« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

☆【親父の小言シリーズ3】何事も身分相応にしろ☆

◆昨日からGWですね。

 昨日は建設が進んでいる

 東京スカイツリーを見てきました。

 自宅から歩いて30分くらいでしたね☆

100429_1359_0001

 けっこう近くまで行けるのですが、

 見上げると首が痛くなるくらいの高さになってます。

 現時点で“358メートル”だそうです。

 倍とまでは言いませんが、634メートルの高さになるわけですから、

 相当の高さになりますね!

 今後開発が進んでいくんでしょうね。

◆スカイツリーを見た後は、

 アサヒビール本社ビル内にあるカフェ&バーで軽く飲みました。

100429_1418_0001

 【今日のお店:23番地カフェ】

 ⇒ http://r.gnavi.co.jp/a467404/

 ヨーロッパから取り寄せられたビールサーバーから

 目の前で注がれたビールは非常に美味しく、

 ミニサイズですが飲み比べもできて、満足でした☆

 中でも地ビールの“ヴァイツェン”がお気に入りとなりました。

 今度は夏にスーパードライ(エクストラゴールド)を

 グイグイ飲みたいですね!

 優雅な1日を過ごせました♪

◆さて、昨日は「『親父の小言』から学ぶ」というテーマで、

 人に怒るよりは他の行動を起こした方が得策であることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆第3弾です。

 今日の小言は、

 ・

 【何事も身分相応にしろ】

 ・

 です。

 言葉そのままですが、

 私の解釈としては逆説的に

 ・

 【無駄な見栄ははるべからず】

 ・

 にした方がわかりやすいかなぁと思います。

 一時的な成功者と永続的な成功者の違いがここにあると、

 書籍で読んだこともあります。

◆昇進・昇格した時、

 臨時的な収入があった時、

 仕事がうまくいった時、

 魅力的な恋人ができた時、

 地位や名声を得た時、

 強力な人脈ができた時………等々、

 ついつい気持ちが大きくなってしまい、

 今までとは態度や行動が変わってしまうことがあります。

 人間力を高められれば違うのかもしれませんが、

 人と比べることで「自尊心」を高めるというのは、

 人間であれば少なからずあるのではないでしょうか。

 ・

 それを自覚してある程度制御するのか、

 無自覚的に周囲の反感を買ってしまうのか、

 そこに天と地の差が開くと言われています。

◆また一方で、

 今の自分にとっては難易度が高いことや、

 現状レベルをはるかに超えている事柄に対し、

 無理に背伸びをしてしまうのも考えものです。

 チャレンジという言葉に置き換えれば、

 ポジティブにとらえることは可能ですが、

 全てをポジティブにとらえるのは問題があります。

 なぜなら、

 客観的な視点が欠けてしまうからです。

◆今の自分の能力を客観的に分析し、

 強みはさらに伸ばし、

 弱みは補うことをせずして、

 次のレベルにチャレンジすることは、

 挑戦ではなく無謀に過ぎません。

 しかも、それが見栄やプライドからの行動であれば、

 なおさら問題です☆

 ・

 逆に言えば、

 自分のレベルをしっかり認識できていれば、

 自ずと課題とのギャップを知ることができ、

 そのギャップを埋めるための努力が可能になるのです。

 少なくともその努力をしてから、

 次のチャレンジすべきではないでしょうか。

◆一時的な成功者は、

 少しの成功で生活を変えます。

 継続的な成功者は、

 成功しても急には生活を変えません。

 なぜなら、

 人間力は一足飛びに成長しないことを知っているからです。

 【何事も身分相応に】

 あなたはどんな解釈をしますか?

◆さて、今日は「『親父の小言』から学ぶ」というテーマで、

 現状レベルを超えた見栄をはらないことをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

☆【親父の小言シリーズ2】人には腹を立てるな☆

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:ザ・レター(オリソン・マーデン)】

 ⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4900779873/nifty0b5-nif1-22/ref=nosim

 〔著書の肝〕

 「目標 × 努力 = 成功の規模」

 「成功するには、まず“成功への目標”を設定すること」

 「この意識全部が、表情・態度・口調となって表面化する。

 ここで最も重要なことは、

 “80%を占める潜在意識をいかに活用するか”ということである。

 成功するためには、表の意識だけでなく、

 裏の意識にしっかりと目標を刻み込むことが重要である。」

◆この本はわずか93ページ程度の薄い本です。

 著者は約100年前の人物ですが、

 『Pushing to the front(前進あるのみ)』という著書を記し、

 当時で1000万部を超えるベストセラーとなっているのだからスゴイですね。

 D・カーネギー、ナポレオン・ヒルなど、

 多くの作家に影響を与えていることも確認されています。

◆非常に薄い本ではありますが、

 内容はとてもシンプル、かつ、濃いものですね。

 いわゆる成功のためのエッセンスから、

 余分なものを極力そぎ落とし、核だけを記しているという印象です。

 手垢のついた表現のように思われがちですが、

 「適切な目標設定」

 「目標の細分化」

 「潜在意識の活用」

 「人生におけるバランス」

 を核としています☆

 多くの意味で復習・確認ができた1冊となりました♪

◆さて、昨日は「『親父の小言』から学ぶ」というテーマで、

 朝機嫌よくすると、周囲へも自分へも好影響があることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆第2弾です。

 ・

 【人には腹を立てるな】

 ・

 です。

 他人に対し、怒ってはいけないということですね。

 完璧に実践できれば聖人君子にもなれるような気がしますが(苦笑)、

 完璧さを求められているのではないと思います。

 聖人としてではなく、成人として持っておくべき、

 心がまえとしての1ヶ条ではないでしょうか☆

◆無人島で1人で生活しているわけではありませんので、

 多くの人が関わる社会生活を営んでいれば、

 腹の立って当然の出来事の1つや2つは起きます。

 このような腹立たしい出来事に対し、

 「感情の赴くままに腹を立ててしまう人」

 と

 「怒りの感情はあるものの、それに流されない人」

 がいます。

 この両者には天と地ほどの差があります。

◆前者は、

 自分が腹を立てることで自分を正当化し、

 周囲から自分に対する適正な評価を得ようとしています。

 また、感情を表に出すことで、

 自分自身のみを快の状態に導こうとしていますよね。

◆仮に腹を立てることで問題が解決するのであれば、

 どんどん腹を立てるべきでしょうし、

 何ら否定されることはありません。

 ・

 しかしながら、

 残念ながら現実はその逆です。

 腹を立てれば立てるほど、

 問題の解決は先送りになりますし、

 周囲との関係もギクシャクしてしまう可能性が高いです。

◆また、

 ‘あの人は感情をすぐ表に出す子供っぽい人だ。’

 というイメージを与え、評価を下げかねません。

 あなたの周囲にも怒りっぽいがために、

 煙たがられている人はいませんか?

 つまり、

 腹を立てても何の生産性もないのです☆

◆一方の後者は、

 怒りの感情はあるものの、その感情には流されず、

 他にスポットを当てます。

 スポットを当てる対象は、

 「問題解決」

 です。

 ・

 ‘どうして自分は腹が立っているのか?’

 ‘どうして怒りを感じるような事態になってしまったのか?’

 ‘どうすればこの問題は解決できるのか?’

 ・

 を考えていきます。

 自分が腹を立てても何も解決しないのがわかっているからです。

◆当然ながら、

 解決に向けて何も考えないよりは、

 考えた方が行動もできますし、周囲の協力も得られます。

 何より周囲や相手に不快感を与えなくてすむのが大きいですね☆

 ・

 つまるところ、

 この1ヶ条は、

 ・

 【怒って行動を止めるよりは、他のことをした方がよい】

 ・

 という教訓につながるのではないかと思うわけです。

 ついつい、怒りに身を委ねて行動してしまう

 自分への戒めの意味も込めて更新しました。

 明日はどんな小言が登場するでしょうか♪

◆今日は、「『親父の小言』から学ぶ」というテーマで、

 人に怒るよりは他の行動を起こした方が得策であることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆【親父の小言シリーズ1】朝はきげんよくしろ☆

◆最近、切に感じることがあります。

 一般的に言えば、「お金」は有限ですよね。

 (「時間」に比べれば、圧倒的に無限ですが……)

 一部の例外を除き、

 1人あたりが稼げる金額というのは、湯水のように使えるほど、

 無限にあるものではないと考えています☆

◆そうであれば、

 どこにお金を使って、どこになるべく使わないようにするかで、

 かなり人生は変わってしまうのではないかと。

 良い悪いは別にして、

 私の場合はこんな感覚でお金を使っています。

 ≪お金を使うべきところ≫

  ◎人間力を高められるもの(学び、セミナー、読書等)

  ◎「時間」や「お金」を生み出すしくみを作るためのもの

  ◎実体験(旅行、イベント、食事等)

 ≪極力セーブすべきところ≫

  ●衣服代

  ●公共料金

  ●生産性のない付き合い

  ●ステータスのために買う必要以上に高額なもの

◆これからの時代を生き抜くためには、

 お金を稼ぐ力ももちろんですが、

 【お金を使う力】も必要になってきそうですね♪

◆さて、昨日は「自分の限界」というテーマで、

 リミティング・ビリーフへの確信を下げることで、

 自分の限界を取り払うことができることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆よく居酒屋さんなんかでトイレに行った時に、

 『親父の小言』

 と書かれた書きものを見たことはありませんか?

 あれ、男性用のトイレだけなんですかね……(汗)。

 ↓こんなやつです。

居酒屋のトイレなどで見たことのある親父の小言です。親父の素晴らしい言葉を味わって下さい。親父の小言  開店祝い・贈答品 居酒屋のトイレなどで見たことのある親父の小言です。親父の素晴らしい言葉を味わって下さい。親父の小言  開店祝い・贈答品

販売元:Global インテリア匠
楽天市場で詳細を確認する

 ・

 で、つい先日お店で飲んでいた時に、

 ‘これってけっこう大切なことも入ってるよなぁ。’

 としみじみ感じてしまいました。

 38ヶ条のようですが、

 全てが全てピンとくるわけではないのですが、

 時折ドキッとする条文があるのです☆

 ということで、

 今回はこの「親父の小言」をテーマにしてみます♪

◆では、早速第1弾。

 ・

 【朝はきげんよくしろ】

 ・

 です。

 文字通りではありますが、

 「朝は機嫌をよくしなさい。」

 ってことでしょう。

 なぜ、朝なのでしょうか?

◆ここからは私のしごく個人的な解釈になります。

 人それぞれ解釈がありますので、

 参考にしていただく程度でかまいません。

 自分が一番納得できる解釈が、

 自分にとっての正しい解釈だと思いますので☆

 ・

 朝は一日の中で、

 最も機嫌が悪い時ではないでしょうか。

 「寝起きが悪い」

 なんて表現もあるようですし、

 うつ病を患っている方も、朝が一番調子が悪く、

 夜になるにつれて調子がよくなると聞いたことがあります。

 人間の生態バイオリズム上、

 朝はまだ体の機能が本調子ではないからなのではないでしょうか。

◆その朝に「機嫌をよくしろ」とはどういうことなのかと言えば、

 私は2つの解釈を考えています☆

 ・

 1つ目は、

 みんながあまり機嫌のよくない時だからこそ、

 自分はそれに流されず機嫌を良くして、

 【自分発信で周囲を好転させていけ】

 という周囲への影響を考慮した解釈。

 ・

 もう1つは、

 一番調子の上がらない朝に自分のテンションを上げることで、

 【一日全体の自分のパフォーマンスを上げる】

 という自分への影響を考慮した解釈。

◆どちらにせよ、

 朝機嫌の悪いまま過ごすのと、

 無理にでも機嫌を良くして過ごすのでは、

 どちらが好影響を与えるかは明白です☆

 できそうで意識しないとできない視点でこの小言を見返すと、

 ‘深いなぁ………’

 と感じたりします。

 明日はどんな小言が登場するでしょうか♪

◆今日は、「『親父の小言』から学ぶ」というテーマで、

 朝機嫌よくすると、周囲へも自分へも好影響があることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆確信レベルのコントロールで、自分を操る!☆

◆行政書士試験対策の音声データをダウンロードしたのはいいのですが、

 ‘とりあえず聞いてみよう’的な考えで聞けるほど、

 甘くはないボリュームであることを痛感しました。

 だいたい1ファイルが15分~20分。

 129ファイルあるので、15分で計算しても1935分。

 約32時間(汗)。

 通勤時間だけで聞いていたのでは、1ヶ月以上かかってしまいます。

 どうしたもんでしょうか。

 宅建試験時の4倍強のボリュームです。

 ちょっと途方にくれました☆

◆本屋さんでテキストも眺めてみたのですが、

 どれも想像以上に分厚い。

 1冊で枕にはもってこいの厚さです。

 躊躇しましたね、さすがに。

 あのサイズをバッグに入れて持ち運びは、

 絶対にキツいのが容易に想像できます。

 その点、通信教育は8~10分冊に分けられており、

 サイズもコンパクトなのでよさげです。

 こういう部分でも、独学と通信教育の差があるんでしょうね。

◆とにかく今は全体像を把握するための期間です。

 とりあえず音声データを聴きまくってみます。

 楽しくなってきました(笑)♪

◆さて、昨日は「自分の限界」というテーマで、

 自分の限界は自分が作りあげたもので、

 自分しか取り払うことができないことをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今回のテーマは「自分の限界」で、

 自分の限界は多くが幻想であり、

 自分でしか取り払うことができないことをお伝えしました。

 今日は、具体的に自分の限界を

 取り払う方法についてお伝えしていきます。

◆この「自分の限界」のことを、

 NLPやコーチングの世界では

 “リミティング・ビリーフ”

 と読んでいるそうです。

 直訳すると、「制限のかかった信念」でしょうか。

 つまり、

 制限をかけているのは、もちろん自分自身です☆

◆要は、

 このリミティング・ビリーフを取り去ればよいのです。

 マイケル・ボルダックさんの著書にはこんな内容が書かれていました。

-1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術 ~どんな目標も達成できる「成功の心理学」~ -1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術 ~どんな目標も達成できる「成功の心理学」~

著者:マイケル・ボルダック
販売元:フォレスト出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 「信念とは、物事に対する確信の度合いでしたね。

 ですから、確信を弱めることで、リミティング・ビリーフを取り去ることができます。

 では、どのように確信を弱めればよいでしょうか?

 声のトーンを使います。

 なぜだかわかりますか?

