« ☆本日、体調不良なり………☆ | トップページ | ☆間寛平さんが、なぜアースマラソンにチャレンジできているのか!?☆ »

☆情報の洪水を泳ぎきる!☆

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:もし高校野球の女子マネージャーが

         ドラッカーの『マネジメント』を読んだら(岩崎夏海)】

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

著者:岩崎 夏海
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 〔あらすじ〕

 「公立高校マネージャーのみなみは、

 ふとしたことでドラッカーの経営書『マネジメント』に出会う。

 はじめは難しさに戸惑うが、野球部を強くするのに、

 ドラッカーが役立つことに気付き始める。

 みなみと親友の夕紀、そして野球部の仲間たちが、

 ドラッカーの教えをもとに力を合わせて甲子園を目指す。」

◆物語自体としては、

 サプライズやオリジナリティがほぼありません。

 ハッキリ言えば、どこにでもあるようなストーリーです。

 ただ、

 そこにドラッカーを盛り込んだという時点で、

 著者の勝ちかなと感じました☆

 現に直近の紀伊国屋書店のビジネス書ランキングで

 堂々の1位でしたからね。

 発想が素晴らしい。

◆私もドラッカーに全く触れたことのなかった1人でしたので、

 そのとっかかりとしてはよかったかなと感じます。

 ドラッカーのエッセンスの中から、

 さらに抽出したエッセンスを盛り込んだ小説です。

 いきなり専門書を読むよりは、

 こちらから読んだ方が入りやすいかとは思います。

 ただ、

 この表表紙と挿絵は何とかならないものかと感じました。

 電車で読んでいて、

 いかにも美少女ゲームチックな絵(しかも、カラー)が出てくるのは、

 かなり恥ずかしいものがありました(苦笑)。

 これはいただけません………。

 ・

 次は、この本のまさに中心となっていた

 ドラッカーの『マネジメント』を読もうと思っています♪

◆さて、一昨日は「情報の洪水対策」というテーマで、

 実体験や過去の経験を検証センサーにすることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆インターネットをはじめとし、

 ありとあらゆる情報が受動的にも能動的にも入ってくる情報化社会では、

 やもすれば情報の洪水が起き、

 私達は情報を処理しきれず溺れてしまったり、

 誤った情報に流されるかもしれない危険性をはらんでいます。

 そのため、洪水の中で、

 全ての情報を吸収するのではなく、ごく限られた一部の情報を

 自分のものにできればよいと割り切る「呼吸法」、

 情報の真偽を確かめるために、

 実体験や過去の経験を判断材料とする「浮き輪」、

 と洪水対策をお伝えしてきました。

 今日は「泳力」についてお伝えしていきます。

 自分の力で泳ぐんです!

◆まどろっこしいのは好きではないので、

 今回も結論からお伝えしてしまいますね。

 情報の洪水の中で、自分の「泳力」となるもの。

 それは、

 ・

 【自分軸】

 ・

 です。

 自分軸さえブレなければ、

 どんな情報が来たとしても安易に流されることはありませんし、

 真偽を確かめにくい情報であっても有効に活用できます。

 逆に、

 自分軸がしっかりしていないと、

 どこまでいっても情報に左右され、

 首尾一貫した行動をとることが難しくなってしまいます。

◆例えば、

 パソコンを買い替える時に、

 Aさんは、

 「やっぱりソニーが一番使いやすくていいね!」

 と言っていたとします。

 かたやBさんは、

 「パナソニックのパソコンは、本当に素晴らしいよ!」

 と言っていたとします。

 さらにCさんは、

 「パソコンと言えばNEC以外は考えられないね!」

 と言っていたとします。

 さて、どうしましょうか?

◆Aさん、Bさん、Cさんは嘘を言っているのでしょうか?

 おそらく、

 誰も嘘はついていないでしょうね。

 Aさん、Bさん、Cさんともに、心からそう思っているのです。

 でも、

 事実として意見が食い違っています。

 誰を信じればよいのか、これだけでは判断できません

◆しかしながら、

 「自分軸」がしっかりしていればどうでしょうか。

 仮にあなたがパソコンを買い替える目的が、

 「機能は最低限でも良いので、どこにでも簡単に持ち運べて、

 動きがスムーズなパソコンにしたいから」

 ということであれば、

 それぞれのパソコンの重さや処理速度を知ることにより、

 自ずと自分にピッタリなパソコンを選ぶことができるはずです!

 ものすごく安易な例ですが、

 これが「自分軸」です☆

◆他人がどう感じるのか、

 環境がどう受け入れるのか、

 社会がどう判断するのか、

 もちろんこれらも重要であるに違いありません。

 ただ、

 それよりも最も大切にしなければいけない、

 尊重しなければいけないのが

 “自分の価値観にとってどうなのか”

 ですよね。

◆自分にとってプラスになるのか・ならないのか、

 自分の成長につながるのか・つながらないのか、

 自分にとって必要なのか・不要なのか………

 全ては「自分軸」にかかっています。

 この「自分軸」を確固たるものに磨いていくことこそが、

 情報の洪水の中でも自ら泳いでいける力となります。

 ・

 あなたの「自分軸」はいかがでしょうか?

◆今日は、「情報の洪水対策」というテーマで、

 確固たる自分軸こそが自分の泳力になることをお伝えしました。

 今日でこのテーマを一区切りとさせていただきます。

 明日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆本日、体調不良なり………☆ | トップページ | ☆間寛平さんが、なぜアースマラソンにチャレンジできているのか!?☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本は情報過多と言われる半面、マスコミが報じない為に情報過少が政治の分野で目立ちます。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/159.html

投稿: 福島のつばき | 2010年6月26日 (土) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/34346480

この記事へのトラックバック一覧です: ☆情報の洪水を泳ぎきる!☆:

« ☆本日、体調不良なり………☆ | トップページ | ☆間寛平さんが、なぜアースマラソンにチャレンジできているのか!?☆ »