« ☆「生きてるだけで丸もうけ」☆ | トップページ | ☆不毛な討論を避けるために気をつけること☆ »

☆討論によるコミュニケーション論☆

◆昨日は研修会講師でした。

 前フリのネタとして、「なぞかけ」をまたやりました。

 ・

 1.

 〔「研修会」とかけまして、「歌のドナドナ」とときます。〕

 その心は?

 〔どちらも講師(子牛)が緊張しています。〕

 ・

 2.

 〔「管理部門」とかけまして、「お金の銭という単位」とときます。〕

 その心は?

 〔縁(円)の下でがんばっています。〕

 ・

 なんて感じです。

 即興ではないので、本来のなぞかけとは違うんですけどね(汗)。

◆即興ではないので、このなぞかけを言って、

 答えを予想してもらう方法をとりました。

 実際に、なぞかけで脳を鍛えるっていうのが流行ってますからね☆

 反応は、「ふ~ん」って感じでしたけど、

 前フリとしてはいい方かなと思ってます。

 研修会の中身よりも、この前フリを考えるのに気を遣います(笑)♪

◆さて、昨日は「自己重要感を高める」というテーマで、

 「生きてるだけで丸もうけ」をお伝えしました。

 今日からまた、新しいテーマでお伝えしていきます♪

◆あなたに質問があります。

 ・

 「【討論】は好きですか?

 また、【討論】という言葉にポジティブなイメージがありますか?

 それともネガティブなイメージがありますか?」

 ・

 「討論」というと、

 言い争いやお互いに主張を曲げずに

 意地の張り合いをしているようなイメージがあるかもしれませんね☆

 言葉自体を調べてみると、

 「ある問題について互いに意見を述べ合うこと。ディスカッション。」

 などと表現されていました。

 しごく中立的な表現ですね。

◆私が討論と聞いて真っ先に思い出すのが、

 「朝まで生テレビ!」

 という番組です。

 ⇒ http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/

 最初から最後まで見続けた経験というのが実はないのですが、

 司会の田原総一郎さんをはじめとする強烈なパネラーの

 熱い討論がパッと思い浮かぶのです。

 ちょっと見るだけでも必要以上の熱気をヒシヒシと感じます(笑)。

◆その番組のイメージがあるのですが、

 実は私は討論自体にはポジティブなイメージを持っています。

 なぜなら、

 お互いの意見を正直に言うことが認められている場だからです。

 普段どうしても建前を出さざるをえず、

 ストレスがたまる時もありますので、

 この討論の場自体が私は好きです♪

◆日本人は人と争うのを極端に嫌うと言われており、

 討論自体がどうも敬遠されているように感じます。

 「親しい人とは討論したくない。」

 というような意見を聞くのも、

 このような風潮があるからではないでしょうか。

 あなた自身は親しい人と討論できますか?

 また、討論自体は好きですか?

◆私もこの争いを嫌うという風潮自体は、

 ものすごく共感できますし、そのスタンスをとっています。

 では、なぜ討論を好むのか?

 それは、討論が

 ・

 【ディベートではなく、ディスカッションだから】

 ・

 です☆

 ディベートの目的は理論で相手を言いまかせることですが、

 討論の目的は互いの意見を理解し合うことで、

 建設的な解決策を見つけることです。

 長くなりそうなので、明日に続けますね♪

◆今日は、「積極的討論活用法」というテーマで、

 討論の目的は建設的な解決策を見つけることであるとお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第5位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆「生きてるだけで丸もうけ」☆ | トップページ | ☆不毛な討論を避けるために気をつけること☆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/34798601

この記事へのトラックバック一覧です: ☆討論によるコミュニケーション論☆:

« ☆「生きてるだけで丸もうけ」☆ | トップページ | ☆不毛な討論を避けるために気をつけること☆ »