« ☆新人にまずはじめに教えたいこと☆ | トップページ | ☆魚をあげるよりも、魚の釣り方を教える!☆ »

☆記録のメリットは「定着」と「リンク」にあり☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:真夜中のマーチ(奥田英朗)】

真夜中のマーチ (集英社文庫) 真夜中のマーチ (集英社文庫)

著者:奥田 英朗
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔あらすじ〕

 「自称青年実業家のヨコケンこと横山健司は、仕込んだパーティーで

 三田総一郎と出会う。財閥の御曹司かと思いきや、単なる商社のだめ社員だった

 ミタゾウとヨコケンは、わけありの現金強奪をもくろむが、謎の美女クロチェに

 邪魔されてしまう。それぞれの思惑を抱えて手を組んだ3人は、美術詐欺のアガリ、

 10億円をターゲットに完全犯罪を目指す!が・・・・!?」

◆サラッと読めてしまいます。

 スナック感覚の小説というか、

 食べだすと止まらない感じですね。

 著者の作品は、

 『空中ブランコ』『イン・ザ・プール』『マドンナ』『ララピポ』

 と読んできましたが、どのジャンルにも属さない軽快な作品です☆

 著者の文才の幅広さに驚かされます。

 ‘映像化されたら面白いのになぁ。’

 と感じていましたが、もう映像化されてました(笑)。

 さすが、良い作品には目がつけられますね。

 面白いです!!

◆さて、昨日は「初期の人材育成論」というテーマで、

 知らないことは記録に残させることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日、私が新人時代にまずはじめに

 教えてもらったことである「知らないことを記録に残す」という内容を例に、

 新人に教えてあげるべきことをテーマとしてお伝えしています。

 あなたにも新人として何か教わった経験があるはずです。

 その時に教わったどんなことは役立っていますか?

 また、どんな教えられ方は受け入れやすかったですか?

◆環境に慣れてきてしまうと、

 どうしても初心を忘れてしまいがちです。

 「自分の常識」が変化してしまうんですよね。

 だからこそ、

 相手(今回で言えば新人)の立場に立って、

 自分の行動を修正していく必要があるのではないかと感じています☆

◆昨日の続きですが、

 「知らないことを記録に残す」のには、

 問題解決への糸口となること以外にも2つのメリットがあります。

 今日はそれをお伝えしますね!

◆1つは、

 ・

 【アウトプットによる定着化】

 ・

 です。

 何か新しいことを教わっている瞬間は

 完璧に理解しているつもりであっても、

 人は忘れる生き物なので、

 一回で全てを理解するのは難しいです。

 あなたは一回で覚えられますか?

◆そこで教わったことを記録することが一役買います。

 教わったことを記録するためには、

 “頭で一度整理する”

 というプロセスが入ります。

 (無意識で記録はできません)

 そして、整理したものをアウトプットすることにより、

 その成果物(記録)をまた目で見ます。

 ・

 つまり、

 「聞く」 ⇒ 「記録(整理)」 ⇒ 「見る」

 という一連の流れにより、

 都合3度教わったことがインプットされます☆

 このプロセスにより、ただ聞くだけよりも

 圧倒的に定着が期待できるのです!

 仮に忘れてしまっても、また「見る」 ⇒ 「読む」がいつでもできるので、

 さらに定着化を進めることができます。

◆もう1つのメリットは、

 ・

 【記録同士がリンクして理解が進む】

 ・

 ことです。

 初めて何か教わった時は、

 その意味を理解するよりも、内容をそのまま覚えることが重視されます。

 ですから、

 初期の段階では

 ‘どうしてそうしなければいけないのか?’

 という背景・理由まではわからいことが多々あります。

◆仮に言われたことをそのまま覚え続けるだけでは、

 ロボットと何ら変わりません。

 人が人であるがゆえの価値として、

 “応用することができる”

 という部分が大きいですし、仕事が進めばほとんどが応用です☆

 この応用には理解が必要であり、

 覚えたことをただ考えなしにやり続けることでは理解は深まりません。

◆そこで、

 自分なりの記録を作っていれば、

 類似した内容、発生するタイミング、パターン化された対処方法等を通じ、

 記録同士がリンクしてきます。

 2つから3つ、3つから4つとリンクが進むと、

 次第に仕事の全体像が見えてきて、

 理解できたうえで仕事に取り組むことができるようになります。

 おそらく、

 あなたにも同様の経験はあるのではないでしょうか。

 その体験を、できるだけ早い段階で、

 新人に味あわせてあげると、仕事への意欲も高まるはずです。

◆これが記録を残すことの残り2つのメリットです。

 ただ、

 この「記録」というのは、

 私のごく個人的な経験を基にした人材育成論に過ぎません。

 全ての業界に当てはまることではない可能性が高いです。

 したがって明日は、

 もう少し応用がきく形で初期の人材育成について探ってみて、

 今回のテーマを一区切りにしたいと考えています☆

◆今日は、「初期の人材育成論」というテーマで、

 記録のメリットは「定着」と「リンク」にあることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆新人にまずはじめに教えたいこと☆ | トップページ | ☆魚をあげるよりも、魚の釣り方を教える!☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/33911406

この記事へのトラックバック一覧です: ☆記録のメリットは「定着」と「リンク」にあり☆:

« ☆新人にまずはじめに教えたいこと☆ | トップページ | ☆魚をあげるよりも、魚の釣り方を教える!☆ »