかきっちりつながりません☆

 ・

 ただ、このような場合に、

 文章として書き始めてみると、

 頭の中が整理され、意外とつながったりすることがあります。

 しかも、

 メモを眺めていた時に、不思議と今このテーマを

 選ばなければいけない気がしたんです。

 ですので、

 今回は順序が逆ですが、まずは書き始めてみます。

 ちょとだけスピリチュアル的な要素も入ってます。

◆今回のテーマは、

 「人を見るポイント」

 です。

 あなたが人を判断する時に、

 どこを見てその人を判断しているか、

 どの部分でその人を評価しているか、

 という部分に注目してみたいのです。

◆例えば、

 身なり(外見)のしっかりした人としっかりしていない人、

 お金持ちの人とそうでない人、

 社会的に尊敬される仕事をしている人とそうでない人、

 大学を卒業した人と中学卒業の人、

 結婚している人とそうでない人、

 ボランティアに参加している人とそうでない人、

 地位や名誉のある人とそうでない人、

 面白い人とそうでない人、

 可愛い人とそうでない人、

 不平不満を言う人とそうでない人、

 金髪に鼻ピアスの人とそうでない人………

 挙げればキリがありません。

◆世の中には“十人十色”なんてものではなく、

 “万人万色”“億人億色”以上に多種多様な人がいます。

 たった一人として全く同じ人は存在しない世の中ですが、

 私たちは知らず知らずのうちに、

 その人の価値を判断してしまってはいないでしょうか?

 ・

 例えば私の場合、

 ものすごく恥ずかしい話ですが、

 既にビジネスで成功している人や

 お金を儲ける手段をいくつも持っている人は価値が高く、

 (言葉は悪いですが)収入が低かったり、

 日銭を稼ぐ生活を続けている人は価値が高くないと判断していました☆

 そのため、

 自分の価値も高いと感じることはできずに、

 ちょっと成功している人の前では卑屈になっている自分がいました。

 なぜか気後れして、自分をうまく表現できなかったのは、

 このような判断があったのだと思います。

◆少し思い返してみてください。

 ・

 あなたにもこのような人の前にいくと、

 自分がひどくちっぽけに感じてしまう。

 自分自身が情けなく感じてしまう。

 逆に、

 このような人の前にいくと、

 必要以上に強気な態度に出てしまう。

 やもすれば傲慢な自分になってしまう。

 ・

 そのような経験はないでしょうか?

 その背景にはきっと、

 この「人を見るポイント」が少なからず影響しているはずです。

 長くなりそうなので明日に続けますが、

 自分はどんな部分を見て人を判断しているか、

 少し振り返って考えてみてください。

 もしかしたら、

 その概念があなたの足かせになっているかもしれませんから。

◆今日は、「人を見るポイント」というテーマで、

 私たちはどこを見て人を判断しているかについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆『新参者』原作とドラマ化&ダイエットは、「夏までに痩せる!」と決めるから痩せる☆

◆だいぶ前から読むのを楽しみにしていた1冊を、

 ついに手に入れ読み終えてしまいました☆

 もう少し時間をかけて読みたかったのですが、

 あまり止まらず、わずか1日で終えてしまいました。

 読みやすいうえに、先が気になって………。

 【今日の1冊:新参者(東野圭吾)】

新参者 新参者

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
発売日:2009/09/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔あらすじ〕

 「日本橋の一角で一人暮らしの女性が絞殺された。

 着任したての刑事・加賀恭一郎の前に立ちはだかるのは、

 人情という名の謎。」

◆読み始めて少しすると、短編集かと思いました。

 でも、違いました。

 1つの殺人事件を中心にして、

 その周囲で起こっている謎を解決していくという構成でした。

 しかも、その謎がまさに「人情」。

 あらすじの意味にポンと膝を打ちたくなります。

 ・

 加賀恭一郎は、言わずと知れた東野圭吾作品の中の、

 シリーズキャラクターです。

 かなり多くの作品に登場している刑事なので、

 その人気ぶりもうかがえます。

 今回も決して話の中心にはならいないものの、

 めちゃくちゃ立ち回りが素敵です。

◆そして、この『新参者』。

 実は4月18日からテレビドラマとして放送されます。

 ⇒ http://www.tbs.co.jp/shinzanmono/

 加賀恭一郎役に阿部寛さん。

 長身でガッチリしている部分はピッタリなのですが、

 やや原作よりも年齢が上かなと。

 そして、キャストもなかなかです。

 ドラマ『流星の絆』で超重要な役をやられた三浦友和さんが、

 今回も重要な役でキャスティングされています。

 でも、イメージどおりです。

 ・

 また、原作ではほとんどチョイ役だった役が、

 主要キャストとして名を連ねています。

 黒木メイサさんがやられるようですね☆

 そして、

 なぜか人形焼きが鯛焼きの設定にすり替わっている気がします。

 個人的には人形焼きへのこだわりがあるのですが(汗)。

◆とにもかくにも、

 映像の前に原作を読めてよかったです!

 これで安心してドラマを見られます。

 原作が素晴らしいだけに、ドラマも期待しています♪

◆さて、昨日は「目標設定の5つのポイント」というテーマで、

 達成可能で結果重視な目標を設定することをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日までに適切な目標設定をするために必要な

 4つの要素に付いてお伝えしてきました。

 「具体的に」「計測可能な」「達成可能な」「結果重視」

 という要素でしたね。

 スマートの“SMAR”まで来ました。

 最後は“T”ですね☆

 この最後の要素をお伝えして、

 このテーマを一区切りとさせていただきます。

 では、最後の要素いきますね♪

◆5つ目のポイントは、

 【期限つき】

 という要素です。

 個人的には、

 この要素を設定するのが一番難しいと感じています。

 ただ、

 その分最も重要であるとも感じています。

◆例えば、

 ダイエットの目標を設定する時に、

 「今の体重から3キロ痩せる!」

 という目標を設定したとしましょう。

 「具体的」ですし、

 「計測可能」ですし、

 「達成可能」ですし、

 「結果重視」な目標になっています☆

 今までの4つの要素は完全に満たしています。

 ・

 ただ、

 この目標では実際に目標を達成することは、

 難しいかもしれません。

 なぜか?

 それは、期限が定まっていないからです。

◆期限が定まっていないということは、

 いつ達成しても問題ないということです。

 極端に言ってしまえば、

 10年後に目標を達成したとしても、

 それもOKということになってしまうのです。

 したがって、

 現時点の行動改善にはつながりませんし、

 結果として今と何ら変わりない生活をダラダラ続けてしまうのです。

◆本来、

 目標には肯定的意図が設定されているはずです。

 例えば、

 「今の体重から3キロ痩せる!」

 という目標には、

 ・

  ◎夏までに水着が着られるようになる

  ◎昔履けていたジーンズを再び履けるようになる

  ◎恋人に「太った?」と言わせないようにする

  ◎自分に自信をつけて告白したい

  ◎試合までに適切なウェイトにしなければならない

 ・

 のような肯定的意図があるはずなのです。

 これは10年後に達成されても、

 この意図を満たすことにはなりませんよね。

◆それにもかかわらず、

 自分の意図を見ないようにして、

 目標に期限をつけないことが多いのです。

 それでは目標を達成することを自ら難しくしているのと同じです。

 ・

 目標に期限をつけると、

  「逆算が可能になる」

  「小さなステップを作れる」

  「適度なプレッシャーを自分にかけられる」

  「適切な手段を選択することができる」

 のようなメリットも享受することができます。

◆昨日、

 ボクサーの減量について話しているのを聞きましたが、

 まさに地獄絵図ですね。

 水も飲めず、うがいしかできない。

 話すこともできず、立っているのが不思議な状態。

 でも、

 あの地獄の減量も期限があるから、

 目標に向かって行動することができるのです。

 計量日という期限がなければ、

 あのような減量には耐えられないのではないでしょうか。

 ・

 ですから、

 【期限つきの目標を設定する】

 というのが5つ目のポイントです。

◆これで5つのポイントを全てお伝えできました。

 この要素を満たせば、

 あなたは適切な目標設定が可能になります☆

 さて、

 あなたは新年度に向けて、

 「どんな目標を設定しますか?」

 5つの要素を満たせるように、

 適切な目標設定にチャレンジしてみてくださいね!

◆今日は、「目標設定の5つのポイント」というテーマで、

 目標には期限をつけることをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆適切な目標は、“プロセス”よりも“結果”でしょ!☆

◆ルーやカレー粉を使わないカレー製作シリーズ

 第6弾を実行しました。

 今回はカレーの具財というよりは、

 ルーの試作をしてみるのが目的でした☆

 完成作がコチラ。

100327_1823_0001

 今までは辛さのみが印象に残るカレーでしたが、

 複雑な味になってきました。

 カレーでは甘みが重要なことに今さらながら気付きました。

◆まだ辛さの調節がうまくできないという難点はありますが、

 少し光が見えてきた気がします。

 それにしても………

 全てを手作りするカレーはお金がかかります。

 カレールーを買ってきて、ほんの少し自分好みのスパイスを加える方が、

 費用は10分の1で、100倍美味しくできる気がします(笑)。

 ただ、

 カレーだけではなく、料理を作るスピードが

 速くなってきたのが収穫です♪

◆さて、昨日は、「目標設定の5つのポイント」というテーマで、

 目標は具体的かつ計測可能なものにすることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日に引き続き、目標設定の5つのポイントをお伝えしていきます。

 今日は3つ目のポイントからですね☆

 ・

 3つ目のポイントは、

 【達成可能な】

 という要素です。

 このポイントが満たされていないと、

 目標が『絵に描いた餅』となってしまいます。

◆例えば、

 テレビで見たカリスマモデルさんが、

 「体重は40キロをキープしています。」

 というのを聞いて、

 「40キロまで痩せる!」

 という目標を設定した場合はどうでしょうか?

 ・

 もちろん、身長や現在の体重にもよりますし、

 明日お伝えする期限の要素とも関係しますが、

 モデルさんの体重を目指すのは、

 一般的な女性にはなかなか難しいのではないのではないでしょうか。

◆この達成可能要素は、

 人間の可能性としてできるか否かは別として、

 目標設定する本人自身が、

 ‘目標が必ず達成できる!’

 と信じられるか否かに委ねられています☆

 ・

 自分の心の中で、

 ‘一念発起して努力すれば、達成できる!’

 と信じることができれば、それは達成可能と言えます。

 しかし、

 ‘目標設定したものの、まぁ難しいよね。’

 と思う目標は、その時点で達成することはできないでしょう。

 なぜなら、思考は現実化するからです。

 (この思考の現実化については、幾度もお伝えしているので、

  また機会を見てお伝えしていきますね。)

 【達成可能な目標設定をする】

 というのが3つ目のポイントです。

◆次に4つ目のポイントは、

 【結果重視】

 という要素です。

 これはやや現実的な内容になるかもしれませんね。

◆よく

 『結果よりもプロセスが大切』

 と言われています。

 私もまさにその通りだと思いますし、

 結果至上主義は好きではありません。

 ただ、

 目標設定に関して言えば、それも少し違うのかなと思うわけです。

 ・

 ダイエットという目標設定について、

 痩せる努力をしてるんだからいいという状況では、

 適切な目標設定ができているとは言えません。

 結果が伴わなければ、

 目標設定とは言えません。

◆例えば、

 「痩せるために頑張る」

 という目標では、頑張っているという目標を達成しても、

 結果が伴いません。

 このような目標は結果から目をそらしているため、

 本来の目的を達成することができません。

 厳しいようですが、目標設定においては、

 プロセスよりも結果に重きを置くべきだと考えています☆

 【結果重視の目標を設定する】

 というのが4つ目のポイントです。

 いかがでしょうか?

◆明日は5つ目のポイントとまとめをお伝えして、

 このテーマを一区切りとさせていただきます☆

◆今日は、「目標設定の5つのポイント」というテーマで、

 達成可能で結果重視な目標を設定することをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「キレイになる!」は目標となりえるか?☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:一瞬で新しい自分になる30の方法(北岡泰典)】

一瞬で新しい自分になる30の方法―24時間ストレスフリーでいられるNLPテクニック 一瞬で新しい自分になる30の方法―24時間ストレスフリーでいられるNLPテクニック

著者:北岡 泰典
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔著書の肝〕

 「私なりの結論としては、現実とは、

 その人に特有の「知覚の癖」で出来上がっているので、

 知覚のし方(認識のし方)を変えると、現実は変わることになります。」

◆著者はNLP四天王である方からNLPを伝授された

 唯一の日本人NLPトレーナーであるようです。

 今は日本NLP協会の会長をされているようです。

 ・

 Q&A形式で、質問に答えられており、

 その中で30の方法が紹介されています。

 徹底的に利用されているテクニックとして、

 体をシェイクする(上下にピョンピョン跳ねる)ことによって、

 状態を「ニュートラル」にするというものがあります。

 また、

 色々な自分を演じつつ、それを客観的に見てみるという手法や

 過去の経験を思い出し、その時の感情を再現して対比する手法が

 幾度となく登場してきます。

 これらのテクニックがNLPの基本となっているのかなと

 この本を読んで感じました☆

◆イラストを交えながら、

 初心者にもわかりやすく解説されている本ですが、

 私にとっては少し単調に感じました。

 強烈なインパクトがない分、読者の心理をもう少し考慮してもよいかなと。

 ただ、

 NLPも深いなぁとつくづく感じました♪

◆さて、昨日は「目標設定の5つのポイント」というテーマで、

 目標設定はSMARTに設定することをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日から目標設定の5つのポイントを

 1つずつみていこうと考えています。

 ここではわかりやすいので、

 ダイエットを具体例としてお伝えしていきます。

 それでは早速本題に入っていきますね!

◆まず1つ目のポイントである

 【具体的に】

 というポイントです。

 文字通りという気もしますが、

 具体例にするとさらにイメージがわきやすいと思います。

◆例えば、

 女性であれば誰もが目標としてセットしているであろう

 こんな目標は、果たして具体的でしょうか?

 ・

 「キレイになる」

 ・

 どうでしょうか?

 女性はみなさん美しくなりたいと願っているはずです。

 でも、

 「キレイ」という基準は誰しもが同じ基準を持っているのでしょうか?

 誰が見ても「キレイになった」と言える状態はあるのでしょうか?

 プロポーションがよくなることでキレイと感じる人もいるでしょう。

 お化粧が上手くなったり、服がオシャレになることで

 キレイと感じる人もいますよね。

 また、

 肌がみずみずしくハリがあり、すっぴんでも人前に出られる状態になったら、

 文句なくキレイと感じる人もいらしゃいます。

◆つまり、

 この目標では、人それぞれ価値観が異なるため、

 具体的ではないという結論になります☆

 では、

 「今より痩せる」

 という目標であればどうでしょうか?

 痩せるというのは体重を測れば一目瞭然なので、

 これは具体的な目標と言えますよね。

 ・

 1つ目のポイントは、

 【具体的な目標であること】

 です。

◆次に、2つ目のポイントは、

 【計測可能な】

 というポイントです。

 客観的に測ることができない目標設定は、

 適切な目標とは言えません。

 測ることができる目標にする必要があります。

◆例えば、

 「今よりすごく(もっと)痩せる」

 という目標はどうでしょうか?

 達成したと客観的に測ることができるでしょうか?

 “すごく”や“かなり”や“もっと”のような形容詞は、

 計測することができません。

 人によって基準値が異なります☆

 したがって、

 これは適切な目標設定と言うことはできません。

◆仮に、

 「今より3キロ痩せる」

 という目標であればどうでしょうか?

 計測可能ですよね!