 ~(中略)~

 あなたが確信を持った声のトーンで「私は仕事が苦手だ」と言うと、

 あなたの脳はそれを信じてしまいます。

 でも、確信をぜんぜん持てない声のトーンで言うと、

 あなたの脳もその信念に確信を持てないのです。」

◆この方法でも十分に効果を発揮するはずです。

 目的は自分の限界に対する確信レベルを下げることなので、

 自分の脳にその限界が本当は存在しないことを

 認識させればよいのです。

 ふざけた話をするような声のトーンで話すことにより、

 確信レベルは下がるでしょう。

◆ただ、声のトーンのコントロールは、

 初心者にはちょっぴり恥ずかしくて、

 始められない可能性があります☆

 そこで、

 私はさらに簡単なやり方を推奨します。

 それは、確信レベルを上げることです!

 さっきと反対ですよね。

 何の確信レベルを上げるのかといえば、

 「リミティング・ビリーフが過去形であること」

 の確信です。

◆例えば、

 「仕事が苦手だ」

 というリミティング・ビリーフであれば、

 「仕事が苦手だったかもしれない。」

 とはっきりした声のトーンで言い切ります。

 その後で

 「でも、今は仕事ができる!」

 と付け加えます☆

◆過去形にすることで、

 リミティング・ビリーフは打ち消されます。

 リミティング・ビリーフが過去であることの確信を上げることにより、

 相対的にリミティング・ビリーフへの確信が下がるのです。

 しかも、

 この方法であれば声のトーンは変える必要はありません。

 ・

 この2つの方法でもそれ以外の方法でもかまいませんので、

 【自分のリミティング・ビリーフの確信レベルを下げる】

 ことにより自分の限界を取り払うことができます。

 あなたの生活に何かヒントになれば幸いです♪

◆今日は、「自分の限界」というテーマで、

 リミティング・ビリーフへの確信を下げることで、

 自分の限界を取り払うことができることをお伝えしました。

 今日でこのテーマは一区切りとし、

 明日からはまた新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「限界」を作り出しているのは誰か!?☆

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:町長選挙(奥田英朗)】

町長選挙 (文春文庫) 町長選挙 (文春文庫)

著者:奥田 英朗
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔あらすじ〕

 「町営の診療所しかない都下の離れ小島に赴任することになった、

 トンデモ精神科医の伊良部。

 そこは住民の勢力を二分する町長選挙の真っ最中で、

 なんとか伊良部を自陣営に取り込もうとする住民たちの攻勢に、

 さすがの伊良部も圧倒されて……なんと引きこもりに!?」

◆奥田さんの著書をまた読んでしまいました。

 あの伊良部シリーズの第3弾です!

 短編集です。

 タイトルにもなった「町長選挙」という作品がメインですが、

 他3本も秀逸です。

 というか、

 ‘モデルとなった人物からクレームが来ないのか?’

 と勘繰ってしまうほどの書きっぷりです☆

 でも、

 伊良部シリーズの世界観で描かれているので、

 ご本人も目くじらたてるような感覚ではないのかもしれません。

 3本とも面白い作品です。

◆伊良部と助手のマユミちゃんの強力なキャラと、

 各物語の主人公の心情描写とで、読んでて飽きないシリーズです。

 第4弾も期待しちゃいます♪

◆さて、昨日は「自分の限界」というテーマで、

 限界は幻想でしかないことをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日、日本人プロ野球選手の限界や、

 100メートル走の限界を例として、

 限界は人々が勝手に作り出す幻想であり、

 正しいものばかりではないことをお伝えしました。

 むしろ、

 ネガティブな限界は、正しくない方が多いくらいです。

◆一般的に想定さられている「限界」が、

 必ずしも正しくないということは昨日お伝えしたとおりです。

 では、

 あなた自身の中ではどうでしょうか?

 自分自身で勝手に「自分の限界」を

 決めてしまっていることはないでしょうか?

 ・

 例えば、

 「仕事をしながら勉強する時間なんてない」

 「月収●●万円以上の仕事なんてできない」

 「同時に2つのことは自分にはできない」

 「人前で話すことはできない」

 「家事は自分にはできない」

 「自分にはリーダーシップはとれない」

 などなど。

 抽象的に設定された限界から

 細かい事柄に関する限界まで、

 人によって幅は広かったり、狭かったりすると思います。

◆ただし、

 共通して言えることは、

 ・

 【自分の限界を決めているのは自分自身】

 ・

 だということです。

 他人から何を言われようとも、

 周囲がどんな環境にあったとしても、

 自分の限界を決められるのは自分自身しかいないのです。

◆何の魚かは忘れてしまいましたが、

 こんな実験を聞いたことがあります。

 水槽に透明な仕切りを作って、

 片方に魚を入れ、もう片方に魚の餌を入れておきます。

 最初その魚は餌をめがけて何回も仕切りにぶつかります。

 しかし、仕切りがあったために、

 餌を取ることはできません。

 ある時、その仕切りを外します。

 魚はどうしたでしょうか?

 魚は餌をとらないのです。

 なぜか?

 ‘あの餌はとれないものだ’

 と決めてしまっているからだと思われます。

◆仮にその水槽にもう1匹新たな魚を入れると、

 当然餌を取りに行きます。

 仕切りはありませんので、餌が取れますよね。

 そうすると、今まであきらめていた魚も餌に向かうようになるそうです。

 昨日お伝えした内容と似ていますよね☆

◆首輪でつながれた動物が、

 長期間その環境に慣れると、首輪をはずしても、

 今まで動けた範囲でしか動かないのも同じ原理です。

 ・

 現実には自由に動けるようになっているにもかかわらず、

 自分で定めた範囲の中でしか動かないのです。

 「限界」ってそれに近いものなのではないでしょうか。

◆あなたがぶつかっていた仕切りは、今もまだあるでしょうか?

 あなたをつないでいた首輪は、本当にあるのでしょうか?

 自分の限界を作ったのが自分だとすれば、

 それを取り払うのも自分しかいません!

 ・

 あなたは「限界」を取っ払いたいでしょうか?

 取り払いたいという方に向けて、

 明日はそのヒントをお伝えして、このテーマを終えようと思います☆

◆今日は、「自分の限界」というテーマで、

 自分の限界は自分が作りあげたもので、

 自分しか取り払うことができないことをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“限界”という幻想を捨て去る!☆

◆昨日は、大学時代の仲間とその友達と

 新宿で飲んできました☆

 ま~ぁ、人の数がハンパなかったですね(汗)。

 大学のサークルの集まりですかね。

 東京にはあんなに人がいるんだなぁと思ったものです。

◆その中で異質だったのが、

 普天間基地移設に反対するデモ行進でした。

100424_1834_0001

 これ、一見すると警察が止めているように見えますが、

 実は全然違うんです。

 デモ隊と同じくらいの数の警官が警護してるんです。

 しかも、

 信号を一時ずっと赤にしっぱなしにしたまま更新させる徹底ぶり。

 デモ行進って勝手にやって問題になるというイメージじゃないんですね。

 あそこまで警察が協力的に動くとは思いませんでした。

◆飲んだメンバーは、広告関係、SE、栄養士、介護職、事務職など、

 初対面も含めて多様な職種で、年齢もバラバラ。

 色々な話が聞けて、面白かったです。

 特に、ある程度大規模の会社が倒産する時の、

 社員への対応は興味深いものがありました。

 数ヶ月賃金が支払われる間に1人抜け、2人抜けって感じらいしいです。

 独特の雰囲気なんでしょうね♪

◆さて、昨日は「自分の限界」というテーマで、

 やったことがないことを私達は「できない」と言ってしまうことをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆イチロー、松井秀喜、松坂大輔、松井稼頭央、高橋尚成、上原浩治……

 この選手達の共通点をご存知ですか?

 野球を少しでも知っている方なら、

 当然おわかりかと思います。

 彼らは全てメジャーリーガーです!

 つまり、

 野球の本場アメリカで活躍している野球選手です☆

◆今ではスポーツニュース等で、

 海外で日本人選手が活躍しているニュースは珍しくありません。

 野球に限らず、サッカーやゴルフなどでも、

 よく目にするようになりました。

 ・

 しかし、

 これが20年前であればどうだったでしょうか?

 メジャーリーグで日本人選手が活躍するというのは、

 誰も予想していなかったのではないでしょうか。

◆なぜか?

 それは、誰も挑戦していなかったからです!

 挑戦する人がいなかったので、当然活躍する人もいません。

 ですから、

 大多数の日本人の考えていた日本人選手の活躍の限界は、

 三冠王、沢村賞、ゴールデングラブ賞といった

 「日本球界での活躍」

 だったのです。

 実際のプロ野球選手ですらそう考えていたはずです。

◆野茂英雄投手がメージャーリーグに挑戦したのが、

 1995年です。

 当時1億4千万円あった年棒を980万円にしてでもの挑戦です。

 野球にかかわる多くの人が

 「日本人がメジャーで活躍できるわけがない。」

 「すぐに失敗して、日本に戻ってくるよ。」

 と、野茂選手の挑戦を否定的にとらえていました。

 メジャーへの挑戦は、

 自分の考えの限界を超えていたからですね☆

◆ところが、

 野茂選手はメジャーで大活躍を見せてくれました!

 初年度で13勝6敗、236奪三振をあげ、

 新人王に輝きました。

 この活躍を見た瞬間に、

 日本人選手の活躍の限界が消えました。

 日本人でもメジャーリーグで活躍できることが証明されたからです。

 つまり、

 ・

 【限界は幻想でしかなかった】

 ・

 のです。

 「できるはずがない」という限界は、

 自分達が勝手に作った幻想にしか過ぎなかったわけです。

 現に、

 野茂選手が活躍した後は、

 次々に日本人選手が活躍していますよね。

 「限界」を消し去った結果です☆

◆同じように

 「人類が100メートルを10秒を切って走れるはずがない」

 という限界があったため、長い間10秒を切ることができませんでした。

 しかし、1人が10秒を切って走ったことから、

 ご存知のようにウサイン・ボルト選手は9秒58の世界記録を出しました。

 これも限界という幻想を消した結果です。

 ・

 さて、あなたはどんな限界を作っているでしょうか?

◆今日は、「自分の限界」というテーマで、

 限界は幻想でしかないことをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆間寛平さんが、なぜアースマラソンにチャレンジできているのか!?☆

◆10月の宅建の試験が終わってから、はや半年。

 なんだか学習意欲がもぞもぞと顔をのぞかせてきました(笑)。

 きっかけは、私の斜め前の同僚が、

 仕事後、学校に通いながら税理士を目指していること☆

 昨年からこの状況は変わっていないのですが、

 自分が今は勉強をしていない分、受ける刺激が強いのです。

◆そこで、サッカー検定や調理師(?)など、

 色々資格を眺めていたところのですが、

 今回私が標準を定めたのが、

 【行政書士】

 です。

 ・

 ここ数年は2%~5%台という低い合格率の推移を見せており、

 気楽に目指せる資格ではないと思います。

 ただ、

   ◎業務でカバーできる範囲が広く、

    法律的な様々な知識を要求されている。

   ◎行政書士が得意とする文書作成は、

    ニーズがなくなることはない。

   ◎いざという時に、独立も可能な資格である。

   ◎チャレンジしがいがある!

 という理由から、選びました。

◆そうは言っても、簡単な資格でないことは明らかですから、

 合格までの道筋をきちんと見据えなければ、

 場当たり的な勉強では受からないと思います。

 本試験は来年2011年の11月に定めました。

 今年を本試験としない理由は、

 8月~9月にかけて衛生管理者の勉強をしなければならず、

 直前の追い込みができないからです。

 ですので、約1年半の期間を使って目指します。

◆「通信教育」か「独学」かで迷っています。

 実際受験された方は圧倒的に「独学」は厳しいと言われていますね(汗)。

 ただ、どの程度なのか感覚がつかめないので、

 とりいそぎやるならココという会社(フォーサイト)の資料請求をしました。

 そして、並行して書店を眺めてきました。

 参考書の厚さに閉口しました(笑)。

 いきなり参考書を買うのも踏み出せなかったので、

 とりあえず“iPod行政書士”の音声データをダウンロードさせていただき、

 通勤中に聞くことにしました。

 ファイルだけで129もあるのには驚きましたが☆

 まず、この5月を使って音声を全て聞いてみて、

 勉強範囲を俯瞰してみます。

 ・

 ………やっぱり、ブログで公言するのは勇気が要りますが、

 後には引けない感が出て、身が引き締まりますね。

 目指せ、行政書士!!

◆さて、昨日は「情報の洪水対策」というテーマで、

 確固たる自分軸こそが自分の泳力になることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆間寛平さんをご存知でしょうか?

 「アメマ」とか「かい~の」などのギャグで人気のコメディアンです。

 まぁ、こんな補足などせずとも、

 ほとんどの方がご存知ですよね。

 ただ、

 その寛平さんが

 “アースマラソン”

 にチャレンジしているのは知っているでしょうか?

 今まで数々のマラソンをされてきた寛平さんが、

 集大成として現在チャレンジしているのがアースマラソンです。

 (参考) ⇒ http://www.earth-marathon.com/

◆アースマラソンは、その名の通り、

 マラソンで世界一周をしようという壮大な企画です☆

 ご自身の足で地球は丸く、世界はつながっているということを

 証明しようとしているのです。

 また、それは寛平さんの夢でもあるとのこと。

 ・

 スタートして今日で494日目。

 現在、病気の治療のため一時中断してアメリカにいらっしゃいますが、

 これまで

 大阪 ~ 鴨川 ~ ロサンゼルス ~ ロッキー山脈 ~ ニューヨーク

 ~ ルアーブル ~ フランス ~ イラン ~

 と走ってこられたようです。

 距離にして、32512キロ。

 海は船での航海になりますが、それ以外は走ってるんですよ………。

 信じられません。

 ものすごいチャレンジですよね。

 一日にも早く病気を治して、チャレンジを続けてほしいと思います。

 私も応援しています☆

◆さて、仮にあなたが

 「ちょっと世界一周マラソンしてきてもらえませんか?」

 と言われたとしたら、あなたは何て答えるでしょうか?

 おそらく

 「できませんよ!」

 とか

 「無理ですって!」

 と答えるのではないでしょうか。

 違いますか?

 「やりませんよ!」ではなく「できませんよ!」。

 このニュアンスが今回のテーマです。

◆アースマラソンとまでは言いませんが、

 例えば、

 「エベレストに登頂する。」

 「トライアスロンを完走する。」

 「1年で1,000万円貯金する。」

 「ヴァイオリンを演奏する。」

 など、すぐに

 ‘自分にはできない’

 と決めつけてしまっていませんか?

 確かに、現時点ではできないかもしれません。

 ただ、それは

 「やったことがない」

 というのが正確な表現なのではないでしょうか。

◆まだやったことがないのにもかかわらず、

 自分にはできないと決めつけてしまう。

 そして、そのように決めつけたものについては、

 私達はチャレンジすることすらしなくなります………。

 やったことがないのになぜでしょうか?

