« ☆“認知的不協和”を活用する☆ | トップページ | ☆“感情”と“行動”のサイクル☆ »

☆【特別編】『こしの極』PR☆

◆この更新は特別編として更新します。

 ブログスカウトからの掲載依頼に参加しています☆

◆今回実際に調理したのは、

 永谷園さんから新発売となった

 『こしの極』

 です。

 ⇒  http://www.koohoo.jp/acs/nagatanien/920.php

 そば、そうめん、ざるうどんの3種類のラインナップで発売されました。

◆普段乾麺は、休日のランチに食べることが多いです。

 手早く調理できるのが便利ですよね!

 しかも、賞味期限も長いので、

 買い出しに行くのが面倒な時のために備えておくことが多いです。

 私はパッケージに書かれている時間よりも、

 ほんの少し短めにゆでて、髪の毛一本分くらい残る固さが理想です。

 パスタでいうアルデンテってやつですかね♪

◆ただ、乾麺はゆであがるとすぐにのびてしまう傾向があり、

 ちょっと難点でした。

 のびると麺の醍醐味のこしがなくなっちゃうんですよね。

 そこが乾麺のデメリットと言えばデメリットでした。

 ・

 今回は商品名にもあるように

 “麺のこし”

 に期待していました。

 自宅でもこしのある麺が手軽に食べられるとよいですよね♪

◆ということで、早速スーパーへ走り買ってきました!

100313_1153_0002

 「こしの極 ざるうどん」を購入してきました。

 180円くらいで購入しました☆

◆普通にゆでてツケ麺でも食べますが、

 少しアレンジしようと思いました。

100313_1153_0001

 材料は、

  ◎こしの極 ざるうどん

  ◎豚肉の味噌漬け

  ◎ニンジン

  ◎もやし

  ◎長ネギ

  ◎温泉卵

  ◎かつおぶし

  ◎焼き肉のタレ

  ◎味塩コショウ

  ◎サラダ油

 です。

◆作り方

 1.「こしの極 ざるうどん」は、多めの熱湯で7分ゆでる

 2.あらかじめ豚肉、ニンジン、長ネギは、適当な大きさに切る

 3.小さじ1杯のサラダ油をフライパンで熱し、ニンジンを炒める

 4.ニンジンに火が通ったら豚肉を入れて、さらに炒める

 5.長ネギ、もやしを加えて炒め、味塩コショウを少々ふる

 6.ゆであがった「こしの極」を入れ、焼き肉のタレで味をととのえる

 7.皿に盛り、温泉卵を中心に落とし、最後にかつおぶしをかける

100313_1231_0002

 完成!

 韓国風焼うどんのようなイメージです。

◆シンプルなツケ麺も用意しました。

100313_1231_0001

◆肝心の味の感想ですが、美味しいです!

 アレンジしといてなんですが、

 ツケ麺でシンプルに食べた方が美味しかったです(笑)。

 また、今までの乾麺よりも時間が経ってものびない!

 これにはちょっと驚きました☆

◆太さはうどんというりよりも、ひやむぎのような太さです。

 ゆであげてもそんなに太くはなりませんでした。

 細打ちというだけあります。

 ・

 ですので、

 こしというこしは……やはりお店のうどんには敵わないかなと。

 ただ、従来の乾麺よりはだいぶ美味しくなっている気がします!

 もっちりした食感が味わえます。

 やりますね、永谷園さん♪

◆いつでも食べられる非常食としておいておける

 乾麺としての美味しさから考えると、

 コストパフォーマンスは良いと思います☆

 次はそばにチャレンジしようかな。

 「こしの極 そば」と「こしの極 そうめん」も新発売です☆

◆ということで、特別編として更新してみました。

 では、また明日!

|

« ☆“認知的不協和”を活用する☆ | トップページ | ☆“感情”と“行動”のサイクル☆ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/33754959

この記事へのトラックバック一覧です: ☆【特別編】『こしの極』PR☆:

« ☆“認知的不協和”を活用する☆ | トップページ | ☆“感情”と“行動”のサイクル☆ »