« ☆平等でなくてもかまわない!☆ | トップページ | ☆必要以上の善人生活は気苦労ばかり嵩む(泣)☆ »

☆全てを平等にすると不公平になるんじゃない!?☆

◆私の所属する企業では、

 既に全てのコースの採用活動が終了しています。

 今週末には2011年4月に入ってくる新人の

 「内々定者研修会」

 が予定されています☆

 私達が入った時代はなかったのですが、

 内々定者に対しても研修会が今はあるんです。

 ちょっと羨ましい………。

◆まぁ、研修会とは言っても業務に関連する内容ではなく、

 社会人としての心がまえや4月までの過ごし方が中心です。

 あと、裏の目的としては、

 全コース含めての内々定者の顔合わせです。

 この時点で顔合わせをすることにより、

 多少の囲い込みが期待できます。

 この段階まで来ると、

 内々定者に逃げられるのは正直痛いです(苦笑)。

 ですから、

 いかにして内々定者の心をつかんでおくかが重要です!

◆就職氷河期ではありますが、

 人事部門でもそれなりの苦労をしているのです。

 うまいこと入ってきてくれるといいんですけどねぇ♪

◆さて、昨日は「平等・公平論」というテーマで、

 全てが平等である必要はないことをお伝えしました。

 それでは今日も、引き続きお伝えしていきます♪

◆昨日から、「平等」と「公平」についてお伝えしています。

 あなたはどう考えていますか?

 もしかしたら、

 同じようなシチュエーションで使っているかもしれませんね。

 でも、この区別を自分の中でしっかりしておけば、

 変に苦しい想いをしなくてもすみますよ☆

 ・

 では、もう少し具体例で見ていきましょう!

◆例えば、

 「税金は全て一律収入の30%とする」

 としたらどうでしょうか?

 全ての人に対して同じ割合の税金となるわけですから、

 平等な制度と言えます。

 消費税は、物の消費に対して一律5%取られるのですから、

 これは既に平等な税金ですよね。

 でも、

 実際に消費税以外もこうなったら苦しくないですか?

◆単純に1,000万円の年収がある人であれば、

 300万円が税金に取られても、700万円あれば生活できると思います。

 しかしながら、

 年収300万円の人が30%で90万円の税金が取られたら、

 死活問題ではないでしょうか。

 かなり生活が困窮することは目に見えています。

 でも、これが「平等」です☆

◆ディズニーランドのようなテーマパークのパスポート料金が、

 全年齢一律の値段設定である。

 全年齢安ければよいですが、高いと子供は大変ですね。

 ・

 公共の乗り物に優先席がない。

 妊婦や怪我人、高齢者にとっては乗り物を利用するのも大変そうです。

 ・

 性格に関係なく、同じように子どもを育てる。

 人によって違う個性がかき消されてしまいそうですね。

 ・

 スポーツは全て男女区分なく行われる。

 競技によっては女性が有利な競技もあるのかもれませんが、

 多くの競技で男性が主役になってしまうのではないでしょうか。

◆これらは全て「平等」な社会です☆

 個々人の状況は関係なく、

 全て一律の利益が享受できる代わりに、

 同じように義務・負担が与えられることが求められている社会です。

 これって「公平」でしょうか?

 私はどうもそう思えないんです。

 ・

 もちろん、

 選挙や職業選択など、平等にすべきところは多分にあります。

 しかしながら、

 おしなべて「平等」にし過ぎると、

 逆に不公平になってしまうのではないかと感じるのです。

◆【全てが平等な社会は、不公平な社会】

 ・

 かもしれないというのが私の結論です。

 では、どう考えればよいのか?