 ある時点で、3キロ痩せたか否かは、

 体重計に乗ってしまえばすぐにわかります(酷ですが)。

 ですから、

 達成できたかを確認できる

 【計測可能な目標を設定する】

 というのが2つ目のポイントです。

◆この2つだけでもおさえておくと、

 目標設定が明確になってくるはずです。

 明日は3つ目以降をお伝えしていきます。

◆今日は、「目標設定の5つのポイント」というテーマで、

 目標は具体的かつ計測可能なものにすることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆目標設定のポイントは「スマート(SMART)さ」☆

◆昨日は、職場の送別会兼年度末打ち上げでした。

 【今日のお店:竹若】

 ⇒ http://www.takewaka.co.jp/

 いかにも赤坂的なちょっと砕けた料亭のようなお店です。

 飲み放題で利用できるお酒の種類が少なかったのは寂しいですが、

 料理は美味しかったです。

 若干高いので、

 再訪は………ないかもしれませんね(苦笑)。

◆異動も発表になっていて、

 3名の方を送別することになりました。

 2年間ずっとサポートしてくれた方が異動になるので、

 次年度の体制に若干不安は残るものの、

 その分レベルアップできるよい機会ととらえます。

 もうそんな季節なんですね♪

◆さて、昨日は「初期の人材育成論」というテーマで、

 答えそのものよりも答えに至るプロセスを教えることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆もうすぐ新年度に突入しますね☆

 新年度になると、

 「今年度何をするか?」

 という形で目標を決めることも多いのではないでしょうか。

 私の所属する組織では、

 “目標面接制度”というものがあり、

 上期・下期それぞれ自分で決めた目標を設定したうえで、

 直属の上司と面接を行います。

 そして、半期が終わるたびに再度面接を行い、

 その結果をフィードバックするというしくみがあります。

◆自分で適切な目標を決めなければ、

 自己評価もできませんし、

 上司からの評価も微妙なものになってしまいます。

 あやふやな目標設定からは、

 あやふやな結果しか得られないのは当然ですよね☆

◆そこで今回は、「目標設定」をテーマとし、

 目標設定をする際のポイントをお伝えしようと考えています。

 確かこれは、

 勝間和代さんの著書を読んでいた時に

 残した内容を参考にするつもりです。

 あなたの目標設定にも一役買えると嬉しいですね♪

◆今日は、まず全体像をお伝えしますね。

 ポイントは全部で5つあります。

 覚え方は、

 ・

 【目標設定はスマートに】

 ・

 です。

 5つのポイントの頭文字をとって、

 S・M・A・R・Tとすると覚えやすいです。

◆Sは「SPECIFIC」、

 具体的に目標を設定します。

 ・

 Mは「MEASURABLE」、

 測定可能な目標を設定します。

 ・

 Aは「ACHIEVABLE」、

 達成可能な目標を設定します。

 ・

 Rは「RESULT-ORIENTED」、

 結果を重視した目標を設定します。

 ・

 Tは「TIME-BOUND」、

 期限付きの目標を設定します。

◆これが5つのポイントです。

 明日からもう少し詳しくお伝えしていきますね♪

◆今日は、「目標設定の5つのポイント」というテーマで、

 目標設定はSMARTに設定することをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

☆魚をあげるよりも、魚の釣り方を教える!☆

◆恥ずかしながら、NHK大河ドラマというものを、

 1回も見続けたことがありません。

 けっこう話題になった作品ですら、

 どこ吹く風という感じで過ごしていました。

 ・

 ただ、

 今回の大河ドラマは見続けてしまっています。

 そして、次回で第一部が完結です。

 【お薦めの番組:龍馬伝】

 ⇒ http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/

 もちろん見るのは時間を無駄にしないため録画なので、

 見る時は2,3話分一気に見るんですけどね(笑)。

◆私が『龍馬伝』にハマっている理由はこんな感じです。

 ・

  ◎坂本龍馬の生き方に純粋に興味がある

  ◎岩崎弥太郎の生き方にも興味がある

  ◎個性派役者の共演にひかれる

   (特に、宮迫さん、生瀬さん、リリーさんとかよかった。)

  ◎脇役のキャラが魅力的

  ◎ストーリーに無理がない

  ◎現代史につながる歴史を俯瞰できる

 ・

 福山雅治さんが坂本龍馬を演じるということで、

 どうなるのか想像がつきませんでしたが、

 話題性をさらうだけではなく、すごく興味深いドラマになっています☆

 今後さらに、

 「勝海舟 = 武田鉄也」

 「西郷隆盛 = 高橋克美」

 「中岡慎太郎 = 上川隆也」

 などなど、楽しみな役者さんがどんどん登場してきます。

◆まだまだ第一部。

 歴史が「尊王攘夷」が吹き荒れる中、

 龍馬がどんな人と会い、どんな刺激を受け、

 どんな決断をしていくのか非常に楽しみです♪

◆さて、昨日は「初期の人材育成論」というテーマで、

 記録のメリットは「定着」と「リンク」にあることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今回は初期の人材育成をテーマにしていますが、

 今日は総論をお伝えし、一区切りとさせていただきます。

 昨日までお伝えしていた「教わったことの記録」は、

 総論を個人的に当てはめた場合の1つの例として

 とらえていただければわかりやすいかと思います☆

 今日お伝えする内容は、

 あらゆる業種に共通していると私は感じています。

 あなたのケースに当てはめるとどういう形になるのか、

 想像しながら読み進めてみると楽しいかもしれません♪

◆まずはじめに一番重要なことをお伝えします。

 初期の人材育成の核ですね☆

 今回私は、この部分をお伝えしたかったのです、

 それは、

 ・

 【答えを与えるのではなく、答えに至るプロセスを教える】

 ・

 ということです。

 補足していきますね。

◆例えば、

 あなたが湖のほとりで、自給自足の生活をしているとしましょう。

 そこに友人がやってきて、

 初めて自給自足の生活を始めたとします。

 友人は右も左もわからないうえ、

 食べるものがありません。

 そこであなたに空腹を満たす方法を求めてきました。

 当初、あなたは自分が釣った魚を友人に与えました。

 友人はあなたに大変感謝し、

 早速魚を食べて空腹を満たしました。

◆しかし、また翌日空腹になったので、

 昨日と同じようにあなたを頼ってきました。

 あなたはまた自分が釣った貴重な魚を分けてあげて、

 友人は空腹を満たしました。

 しかし、また翌日………

 という風にこのループは終わりがありません。

 なぜでしょうか?

◆もうおわかりですよね。

 この場合、あなたは友人に目先の問題を解決する方法(答え)だけを、

 与えてしまったことが原因です。

 魚がそれですね。

 友人はあなたに頼めば魚がもらえるということを覚えたので、

 問題の根本的な解決にはつながらないのです。

 では、

 あなたはどうすればよかったのでしょうか?

◆勘のイイ方はお気づきかと思いますが、

 最初に魚を与えた時点で、

 「魚の釣り方も教える」

 という選択をすればよかったのです☆

 自分も同じように魚を釣っていることを説明し、

 友人にも魚の釣り方を教えてあげ、

 友人が自ら魚を釣ることができれば、根本的な問題を解決できます。

 初期の人材育成も、これとおなじではないでしょうか。

◆さらに言えば、

 魚つながりで漁師を例にすると、

 最初に漁とはこの場所で網を張って、魚をとることだと教えてしまうと、

 教わった方は一年中同じ場所・同じ方法で、

 漁をしてしまうかもしれません。

 時期や方法が合って魚が獲れればよいですが、

 その季節に教えられた場所には魚がいなかったり、

 もっと効率のよい方法があるのとすれば、

 その教え方は間違いに限りなく近くなります。

◆そうであれば、

 狙う魚の年間の動きやその習性、

 これくらいの量を獲ることによって食物連鎖がうまく回ること、

 今はこの方法がベストだけどもっと良い方法があるかもしれないこと、

 船を出してよい時といけない時………等、

 答えを導き出すためのプロセスを教える方が、

 長いスパンで考えた時には大切になるのではないでしょうか。

◆接客であれば、営業トークよりも、

 お客様が本当に求めているものが何か引き出すスキル。

 商品開発であれば、最先端の知識よりも、

 お客様のニーズを商品に落とし込むテクニック。

 教師であれば、成績を単に向上させるノウハウよりも、

 子供の個性を伸長し、安心して学ぶことのできる環境作り。

 ・

 このような答えよりも、

 答えに至るプロセスを教えていくことこそが、

 初期の人材育成では何より重要なのではないかと感じています☆

◆あなただったら、

 新人に何を教えていきたいですか?

◆今日は、「初期の人材育成論」というテーマで、

 答えそのものよりも答えに至るプロセスを教えることをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとし、

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆記録のメリットは「定着」と「リンク」にあり☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:真夜中のマーチ(奥田英朗)】

真夜中のマーチ (集英社文庫) 真夜中のマーチ (集英社文庫)

著者:奥田 英朗
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔あらすじ〕

 「自称青年実業家のヨコケンこと横山健司は、仕込んだパーティーで

 三田総一郎と出会う。財閥の御曹司かと思いきや、単なる商社のだめ社員だった

 ミタゾウとヨコケンは、わけありの現金強奪をもくろむが、謎の美女クロチェに

 邪魔されてしまう。それぞれの思惑を抱えて手を組んだ3人は、美術詐欺のアガリ、

 10億円をターゲットに完全犯罪を目指す!が・・・・!?」

◆サラッと読めてしまいます。

 スナック感覚の小説というか、

 食べだすと止まらない感じですね。

 著者の作品は、

 『空中ブランコ』『イン・ザ・プール』『マドンナ』『ララピポ』

 と読んできましたが、どのジャンルにも属さない軽快な作品です☆

 著者の文才の幅広さに驚かされます。

 ‘映像化されたら面白いのになぁ。’

 と感じていましたが、もう映像化されてました(笑)。

 さすが、良い作品には目がつけられますね。

 面白いです!!

◆さて、昨日は「初期の人材育成論」というテーマで、

 知らないことは記録に残させることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日、私が新人時代にまずはじめに

 教えてもらったことである「知らないことを記録に残す」という内容を例に、

 新人に教えてあげるべきことをテーマとしてお伝えしています。

 あなたにも新人として何か教わった経験があるはずです。

 その時に教わったどんなことは役立っていますか?

 また、どんな教えられ方は受け入れやすかったですか?

◆環境に慣れてきてしまうと、

 どうしても初心を忘れてしまいがちです。

 「自分の常識」が変化してしまうんですよね。

 だからこそ、

 相手(今回で言えば新人)の立場に立って、

 自分の行動を修正していく必要があるのではないかと感じています☆

◆昨日の続きですが、

 「知らないことを記録に残す」のには、

 問題解決への糸口となること以外にも2つのメリットがあります。

 今日はそれをお伝えしますね!

◆1つは、

 ・

 【アウトプットによる定着化】

 ・

 です。

 何か新しいことを教わっている瞬間は

 完璧に理解しているつもりであっても、

 人は忘れる生き物なので、

 一回で全てを理解するのは難しいです。

 あなたは一回で覚えられますか?

◆そこで教わったことを記録することが一役買います。

 教わったことを記録するためには、

 “頭で一度整理する”

 というプロセスが入ります。

 (無意識で記録はできません)

 そして、整理したものをアウトプットすることにより、

 その成果物(記録)をまた目で見ます。

 ・

 つまり、

 「聞く」 ⇒ 「記録(整理)」 ⇒ 「見る」

 という一連の流れにより、

 都合3度教わったことがインプットされます☆

 このプロセスにより、ただ聞くだけよりも

 圧倒的に定着が期待できるのです!

 仮に忘れてしまっても、また「見る」 ⇒ 「読む」がいつでもできるので、

 さらに定着化を進めることができます。

◆もう1つのメリットは、

 ・

 【記録同士がリンクして理解が進む】

 ・

 ことです。

 初めて何か教わった時は、

 その意味を理解するよりも、内容をそのまま覚えることが重視されます。

 ですから、

 初期の段階では

 ‘どうしてそうしなければいけないのか?’

 という背景・理由まではわからいことが多々あります。

◆仮に言われたことをそのまま覚え続けるだけでは、

 ロボットと何ら変わりません。

 人が人であるがゆえの価値として、

 “応用することができる”

 という部分が大きいですし、仕事が進めばほとんどが応用です☆

 この応用には理解が必要であり、

 覚えたことをただ考えなしにやり続けることでは理解は深まりません。

◆そこで、

 自分なりの記録を作っていれば、

 類似した内容、発生するタイミング、パターン化された対処方法等を通じ、

 記録同士がリンクしてきます。

 2つから3つ、3つから4つとリンクが進むと、

 次第に仕事の全体像が見えてきて、

 理解できたうえで仕事に取り組むことができるようになります。

 おそらく、

 あなたにも同様の経験はあるのではないでしょうか。

 その体験を、できるだけ早い段階で、

 新人に味あわせてあげると、仕事への意欲も高まるはずです。

◆これが記録を残すことの残り2つのメリットです。

 ただ、

 この「記録」というのは、

 私のごく個人的な経験を基にした人材育成論に過ぎません。

 全ての業界に当てはまることではない可能性が高いです。

 したがって明日は、

 もう少し応用がきく形で初期の人材育成について探ってみて、

 今回のテーマを一区切りにしたいと考えています☆

◆今日は、「初期の人材育成論」というテーマで、

 記録のメリットは「定着」と「リンク」にあることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆新人にまずはじめに教えたいこと☆

◆昨日は少し風が冷たかったものの、

 天気が良かったので、上野公園に足をのばしてみました。

 まだ桜は0.5分咲きというところでしょうが(笑)、

 早くも気の早いお花見客のみなさんがいました。

 そして、

 そのお客さんにインタビューしているテレビクルーもいました☆

100322_1217_0002

 来週からは“ごった返す”という言葉がピッタリなくらい

 上野は人で溢れかえります。

 あそこに飛び込む勇気はありませんね(苦笑)。

◆そして、

 その後は次に来た時に行こうと思っていた、

 『東京国立科学博物館』

 ⇒ http://www.kahaku.go.jp/

 に向かいました!

 初めて行ったのですが、この博物館………スゴイです。

 めちゃ面白い☆

 ‘大人になってからの方が面白いのでは?’

 というブースもいくつかありました。

100322_1321_0001

 ・

 中でも「シアター36○」という上映ブースが面白い。

 これはあの“愛・地球博”で人気のあったブースを、

 そのまま科学博物館に移設したもの。

 直径12.8mのドームの全てがスクリーンになっていて、

 上下左右どこを見ても映像が映し出されます。

 今回は恐竜と宇宙は見られなかったので、

 次はそれを見に行こうと決めました。

 下手なディ○ニーのアトラクションより、よっぽど興奮します♪

◆博物館から出て、帰宅しようとしていたところ、

 こんなモノを目撃しました。

100322_1450_0001

 選挙カーです(笑)。

 “田村淳 36才 無所属”

 と書かれています。

 その前にはロケ車的のも停まっています。

 何の番組のロケでしょうか?

 気になりますが、いずれ明らかになるでしょう。

 田村淳さんは、最近うまい具合に方向転換してますよね☆

 今後、どう進んでいくのか楽しみです!