 これには何か理由があると思いませんか?

 ・

 私は思います。

 寛平さんだって、

 アースマラソンはやったことがなかったはずです。

 でも、現実にはチャレンジしてるんです☆

 それは、

 寛平さんの中には、この決めつけという「限界」が

 なかったからではないかと思うのです。

 ・

 「誰もやったことがない」 ⇒ 「できない」

 という理屈ではなく、

 「誰もやったことがない」 ⇒ 「自分がやってやる!」

 という思考があったに違いありません。

 絶対に達成してほしいですよね!

◆今回はこの「自分の限界」という考え方をテーマにしようと考えています。

 明日に続けます♪

◆今日は、「自分の限界」というテーマで、

 やったことがないことを私達は「できない」と言ってしまうことをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆情報の洪水を泳ぎきる!☆

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:もし高校野球の女子マネージャーが

         ドラッカーの『マネジメント』を読んだら(岩崎夏海)】

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

著者:岩崎 夏海
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔あらすじ〕

 「公立高校マネージャーのみなみは、

 ふとしたことでドラッカーの経営書『マネジメント』に出会う。

 はじめは難しさに戸惑うが、野球部を強くするのに、

 ドラッカーが役立つことに気付き始める。

 みなみと親友の夕紀、そして野球部の仲間たちが、

 ドラッカーの教えをもとに力を合わせて甲子園を目指す。」

◆物語自体としては、

 サプライズやオリジナリティがほぼありません。

 ハッキリ言えば、どこにでもあるようなストーリーです。

 ただ、

 そこにドラッカーを盛り込んだという時点で、

 著者の勝ちかなと感じました☆

 現に直近の紀伊国屋書店のビジネス書ランキングで

 堂々の1位でしたからね。

 発想が素晴らしい。

◆私もドラッカーに全く触れたことのなかった1人でしたので、

 そのとっかかりとしてはよかったかなと感じます。

 ドラッカーのエッセンスの中から、

 さらに抽出したエッセンスを盛り込んだ小説です。

 いきなり専門書を読むよりは、

 こちらから読んだ方が入りやすいかとは思います。

 ただ、

 この表表紙と挿絵は何とかならないものかと感じました。

 電車で読んでいて、

 いかにも美少女ゲームチックな絵(しかも、カラー)が出てくるのは、

 かなり恥ずかしいものがありました(苦笑)。

 これはいただけません………。

 ・

 次は、この本のまさに中心となっていた

 ドラッカーの『マネジメント』を読もうと思っています♪

◆さて、一昨日は「情報の洪水対策」というテーマで、

 実体験や過去の経験を検証センサーにすることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆インターネットをはじめとし、

 ありとあらゆる情報が受動的にも能動的にも入ってくる情報化社会では、

 やもすれば情報の洪水が起き、

 私達は情報を処理しきれず溺れてしまったり、

 誤った情報に流されるかもしれない危険性をはらんでいます。

 そのため、洪水の中で、

 全ての情報を吸収するのではなく、ごく限られた一部の情報を

 自分のものにできればよいと割り切る「呼吸法」、

 情報の真偽を確かめるために、

 実体験や過去の経験を判断材料とする「浮き輪」、

 と洪水対策をお伝えしてきました。

 今日は「泳力」についてお伝えしていきます。

 自分の力で泳ぐんです!

◆まどろっこしいのは好きではないので、

 今回も結論からお伝えしてしまいますね。

 情報の洪水の中で、自分の「泳力」となるもの。

 それは、

 ・

 【自分軸】

 ・

 です。

 自分軸さえブレなければ、

 どんな情報が来たとしても安易に流されることはありませんし、

 真偽を確かめにくい情報であっても有効に活用できます。

 逆に、

 自分軸がしっかりしていないと、

 どこまでいっても情報に左右され、

 首尾一貫した行動をとることが難しくなってしまいます。

◆例えば、

 パソコンを買い替える時に、

 Aさんは、

 「やっぱりソニーが一番使いやすくていいね!」

 と言っていたとします。

 かたやBさんは、

 「パナソニックのパソコンは、本当に素晴らしいよ!」

 と言っていたとします。

 さらにCさんは、

 「パソコンと言えばNEC以外は考えられないね!」

 と言っていたとします。

 さて、どうしましょうか?

◆Aさん、Bさん、Cさんは嘘を言っているのでしょうか?

 おそらく、

 誰も嘘はついていないでしょうね。

 Aさん、Bさん、Cさんともに、心からそう思っているのです。

 でも、

 事実として意見が食い違っています。

 誰を信じればよいのか、これだけでは判断できません

◆しかしながら、

 「自分軸」がしっかりしていればどうでしょうか。

 仮にあなたがパソコンを買い替える目的が、

 「機能は最低限でも良いので、どこにでも簡単に持ち運べて、

 動きがスムーズなパソコンにしたいから」

 ということであれば、

 それぞれのパソコンの重さや処理速度を知ることにより、

 自ずと自分にピッタリなパソコンを選ぶことができるはずです!

 ものすごく安易な例ですが、

 これが「自分軸」です☆

◆他人がどう感じるのか、

 環境がどう受け入れるのか、

 社会がどう判断するのか、

 もちろんこれらも重要であるに違いありません。

 ただ、

 それよりも最も大切にしなければいけない、

 尊重しなければいけないのが

 “自分の価値観にとってどうなのか”

 ですよね。

◆自分にとってプラスになるのか・ならないのか、

 自分の成長につながるのか・つながらないのか、

 自分にとって必要なのか・不要なのか………

 全ては「自分軸」にかかっています。

 この「自分軸」を確固たるものに磨いていくことこそが、

 情報の洪水の中でも自ら泳いでいける力となります。

 ・

 あなたの「自分軸」はいかがでしょうか?

◆今日は、「情報の洪水対策」というテーマで、

 確固たる自分軸こそが自分の泳力になることをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

☆本日、体調不良なり………☆

◆今日は、「情報の洪水の中での泳力」という内容で

 お伝えしようと思っていたのですが、

 昨日の夜から体調不良です(泣)。

 寒気がありますねぇ………。

 この状況ではまともな更新はできそうにないので、

 体調を回復させ、明日以降また更新していきます。

 ・

 これからまた寝ます(笑)☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“実体験”を検証センサーにする☆

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:本田式サバイバル・キャリア術(本田直之)】

本田式サバイバル・キャリア術 本田式サバイバル・キャリア術

著者:本田 直之
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔著書の肝〕

 「個のスキルを磨くことが、「今よりも豊かな暮らし」や「ビジネスのさらなる成功」

 「平均以上の成果」など、プラスアルファ、一歩上を目指すための

 ものだったのは、過去の話です。

 今は、「現状維持」のためにも、個人としての能力を蓄え、

 磨くことが必須の時代です。

 会社にいようと独立していようと、それができない人は淘汰され、

 滑り台をずるずると下っていくしかないのがこれからの世の中なのです。」

◆『レバレッジ・シンキング』に引き続き、

 本田直之さんの著書を読ませていただきました。

 この本の内容は、私が以前に更新させていただいた内容を

 さらに数倍、数十倍濃くしたようなもので、

 非常に共感しつつ読ませていただきました。

 と同時に、

 さらなる危機感を感じました☆

 個のスキルアップはこれからの世の中を生き抜くために必須なのはもちろん、

 自分だけが生き残ればよいというのではなく、

 社会やコミュニティー全体に浸透させていかなくては、

 自分の身を置く環境が変わっていかないと痛感しました。

◆「~が悪い」

 「~だからできない」

 「忙しい」

 は禁句とし、自分自身を成長させていくと誓いました♪

◆さて、昨日は「情報の洪水対策」というテーマで、

 至極の1行・一言を探すことを目的として情報と触れることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆今日は、

 「情報の洪水の中での浮き輪」

 についてお伝えします。

 浮き輪があれば、最低限水に浮かびます☆

 溺れることはなくなります。

 そういった意味で、この浮き輪はあなたが情報を見極めるための

 強力なサポートツールになってくれるに違いありません。

◆私の提唱する浮き輪を簡単にお伝えしてしまえば、

 ・

 【実体験や過去の経験】

 ・

 です。

 例えば、

 「Aメーカーの車は素晴らしいからあなたも気に入るよ。」

 という情報があったとします。

 この情報に対し、

 仮にインターネットを検索すれば素晴らしいという人もいれば、

 乗りにくいという人もいて、賛否両論出てくるでしょう。

 人によって感じ方は違いますから、当然です。

 また、Aメーカーのパンフレットを読むことにより、

 Aメーカーの車の詳細な情報を得ることは可能です。

◆ですが、

 “あなたにとってもAメーカーの車は素晴らしい”という情報は、

 どうすれば正しいか否か判断することができるのでしょうか?

 それは、

 人の感想をどれだけ聞いても、

 メーカーからの情報を聞詳しくいてもわかりません。

 一番手っ取り早い方法は、

 「実際に自分がAメーカーの車を運転してみること」

 です☆

 実体験ですね!

 情報の真偽を確かめるのに、

 実体験に勝る検証はないのではないでしょうか。

◆また、

 「あのお店のカレーは美味しいよ。」

 という情報を得た時も、もし過去にあなた自身が

 そのお店のカレーを食べていたとすれば、

 その情報の真偽はすぐに判断できますよね。

 この場合は過去の経験が検証センサーの役割を果たしてくれています☆

◆もちろん、

 世の中には実体験が可能なものとそうでないものがあります。

 「宇宙では色のついたシャボン玉が作れるらしい。」

 という情報の真偽を確かめようとしても、

 現時点ではなかなか宇宙へ行く機会を得ることは難しいです。

 このような場合は、

 他者の体験や記録をあなたの体験の代わりにするしかありません。

 ・

 ただ、

 情報の真偽を確かめるために、

 自分でできること、体験できることについては、

 できる限り自分自身でやってみることが望ましいですね。

 なぜなら、

 それが最も確実な検証センサーとなるからです!

◆誤った情報に振りまわされ、

 情報の洪水にのまれないためにも、

 実体験や過去の経験を浮き輪としてみてはいかがでしょうか。

 『何事も経験』

 という言葉は、そいった意味で非常に深い言葉ですね。

◆今日は、「情報の洪水対策」というテーマで、

 実体験や過去の経験を検証センサーにすることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆その1行と出逢うために、この本を読んだんだ!☆

◆昨日は、録画していた日曜ドラマ『新参者』を見ました。

 ⇒ http://www.tbs.co.jp/shinzanmono/

 初回の視聴率も21%と、かなり高めの数字です。

 さすが東野圭吾さんの人気は健在ですね!

 『流星の絆』も視聴率よかったですし。

◆第1話の正直な感想を書くと、

 泣いてしまいました(笑)。

 原作ではあまり重く書かれてはいないのですが、

 映像だと妙に感情移入できてしまい、最後は泣いてました。

 市原悦子さんの演技がさすがでした☆

 ただ、

 加賀恭一郎(主人公)が阿部寛色に染められてました(苦笑)。

 原作はもっとクールなイメージだったのですが、

 あれでは心の動きに敏感なただの食い倒れキャラです………。

 原作が爽やかに描かれ過ぎているのかもしれませんが、

 ちょっとイメージは狂いましたね。

 でも、

 映像化される時点で原作とは違う作品になるのはわかってましたし、

 これはこれで割り切って見ると、かなり面白いキャラ設定ではあります!

◆原作が素晴らしいのはもちろんですが、

 なんだか良いドラマになりそうな予感です。

 基本的に人情モノは嫌いじゃないので。

 人形町でも散策してみよっかな。

 阿部寛さんを見られるかも!?

 ・

 ちなみに、

 最近浅草駅から帰宅していると、ジョイマンさんを見ました。

 久しく芸能人を生で見ていなかったので、

 ‘お~ぉ。’

 って言っちゃいました。

 「ナナナナ~♪」とは言ってませんでしたね(笑)。

 当たり前か♪

◆さて、昨日は、「情報の洪水対策」というテーマで、

 現代は情報の洪水であることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、現代社会は情報であふれかえっており、

 「正しい情報」も「誤った情報」も混在しているため、

 無防備でいると情報の洪水に溺れてしまったり、

 波に流されてしまうということをお伝えしました。

 それでは今日は、

 具体的にこの情報化社会でうまく生き抜くためのヒントを

 お伝えできればと考えています☆

◆まずは

 「情報の洪水の中での呼吸法」

 です。

 この大前提として、

 まず1つ自分の中で割り切りが必要だと考えています。

 それは、

 ・

 【入ってくる全ての情報を吸収・処理することは不可能】

 ・

 という割り切りです。

 この割り切りができていないと、

 一瞬で情報の洪水の中で呼吸ができずに溺れてしまうでしょう。

◆情報がこれだけ氾濫しているわけですから、

 目にした情報、耳にした情報の全てを、

 自分自身に取り込もうとすることは避けることをお薦めします。

 それはあたかも、

 パソコンが高性能になってきたからといって、

 全てのソフトをインストールしていたら、

 パソコンがフリーズしてしまうようなものです☆

 ムチャですよね(笑)。

◆メルマガを読む方もいるでしょう。

 雑誌を読む方もいるでしょう。

 新聞を読む方もいるでしょう。

 テレビを見る方もいるでしょう。

 ラジオを見る方もいるでしょう。

 本を読む方もいるでしょう。

 ブログを読む方もいるでしょう。

 (読んでいただき、ありがとうございます!)

 ・

 そこで目にした、耳にした情報の中から、

 一言でもかまいません。

 一行でもかまいません。

 ‘あぁ、この情報を得るために今を過ごしたんだ!’

 と断言できる一つまみの情報を見つけ出すように

 意識を向けてみてはいかがでしょうか?

◆例えば、

 1冊の本を読んだとして、

 大体の内容は理解したものの、具体的には何も変化していない人と、

 全体の内容は全くわからなかったが、ある1行に書いてある内容だけは、

 すぐさま行動に移している人であれば、

 どちらがより良い情報活用ができているでしょうか?

 おそらく、

 後者を選択される方が多いはずです。

 なぜなら、

 具体的な行動に移し、生活を変化させているからですよね。

◆情報は、触れるだけでは何の意味もありません!!

 見て、聞いて、知って、わかって、やってみる(アウトプット)ことで、

 初めて活用できていると言えるのではないでしょうか☆

◆したがって、

 そのメディアからほんのワンセンテンス・1行でもいいから、

 【自分に刺激・変化を与えてくれる情報を得るという目的を持つ】

 ことが、情報の洪水での呼吸法となります。

 本を1冊読んで、メルマガを1ヶ月読んで、

 至極の1行を見つけられたら、それで万々歳です!

 十分です☆

 そんな感覚を持つと楽になりますよ♪

 ・

 恥ずかしながら、

 私のブログも継続して更新していれば、

 いつかそんな至極の1行が出てくるのではないかという期待を持ち、

 模索し続けながら更新しています。

 「少しでも参考になれば幸いです。」とは………

 心からの叫びだったりします(笑)。

◆今日は、「情報の洪水対策」というテーマで、

 至極の1行・一言を探すことを目的として情報と触れることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆情報の洪水で溺れないためには?☆

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:しのぶセンセにさよなら(東野圭吾)】

しのぶセンセにサヨナラ (講談社文庫) しのぶセンセにサヨナラ (講談社文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔あらすじ〕

 「男勝りの小学校教師竹内しのぶが、

 彼女に好意を抱く若手刑事と、元教え子の悪ガキ生徒とともに

 身の周りで起こる事件を解決していく短編集。」

◆東野圭吾さんの作品はかなり読んでいる方だと自負していますが、

 この作品は借りては読まずに返し、

 借りては読まずに返す繰り返しをしていました。

 なんかあまり魅かれなくて………。

 ただ、

 今回は‘絶対読み切る!’と決めて読み始めました。

 いざ読み始めてみると、

 東野さんらしい大阪弁のやりとりと、個性の強いキャラが立つ、

 メリハリのきいた短編集でした☆

 まぁ、東野さんらしい虚を突かれるサプライズもなければ、

 仕掛けられたトリックや伏線もあまりないので、

 読み応えはないかもしれませんね。

◆個人的には、

 主人公と悪ガキどものやりとりはけっこう好きで、

 関西の日常をリアルにイメージさせてくれました。

 ミステリーというよりは、

 ユーモア小説の色が強いですね。

 想像よりは面白かったです!

◆一昨日は、「力のかけどころ」というテーマで、

 頑張らないですむように頑張ることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆現代は、「情報化社会」と言われて久しいですよね☆

 ・

 過去には新聞、書籍、雑誌などの

 文字情報が主流であった世界が成立していました。

 そこから、

 ラジオやテレビといった視覚情報もが主流となったのは、

 そんなにはるか昔話ではありません。

 ただ、このどちらも限られた一定の範囲の情報から、

 私達が大きなくくりで取捨選択をしていました。

 ランチにハンバーガー屋さんに行って、

 何バーガーとドリンクを選ぶようなものです。

◆それに比べ、

 ここ10年の間でインターネットが急速に発達し、

 私達を取り囲む情報は飛躍的に増加しました。

 HPの検索、メルマガ、ブログ………

 一定の範囲という制限が取っ払われ、

 今は制限がなくなったと言っても過言ではありません。

 それはあたかも、ランチに街を歩き回って、

 ハンバーガー屋さん以外にもファミレスや定食屋、

 ラーメン屋、そば屋、パスタ屋、カフェ等、

 どこに入るのも自由であるようなものです。

 食べ物屋という括りはあるかもしれませんが、

 その選択肢の数は今までと比べものになりません。

◆食べ物屋の数も多ければ、

 各お店の中でメニューがあるのですから、

 全てのお店を巡って、1つ1つのメニューを比べていくのは、

 ほぼ不可能と言えるのではないでしょうか☆

 そのため、

 しばしば現代は“情報の洪水”が起きているとも言われています。

 あなたもそんな風に感じたことはありますか?

◆情報の洪水の特徴としては、

 「正しい情報」も「誤った情報」も玉石混交して、

 同じように流れてくる点です。

 見た目は同じような情報であっても、

 その正確性や価値の大きさや情報の質には大きな差があります。

 ダイヤモンドや水晶と、

 ガラス玉が混ざっているようなものです。

 精巧なガラス玉なので、

 ダイヤのカット、カラー、カラットなど、

 一般人では区別がつきません。

 何の知識もない人が宝石の鑑定をできないですよね。

◆つまり、

 情報の洪水の中では、

 ・

 【「正しい情報」を自分で見つけ出し、選択していかなければいけない】

 ・

 ということが言えます。

 そうでないと、

 あっという間に洪水にのまれて溺れてしまいます(汗)。

 明日からはこの対策についてお伝えしていきます♪

◆今日は、「情報の洪水対策」というテーマで、

 現代は情報の洪水であることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第7位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆法事☆

◆今日は生前とてもお世話になった叔母の三回忌です。

 そのため、もう少しで出ないといけないため、

 まともに更新をする時間がありません。

 すいません。

◆昨日は四国からやってきた叔父達と、

 4年ぶりくらいに飲みました。

 親戚の変化を間近で見ると、

 自分も年を重ねているのを感じます☆

 ・

 今日は二十年ぶりくらいに会う人が

 何人もいると聞いています。

 僕ってわかってもらえるかな………(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“がんばりどころ”を間違えないこと☆

◆昨日は、土曜日に研修会講師のため出勤した代休をとり、

 再度東京都庁を訪れました。

 目的は、宅地建物取引主任者の登録証の交付を受けるためです☆

 必要な書類を持って、

 銀行の窓口のような不動産関係の受付に行きました。

 登録証の交付費用は4,500円。

 そこそこかかります(汗)。

◆申請して、本を読みながら待つこと30分。

 ついに登録証ができあがりました!

100416_1329_00010001

 あれっ!?

 ………なんかイメージ違う。

 もっとこう、自動車の普通免許的な、

 こうしっかりしたカードみたいなやつかと思ってました。

 これだと、どっちかっていうと図書館のカードに近い感じ。

 ペラペラっすわ(苦笑)。

◆でも、

 「東京都知事 石原慎太郎」

 の名称も入ってるし、まぁいっか。

 今まで履歴書には普通免許しか書くことがなかったですが、

 とりあえず1つまともな資格が増えたってことでよしとしましょう!

 去年の7月から始めた“宅建資格ゲットプロジェクト”も、

 これにて見事完結です。

 次は「衛生管理者」かな♪

◆さて、昨日は「リアルな未来予測から行動へつなぐ」というテーマで、

 ゆでガエルにならないために行動を起こすことをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆今日は単発テーマになると思います。

 しかも、

 どの本で読んだかも、誰が行っていた言葉なのかも、

 残念ながら定かではありません。

 ただ、

 私の携帯メモにはしっかりと残されていますし、

 第一私の心にも深く刻まれました☆

 ですから、

 今日は出典はわかりませんが、

 私の理解している範囲でお伝えさせていただきます。

◆よくこんな風な決意表明を聞くことがあります。

 ・

 「~~のために精一杯頑張ります!」

 「~~を一生懸命頑張ります!」

 ・

 この時に、こんなことを言う経営者の方がいるそうです。

 「あのね、頑張ることはそんなにイイことではないんだよ。

 むしろ、

 【頑張らないですむような仕事にできるように】

 頑張ってください(笑)。」

 これって興味深いと思いませんか?

 私にとっては目から鱗でした。

◆「頑張る」

 という言葉は、どこか日本人の美徳をくすぐり、

 真面目で勤勉な印象を与える言葉です☆

 マイナスのイメージを受けることはありませんでした。

 ただ………

 頑張ると疲れちゃうんですよね。

 肉体的に精神的にも疲弊しますし、

 (私の場合)頑固に意地を張るのが頑張るの解釈ですから、

 疲れてもごまかしながら奮い立たせてるイメージなんです。

◆だったら、

 頑張らないでもうまくできるように環境を整えたり、

 無理をせずに取り組んでいける仕組みを作っていくことに、

 力を注いで工夫していく方が望ましいということなんだと思います。

 そういう意味で「頑張る」のなら、

 力のかけどころとして間違ってないということでしょうね。

◆ただがむしゃらに、

 何も考えずにとにかく一生懸命にやるのでは、

 貴重な時間がもったいないですし、

 思うほどの成果も得られないかもしれません。

 自分は頑張ってるのに認められないというのは、

 この部分の認識の違いが原因なのではないでしょうか。

 ・

 【頑張らないですむように頑張る】

 個人的には、

 ものすごく的確、かつ、深い言葉だと思いましたので、

 今日は単発テーマとしてお伝えしました。

 あなたは、今何を頑張ろうとしていますか?

◆今日は、「力のかけどころ」というテーマで、

 頑張らないですむように頑張ることをお伝えしました。

 明日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第7位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆ゆでガエルにならないために………☆

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:レバレッジ・シンキング(本田直之)】

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術 レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術

著者:本田 直之
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔著書の肝〕

 「その違いの原因は、すべて「考え方」にあります。

 あなたの考え方を根本的に変える必要があるのです。

 これがレバレッジ・シンキングで、その目指すところは、

 「労力」「時間」「知識」「人脈」にレバレッジ(てこの原理)をかけ、

 “Doing more with less”(少ない労力で時間と大きな成果を獲得する)を

 実現するというものです。」

◆言わずと知れた「レバレッジ」シリーズからの1冊です。

 レバレッジシリーズの火付け役となった

 「レバレッジ・リーディング」「レバレッジ時間術」に続く、

 第3弾が本著です。

 著書はおそらく火付け役となった前2作の

 根本にある考え方を開示していただけた1冊ですね。

 より長い時間働けば、より大きな成果が得られるという考え方は朽ち果て、

 本田さんの提唱される考え方が主流になっていくのだと思います☆

 特に

 「知識」や「人脈」については一朝一夕にどうにかなるものではないので、

 早くこの充実に着手すべきだと痛感しました。

◆私の職場のパソコンのAIメモには、早速

 “Doing more with less”

 と大きく書いて、目立つ位置に掲示しています。

 より大きな成果をえつつ、労力は抑える。

 そしてその余った労力を他に投資する。

 ぜひ意識して実践していきたいものです♪

◆さて、昨日は「リアルな未来予測から行動へつなぐ」というテーマで、

 恐怖モチベーションを自ら行動を起こすきっかけにすることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆空・雨・傘のフレームワークから、

 今回のテーマについてお伝えしてきたわけですが、

 決して脅しているわけでも、不安感をあおっているわけでもありません。

 客観的に第三者の視点から自分の環境をとらえて、

 将来も含めて全く問題がなければ、

 何も行動を変える必要はないわけです。

◆ただ、

 一つ今回のテーマに近い内容の喩え話で、

 このような話を聞いたことはないでしょうか?

 ・

 お水を張ったお鍋にカエルを入れておきます。

 下から弱い日で徐々に熱していきます。

 水がぬるま湯に変わってもカエルは逃げません。

 ぬるま湯がさらに温度を高めてもカエルは逃げません。

 とうとうお湯になってもカエルは逃げ出さず、

 ゆでガエルになってしまうというお話です。

 この話、

 本当かどうかは定かではありません。

 (実験した人っているのでしょうかね(苦笑)。)

 ですが、

 仮に最初から熱湯にカエルを入れた場合、

 カエルは慌てて飛び出すことでしょう。

◆つまりこの話では、

 急激な環境変化に対しては反応できるのに対し、

 徐々に変化していくことに対しては反応が鈍くなることを意味しています。

 慣れていってしまうんですよね。

 ・

 問題なのは、

 実際のカエルの反応ではなく、私達自身です。

 例えば、

 消費税は当初3%でした。

 この消費税を導入するのには非常に大きな反発があり、

 当時は社会問題になりました。

 しかし、これが5%に上がり、今度は10%にまで上がると言われています。

 導入時の3倍以上です!

 ただ、きっと導入時よりは過激な反応は起こらないだろうと

 私は感じています。

 なぜなら、

 水がぬるま湯になっているからです。

 つまり、

 消費税があることに慣らされてしまったからです。

 残念ながら、当たり前になってしまっているのです☆

 年金問題もそうでしょう。

 給料カットやリストラもそうでしょう。

 私達が反応できないくらいジワジワ環境は変わっていっているのです……。

◆そのような社会環境、自分の身の周りの環境の変化を知ることが、

 まさに今回のフレームワークで言うところの、

 「空を見上げること」

 だったのです☆

 そしてそこから何を感じ、予測し、

 どのように行動していくのかが、

 あなたがゆでガエルへの道を歩むか歩まないかを分ける

 1つのターニングポイントになるのではないかと思うわけです☆

◆もちろん私も、

 雨が降りそうな空を見上げて、

 ‘まだ、今日いっぱいくらいはもつんじゃないか?’

 なんて自分に有利な考えをしてしまう時もあります。

 ただ、

 そんな自分に気づいて、戒めることができる感覚を、

 今後は養っていこうと誓っています。

 ・

 「空を見上げて」(【客観的な】現状確認(変化も確認))

 「雨が降りそう」(【第三者視点での】未来予測)

 「傘を持っていく」(【具体的な】行動に移す)

 というごく当たり前の流れから、

 より俯瞰的な行動指針をお伝えしてみました。

 少しでも参考になれば幸いです。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます♪

◆今日は、「リアルな未来予測から行動へつなぐ」というテーマで、

 ゆでガエルにならないために行動を起こすことをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただき、

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第7位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆行動を起こすきっかけとしての「恐怖モチベーション」はアリ!☆

◆先日、ブログスカウトさんからのオファーで

 新商品の乾麺のPR記事を書かせていただきました☆

 ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-0a5e.html

 スーパーでもけっこう目にするようになりました。

 ・

 で、

 この記事のお礼としてアマゾンギフトカードを

 2,000円分いただきましたので、

 せっかくなので早々に買い物をしました。

◆今回、ギフトカードを使って購入した本は

 この2冊です。

 【今日の1冊:もし高校野球の女子マネージャーが

         ドラッカーの『マネジメント』を読んだら(岩崎夏海)】

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

著者:岩崎 夏海
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 【今日の1冊:マネジメント-基本と原則(P.F.ドラッカー)】

マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版] マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]

著者:P・F. ドラッカー,上田 惇生
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 1冊目のチョイスは‘えっ!?’って思われるかもしれませんね(笑)。

 ただ、

 何事も導入時のハードルは低くした方が、

 結果的に深くハマれるようになるので、

 読みやすそうな1冊をセレクトしました☆

◆ご覧になってわかるとおり、

 かの有名な“ドラッカー”です!

 ドラッカーは世界中で最もビジネス界に影響を与えた思想家として、

 多くのマネジメントの理念と手法を展開してきました。

 ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 様々なメディアで取り上げられており、

 ‘早く手をつけてみたいような、自分にはまだ早いような……’

 と迷っていました。

 ただ、

 今回ギフトカードをもらったことで、

 ビジネスの教科書的な位置づけで持っておいても損はないなと考え、

 「入門書」「基本書」各1冊として購入しました。

 ・

 まだ図書館で借りた本が数冊あるので、

 すぐには着手しませんが、できるだけ早く読み始めてみます。

 ドラッカーの世界へ足を踏み入れる………楽しみです♪

◆さて、昨日は「リアルな未来予測から行動へつなぐ」というテーマで、

 未来予測は第三者の視点から行う必要があることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は客観的な現状確認をしたうえで、

 第三者の視点で未来予測を行うことにより、

 いくつかのシナリオを描くことができること。

 そして、そのシナリオが自分にとって不利なものであればこそ、

 対応する準備をすることができるというところまでお伝えしました。

 描いたシナリオがリアルであればあるほど、

 対応は迅速になり、かつ、効果的な策が選択できるはずです。

 ・

 したがって、

 この未来予測というステップには、

 あくまでも自分という存在は横に置いておいて、

 第三者の視点でリアルに想像したシナリオしか意味をなしません!

 何も意識していないと、

 自分にとって楽観的な未来を描いてしまいがちですからね。

 ここは注意すべきポイントです。

◆ここまでで、未来予測まではできました。

 第三者からの視点で描いた未来予測が、

 どう転んでも自分にとってマイナスがなければ問題はありませんが、

 シナリオによってはマイナスの可能性がある場合、

 それが行動のきっかけとなります。

 いわゆる、

 「恐怖モチベーション」

 からくる行動です。

◆人間が行動を起こすのには、

 つきつめて考えていくと次の2パターンしかないと言われています。

 それは、

 ・

  1.快楽の追求

 ・

  2.苦難の回避

 ・

 です。

 人は快楽を得るためか、

 苦難を避けるために行動しているのです。

 遊園地に行って遊んだり、好きな人と時間を過ごしたり、

 趣味に没頭したり、お酒を飲んだり………

 これらは快楽を求める行動の典型例ですね。

 一方、

 生活するために働いたり、人間関係に気を遣ったり、

 望んではいない勉強をしたり、面倒な家事をしたり………

 これらは苦楽を避けるための行動です。

 ・

 人間はこのどちらかをきっかけにして、

 行動をしていると言っても過言ではありません。

 (2つが並行している場合もありますが)

 あなたはどうでしょうか?

◆だからこそ、

 雨が降りそうな時には、

 ‘濡れてびしょびしょな姿は気持ち悪いし、寒いし、人に見られたくない’

 と思って傘を持っていくんですよね。

 苦難を避けるための行動をネガティブにとらえる方もいらっしゃいますが、

 「このままでは苦難にあうかもしれない恐怖」を

 自分のモチベーションにして、行動を起こすのは、

 しごく自然な流れであると言えないでしょうか。

 ・

 保険に加入するという行動を起こすのは、

 万一の時に自分や家族が困るのが怖いからですよね。

 外出する時にきちんとした服を着ていくのは、

 周りから変な風に想われて、恥ずかしい思いをするのが怖いからですよね。

 本当は嫌な頼みごとを受けるのは、

 その人から嫌われてしまい、関係が壊れるのが怖いからですよね。

 このような例は、挙げれば数に限りがありません。

◆今回のテーマに沿って考えていくと、

 【適切な恐怖モチベーションを行動のきっかけとすべき】

 だし、むしろ

 【恐怖モチベーションに背を向けるのは、自分の首を絞めることになる】

 と考えるべきではないでしょうか。

 明日でこのテーマを一区切りにさせていただきます☆

◆今日は、「リアルな未来予測から行動へつなぐ」というテーマで、

 恐怖モチベーションを自ら行動を起こすきっかけにすることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第7位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「未来予測」は第三者の立場で行う!☆

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:大金持ちをランチに誘え!(ダン・S・ケネディ)】

大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」 大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」

著者:ダン・ケネディ
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔著書の肝〕

 「答え-成功に至る唯一の法則

  行動あるのみ!

 ↑本に書いてあるのは、

 もっと大きな文字で書かれています(笑)。

◆この本もタイトルだけはずっと前から聞いたことがあったのですが、

 ついつい読みっぱぐれていました。

 今回読んでみて、目新しいことはなかったのですが、

 とにかく自分自身が行動するしか、

 自分の成功を切り開く道はないんだなということは、

 ハッキリとわかりました☆

◆ただ待っていても白馬の王子様は現れません。

 同じ待つにしても、

 きちんと容姿を整えたり、

 自分がここにいることをアピールしたり、

 イメージトレーニングをしたりしておくことで

 ただ待つよりもその確率は高められるのではないでしょうか。

 「行動」

 改めてその単純な成功の秘訣に気づかされました♪

◆さて、昨日は「リアルな未来予測から行動へつなぐ」というテーマで、

 リアルな未来予測には、

 客観的な現状確認が必要であることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、客観的な「現状確認」が必要であることをお伝えしましたが、

 今日は「未来予測」についてです。

 未来予測をするのにもポイントがあります☆

◆ポジティブシンキングが良いとも言われますが、

 未来予測をする際に、自分の都合がいいように

 推測してしまうことがあります。

 ・

 例えば、

   ●他の会社は業績が下がってるけど、

    うちはみんな頑張ってるから右肩上がりだろう

   ●有名な企業でも倒産しているけど、

    うちは大企業だから大丈夫だろう

   ●給料が上がらない会社が多くなってきてるけど、

    うちは今も上がってるから、これからも上がっていくだろう

   ●リストラが始まるとは聞いているけど、

    自分は組織に貢献しているから対象にはならないはずだ

   ●国が破綻したという話はあるけど、

    先進国の日本は心配ないだろう

 このような未来予測をしがちではないでしょうか。

 自分に有利な未来予測をすることで、

 自分自身を安心させたい気持ちはよくわかりますし、

 その未来予測が当たれば問題ありません。

◆ただ、

 自分にとって都合のよい未来予測が

 当たる時ばかりではないことを知っておく必要があります☆

 未来予測は、1つに絞らなくてはいけないというものではなく、

 ・

 【いくつかのシナリオを描く必要がある】

 ・

 と私は考えています。

 今のまま進んでいっても問題のない自分に有利なシナリオと、

 今行動しなければ将来的な危機が発生する自分に不利なシナリオ、

 最低限この2つは持っておいた方がよいのではないでしょうか。

 もちろん、

 この2つ以外のシナリオも選択肢として持っておくのはかまいません。

◆例えば、

 自分が今の職を失う可能性を0%と考えている人と、

 何らかの理由で職を失うかもしれないと考えている人では、

 危機管理能力および自己成長力が違います。

 今の職が全てと考えてしまっている人は、

 それ以外の選択肢を最初っから放棄してしまうからです。

◆もちろん、

 今の職のスペシャリストになることを否定しているわけではありませんし、

 一生涯同じ仕事をして生きることも一つだと思いますし、

 むしろ素晴らしいと私は考えています。

 しかしながら、

 客観的な現状確認をすることにより、

 不可抗力により現在の環境を失う可能性が0でないと知ったのであれば、

 それに対応できる未来予測(シナリオ)も

 準備しておくにこしたことはないということをお伝えしたいのです。

◆それには、

 自分に有利な解釈だけをするのではなく、

 ・

 【現状確認を第三者からの視点で見た未来予測に置き換える】

 ・

 ことも意識していいく必要があるかもしれませんね。

 それこそが、

 自分の未来へのリスクヘッジになると私は考えています。

 明日に続けます♪

◆今日は、「リアルな未来予測から行動へつなぐ」というテーマで、

 未来予測は第三者の視点から行う必要があることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆客観的な“現状確認”ができていますか?☆

◆今朝は5時に起きました☆

 いつもより30分遅い起床です。

 昨日は、布団に入るのが10時半を過ぎていたので、

 11時からのカウントで6時間睡眠です。

 たいてい10時過ぎには寝られる状態にもっていくので、

 4時半起きが基本になっています。

◆今読んでいる本にも睡眠時間のことが書いてありました。

 やはり、90分タームで睡眠時間はとるようにした方が、

 目覚めがよいみたいです。

 友人の情報によれば、眠りの浅い時に起こしてくれる

 腕時計も発売されているようで、目覚めのニーズを感じますね☆

 しかも、

 最近の研究によれば、長生きしている人の睡眠時間を調べてみると、

 6時間~8時間が多いことがわかっています。

 あまり寝過ぎても、逆に疲れるみたいです(苦笑)。

 ということで、

 私は「6時間」を基本とし、疲れがたまっている時は「7時間半」、

 どうしても時間がない時は「4時間半」を睡眠時間と決めています。

◆以前は私も、平気で1時、2時に就寝するような

 生活をしていました時期があります。

 いわゆる夜型の生活ですね。

 当時は、

 ‘4時半起きとかありえない………’

 と思っていたのですが、いざやってみると

 辛いのは最初の1週間くらいで、慣れてくると圧倒的に、

 何をやるにも朝の方がはかどります!

 ・

 睡眠時間は、なくてはいけないものですが、

 その長さは全て自分でコントロールできます。

 1日1時間余計に寝ると、1年で365時間消費します。

 10年で3650時間、丸々150日くらい寝続けている計算ですね。

 あなたは自分の睡眠時間を決めていますか?

◆さて、昨日は「リアルな未来予測から行動へつなぐ」というテーマで、

 空・雨・傘のフレームワークをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆「空・雨・傘のフレームワーク」においては、

 まず空を見上げることから始まります。

 真上の空を見上げて、

 ‘あぁ、突き抜けるような青空だなぁ。’

 と認識したとしましょう☆

 本当に雲一つない青空だとすれば、

 これで全く問題ありません。

◆しかし、もしこれが

 西の方から黒い雲が近づいてきているのを

 見逃してしまっていたとしたらどうでしょうか?

 ほどなく空は黒い雲で覆われて、

 激しい雨が降ってくるかもしれません。

 にもかかわらず、

 ‘あぁ、突き抜けるような青空だなぁ。’

 と認識していたのですから、

 当然のごとく傘は持っていません。

 ・

 結果として、空を見上げていたのにもかかわらず、

 雨に濡れてしまうということになりかねません。

◆この雨に濡れるのを回避できなかった例で言えば、

 何が悪かったのでしょうか?

 それはもちろん、

 西から来ている黒い雲を見逃したことですよね。

 「現状確認」

 に誤りがあったということです。

 ‘空を見たのだから、そんなミスはしない。’

 と思われるかもしれませんが、

 仮にこれがイベントやデートの日など、

 自分が楽しみにしているものがある時ほど、

 楽観的(自分に優位)にとらえがちです。

 もう少し深くみてみましょうか。

◆現在のあながた置かれている現状はどうでしょうか?

 給料は上がっているでしょうか?

 安心して仕事ができる環境でしょうか?

 会社(事業)は成長しているでしょうか?

 生活は以前よりも楽になっているでしょうか?

 より豊かな生活ができるようになっているでしょうか?

 健康面に不安なところはないでしょうか?

 3年前の自分より成長しているでしょうか?

 人間関係はうまくいっているでしょうか?

 ・

 日本は安定しているでしょうか?

◆「客観的に」現状を確認してみてください!

 楽観的にとらえるのであれば、

 現状確認する意味はありません。

 むしろ、

 しない方がよいかもしれませんね。

 なぜなら、

 根拠のない安心によって、危機察知能力が低下してしまうからです。

 ・

 【客観的な現状確認をして初めて、リアルな未来予測ができる】

 ・

 ということを知っておく必要があります☆

◆例えば、国家1つとってみても、

 ギリシャの経済が破綻寸前です。

 財政赤字が、対GDP比で12.7%と

 EUの限界基準である3%を大きく上回っています。

 これは紛れもない現状です。

 1つの国が財政的に破綻の瀬戸際に立たされているわけです。

 個人で言えば、自己破産寸前と言えます。

◆‘国だから大丈夫だろう。’

 ‘国民の生活は何があっても守られるんだろう。’

 ・

 信じたい気持ちはわかりますが、根拠はどこにもありません。

 少しでもこのように考えているとすれば、

 楽観的と言わざるをえないのが現在のグローバルスタンダードです。

 10年度末には債務残高が1,000兆円に迫る勢いの日本。

 決してギリシャは他人ごとではありません。

 あなたはどんな「現状確認」をしていますか?

◆今日は、「リアルな未来予測から行動へつなぐ」というテーマで、

 リアルな未来予測には、

 客観的な現状確認が必要であることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第7位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆雨が降りそうだったら、何をする?☆

◆1冊、本を読み終えました☆

 【今日の1冊:ガール(奥田英朗)】

ガール (講談社文庫) ガール (講談社文庫)

著者:奥田 英朗
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 奥田さんの本、

 けっこうハマって読んでしまっているかもしれないですね。

 『マドンナ』と同じ形式の短編集です。

 『空中ブランコ』や『イン・ザ・プール』も短編集でしたし、

 割と得意なのかもしれないですね。

◆アラサーよりも、もう少し上の女性を描いた作品です。

 飛びぬけて面白いというわけではないのですが、

 非常に巧みに女性の深層心理を描いています。

 焦りと不安と不満。

 誰もが持っていつつも、日常生活では出さない。

 だからこそ、著者は描きたいのかもしれません。

 女性が読むと、すごくスッキリすると思いますね!

 著者の作品では大ハズレしたことがありません。

 ある意味、それもすごいなと感じています☆

◆あと、「バーニャカウダ」って知ってます!?

 ちょこちょこ言葉は聞くのですが、

 私は全く知りませんでした。

 もちろん、食べたこともありません。

 ということで、

 自分で作ってみました(笑)。

 材料は、にんにく、アンチョビ、オリーブオイル、牛乳、以上です。

 どうやら、ソース的なものらしいです。

 ・

 ≪作り方≫

  1.にんにく片を半分に切って、牛乳でゆでる(臭みをとるみたい)。

  2.にんにくを取りだし、細かく刻む。そして、アンチョビも細かく刻む。

  3.2.をオリーブオイルに入れて、軽く熱する。

  4.適量の牛乳を入れて、少し煮詰める。

 ・

 野菜スティックに付けて食べることが多いみたいです。

100411_1628_0001

 かなり大量の野菜が食べられてよいですね!

 初めて作りましたし、お店で食べたこともないので、

 これが本当に「バーニャカウダ」なのかわかりませんが(苦笑)、

 比較的好きな味でした。

 興味のある方はお試しください♪

◆さて、昨日は、「集中の法則の活かし方」というテーマで、

 適切な質問を「集中」して行うことにより、

 成果を出せる確率が高まることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆ふと、「空」を見上げてみます。

 なんだか「雨」が降りそうです。

 そこで、あなたは「傘」を持って出かけることにしました。

 ・

 この流れに何か違和感を感じますか?

 私は感じません。

 なぜなら、

 私が日常的に考えている思考と変わらないからです☆

 ‘雨が降りそうだから、傘を持って行こう!’

 って、不思議はありませんよね。

◆実はこれ、

 勝間和代さんの著書の中では、

 『空・雨・傘のフレームワーク』

 という表現で登場する思考法なのです。

 フレームワークという自体は、

 “枠組みでとらえて考えていく方法”

 の総省のようなもので、実はまだ私もあまり腑に落ちていません(泣)。

 マトリックスやディシジョンツリーなんかがそうだと言われていますが。

◆でも、

 そんな難しい表現は使わなくても、

 ‘雨が降りそうだから、傘を持っていく’

 という流れだけ見れば、私達が普段考えていることと同じなので、

 少しは理解しやすいのかなぁと感じています。

 いかがでしょうか?

◆この『空・雨・傘』とは何のことかと言えば、

 単純にすると、

 ・

 【未来予測】

 ・

 の話なのではないかと私はとらえています。

 未来に何が起こるのかってやつです。

◆もう少し詳しく見ていくと、

  「空を見る」……………現状確認

  「雨が降りそう」………未来予測

  「傘を持つ」……………現実行動

 と分解できます。

 すごく単純な流れですけど、

 こんな風に表現すると、すこしそれっぽく見えません(笑)?

◆日常生活の中で、

 あなたもこのような「未来予測」をしているのではないでしょうか。

 ・

 例えば、

 うわっ、今日ちょっと寝坊した〔現状確認〕。

                  ↓

 このままだといつもの電車に間に合わず、遅刻しちゃうかも〔未来予測〕。

                  ↓

 よしっ、駅まで走ろう〔現実行動〕。

 こんなことありますよね。

 今回は、この「未来予測」をテーマにしていきます。

 明日に続けますね♪

◆今日は、「リアルな未来予測から行動へつなぐ」というテーマで、

 空・雨・傘のフレームワークをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第7位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「2万回の質問」で変わらないわけがない!☆

◆昨日は、土曜日出勤してきました。

 まぁ、出勤とは言っても、

 研修の講師なので、いつもの業務とは違う感じです。

 新入職員を前にして(自分が面接した職員もいて)、

 約1時間ちょっとの研修☆

 しっかり前フリで入れましたよ………『なぞかけ』(笑)。

 おそらく、

 なぞかけ自体は知っていた職員が多かったらしく、

 笑いというよりも「おぉっ!」っていう歓声と、

 拍手をもらっちゃいました。

 歓声は嬉しかったですけど、

 拍手はちょっとこっ恥ずかしかったですね(苦笑)。

◆ちなみに披露したネタは、

 以前に書いた「新入職員と風船のかけあわせ」と、

 もう1つ考えていきました。

 「この研修会とかけまして、歌のドナドナとときます。」

 その心は、

 「講師(子牛)がとても緊張しています。」

 って感じです☆

 即興でこれくらい整えられればいいんでしょうけど、

 芸人ではないのでそこは難しいです。

◆研修内容自体も概ね言いたいことは全て言えたので、

 満足でしたね。

 ただ、

 土曜日出勤すると、あまり休んだ気がしないですね。

 昔は週6で働くのが当たり前でしたから、

 今はすごくゆとりある労働をさせてもらえてるんだなと痛感しました。

 来週は代休を取ります!

◆さて、一昨日は、「集中の法則の活かし方」というテーマで、

 負の思い込みによる悪循環を断ち切るために

 適切な質問をすることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆前回の更新で、

 適切な質問をすることでプラスの行動が生まれ、

 負の思い込みを未然に回避できることをお伝えしました。

 今日はさらに効率的にプラスの行動を

 起こしていくためのヒントをお伝えします☆

◆適切な質問にせよ、

 ニュートラルな質問にせよ、

 誤った質問にせよ、

 人は1日に自分自身に対する質問を、

 2万回以上していると言われています。

 自己質問だけで2万回ですよ!

 これってちょっとしたものだと思います。

 ・

 1日に2万回腹筋やったら、

 1週間くらいでお腹割れそうですもんね(笑)。

◆この2万回の質問のうち、

 たった1回の質問を適切な質問にしても、

 それほど変化は見られないのではないでしょうか。

 なぜなら、

 「集中」していないからです。

 洗面器いっぱいの水に、

 たった1滴の赤インクを垂らしても、水は透明のままでしょう。

 しかし、

 それが10滴、20滴、100滴、1000滴となっていけばどうでしょうか?

 どこかの段階で、

 水が赤く染まっていくのではないでしょうか。

 それが「集中」の効果です☆

◆このテーマの一番最初でもお伝えしたとおり、

 何事も集中して行うことにより、

 1+1が3になったり、

 2+2が6になったり、

 3+3が10になったりするのです。

 ・

 誤った質問をする回数が多くなれば、

 負の思い込みに陥るスパイラルも加速します。

 適切な質問をする回数が多くなれば、

 プラスの行動を起こす回数も増え、

 成果を出せる可能性も高まります!

 「全て自分の中に答えはある」

 と言われています。

 そうであれば、2万回の適切な質問を繰り返せば、

 自ずとしなければいけない行動に気づくものではないでしょうか。

◆集中するとマイナスもそれだけ大きくなりますし、

 プラスもそれだけ大きくなります。

 それが

 「集中の法則」

 です。

 あなたが自分自身にする自己質問に

 スポットを当ててみましょう☆

 「集中の法則」を効果的に活かせる

 絶好のアプローチになります。

 これから、あなたはどんな自己質問をしますか?

◆今日は、「集中の法則の活かし方」というテーマで、

 適切な質問を「集中」して行うことにより、

 成果を出せる確率が高まることをお伝えしました。

 これでこのテーマは一区切りとさせていただきます。

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第7位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆適切な質問 ⇒ 行動 ⇒ 自信(×思い込み)☆

◆普段、あまり紹介することはないのですが、

 今日は1つブログを紹介させていただきます。

 【パワーブロガー仕様のアメブロに変身!

  今すぐ同業者と差別化し売上げ2倍を実現せよ!】

 ⇒ http://ameblo.jp/kenjya-habit/

 このブログでは、現在企画として

 「ブログで創る1万人の友達の”輪”」

 を行っているとのこと。

 紹介が紹介を呼び大きな”輪”を作っていきたいと

 考えているようです。

 明確なビジョンですね!

◆なぜ、このブログを紹介させていただいたのか?

 それは、

 私のブログを先にご紹介いただいたからです☆

 ⇒ http://ameblo.jp/kenjya-habit/entry-10500785089.html

 私から何か依頼をしたわけではありませんが、

 相葉さんがひょいと取り上げていただきました!

 ものすごく嬉しかったです♪

 あまりこのような機会もないので、

 まず私にできることから力になれればと思い、

 今日ご紹介させていただきました。

 ・

 この企画というわけではありませんが、

 相互紹介のアプローチをいただければ、

 できるだけお応えしていこうと考えています!

◆やはり、ビジョンを掲げて行動されている方は強いですね。

 せっかく応援していただいているので、

 私もそれに応えていけるように、日々邁進していきます♪

◆さて、昨日は「集中の法則の活かし方」というテーマで、

 適切な自己質問をすることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は「適切な質問」をすることで、

 負の思い込みに陥る悪循環を断ち切れることをお伝えしました。

 では、今日はなぜ悪循環を断ち切れるのかについて

 お伝えしていきます☆

◆負の思い込みの悪循環は、

 ・

 “ちょっとしたつまづき” ⇒ “周りのフィードバック” ⇒ “誤った自己質問”

 ⇒ “さらなるつまづき” ⇒ “負の思い込み” ⇒ “自信喪失”

 ⇒ “挑戦意欲低下” ⇒ “実際にできなくなる” ⇒ “さらなる自信喪失” ⇒

 ・

 概ねこのような流れで起こっていきます。

 一度流れに乗ってしまうと、

 なかなか流れに逆らって行動することは難しくなります。

 改善の行動を起こすためには、

 一度どこかでせき止める必要があります!

◆せき止めることができるポイントはいくつもあると思います。

 例えば、

 最初のつまづきが起こった時に、

 周り、つまり親や家族や教師や友達や同僚や上司・後輩の

 フィードバックがポジティブであれば、

 誤った質問をすることはありません。

 ただし、これは他者に期待している分、

 自分自身ではどうすることもできません。

 ・

 また、

 ‘絶対にうまくいくまであきらめない!’

 という信念のもと、挑戦意欲を落とすことなく、

 ずっとチャレンジしていけるのであれば、

 いつかうまくできる時が来て、

 実際にできなくなるということはありません。

 ただし、これは強靭な精神力が必要で、

 全ての人ができるとは限りません。

◆そこで、

 最も効率的、かつ、誰でも実践できる手段が、

 「誤った質問 ⇒ 適切な質問」

 へと変えることなのです☆

 ‘なぜ、できないのか?’

 ではなく、

 ‘どうやったらできるのか?’

 に変化させることで、

 うまくできる手段・方法を探します。

 しかも、これは誰の手も借りずに、

 強靭な精神力も必要ありません。

 ・

 この変化により、

 さらなるつまづきを回避することができます。

 なぜなら、

 うまくできる方法で「行動」するからです。

 何もないところからスタートした

 最初のつまづきとは状況が異なります☆

◆うまくいく方法で「行動」することにより、

 実際にうまくできる確率が高まります。

 いきなりはできないかもしれませんが、

 以前のつまづきよりも進歩していることに気づくはずです。

 場合によっては、

 一発でうまくいくこともあるかもしれませんし!

 この変化で自分に「自信」がついていきます。

 ・

 【適切な質問 ⇒ 行動 ⇒ 自信】

 ・

 というサイクルが生まれ、

 負の思い込みによる悪循環を断ち切ることができるのです。

 明後日はいよいよこのテーマの最後になります。

 今日の夜は研修所宿泊なので、明日の更新はお休みです☆

◆今日は、「集中の法則の活かし方」というテーマで、

 負の思い込みによる悪循環を断ち切るために

 適切な質問をすることをお伝えしました。

 明後日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第7位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆適切な質問が、あなたに舵をきらせる!☆

◆昨日は、さすがに不安を覚えました。

 と同時に、少し不満も出てきました。

 何のことかと言えば………

 サッカーです!!

 昨日はW杯メンバー発表前の最後の国際公式戦。

 相手は国内組のセルビア。

 最低でも引き分けだろうと考えていました☆

 ・

◆【昨日の結果:日本 0-3 セルビア】

 ・

 ハッキリ言ってダメダメです。

 ボールもゴールも簡単にとられ過ぎです。

 全く機能してませんでしたね。

 良かったのは後半から出た石川選手位のもの。

 当落線上の選手を試すという当初の目的はどうなってしまったのか?

 と疑問を持たずにはいられない試合となってしまいました。

 岡田監督のことなので、

 何か考えがあって(そう信じたい)のことだと思うのですが、

 3点差の完封負けはいかがなものかと(苦笑)。

 ちょっと笑えません。

◆W杯まであとわずか64日。

 ベスト4を目標に掲げている国としては、

 ここ最近の試合はあまりにもお粗末。

 海外組が入って一変することはないと思いますが、

 とにかく選手もサポーター同様気持ちのこもった試合をしてほしいです!

 その辺、本田選手は熱い。

 日韓W杯で狂喜乱舞し、ドイツW杯でMAXの悔しさを味わった私ですが、

 今回は直前になってもあまり燃えていません。

 負けてもショックを受けないのではないかという

 自分の心境がショックです。

 それでも、やっぱり一サポーターとして応援したいです!

 (今さら監督交代は厳しいと思うので……)ガンバレ、岡田ジャパン!!

◆さて、昨日は「集中の法則の活かし方」というテーマで、

 思い込みを作る最大の原因は自己質問にあることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、周りからのフィードバック等により、

 うまくいかない自分自身を正当化するための質問を自分にすることにより、

 負の思い込みが形成されていくことをお伝えしました。

 ‘なぜ、~~できないのか?’

 ‘なんで、~~がうまくいかないのか?’

 というような質問は、

 できない理由探しの質問であることは、

 わかっていただけたかと思います☆

 このような質問を幾度となく繰り返していては、

 できるものができなくなっても何ら不思議ではありません。

◆では、どうすればよいのでしょうか?

 答えはシンプルです。

 察しの良い方であれば、

 既に推測できているのではないでしょうか。

 答えは、

 ・

 【適切な質問をする】

 ・

 ことです。

 つまり、

 質問の質を変えるということです。

◆できない理由探しの質問は、

 自分のできない理由を探すばかりで、

 生産性のある答えを見つけることができません。

 なぜなら、

 質問によって求めている答えがそうだからです。

 ・

 では、

 “適切な質問”とはどのような質問を指すのでしょうか?

 簡単に言ってしまえば、

 できる理由探しやどうしたらできるか(手段・方法)探しを

 答えとする質問です。

◆昨日の歌をうまく歌えない場合の例で見てみましょう。

 ・

 ‘なんでもっとうまく歌えないんだろう?’

           ↓

 ‘どうしたらもっとうまく歌えるだろう?’

 ・

 と変化させてみてはいかがでしょうか。

 後者の質問に対する答えは、

 「一人でカラオケを練習してみる」

 「腹式呼吸を実践して、声量を増やす」

 「リズム感を鍛える」

 「上手い人の歌い方を真似てみる」

 等々、仮に本当にうまくなかったとしても、

 うまくなるための手段や方法はいくらでもあります。

 それを自分に気づかせるための質問が、

 “適切な質問”なのです♪

◆このまま突き進んでしまうと

 渦潮に飲みこまれてしまう船であっても、

 舵をきりさえすれば渦潮を回避することは可能です。

 「できない理由探しの質問」があえて誤った方向への舵取りなのに対し、

 「適切な質問」は進むべき方向への舵取りだと言えます。

 たった1つのきっかけで、

 自分自身が大きく変わることがあります。

 あなた自身は、

 適切な自己質問をできているでしょうか?

 明日に続けます。

◆今日は、「集中の法則の活かし方」というテーマで、

 適切な自己質問をすることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第7位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆思い込みの最大の原因は、あなたの自己○○にある☆

◆昨日は、久々に仕事を早めに切りあげられたので、

 宅建用の証明写真を撮ってきました☆

 【今日のお店:カメラのキタムラ 赤坂店】

 ⇒ http://blog.kitamura.jp/13/8438/index.html

 平日は20時まで営業しているようで、

 けっこうギリギリの到着でしたが、無事撮ってもらえました。

◆スピード写真でも7,8分はかかると思いますが、

 カメラ屋さんで撮ってもわずか10分くらいでしあがります。

 しかも、

 写真4枚と焼き増し用のCD‐ROMも付いて1500円。

 このCDがあれば、どのサイズの写真でも焼き増しできるとのこと。

 ありがたいサービスですね☆

 これで主任者証をもらうための全ての材料がそろいました。

 土曜日に講師をするので、その代休がもらえそうなので、

 その時に申請してこようかなぁと考えています。

 1時間の講師で代休もらえるのって……ちょっとした罪悪感です(笑)♪

◆さて、昨日は「集中の法則の活かし方」というテーマで、

 苦手なことの原因は負の思い込みであることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆多くの場合、

 あなたが苦手意識を持っていることの原因は、

 “負の思い込み”であることは昨日お伝えしました。

 そう、思い込みに過ぎないのです☆

 ・

 例えば、

 人前で歌を歌う時に恥ずかしかったために、

 大きな声が出せなかったとしましょう。

 そうすると、周りから

 「声量がないよね……。」

 「音楽に負けちゃってる。」

 というようなネガティブなフィードバックを受け、

 結果として自分も

 ‘私(俺)って歌が下手なんだな。’

 という思い込みをもってしまい、

 歌う機会があるたびに、さらに苦手になっていくという悪循環が起きます。

◆“負の思い込み”をしてしまうのに、

 周りからのフィードバックも原因の1つですが、

 それよりもはるかに影響の大きい原因があります☆

 それが何かわかりますか?

 ・

 答えは、

 【自己質問】

 です!

 自己質問とは、文字通り自分に対する質問です。

 心の中で、自分に対してどんな質問を投げかけているかが、

 負の思い込みの最大の原因となっているのです。

◆先ほどの歌の例でみてみましょう。

 周りからのフィードバックを受けた時に、

 自分の中でどんな質問が浮かぶでしょうか?

 ‘なぜ、自分は声大きな声が出せないんだろう?’

 とか

 ‘なんでもっとうまく歌えないんだろう?’

 と、思っちゃったりしませんか?

◆これ、悪循環に陥る典型例です★

 なぜか?

 「うまく歌えない理由探し」の質問だからです!

 これらの質問は、

 うまく歌えない自分を正当化するための理由を探す質問です。

 ・

 答えとしては、

 「昔から地声が小さかったから。」

 「人前だとあがっちゃうから。」

 「音楽の成績はよくなかったから。」

 「別にうまく歌が歌えなくてもいいと思ってるから。」

 「大きな声で歌って音程外すとショックだから。」

 などなど、できない理由はいくらでも見つけられます。

◆ダメな自己質問によって導かれた

 これらのうまく歌えない多くの理由に裏打ちされ、

 あなたの“負の思い込み”は確固たるものになります。

 ・

 【自己質問によって、あなたの思い込みは形成されていく】

 ・

 と言えます。

 では、どうすればよいのでしょうか?

 それは明日に続けます♪

◆今日は、「集中の法則の活かし方」というテーマで、

 思い込みを作る最大の原因は自己質問にあることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“負の思い込み”があなたを不幸にする!☆

◆つい先日、新入職員に対し

 1時間程度の研修講師をするように指示されましたが、

 その日程が土曜日であることが判明しました(笑)。

 今新入職員は研修所に泊まり込みで新人研修を受けているのですが、

 私も金曜日の夜に前泊します☆

 ということで、

 今週の土曜日は更新ができませんので、あしからず……。

◆この新人研修の講師自体は3年目となります。

 どの研修においてもそうですが、

 いきなり研修内容に入ってしまっても、

 なかなか興味を持って聞いてもらえないものです。

 では、どうするか?

 一番手っ取り早いのが、

 「講師自身に興味を持ってもらうこと」

 です☆

 興味のある人の話は、内容がどうであれ聞きます。

 そこで、ツカミが肝心となります。

◆今回はどんなネタでいこうかと考えていたのですが、

 最近“ねづっち”という芸人さんがプチブレイクしているのに倣って、

 「なぞかけ」でもしてみようかといくつか考えてみました。

 (こんな人)⇒ http://news.livedoor.com/article/detail/4600641/

 「ととのいました!」的な(笑)。

 例えば、

 「新入職員とかけまして、風船とときます。」

 そのこころは、

 「どちらも期待(気体)で膨らみます。」

 みたいな。

 ダメかな(苦笑)。

 土曜日までもう少し練ってみます♪

◆さて、昨日は「集中の法則の活かし方」というテーマで、

 集中の法則についてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は「集中の法則」を紹介しましたが、

 この法則の特徴としては、

 プラスにもマイナスにも関係なく働くという点です。

 プラスにだけ働けばいいんですけどね。

 どうも、そううまくはいかないようです。

◆例えば、

 あなたは数字が苦手だったとしましょう。

 小学校から算数を習い始め、

 九九でちょっとしたつまづきを経験しました。

 ですが、

 本当はこのようなつまづきはわずかなもので、

 特に気にするようなことではありません。

 ただ、

 周りのスムーズにできる友達と比べてしまったり、

 親から

 「どうして九九くらい覚えられないの。」

 と怒られたりしたことで、苦手意識が芽生え始めます。

◆苦手意識が芽生えてしまうと、

 徐々に難しくなる算数についていくのがやっとです。

 成績表でも良い部分が褒められるよりも、

 苦手科目について励まされることが多いように感じます。

 「算数はもう少し頑張れるとイイね。」

 という感じで。

 自分でも友達からも先生からも親からも、

 同じようなフィードバックを繰り返し、受けることになります★

◆一度苦手意識ができると、

 それを覆すきっかけが生じない限り、

 どんどんネガティブな想いが積み重ね(集中)られていきます☆

 ・

 ‘一次方程式の方程式って何ですか?’

 ‘面積、体積って何のこと?’

 ‘集合とか、まず意味がわからない……’

 のように、どんどん悪い循環を起こしていきます。

 最終的に数字が苦手となってしまいました。

◆でも、

 ちょっと待ってください!

 振り返ってみると、きっかけは何だったのでしょうか?

 最初の九九でちょっとしたつまづきがあっただけですよね。

 あなたは本当に苦手なのどうでしょうか?

◆確かに、生理的に数字が苦手という方もいるかもしれません。

 ですが、

 そんな方はほとんどいないでしょう。

 誰もが生まれた時は横一線です☆

 何が原因かと言えば、

 ・

 【思いこみ】

 ・

 です!

 ある出来事に対し、

 自分自身や周りによって

 思い込みを持たされてしまったことが原因なのです。

◆「○○って、暗いよなぁ。」

 って言われ続けた人は、実際に暗くなります。

 「●●って、性格悪いよね。」

 って言われ続けた人は、本当に性格が悪くなります。

 「△△って、何をやらせてもダメだよな。」

 って言われ続けた人は、何をやらせてもうまくいかなくなります。

 ・

 これらはすべて、

 「負の思い込み」

 なのです。

 思い込みがあなたの人生を幸せにも不幸にもします。

 長くなりそうなので、明日に続けます♪

◆さて、今日は「集中の法則の活かし方」というテーマで、

 苦手なことの原因は負の思い込みであることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆「集中の法則」を知っていますか?☆

◆1冊本を読みました。

 【今日の1冊:第一印象で差をつけろ(アン・デマレイス)】

 ⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4789724832/nifty0b5-nif1-22/ref=nosim

 昨日図書館に返してしまったので、

 〔著書の肝〕が書けません(涙)。

 第一印象を良くして、‘また会いたい’と相手に思わせるための、

 7つのポイントが書いてありました☆

 いかにも翻訳本といった書きぶりでしたね。

 実例が多用されているのですが、なぜか読みにくかったです……。

◆ただ、

 この本を読んでいて、第一印象を良くするポイントついて、

 いくつか確信を持つことができました!

 例えば、

  ◎笑顔

  ◎自己開示

  ◎適切な話題提供

  ◎相手への関心・聴き役

 などがそれです。

 相手如何による部分もありますが、

 参考になる箇所がいくつもありました。

 ・

 第一印象を決めるにあたり、

 うまく言葉にして説明しづらい感覚を、

 文字に落として説明している点は素晴らしいのですが、

 もう少し簡潔に読みやすくしてほしい本ですね☆

◆さて、昨日は「心のギア」というテーマで、

 “コツコツ”と“バリバリ”の共存が必要であることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆「集中の法則」

 というものをご存知でしょうか?

 小学校の教科書で習ったわけでもありませんし、

 もしかしたら誰かが勝手に作った造語の可能性も高いです。

 ですから、

 知らなくても何の不思議もありません。

 むしろ、私も知ったのはつい最近です☆

◆しかも、

 「集中の法則」とネットで調べてみると、

 色々な種類の集中の法則(集中力、マーケティング、経営等)があり、

 ちょっと説明しづらくなってしまいました(苦笑)。

 私が指している「集中の法則」は、

 このような意味を表しています。

 ・

 【想いや行動は、集中すればするほど効果が高まる】

 ・

 という意味の法則です。

 少し補足していきますね。

◆例えば、

 あなたが勉強に“5”の力を使っているとします☆

 経済に“1”、企画力に“1”、資格取得に“1”、投資に“1”、歴史に“1”に

 それぞれ力を使って勉強していたとしましょう。

 この“1”の力を使って1年間勉強していくと、

 あなたはそれぞれ“10”の習熟度が得られます。

 ところが、

 この“5”の力を1つに集中して、勉強したらどうでしょうか?

 仮に経済に“5”すべての力を集中して1年間勉強すると、

 果たして“50”の習熟度になるのでしょうか?

 あなたは、どう思いますか??

◆過去の経験から想像できるかもしれませんが、

 これは習熟度は“50”ではおさまりません!

 おそらく“100”か“200”、それ以上の習熟度になるのではないでしょうか。

 ・

 なぜなら、

 どんどん学びがリンクしていくからです。

 人間は良くも悪くも、忘れる生き物です。

 エビングハウスの忘却曲線が有名ですが、

 時間が経つにつれて、忘れる量も比例します。

 その忘却をくいとめる手段が復習です。

 集中して学ぶことにより、前で学んだこととリンクが発生し、

 忘れにくくなります。

 その結果、習熟度も高くなるということです☆

◆これは何も勉強に限った話ではなく、

 スポーツの世界でも、

 毎日素振りをする人と1週間に1回素振りをする人では、

 単純な積み重ね以上の差が開いてしまうのはわかるかと思います。

 芸術分野でも、

 ピアノを毎日3時間弾く人と3日に1回30分弾く人では、

 弾いた時間の総量がトータルで同じになった時に、

 どちらの演奏がうまいか予想するのは簡単でしょう。

◆つまり、

 【資源を集中することによって、効果が高くなる】

 ということは自明の理なのです。

 この「集中の法則」をプラスに活かすのか、

 それとも無意識のうちにマイナスに活かしてしまっているのか……

 その部分について、明日に続けますね♪

◆今日は、「集中の法則の活かし方」というテーマで、

 集中の法則についてお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“コツコツ”と“バリバリ”の共存☆

◆関東も桜の満開が宣言され、

 昨日は絶好のお花見日和でした☆

 (ちょっと日陰は寒かったですけど)

 ってことで、

 私もふとお花見に出かけました。

100403_1348_0001

 隅田川沿いの桜並木の下でゆる~くやりました。

 既に東京タワーの高さを超えた東京スカイツリーを背景に、

 桜がキレイに咲き誇っていました。

◆ただ………とにかく人が多かったですね(汗)。

 正月以来の衝撃でした。

 水上バスの行列は横目で見ていましたが、

 かつてない行列の長さでした。

 さすが観光地浅草ですね。

 ・

 好きなお酒を買いこんで行って、

 ゆる~く3時間程度飲んで食べて、帰路につきました。

 学生時代の花見とは様相が変わったものの、

 やっぱりお花見は気持ちいいもんですね!

 すっかり春です♪

◆さて、昨日は、「心のギア」というテーマで、

 成果を出すためには心のギアを

 トップに入れる必要があることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日の続きです。

 自分が目指すべき成果に対して、

 心のギアをトップに入れる手段をお伝えするという流れでした。

 心のギアという表現がわかりにくい場合は、

 “本気度”という言葉で言い換えると、わかりやすいかもしれませんね。

 ・

 ギアをトップに入れる方法については、

 このテーマの最初にお伝えしたとおり、

 人によって様々であり、まさしく十人十色です☆

 そのため、しごく個人的な見解になるのを承知の上で、

 私の場合についてお伝えしていきます♪

◆私のギアの変え方の一番手っ取り早い方法は、

 ・

 【自分よりも行動している人と情報交換すること】

 ・

 です。

 直接会って話をすることが最も望ましいですが、

 電話やメールでも代替できます。

 残念ながら、

 口先だけで行動していない方では

 自分のギアを変えるきっかけになりません。

 あくまでも行動ベースで刺激を与えあえる方との情報交換が

 ギアチェンジのきっかけとなります☆

◆また、

 ・

 【タイミングに合った本を読むこと】

 ・

 でもギアチェンジが可能となります。

 本は乱読していますが、

 時に自分自身にグッサリ突き刺さる本と出会えることがあります。

 このような本に出会って、

 バンバン携帯のメモ機能を使うような流れになると、

 スイッチが入り、ギアチェンジが起こります。

 ただ、

 どんな本が今の自分のスイッチとなるかは、

 読んでみないとわからないので、確率はそんなによくないです(苦笑)。

◆あとは、

 ・

 【イベントへの参加、非日常の体験】

 ・

 もギアチェンジの手段となりえます。

 講演会やセミナーへの参加、

 通常の生活では体験しないことを体験することにより、

 言葉ではうまく説明できないですが、

 ‘うぉ~~っ’

 っていう風に感情が盛りあがり、ギアチェンジが起こります☆

 イベントから帰ってきて、

 いきなり行動に移した経験も少なくありません。

◆手段は様々ですが、

 意識的にギアをトップに入れて「バリバリモード」を作り出し、

 あふれんばかりの大量行動を起こしていくことが、

 目覚ましい成果を作り出す要素となることは間違いありません。

◆ただ、

 ずっと無理して「バリバリモード」を継続してしまうと、

 心身ともに疲弊してしまう可能性があります。

 “燃え尽き症候群”とでも言いましょうか。

 ですので、

 「バリバリモード」の重要性は十分認識したうえで、

 ・

 【“コツコツ”と“バリバリ”の共存】

 ・

 が必要になってくるのではないかと感じています。

 日常生活を心穏やかに過ごしていく“コツコツモード”、

 何かにとりつかれたかのように(笑)行動する“バリバリモード”、

 両者の共存によって、充実した生活へと

 遷移していけるのではないでしょうか?

 どちらかだけでもまずいということですね。

◆さて、今のあなたはどちらのモードですか?

 そして、いつそのモードは切り替えますか?

 そんなことを少し意識してみても面白いのではないか、

 という提案をさせていただいて、このテーマを一区切りとします☆

◆今日は、「心のギア」というテーマで、

 “コツコツ”と“バリバリ”の共存が必要であることをお伝えしました。

 明日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆“心のギア”をトップに入れろ!☆

◆1冊本を読み終えました☆

 【今日の1冊:千円札は拾うな。(安田佳生)】

千円札は拾うな。 (サンマーク文庫 B- 112) 千円札は拾うな。 (サンマーク文庫 B- 112)

著者:安田 佳生
販売元:サンマーク出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔著書の肝〕

 「価値ある情報は「ひらめき」を生み、新しいビジネスや、

 自己の成長をもたらしてくれます。

 その果実の大きさは千円札などとは比較になりません。

 しかし、その果実を手にするためには、

 目の前の千円札を捨てなくてはなりません。

 もっと大きな目で世の中を見渡し、

 自分の目線を億単位にまで高められれば、

 千円札などは視界から消えてなくなってしまうのです。」

◆話題になった本でしたが、読まず嫌いしてました。

 ですので、

 期待していなかった分、非常に面白かったです。

 要は、

 【目先のものにとらわれるのではなく、広い視点と向上心を伸ばせ】

 ということを伝えたいのだと感じました。

 トピックだけかいつまんでみても、

  ◎勤勉は悪、努力は報われない

  ◎残業をやめれば給料は増える

  ◎優秀な人材には仕事をさせない

  ◎値切りは半額に、値上げは三倍に

  ◎大切すぎる顧客は作らない

  ◎「お金は血と汗と涙の結晶」という考えを捨てる

  ◎無駄のないところに豊かさはない

  ◎家を売ってワインを買っても人生は破綻しない

  ◎大成する男はお金と時間の使い方が違う

  ◎即決にこそ価値がある

  ◎本質とトレンドを見誤らない

  ◎自分の給料を下げる努力

 等々、興味をそそられるものばかり。

 しかも、どれも独自の切り口でありながら、妙に納得してしまいます。

 すごく良い仕上がりとなっている1冊でした。

◆まぁ、道に千円札が落ちてたら間違いなく拾いますけどね(笑)。

 1円でも私は拾います☆

◆さて、昨日は「心のギア」というテーマで、

 がむしゃらに行動する時期があっての成功者であることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、

 今は自由な生活を過ごしている成功者であっても、

 そこに至るまでのプロセスには無我夢中で行動する時期があり、

 そのうえでの今があることをお伝えしました。

 それを今だけのライフスタイルを見て、

 嫉妬や羨望、うらみつらみを持つのはお角違いということでした。

◆では、私たちはどうしたらよいのでしょうか?

 結論からお伝えしてしまえば、

 ・

 【バリバリモードを作り出す】

 ・

 ということです☆

 ちょっと補足していきますね!

◆例えば、

 あなたは車を運転しているとしましょう。

 友人の結婚式に出席するため、

 東京から大阪まで行かなくてはなりません。

 結婚式は5時間後に始まってしまいます。

 ここではよりイメージをしやすくするために、

 ミッション車としましょうか。

 いわゆるギアがオートマではなく、

 マニュアルの車ですね。

 ・

 ミッション車を走らせるためにはアクセルを踏むだけでは進みません。

 その前提としてエンジンをかけなければいけませんし、

 ブレーキを解除して「ギア」を入れなければいけません。

◆ミッション車をご存知の方ならわかるかと思いますが、

 「ギア」には1~5段階あり、1のギアに入れて走り出します。

 東京-大阪間は約500キロあります☆

 1のギアに入れたままアクセルを思いっきり踏み込んでも、

 40キロ~50キロが関の山でしょう。

 仮に50キロで走ったとしても10時間かかります。

 どうがんばっても結婚式には全く間に合いません。

 結婚式に間に合わないのであれば、

 せっかくの努力も意味がありません。

 あなただったらどうするでしょうか?

◆車の走行速度をあげようと考えますよね。

 当然です。

 そのためにはどうすればよいか?

 ギアを変えるのです。

 1から2、2から3、3から4、4から5(トップギア)へと

 入れるギアを変えていくのです。

 ギアが変われば、同じアクセルの踏み方だとしても、

 車の走行速度が速くなります。

 トップギアに入れれば、120キロ~130キロを出すこともできるでしょう。

 結婚式にも間に合いますよね。

 (車に詳しくないので、表現がおかしかったらすいません。

  イメージでとらえていただければ幸いです。)

◆この例で言うところの、

 1ギアが「コツコツモード」で、

 トップギアが「バリバリモード」です。

 私たちの心の中にもギアがあると想像してください。

 今、自分が望む目覚ましい成果をあげていないとすれば、

 普段は1~2にギアを入れて、日常生活を過ごしているはずです☆

 あなたが望む成功者に近づくためには、

 この「バリバリモード」を作り出すことが必要です。

 そのために、

 自分自身の“心のギア”をトップに入れる必要があります。

 イメージできるでしょうか?

◆明日は、この“心のギア”をトップに入れる手段について、

 自分なりの解釈をお伝えしようと思います。

 明日に続けます♪

◆今日は、「心のギア」というテーマで、

 成果を出すためには心のギアを

 トップに入れる必要があることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆成功者だって、白鳥の時期があった!☆

◆昨日、帰宅する際の風がすごく暖かかったです。

 そして、

 今外は音が聞こえてくるくらいの風が吹いてます。

 遅まきながらの

 “春一番”でしょうか☆

 アントニオ猪木さんのモノマネをする人ではないです(笑)。

 それとも、気付かない間にもう吹いてたのかな。

 花粉症の方には申し訳ないですが、

 春は大好きです!

◆春のイベントと言えばお花見ですが、

 私は花より団子………もといお酒です♪

 昼から堂々とお酒を飲めるあの解放感がたまりません。

 今年も1回くらいはお花見したいものです。

 ・

 お酒と言えば、帰宅してからビール(っぽいもの)を

 1缶飲むのが習慣化されつつありますが、

 ネットで買うと安いですね!

 つい昨日も“麦とホップ”が3ケース届きました(笑)。

100402_0609_0001

 第三のビールの中では、これがダントツで好きです!!

【3ケースで送料無料】【4月6日出荷開始】サッポロ 麦とホップ 350ml×24缶 【3ケースで送料無料】【4月6日出荷開始】サッポロ 麦とホップ 350ml×24缶

販売元:日本酒博物館
楽天市場で詳細を確認する

 350ミリリットル缶ですが、3ケース送料込みで8,490円。

 1ケース2830円。

 1本当たり118円弱。

 しかも、家まで運んでくれるから重くない。

 便利な世の中になりました。

 なんとか夏前までもたせたいと企んでます♪

◆さて、昨日は「人を見るポイント」というテーマで、

 「Being」タイプでその人の存在自体を見ることをお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆今回のテーマは、

 メンタル論です。

 具体的なテクニック云々ではないので、

 “じゃぁどうすれば!?”

 って話になるのかもしれませんが、

 その手段については自分自身で体験、冒険して、

 自分に一番合ったやり方を見つけられるのがよいと思います。

 参考までに、

 私の手段はお伝えするつもりでいますが。

 ・

 ということで、

 今回のテーマに入っていきます。

◆色々な成功者の話を直接聞いたり、

 講演会で話を聞いたり、

 体験談を読んだりしていた時に、

 幾度となく耳にした内容があります。

 それは、

 ・

 「成果を出す人生を過ごすためには、

  一時的にはバリバリやる時が必要だ。」

 ・

 ということです。

 バリバリやるというのにもレベルがあり、

 個人差もあるかと思いますが、

 本当に成果を出している方については、やりきってます。

 例えば、

 “平成・進化論”の鮒谷さんの表現を借りてしまえば、

 「脳の血管がぶち切れるかと思うくらい寝る暇を惜しんで」

 というくらいのバリバリ度合いのようです☆

◆もちろん、個人によって

 人生で手に入れたいモノは違いますし、

 実現したいと願う環境も異なります。

 ・

 ただ、

 ‘あんな風になれたらいいのに……。

  あの人はタイミングがよくてラッキーだったなぁ。’

 とか、

 ‘あんなに楽して稼いでいるなんてズルイな。’

 などという考えはどうかと思います。

 自分が望む成果をあげている方が、

 さも運やタイミングだけで成功したと考えるのは、

 完全な誤りです!

 それはハッキリ断言できます。

◆今の状態だけを見て判断をしてはいけません。

 今自由気ままな生活をしている方であっても、

 そこに至るまでのプロセスにおいては、

 がむしゃらに無我夢中に行動していた時期があったに違いありません。

 しんどい想いを幾度となく経験したはずなのです。

 それはあたかも、

 白鳥は水面上では優雅に泳いでいますが、

 水面下では足を必死に動かして泳いでいるようなもの。

 そのプロセスを自分が歩もうともせずに、

 ただ妬みや羨望の想いを持ったとしても何も変わりません。

 ・

 では、どうすればよいのでようか?

 それは明日からお伝えしていきますね♪

◆今日は、「心のギア」というテーマで、

 がむしゃらに行動する時期があっての成功者であることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆ただ、そこに存在しているだけで十分な価値あり☆

◆今日からいよいよ22年度に突入ですね!

 新年度です☆

 チーム構成も変わり、

 業務分担も変わり、

 社会人9年目になります。

 もうすぐ10年になるんだなぁ(しみじみ)。

 今年度は、仕事に追われるよりも、

 仕事を追いかけて一歩先をいくための視点を養います。

 目先の仕事に追われているだけでは、

 加速成長できないことに気付いたので。

 気合いっ!!

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:自分で奇跡を起こす方法(井上裕之)】

自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語 自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語

著者:井上 裕之
販売元:フォレスト出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔著書の肝〕

 「私は自分の経験から、

 学ぶことで幸せを手に入れることができると断言できます。

 幸せというと、何か幻のように考えてしまいます。

 人からもらう幸せについては、たしかにそうかもしれません。

 そもそも、そんな幸せは存在しないのかもしれません。

 しかし、自分で作る幸せは幻にはなりません。

 それは学ぶということによって得られるものであり、

 そして人は一生学び続けるものだからです。

 私は幸せも幸運も成功も、すべてが学ぶことでしか

 得ることができないと考えています。」

 ・

 著者の井上さんについては、

 スピードチェンジジャパン主催のセミナーに参加した時に、

 井上さんも同じセミナーを受講され、本を出版されたことを聞きました。

 お会いしたことはありませんが、

 興味は持っていました☆

◆ご自身の経験を背景に、思っていることを

 素直に本にされたというイメージです。

 井上さんの経験に基づく学びととらえれば、

 すごく参考になるのではないかと思います。

 個人的には、「学ぶ」という概念がとても広いように感じました。

 「学ぶことでしか」という表現使ってしまうと、

 やや息苦しく感じる部分もあり………。

 もちろん、

 一生涯学び続けることは極めて重要ですし、

 私もそうありたいと考えています。

 ただ、タイトルを考えると、

 ちょっとピントがズレてしまうかもという印象です。

 おそらく、講演で話されているのを聞いた方が、

 ズドンと腑に落ちそうな、そんな1冊です♪

◆さて、昨日は「人を見るポイント」というテーマで、

 「Doing」タイプと「Having」タイプについてお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は、人を見るタイプの「Doing」タイプと「Having」タイプを

 お伝えしましたが、あなたはどちらのタイプでしたか?

 私は時と場合により、

 どちらのタイプも含んでいる状態で、

 人によって対応が変わってしまう典型例かもしれないなぁと感じました。

 どうも引け目を感じたり、

 強気に出たりすることがあったので(反省)。

◆「Doing」タイプも「Having」タイプも

 デメリットがあるということであれば、

 一体人の何を見ればよいのか?

 という話になってくると思います☆

 そこで、昨日最後にご紹介した「Being」タイプが登場します。

◆「Being」タイプでは、

 【ありのままのその人自身(存在)】

 にスポットを当てています。

 つまり、

 性格、行動、地位、名誉、仕事、収入、人脈、環境、家族、容姿

 その人を飾っているモノ一切を取り払って、

 ただその人の存在を見るということです。

 わかりますか?

◆このタイプの根本の考え方というのは、

 どんな人であっても、ただ生きているだけで意味がある。

 なぜなら、

 人は意味があって生かされている存在だからです。

 この時点では意味がわからないかもしれないですが、

 少し先へ読み進めてみてください☆

◆あなたは、

 自分の心臓を自分の意思で動かしていますか?

 自分の意思で体に栄養を吸収できますか?

 自分の意思で体温をコントロールできていますか?

 ・

 できませんよね。

 不可能です。

 人間は、自分の意思で生きているわけではないのです。

 何か意味があって、この世界に誕生し、

 偶然の一致とも言えるべき確率で生きているのです。

 1人の人間を作りあげている遺伝子の種類は、

 それだけで地球上の全生命の種類を凌駕しています。

 しかも、

 ただ生きているのではなく、

 植物でも、昆虫でもなく、人間として生まれてきているのです。

 そう考えると、本当にありえない確率で

 あなたが今そこに存在していることがわかります。

◆そうであれば、

 もう既にそこに生きているだけで十分価値はありますよね!

 「Being」、まさに存在そのものです。

  無理難題を押しつけてくる上司も、

  不平不満をぶつけてくる同僚も、

  わがままばかり言う後輩も、

  どうしようもないことばかりしてしまう友人も、

  近くにい過ぎてうっとうしく感じる家族も、

 【みんな生かされている】のです。

 ・

 つい先日、

 私自身、同僚のやり方にものすごく腹がたった時でも、

 ‘それでも、この人は生かされてるんだもんなぁ。’

 と思ったら、急に怒りがおさまりました。

 不思議なもんです☆

◆相手の行動(性格)やモノに焦点を当ててしまうと、

 妬み、ひがみ、羨望、優越感、劣等感、見下しなど、

 色々なネガティブな感情が芽生えます。

 そこで、

 あら探しや足の引っ張り合いをしてしまいます。

 ですが、

 相手の存在そのものにスポットを当てると、

 このようなマイナスは起こりえません。

 だって、平等ですから。

 今までは卑屈になっていた人や傲慢になってしまった人に対しても、

 同じ態度で接することができるはずです☆

 ・

 今日から新年度。

 私自身、会う人、会う人に

 「Being」タイプで接していくことを誓います!

◆今日は、「人を見るポイント」というテーマで、

 「Being」タイプでその人の存在自体を見ることをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からはまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第6位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »