« ☆【特別編】『こしの極』PR☆ | トップページ | ☆ショックと体を反比例させる!☆ »

☆“感情”と“行動”のサイクル☆

◆昨日、録画しておいた

 『エチカの鏡』

 という番組を見ました。

 今回の特集は、「人に好印象を与える」という内容でした。

 その中で人気のセミナーや著者が紹介されていました☆

◆紹介されたセミナーの多くは、

 「メラビアンの法則」(人は見た目で9割判断する)を基に、

 外見や声や話し方を変えるというものが多かったです。

 その中で、

 あるセミナーの紹介で、

 “NLP”という言葉が紹介されて、驚いてしまいました。

 心理学や自己啓発を好むコミュニティーで使われていた言葉が、

 メディアで紹介されるほど市民権を得たのかと。

 「ミラーリング」や「バックトラッキング」なんていうスキルも紹介されてました。

 自分としてみれば、復習できてよかったです。

◆いずれにせよ、自分が本や人を介して学んでいることが、

 世間一般でも求められてきているんだなぁと実感しました。

 今日14日の放送では、

 “ホメ術”をテーマにするようです。

 (参照:『エチカの鏡』ホームページ)

 ⇒ http://wwwz.fujitv.co.jp/ethica/index.htm

 個人的には、本間正人さんや佑川京子さん等が

 登場されるのではないかと、密かに期待しています♪

◆さて、昨日は「認知的不協和を積極的に活用する!」というテーマで、

 認知的不協和とは何かについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆「認知的不協和」を今回のテーマにしていますが、

 あなたの中でもこの心理的現象によって、

 行動や思いをねじ曲げた経験はありませんか?

 私なんかは、これに思い当たることがいくつもあります。

 ・

 例えば、

 一人っ子でしたから、よく人に、

 「一人だと寂しくない?」

 と言われることがありました。

 直感的に動く感情としては、

 ‘そりゃ~、寂しい時もあるよねぇ。いつも一人で遊ばないといけないし。’

 でしたが、

 一人っ子の環境を今さら変えることはできないので、

 言葉に出していたのは、

 「いや、意外と寂しくはないですよ!一人で遊ぶの嫌いじゃないし。」

 と答えていたものです☆

 一人っ子の寂しさを否定するために、

 一人で遊ぶのが嫌いじゃない自分を作ることで、

 自分を正当化していたんですよね。

 今では、よくわかります。

 ・

 まぁ、一人で遊ぶのが嫌いじゃない割には、

 中学、高校と人の家に遊びに行きまくってたんで、

 思いっきり反動行動が形成されてたんだと思いますが(笑)。

◆このように、一つの知識を得た時に、

 自分自身の過去の経験や体験に照らしてみると、

 ものすごく腑に落ちやすくなることがあります。

 「認知的不協和」って聞くと、

 すごく難しいことに聞こえがちですが、

 ‘つまり、あのことね!’

 と置き換えられると、理解が早いですね☆

◆と少し話題がそれてしまいましたが、本題に戻ります。

 ・

 この「認知的不協和」は私達の自然な心理現象として、

 無意識のうちに起こります。

 例えば、

 部下を怒鳴って叱責している上司の顔が

 満面の笑みであることはありませんよね。

 これは、笑顔では怒りの感情と一致しないからです。

 外に作り出している表情や言葉と、

 内面の感情が一致しないと不快感を感じてしまうのです。

 竹中直人さんのネタの

 “笑いながら怒る人”

 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=l18R6GHeiPs

 がネタとして活きるのには、この不協和があるからと言えます。

 (竹中直人さんって、最初はお笑いで出てきてたんですね)

◆逆もしかりです。

 めちゃくちゃ絶賛しほめちぎって握手を求めながら、

 相手の顔を直視できないほどの嫌悪感を感じることは難しいです。

 最高の幸福感に浸りながら、

 悲しみの涙を流すこともまた至難の業なのです。

 つまり、

 ・

 【人は無意識のうちに行動と感情をリンク付けする】

 ・

 ように自分をコントロールしていると言えます。

 特定の「感情」からは、特定の「行動」が表れ、

 その「行動」によって、さらに特定の「感情」が発生してくる。

 感情 ⇒ 行動 ⇒ 感情 ⇒ 行動 ……

 という「感情」と「行動」のサイクルを回しているのです。

◆したがって、

 どこかでその感情によって求められた行動が、

 自分ではどうしようもないことだったりすると、

 行動を無理やりねじ曲げ、正当化し、

 ねじ曲げた行動に感情が引きずられることが起こります☆

 ・

 「この現象をどう利用するのか?」

 については、明日以降お伝えしようと思いますが、

 実は今日・明日とプラッと旅に出ます(笑)。

 ですので、次の更新は明後日になります♪

◆今日は、「認知的不協和を積極的に活用する!」というテーマで、

 人は“感情”と“行動”のサイクルを回していることをお伝えしました。

 明後日も引き続き、お伝えしていきます。

今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆【特別編】『こしの極』PR☆ | トップページ | ☆ショックと体を反比例させる!☆ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

自己投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/33762238

この記事へのトラックバック一覧です: ☆“感情”と“行動”のサイクル☆:

« ☆【特別編】『こしの極』PR☆ | トップページ | ☆ショックと体を反比例させる!☆ »