◆さて、昨日は「自分にとっての価値指針」というテーマで、

 迷った時には原点に返ることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆今日は3月23日です☆

 もう21年度が終わりに近づこうとしています。

 早いものですね。

 21年度が終わろうとしているということは、

 22年度のスタートが近づいているとも言えます。

 あと2週間もすれば、

 新入職員が入ってきて、職場にも新たな風が吹きこまれます。

◆実は私は社会人8年目を終えようとしていますが、

 これまで直属で新入職員が下についたことがありません。

 新入職員が入りにくい部署にいたり、

 入ってきたとしても隣のグループだったりで、

 “新人を育てる”

 という経験をしたことがないのです。

 (ここまで来てしまうと、もう育てる機会もないような気もしますが…)

◆ただ、アルバイトの時はメンバーの入れ替わりもありましたので、

 頻繁に新人を育てる機会に恵まれました。

 その時の経験と社会人になってからの経験を基に、

 今回のテーマをお伝えしようと考えています。

 ちょうどタイムリーですし、

 そんな考え方もあるのかと、少しでもヒントになれば幸いです♪

◆今回のテーマは、

 「人材育成(初期)」

 です。

 新入職員をはじめとしたいわゆる初期の人材を、

 どのように育てていくべきかをテーマにさせていただきます。

 “はじめが肝心”

 などと言われますが、確かに一番最初に教わったことは、

 意外と後々までその人の価値観として残っていくように感じます。

 『三つ子の魂百まで』

 といったところでしょうか。

◆まず、私の例からご紹介しますね。

 私が社会人になって配属された部署で、

 指導員となっていただいた方は7歳上でした。

 (通常は2年目、3年目の職員が指導員になるんですけどね(汗))

 右も左もわからない中で、

 まず指導員に教わったことが1つあります。

 そして、

 それは今も脈々と続いています。

 かれこれ8年くらい継続しているってことですね。

◆それは、

 ・

 【記録を残すこと】

 ・

 です。

 全然知らない仕事に携わった時には、

 当然一から学ばないといけないわけです。

 知らないことだらけで、わからないことは聞くしかありません。

 ただ、

 同じ聞くにしても記録を残すのと残さないのでは、

 後々に大きな差につながります。

 ・

 私はこの習慣を指導員にはじめに教わったことで、

 ものすごく役に立ったと感じています☆

◆記録の残し方としては、

 私は“Word”を使って残しています。

 Wordに「わからなかった内容」「調べたこと」「根拠」を、

 項目ごとに簡単に残しています。

 そして、

 わからないことがあった時は、

 まずこのWordを語句検索をかけて、

 過去に似たような問題にぶつかっていないか

 チェックをかけるようにしています。

 すごく簡単なことですが、

 解決への糸口になることや解決策そのものに当たることも多々あります。

◆記録を残す意味は、

 自分の中であと2つほど意味があります。

 長くなりそうなので、明日に続けます♪

◆今日は、「初期の人材育成論」というテーマで、

 知らないことは記録に残させることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆迷った時は“原点”に返ろう!☆

◆昨日は、中学校時代の同級生からお誘いを受けたので、

 芝居を観に行ってきました。

100322_0628_0001

 『間違いの喜劇』

 シェイクスピアです。

 ハイ、残念ながらシェイクスピア初めてです(苦笑)。

 『ロミオとジュリエット』、『ハムレット』など作品名は知っているものの、

 今まで全く観たことがなかったんですよね。

 いわゆる古典と言われる作品ですね。

◆どうなんですかねぇ……。

 他のシェイクスピアを観たことがないので比較することができないのですが、

 台詞がわかりづらいですね。

 役者泣かせの長台詞も多かったですし。

 現にけっこう噛んでましたし。

 今の自分にはまだまだ合わないなぁとは思ったものの、

 現代芝居の原点を観た気がしました。

 ・

 来年は私の同級生が卒業公演なので、

 どんなシェイクスピアになるのか楽しみです♪

◆さて、昨日は「自分にとっての価値指針」というテーマで、

 ホンダがF1撤退決断の価値指針についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、ホンダのF1撤退を通じて、

 迷った時の価値指針をお伝えしました。

 十人十色の価値指針であることは重々承知していますが、

 このホンダの価値指針が私は大好きです。

 この価値指針をお伝えしたかったので、

 このテーマを選ばせていただきました☆

 ・

 その価値指針とは

 『迷った時は原点に返る』

 です。

◆人生ですから、

 迷うことは幾度となく訪れると思います。

 むしろ、

 何も迷うことのない人生は面白くないですからね。

 迷って、悩んで、人生なんぼです。

◆ただ、

 その迷った時に、自分の価値指針があるのとないのでは、

 決断の内容の一貫性が異なってくることは間違いありません。

 自分の中に一つ判断軸があれば、

 気分によって態度が変わることはありませんし、

 人によって対応が変わることはありません。

 いかがでしょうか?

◆どんなことに対しても、

 「原点」はあります。

 あなたはもともと、

 どんな仕事がしたかったのでしょうか?

 どんな風に社会に貢献したかったのでしょうか?

 どんな家庭を築きたかったのでしょうか?

 大切な人とどんな人生を過ごしたかったのでしょうか?

 どんな風に人に接していきたかったのでしょうか?

 どんな自分になるために成長していきたかったのでしょうか?

 どんな価値を実現したかったのでしょうか?

◆だんだん時間が経過するにつれ、

 人も企業も原点を忘れてしまいがちです☆

 本当は人に喜んでもらうことに価値を感じていたはずなのに、

 目の前にお金がちらついた時に、

 ついついお金を優先してしまったりすることがありますよね(苦笑)。

 家族と充実した時間を過ごすことが喜びだったはずなのに、

 家族を幸せにするための仕事を優先してしまうことは、

 ドラマ以外でもよくある話です。

◆迷った時には「原点」に戻る!

 これを1つの価値指針に加えてみてはいかがでしょうか?

 私も今後はこの価値指針を、

 一つの軸にしていきます♪

◆今日は、「自分にとっての価値指針」というテーマで、

 迷った時には原点に返ることをお伝えしました。

 今日でこのテーマは一区切りといたします。

 明日からまた、新しいテーマでお伝えします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆ホンダがF1を撤退した理由☆

◆つい最近、

 ‘意識の高い人たちはつながっているなぁ’

 と感じた出来事がありました。

 ・

 「朝バナナダイエット」

 はご存知でしょうか?

朝バナナダイエット 朝バナナダイエット

著者:はまち。
販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 一時期スーパーからバナナがなくなるほどの

 影響を与えた流行のダイエット法でした。

 この著者が「はまち。」さんとおっしゃられる方です☆

◆岡山にいた際にも、

 ダイエットをビジネスにしようと志している友人が、

 この著者に会えたということを聞いていました。

 当時、

 本当に話題になったダイエット法だったので、

 意識すれば本当につながるものなんだなぁと感心しました。

 ・

 そして最近、

 関東の意識の高い別の友人が、

 この著者の自宅に遊びに行ったということを報告していました。

 しかも、

 電話がかかってくるくらいのつながりがあるみたい。

 セミナーの告知だったようですが、

 それでもすごいもんだと思いました☆

◆全然別のルートですが、

 2つのルートからこの著者につながったんですよね。

 まぁ、「はまち。」さんに限らず、

 意識の高い人と接していると、

 思わぬところで共通の知人がいたりするものです。

 人間は何かしらコミュニティーの中で生活せざるをえませんから、

 自ら選択し、意識の高いコミュニティーに属したいものです♪

◆さて、昨日は「自分にとっての価値指針」というテーマで、

 人生に迷った時の価値指針は何かということをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、

 船で大海原を進む時の“コンパス”、

 砂漠で歩みを進めるための“北極星”、

 この喩えのようなあなたにとって

 【迷った時の価値指針】

 とは何かということについて想いを巡らせていただきました。

 あなたなりに、思い当たることはありましたか?

◆あなたが進学を決めた時、

 どのような価値指針を基に決めましたか?

 また、その結果どのような学校を選んだでしょうか?

 ・

 あなたが就職を決めた時、

 どのような価値指針を基に決めましたか?

 また、その結果どのような就職先を選んだでしょうか?

 ・

 あなたに恋人ができた時、

 どのような価値指針を基に決めましたか?

 また、その結果どのような恋人と巡りあえましたか?

 ・

 あなたにピンチが訪れた時、

 どのような価値指針を基に決断しましたか?

 また、その結果どのような行動をとりましたか?

◆迷わない事柄に対しては、

 特に意識する必要はありません。

 ただ、

 迷った時の選択したことは、意識しておく必要があると思います。

 なぜなら、

 それが人生のターニングポイントになると言われているからです☆

 ・

 「迷った時の価値指針」がブレてしまうと、

 一貫した選択はできません。

 その結果、

 どっちつかずの中途半端で終わってしまうかもしれません。

 迷った時の決断こそ真に重要なのです。

◆ここで1つ人ではないのですが、

 ある有名な企業が今後の方針に迷った時に、

 従った価値指針についてお伝えします。

 私は、

 ‘なるほど’

 と思いましたし、これは人にも共通するのでは?と感じました。

◆その有名企業とは、

 『本田技研工業(ホンダ)』

 です。

 国内有数の自動車メーカーであることはもちろん、

 二輪車をはじめとするモータースポーツに、

 非常に積極的に参戦していた企業です。

◆そのホンダが、2008年12月5日に

 「F1撤退」を発表しました。

 F1はモータースポーツの最高峰ですし、

 ホンダとしてはものすごい苦渋の選択をしたと考えられます。

 F1を撤退した場合には、

 ‘ホンダはF1に参戦し続けられないほど、弱体化しているのか。’

 という評価を受けるのは目に見えています。

 また、

 ‘せっかく応援してたのに、ちょっと景気が悪くなったら撤退かよ。’

 とファンを失望させてしまうことにもつながります。

 F1撤退は、

 決してメリットばかりではありません。

◆それでもホンダは撤退という判断をしました。

 経営陣にも賛否両論あったに違いありません。

 企業としてどう進むべきか、

 まさに迷った状況だったのだと推測されます。

 ・

 そこでホンダが

 「迷った時の価値指針」

 として従ったものは何だと思いますか?

 ちょっと想像してみてください☆

◆ホンダのF1撤退を決断させた価値指針。

 それは、

 ・

 【原点に返ること】

 ・

 だったそうです。

 迷った時は原点に返る、

 この価値指針に従い、F1を撤退したのです。

◆「F1は、自社の性能をアピールできる場所にもなるし、

 世界的な広告塔になる。

 ただ………

 それでは人は雇えない。

 企業にとって最も大切なのは「雇用」、

 つまり人である。」

 というのが原点だそうです。

 だから、

 その人をきちんと雇用できなくなる可能性があるのであれば、

 スパっと撤退しようという決断ができたのでしょう。

◆企業も然りですが、人も然りです。

 明日でこのテーマを一区切りとさせていただきます♪

◆今日は、「自分にとっての価値指針」というテーマで、

 ホンダがF1撤退決断の価値指針についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第9位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆迷った時の「価値指針」☆

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:イラストでわかるやさしい心理学(匠英一)】

イラストでわかるやさしい心理学 イラストでわかるやさしい心理学

著者:匠 英一
販売元:成美堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔著書の肝〕

 「心理学では、個人に生じた問題は、個人の心の中に閉じ込められて

  原因を探し求めることを前提としている。

  一方、認知科学は、問題の原因を内的なものだけとして考えるのではなく、

  環境や人と文化の相互作用、脳、神経、身体の各器官の働きなど、

  いくつもの要因が影響している、といった考え方をとっている。」

 ・

 肝っていう部分もない著書なのですが、

 心理学と認知科学の差は知っておいた方がよいと感じました。

◆初心者にもわかりやすいように、

 全ページイラスト入りで書かれた心理学の入門書のようなものです。

 読んでいて全く知らない部分もあれば、

 一般的によく知られている部分も多々ありました。

 正直、私にはあまり刺激はありませんでしたね。

 ただ、

 未知な部分が多いだけに、心理学は面白いなぁとは感じました。

 「反動形成」

 「パーソナルスペース」

 「シンクロニー現象」

 「同調現象」

 等々、自分の心の動きを客観的に知ることができます♪

◆さて、昨日は「知識吸収の罠」というテーマで、

 固く・脆い人間よりも常に弾力的な人間を目指すことをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆「人生に迷うことがありますか!?」

 ・

 なんて聞かれたら、あなたは何と答えるでしょうか。

 私だったら正直に、

 「そうですね……迷うことがないことはないですね。」

 と答えてしまうかもしれません。

 “迷う”

 という言葉からはちょっと離れてしまうかもしれませんが、

 ‘俺の人生、このままで本当にいいんだろうか?’

 ‘私の人生、こんな感じで終わっていくのかなぁ……’

 なんて思うことがあれば、それも一種の迷いかもしれませんね☆

◆私も含め、

 多くの日本人が

 「自分のやりたいことではなく、

  やらなければいけない(と自分が決めた)ことをやって」

 毎日を過ごしています。

 ほとんどのサラリーマンの方々がそうではないでしょうか?

 ・

 自分の主体性を抑えて毎日を過ごさなければいけないとしたら、

 迷いが生じて当然ですよね。

 ですから、

 「人生に迷う」という言葉に引っかかるものがあるのかもしれません。

◆では、

 そのようにふと人生に迷った時に、

 あなたはどんな「価値指針」のもとで行動していますか?

 ・

 ‘よし、明日からはこうしていこう!’

 ‘今日から心機一転、こんな風に生活していこう!’

 ・

 という判断は、何を基準にして決断していますか?

◆例えば、

 大海原の真ん中でポツンと取り残された船が、

 目的地の大陸を目指すためには何が必要ですか?

 ・

 そうです。

 “コンパス”が必要ですよね。

 コンパスの示す方角によって、

 船の進路を変えていく必要があります。

 ふと迷ったら、コンパスの針を基準にして、

 仕切り直して次の行動をとっていくわけです。

◆例えば、

 あなたが砂漠のオアシスで取り残されているとします。

 見渡すばかりの砂漠です。

 仮に進みたい方角はわかっているとすれば、

 何を基準に歩みをすすめていきますか?

 ・

 これは砂漠以外に何もないとすれば、

 “北極星”が基準になるかもしれませんね☆

 北極星を基準に自分の進みたい方角を見定め、

 再び歩みを進めていく。

 そんなプロセスになるのではないでしょうか。

◆では、

 この喩えでいうところの、

 “コンパス”や“北極星”に当たるものは、

 あなたにとっては何でしょうか?

 あなたの「価値指針」は何でしょうか?

 明日に続けますので、ほんの少しの間考えてみてくださいね♪

◆今日は、「自分にとっての価値指針」というテーマで、

 人生に迷った時の価値指針は何かということをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第9位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆不要な“執着”を手放す☆

◆≪mixiに登録されている皆様へ≫

 無性に興味がわきたち、早朝3時半にコミュニティーを立ち上げました。

 【ルール辞典】うまくいくルール

 ⇒ http://mixi.jp/view_community.pl?id=4906579

 当然ながら、まだメンバーは1人です(笑)。

 ・

 このコミュニティーを作った目的は「情報共有」です。

 私が色々な講演会に参加したり、本を読んだりした中で、

 様々な分野で活躍されている人には、

 それぞれ何かしら自分なりの「ルール」を決めて、守って、

 生活されているということがわかりました。

 “モットー”とも“ポリシー”とも言えるかもしれません。

 そんなうまくいく人のルールを共有し、

 より生活の質を高めていくことを目的としています。

◆また、世間一般で言われる成功ではなくても、

 ものすごく幸福感あふれる家族もありますし、

 小さくても社員が生き生き・伸び伸びと働いている会社や、

 生徒が個性を思う存分発揮できる学校もあります☆

 そんなちょっとした成功のもととなっているルールには、

 どんなものがあるのかなぁと気になってしまいました。

 ・

 もちろん、

 私自身にもルールはありますので、

 参加していただけるメンバーとどんどん共有したいと考えています。

◆3時半頃にアイディアが閃いて目が覚めた経験などはないのですが、

 これも何かのシンクロかと思って、行動に移してみました。

 もしよければコミュニティーに参加していただき、

 ぜひあなたのルールをシェアしてください!

 よろしくお願いします。

 (1人は寂しいです(笑))

◆さて、昨日は、「認知的不協和を積極的に活用する!」というテーマで、

 セルフイメージを引き上げることで認知的不協和を起こすことをお伝えしました。

 今日は単発テーマでお伝えしていきます♪

◆今日は単発的に私個人のしごく個人的な考え方を、

 お伝えさせていただこうかと考えています。

 なぜ、知識を求めるか?

 また、その罠は!?

◆このブログでもお伝えしていますが、

 私は色々な方とお話しさせていただくのが大好きですし、

 縁をいただいた様々な講演会に参加しています。

 そして、週に2~3冊は本を読むようにしています。

 また、できる限りチャンスがあれば、

 自分の体で体験するように心がけています。

 ・

 “何事もやってみなければわからない。”

 “失敗するなら早い方が挽回がきく”

 “やらずに後悔するより、やって後悔する人生であれ”

 ・

 という考えになりましたし、

 もともと精力的に活動するのが嫌いではありません。

◆このような活動の原点にあるのが、

 ・

 【できる限り未知を知りたい】

 ・

 という探求心と好奇心です☆

 この「未知」というものには、

 私がまだ知らないもの(=知識がないもの)という意味もありますし、

 存在自体知らないものという意味も含めています。

 後者の方が星の数ほどあります(泣)。

◆この知識・情報化社会を生きる上で、

 知らないよりは知りたいという想いを強くし、

 貪欲に「知識」を求めている今日この頃です。

 (悲しいくらい身についていませんが………)

 だからこそ、

 このブログも備忘録として活用し、

 少しでも自分の血肉にしていきたいと考えています♪

◆ただ、

 この知識をどんどん吸収していった結果として、

 一つの罠に注意しなければいけないと常々意識しています☆

 幅広く知識を吸収し、

 一般的に見たらものすごい博学な人が陥りがちな罠です。

 何だと思いますか?

◆それは、

 ・

 【固さ】

 ・

 です。

 知識を吸収すればするほど、

 ‘こうでなくてはならない’

 ‘こうあるべきだ’

 という固定観念ができあがってしまい、

 自分の考え・意見に執着してしまうことが見受けられます。

◆“こだわり”程度ですめば可愛いものですが、

 執着までいってしまうと、取り払うのが難しくなります。

 【「不要な執着」をもってしまうと、人間は固く・脆く】

 なるのです。

 自分が正しいと思い込んでいたものが崩されると、

 簡単に崩壊してしまいます。

 一定量の爆弾でビルが崩れ落ちる映像のようにです。

◆ですから、

 私の目指すべき人間像は、

 【常に弾力的な人間】

 です。

 ポンと置いておけば形は崩れませんが、

 縦からも横からも圧力が加わっても、

 それに柔軟に対応していける。

 どんなに多くの知識を吸収したとしても、

 そんな人間でいたいなと自分を戒める今日のテーマでした☆

◆今日は、「知識吸収の罠」というテーマで、

 固く・脆い人間よりも常に弾力的な人間を目指すことをお伝えしました。

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第7位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆セルフイメージの“ビフォア・アフター”☆

◆最近、、ある食べ物にハマってます。

 毎朝食べてますねぇ。

 お世話になった方から、送っていただいたものです。

 ‘ありがたいなぁ’

 と思いながら、年に2回程度好意に甘えてしまっています☆

 赤くて、甘くて、イタリアンをイメージさせる

 ナス科の野菜です。

 わかりましたか?

◆正解は、「トマト」です。

 しかも、普通のトマトではなくフルーツトマトです!

100318_0539_0001

 フルーツトマトなんて、送っていただくまでは

 食べたことすらなかったのですが、

 めっちゃ美味しいです♪

 トマトの概念を覆されました(汗)。

 これがホントに甘いんです。

 まさにフルーツに近いと言っても過言ではありません。

 しかも、大きさはそれほど大きくはないので、

 何個でもいけちゃう感じなのです(毎朝1個で我慢していますが……)。

 ・

◆食べ物は生で食べた方が酵素(エンザイム)が生きていて、

 体にとっては圧倒的にイイみたいですね。

 もう少しでトマト生活ともお別れですが、

 これを機に、手軽に毎朝生で食べられるものを探してみよっかな♪

◆さて、昨日は「認知的不協和を積極的に活用する!」というテーマで、

 満足していない部分についても実は満足していることについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日の最後に、

 ・

 【あなたが(理想と比較して)満足できていない部分について、

  実は(セルフイメージと比較した場合の)あなたは満足しているのです。】

 ・

 という禅問答のような締めで終わってしまっていました。

 これではあまりにも……なので、

 補足していきますね!

◆わかりやすいので、

 経済的な豊かさでお伝えしていきます。

 例えば、

 実はあなたが

 ‘年収3,000万円あったら満足だなぁ。’

 と考えていたとしましょう。

 でも、実際のあなたは年収500万円です。

 当然、ギャップがありますよね。

 これが理想と現実の差です☆

 差がある分、

 自分自身の中では満足していないかもしれませんよね。

◆ただ、この年収3,000万円については、

 あくまでもあなたの“理想”にしか過ぎないんですね。

 いわば憧れです。

 もっと言えば、

 ‘あったらいいな’レベルです。

 希望度合いでいえば、

 ‘アイドルと結婚できたらいいな’レベルです。

 当然ながら、実現しません。

 なぜなら、

 あくまでも希望に過ぎないからです。

 セルフイメージは、全然違うレベルで落ち着いちゃってるんですよね。

◆年収500万円で落ち着いてしまっているのであれば、

 あなたが持っているセルフイメージは、

 “年収500万円の自分”

 なのです。

 自分はそれくらいの年収が妥当であると、

 セルフイメージでは満足してしまっているのです☆

 したがって、認知的不協和が起こりません!

 わかりますか?

◆例えば、

 ホリエモンさんっていましたよね。

 この間、自宅にある動産にまで差し押さえが入って、

 すったもんだあったようなことを聞きましたが。

 あのホリエモンさんの持つセルフイメージだったらどうでしょうか?

 果たして、年収500万円で満足するでしょうか?

 私はそうは思いません。

◆今でこそ、うん十億という債務があるようですが、

 一時期は飛ぶ鳥を落とす勢いで成長した企業の創業者です。

 おそらく、

 10年、20年後には何らかのビジネスを世に送り出し、

 また成功している可能性は少なくありません。

 なぜなら、

 自分の「セルフイメージが成功者だから」です。

 理想ではないですよ、あくまでもセルフイメージがです。

 成功していない自分だと、

 セルフイメージと認知的不協和を起こし、気持ち悪いんです。

 ギャップを埋めようと思うんです。

 だから、

 成功に向かってまた突っ走っていくんですね☆

◆今回お伝えしたかったのは、

 ・

 【理想にセルフイメージを近づけていかないと、何も変わらない】

 ・

 ということをお伝えしたかったのです。

 逆に言えば、

 セルフイメージさえ高まってしまえば、認知的不協和を起こし、

 今の自分では気持ち悪くて仕方なくなってしまうので、

 そのセルフイメージに向かって、成長することができるのです。

◆したがって、

 豊かになりたければ、豊かなセルフイメージを持つ。

 優しくなりたければ、優しいセルフイメージを持つ。

 人脈が欲しければ、人脈のあるセルフイメージを持つ。

 というように、セルフイメージの改良が必要です!

 ・

 あたかもテレビで外見を整える番組のように、

 セルフイメージの“ビフォア・アフター”を目指してみてはいかがでしょうか?

 今回は、

 認知的不協和を活用できる第2弾として、

 セルフイメージとのギャップを埋める原動力になることをお伝えしました☆

◆今日は、「認知的不協和を積極的に活用する!」というテーマで、

 セルフイメージを引き上げることで認知的不協和を起こすことをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆逆説的満足論☆

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:3つの真実(野口嘉則)】

3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密” 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”

著者:野口嘉則
販売元:ビジネス社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔著書の肝〕

 「まず第一の真実は、『人間は肉体を超えた存在である』ということじゃ」

 「第二の真実は、『人生は自分の心を映し出す鏡である』ということじゃ。

  これを鏡の法則とも言う」

 「第三の真実は、『感情は感じれば解放される』ということじゃ。

  自分の感情を感じなさい。自分がなにを感じているのかに気づき、

  そしてそれを、感じられるままに感じて味わうのじゃ」

◆『鏡の法則』が第ベストセラーになった、

 野口さんが2008年の5月に出された著書でした。

 物語として進んでいきます。

 主人公は、成功法則を勉強し、実践し小さな成功をしていたが、

 あるきっかけで仕事も家庭もめちゃくちゃになりかけているという状況。

 成功法則が信じられなくなった主人公と、

 ある老人のやりとりで物語は展開していきます☆

 ・

 個人的には、非常に好きな作品ですね!

 成功法則をただ実践するだけでは、

 解決できないであろう様々な問題を、

 3つの真実という切り口で解決に導いてくれる1冊です。

 特に、

 『人間は肉体を超えた存在である』

 という真実を語っていくページには、

 ものすごいパワーを感じましたし、すごく納得できました。

 すぐに取り入れた考え方もありました。

◆人によってはスピリチュアルのように感じられるかもしれませんが、

 私の中では成功法則を超えた

 “世界の普遍的法則”

 として受け取ることができました。

 他の著書で読んだ内容も、やっとしっくりきたという感じです。

 成功法則本に飽きて失望しそうな方に、ぜひ読んでほしい1冊ですね♪

◆さて、昨日は「認知的不協和を積極的に活用する!」というテーマで、

 ネガティブな感情に反比例する行動をすることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、

 「認知的不協和」を積極的に活用するための

 第2弾をお伝えしていくことにします。

 自分にとっても、かなり切実なテーマです☆

◆「あなたは、今の自分に満足していますか?」

 ・

 ‘唐突に何を聞くんだい?’

 と思われたかもしれませんが、ご自身の現状と照らし合わせて、

 少しの間考えてみてください。

 ・

 仕事はどうでしょうか?

 過去に思い描いた仕事をしていますか?

 それとも、全然違う別の仕事ですか?

 ・

 経済面はどうでしょうか?

 満足のいく生活水準を保てていますか?

 それとも、何か苦しさを感じていますか?

 ・

 人間関係はどうでしょうか?

 たくさんの友人・知人に囲まれ、良好な人間関係を築いていますか?

 それとも、どこかギスギスした関係や孤立したりしていますか?

 ・

 時間はどうでしょうか?

 自由に使える時間に対し満足していますか?

 それとも、常に何かに追われていますか?

 ・

 衣食住はどうでしょうか?

 全てにおいて満ち足りた生活を過ごせていますか?

 それとも、不足を感じていますか?

 ・

 趣味や自己実現はどうでしょうか?

 自分らしく人生を過ごすことができていますか?

 それとも、やらされている感の強い人生を過ごしていますか?

◆もっとたくさんの側面がありますが、

 あなたが思いつく範囲で十分です。

 満足できているか否か、考えてみてください☆

◆おそらく、

 この質問に対して多くの方が、

 「この部分については満足しているけど、この部分では満足できていない。」

 と答えるのではないでしょうか。

 あなたはいかがでしたか?

◆今回フォーカスするのは、

 満足できている部分ではありません。

 満足できていない部分にスポットを当てます!

 ・

 今から逆説的なことをお伝えしますね。

 「あなたが満足できていない部分について、

  実はあなたは満足しているのです。」

◆‘………はっ!?意味分かんないんだけど。’

 と思われたことでしょう。

 確かに、

 この文章だけ読むと私でも意味がわかりません(笑)。

 ですので、少し補足してみますね。

 ・

 【あなたが(理想と比較して)満足できていない部分について、

  実は(セルフイメージと比較した場合の)あなたは満足しているのです。】

 ・

 これが私のお伝えしたい内容です。

 長くなりそうなので、明日に続けます♪

◆今日は、「認知的不協和を積極的に活用する!」というテーマで、

 満足していない部分についても実は満足していることについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆ショックと体を反比例させる!☆

◆一昨日、昨日と房総の旅をしてきました。

 やってきたことと言えば、

100314_1259_0001

 リアル三匹の子ブタを見たり、

 〔真ん中にウリウリ入ってくるやつが、キュート過ぎます〕

100314_1406_0001

 アルパカ(ミラバケッソの正体(笑))に餌をあげたり、

 〔アルパカの頭部は湯浅弁護士みたいでした〕

100314_1543_0001

 牛の乳しぼりをしたり、

 〔予想以上に勢いよく出てきますね〕

100314_1548_0002

 美味しい牛乳を飲んできました。

 〔普段は牛乳を飲みませんが、まぁお試しかってことで〕

◆そんなこんなで、

 だいぶ「マザー牧場」で遊び倒しました☆

 ⇒ http://www.motherfarm.co.jp/

 まだ3月なのに、すごい人の数でしたね。

 菜の花畑が色鮮やかでした。

◆夜は、

 美味しい地元の海鮮料理と、

 温泉にゆっくりつかって、英気を養いました。

 そして、朝は太平洋を見渡せる展望風呂に入って、

 気合を入れ直して帰ってきました!

 ビックリするくらい動物と触れ合った2日間でした。

 ってことで、またいつもの生活に戻ります♪

◆さて、一昨日は「認知的不協和を積極的に活用する!」というテーマで、

 人は“感情”と“行動”のサイクルを回していることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆前回の更新で、

 人は無意識のうちに行動と感情をリンク付けし、

 感情と行動のサイクルを回しているという部分までお伝えしました。

 例えば、

 もう少ししたら好きな人に会える状況の時の嬉しさから、

 思わずニヤついて、スキップしてしまったり(笑)するようなものです。

 また、

 仕事でミスをして、上司に怒られた時の落胆から、

 表情が暗くなったり、猫背になってため息をついてしまうこともそうですね。

◆知らず知らずのうちに、

 感情が行動として表れ、その行動によって

 さらに深く感情を味わうという一連の流れですね☆

 この現象がわかっているのであれば、

 利用してしまいましょうというのが私の結論です!

◆先ほどの例で言えば、

 前者は喜びの感情なので、変える必要はないですよね。

 問題は後者です。

 後者の落胆やショックという感情を引きずってしまうと、

 ‘なんで自分は、こんなこともできないんだろう……’

 という思いが強まり、さらに深いため息をつくはめになります。

 認知的不協和が起きないようにするためです。

◆そして、

 ‘自分はやっぱりダメなやつだわ。’

 というレッテルを自分に貼り、

 本当にできない自分になろうとしてしまいます。

 潜在意識は強力ですからね!

 できない自分になろうとする力も強力です。

◆そこで、このような悪循環が起きる前に、

 どこかで歯止めをかけなければいけません。

 それが今日のポイントです。

 ・

 【ネガティブな感情を味わったら、行動は反比例させる】

 ・

 という歯止めをかけるのです。

 どういうことか補足しますね☆

◆例えば、

 先ほどの例でいえば、上司に怒られたからこそ、

  ◎表情は明るく

  ◎背筋を伸ばして

  ◎気合を入れ直す

 という行動に変えます。

 するとどうでしょう。

 感情に引きずられた行動をした時よりも、

 明らかにその後の感情は改善されます。

 ・

 これは意識的に行った行動により、

 感情がさらに落ち込むことに不協和を感じて、

 ポジティブな要素を見つけるからです。

 ‘でも、怒られるってことは期待されてるからだよな。’

 ‘今、注意されたから、同じ失敗をしなくて助かった。’

 という正当化要素を見つけることができれば、大成功です!

 悪循環は止まりますよね。

◆‘本当かなぁ’

 と半信半疑に思われるかもしれませんね。

 そんな場合には、面白い実験があります。

 ぜひお試しください!

◆誰かとまずは普通にジャンケンをしてみてください。

 何回か繰り返して、負けたらその時の感情を覚えておきます。

 次に

 ‘負けた時こそ、ハイテンションで喜ぶ!’

 と決めて、ジャンケンをします。

 負けた時には相手が引くぐらい(笑)、喜びます♪

 やりすぎなくらいにやると、すぐに体験できます。

 負けても力いっぱい喜ぶと、

 ‘あぁ……負けたなぁ。’

 という感情は出てこないですから。

 逆に、

 ‘よし、負けた!’

