« ☆記録のメリットは「定着」と「リンク」にあり☆ | トップページ | ☆目標設定のポイントは「スマート(SMART)さ」☆ »

☆魚をあげるよりも、魚の釣り方を教える!☆

◆恥ずかしながら、NHK大河ドラマというものを、

 1回も見続けたことがありません。

 けっこう話題になった作品ですら、

 どこ吹く風という感じで過ごしていました。

 ・

 ただ、

 今回の大河ドラマは見続けてしまっています。

 そして、次回で第一部が完結です。

 【お薦めの番組:龍馬伝】

 ⇒ http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/

 もちろん見るのは時間を無駄にしないため録画なので、

 見る時は2,3話分一気に見るんですけどね(笑)。

◆私が『龍馬伝』にハマっている理由はこんな感じです。

 ・

  ◎坂本龍馬の生き方に純粋に興味がある

  ◎岩崎弥太郎の生き方にも興味がある

  ◎個性派役者の共演にひかれる

   (特に、宮迫さん、生瀬さん、リリーさんとかよかった。)

  ◎脇役のキャラが魅力的

  ◎ストーリーに無理がない

  ◎現代史につながる歴史を俯瞰できる

 ・

 福山雅治さんが坂本龍馬を演じるということで、

 どうなるのか想像がつきませんでしたが、

 話題性をさらうだけではなく、すごく興味深いドラマになっています☆

 今後さらに、

 「勝海舟 = 武田鉄也」

 「西郷隆盛 = 高橋克美」

 「中岡慎太郎 = 上川隆也」

 などなど、楽しみな役者さんがどんどん登場してきます。

◆まだまだ第一部。

 歴史が「尊王攘夷」が吹き荒れる中、

 龍馬がどんな人と会い、どんな刺激を受け、

 どんな決断をしていくのか非常に楽しみです♪

◆さて、昨日は「初期の人材育成論」というテーマで、

 記録のメリットは「定着」と「リンク」にあることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今回は初期の人材育成をテーマにしていますが、

 今日は総論をお伝えし、一区切りとさせていただきます。

 昨日までお伝えしていた「教わったことの記録」は、

 総論を個人的に当てはめた場合の1つの例として

 とらえていただければわかりやすいかと思います☆

 今日お伝えする内容は、

 あらゆる業種に共通していると私は感じています。

 あなたのケースに当てはめるとどういう形になるのか、

 想像しながら読み進めてみると楽しいかもしれません♪

◆まずはじめに一番重要なことをお伝えします。

 初期の人材育成の核ですね☆

 今回私は、この部分をお伝えしたかったのです、

 それは、

 ・

 【答えを与えるのではなく、答えに至るプロセスを教える】

 ・

 ということです。

 補足していきますね。

◆例えば、

 あなたが湖のほとりで、自給自足の生活をしているとしましょう。

 そこに友人がやってきて、

 初めて自給自足の生活を始めたとします。

 友人は右も左もわからないうえ、

 食べるものがありません。

 そこであなたに空腹を満たす方法を求めてきました。

 当初、あなたは自分が釣った魚を友人に与えました。

 友人はあなたに大変感謝し、

 早速魚を食べて空腹を満たしました。

◆しかし、また翌日空腹になったので、

 昨日と同じようにあなたを頼ってきました。

 あなたはまた自分が釣った貴重な魚を分けてあげて、

 友人は空腹を満たしました。

 しかし、また翌日………

 という風にこのループは終わりがありません。

 なぜでしょうか?

◆もうおわかりですよね。

 この場合、あなたは友人に目先の問題を解決する方法(答え)だけを、

 与えてしまったことが原因です。

 魚がそれですね。

 友人はあなたに頼めば魚がもらえるということを覚えたので、

 問題の根本的な解決にはつながらないのです。

 では、

 あなたはどうすればよかったのでしょうか?

◆勘のイイ方はお気づきかと思いますが、

 最初に魚を与えた時点で、

 「魚の釣り方も教える」

 という選択をすればよかったのです☆

 自分も同じように魚を釣っていることを説明し、

 友人にも魚の釣り方を教えてあげ、

 友人が自ら魚を釣ることができれば、根本的な問題を解決できます。

 初期の人材育成も、これとおなじではないでしょうか。

◆さらに言えば、

 魚つながりで漁師を例にすると、

 最初に漁とはこの場所で網を張って、魚をとることだと教えてしまうと、

 教わった方は一年中同じ場所・同じ方法で、

 漁をしてしまうかもしれません。

 時期や方法が合って魚が獲れればよいですが、

 その季節に教えられた場所には魚がいなかったり、

 もっと効率のよい方法があるのとすれば、

 その教え方は間違いに限りなく近くなります。

◆そうであれば、

 狙う魚の年間の動きやその習性、

 これくらいの量を獲ることによって食物連鎖がうまく回ること、

 今はこの方法がベストだけどもっと良い方法があるかもしれないこと、

 船を出してよい時といけない時………等、

 答えを導き出すためのプロセスを教える方が、

 長いスパンで考えた時には大切になるのではないでしょうか。

◆接客であれば、営業トークよりも、

 お客様が本当に求めているものが何か引き出すスキル。

 商品開発であれば、最先端の知識よりも、

 お客様のニーズを商品に落とし込むテクニック。

 教師であれば、成績を単に向上させるノウハウよりも、

 子供の個性を伸長し、安心して学ぶことのできる環境作り。

 ・

 このような答えよりも、

 答えに至るプロセスを教えていくことこそが、

 初期の人材育成では何より重要なのではないかと感じています☆

◆あなただったら、

 新人に何を教えていきたいですか?

◆今日は、「初期の人材育成論」というテーマで、

 答えそのものよりも答えに至るプロセスを教えることをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとし、

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆記録のメリットは「定着」と「リンク」にあり☆ | トップページ | ☆目標設定のポイントは「スマート(SMART)さ」☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/33925585

この記事へのトラックバック一覧です: ☆魚をあげるよりも、魚の釣り方を教える!☆:

« ☆記録のメリットは「定着」と「リンク」にあり☆ | トップページ | ☆目標設定のポイントは「スマート(SMART)さ」☆ »