 それは明日に続けます♪

◆今日は、「平等・公平論」というテーマで、

 全てが平等な社会は不公平であることをお伝えしました。

 明日も引き続き、お伝えしていきます。

 今日も読んでいただき、ありがとうございました♪

◆【与えると、与えられる】これが原理・原則です。

 応援していただけるあなたを、私も応援します。

 ↓1日1回ポチっと1クリックの応援をいただければ嬉しいです。

 ≪只今、起業カテゴリー第4位奮闘中!≫

 いつもあなたの応援が励みになっております。

 ありがとうございます☆

 このランキングによって、

 より多くの方に興味を持っていただけることに心から感謝するとともに、

 あなたの「ツイてる人生」にさらなる幸運が訪れますように☆ 

◆現在、就職活動で

 「第一志望企業から内定を獲得したい!!」

 と思ってがんばっている学生を、面接官の立場から応援しています。

 詳しくは、

 〔面接編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/

 〔グループディスカッション編〕⇒ http://mensetsu.main.jp/gd

 まで。

◆私の夢は、

 『子供にお金の役割や価値や意味、夢の大切さを伝えられる環境の創設』

 です。

 そのために、4年前から様々な後援会に参加したり、

 年間200冊を超える本を読み、成功法則を学び、

 多くの成功者の方々からアドバイスをいただいています。

 そして、実現のための手段となる仕組みを作り上げつつあります。

 一緒にやってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 また、共に成長!!できる相互リンクも募集しています。

 リンク用URL ⇒ http://mezase-owner.cocolog-nifty.com/blog/

 コメント欄にお知らせください。

 また、トラックバックは承認制にしています。

 更新内容に関連のあるトラックバックしか承認いたしませんので、

 あしからずご容赦ください。 

|

« ☆平等でなくてもかまわない!☆ | トップページ | ☆必要以上の善人生活は気苦労ばかり嵩む(泣)☆ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

別の視点から、問題であるが国民の多くが無頓着な不平等観

日本の戦没者が祀られている靖国神社」を無視し、外国の戦没将兵の墓には参拝する民主党政権の鳩山由紀夫、菅首相、岡田外務大臣等の閣僚は、「靖国神社」の英霊 には参拝したことがないのに、他国の戦没将兵には参拝する。如何なる了見だろうか。
例えば、鳩山由紀夫前首相は、済州道で行われる韓国・中国・日本の3カ国首脳会談に先立ち、5月29日午前、韓国海軍哨戒艦「天安」の乗組員46人と、捜索活動中に殉 職した故ハン・ジュホ准尉の墓がある大田顕忠院を訪問し、参拝した。
また、 ワシントンにあるアーリントン国立墓地の無名戦士の墓は、身元が不明な戦没者を 祀った墓地である。当時の菅副総理がこのアーリントン国立墓地を訪問し献花した。

さらに日本の戦没者追悼施設である靖国神社参拝に反対している岡田外務大臣がアメリカの 戦没者追悼施設であるアーリントン墓地に参拝する。

話は変わるが、生活保護受給世帯が過去最多となった。外国人生活保護受給者が増加している。

厚生労働省の発表によると、今年3月に生活保護を受けた世帯は前の月より増え、全国で134万3944世帯に上り、過去最多となったことが分かった。月平均でみると、09年度は約127万世帯で、前年度の約115万世帯を約12万世帯上回っている。一方、生活保護を受けている人数は、09年度が約176万人で、前年度のより約17万人増加。増加傾向に歯止めがかかっていない。

そもそもこの生活保護制度は、「資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長することを目的としている(厚生労働省HP 生活保護制度より)」。

支給される保護費は、地域や世帯の状況によって異なる。また、「保護の種類と内容」については、「生活を営む上で必要な各種費用」とある。具体的には、日常生活に必要な食費・被服費・光熱費などの費用のほか、アパート等の家賃、義務教育を受けるために必要な学用品費、医療サービスの費用、介護サービスの費用、出産費用、就労に必要な技能の修得等にかかる費用、葬祭費用などがある。

雇用情勢の悪化だけでなく、高齢化が加速している現状からすれば、生活保護の受給者が増えることはやむを得ない。しかし、受給者が増えるに従って、制度の問題点も浮上している。例えば大阪市では、外国人の生活保護受給者がはじめて1万人を突破し、そのほとんどが在日韓国・朝鮮人で、特に高齢化した無年金世代が増えていることが分かり、問題となっている。この結果、外国人の無年金者が、日本人の国民年金加入者よりも、多額の受給を受ける状況になっているという。

投稿: つれづれ | 2010年7月31日 (土) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452374/35951467

この記事へのトラックバック一覧です: ☆全てを平等にすると不公平になるんじゃない!?☆:

« ☆平等でなくてもかまわない!☆ | トップページ | ☆必要以上の善人生活は気苦労ばかり嵩む(泣)☆ »