 になります(笑)。

 不思議ですけど、そういうものなんです。

◆つまり、

 【人間の感情は、行動に引きずられて変化する】

 のです。

 だから、ある人は言います。

 「楽しいから笑うんじゃなくて、

 笑うから楽しいんだよ!」

 私もこの考えに激しく同意します☆

 ・

 認知的不協和を活用する第1弾でした。

 明日から第2弾をお伝えします♪

◆今日は、「認知的不協和を積極的に活用する!」というテーマで、

 ネガティブな感情に反比例する行動をすることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“感情”と“行動”のサイクル☆

◆昨日、録画しておいた

 『エチカの鏡』

 という番組を見ました。

 今回の特集は、「人に好印象を与える」という内容でした。

 その中で人気のセミナーや著者が紹介されていました☆

◆紹介されたセミナーの多くは、

 「メラビアンの法則」(人は見た目で9割判断する)を基に、

 外見や声や話し方を変えるというものが多かったです。

 その中で、

 あるセミナーの紹介で、

 “NLP”という言葉が紹介されて、驚いてしまいました。

 心理学や自己啓発を好むコミュニティーで使われていた言葉が、

 メディアで紹介されるほど市民権を得たのかと。

 「ミラーリング」や「バックトラッキング」なんていうスキルも紹介されてました。

 自分としてみれば、復習できてよかったです。

◆いずれにせよ、自分が本や人を介して学んでいることが、

 世間一般でも求められてきているんだなぁと実感しました。

 今日14日の放送では、

 “ホメ術”をテーマにするようです。

 (参照:『エチカの鏡』ホームページ)

 ⇒ http://wwwz.fujitv.co.jp/ethica/index.htm

 個人的には、本間正人さんや佑川京子さん等が

 登場されるのではないかと、密かに期待しています♪

◆さて、昨日は「認知的不協和を積極的に活用する!」というテーマで、

 認知的不協和とは何かについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆「認知的不協和」を今回のテーマにしていますが、

 あなたの中でもこの心理的現象によって、

 行動や思いをねじ曲げた経験はありませんか?

 私なんかは、これに思い当たることがいくつもあります。

 ・

 例えば、

 一人っ子でしたから、よく人に、

 「一人だと寂しくない?」

 と言われることがありました。

 直感的に動く感情としては、

 ‘そりゃ~、寂しい時もあるよねぇ。いつも一人で遊ばないといけないし。’

 でしたが、

 一人っ子の環境を今さら変えることはできないので、

 言葉に出していたのは、

 「いや、意外と寂しくはないですよ!一人で遊ぶの嫌いじゃないし。」

 と答えていたものです☆

 一人っ子の寂しさを否定するために、

 一人で遊ぶのが嫌いじゃない自分を作ることで、

 自分を正当化していたんですよね。

 今では、よくわかります。

 ・

 まぁ、一人で遊ぶのが嫌いじゃない割には、

 中学、高校と人の家に遊びに行きまくってたんで、

 思いっきり反動行動が形成されてたんだと思いますが(笑)。

◆このように、一つの知識を得た時に、

 自分自身の過去の経験や体験に照らしてみると、

 ものすごく腑に落ちやすくなることがあります。

 「認知的不協和」って聞くと、

 すごく難しいことに聞こえがちですが、

 ‘つまり、あのことね!’

 と置き換えられると、理解が早いですね☆

◆と少し話題がそれてしまいましたが、本題に戻ります。

 ・

 この「認知的不協和」は私達の自然な心理現象として、

 無意識のうちに起こります。

 例えば、

 部下を怒鳴って叱責している上司の顔が

 満面の笑みであることはありませんよね。

 これは、笑顔では怒りの感情と一致しないからです。

 外に作り出している表情や言葉と、

 内面の感情が一致しないと不快感を感じてしまうのです。

 竹中直人さんのネタの

 “笑いながら怒る人”

 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=l18R6GHeiPs

 がネタとして活きるのには、この不協和があるからと言えます。

 (竹中直人さんって、最初はお笑いで出てきてたんですね)

◆逆もしかりです。

 めちゃくちゃ絶賛しほめちぎって握手を求めながら、

 相手の顔を直視できないほどの嫌悪感を感じることは難しいです。

 最高の幸福感に浸りながら、

 悲しみの涙を流すこともまた至難の業なのです。

 つまり、

 ・

 【人は無意識のうちに行動と感情をリンク付けする】

 ・

 ように自分をコントロールしていると言えます。

 特定の「感情」からは、特定の「行動」が表れ、

 その「行動」によって、さらに特定の「感情」が発生してくる。

 感情 ⇒ 行動 ⇒ 感情 ⇒ 行動 ……

 という「感情」と「行動」のサイクルを回しているのです。

◆したがって、

 どこかでその感情によって求められた行動が、

 自分ではどうしようもないことだったりすると、

 行動を無理やりねじ曲げ、正当化し、

 ねじ曲げた行動に感情が引きずられることが起こります☆

 ・

 「この現象をどう利用するのか?」

 については、明日以降お伝えしようと思いますが、

 実は今日・明日とプラッと旅に出ます(笑)。

 ですので、次の更新は明後日になります♪

◆今日は、「認知的不協和を積極的に活用する!」というテーマで、

 人は“感情”と“行動”のサイクルを回していることをお伝えしました。

 明後日も引き続き、お伝えしていきます。

今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆【特別編】『こしの極』PR☆

◆この更新は特別編として更新します。

 ブログスカウトからの掲載依頼に参加しています☆

◆今回実際に調理したのは、

 永谷園さんから新発売となった

 『こしの極』

 です。

 ⇒  http://www.koohoo.jp/acs/nagatanien/920.php

 そば、そうめん、ざるうどんの3種類のラインナップで発売されました。

◆普段乾麺は、休日のランチに食べることが多いです。

 手早く調理できるのが便利ですよね!

 しかも、賞味期限も長いので、

 買い出しに行くのが面倒な時のために備えておくことが多いです。

 私はパッケージに書かれている時間よりも、

 ほんの少し短めにゆでて、髪の毛一本分くらい残る固さが理想です。

 パスタでいうアルデンテってやつですかね♪

◆ただ、乾麺はゆであがるとすぐにのびてしまう傾向があり、

 ちょっと難点でした。

 のびると麺の醍醐味のこしがなくなっちゃうんですよね。

 そこが乾麺のデメリットと言えばデメリットでした。

 ・

 今回は商品名にもあるように

 “麺のこし”

 に期待していました。

 自宅でもこしのある麺が手軽に食べられるとよいですよね♪

◆ということで、早速スーパーへ走り買ってきました!

100313_1153_0002

 「こしの極 ざるうどん」を購入してきました。

 180円くらいで購入しました☆

◆普通にゆでてツケ麺でも食べますが、

 少しアレンジしようと思いました。

100313_1153_0001

 材料は、

  ◎こしの極 ざるうどん

  ◎豚肉の味噌漬け

  ◎ニンジン

  ◎もやし

  ◎長ネギ

  ◎温泉卵

  ◎かつおぶし

  ◎焼き肉のタレ

  ◎味塩コショウ

  ◎サラダ油

 です。

◆作り方

 1.「こしの極 ざるうどん」は、多めの熱湯で7分ゆでる

 2.あらかじめ豚肉、ニンジン、長ネギは、適当な大きさに切る

 3.小さじ1杯のサラダ油をフライパンで熱し、ニンジンを炒める

 4.ニンジンに火が通ったら豚肉を入れて、さらに炒める

 5.長ネギ、もやしを加えて炒め、味塩コショウを少々ふる

 6.ゆであがった「こしの極」を入れ、焼き肉のタレで味をととのえる

 7.皿に盛り、温泉卵を中心に落とし、最後にかつおぶしをかける

100313_1231_0002

 完成!

 韓国風焼うどんのようなイメージです。

◆シンプルなツケ麺も用意しました。

100313_1231_0001

◆肝心の味の感想ですが、美味しいです!

 アレンジしといてなんですが、

 ツケ麺でシンプルに食べた方が美味しかったです(笑)。

 また、今までの乾麺よりも時間が経ってものびない!

 これにはちょっと驚きました☆

◆太さはうどんというりよりも、ひやむぎのような太さです。

 ゆであげてもそんなに太くはなりませんでした。

 細打ちというだけあります。

 ・

 ですので、

 こしというこしは……やはりお店のうどんには敵わないかなと。

 ただ、従来の乾麺よりはだいぶ美味しくなっている気がします!

 もっちりした食感が味わえます。

 やりますね、永谷園さん♪

◆いつでも食べられる非常食としておいておける

 乾麺としての美味しさから考えると、

 コストパフォーマンスは良いと思います☆

 次はそばにチャレンジしようかな。

 「こしの極 そば」と「こしの極 そうめん」も新発売です☆

◆ということで、特別編として更新してみました。

 では、また明日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“認知的不協和”を活用する☆

◆ふと昨日一日の生活を振り返ってみました。

 ・

 3時半に起床(前日は9時半に寝ました(笑))。

 まず、ブログ更新をしてから、

 今とある方から出されている音声セミナーを聴く(約1時間半)。

 出された宿題を自分なりに考える。

 ・

 9時出勤。

 通常出退勤で労働する。

 18時半から職場の同期会☆

 16人集まった会の幹事やってました。

 【今日のお店:かまどか新橋2号店】

 ⇒ http://r.gnavi.co.jp/a985101/

 2次会まで行き、帰ったのが12時過ぎ。

 サッとお風呂に入って、1時半には就寝。

◆こう考えると、昨日は22時間くらい活動していたんだなぁって(笑)。

 ただ、

 朝に自分がやっておくべきことを終わらせておいたので、

 夜はプライベートに使って大丈夫な1日でした!

 逆算して3時半起きにしたんです。

 「最も大事な仕事を朝一でやる。」

 とおっしゃられていた経営者の方もいましたが、

 まさに私もその考えに大賛成です。

 朝型生活はお薦めですよ♪

◆さて、昨日は「脳内化学反応を起こせ!」というテーマで、

 意識すれば様々なアプローチが可能になることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆「認知的不協和」

 という言葉をご存知でしょうか?

 ・

 インターネットで調べてみると、

 「人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態、

 またそのときに覚える不快感を表す社会心理学用語」

 という説明が出てきました☆

 ちょっとわかりにくい表現でしょうか。

 簡単に言うと、

 ・

 【思いと行動が一致しないと人間は不快感を感じる】

 ・

 ということです。

 その不快感を回避するために、思いや行動をねじ曲げて、

 思いと行動を無理やり一致させがちなのだそうです。

◆一番わかりやすい例として、

 イソップ物語の

 『狐と葡萄』

 が挙げられます☆

 どんな話かと言えば、

 ・

 「キツネが、たわわに実ったおいしそうなブドウを見つける。

  食べようとして跳び上がるが、ブドウはみな高い所にあり、届かない。

  何度跳んでも届かず、キツネは怒りと悔しさで、

  「どうせこんなブドウは、すっぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか。」

  と捨て台詞を残して去る。」

 ・

 というものです。

 知ってましたか?

◆この話では、

 取れないブドウに対する憧れを、

 無理やり“まずい”と思いこむことによって、

 手に入らないことを正当化しているというものです。

 これはイソップ物語の寓話ですが、

 似たようなことは私たちも体験しています。

◆例えば、

 成功している人を見て、

 「あんなに忙しくしてまで成功したくないなぁ。」

 と不憫に思うかもしれません。

 でも、

 実は成功する憧れの裏返しであることが多いですよね。

 ・

 また、

 カワイイ犬を見て、

 「可愛いけど、ペットは世話が大変だからね。」

 とあきらめた経験はないでしょうか。

 でも、

 本当は犬が飼えない環境の負け惜しみであったりします。

◆今回は、この

 「認知的不協和」

 をテーマにしてお伝えしていきますね。

 明日に続けます♪

◆今日は、「認知的不協和を積極的に活用する!」というテーマで、

 認知的不協和とは何かについてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

☆あらゆる方法で脳に刺激を注入する!☆

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:「心の自由」を手に入れる技術(棚田克彦)】

「心の自由」を手に入れる技術 「心の自由」を手に入れる技術

著者:棚田克彦
販売元:すばる舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔著書の肝〕

 「「メンタルフォーカス」「フィジオロジー」「言葉使い」

  この3つの組み合わせによって、私たちは自分の「感情を」

  コントロールすることが可能です。

  さらにもう1つ、ネガティブな感情をコントロールする3つの方法に加えて、

  根本治療とでも言うべき方法があります。

  それは、あなたの心を束縛している目には見えない鎖

  「ビリーフ」からあなたの心を解放し、心の本来のあるべき姿、

  心の自由と健康を取り戻す方法です。」

◆著書は、

 「ビリーフ」「メンタルフォーカス」「フィジオロジー」「言葉使い」

 の4つに分けて、心の自由を取り戻す方法を解説しています。

 NLPの応用によって書かれた本ですが、

 全くNLPを知らなくても、入っていきやすいと思います☆

 実は、

 この内容と同じような内容のセミナーを2日間かけて受けたことがあるので、

 私としては非常にわかりやすかったですし、復習になりました。

 ちょっと時間が経つと、意識から抜けてたこともありましたし(汗)。

 ・

 ‘なんかいつもモヤモヤしている’

 ‘どうも人間関係がうまくいかない’

 ‘セルフイメージを高めることができない’

 のようなことを思われる節があれば、この本はお薦めですね♪

◆さて、一昨日は「脳内化学反応を起こせ!」というテーマで、

 本で「時間」も「お金」も「経験」も「知識」も買えることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆一昨日までは、本を乱読することによって、

 様々なジャンルの知識や著者の経験等を得ることができ、

 結果的に脳内化学反応が起きやすいということをお伝えしました。

 今日は、

 他のアプローチをお伝えしていきます。

◆今回のテーマにもあるとおり、

 目的は「脳内化学反応を起こすこと」です。

 つまり、

 ヒラメキを作り出すことですね☆

 ・

 ただ言われたことを言われるがままに作業する毎日、

 常に似たようなことを考え、悩み続ける毎日、

 ‘同じことの繰り返しだなぁ’と感じながら生活する毎日。

 そんな毎日と決別し、

 新しいことにチャレンジするきっかけとなるのが脳内化学反応です!

◆例えば、友人から

 「今度~~なことを始めようと思うんだけど、どう思う?」

 と相談された時に、

 ‘自分だったら、はじめに○○をして、その後に△△に取り組むな。’

 と思うこともヒラメキの1つでしょう。

 ・

 あるセミナーに参加して、

 ‘あの講演者の意見のこの部分を自分に当てはめると面白いかも!’

 と感じるのもヒラメキの1つでしょう。

 ・

 意識してテレビを見ていると、

 ‘最近はこのジャンルのニーズが高いんだなぁ。’

 とピンと来るのもまたヒラメキの1つでしょう。

◆このような行動は果たして特殊でしょうか?

 意識しないとできない行動でしょうか?

 そんなことはありませんよね。

 何も意識をしなくても、日常的に誰もがしている行動です☆

 ・

 人と会って話をすること、

 講演会やセミナーに参加すること、

 テレビを見たり、雑誌を読んだりすること………

 こんな当たり前のことでも脳内化学反応を起こす

 大きなきっかけになりえます!

 ただ、

 【意識するか、しないか】

 ここが大きな分かれ目です。

◆人と会話している時のメリットとして、

 自分が聞きたいこと、興味があることに対し、

 その場でアプローチをかけることができるというメリットがあります。

 つまり、

 脳内化学反応を感じたら、その場でどんどん突っ込んでいけるのです。

 ‘あっ、そのアイディア面白いかも。でも、何から始めればいいんだ?’

 と思ったら、

 「こういうアイディアがあるとしたら、何から始めたらいいと思う?」

 ってその場で聞けるんです。

 だって、会話してるんですから。

◆そのような繰り返しによって、

 パッとした一瞬のヒラメキだったものが、

 明確な形を帯びてくるようになります。

 それをメモするなり、アウトプットするなりして、

 自分の行動に落とし込んでいく。

 そんなプロセスで新たな行動は生まれていくのではないでしょうか。

◆講演会やセミナーであれば、

 終始一貫して共通したテーマで話されるわけですから、

 アイディアが数珠つなぎのように連鎖していくメリットがあります。

 テレビや雑誌であれば、繰り返し見ることができ、

 潜在意識に落とし込んでいくことが可能となるメリットがあります。

 (テレビは録画しておく必要がありますが)

◆まとめてみると、

 ・

 【ヒラメキを意識することによって、

  様々な行動が脳内化学反応へつながるアプローチになる】

 ・

 ということをお伝えしたかったということになります。

 今まで誰もやっていなかった組み合わせが生まれるかもしれません。

 「演劇と心理学」、「サッカーとマーケティング」、「カレー作りと人間関係」など、

 どこでどんなヒラメキがあるか予測できません(例は適当です)。

 予測できないからこそ、面白いんですよね!

