« ☆【親父の小言シリーズ1】朝はきげんよくしろ☆ | トップページ | ☆【親父の小言シリーズ3】何事も身分相応にしろ☆ »

☆【親父の小言シリーズ2】人には腹を立てるな☆

◆1冊本を読み終えました。

 【今日の1冊:ザ・レター(オリソン・マーデン)】

 ⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4900779873/nifty0b5-nif1-22/ref=nosim

 〔著書の肝〕

 「目標 × 努力 = 成功の規模」

 「成功するには、まず“成功への目標”を設定すること」

 「この意識全部が、表情・態度・口調となって表面化する。

 ここで最も重要なことは、

 “80%を占める潜在意識をいかに活用するか”ということである。

 成功するためには、表の意識だけでなく、

 裏の意識にしっかりと目標を刻み込むことが重要である。」

◆この本はわずか93ページ程度の薄い本です。

 著者は約100年前の人物ですが、

 『Pushing to the front(前進あるのみ)』という著書を記し、

 当時で1000万部を超えるベストセラーとなっているのだからスゴイですね。

 D・カーネギー、ナポレオン・ヒルなど、

 多くの作家に影響を与えていることも確認されています。

◆非常に薄い本ではありますが、

 内容はとてもシンプル、かつ、濃いものですね。

 いわゆる成功のためのエッセンスから、

 余分なものを極力そぎ落とし、核だけを記しているという印象です。

 手垢のついた表現のように思われがちですが、

 「適切な目標設定」

 「目標の細分化」

 「潜在意識の活用」

 「人生におけるバランス」

 を核としています☆

 多くの意味で復習・確認ができた1冊となりました♪

◆さて、昨日は「『親父の小言』から学ぶ」というテーマで、

 朝機嫌よくすると、周囲へも自分へも好影響があることをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆第2弾です。

 ・

 【人には腹を立てるな】

 ・

 です。

 他人に対し、怒ってはいけないということですね。

 完璧に実践できれば聖人君子にもなれるような気がしますが(苦笑)、

 完璧さを求められているのではないと思います。

 聖人としてではなく、成人として持っておくべき、

 心がまえとしての1ヶ条ではないでしょうか☆

◆無人島で1人で生活しているわけではありませんので、

 多くの人が関わる社会生活を営んでいれば、

 腹の立って当然の出来事の1つや2つは起きます。

 このような腹立たしい出来事に対し、

 「感情の赴くままに腹を立ててしまう人」

 と

 「怒りの感情はあるものの、それに流されない人」

 がいます。

 この両者には天と地ほどの差があります。

◆前者は、

 自分が腹を立てることで自分を正当化し、

 周囲から自分に対する適正な評価を得ようとしています。

 また、感情を表に出すことで、

 自分自身のみを快の状態に導こうとしていますよね。

◆仮に腹を立てることで問題が解決するのであれば、

 どんどん腹を立てるべきでしょうし、

 何ら否定されることはありません。

 ・

 しかしながら、

 残念ながら現実はその逆です。

 腹を立てれば立てるほど、

 問題の解決は先送りになりますし、

 周囲との関係もギクシャクしてしまう可能性が高いです。

◆また、

 ‘あの人は感情をすぐ表に出す子供っぽい人だ。’

 というイメージを与え、評価を下げかねません。

 あなたの周囲にも怒りっぽいがために、

 煙たがられている人はいませんか?

 つまり、

 腹を立てても何の生産性もないのです☆

◆一方の後者は、

 怒りの感情はあるものの、その感情には流されず、

 他にスポットを当てます。

 スポットを当てる対象は、

 「問題解決」

 です。

 ・

 ‘どうして自分は腹が立っているのか?’

 ‘どうして怒りを感じるような事態になってしまったのか?’

 ‘どうすればこの問題は解決できるのか?’

 ・

 を考えていきます。

 自分が腹を立てても何も解決しないのがわかっているからです。

◆当然ながら、

 解決に向けて何も考えないよりは、

 考えた方が行動もできますし、周囲の協力も得られます。

 何より周囲や相手に不快感を与えなくてすむのが大きいですね☆

 ・

 つまるところ、

 この1ヶ条は、

 ・

 【怒って行動を止めるよりは、他のことをした方がよい】

 ・

 という教訓につながるのではないかと思うわけです。

 ついつい、怒りに身を委ねて行動してしまう

 自分への戒めの意味も込めて更新しました。

 明日はどんな小言が登場するでしょうか♪

◆今日は、「『親父の小言』から学ぶ」というテーマで、

 人に怒るよりは他の行動を起こした方が得策であることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆【親父の小言シリーズ1】朝はきげんよくしろ☆ | トップページ | ☆【親父の小言シリーズ3】何事も身分相応にしろ☆ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/34436294

この記事へのトラックバック一覧です: ☆【親父の小言シリーズ2】人には腹を立てるな☆:

« ☆【親父の小言シリーズ1】朝はきげんよくしろ☆ | トップページ | ☆【親父の小言シリーズ3】何事も身分相応にしろ☆ »