« ☆「未来予測」は第三者の立場で行う!☆ | トップページ | ☆ゆでガエルにならないために………☆ »

☆行動を起こすきっかけとしての「恐怖モチベーション」はアリ!☆

◆先日、ブログスカウトさんからのオファーで

 新商品の乾麺のPR記事を書かせていただきました☆

 ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-0a5e.html

 スーパーでもけっこう目にするようになりました。

 ・

 で、

 この記事のお礼としてアマゾンギフトカードを

 2,000円分いただきましたので、

 せっかくなので早々に買い物をしました。

◆今回、ギフトカードを使って購入した本は

 この2冊です。

 【今日の1冊:もし高校野球の女子マネージャーが

         ドラッカーの『マネジメント』を読んだら(岩崎夏海)】

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

著者:岩崎 夏海
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ・

 【今日の1冊:マネジメント-基本と原則(P.F.ドラッカー)】

マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版] マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]

著者:P・F. ドラッカー,上田 惇生
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 1冊目のチョイスは‘えっ!?’って思われるかもしれませんね(笑)。

 ただ、

 何事も導入時のハードルは低くした方が、

 結果的に深くハマれるようになるので、

 読みやすそうな1冊をセレクトしました☆

◆ご覧になってわかるとおり、

 かの有名な“ドラッカー”です!

 ドラッカーは世界中で最もビジネス界に影響を与えた思想家として、

 多くのマネジメントの理念と手法を展開してきました。

 ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 様々なメディアで取り上げられており、

 ‘早く手をつけてみたいような、自分にはまだ早いような……’

 と迷っていました。

 ただ、

 今回ギフトカードをもらったことで、

 ビジネスの教科書的な位置づけで持っておいても損はないなと考え、

 「入門書」「基本書」各1冊として購入しました。

 ・

 まだ図書館で借りた本が数冊あるので、

 すぐには着手しませんが、できるだけ早く読み始めてみます。

 ドラッカーの世界へ足を踏み入れる………楽しみです♪

◆さて、昨日は「リアルな未来予測から行動へつなぐ」というテーマで、

 未来予測は第三者の視点から行う必要があることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日は客観的な現状確認をしたうえで、

 第三者の視点で未来予測を行うことにより、

 いくつかのシナリオを描くことができること。

 そして、そのシナリオが自分にとって不利なものであればこそ、

 対応する準備をすることができるというところまでお伝えしました。

 描いたシナリオがリアルであればあるほど、

 対応は迅速になり、かつ、効果的な策が選択できるはずです。

 ・

 したがって、

 この未来予測というステップには、

 あくまでも自分という存在は横に置いておいて、

 第三者の視点でリアルに想像したシナリオしか意味をなしません!

 何も意識していないと、

 自分にとって楽観的な未来を描いてしまいがちですからね。

 ここは注意すべきポイントです。

◆ここまでで、未来予測まではできました。

 第三者からの視点で描いた未来予測が、

 どう転んでも自分にとってマイナスがなければ問題はありませんが、

 シナリオによってはマイナスの可能性がある場合、

 それが行動のきっかけとなります。

 いわゆる、

 「恐怖モチベーション」

 からくる行動です。

◆人間が行動を起こすのには、

 つきつめて考えていくと次の2パターンしかないと言われています。

 それは、

 ・

  1.快楽の追求

 ・

  2.苦難の回避

 ・

 です。

 人は快楽を得るためか、

 苦難を避けるために行動しているのです。

 遊園地に行って遊んだり、好きな人と時間を過ごしたり、

 趣味に没頭したり、お酒を飲んだり………

 これらは快楽を求める行動の典型例ですね。

 一方、

 生活するために働いたり、人間関係に気を遣ったり、

 望んではいない勉強をしたり、面倒な家事をしたり………

 これらは苦楽を避けるための行動です。

 ・

 人間はこのどちらかをきっかけにして、

 行動をしていると言っても過言ではありません。

 (2つが並行している場合もありますが)

 あなたはどうでしょうか?

◆だからこそ、

 雨が降りそうな時には、

 ‘濡れてびしょびしょな姿は気持ち悪いし、寒いし、人に見られたくない’

 と思って傘を持っていくんですよね。

 苦難を避けるための行動をネガティブにとらえる方もいらっしゃいますが、

 「このままでは苦難にあうかもしれない恐怖」を

 自分のモチベーションにして、行動を起こすのは、

 しごく自然な流れであると言えないでしょうか。

 ・

 保険に加入するという行動を起こすのは、

 万一の時に自分や家族が困るのが怖いからですよね。

 外出する時にきちんとした服を着ていくのは、

 周りから変な風に想われて、恥ずかしい思いをするのが怖いからですよね。

 本当は嫌な頼みごとを受けるのは、

 その人から嫌われてしまい、関係が壊れるのが怖いからですよね。

 このような例は、挙げれば数に限りがありません。

◆今回のテーマに沿って考えていくと、

 【適切な恐怖モチベーションを行動のきっかけとすべき】

 だし、むしろ

 【恐怖モチベーションに背を向けるのは、自分の首を絞めることになる】

 と考えるべきではないでしょうか。

 明日でこのテーマを一区切りにさせていただきます☆

◆今日は、「リアルな未来予測から行動へつなぐ」というテーマで、

 恐怖モチベーションを自ら行動を起こすきっかけにすることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第7位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆「未来予測」は第三者の立場で行う!☆ | トップページ | ☆ゆでガエルにならないために………☆ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/34234167

この記事へのトラックバック一覧です: ☆行動を起こすきっかけとしての「恐怖モチベーション」はアリ!☆:

« ☆「未来予測」は第三者の立場で行う!☆ | トップページ | ☆ゆでガエルにならないために………☆ »