◆よって、

 同じことをただ繰り返す毎日ではなく、

  ◎昨日とは違う道を通ってみる

  ◎いつもは会わない人に会ってみる、電話してみる

  ◎ふだん読まないジャンルの本を読んでみる

  ◎今まで行ったことのない場所を訪れてみる

 そんなちょっとした生活の変化を意識してみることも必要ではないでしょうか。

 ・

 何かの参考になれば幸いです。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

◆今日は、「脳内化学反応を起こせ!」というテーマで、

 意識すれば様々なアプローチが可能になることをお伝えしました。

 明日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「カレー屋巡り」と「しそホッピー」と「新ビジネス」☆

◆今日は、いつものような更新ができません。

 理由は後ほど。

◆昨日は、ランチにカレー屋巡り第1弾を実行してきました。

 お店は、

 『FISH』。

 ⇒ http://r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13015315/dtlrvwlst/1240775/

 六本木のアークヒルズに入ってます☆

 食べたカレーが、

100310_1207_0001

 チキンカレー(大盛り)。

 ランチで100円引きだったので、870円でした。

◆なんか少し焦がしてる気がしたのは私だけでしょうか。

 焦げがところどころに見え隠れし、

 カレー本来の風味を消していたような気がします。

 それともあれがスパイスの風味なのでしょうか。

 全くわかりません(苦笑)。

 ・

 ただ、

 チキンはほどよく弾力があり、

 ハーブ系のスパイスの風味を感じました。

 それなりに辛いのですが、食べた印象は甘さもあります。

◆付け合わせのオニオンスライスの酢漬けが

 口直しになってイイ感じです。

 もう一度焦げてない時に(笑)、食べに行ってこようと思います♪

◆夜は、飲みました。

 そこで初めての飲み物に出会いました。

 その名も、

 『しそホッピー』。

100310_1819_0001

 普通のホッピーよりも瓶が細い。

 そして肝心の味は………

 ‘梅ソーダ!?’

 あまりお酒を飲んでいる感じはしません。

 お酒に強くない女性には良いかもしれませんね。

 私のリピートはないです(笑)。

◆帰宅後、お風呂で爆睡(泣)。

 すっかりふやけあがってしまいました。

 ハイ、起きれませんでした。

◆昨日、急遽新ビジネスの提案を受けました☆

 サクッと内容を見ただけですが、

 これが実現すれば、かなり面白いことになる予感はします。

 ・

 自分が一枚かむかどうかはわかりませんが、

 今朝はその内容確認と検証に時間を割いていました。

 新ビジネスの検証は、

 【緊急、かつ、重要なこと】

 にランク付けされていますので、

 今日はブログのまっとうな更新をあきらめました。

 ちなみにブログの更新は、

 【緊急でないけれど、重要なこと】

 にランク付けされています。

◆もし、今後ご紹介できることがあれば、

 このブログでも真っ先にお知らせいたしますので、

 お楽しみに。

 ありそうでなかったビジネスプランです☆

 早く概要をお伝えできればいいなぁと考えてます。

◆ということで、明日からはまた通常更新に戻ります。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「時間」と「お金」と「経験」と「知識」をまとめて買う!☆

◆労使交渉が大詰めを迎えてきました。

 いわゆる「春闘」ってやつですね!

 私も社会人になるまで、

 ‘本当に団体交渉とかやってるのかなぁ?’

 と疑問に思っていましたが、リアルにやってます☆

 スト権投票等も実施し、腕章まで付けたりしてます。

 過去に1回だけ時限ストの経験あります。

 小学校の社会で習った内容がそこにありました(笑)。

◆人事部門の担当になってからは、

 労働者側というよりも組織側の視点が強くなりました。

 交渉術とかシナリオとか………

 労働組合側では知りえなかった色々なことを間近で見てます。

 ・

 今日は腹固めの儀があります。

 明日が山場団交です。

 今年はどのラインで妥結するのか、

 組織側のねらいは果たされるのか、

 それとも交渉決裂でストに突入するのか……。

 あと1日目が離せません♪

◆さて、昨日は「脳内化学反応を起こせ!」というテーマで、

 1冊の本を読むことは、

 著者が読んだ100冊の本を読むことに等しいことをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、著書が読んだ100冊分の知識を、

 1冊の本を通して吸収するという喩えをしました。

 今日は、

 “得られるのは知識だけじゃないんだぜ!”

 っていう部分を、もう少し具体例を交えてお伝えしていきます。

 今の自分はルーやカレー粉を使わない

 カレー作りに興味があるので、そこを掘り下げていきます。

◆例えば、今こんな本を借りて眺めています。

おすすめ!小野員裕の絶品カレー食べ歩きガイド―東京・横浜&近郊編 おすすめ!小野員裕の絶品カレー食べ歩きガイド―東京・横浜&近郊編

著者:小野 員裕
販売元:スタジオDNA
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 文字通り、この本には関東近辺で

 著者がお薦めするカレー屋さんとそのカレーが網羅されています。

 ・

 富士見台「香菜軒」、

 麹町「アジャンタ」、

 立川「あちゃ」、

 中目黒「オレンジツリー」、

 神保町「カーマ」、

 東中野「カレーリーフ」、

 護国寺「コクリコ」、

 大神宮下「サールナート」、

 稲毛「シバ」、

 日暮里「ダージリン」、

 上野「デリー」、

 築地「中栄」、

 上板橋「ひまわり」、

 武蔵小金井「ぷーさん」、

 高田馬場「夢民」、

 神田「ボルツ」・・・

 ・

 こんな感じで70軒のお薦めのカレー店が紹介されています。

◆この本を作る過程を考えてみてください。

 まず、著者はこのお店を全て、

 自分の「時間」を使って訪れていますよね。

 そして、「お金」を払って(出版社のお金かもしれませんが)、

 カレーを食べる「経験」をするわけです。

 その経験・感想・店長への聞きこみが著者の「知識」となります。

 70軒を巡るというのは、

 それなりの負荷がかかるのは想像に難くありません。

 自分一人でやろうとすれば、けっこう大変です。

◆でも、私自身はそんな大変なことはしなくていいんです。

 なぜなら、

 それがまとまった本を眺めることができるから。

 「時間」も「お金」もかけず、

 「経験」や「知識」を得ることができるのです☆

 ものすごいメリットがあります!

 ・

 もちろん、自分が興味のあるお店は、

 自ら足を運べばよいだけですし、

 あらかじめ情報も得ているわけですから無駄足にもなりません。

◆これはカレーという枠での話でしたが、

 他の分野にも応用がきくのではないでしょうか。

 全て自分一人で「時間」や「お金」を投下して、

 「経験」や「知識」を得なくても、

 その代替のツールがあれば、十分な場合もあるわけです。

 それがどこにでも持ち運びができて、

 自由にいつでも見ることができて、

 集約されているという「本」が、

 個人的には脳内化学反応を起こすために、

 非常に便利なツールになっているというわけです。

◆図書館に行って棚の間を歩いていると、

 タイトルだけ眺めても、ビンビン刺激が入ってきます!

 めちゃくちゃ想像力をかきたてられるんですよね。

 しかも、

 何を借りても無料。

 ・・・・・最高です(笑)。

 図書館に行くたびに、脳内化学反応を実感してます。

 ・

 ということで、今日で本の括りを終えますね。

 明日は“本だけじゃないんだぜ!(笑)”ってのもお伝えします♪

◆今日は、「脳内化学反応を起こせ!」というテーマで、

 本で「時間」も「お金」も「経験」も「知識」も買えることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆本“100冊分の知識”を1日で得る方法☆

◆1冊の本を読み終えました。

 【今日の1冊:NLP子育て術(ダニエラ・ブリッケン)】

NLP子育て術―もっと幸せな育児8つのコツ NLP子育て術―もっと幸せな育児8つのコツ

著者:堀井 恵,ダニエラ ブリッケン
販売元:学研教育出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔著書の肝〕

 「私たちがまず最初に目指すべき良い親とは、

 心身ともに健全に毎日を送り、自らが幸せであることです。

 そうすれば、子どもは毎日を楽しく過ごすことができます。

 ただし、表面だけをとりつくろったところで、子どもには通用しません。

 子どもは親の感情や夫婦仲、家庭内の空気や雰囲気を

 感じ取る繊細なアンテナをもっています。

 親として、日常どのようにふるまい、どんな姿でいることが

 子どもの目に良いモデルと映るかを、常に考えましょう。

 そうすれば、親子がうまくつきあえ、

 お互いが成長することに目を向けることになります。」

◆この本は、翻訳版ということで、

 多少日本語の表現では伝わりづらい部分があるのは確かです。

 例えば、

 「あなた的伝え方」と「私的伝え方」。

 「Youメッセージ」と「Iメッセージ」のことですよね。

 こんな感じの表現がところどころ見られます(苦笑)。

 ・

 ただ、

 「自分自身と子どものリソースを信じる」

 「肯定的な言葉を使う」

 「しつけは自分の本当のアウトカムを描いてから」

 「子どもの肯定的意図を探って、満たす」

 「子どもとのラポール(信頼関係)を築く」

 「ストレスを見極め、自分のアンカリングを作って活用する」

 などの、読めばなにかしら心に引っかかる子育て術が、

 8つの章に分けて書かれています。

 子育てが全く分からないという親御さんには、

 良い入門書となるかもしれませんね☆

◆さて、昨日は「脳内化学反応を起こせ!」というテーマで、

 乱読の目的は脳内に化学反応を起こすことであるとお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日から「脳内化学反応」をテーマにしています。

 私の場合、最も効率よくヒラメキを生んでくれる作業が、

 本を読むことであるわけです。

 しかも、乱読。

 ・

 では、なぜ本を読むことが、

 脳内化学反応につながるのだと思いますか?

 今日はその部分をお伝えします☆

◆まず、これは9割以上の作家さんに当てはまると思うのですが、

 作家さんの多くは、

 作家さんである前に無類の読書家です!

 パッとあげるだけでも、

 ・

  ◎『ユダヤ人大富豪の教え』の本田健さん

  ◎『非常識な成功法則』の神田昌典さん

  ◎『仕事はかけ算』と平成・進化論でおなじみの鮒谷周史さん

  ◎ご存知勝間和代さん

  ◎レバレッジシリーズの本田直之さん

 ・

 などなど、挙げればキリがありません。

 講演や著書やメルマガを通して知る限りでも、

 尋常ではない数の本を読まれています!

 1ヶ月100冊とか当たり前のように言われています(汗)。

 あなたもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

◆作家さんは、自分達が本を書くという前に、

 人並み外れた読書家であることが少なくないわけです☆

 ・

 【作家 = 飛び抜けた読書家】

 ・

 まず、

 この前提を頭に入れてください。

 もちろん、

 「本なんて読まなくてもいいよ。」

 と言われる例外の方もいらっしゃいますけどね(笑)。

◆では、もし私たちが、1ヶ月で100冊の本を読もうとすれば、

 どれくらいの時間がかかるでしょうか?

 図書館や人に借りられる本にも限界があるはずなので、

 買わなくてはいけない本もあることでしょう。

 どれくらいのお金がかかるでしょうか?

 ちょっと想像できませんね。

 ・

 おそらく、

 膨大な時間とお金がかかることでしょう。

 他にもやらなければいけないことがあるとすれば、

 現実的には難しいかもしれません。

◆しかしながら、

 1ヶ月に1冊の本を読むことはどうでしょうか?

 現実的でしょうか。

 それとも、難しいでしょうか。

 ・

 今は活字離れが叫ばれていますが、

 1ヶ月という時間をかければ、1冊の本を読破することは、

 それほど困難な作業ではないと思います。

 通勤・通学、待ち合わせまでの隙間時間、お昼休み等を使えば、

 1ヶ月なんてかからずに読み終わってしまうことでしょう。

 速い人なら1日で読み終えてしまいます☆

◆仮にその1冊の本が、

 著者が1ヶ月に100冊の本を読んで、

 そのイイとこどりをした本だとすれば、

 あなたは“100冊分の知識(イイ部分)”を

 たった1冊の本を通して吸収することができているのです!

 これって、実はスゴクないですか(笑)?

 ・

 著者のフィルターがかかっているというデメリットはあります。

 ですが、

 そのデメリットをはるかに超えるメリットがあります。

 時間・コストを何百分の一に抑え、

 さらに余計な内容を省いて知識化できるのです☆

 ・

 「あなたが読んだ1冊の本 ≒ 著者が読んだ100冊分の知識」

 という式が成り立ちます。

 だから、本は面白いのです!!

 あなたも本が読みたくなってきませんか?

◆明日ももう少し、

 読書について熱く語らせて下さい(笑)。

◆今日は、「脳内化学反応を起こせ!」というテーマで、

 1冊の本を読むことは、

 著者が読んだ100冊の本を読むことに等しいことをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆1%の脳化学反応のために☆

◆昨日は、例の夏のカレー勝負に備えて、

 カレーを作りました☆

100307_1228_0001

 ルーやカレー粉を使わないカレーが板についてきた気がします。

 今回で5回目となりました。

 今回のカレーは、

 「チキンとほうれん草のカレー」

 です。

◆どうもスパイスだけを調合して入れても、

 香りはよくなるものの、本体の味があまりつきません。

 でも、ただ辛くするだけでも美味しくないので、

 色々なものを試してます。

 今回は甘みを増すものを入れてみました。

 まだ、インパクトが足りないものの、悪くはない感じです。

 夏までのカレー勝負にはまだ時間があるので、

 さらに色々試していきたいと思います。

 ・

 大人になってから、真剣に1つのことに向かって競うのって、

 面白いなぁと感じています。

 それぞれの個性が出ますしね☆

 ただ、

 負けず嫌いなので、絶対に勝ちにいきますけどね!

◆さて、昨日は「良い文書を書くための6つのコツ」というテーマで、

 残りの3つのコツをお伝えしました。

 「単純明快」「意外性」「具体的」「信頼性」「感情に訴えかける」「物語」

 という6つのコツでしたね。

 私も意識していきますよ。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆私は、比較的本を読む方だと自己認識しています。

 だいたい月に15冊~30冊くらいは読んでいるでしょうか。

 ジャンルは様々ですけどね。

 ・

 私の本の読み方は、

 「乱読」

 です。

 ただ、フォトリーディングや速読のような速さはありません。

 とにかく、自分が興味のそそられた本を読むようにしています。

 ですから、

 著者もジャンルも新旧も混在しています☆

◆‘どのように本を読んだら効率的か?’

 という疑問を持ったことがあります。

 その際に参考となったのが、

 ・

 【自分に合った読み方が最も効率的である】

 ・

 という見解でした。

 確かにそうだなと。

 1冊の本を精読した方が定着するという人もいれば、

 同じジャンルの本を読み続けた方が理解しやすいという人もいます。

 それぞれ全て正解なのでしょう。

 私も、

 「これを読め!」

 「本はこう読むべきだ!」

 と強制されて読まされたら、

 もしかしたら本が嫌いになったかもしれません。

◆本の読み方一つとっても、

 十人十色であることは間違いありません。

 ですので、

 今回のテーマとしてとりあげる読み方も、

 あくまで読み方の1つなんだととらえていただき、

 ‘そんな読み方もあるのか’

 くらいに受けとめていただければ幸いです♪

◆繰り返しになりますが、

 私の本の読み方は「乱読」です。

 決まった読み方がありません。

 自由です(笑)。

 東野圭吾さんや北村薫さんや湊かなえさんなどの好きな作家は、

 数冊・十数冊をまとめて短期間で読むこともありますし、

 全く共通点のないジャンルの本を、

 タイトルにつられて読むこともあります。

 ちなみに、最近のキーワードは「NLP」です。

 したがって、

 自分の中でこう読まなくてはいけないというルールはありません。

◆ただ、

 1つだけ意識していることがあります。

 それは、

 ・

 【脳内化学反応を起こせないか】

 ・

 と思っていることです。

 “ひらめき”のようなものですね。

 本を読んだことにより、

  ◎自分の中で新しいアイディアが生まれた

  ◎今まで解決できなかった問題の解決法がわかった

  ◎新たに興味を持つことやジャンルが見つかった

 などの脳内化学反応が起きていないか、

 チェックしています。

◆チェックにひっかかれば、携帯のメモ機能に素早く登録して、

 忘れないように残しておきます。

 もし、本の内容の99%が自分にとって無意味であっても、

 ・

 【たった1行・ワンフレーズでも、脳内化学反応が起こせる】

 ・

 のであれば、その本は私にとって非常に価値あるものとなるわけです。

 長くなりそうなので、明日に続けます♪

◆今日は、「脳内化学反応を起こせ!」というテーマで、

 乱読の目的は脳内に化学反応を起こすことであるとお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆良い文章を書くコツ その2☆

◆昨日、靴のをしていたら、

 履けない靴が出てきました。

 大き過ぎて履けないんです(泣)。

 でも、けっこう名の知れたブランドであったため、

 なんとなく今までとっておいてしまいました。

 ・

 そこで、

 昨日はちょっと時間に余裕があったため、

 オークションに出品しました☆

 久々の出品です。

◆オークションってトラブルだらけのイメージがありましたが、

 一定金額以上の商品を取引するためには(ヤフーでは5,000円)、

 身分証を提示した本人確認が必要なため、

 それなりに安心できる体制になっています。

 一度出品フォームを作っておいて、それをメモに落としておけば、

 あとは写真があれば割と手軽に出品できます。

 過去に10回ほど出品していますが、

 いずれも円滑な取引が成立しています。

 そして、私には不要となった品でも、

 落札者の方には必要だったようで、非常に喜んでもらえています。

 また、自分にとってもスペースが空いて、

 さらに多少のお金が入ってくるのはありがたい限りです。

 ・

 何事も最初の1歩が一番苦労しますが、

 やってしまえば

 『案ずるより産むが易し』

 なのだと思います。

 良い人に落としてもらえるといいなぁ♪

◆さて、昨日は「良い文書を書くための6つのコツ」というテーマで、

 前半3つのコツをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、良い文章を書くためのコツの

 後半戦をお伝えしていきます。

 前半戦は、

 「単純明快」「意外性」「具体的」でしたね☆

 さて、

 後半はどんな3つのコツが登場するでしょうか。

◆4つ目のコツです。

 4つ目のコツは、

 ・

 【4.信頼性があること】

 ・

 です。

 これは信用に足りる文章か否かの判断ですね。

◆たとえどれだけ良い文章が書けたとしても、

 その文章に全く信憑性がなければどうでしょうか?

 従来にはない新しい解釈を伝えようとしても、

 「と、私は考えている。」

 という締め方で何の根拠もなければ、

 その文章の価値は下がってしまうことでしょう。

◆文章を書いて人に想いを伝えて、

 かつ、それに納得してもらえるにこしたことはありません。

 そのためには、

 ・

  ◎事実

  ◎客観的なデータ

  ◎専門家・著名人の見解

  ◎第三者や顧客の声

 ・

 などをできるだけ加えた方がよいです。

 振り返ってみると、納得できる文章には、

 なんらかの信頼性を呼ぶ要素が含まれているはずです。

 これらの要素で信頼性が増すことにより、

 多くの人に納得してもらえる文章となります。

◆5つ目のコツです。

 5つ目のコツは、

 ・

 【5.感情に訴えかけること】

 ・

 です。

 キーワードは“共感”です。

◆人間には、

 「喜び」「楽しみ」「怒り」「悲しみ」「驚き」「嬉しさ」「落胆」「絶望」「幸福」など、

 多種多様の感情があります。

 書き手がそのような読み手の感情を

 積極的に引き出せる文章を意識して書くことにより、

 共感が得られやすくなります。

 ・

 例えば、

 「そのホテルマンの応対は、非常に良いものでした。」

 と、

 「そのホテルマンの応対に対し、

  私は今まで受けたホテルサービスのイメージを

  覆えされるほどの衝撃を受けるとともに、強烈な感動を覚えました。」

 という文章では、

 どちらの方がホテルマンの応対に興味を持ったでしょうか?

 どちらの方がよりあなたの感情を引き出したでしょうか?

 圧倒的に後者のはずです。

 ・

 感情に訴えかける文章構成を意識すると、

 より文章が生き生きとしたものになり、読み手の共感を得られます☆

◆最後のコツです。

 6つ目のコツは、

 ・

 【6.物語になっていること】

 ・

 です。

 これは全ての文章に対して当てはまるものではありませんが、

 できればその方が望ましいというコツです。

 キーワードは、“文章への入り込み”です。

◆心理学の世界でも、

 人に言いづらいことを言わなければいけない時に、

 「ストーリーテリング」

 という手法が用いられることがあります。

 これは、

 ストレートに言いづらいことを言うよりも、

 物語を語り、その中に言いづらいことを含める方が、

 直接伝えるよりも伝わりやすいらしいのです。

 (参考) ⇒ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20090527/330782/

◆話でも聞き手に響かせる物語性ですから、

 文章でも同様のことが言えます。

 文章を物語調にすることにより、読み手に文章に入ってもらい、

 心に響かせることができるのです。

 使える時には、ぜひ意識したいコツですね!

◆この6つのコツは、

 いつも全て盛り込めるわけではありませんが、

 意識して文章を書くことにより、

 全く意識しないよりもはるかに読み手に伝わりやすい文章になります!

 結果として、それが恒常化することにより、

 文章力の向上につながるのではないでしょうか。

 私も6つのコツを意識しながら、

 このブログを更新していこうと、決意を新たにしました。

◆今日は、「良い文書を書くための6つのコツ」というテーマで、

 残りの3つのコツをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えいたします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

☆良い文章を書くコツ その1☆

◆本を1冊読み終えました。

 【今日の1冊:ララピポ(奥田英朗)】

ララピポ (幻冬舎文庫) ララピポ (幻冬舎文庫)

著者:奥田 英朗
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この本ですが、通勤中に読むのに非常に苦労しました。

 なぜか?

 エッチな表現が満載だからです。

 官能小説かと思っちゃうくらい(苦笑)。

 近くの人の視線を感じると、全く読めなかったですね。

◆『空中ブランコ』や『イン・ザ・プール』もそうですが、

 著書の視点は独特です。

 この前に読んだ『マドンナ』でも、リアルなサラリーマンの生きざまを

 面白おかしく描いていましたが、この作品もキャラ設定がリアルです。

 6つの章の6人のキャラが少しずつ点と線で結ばれていくのは、

 読んでいて展開に興味をひかれましたね。

 学歴の高いフリーター、風俗のキャッチ、熟女AV女優、

 カラオケ屋の店員、官能小説家、デブ専テープリライター……

 キャラが濃い(笑)。

 何も考えずに気楽に読める作品です♪

◆さて、昨日は「良い文書を書くための6つのコツ」というテーマで、

 情報化社会においては、文章力が極めて重要であることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日から、良い文章を書くためのコツに

 入っていきたいと考えていますが、

 以前にかの有名な神田正典さんが、

 “もし、今全てを失って無一文になった時に、

  また復活するためには何が必要ですか?”

 というような質問に答えていらっしゃった時に、

 ・

 「コピーライティング力さえあれば問題ない。

  無一文になったって、紙とペンさえあれば、

  また復活することはできる!」

 ・

 という主旨のお答えをされていました☆

 コピーライティング力……

 つまり文章力が、今後ますます重要なスキルになっていくことを

 ひしひしと感じたのを思い出しました。

◆コツは全部で6つあります。

 では、早速1つ目のコツです!

 1つ目のコツは、

 ・

 【1.単純明快であること】

 ・

 です。

 文字どおりなので補足も不要かとは思いますが、

 少しだけ補足しておきますね。

 別の表現を使えば、

 「誰にでもわかる」ということでもよいかもしれませんね。

 したがって、

 一部の人しかわからない文章や

 特定の知識を持った人のみがわかる文章は望ましくないということです。

◆例えば、

 「エンゲル係数が高いほど、生活水準は低い。」

 と書かれるよりも、

 「生活に余裕がない家計ほど、食費の割合が高い。」

 と書いた方がわかりやすくないでしょうか?

 これは読み手への配慮とも考えられますね☆

 そもそも文章は、言いたいことが伝わらなければ意味がありません。

 望ましくは、

 小学生でも理解できる文章がいちばんよいのかもしれませんね。

 ・

 もちろん、時には専門用語を使わなくてはいけない時もあります。

 ただそれでも、

 “単純”かつ“明快”な文章を目指していくことは重要でしょう。

◆2つ目のコツです。

 2つ目のコツは、

 ・

 【2.意外性があること】

 ・

 です。

 これは、読み手が興味を持って、

 文章を読んでもらうことに対して意味を持ちます。

 誰しもが共通して知っていることを文章にしても、

 あらかじめみんな知っているのですから、特に興味はひかれませんよね。

 ですから、

 共通している知識を基盤にしつつも、

 要所で意外性を持たせると良い文章になります☆

◆例えば、

 「ネズミは小さいです。」

 と書かれれば、‘まぁそうだね。’で終わってしまいます。

 ところが、

 「ネズミは小さいです。

  特に世界最小と言われるコビトジャコウネズミは、

  体長3㎝ほどで500円玉くらいの大きさしかないんですよ。」

 と書かれれば、

 ‘へ~っ、そんな小さなネズミもいるんだね。’

 ってことで、興味を持たせることができます。

 共通知識を基盤にして、

 多少の意外性を織り交ぜると、文章は格段に良くなりますね。

◆3つ目のコツです。

 3つ目のコツは、

 ・

 【3.具体的であること】

 ・

 です。

 コツにもあるとおり(笑)、具体例で見てみましょう。

◆例えば、

 「今はかなり就職難の時代です。」

 と

 「厚生労働省の調査によると、今春卒業予定の大学生の

  就職内定率が73.1%で、前年同期を7.4ポイントも下回りました。

  2年連続で前年同期を下回り、1996年の調査開始以来過去最低です。

  さらに下げ幅も最大という過去に例を見ない就職難の時代です。」

 では、どちらが厳しい状況を具体的に伝えているでしょうか。

 もちろん後者ですよね。

 ・

 数量で表せるのに「かなり」「大変」「とても」「あまり」などを多用したり、

 抽象的な表現に特化してしまう文章は、

 読み手に伝わりづらい傾向があります。

 数字や固有名詞を入れたり、

 できる限り個別具体的な文章にできると良いですね☆

◆今日は、6つのコツの前半戦をお伝えしました。

 私も文章を書きつつ、グサグサ刺さってきました。

 ついつい、「かなり」や「とても」を安易に使ってしまいますからね(汗)。

 意識してみます!

 明日は残りの3つです。

◆今日は、「良い文書を書くための6つのコツ」というテーマで、

 前半3つのコツをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆模擬面接のお礼&良い文章を書く6つのコツ☆

◆先日、模擬面接をした学生さんから、

 こんなメールをいただきました☆

 ・

 「お久しぶりです。

 以前模擬面接を行っていただいた、

 ●●大学●●学部3年の△△△△です。

 先日は急なお願いにも関わらず、休日の朝早くから

 お時間を割いて頂き、本当に感謝しております。

 ●●●●●●さんですが、無事面接合格致しました。

 日曜日に連絡を頂き、すれ違いの末、

 本日ようやく合格の知らせを聞くことができました。

 自分ではすっかり合格した気でいまして、●●●●●●さんから

 連絡が来たら高橋さんに御礼のメールを差し上げようと

 思っておりました。

 高橋さんの御礼のご連絡が遅れてしまい、

 誠に申し訳ございません。

 人事さんは電話でべた褒めして下さったのですが、

 その言葉に甘んじることなく、次回の面接も気合を

 入れて頑張っていこうと思います。

 面接は明後日で、営業所の所長との面接だそうです。

 高橋さんには本当にお世話になりましたし、

 すごく頼りにしている存在です。

 また今後も状況をご連絡できればと思っております。

 ちなみに、他社の選考も順調に進んでおります。

 面接で落ち続けていましたが、ようやく慣れてきました。

 このまま波に乗っていければと思っています。

 では、長くなってしまいましたが、

 今後とも宜しくお願い致します。

◆メールをもらって、すごく嬉しかったですね!

 少しでも喜んでもらえる方がいるのであれば、

 やってて良かったなぁと心から感じます。

 引き続き、多くの学生さんをサポートしていくつもりです。

 ・

 【私ができる就職活動応援企画】

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

◆さて、昨日は「ディシジョンツリーによる意思決定」というテーマで、

 大きな意思決定をするためには、

 小さな意思決定を大切にする必要があることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆先日、勝間さんの本を読んでいた際に、

 「良い文章のコツ」

 という言葉が目につきました☆

 恥ずかしながら、私もほぼ毎日拙い文章を書かせていただいている身であり、

 また、一社会人としてもメールや企画書や報告書などで、

 文章を書く機会は少なくありません。

 そのため、

 ‘少しでも多くの人に伝わるわかりやすい文章が書きたいなぁ。’

 という想いは日増しに強くなっています。

 文章力を高めていきたいと痛切に感じる場面も多いですし、

 そのために何ができるか考えている日々です。

 これを読んでくださる方々の中にも、

 同じような想いを持たれている方がいるのではないでしょうか。

◆【どんどん文章を書き続けること】

 も文章力を高める1つの手段でありましょう。

 また、

 【良質な文章に触れる(読む)こと】

 も同じく文章力を高める手段となるはずです。

 そのような考えのもと、

 ほぼ毎日ブログの更新をさせていただき、

 時間を見つけては本を読んでいるという次第です♪

 ‘それで、このレベルの文章か……。’

 と落胆されるのは、重々承知のうえで書いております(苦笑)。

 このレベルだからこそ、努力しているのです。

◆では、そのような日々の積み重ねとともに、

 実際に書き記す文章において

 ・

 【良い文章にするための6つのコツ】

 ・

 があるようなので、

 それを今回のテーマとさせていただきます。

◆繰り返しになりますが、

 情報化社会を生きる私達においては、

 文章力は極めて強力なスキルとなっています。

 ・

 例えば、

 インターネットが普及する以前は、

 メールがありませんでしたので、直接面談や電話等を介して、

 話力がより求められている時代であったと言えます。

 (もちろん、今でも求められるスキルであることには違いありません)

 しかし、

 今はちょっとした伝達事項から重要な取引条件まで、

 メールで行われることが多くあります。

 わかりにくい・伝わりにくい文章を書いてしまうことによって、

 取引や折衝に甚大な影響が生じる可能性すらあるのです☆

◆明日からは、

 “良い文書を書くための6つのコツ”

 をお伝えしていくことにいたします。

◆今日は、「良い文書を書くための6つのコツ」というテーマで、

 情報化社会においては、文章力が極めて重要であることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆【800回更新達成】&小さなことからコツコツと☆

◆今日でこのブログは、

 【800回目】

 の更新となりました☆

 毎日休むことなく更新したとしても、

 もう2年以上も続いている計算になるんですね。

 まぁ、実際は平成20年8月から書き始めたはずなので、

 2年半以上の期間が経ってるんですけどね(苦笑)。

 やっぱり、『継続は力なり』という言葉の真実味を強く感じます。

 これからも鋭意更新していきますので、

 応援していただければ嬉しいです♪

◆経営陣が様変わりしてから革新的になっているロッテリアが、

 また今までにないインパクトのあるキャンペーンを、

 期間限定で始めました。

 ご存知ですか?

 その名も、

 「エビとも割」。

 ・

 3月4日~7日までの期間、

 友人や家族、恋人などの同伴者と店舗を訪れ、

 『エビバーガー』を注文すると、2人で2個頼んでも、

 5人で5個頼んでも値段は1個分の290円となります。

 特典は1人1日1回まで。

 つまり、

 1回の利用で最大4個までエビバーガーが無料になるというもの。

 スゴイ企画です☆

 ⇒ http://www.lotteria.jp/topics/2010/topics03040000.html

◆ただ、

 この企画は既にmixiのニュースでも取り上げられ、

 かなりの反響を受けていますし、

 広告宣伝費とイメージ刷込費用と考えれば、

 意外とコスパフォーマンスはよいかもしれません。

 いずれにせよ、ロッテリアというブランドが、

 大きく変化しているのは事実です。

 ・

 小さなキャンペーンとそれまでの基盤・イメージで固めるマクドナルド、

 消費者へのインパクトを強め、イメージ戦略を図るロッテリア、

 味とブランドへのこだわりで独自路線を強めるモスバーガー、

 ハンバーガー業界の競争も視点を変えると面白いですよ♪

◆さて、昨日は「ディシジョンツリーによる意思決定」というテーマで、

 私たちが英語を話せない理由をお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、英語を例に出して、

 同じ期間勉強していても、

 英語を話せるようになる人と話せない人がいるのには、

 英語を話せるようになるための意思決定をしているか否かの

 差であることをお伝えしました。

 今日はこのテーマをまとめます☆

◆何か大きなことをやろう、しようと考えても、

 それは「ディシジョンツリー」でいうところの

 一番進んだ部分にあります。

 一足飛びに、その部分にたどり着くことはできません。

 そこにたどり着くまでには、

 数多くの意思決定点を通過し、その都度自分のゴールに向かうための、

 正しい決定(選択)をする必要があります。

◆例えば、

 アメリカに行くのであれば、

 気がついたらアメリカにいるということはありませんので、

 「パスポートを取る」

 「旅費を作る」

 「アメリカについて調べる」

 というような意思決定をする必要があります。

 また、その下に細かな意思決定があり、

 「どこでパスポートを取るか調べる」「必要書類をそろえる」

 「アルバイトをする」「貯金を崩す」

 「アメリカに詳しい人に聞く」「図書館で本を借りる」

 などの意思決定があります。

 そのような小さな意思決定を積み重ねた結果、

 はれて“アメリカに行く”という大きな意思決定が、

 成果・行動となって目の前に現れるというわけです。

◆この「ディシジョンツリー」の考え方がわかれば、

 まず大きなゴールや目標を設定することの大切さ・重要性、

 そして決めた目的物に向けて、

 小さな選択もおろそかにしてはいけないという心がまえができるはずです。

 西川きよしさんも言われています。

 ・

 【小さなことからコツコツと】

 ・

 言わんとする主旨は違うのだと思いますが(笑)、

 内容としては重なる部分が多いですね。

 ほんの些細な選択が、後の明暗を分けることは、

 あなたの経験でもあるのではないでしょうか?

 たった1点足りなくても不合格……

 あの時勇気を出して声をかけていれば……

 思い切ってチャレンジしていれば……

 なんて、よぎりませんか?

◆私達は、ゴールや目標に直結する選択は重視しますが、

 そこから遠く離れた決定・選択はないがしろにしがちです。

 しかしながら、

 本当に重視すべきなのは、

 実は目の前の些細な決定なのではないでしょうか。

◆『ハインリッヒの法則』と呼ばれる法則があります。

 「1件の重大な事故・災害の背景には、29件の軽微な事故・災害があり、

  さらにその背景には300件のヒヤリ・ハッとした災害が起こっていた。」

 というものです。

 あなたは、何を感じますか?

 ・

 これで今回のテーマを一区切りにいたします。

 今回テーマとしたディシジョンツリーの考え方が、

 あなたの生活に少しでもプラスになれば幸いです。

◆今日は、「ディシジョンツリーによる意思決定」というテーマで、

 大きな意思決定をするためには、

 小さな意思決定を大切にする必要があることをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとします。

 明日からは、また新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆あなたが英語を話せない理由☆

◆昨日は、大学時代のサークルの後輩2人と飲みました。

 7時から………11時まで(苦笑)。

 おかげさまで久々に寝不足です。

 【今日のお店:赤坂 海千】

 ⇒ http://r.gnavi.co.jp/g311207/

 「飲み放題 時間無制限」には、本当にお世話になってます☆

◆1人は約1年ぶりくらいですが、

 もう1人は約6~7年ぶりくらい!?

 外見はあまり変わっていませんでしたが、

 話す内容が社会人っぽくなっていました。

 何か生産的な話ができないかと思いましたが、

 パッと行動に移せるものは難しいかなと感じました。

 ただ、

 色々なアイディアは出てきましたし、

 本当に実行したらそこそこいける案もありました。

 後は、行動次第ですね。

◆どんなに久しぶりでも違和感なく時間を過ごせるのは、

 学生時代のバックグラウンドがあるからだと思います。

 同じ時間・場所・仲間を共有してますからね。

 貴重な後輩だと思うので、

 何か一緒にできないか、引き続き練っていきます♪

◆さて、昨日は「ディシジョンツリーによる意思決定」というテーマで、

 ディシジョンツリーの最先端に、今の自分がいることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、喩え話としてお伝えします。

 仮にあなたがどんなに英語ペラペラだとしても、

 英語を話せないという前提で読み進めてください。

 事実、英語を話せないとすれば、

 ありのままの姿で読み進めてください。

◆多くの方が、中学校で初めて英語を学び始めます。

 それまでは、塾や家庭教師に行かない限りは、

 なかなか英語を学べる機会というのは少ないでしょう。

 多くの人が初めて中学校で英語を学び始めるにもかかわらず、

 大学卒業時点で英語の習得レベルには大きな開きが生まれます。

 ある人はネイティブかと思わせるほど、流暢に英語を話します。

 またある人は、“L”と“R”の発音を区別できないほど、

 英語が苦手になってしまいます。

 あなたも英語をちゃんと学んだにもかかわらず、

 英語を思うように話すことができません。

 なぜこの差は生まれるのでしょうか?

 ディシジョンツリーで考えてみましょう☆

◆人生には、英語を話せるようになるための、

 「意思決定点」が数多く存在します。

 ・

 1.英語の授業で“th”の発音をマスターした・しなかった

 2.留学やホームステイをやろうとすればできたが調べた・調べなかった

 3.外国人と話す機会があった時に、積極的に話した・話さなかった

 4.英会話スクールを見かけたが資料をもらった・もらわなかった

 5.英語を学べるコミュニティーがあるのを知ったが、入った・入らなかった

 6.ラジオ英会話を知ったが、教材を買った・買わなかった

 7.英語を学べる教材を知ったが、評判を聞いた・聞かなかった

 8.洋画を字幕なしで観ることもできたが、字幕を付けた・付けなかった

 9.一心不乱に英語を学ぶこともできたが、学んだ・学ばなかった

 10.英検やTOEICに向けて、勉強した・しなかった

 ・

 これはほんの一例です。

 あなたはどんな意思決定をしていたでしょうか?

◆この選択の先に、

 「毎日学んだ・学ばなかった」

 「通学時に聞いた・聞かなかった」

 「外国人の友達を作った・作らなかった」

 など、さらに細かく枝分かれしていきます。

 昨日の、ディシジョンツリーの図をイメージしてくださいね。

◆英語をペラペラ話せる人とあなたの差は、

 その小さな意思決定点ごとに、

 ・

 【英語を話せるようになる決定をしているか、していないか】

 ・

 の差によるものがほとんどです。

 英語を話せる人は、

 どこかで英語を話せるようになるための決定をし、

 さらにその先の意思決定点でも同じように選んでいるのです☆

 一方のあなたは、

 最初の意思決定点かもしれませんし、

 その先の意思決定点かもしれませんが、

 どこかで英語を話せなくてもよいに流れる決定をしているのです。

◆それぞれの意思決定点は小さなものです。

 ただ、

 その小さな意思決定の連続で、

 最終的には大きな意思決定がされているのです。

 ・

 英語………話せるといいですよね(羨望)。

 英語を話せるようになるのには、

 タイミングが遅いということはありません。

 今から、英語を話せるようになる意思決定をしていけばよいのです!

 あなたはどう思いますか?

 (まずは、‘英語を話したい’という気持ちが先でしょうけどね)

◆今日は、「ディシジョンツリーによる意思決定」というテーマで、

 私たちが英語を話せない理由をお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆あなたの“決断の木”はどこに向かっていますか?☆

◆昨日は、必要書類が一通りそろった感があったので、

 宅地建物取引主任者の登録申請に行ってきました。

 行先は「東京都庁」です!

 この年にして、初めて都庁を訪れました。

 すげ~、立派なビルですね。

 (でも、エレベーターはめっちゃ遅い(汗))

◆第二庁舎に申請場所があったので、

 第一庁舎から抜けていったのですが、

 なんとなく空間に圧倒されちゃいました。

100301_1206_0001

 この歩いている場所が、実は2階です。

 その上の渡り通路は3階ってことになりますね。

 不思議な感じでした☆

◆恥ずかしながら、庁舎内で方向を見失い、

 迷ってしまいました(苦笑)。

 それくらい広くて、大きいです。

 ‘変形してロボットになったらすごいなぁ。’

 など、おバカな想像を膨らませながら、帰路につきました。

 ・

 ちなみに、申請の審査には30日くらいかかり、

 その後登録証が欲しい場合は、別途4,500円払ってもらうらしいです。

 既に昨日登録料で37,000円払っているのに……けっこうお金かかります(汗)。

◆さて、昨日は「“アゲマン”と“サゲマン”の真実」というテーマで、

 “笑顔・明るさ・前向きな言葉”と“動機づけ”が

 残り2つの要素であることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆以前に“人生のビデオ”という切り口で、

 似た内容のテーマを書いたことがあります。

 しかし、

 つい最近勝間和代さんの著書を読んでいた中で

 もう少し論理的にお伝えできる言葉を知ることができたので、

 その言葉を自分に定着させるためにも、

 今回テーマとして設定してみたいと考えています☆

◆言わんとしていることは、

 ・

 【人生は決断の連続であり、その決断により人生が決まる】

 ・

 という主旨です。

 聞いたことがあるかもしれませんが、

 知ってるだけで終わってしまっているかもしれません。

 「知っている」で満足するのではなく、

 「やっている」「できている」レベルに昇華していく必要がありますね♪

◆今回、私が新たに知った言葉は、

 「ディシジョンツリー」

 という言葉です。

 ご存知でしたか?

 ・

 インターネットで調べてみると、

 MBAなどの経営理論で問題解決の手法の1つとして、

 広く知られているようです(全然知らなかったですけど)。

◆ディシジョンツリーをイメージするとすれば、

 「樹形図」

 です。

 点と線を使って何通りにも枝分かれしながら、

 進んでいく図形です。

 樹形図において、分岐する点が、

 ディシジョンツリーで言うところの

 “意思決定点”

 と言われるものに当たります。

◆例えば、

                             つける

                           /

             起きる-テレビをつける

           /              \ つけない

  朝7時に起きる                  

           \                 / 寝ない

             起きない-ギリギリまで寝る

                             \

                                寝る

 という感じで分岐していきます☆

 (携帯で読んでると、わけわからないかもしれませんね(汗))。

◆でも、

 あなたの人生は、全てあなたの選択(決断)によって

 決められてきているのです。

 あなたが英語を話せるのも、話せないのも、

 今の会社で働いているのも、今は働いていないのも、

 あなたを応援してくれる友人がいるのも、いないのも、

 こうして私のブログを読んでくださるのも………

 【全てはあなたの決断によるもの】

 にほかなりません。

◆そうだとすれば、

 今のあなたは、膨大な意思決定点を通過してきた

 あなたのディシジョンツリーの最先端にいるわけです☆

 わかりますよね?

 ・

 では、それを踏まえたうえで、

 あなたのディシジョンツリーはどこへ向かっていますか?

 あなたの望む方向へ分岐を進めていますか?

 そこら辺を含めて、明日に続けますね。

◆今日は、「ディシジョンツリーによる意思決定」というテーマで、

 ディシジョンツリーの最先端に、今の自分がいることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“アゲマン”の要素 その2☆

◆確定申告をしてきました。

 とは言っても、郵送なので、

 窓口で書類出して云々という手続きはなく、あまり実感もないのですが。

 ・

 今年で2回目の確定申告ですが、

 今年から青色申告にしました。

 簡易簿記でも10万円の控除が得られるからです☆

 ちょっとした記入書類は増えたものの、

 あれだけで良かったのだろうかと、いまいち確信が持てません(泣)。

◆とりあえずもう出してしまいましたし、

 今年は控除を使った結果、申告すべき所得が「0」になりましたので、

 細かいことを追求されるような気もしませんので、

 おそらく大丈夫でしょう!

 1つスッキリしました♪

◆昨日は、「“アゲマン”と“サゲマン”の真実」というテーマで、

 アゲマン要素として「褒め上手」と「機転がきく」という要素をお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日に引き続き、

 “アゲマン”女性を構成する要素について探求していきます。

 残り2つの要素でしたね。

◆3つ目の要素として私が挙げるのは、

 ・

 【笑顔・明るさ・前向きな言葉(姿勢)】

 ・

 です。

 ‘1つの要素と言いつつ、いくつも入ってるじゃん!’

 という耳の痛いツッコミはさておき、

 共通して言えるのは、

 “男性に元気をくれる”

 という点です。

◆それぞれ男性側からすれば元気をもらえる要素です。

 表情から元気をもらえる男性もいれば、

 立ち居振る舞いから元気をもらえる男性もいます。

 また、直接言葉から元気をもらえる男性がいるのも事実です。

 他にもたくさんあるとは思いますが、

 私の中で代表的なものを3つ含めておきました☆

 ・

 仕事で失敗してしまったとしても、

 女性から“元気”をもらえることができれば、

 ‘よし、また明日から気合入れていこう!’

 と変わるものです。

 男性に元気を与えられるというのは、

 アゲマン要素がかなり強力だと考えられます。

 「一緒にいて元気になれる女性」

 というのは、非常に魅力的ですね♪

 「一緒にいて疲れちゃう女性」

 というのは………まぁ、ノーコメントです(苦笑)。

◆最後となりますが、4つ目の要素です。

 4つ目の要素は、

 ・

 【動機づけ(モチベーションの維持)】

 ・

 です。

 ちょっとわかりづらいかもしれませんね。

 もう少しくだけた表現にするとすれば、

 “コイツのためなら頑張れると思わせてくれる”

 というイメージです☆

 運気を上昇させる動機となりうるかという点です。

◆男性は、自分だけのことを考えるだけなら、

 そこまでバリバリ仕事やビジネスに励むことは多くありません。

 バリバリやっていくには、「理由」が必要なのです。

 それは、

 家族のためだったり、

 組織のためだったり、

 社会貢献のためだったりするわけです。

 その1つのカテゴリーにして、

 最大・最強なものが

 “好きな異性のため”

 ではないかと私は考えています☆

◆「タイタニック」しかり、

 「天空の城ラピュタ」しかり、

 「ルパン三世」しかり(って、アニメ多いな(汗))、

 男なんて好きな女性のためなら、

 普段できないようなことができてしまうものなんです。

 それくらい強力な動機づけ(モチベーション)となります。

◆したがって、

 相手にとっての動機づけとなるくらい、

 【大切に想われる存在】

 に自分自身に魅力をつけ、進化し続けることが必要なのではないでしょうか。

 ただし、

 依存ではなく、あくまでも“支え合い”が基本ですからね。

 そこは誤解なきように。

◆ということで、

 今回はアゲマン女性となるための要素として、

 “褒め上手”、“機転がきく”、“笑顔・明るさ・前向きな言葉”、“動機づけ”

 という4つの要素をお伝えしました☆

 裏を返せば、この4つが全く満たせていない女性は、

 男性にとってサゲマン女性かもしれませんね。

 あなたはどう思いますか?

 ・

 あまり日常的には使われないですが、

 アゲマン・サゲマンの男性版もあるのかなぁ……?

 まぁ、確実にありますよね(笑)。

 機を見て、探求できたらいいですね♪

◆今日は、「“アゲマン”と“サゲマン”の真実」というテーマで、

 “笑顔・明るさ・前向きな言葉”と“動機づけ”が

 残り2つの要素であることをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えいたします。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第3位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »